gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

9月に結婚した娘(現在の姓・住所は私と異なる)を私の扶養家族(子)として確定申告できますか?
目的は私の節税です。(扶養控除、社会保険料控除)
娘の夫(自営業)は配偶者控除を必要としていません。
娘は無職・無収入です。今年度分の娘の国民年金も結婚前に私が一括で払いました。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>9月に結婚した娘(現在の姓・住所は私と異なる)を私の扶養家族(子)として確定申告できますか?


理論的には可能です。
その娘さんと「生計が一(生活費を送金している。もしくは余暇には寝起きを共にしている)」ならできます。
他人という回答ありますが、嫁に行こうが娘さんは「子」に間違いありません。
親子の縁は切れませんので、他人とはなりません。

通常、税務署は、扶養について「生計が一」かどうかあまり重要視してません。
同じ人をダブルで扶養にしていない限り、通常、親族(6親等以内の血族及び3親等以内の姻族)であれば誰でも扶養にできます。

>娘の夫(自営業)は配偶者控除を必要としていません。
ということは、経費と他の控除で税金かからない、ということでしょうか。
そのため、貴方が扶養にするということですね。
う~ん。
常識的には、夫が扶養するのが当たり前です。
まあ、でも貴方が扶養にしてもおそらく通るような気がします。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。
    • good
    • 2

理論的にはNO2の方の回答通りで、



問題になるのは、生計を一にしているかどうかですから、

娘さん夫婦が同居しているか、
(していないということですから)

同居していなければ、例えば旦那さんの自営業の稼ぎが
極端に悪くて、年収200万円ではとても生活していけず、
親世帯が300万円以上支援をしていてそれがないと
やっていけない。というようなケースであれば
生計を一にしているといえなくもないです。

節税目的の扶養の申告は、質問者さんの収入が
そこそこ大きければ、逆に目をつけられることになりますから、
ある程度要件が整っていなければ、よろしくないでしょうね。
    • good
    • 2

出来ません。



もう他人ですから。
    • good
    • 0

>今年度分の娘の国民年金も結婚前に私が一括で払いました…



結婚前に支払い済みの分について、あなたの社保控除とすることに、何ら問題はありません。

>目的は私の節税です。(扶養控除…

扶養控除は、大晦日現在で

1. 「生計を一」にする親族であること。
2. 「所得」が 38万以下であること。
3. 他の者控除対象配偶者や控除対象扶養者、また事業専従者になっていないこと。

の 3つををすべて満たすことがが要件とされています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

>娘は無職・無収入です…

結婚前も無職無収入でしたか。

>娘の夫(自営業)は配偶者控除を必要としていません…

事業専従者にもしていませんか。
舅や姑が、控除対象扶養者にするつもりもありませんか。

つまり、2. と 3. はクリアできるとしても、1. が問題になるでしょう。
他家へ嫁いだにもかかわらず、生活費の大半を未だに面倒見ているとでもいうのでない限り、「生計が一」とは見なされませんので、控除対象扶養者にはなりません。

また、今後、国民年金を払ってやることがあったとしても、「生計が一」と認められる状況でない限り、あなたの社保控除にもなりません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 2

夫の収入で食ってるなら無理。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結婚をすると父親の扶養家族から外れるのですか?

はじめまして。私は20歳の大学生です。結婚しようと考えているのですが、今、父親の扶養家族になっている私は、扶養家族から外れるのでしょうか?
もし外れるのだとしたら、年が明けてから結婚した方がよいと思うのですが、どうでしょうか?
ちなみに、彼女は社会人で、自分で保険料や年金を払っています。彼女の扶養家族になることも検討中です。

Aベストアンサー

税金関係の扶養のことだけを考えると、

結婚しても、父親と子供が同一生計内ならば子供は父親の扶養親族になれます。むろん、妻の控除対象配偶者になることも出来ます。両方、同時になることは出来ません。

ただ、一族全体のことを考えると、父親の扶養から外れない方がいいです。(父親と妻の所得税率を共に10%とします)
(1)父親の扶養親族の場合、父親にとって質問者は特定扶養親族ですから、
・所得税では、63万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
630000×10%=63000円が節税
・住民税所得割では、45万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
450000×10%=45000円が節税
合計、63000+45000=108000円の節税になります。

(2)妻の控除対象配偶者の場合、
・所得税では、38万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
380000×10%=38000円が節税
・住民税所得割では、33万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
330000×10%=33000円が節税
合計、38000+33000=71000円の節税になります。

一族全体では、108000-71000=37000円だけ有利です。

今年結婚しようが、来年結婚しようが、話は同じです。

税金関係の扶養のことだけを考えると、

結婚しても、父親と子供が同一生計内ならば子供は父親の扶養親族になれます。むろん、妻の控除対象配偶者になることも出来ます。両方、同時になることは出来ません。

ただ、一族全体のことを考えると、父親の扶養から外れない方がいいです。(父親と妻の所得税率を共に10%とします)
(1)父親の扶養親族の場合、父親にとって質問者は特定扶養親族ですから、
・所得税では、63万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
630000×10%=63000円が節税
・住民税...続きを読む

Q扶養親族の娘が結婚する場合について教えてください

扶養親族である娘には家賃から年金まですべて親が支払っています。結婚することになり名前が変わりますが、相手も収入が少なくこれからも今までどうり負担してゆきます。こういう場合でも扶養親族からはずさなくてはいけないのですか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

扶養親族からはずさなくてもいいです。

税務的に扶養親族とは、以下の要件を満たす人が対象となります。

6親等内の血族、もしくは3親等内の姻族であること
同一生計であること
合計所得金額が38万円以下であること

Q入籍後も親の扶養家族でいるのは可能か?

現在私は学生です。婚約中の彼女と入籍をしたいと思っているのですが、私は現在無収入なので、入籍後もしばらく親の扶養家族にとどまりたいのですが、こういったことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>彼女の方は収入があり、親の扶養家族ではありません。
私の友人でも同様でしたが、彼女が会社員か公務員で社会保険の健康保険に加入しているのであれば、彼女の扶養に入ればよいのでは?
当然配偶者なので入れます。私の友人はそうしていましたよ。この場合の特典は、ご質問者は国民年金3号被保険者になれるということです。
今は学生特例で免除しているかもしれませんが、これだと老齢年金の受給金額に反映しません。
でも配偶者の厚生年金or共済年金の扶養であれば、保険料は支払っているとして国民年金に加入できます。

これはよく会社員の奥さんがそうなのですが、これは男女差別はなく逆でもかまわないので。
健康保険の扶養と年金の扶養は連動していますので、健康保険の扶養にはいると自動的に年金の扶養にも入れます。
親の健康保険の扶養だと年金までは扶養には入れません。

もちろん彼女の保険料の負担は変わりません。扶養家族により保険料が変わることがないのが特徴ですから。

あと、税金の方も彼女の税金を減らす為にご質問者を配偶者控除としてやればよいかと。
(税金と社会保険の扶養は別物でそれぞれ手続が必要です)

彼女が社会保険に加入しているかわかりませんが、一応加入していた場合のために書いてみました。

>彼女の方は収入があり、親の扶養家族ではありません。
私の友人でも同様でしたが、彼女が会社員か公務員で社会保険の健康保険に加入しているのであれば、彼女の扶養に入ればよいのでは?
当然配偶者なので入れます。私の友人はそうしていましたよ。この場合の特典は、ご質問者は国民年金3号被保険者になれるということです。
今は学生特例で免除しているかもしれませんが、これだと老齢年金の受給金額に反映しません。
でも配偶者の厚生年金or共済年金の扶養であれば、保険料は支払っているとして国民年金...続きを読む

Q親が支払った子供の国民年金保険料は親の確定申告で還付されますか?

無職・無収入の子供の国民年金保険料を実質的に親(私)が払っています。
1)親の確定申告で還付の対象になるのでしょうか?
2)もしなるとすれば確定申告のどの項目に入れればよいのでしょうか?
3)証明書等、必要な書類はあるのでしょうか?
4)注意点等、アドバイスあればお願いします。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)2)国民年金保険料等の社会保険料控除については、生計を一にする親族の分含めて、実際に支払った者で控除すべき事となっていますので、社会保険料控除として、所得から控除できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1130.htm

あくまでも所得控除ですので、保険料そのものが還付になる訳ではなく、目安としては、その保険料の額に税率を乗じた金額となりますので、ご質問者様の所得により、10%だったり、20%だったり、それ以上だったり、という事になります。
(今年については、定率減税が10%引けますので、実際にはそれより少し減るものと思います)

但し、あくまでも源泉徴収税額の範囲内ですので、源泉徴収税額がなければ還付はありませんし、源泉徴収税額が目安となる額より少なければ、源泉徴収税額分しか還付されません。

ただ、ご質問者様が給与所得者であれば、会社の年末調整の際に控除できますので、わざわざ確定申告されなくても良いこととなります。
(年末調整の時期に会社から配られる保険料控除申告書の左下の社会保険料控除の欄にに記載されて、証明書を添付されれば大丈夫です。)

3)昨年より改正により、控除証明書の提示又は添付が要件となりましたので、その控除証明書を添付すべき事となります。
(従って、領収書は基本的に不可です)
控除証明書は、月が明けて送られてくるものと思います、下記サイトをご参考にされて下さい。
http://www.sia.go.jp/top/koujyo.htm

1)2)国民年金保険料等の社会保険料控除については、生計を一にする親族の分含めて、実際に支払った者で控除すべき事となっていますので、社会保険料控除として、所得から控除できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1130.htm

あくまでも所得控除ですので、保険料そのものが還付になる訳ではなく、目安としては、その保険料の額に税率を乗じた金額となりますので、ご質問者様の所得により、10%だったり、20%だったり、それ以上だったり、という事になります。
(今年については、定率減税が10...続きを読む

Q結婚してからも親の扶養に入っています。追徴金などとられますか

お願いします。現在結婚2年目です。会社で社会保険・健康保険はありません。現在、私は親の扶養で保険に加入しており、嫁と子供は嫁の職場の保険に加入しています。今度、嫁は退職することになり、私が親の扶養から抜け、独立し、嫁と子供を扶養家族とし、国民健康保険に加入しないといけないのですが、結婚してからの追徴金など発生しますでしょうか。
また、国民健康保険を自分・嫁・子供(2歳)で加入した場合、全国平均いくらくらいを支払うのでしょうか。

Aベストアンサー

親御さんは社会保険ですよね。
実際に扶養と認められれば問題はないのですが結婚していて云々なので実際はダメのようですね。

その間に医者にかかっていなければ特にお金を請求されることはないです。
ただし資格がないので前に遡って資格を取り消されるとそこから無保険状態ですから国保に加入する際にそこまで遡っての加入が必要になります。
(2年前まで。3年という自治体もあるそうです)

国保は扶養という考え方はなく、個人個人の前年度の収入と人数等によって保険料が決まり世帯主に請求されます。

ですからあなたとあなたの奥さんの収入それと自治体が最低わからないと金額はわかりません。

Q扶養を外れるタイミングと確定申告

去年からフリーで仕事をし、収入を得ています。
去年の収入は70万円程だったので主人の扶養に入ったまま何もしていませんでした。今年は130万を越えそうなので、扶養から外れないといけないと思うのですが、何をしたらいいのか分かりません。

まず、扶養を外れるタイミングはいつどのようにしたらいいのでしょうか?また、今年はフリーの仕事を含め、3箇所で仕事をしていますが、そのうち一箇所は源泉徴収など、税金類が何も引かれていない状態でギャラをいただいています。この場合、確定申告をしないといけないと思うのですが、何も引かれていないという事は、追加で税金を払う事になるのでしょうか?

そして、今年いっぱいは勤務先で社会保険に入れないので、年金や地方税などもどうしたらいいのかさっぱり分かりません。

分からない事だらけで申し訳ございませんが、教えてください。

Aベストアンサー

>扶養を外れるタイミングはいつどのようにしたらいいのでしょうか…

何の扶養を外れたいのですか。
・税金?
・健康保険・年金?
・夫の給料?

税金は、あなたの今年 1年間の所得額が確定してから (確定しそうになってから)、夫が配偶者控除を取れるか取れないかが決まります。
年の初めや年の途中に、出たり入ったりするものではありませんし、事前に届けが必要なものでもありません。
夫がサラリーマンなら、11月ごろに、勤め先で『扶養控除等異動申告書』の提出を求められますから、そこにあなたの年末までの所得見込額を記入して提出します、
夫も自営業なら、来年の申告で、「配偶者控除」の欄にあなたの名前を書かないだけです。

健康保険・年金については、過去の実績でなく将来の見込額が判断基準です。
向こう 1年間に 130万円を超えそうに見通しになった時点で、アウトです。
夫の会社に速やかに申告しましょう。

夫の給料に含まれる「家族手当」あるいは「扶養手当」などのことでしたら、それはそれぞれの支払者が独自に決めることであり、税金のように全国統一された基準では決してありません。
夫の会社の指示に従ってください。

>去年の収入は70万円程だったので主人の扶養に入ったまま何もしていませんでした。今年は130万を越えそうなので…

俗に言う 103万とか 130万とかは、「給与収入」の話です。
「収入」と「所得」とは意味が違います。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

昨年の「収入は70万円程」が、本当に「配偶者控除」の対象になったのかどうか、ご確認下さい。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>そのうち一箇所は源泉徴収など、税金類が何も引かれていない状態でギャラをいただいています。この場合、確定申告をしないといけないと…

源泉徴収は、あくまでも仮の前払いに過ぎません。
源泉徴収されている分も含めて、すべての所得を確定申告しなければなりません。
確定申告によって、前払いした分は精算されます。

>今年いっぱいは勤務先で社会保険に入れないので、年金や地方税などもどうしたらいいのかさっぱり…

年金は「国民年金」、健保は「国民健康保険」に、それぞれ市町村役場で加入手続を取ります。
住民税は、本当に昨年分が申告不要の「所得」しかなかったのなら、今年は納める必要はありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養を外れるタイミングはいつどのようにしたらいいのでしょうか…

何の扶養を外れたいのですか。
・税金?
・健康保険・年金?
・夫の給料?

税金は、あなたの今年 1年間の所得額が確定してから (確定しそうになってから)、夫が配偶者控除を取れるか取れないかが決まります。
年の初めや年の途中に、出たり入ったりするものではありませんし、事前に届けが必要なものでもありません。
夫がサラリーマンなら、11月ごろに、勤め先で『扶養控除等異動申告書』の提出を求められますから、そこにあなたの...続きを読む

Q親が子供の結婚祝に包む金額の世間相場は?

親が子供の結婚祝に包む金額の世間相場は?
来月、弟が結婚式を大阪で挙げるのですが、親が子供に結婚祝を包む場合、世間相場ではいくらくらい包むものなのでしょうか?親は100万包むといっており、そんなに包むものなのかと疑問に思い質問させていただきます。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

式代は弟さんが出すんでしょうか?
親の援助は受けていないのでしょうか?

まぁ、受けてなくても親は祝い金なんて包まなくてもいいんですが・・・。
しかし、今は祝い金を包む親も多いと聞きます。
だいたい100万のようですね。

私は親に1円も出してもらいませんでしたが、周りの友人は最低でも100万は親からもらってますね^_^;

男女共にです!

Q親族を、専従者給与と一般従業員給与どちらにするか

自営業を営んでおり、今まで1人で業務を行ってきました。
数年たち、少し忙しくなってきたのと売上もあがってきたので、

母親(別居で一人暮らし・遺族年金受給者)に少し手伝ってもらおうと思います。

その場合は、
「専従者給与」として給与を支払えばよいのでしょうか?
別居の場合は、専従者給与ではなく
「一般の従業員」として給与を支払うことになるのでしょうか?

どちらもできる場合は、
どちらの方が、税金面でのメリットがあるのでしょうか?
またデメリットは何かありますか?

ちなみに、母親に一定額の仕送りをした場合は、
所得税申告の際に、扶養家族とすることは問題ないでしょうか?

その他、注意点などありましたら教えて頂けるとありがたいです。

素人なので、制度がよく理解できておらずに基本的な質問ですみません。
節税はしたいのですが、脱税はしたくありませんので・・

何とぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1 生計を一つにしてる親族に給与を払っても、経費にはできません。

生計を一つにしてない親族ならば、一般の従業員として雇うことは可能です。
無論、支払った給与は経費計上できます。
受け取った給与が103万円を越えると、他者の控除対象扶養親族になれないとか、130万円を越えるとサラリーマンの第3号被加入者になれないということになります。
一人暮らしをされてる方でしたら、103万円や130万円という金額にこだわる必要はないでしょう。

2 控除対象扶養親族にできるのは「生計を一つにしてる者で年間所得が38万円以下の者」です。
 ここで生計を一つにしてるとは、同じ屋根の下で暮らしてる必要がなく、生活費を送金してるなどで同じ財布から出てるお金で暮らしてるという状態をいいます。
 あなたが親族に103万円以内の給与を支払ったとします。この方の給与所得額は38万円ですので、控除対象扶養親族になれます。

ここで、その親族にあなたが仕送りをしてるとなると「生計を一つにしてる」ことになります。
生計を一つにしてる親族への給与は事業所得の計算では経費にできません。
冒頭の「1」に戻るわけです。

仕送りをしてるというなら「生計を一つにしてる」ので、給与を払っても経費にできない。
仕送りなどしていなくて、生計を一つにしてない親族なら給与支払いをしても経費にできます。

給与を払っておいて、それを経費にする。
さらに仕送りをしてるので生計を一つにしてるので控除対象扶養親族にするという「両方とも」は駄目です。

参考条文は所得税法第56条(事業から対価を受ける親族がある場合の必要経費の特例)です。

1 生計を一つにしてる親族に給与を払っても、経費にはできません。

生計を一つにしてない親族ならば、一般の従業員として雇うことは可能です。
無論、支払った給与は経費計上できます。
受け取った給与が103万円を越えると、他者の控除対象扶養親族になれないとか、130万円を越えるとサラリーマンの第3号被加入者になれないということになります。
一人暮らしをされてる方でしたら、103万円や130万円という金額にこだわる必要はないでしょう。

2 控除対象扶養親族にできるのは「生計を一つにし...続きを読む

Q親の国民健康保険料を私の控除にできるか

下記の条件の親の健康保険料を私の控除にできるか教えてください。
控除にできるかどうかは、「誰が払ったか」が問題だと思うのですが、私が払っていることを証明できるか微妙な状態なので、悩んでいます。

・親は自分の国民健康保険料を、親名義の口座から自動引き落とししています。
・私は親と同居しており、親の口座に月5万円以上振込をしています。(ボーナス時はさらに30万ほど入れています)
・親は年金生活で、私の税扶養には入っていませんが、確定申告をしていません。

同居ですので、「生計を一にする」ということは問題無いと思うのですが、親の名義の口座から自動引落になってしまっているとこが気になっています。
もしも、控除にできなさそうでしたら、私の口座か引き落とすようにしなければならないと思うのですが……。

アドバイス、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>私が払っていることを証明できるか微妙な状態…

「社会保険料控除」の申告には「実際に支払ったのは誰か?」の証明は不要です。

ですから、「国民健康保険料の支払い分を含め、betty1234さんが親御さんの口座に振り込みをしている」ならば、原則としてbetty1234さんの「社会保険料控除」として申告してかまいません。

たとえば、「親御さんに収入がない」「親御さん自身の預金もない」場合を考えてみてください。
その場合は、「betty1234さんが社会保険料控除を申告できない」とするほうが【不自然】です。

もちろん、「紛らわしいので、支払う人の口座から引き落とすべき」であるのは言うまでもありません。

---
ちなみに、「税務署が誰の口座から引き落とされているか調べるか?」と言われれば、「調べない」と断言することはできませんが、「可能性はほぼゼロに近い」と言えます。

理由としては、「徴税できる可能性が低い案件にこだわっているほど税務署も暇ではない」ということもありますが、そもそも「生計を一にする親族」というのは「生活の財布がはっきり分かれておらず、誰が何の費用を負担しているかが分かりにくいことが多い」という点が挙げられます。

たとえば、「夫婦」や「親子」が、日常生活で「今回は私が○○を払っておくから、代わりに××を払っておいて」という行動を取ることは特に不自然ではありません。

これは、「税法」以前に、「民法」で「親族間の扶養義務」が規程されていることからも「そういうことが社会通念上も不自然ではない関係である」と言えます。

『扶養の義務とは? - 民法の取扱説明書』
http://minnpou.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

このような背景があるので、まともな税務署職員さんならば、「この支払いをあなたが行ったということを客観的に証明しなさい」と要求することが、「社会通念上ずれている要求である」ということを認識していますので、はじめからそんなことは聞かない(確認しない)わけです。

『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

---
とはいえ、「たまたま、納税者以外の口座から引き落とされていることを職員さんが知ってしまった」→「それを理由に社会保険料控除が否認され、訂正するよう求められた」ということが「絶対ない」とは言えません。

そういう場合は、「自分の家庭の家計状況を詳しく資料にまとめ、納得してもらえるように交渉する」ということが必要になります。

ですから、「なるべく紛らわしい状況は避けておいたほうがよい」ということになるわけです。

「国税庁」のサイトにも以下のように指針が示されていますから、「口座名義人=支払者」としておくべきです。

『社会保険料控除 Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130_qa.htm
>>Q6  生計を一にする妻の後期高齢者医療制度の保険料を私が口座振替により支払いました。その保険料について、私が社会保険料控除の適用を受けることができますか。
>>A6 …あなたが口座振替により支払った保険料については、あなたに社会保険料控除が適用されます。

『妻名義の生命保険料控除証明書に基づく生命保険料控除』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/35.htm
>>当社の従業員Aは、妻Bが契約者となっている生命保険の保険料を支払ったとして、妻B名義の生命保険料控除証明書を添付した保険料控除申告書を提出してきました。…
>>Aがその保険料を支払ったことを【明らかにした場合】は、生命保険料控除の対象として差し支えありません。…

---
「理屈は分かったが、やっぱり心配だ」という場合は、「事前に税務署に確認しておく」以外にありません。

ただし、税務署は異動が多いですから、いつでもその職員さんがそこにいるとは限りませんので、「いつ、どこの部署の、何という職員さんに回答をもらったか?」は控えておいたほうがよいです。

なお、「税務署の職員さんごとに判断が分かれる」ような「難しい案件」の場合は、以下のような制度も用意されています。

『税務上の取扱いに関する事前照会に対する文書回答について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai/bunsho/gaiyo01/01.htm

ちなみに、【仮に】、「税務署の職員さんの対応に納得がいかない」場合は、以下のような制度も用意されています。

『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm

*****
(備考1.)

>親は自分の国民健康保険料を、親名義の口座から自動引き落とししています。

とのことですが、「国民健康保険の保険料」には、「一人ひとりの保険料(納付書)」は存在しません。

あくまでも、「住民票上の【世帯全体】の保険料」を「住民票上の世帯主がまとめて納める義務がある」ということです。

つまり、「今現在は、国保の加入者がたまたま世帯主のみ」と考えることになります。

ですから、もし「住民票上の世帯主」をbetty1234さんに変えれば、保険料の納付義務は「betty1234さん」が負うことになります。

※そのような世帯主を「擬制世帯主」と呼び、「保険料」に影響が出る場合がありますので、「世帯主変更」には注意が必要です。

『北見市|国保上の世帯主変更について』
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011020200019/

>親は年金生活で、私の税扶養には入っていませんが、確定申告をしていません。

「【親御さんの】確定申告」は、「【親御さんの】所得税の過不足精算の手続き」ですから、「betty1234さん自身の税務申告」とは【無関係】です。

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

*****
(備考2.)

>親の口座に月5万円以上振込をしています。(ボーナス時はさらに30万ほど入れています)

これは、税法上は「財産の贈与」に当たります。

ただし、以下のリンクにありますように、「贈与税の課税対象外」になる贈与もあります。

また、「課税対象の贈与」でも「基礎控除(110万円)以下であれば「贈与税の申告不要」とされていますので、今回のケースでは問題にはなりません。

『贈与税>贈与と税金』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/zouyo31.htm

*****
(出典・参考URL)

『扶養控除>「生計を一にする」の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※あくまでも「税法上の考え方」です。「生計を共にする」とも違います。
---
『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm
>>この申告書は、本来、給与の支払者を経由して税務署長へ提出することになっていますが、給与の支払者は、税務署長から特に提出を求められた場合以外は、税務署へ提出する必要はありません(給与の支払者が保管しておくことになっています。)。
---
『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
---
『誰も教えてくれない住民票の話>■世帯、世帯主 』
http://members.jcom.home.ne.jp/hitosen2/juumin2.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>私が払っていることを証明できるか微妙な状態…

「社会保険料控除」の申告には「実際に支払ったのは誰か?」の証明は不要です。

ですから、「国民健康保険料の支払い分を含め、betty1234さんが親御さんの口座に振り込みをしている」ならば、原則としてbetty1234さんの「社会保険料控除」として申告してかまいません。

たとえば、「親御さんに収入がない」「親御さん自身の預金もない」場合を考えてみてください。
その場合は、「betty1234さんが社会保険料控除を申告で...続きを読む

Q入籍後に親の扶養

入籍後も親の社会保険の扶養のままにするのは可能でしょうか?

現在親の社会保険の扶養に入ってます。
入籍する事になりました。
でき婚です。(でき婚についての批判はいらないです。)
現在お互い実家暮らしで、彼は社会保険に入ってます。

入籍後もわたしは出産までは実家で暮らすつもりなのですが
出産までには籍を入れたいです。
この場合保険は入籍後に彼の扶養に入るべきですか?
現在わたしは無職になり収入はありません。
貯金で生活費を払っていますが、実家に住む以上
親の収入で生活してるような物です。

無知ですみません。知恵を貸してください。

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

下記の扶養の条件にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
《被扶養者の範囲》
1.被保険者と同居している必要がない者
・配偶者
・子、孫および弟妹
・父母、祖父母などの直系尊属
2.被保険者と同居していることが必要な者
・上記1.以外の3親等内の親族
(兄姉、伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
・内縁関係の配偶者の父母および子
(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

以上の条件をふまえると、
>この場合保険は入籍後に彼の扶養に
>入るべきですか?
1の条件となるのは入籍後となりますね。
2の条件では同居が必要です。

>現在わたしは無職になり収入はありません。
収入条件は特に問題はありませんが、
親御さんの扶養のまま継続され、
ご出産後落ち着かれてから変更されれば
よいと思います。

出産までの間に健康保険を変えられると
過渡期に通院や万が一時に面倒なことに
なりかねません。
そういう面で健康保険の変更タイミングを
お考えなさるのが最善かと思います。

ご健康でご無事の出産をお祈りします。

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

下記の扶養の条件にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
《被扶養者の範囲》
1.被保険者と同居している必要がない者
・配偶者
・子、孫および弟妹
・父母、祖父母などの直系尊属
2.被保険者と同居していることが必要な者
・上記1.以外の3親等内の親族
(兄姉、伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
・内縁関係の配偶者の父母および子
(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

以上の条件をふまえると、
>こ...続きを読む


人気Q&Aランキング