酸化、還元の明確な定義を教えてください。いつも酸化還元の領域になると頭がごちゃごちゃになってしまいます。

A 回答 (3件)

tak1981 さんのレベルが分からないのですが,酸化・還元にはいくつかのレベルの定義があります。



簡単なほうから書くと,

1)酸素の授受の点からの定義
  酸化(される):酸素を受け取る事
  還元(される):酸素を失う事

2)水素の授受の点からの定義
  酸化(される):水素を失う事
  還元(される):水素を受け取る事

3)電子の授受の点からの定義
  酸化(される):電子を失う事
  還元(される):電子を受け取る事

酸化・還元についてのペ-ジをあげておきますので,参考にして下さい。

参考URL:http://www.geocities.com/TelevisionCity/Satellit …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。明確に記されているためよくわかりました。

お礼日時:2001/05/19 14:53

最も簡単な定義は、酸素分子と他の分子の結合が酸化であり、逆に酸素原子との結合が解除される現象が還元です。

この回答への補足

その辺りはわかるんですが、いまいち電子の受け渡しのほうがよく分からなくて・・・。けど、前の回答と併せて参考にさせて頂きます。

補足日時:2001/05/19 14:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。電子の受け渡しと併せて参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/19 14:52

簡単に、酸化される:電子を失う。

還元される:電子を得る。ということで
どうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。いつも、電子の受け渡しがとちらが得るか失うかがわからなくなることがあるんですよ。

お礼日時:2001/05/19 14:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸化還元電位と標準酸化還元電位の違いについて教えて下さい。

どなたか酸化還元電位と標準酸化還元電位の違いについて教えて下さい。

片方が分かればもう片方も算出出来るものなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネルンストの式をご覧下さい。これが全てです。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%BC%8F
(この例↑ではpHについて言及していますが、無視して下さい。また活量は無限希釈時には濃度にほぼ一致します。)
さらにa_Red/a_Ox=1の時E=E^0になりますが、E^0は当該電極と標準水素電極との電位差です。

Q還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。

危険物取扱者の問題の中に
還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 とありました。いまいちピンときません!
 ご教授のほどをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前も確か回答したはずです。
★酸化と還元は必ずペアで起きます。
 物質A + 物質B → 酸化されたA + 還元されたB
  ↑   ↑
  |    相手(A)を酸化するので酸化剤
  相手を還元するので還元剤

>還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
一酸化炭素をのぞくと
>還元剤とは、他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 ではなくて
◎ 他の物質に作用して、他の物質を還元する場合は酸化剤という
 です。
一酸化炭素中でマグネシウムを燃焼させると
 CO + Mg → MgO + C
となって、マグネシウムを酸化して炭素に還元されます。この反応の場合は一酸化炭素は酸化剤として働いています。

 酸化剤であるか、還元剤であるかはその時の反応による物です。

>還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 とありました。いまいちピンときません!
>問題が出たら、一酸化炭素は還元剤と覚えます。
 ピンとこないのが正解で、私もおかしいと思います。それは誤りである可能性が捨て切れません。このような引っ掛け問題がたくさん出てきます。より正しい文章がないか念入りにチェックしましょう。
 もしなければ、出題自体が誤まっている可能性があるので、そこは目をつぶって○にする。

以前も確か回答したはずです。
★酸化と還元は必ずペアで起きます。
 物質A + 物質B → 酸化されたA + 還元されたB
  ↑   ↑
  |    相手(A)を酸化するので酸化剤
  相手を還元するので還元剤

>還元剤とは、一酸化炭素のように他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
一酸化炭素をのぞくと
>還元剤とは、他の物質と作用して還元を起こさせる物質をいう。
 ではなくて
◎ 他の物質に作用して、他の物質を還元する場合は酸化剤という
 です。
一酸化炭素中でマグネシウムを燃焼させると
 ...続きを読む

Qシアン化カリウムによる、酸化銅の酸化還元反応

5年ほど前のドラマであったものです

シアン化カリウム(青酸カリ)水溶液によって黒ずんだ10円玉(酸化銅)がピカピカになるということがやっていました。

そこで質問なのですが、
上記の事は、どのような反応が起きているのでしょうか?

化学反応式を用いて回答お願いします。

Aベストアンサー

酸化還元反応では無く、錯体の生成により溶解しているような気がします。


CuO(固) + H2O ⇔ Cu(OH)2(aq)
Cu(OH)2(aq) + 4CN^- ⇔ [Cu(CN)4]^2- + 2OH^-

Q酸化数による酸化剤・還元剤の判定の仕方は?

化学の問題集に次の化学反応式でH2SO4とHClは夫々、酸化剤、還元剤のどちらか?という問題がありました。

(1)Cu+2H2SO4→CuSO4+2H2O+SO2
(2)MnO2+4HCl→MnCl2+2H2O+Cl2

酸化数を調べると
H2SO4の
Hについて
+1→+1
で変化無し。
Sについて
+6→+6
+6→+4
増加したSがあった。
Oについて
-2→-2
-2→-2
-2→-2
で変化無し。

酸化数が変化(増加)した元素があったのでH2SO4は還元剤。


続いてHClの
Hについて
+1→+1
で変化無し。
Clについて(MnとClの酸化数が固定されていない?ので自信ナシ)
-1→-2
-1→0
で増加したものものもあれば、減少したものもあるのでHClは還元剤とも酸化剤とも言えない。


と推測したのですが、何処が間違っているのでしょうか?
よろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

>Sについて,+6→+4増加したSがあった。
還元剤は相手を還元させ,自分自身は酸化します.
ここでは,H2SO4において,Sの部分の酸化数が減少しているので,H2SO4は酸化剤.
Cuが0→+2で酸化されています.

HClですが,-1→-2にはなっていません.
きっとMnCl2の部分の事だろうと思いますが,Mnは+2,Cl自体は-1です.
-1が2つあるだけです.
ここが勘違いなさっているところです.
Cl2の酸化数は0ですね.
自身は酸化したので,還元剤です.

Q酸化、還元の定義について

 高校化学では、酸化、還元は、物質間の酸素の授受や、電子の授受など、また酸化数の増減などなどで定義されています。そこまでして酸化と還元を定義する意義はどういったことにあるのでしょうか。
 酸化、還元をそこまで深く定義する必要性を教えてください。できれば具体的に教えて頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

bideさん、こんにちは。
酸化還元についてのHPがあったので貼っておきますね。

今まで、酸化というと酸素と結合する反応、
還元というと、酸素を奪われる反応、と認識されていたと思います。

酸化 2Ca+O[2]→2CaO
カルシウムは酸素と結合して酸化カルシウムになる。

還元 CuO+H[2]O→Cu+H[2]O
酸化銅は水素に酸素を奪われて銅になる。

ところが、これだけだと説明が不十分なので
水素原子が奪われる反応→酸化反応

4HCL+O[2]→2CL[2]+2H[2]O
塩化水素は、Hを酸素に奪われたので、酸化された

水素と結合する反応  →還元反応

CL[2]+H[2]→2HCL[2]
塩素はHと結合し、還元された。

また
電子が奪われる反応→酸化反応

Ca→Ca[2+]+2e[-]
O+2e[-]→O[2-]
カルシウムは価電子2個を失ってイオンになる。
酸素中のOはこれを得て、酸素イオンとなる。
これらが互いにイオン化結合して酸化カルシウムをつくる。
このとき、カルシウムは電子を最初に奪われているので
これも酸化の定義とすると、色んな説明をするのに都合がよい。

電子を受け取る反応→還元反応

塩化銅CuCL[2]水溶液の電気分解を考えると、
陰極では

Cu[2+]+2e[-]→Cu(析出)
という反応が起こっています。
この場合、銅イオンは電子を受け取って、金属銅になっていますが
このような電子を受け取る反応を、還元反応とします。

以上のようにすると、都合よく説明できるので、これらも酸化・還元の定義とするのだと思います。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/organic-chemistry/calculated/oxid-reduct.htm

bideさん、こんにちは。
酸化還元についてのHPがあったので貼っておきますね。

今まで、酸化というと酸素と結合する反応、
還元というと、酸素を奪われる反応、と認識されていたと思います。

酸化 2Ca+O[2]→2CaO
カルシウムは酸素と結合して酸化カルシウムになる。

還元 CuO+H[2]O→Cu+H[2]O
酸化銅は水素に酸素を奪われて銅になる。

ところが、これだけだと説明が不十分なので
水素原子が奪われる反応→酸化反応

4HCL+O[2]→2CL[2]+2H[2]O
塩化水素は、Hを酸素に奪われたので、酸化された
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報