「地球は、異常な状態を保ちながら、地球上の生命を守っている」という内容の話を、記事か何かで見たような気がします。これは本当ですか?本当であれば、すばらしい事だと私は思います。また異常な状態という言葉は不適切かもしれませんが、例えば地球の温度などが、科学的に予想される温度とは異なった、生命を守るために必要な温度に保たれている、といったような内容だったと思います。これについて詳しく知りたいので、回答をおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

地球の熱の平衡についての説明はUmadaさんの回答された通りだと思います。


が、せっかくなので少し補足すると地球が吸収・放出する熱量は大気や地表の状態によっても変化します。
例えば地球大気中の二酸化炭素が多いと、宇宙空間に放出される熱量が減少してその分地球の温度は上がります。温室効果というやつですね。
逆に北極・南極などの氷の面積が増加すると、地表のこの部分は鏡のように太陽光を反射してしまうので地球全体の吸収する熱量が減少してしまいます。

しかも条件次第ではこれらの要因による温度変化に歯止めがかからなくなることもありうるようです。たとえば何らかの引き金で、
地球の温度低下→極地の氷の拡大→反射による地球の吸熱量の減少→ますます温度低下→さらに氷が拡大→…
といったプロセスが起きると、あれよあれよというまに地球全体が凍り付き、酷寒の氷の星と化してしまいます。最近では数億年前の地球で実際にこういう現象が起きたと考えられています。
逆に金星のように、星全体が数百度℃の温室のようになってしまう熱暴走と呼ばれるプロセスもあります(これが地球で実際に起き得るかは分かりませんが)。
無論こうなってはまともな生物なんて棲めやしません。

そんな訳で、地球の本来あるべき温度は?というと案外と難しい問題になりそうな感じもします。akizさんの読まれた記事の”科学的に予想される温度”というのがどういう内容は分からないのですが、少なくとも地球が現在のような温度環境に”なっていない”可能性も十分に有り得たとは思います。

現在の地球は太陽との配置の絶妙さもさることながら、ちょうど生命が存在できる範囲の温度に保たれるように常時自然のメカニズムによってエアコンよろしく調整が行われている訳で、確かにすばらしいと思います。
(この辺、海洋の温度や大気組成や植生まで絡む非常に複雑なモデルになるはずですが、そこは私も素人なので…)
長ったらしい説明ですみません。
    • good
    • 0

「異常な温度」ということはないと思います。

輻射の理論(Stefan-Boltzmannの法則)から地球の表面温度を計算すると、実際の温度とほぼ合います。
敢えて言うなら「地球表面がほどよい温度になっているのは偶然で幸運なことだ」ということになりましょうか。

物体を40℃のお湯につければ、その物体の温度はやがて40℃になって平衡に至ります。ところが地球は15℃なり20℃なりの宇宙空間に浮かんでいるわけでなく、冷たい宇宙空間にありながら表面は生命にとって好都合な温度に保たれています。
これは言うまでもなく太陽から輻射として熱を受け取り、一方で受取った熱を宇宙空間にこれまた輻射として放出しているからなのですが、この熱収支の微妙なバランスでほどよい表面温度になっているのです。
前出のお湯の中の物体はお湯の中で動いても40℃のままですが、地球の場合は太陽との距離がもう少し近かったり遠かったりすると別の温度で平衡することになります。
その意味で「偶然、幸運」と申し上げましたが、こんな説明でよろしいでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球が生命をはぐくむのになぜ木星の存在が必要なのですか?本日のNHKスペシャルの内容について

先ほど、NHKで放映されたNHKスペシャルを最後のほうだけ見たのですが、地球に生命が存在するのに木星の存在が必要で、木製型の惑星を探すことが地球のような生命のいる惑星を見つけることにつながるという内容でした。

最初の方を見ていないので、なぜ地球に生命が生まれるのに木星が必要かということがわかりません。
放送をご覧になった方、おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

NHKスペシャルはおもしろいですね。
回答ですが、太陽系の外縁部には、無数の小惑星が存在しているそうです。
これが、なにかの拍子に太陽に向かって(引力に引かれて)動きだすらしいのです。これが、彗星や巨大隕石のと呼ばれるものらしいです。
木星は地球より外側の周回軌道にあり、木星の強力な引力によって、隕石等をひきよせたり軌道を大きく変えてしまうらしいのです。

もし、木星のような巨大惑星が存在しなかった場合、地球に衝突する隕石の数は現在の1000倍の量となっただろう、つまり、ディープインパクトのような隕石の衝突が頻繁に発生していたら、生物の進化、文明の発展にとって非常に都合が悪い。
というのが質問の根拠のようです。

個人的な考えでは、仮に木星が存在しなかったとしても生命はたくましく進化を遂げたのではないかと思うのですが・・・。
そうでなくても、現在の地球はぜんぜん別の姿になっていたのでしょうね。

Q【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?なぜ地球から見え

【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?

なぜ地球から見える面の地表は厚くて、裏面は地表が薄いのか教えてください。

Aベストアンサー

たぶんですが、「潮汐力」の影響ではないでしょうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90%E5%8A%9B

Q【今後、地球は世界人口の増加で地球上だけでは全ての人類は生活出来なくなる】よって地球外に人類は進出す

【今後、地球は世界人口の増加で地球上だけでは全ての人類は生活出来なくなる】よって地球外に人類は進出する必要がある。と言いますが、


人類は宇宙に飛び出す前に海底都市を作ると思います。

なぜ海底都市計画より先に人類が宇宙に飛び出さないといけないのか理屈が良く分かりません。

なぜ人類は海に住むより宇宙に飛び出ないといけないという思考の人が多いんですか?

Aベストアンサー

海底より宇宙の方がロマンがありますからね。

宇宙のロマンの方が、お金を集めやすいんですよ。
新規事業にはお金がかかります。
宇宙開発になら金出してやろうか!って言う人の方が多いんでしょうね。

Q【地球が自然と人口調整を始めている説】地球上に生存出来る地球人口はマックスになっており世界人口のMA

【地球が自然と人口調整を始めている説】地球上に生存出来る地球人口はマックスになっており世界人口のMAXは73億人で、2050年に世界人口は97億人になることなく地球は自然環境を利用して地球を痛めつけてきた人間という生物を自然環境を変化させて人間の数を減らそうとしているという。

地球は太陽の力によって自然環境が変化すると思われていたが、地球自身の力で地球環境を変えられる能力があるという。

地球は自然を回復させるために人間の数を減らそうとしているという。

疑問1:

どうやって人類を抹殺する?

人間が食べられる生物、植物を淘汰させて人間が食べられない毒がある生物と毒がある植物を増やす?

毒性を持つ生物、植物が本当に増えているのか?

疑問2:

地球温暖化は太陽の力ではなく地球自身がわざと人類減少のために引き起こしている?

Aベストアンサー

そんなにむつかしいことは起きません、ただ単に同一種はいつか飽和する、それだけで、場合によっては無機物でさえ上限に達すると動きが取れなくなる。我々は地上に居候していますが、地球はそんなもの全く無視している、騒ぐのは生物だけで、我々は地球に傷一つ付けられない、地球は水晶玉のように無傷で居候共は「地球に優しい?」冗談じゃないそれは自分達が自分の首を締めたくないから騒ぐだけ。

Q地球表面の放射平衡温度

地球の放射平衡温度(地球に大気がないと仮定)
を求めたいのですが、教えてください。大至急お願いします。(><)

Aベストアンサー

おはようございます。

私自身実際に計算したことはないし、
ご質問の経緯をお書きになっていないので、
「課題やレポートの解答」かも知れないので、
考え方のみアドバイスします。

平衡が成り立っているのですから、基本的には、
 入射するエネルギー量=放射するエネルギー量
が成り立っています。ただし、

・放射するエネルギー量については。
ステファンボルツマンの法則の式を利用すればよいですが、
この式は黒体表面のものなので、
実際の地球表面の放射の平均の割合(放射率)を見積もって、
その数値をかけてやる必要があります。

・入射するエネルギー量については、
太陽定数を使えばよいのですが、
これは、太陽光線に垂直な面でのものなので、
実際の地球は球であり、また夜の部分もあるので、
同じ半径の円と球の(表)面積の関係から、
まず、太陽定数に1/4をかける必要があります。
また、太陽光すべてが地表面に吸収されるわけではないので、
地表面の平均反射率(アルベド A )を見積もって、
(1-A)をさらにかけてやる必要があります。

不明な点があったら、補足要求をしてください。

それでは。

おはようございます。

私自身実際に計算したことはないし、
ご質問の経緯をお書きになっていないので、
「課題やレポートの解答」かも知れないので、
考え方のみアドバイスします。

平衡が成り立っているのですから、基本的には、
 入射するエネルギー量=放射するエネルギー量
が成り立っています。ただし、

・放射するエネルギー量については。
ステファンボルツマンの法則の式を利用すればよいですが、
この式は黒体表面のものなので、
実際の地球表面の放射の平均の割合(放射率)を見積も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報