tty1が暴走して、alt+F2でログインして作業していますが、再起動しなくてtty2からtty1を正常に戻す方法はあるのでしょうか?

また、仮想コンソールはシェルのことでしょうか?

A 回答 (1件)

暴走したプロセスをkillすれば戻ると思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮想コンソールについて

仮想コンソールを調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

自分としてはWindowsのショートカットのような物と解釈しているのですが、正しいでしょうか?
また、好きなように設定などできるのでしょうか?

漠然としているのではっきりと教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

ショートカットとは異なります。
単に複数のコンソールがマルチタスクで起動して
いるだけです。
1台のPC上で複数台のPCが動いているのと同じ
環境を提供します。

#ショートカットは、例えるならアプリケーション
#やフォルダにつながる近道を作る事と言えます。

3. 仮想コンソール
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Small-Memory/vconsole.html
>仮想コンソールをいくつ動作させるかは、/etc/inittab に記述
>されています。

QシェルスクリプトのBシェル(Bourne)に出てくる、$0,$1,$2

シェルスクリプトのBシェル(Bourne)に出てくる、$0,$1,$2...のような位置パラメタや、$?,$$,$!,$-のような特殊変数がありますが、これはPerlやRubyもあるようですが、意味や効果、やり方等は同じでしょうか。

当方はPHP,JavaScriptしか触れていませんし、PHPやJavaScriptは、そのような位置パラメタや特殊変数は見当たりませんでした…。

つまり、PerlやRubyはUNIXのコマンドから誕生したスクリプト言語ということでしょうか。

こういった位置パラメタや特殊変数はPerlやRuby以外に他の言語にもありますでしょうか。PythonとかCとかJavaとか…。

また、Bシェルを学んでいる途中ですが、シェルスクリプトの中にはbourne以外にもbashやC Shell,zsh,Perlがありますが、何故Perlが入っているのでしょうか。
Perlをやっている方は別途シェルスクリプトをやる必要はないということでしょうか。

Aベストアンサー

>意味や効果、やり方等は同じでしょうか

意味は、それぞれの言語やスクリプトで違います。

>PHPやJavaScriptは、そのような位置パラメタ


だとしたら、まだ初心者でしょう。存在します。

>PerlやRubyはUNIXのコマンドから誕生したスクリプト言語ということでしょうか

違います。UNIX OSが歴史が深いし、どちらかと言うとコマンドで実行形式が普通だったから普及し、受け入れられる柔軟性が(使っている側とOS側も)あったため、使用する人が増えただけです。

>こういった位置パラメタや特殊変数はPerlやRuby以

あたりまえです。存在します。今はオブジェクト指向が当たり前の世界なので、フレームワークとか外部の物を取り入れたりすると必ず必要になりまよね。

>bourne以外にもbashやC Shell,zsh,Perlがありますが、何故Perlが入っているのでしょうか。

”入っている” と言う意味がよく分かりませんが、たぶんOSに梱包されていて設置すると使えると言う意味でしょう。

まず”シェルスクリプト”のシェルの意味を正しく理解しましょう。下記のURLに妥当な説明があります。その説明を理解しましょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB

ここの引用で
----------------
「コマンドインタプリタ」の名称で呼ばれる場合は単に「コマンドを解釈する者」の意であり、OSのユーザインタフェースとしての意味合いは失われていることが多い。
----------------

となっているとおり、シェルがたくさんあるのはUNIX系OSの歴史でもあります。つまり互換性ですね。バージョンが上がったり、派生型のOSだと、過去の資産を使えない事がかなり痛手です。それで、バージョンを重ねるたびに、そのまま過去のシェルも残り、UNIX(Linuxも含む)の歴史を追従して、オープン化や共有化されています。

それぞれのシェルの中で当然、コマンドが使用できます。その中にPerlも在るだけです。シェルは、コマンドインプリンタとしての役目を果たしているだけです。内部コマンドと、外部コマンドがあるので、外部コマンドの一つがPerlと言うだけです。他のコマンドも同じです。

と言うことで、

>Perlをやっている方は別途シェルスクリプトをやる必要はないということでしょうか。

は、間違いである事が分かりますね。

No1の方もいっていますが、上記の理由でPerlはシェルではありませんね。だからShell Scriptとはならないわけです。単なる「コマンドインタプリタ」であって、OSのユーザーインターフェースではありませんね(シェルではない)。

>意味や効果、やり方等は同じでしょうか

意味は、それぞれの言語やスクリプトで違います。

>PHPやJavaScriptは、そのような位置パラメタ


だとしたら、まだ初心者でしょう。存在します。

>PerlやRubyはUNIXのコマンドから誕生したスクリプト言語ということでしょうか

違います。UNIX OSが歴史が深いし、どちらかと言うとコマンドで実行形式が普通だったから普及し、受け入れられる柔軟性が(使っている側とOS側も)あったため、使用する人が増えただけです。

>こういった位置パラメタや特殊変数はPerl...続きを読む

QBシェルとCシェル

Solarisサーバの運用において、シェルでスクリプトを作成する場合、BシェルとCシェルでは、どちらが多く用いられているでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと補足。
BshかCshかという選択ならBshですが、他の方が言っておられるようにbashなどで書いても構いません。

・一般ユーザが利用するsetuidしていないスクリプト
 shでもbashでもzshでもなんでもよい。
 csh系(tcshも)だけはやめた方が無難。
・setuidしていいるスクリプト
 シェルスクリプトはsetuidしないのが安全。
 csh系(tcshも)だけはやめときましょう。

・Solaris以外のOSに移植するかも知れないスクリプト
 shかbashで書く。
 OSにデフォルトで存在するシェルで書いておいた方が無難。
 shはどのOSにもあるが、微妙なところで仕様が違うので要注意。
 ただ、Solarisの/bin/shは一番古くて仕様がしょぼいので、
 Solarisで動けばよそに持っていっても動くと期待できる。

・システムのブート段階などで動くスクリプト
 基本は/sbin/sh。シェルがスタティックリンクされている必要がある。

QDebian GDMをインストールしたらコンソールログインできなくなりました。

 GDMをインストールしたら
コンソールログインできなくなりました。
GDMをインストール後に端末ウィンドウではなく
Windows 98以前でいうところの
MS-DOSモード(MS-DOSプロンプト コマンドプロンプトではない)のようなコンソールログインをする方法はございませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仮想コンソールを切り替えると、裏でコンソールログインが動いていますので、そちらから入るとよろしいでしょう。
切り替え方は、Ctr+Alt+Fn1~6あたりです。
コンソールからXのGUIへ戻すときはCtr+Alt+Fn7です。

参考URL:http://linux2ch.is.land.to/index.php?X11AndGraphicsFAQs#temporal_textlogin

Qシェルスクリプト:while文のリダイレクトはサブシェルで実行されますか

日頃Linuxを使用している者です。手元にSolaris環境がなく検証できないためSolaris使いの方にお伺いさせてください。

お聞かせいただきたいことは次の一点です。
Q. Solaris8,9,10 のBourneShellは従来どおり、while文でリダイレクトを使ったときは、サブシェルでまわりますか?

上記質問に至った簡単な経緯を申し上げます。
実は、Linuxの/bin/ash(BourneShell相当)スクリプトで while文でリダイレクトしたところ、ループ内の変数がwhileの外でも参照できました。本来BourneShellの場合、当ケースでのループはサブシェルで回るはずですよね。
最近のGNU BASHを始め、ASHもfor,whileのりダイレクトを使ったループもカレントシェルで動作するということでしょうか? そこで、SolarisのSHはどうなのかと思った次第です。以上宜しくお願いします。

p.s.
HP-UX, AIXのSHについても情報があればありがたいです。
参考までに、Linux上の実例を記します。

■test.ash
#!/bin/ash

n=0
while read line
do
i=`expr $i + 1`
echo "$i: $line"
done < $0
echo "total line= $i"

■実験してみる
> ./test.ash
1: #!/bin/ash
2:
3: i=0
4: while read line
5: do
6: i=`expr $i + 1`
7: echo "$i: $line"
8: done < $0
9: echo "total line= $i"
total line= 9 ← しっかりインクリメントされた変数見れてるし。最近の仕様?

日頃Linuxを使用している者です。手元にSolaris環境がなく検証できないためSolaris使いの方にお伺いさせてください。

お聞かせいただきたいことは次の一点です。
Q. Solaris8,9,10 のBourneShellは従来どおり、while文でリダイレクトを使ったときは、サブシェルでまわりますか?

上記質問に至った簡単な経緯を申し上げます。
実は、Linuxの/bin/ash(BourneShell相当)スクリプトで while文でリダイレクトしたところ、ループ内の変数がwhileの外でも参照できました。本来BourneShellの場合、当ケースでの...続きを読む

Aベストアンサー

Solarisの環境は無いのでわかりませんが、
http://www.nurs.or.jp/~asada/FAQ/UNIX/section3.8.html
Posix準拠のshだとカレントシェルでの実行のようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報