はじめまして投稿します。kenntikuyaです。

最近、室内の空気環境がまた盛んにいわれるようになった気がします。
そこでこんな疑問が・・・

「住宅の室内における化学物質の空気中の濃度を表す時、なぜppm(ppb)表記をするのでしょうか?」
(出来ましたら重量濃度だけではダメな理由がもしありましたらその辺も教えて頂ければと思います。)

例えばホルムアルデヒドですが、旧厚生省の指針では0.1mg/m3となっているのに0.08ppmとわざわざppmに換算して多くの文献、マスコミ等で表現しています。


どなたかお分かりになる方がいらっしゃったら教えてください。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はっきり言えば、パーセントじゃ桁が足らないからです。


%=100分の1
ppm=100万分の1
ppb=10億分の1
まずはここを頭に入れて下さい。

人が何かの化学物質に反応するのは、それくらいの濃度で十分だからです。
私は仕事で弗化水素やオゾンを使っています。
これらは匂いがあるのですが、実際に臭った時の濃度は、0.1ppm程度です。

さてさて、ホルムアルデヒドの指針の事ですが・・・mg/m3ではちゃんとした割合になってない事はわかりますよね?
重さ÷体積になっています。
それより体積÷体積(重さ÷重さでも同じ)にしないといけません。
だからちゃんと単位変換したppmを使うのです。

環境ホルモンなど、生物に影響を及ぼす化学物質は、もの凄い薄い濃度でも鋭く利いてきます。
だから、ppmやppbを使うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私達の地球を包んでいるオゾンにも臭いがあるなんてビックリです。

最初に%とppmを比べて頂けたものがppmが割合ということを理解するのに非常にわかり易く嬉しかったです。
やっぱりmg/m3(重さ/体積)ではなくppm(割合)で表すのはその方が便利なのですね。

でも・・・追加質問でごめんなさい・・・
ppm(割合)で表す方が便利な理由が分かりません。体積の温度による変化が影響しているのでしょうか?(すみません、化学無知で・・・)
こんな化学音痴に教えて頂けます様宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/05/21 10:00

ppm=pert(s) per million


ppb=pert(s) per billion
ですね。
マスコミでこの単位が使われる理由はおそらく、

半角英数のテキスト形式で表現できるから
ナノテク、ナノスケール(nano=10e-9)などがかっこいいから

この二つにつきるのではないでしょうか(笑)?

あと、専門家(化学)の立場から言わせていただくと、
慣れてくるとppm、ppb表記の方が桁数がすぐに把握できる
というメリットはありますかね。

さらに言うと、なぜモル濃度にしないのか?(特にダイオキシン関係)とか
ppmは(v/v)なのか(g/g)なのか?とか
分析値の信頼度はどうなのか?とか
私も以前から気にはなっていました。

そこででた結論。
マスコミのやることにいちいち意味を見いだすのは
非常な労力を必要とする割に、得られるものは少ない。
ということです。

なんだか好き勝手書いてしまいましたね。お粗末。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
化学を専門にやられている方にはppm表記の方が馴染みがあるからなのですね。私自身、化学は無知に等しいので大変参考になりました。

お礼日時:2001/05/20 09:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホルムアルデヒド濃度を測定したい

最近シックハウス症候群と思われる症状が出てきました。
そこでホルムアルデヒド濃度を測定したいのですが、業者に頼むと大体いくらぐらいかかるのでしょうか?
また個人での測定は可能でしょうか?

Aベストアンサー

ホルムアルデヒドの測定についてですが、一般的に大きく分けてシックハウス対策上では、簡易測定(携帯用測定器によるものなど)と厚労省で定めたもの(厚労省仕様)とがあります。簡易測定はあくまで”目安”的な数値となります。

それで、具体的な手段についてですが~

まず、自治体によっては、ホルムアルデヒド濃度の測定を無料でおこなってくれるところがいくつかあります。シックハウス問題に比較的前向きな自治体でおこなわれています。ji-koakさんがお住まいの自治体の保健衛生担当課や保健福祉事務所などに問い合わせしてみてください。測定方法は簡易、厚労省仕様に準ずるものなど自治体によって対応は分かれるようです。

個人でやられる場合、財団法人住宅保証機構で貸し出ししている携帯用簡易測定器を使って、自分でやってみる方法があります。測定器は全国の住宅保証機構事務受託窓口で借りられます(下記アドレスにて参照ください)。費用は、測定にかかる消耗品費+税で¥5,000~6,000といったところ。ただし、申し込みが多いと、すぐには貸してもらえませんので、事前に予約してください。(いくつかのシックハウス系NPOでも、会員になると簡易測定器の貸し出しを受けられるところもあります。)

それから、厚労省仕様の測定ですが(国の定めた室内空気中の揮発性有機化合物濃度指針値に対しては、この方法による数値が対象となります)、いろいろな機関、民間会社にて取り組み可能です。もちろん有料ですが。おすすめしたいのは公的もしくは半公的な機関でおこなうことです。民間会社だとシックハウス対策事業とセットになっていることが多く、営業の一環的な対応を受けるときがありますから。測定機関は、ji-koakさんがお住まいの自治体のシックハウス対策担当窓口にて紹介してくれるはずです。費用はホルムだけだと¥30,000~からやってくれると思います。また、通常はホルムだけでなく、トルエン、キシレン等、ホルム以外の物質についても測定しています。1物質増えるごとにまた+¥20,000程度かかると思います。基本的に測定費用は機関ごとに違いがありますので、気軽に問い合わせてみると良いと思います。

シックハウス症状が出ているということで心配ですが、できれば、ちゃんとした機関で厚労省仕様にて測定されることをおすすめします。

(それから、住居の状態から測定値・健康状態まで一連の事を、大学などの研究機関の研究対象として協力すると、無料orごく程費用で、ホルムアルデヒドだけでなく他の化学物質についても測定を受けられることもあります。参考まで。)

参考URL:http://www.ohw.or.jp/frame/formu.html

ホルムアルデヒドの測定についてですが、一般的に大きく分けてシックハウス対策上では、簡易測定(携帯用測定器によるものなど)と厚労省で定めたもの(厚労省仕様)とがあります。簡易測定はあくまで”目安”的な数値となります。

それで、具体的な手段についてですが~

まず、自治体によっては、ホルムアルデヒド濃度の測定を無料でおこなってくれるところがいくつかあります。シックハウス問題に比較的前向きな自治体でおこなわれています。ji-koakさんがお住まいの自治体の保健衛生担当課や保健福祉事務所...続きを読む

Q室内空気環境について

アパートで室内塗装がおこなわれた事により、嘔吐、めまい、頭痛にみまわれ受診したところ、化学物質過敏症と診断されました。
塗装後、一ヶ月たっても部屋に入ると体調が悪化するため室内の空気環境の検査をしました。その結果について質問です。
(特に、国で定められている?指針値というものを超えた数値はでませんでした。)

トルエン (指針値0.07ppm)
     外気0.003ppm
     室内0.005ppm

キシレン (指針値0.20ppm)
     外気0.001ppm未満
     室内0.001ppm


このような低い数値は、塗装などしなくても普通に空気中に存在しているものなのでしょうか?
それとも一ヶ月前の塗装の影響がのこったものなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>普通に空気中に存在しているものなのでしょうか?
清浄な空気であればもちろん含んでいません。

>一ヶ月前の塗装の影響がのこったものなのでしょうか?
なんとも言えません。

このような溶剤系では初期が最も多く、急速に放出する料は減ります。また生活時に換気を行っている場合と換気不足の場合でもやはり数値は非常に異なります。

そのため、単純にこうだとは言えないのが難しい点です。ただ塗装した時期に連動していることから、何らかの影響を受けたというのは間違いないでしょう。それが主原因かどうかはともかくとしてです。

なお、一度化学物質過敏症になると通常の人にとっては問題ない、指針値を遙かに下回る量でも影響が出てしまいます。

Q二酸化炭素による室内空気汚染

二酸化炭素量が多くなると、人体に影響がでると聞きましたが、
室内の気積の何パーセントになると
人間はどのような状態になるのか分かる方教えてください。

Aベストアンサー

「二酸化炭素」「室内」「環境基準」などのキーワードで検索してみてください。

http://www.iph.pref.osaka.jp/indoor/kuuki/CO2.html
http://www.eiken.city.yokohama.jp/life_inf/toku/situnai/kuuki_kan.html#bussitu6

Q畑焼などの空気を室内に入れない換気について

近くに畑が多く、ひどいときは1週間に3~5回畑焼をする方がいらっしゃるのですが、その際に洗濯物や室内に風向き次第で煙が室内や敷地に舞い込んできます。
何か対策できないか考えているのですが、空気清浄機付の換気扇とかあるのでしょうか?
室内を締切にしても換気できる方法がないかと考えております。
また、別になりますが地下熱換気は結構値段が高いという話ですがそちらであれば清浄された空気が室内に取り込まれるものなのでしょうか?
詳しい方などいらっしゃいましたらお手数をおかけいたしますが、是非ご教授していただきたく思います。
エアコンなどはそう言った状況下で使用すると故障しやすくなったりするものなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

野焼きは禁止されていますが田舎の農業廃棄物焼却は例外として認められているようです。泣き寝入りは問題です。地方自治体に聞いてみてください。
煙があまりひどいと消防署に電話します。警察でもいいです。

煙は家の隙間から侵入してくるので換気はマイナスです。対策は家を締め切って空気清浄器を運転するくらいでしょう。完璧にはクリーンルームの設置でしょうが家庭向きではありません。

>エアコンなどはそう言った状況下で使用すると故障しやすくなったりするものなのでしょうか

心配無用です。

Q最近室内の空気が重く感じます。

最近室内の空気が重く感じます。

築30年以上の木造アパートなんですが
最近室内の空気が快適ではありません。
10年以上住んでいて、煙草を吸いませんのでシックハウスなどの有害物質ではないと思います。
窓を開けて扇風機で涼んでいますので換気が悪いわけではないと思います。

「空気を洗うミスト・やすらぎアロマカモミールの香り寝室用」というスプレー式芳香剤を使ってみましたがあまり効果を感じません。

何かいい物はないでしょうか?

Aベストアンサー

>最近室内の空気が重く感じます。




屋内空気の快適性は
(1)温度
(2)湿度
(3)気流
(4)換気
(5)空気清浄度

が5大要素だと言われています。

そこで、空気が重い感覚は、湿度が高く空気の循環が悪い(気流と換気の不足)状態と思います。
この改善・快適度を上げるには、シーリングファン(天井扇)やサーキュレータ(空気循環機)が有効だと思います。

また、有機化合物臭やカビ胞子とかダニの死骸や糞、静電気を持った塵埃や花粉等のアレルゲン(アレルギー性粒状物質)を空気清浄機で除塵・除菌する事でも快適度は向上すると思います。

予算や設置場所で難しい場合は、吸気と排気を窓や扉(障子や襖含む)で空気の循環を行い(建築基準法では1時間にお部屋の空気を0.5回転程度入れ替え、新鮮空気を取り入れるのが目安)、さらに淀んだ空気を天井と床面の温度差で分布している温度帯を攪拌し、部屋全体の気流で閉塞感や温度帯の中で重たい空気の感覚を対流(気流を起こす事)で改善出来ると思います。

芳香剤・アロマテラピーは、好みに個人差があり、臭いを香りでマスキングする物が主流ですが・・・
有機溶剤や化学物質を使う物もあり、他の成分と複合したり濃度によっては不快な場合も多く、天然成分(活性炭・フイットンチッド他)や無香料・無臭の臭いを吸着する方式の脱臭剤&脱臭器の方が長時間使用には安心です。

参考<シーリングファン>
http://denki.tss-shop.com/ceiling_fan/



yuukiyuuki様におかれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスで、お部屋の悩みが解消し、快適な空質のお部屋での健康的な暮らしが実現しますよう、心より祈念申し上げております。

>最近室内の空気が重く感じます。




屋内空気の快適性は
(1)温度
(2)湿度
(3)気流
(4)換気
(5)空気清浄度

が5大要素だと言われています。

そこで、空気が重い感覚は、湿度が高く空気の循環が悪い(気流と換気の不足)状態と思います。
この改善・快適度を上げるには、シーリングファン(天井扇)やサーキュレータ(空気循環機)が有効だと思います。

また、有機化合物臭やカビ胞子とかダニの死骸や糞、静電気を持った塵埃や花粉等のアレルゲン(アレルギー性粒状物質)を空気清浄機で除塵・...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報