あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

今年の4月に車対自転車での事故にあいました。

そろそろ、示談なのですが気になることがひとつ。

お医者様の診断書には顔面に瘢痕が幅2mm 全長6cmの不規則な形状でありと記入されています。

場所が額の上のほうになります。
あくまで傷は髪の生えている場所にはかかってはいないのですが、顔面とはどこまでなのか?

後遺症認定外貌醜状の等級認定では、額の傷は人目に触れる部位に人目につく以上の傷痕となるのでしょうか?

やはり、顔面とは頬などの目立つ場所を顔面というのでしょか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>後遺症認定外貌醜状の等級認定では、額の傷は人目に触れる部位に人目につく以上の傷痕となるのでしょうか?



醜状障害とは、頭、顔、首、手、足など露出している部分(外貌といいます)に、人目につく瘢痕、線状痕、陥没、変色が残った障害です。
額は顔面ですが、眉毛、頭髪に隠れる部分は、醜状痕の面積・長さの計算対象から除外します。

顔面部では10円玉以上の瘢痕または3cm以上の線状痕で12級14号に該当し、5cm以上の線状痕では9級16号に該当します。これに該当しない程度と判定されれば、非該当となります。(14級は手、足の醜状痕しか定義していません。)

>仮に認定されたら、必ず弁護士ですか

逸失利益は質問者様の年齢、職業によりますし、弁護士の報酬等のコストもかかりますから、必ず弁護士委任がお得とは限りません。
食えない弁護士が多いので、下手をすると時間と費用だけかかって手取りは増えなかったということもありえます。
ただ、少なくとも交通事故紛争処理センター等のADR機関を利用して交渉するか、その経過によって弁護士委任するか検討するだけの価値はあると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。

等級は傷が浅くなると下がるのではないのですか。
今回の場合は12級までで14級は無いのですね。
てっきり、14級もあると思っていました。
該当は12級か9級なのですね。
今回の傷は2mm×7cmとお医者様の診断書に記入されているから9級に該当ということでしょうかね?

直接弁護士よりも、まずはADR機関の方からですか。
わかりましたそうしてみます。

細かくわかりやすく説明していただき助かります。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/30 00:06

顔面部とは、いわゆる「顔」の部分をいい、その範囲は、「下顎の骨の稜線と髪の毛の生え際とで囲まれた部分」である。

と定義されています。

髪の毛で隠れる場合などは、その状況によって等級認定が変わるようです。面談によって判断されるので傷が5cm以上なので確実に12級が認定されるとは、ここでは言えません。
仮に12級が認定された場合は、必ず弁護士さんにお願いして賠償の交渉をしてください。
賠償金がかなり違いますから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

状況によってなのですか・・・・。
額ですから髪で隠そうとすれば隠すことも可能かと・・・。
ちなみに12等級が該当なのですか?
状況によって14等級になるということは無いのですか?

仮に認定されたら、必ず弁護士ですか。
弁護士は考えていませんでした。

お礼日時:2012/11/20 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害等級の顔外貌醜状の面接とは・・・??

額に、5cmが一本と3cmが二本の線条痕があります。
 (女・25歳・接客業)

実際に面接を体験した方、または詳しい方がいらっしゃいましたら、
等級を認めてもらうために何か対策はないものでしょうか。

また、どのような場所でどうのような話をするか教えてください。

私が知っている情報は、線条痕の長さを測り、写真を撮るということです。

ぜひ教えて頂きたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 お顔に醜状痕が残るような、お怪我心よりお見舞い申し上げます。
先ずご質問の審査をする場所ですが、各地区に自賠責保険を管理している損害保険料率算出機構の調査事務所があります、そこで専門の担当者と顧問医によって審査します。醜状痕の場合はお怪我の大きさや状態を調べます。・・・・・女性の外貌の顔面部に関する後遺障害は第7級12号に『鶏卵大以上の瘢痕』『5cm以上の線状痕』『10円銅貨大以上の組織陥没』が残った場合が『著しい醜状』に該当します。また第12級14号では『10円銅貨以上の瘢痕』『3cm以上の線状痕が残った場合』が『単なる醜状に該当します』。自賠責保険の後遺障害の限度額は第7級が1051万円で第12級が224万円です。・・・・・事故状況や過失の状態が不明ですが過失が少ない事故であればお仕事が接客業とのことですので、任意で計算すると自賠責保険の限度額よりかなり大きい金額に成るのではないかと思いますので弁護士と相談する事をお勧めいたします。

Q後遺障害等級の顔外貌醜状の面接について

交通事故で額に5cmの線条痕があります。
医師に後遺障害診断書を書いてもらって保険会社に提出し4ヶ月経ちました。
他の部分の症状固定が終了した今になって調査会社の面接があると言われました。

診断書を記入してもらった段階で5cmだった傷は今測ると少し縮んでいるような気がします。
診断書は意味を成さなくなるのでしょうか。教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

醜状痕は、日数の経過とともにある程度、縮小します。

従って、後遺障害等級認定は、面接時における醜状痕の大きさによって認定することとされており、後遺障害診断書作成時の醜状痕の大きさで認定されるものではありません。

また、2010年6月10日に京都地裁の違憲判決が確定し、醜状障害の男女間格差は否定されています。これを受け、今年5月2日施行の自動車損害賠償保障法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第116号)により、醜状障害にかかる等級が改定され、7級12号「外貌に著しい醜状を残すもの」、9級16号「外貌に相当程度の醜状を残すもの」、12級14号「外貌に醜状を残すもの」、14級3号「上肢の露出面に手のひらの大きさの醜い後を残すもの」、14級4号「下肢の露出面に手のひらの大きさの醜い後を残すもの」とされています。
新しい基準は、平成22年6月10日以降に発生した事故に適用されます。

改正に当たっては、「外貌障害に係わる障害等級の見直しに関する専門検討会報告書」が答申されています。

これによると、「面的な広がりを持たない醜状については、その程度を相当程度軽減できるようになっており、特に線状痕については、真皮縫合と呼ばれる皮下縫合を行うようになり、皮膚の表面を縫わないため、線状痕の形状、傷の方向などによって残りやすさは異なるものの、例えば、シワと同じ方向に生じた場合には、ほとんどシワと変わらない程度に目立たなくすることが可能となっている。医療技術の進歩により醜状の程度を大幅に軽減できている障害については、当該障害の程度に応じて適切に評価すべきである。具体的には、外貌障害に関する現行障害等級表の段階設定を改正しない場合、7級に達しないものは12級で評価することになるが、例えば、長い線状痕は醜状を相当程度軽減できるとして従来の7級を12級と評価すると、なお障害が広範に残るものを適切に評価することが困難となる。諸外国では、障害の評価を基本的に医師に委ねつつ、評価の幅を示しているが、重いとされた外貌障害の労働能力喪失の程度の中間値は概ね30 %であり、これを我が国の障害等級に当てはめると、9級、労働能力喪失率35%に相当する。以上のことから、現行の障害等級表を改正し、7級と12級の間に、「外貌に相当な醜状を残すもの」として中間の等級を設定、当該等級を9級とすることが適当である。また、外貌に相当な醜状を残すものには、現在、外貌の著しい醜状として評価されている障害のうち、醜状を相当程度軽減できるとされる長い線状痕が当たるとすることが適当である。」としています。

つまり、従来、女子の顔に5cm以上の線状痕が残った場合、7級が認定されていましたが、新基準では9級と認定されるようです。(3cm以上の線状痕は、12級のままのようです)

醜状痕は、日数の経過とともにある程度、縮小します。

従って、後遺障害等級認定は、面接時における醜状痕の大きさによって認定することとされており、後遺障害診断書作成時の醜状痕の大きさで認定されるものではありません。

また、2010年6月10日に京都地裁の違憲判決が確定し、醜状障害の男女間格差は否定されています。これを受け、今年5月2日施行の自動車損害賠償保障法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第116号)により、醜状障害にかかる等級が改定され、7級12号「外貌に著しい醜状を残すもの」、...続きを読む

Q後遺症障害の慰謝料と逸失利益の金額

こんにちは。いつもお世話になります。
昨年9月に娘(高校生)が事故に合い顎に怪我をしました。
過失割合は10:0(相手:娘)です。
傷跡はギリギリ3cm有り、先日後遺症障害12級の認定がおりたようです。
それで今度の火曜日(6月12日)に保険屋さんと話をする約束をしました。
そこで、保険屋さんが提示してくる金額が妥当なものなのかどうか、
また、話をしていく上で注意しなくてはいけない事など、教えていただけると嬉しいな と思い質問しました。
自分なりに調べてみたところ、
【後遺症障害12級】で224万 とか、290万とか・・・。
弁護士基準だと高額になるようですが、その為には弁護士さんに間に入ってもらわなくてはなかなか通らないものなのでしょうか?
逆に224万よりも低い金額になる事も有るのでしょうか?
また、逸失利益というのはこの224万とは別に請求できるものですよね?あるサイトで調べてみたところ
【後遺障害の場合】
年齢      17歳
年収      2,961,500円(高校卒女子)
労働能力喪失率 14.000000000000001%
ライプニッツ係数(年利率:5%)を選択
17歳から67歳まで50年間に対応するライプニッツ係数 18.25593
17歳から18歳まで1年間に対応するライプニッツ係数 0.95238
【計算式】
2,961,500×(14/100)×(18.25593-0.95238)= 7,174,224円
というすごい金額が出てきました。まさかこんなには貰えないとは思いますが(笑)
今後大学にも進学するつもりですが、やはり大卒女子の平均では請求できないですよね?
・・・というより、今現在ではまだ高校も卒業していないのでもしかして中学卒の計算になってしまいますか?
ただ、外貌醜状の場合逸失利益はあまり出ないという話も聞きます。
全くおりなかったりもするのでしょうか?
他に治療までの期間14日で通院日数はちょうど7日間だったので
14×4,100=57,400円も請求するつもりです。
病院の治療費は全て立て替えていただきました。
物損の方の示談は済んでおります。
あと他に・・・・何か請求できるものはありますか?

こんにちは。いつもお世話になります。
昨年9月に娘(高校生)が事故に合い顎に怪我をしました。
過失割合は10:0(相手:娘)です。
傷跡はギリギリ3cm有り、先日後遺症障害12級の認定がおりたようです。
それで今度の火曜日(6月12日)に保険屋さんと話をする約束をしました。
そこで、保険屋さんが提示してくる金額が妥当なものなのかどうか、
また、話をしていく上で注意しなくてはいけない事など、教えていただけると嬉しいな と思い質問しました。
自分なりに調べてみたところ、
【後遺症障...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問にお答えします。
相手の保険会社の担当者が『紛争処理センターに持ち込めば』というのはこの担当者の立場では250万円~300万円を支払う決済ができないので逃げているのです。224万円は自賠責保険の第12級の限度額ですので、この金額は必ず支払わなければ損害保険料率算出機構の調査事務所がOKしませんので、必ずこの金額以上は支払わなければ成らない金額ですので心配は要りません。同じ条件で『男子の外貌に醜状を残すもの』は第14級で金額も75万円です。女子の場合それだけ重く考えられている訳ですので250万円位なら相手の保険会社も乗ってくるのでは無いでしょうか。何れにしても自賠責保険の224万円よりは上乗せした金額で示談したいですね。


人気Q&Aランキング