【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

通夜と葬儀行くこととなりました。
お姑さんに通夜に御霊前、
葬儀に御仏前を持って来てねと言われました。
ー・・・が、ネットで調べるとどちらかに出すとか書いてありました。
御霊前と御仏前両方出すものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>お姑さんに通夜に御霊前、


>葬儀に御仏前を持って来てねと言われました。

御霊前は、49日の法要が終わる前までです。

御仏前は、49日の法要が終わってから使います。

人が亡くなると、49日法要が終わるまでは「成仏してない御霊」の状態です。

49日を過ぎると(地獄で7回目の裁判を受けて、天国行きが決まると)、そこで初めて「成仏」して「御霊」から「御仏」に変わります。

因みに、地獄での裁判は、亡くなったあとの初七日で1回目、14日目で2回目、21日目で3回目、28日目で4回目と言う感じで7回目まで裁判が行われ、7回目(四十九日、しじゅうくにち)で天国行きが決まると、晴れて「成仏」と言う事になります。

なので、49日に「天国行きの沙汰が出ますように」と、法要を行うのです。

なお、8回目、9回目、10回目の裁判もあって、これは、現世での「再審」に相当します。

遺族がきちんと供養し、お墓にお供えをすると、地獄にお供え物が届いて、7回目の裁判で地獄行きになっても再審が行われて、8回目以降で天国行きになることもある、と言われています(「地獄の沙汰も金次第」と言う諺は、ここから来ています)

そういう訳で、旦那さんを通して、お姑さんに「御仏前は49日法要の後からだ。葬儀に御仏前って書いたの出したら恥をかくぞ」って教えてあげて下さい(貴方が直接言うと、色々と摩擦が起きるので、旦那さんに言ってもらいましょう)

あと、通夜と本葬でお香典を両方出す、片方だけで済ますのは、お住まいの地域の習慣があるので、それに合わせましょう。

「御仏前は49日法要や一周忌など亡くなった人が成仏したあと、御霊前は通夜や本葬など亡くなった人が成仏する前に使う」のだけ覚えておきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御解答ありがとうございましたm(_ _)m
詳しいご説明参考になりました。
習慣とか難しいですね・・・

お礼日時:2012/11/28 23:12

両方に出すのが質問主様の所の習慣ではないでしょうか。


通夜はどんなふうに行われますか?おまいりして、お斎について、返礼をいただいて帰りますか?
また、葬儀ではどうでしょう。葬儀の時、ご仏前を出せば、お茶、ハンカチなどの返礼がありますか?あるいは葬儀と共に三日参り、五七日取り越し法要などが行われる地域ですか?
組み合わせは色々あります。御霊前とご仏前を両方出すのはおかしな事ではありません。
わたしの所では、葬儀に出席するなら、通夜には手ぶらで出席します。
葬儀の時に御霊前、取り越し法要の時にご仏前です。葬儀だけの時は通夜に御霊前、葬儀にご仏前を持って行きます。
総額で同じなら返礼の多い方、お斎の有る方に多い金額の袋を出して、別の方に少なくします。

私の感覚は姑さんとほぼ同じです。
わたしらの所では袋の宛名書きはあまり気にしません。出す人の名前と、金額の方を気にします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御解答ありがとうございましたm(_ _)m
通夜・葬儀は家族葬で20名くらい集まって
葬儀会場にて行われる感じで今日通夜でした。
通夜の様子は、
受付>待合室>挨拶(顔会わせ)>通夜(導師によるお経)>
待合室にてオードブルを参列者一同で夕食>線香>解散
といった流れでした。
明日葬儀です。多分同じような流れだと思います。

参考になりました。

お礼日時:2012/11/28 23:25

御霊前:通夜、葬儀、告別式、初七日


御仏前:四十九日以降の法事
と覚えておけば一般的仏教では問題ありません。
他界日から数えて49日以前の法事であっても、四十九日のための(仏様への)香典ですから御仏前で問題ありません。
ただ地域によって四十九日まで御霊前というケースもあります。

なお、浄土真宗は最初から仏様ですから御仏前です。


お姑さんに、まず浄土真宗かどうかお確かめなさった方が宜しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御解答ありがとうございましたm(_ _)m
わかりやすい説明参考になります。
そうですね・・・宗派を聞いて見た方が良さそうですね。

お礼日時:2012/11/28 23:18

追記。



浄土真宗の場合は、以下の点に注意。

浄土真宗は「往生即成仏」と言う考えで、亡くなると霊にはならずに、すぐに仏様になります。

なので、香典袋は「御仏前」しか使いません。

また「亡くなったらすぐに諸仏になる」と言う考えから「冥土」は存在しないので、お悔やみの言葉に「ご冥福をお祈りします」と言う言葉も使いません。

「冥土」を否定しているので「冥福(冥土での幸福)」も否定しているのです。

代わりに「謹んでお悔やみを申し上げます」などと言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追記ありがとうございましたm(_ _)m
今日通夜で私は受付係を致しました。
そこで参列して下さる方々から香典袋を預かりましたが、
皆様御霊前袋でした。で通夜も終わり解散する時
お姑さんが「明日はもぅ受付しなくて良いからね」と
言われました。そう言うコトは持って来なくて良いと
言うかことなのかよくわかりません;;
宗派によって違いますね。言葉の使い方まで
教えて下さって助かります!

お礼日時:2012/11/28 23:17

ネットで調べたとおりで、49日を境にする。


49日目の法要が終わるまでは「御霊前」
49日法要後は「御仏前」
が一般的だと思います。
でもこれはその状況でも違うだろうし・・・
考えられるとすれば、
葬儀と初七日法要を一気にやってしまうことは
よくあることえすから、
もしかしたら、葬儀・初七日・四十九日法要・一周忌を
1日で終わらせる(兼ねる)のかもしれません。

喪主の考えもありますし、土地柄もあるでしょうから、
とにかく両方用意してね、
ということですから、そうするしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御解答ありがとうございましたm(_ _)m
両方用意して行くことにします。
参考になりました。

お礼日時:2012/11/28 23:09

一般的に四十九日までが御霊前、仏様になる四十九日以降が御仏前です。


ですので、お通夜、告別式共に御霊前で良いと思います。

ただ、宗派によって違いがあります。
浄土真宗の場合は、亡くなった時点から仏様になるので、お通夜から御仏前です。

多くは、宗派関係なく、お通夜、告別式共に御霊前にしているようです。
お通夜、告別式の両日行く場合、お香典は、どちらかで良いと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御解答ありがとうございましたm(_ _)m
宗派によって違うので大変ですね・・・
参考になりました。

お礼日時:2012/11/28 23:06

葬儀は 御霊前


自宅での○○回忌とか ああいうのは御仏前
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御解答ありがとうございましたm(_ _)m
参考になりました。

お礼日時:2012/11/28 23:06

> 御霊前と御仏前両方出すものなのでしょうか?



両方へ出席する方でも、片方の日だけお渡しする人も居ます。

けれど、通夜と告別式の両方へ行く方は、
敢えて、それぞれお渡しする人も居ます。

例えば、片方だけお渡しする場合、30,000円と決めていて、
それを「お通夜 = 20,000円」、「告別式 = 10,000円」などという具合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御解答ありがとうございましたm(_ _)m
わかりやすい例え参考になりました。

お礼日時:2012/11/28 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qご霊前・ご仏前両方を出すべきでしょうか?

親戚が亡くなりお通夜のときにご霊前をわたしました。
それから日がたって納骨にもいきますがその時はご仏前としてお金を出すべきでしょうか?
終わったあと食事会をするようですがご霊前をすでに出してるのでご仏前は出さなくてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>通夜のときにご霊前をわたしました…

葬儀。告別式が終わればご破算です。
百歩譲っても初七日法要までです。

>納骨にもいきますがその時はご仏前として…

はい。

>食事会をするようですがご霊前をすでに出してるのでご仏前は出さなくてもいいの…

恥をかきますよ。
通夜にお参りした人全員が、納骨で呼ばれるわけではありません。
納骨に呼ばれたら呼ばれたで、また改めて金品を包みます。
四十九日や一周忌についても同様です。

Q御霊前と御仏前を一緒に渡す?至急お願いします。

先日夫の祖父が亡くなりました。
 明日、お通夜なのですが、お香典をいくら包めばよいかと義母に尋ねた所、「御霊前で一万円、七日の払い用に御仏前で一万円で良い」といわれました。
 葬儀の時に七日の払いも一緒に行うようですが、そのような時にはお香典を別に包むのが一般常識なのでしょうか?結婚してまだ半年足らずで、よくわからないのですが、主人が28歳私が22歳の若夫婦(?)で私は働いておらず、我が家の経済状態もあまりよくないのにはっきり言ってかなり痛い出費です。
 それに、私は実母から亡くなった方は四十九日を過ぎるまでは霊で四十九日を過ぎると仏様になるからそれまでは、お通夜の時も葬儀の時もお香典は、「御霊前」で包むものと教えられたのですが、違うのですか?
 一般的な金額と表書きはどのようにすれば良いのでしょうか?
 それとも義母の言うように二種類用意した方が良いのでしょうか?
 アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は東京在住ですが、告別式のあと 出棺して 斎場(焼き場)へ行き お骨になったあと 初七日(しょなのか)の法要をするパターンが 多いですね。今は忙しい人、遠方の人 色々あるので 一緒の日に 行う事が多いです。
通夜、告別式から 四十九日前までは ご霊前。
四十九日の法要、忌明けからは ご仏前。となります。
(でも最近は 三十五日で忌明けをするのも多いらしい)

おじいさまが亡くなって、初七日の法要にも出席するのでしたら やはり 初七日も出した方がいいと思います。
目的も違うのですから 通夜の香典とは 絶対別にした方がいいと思いますよ。
うちの場合は ご霊前っと書かれてる表書きの斜め上に 初七日と書き 区別します。

でも 地域や宗派が違うと さまざまですから お義母さまとあわせるのが いいとは思いますが 不安でしたら 香典袋を 両方用意しておくのも いいかもしれません。
(もしかしたら お骨になると 仏前と思う人もいます)

下のサイトは 地域や宗派別に 色々のってます。
参考にしてみてください。

http://www.taka.co.jp/link.htm
宗派辞典 http://www.miyagawa.com/syuha/index.html

参考URL:http://www.sousai.com/hp/library/index.htm

私は東京在住ですが、告別式のあと 出棺して 斎場(焼き場)へ行き お骨になったあと 初七日(しょなのか)の法要をするパターンが 多いですね。今は忙しい人、遠方の人 色々あるので 一緒の日に 行う事が多いです。
通夜、告別式から 四十九日前までは ご霊前。
四十九日の法要、忌明けからは ご仏前。となります。
(でも最近は 三十五日で忌明けをするのも多いらしい)

おじいさまが亡くなって、初七日の法要にも出席するのでしたら やはり 初七日も出した方がいいと思います。
目的も違...続きを読む

Q葬儀の御見舞金・御霊前の違い

今日、同じ町内に住む方がお亡くなりになりました。
明日がお通夜になるのですが、御見舞金を各家庭で持っていく事になりました。しかし初めての事で何も分からず、御見舞金と御霊前の違いが分かりません。

金額は組で決めた金額を入れるのですが、御見舞金は赤と白の帯(?)のついた「のし袋」で、御霊前は黒と白の帯のついた「のし袋」で良いのでしょうか?
また、御見舞金はお通夜の時でいいと思うのですが
御霊前はいつ渡せばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お通夜と葬儀の両方に出られる場合、『御霊前』と書かれた香典をお通夜の時に持って行きます。
葬儀時には要りません。 葬儀のみ出られる場合はもちろん葬儀時に持って行って下さい。
ただしこれは地方によって異なりますので、近所の人に合わせて下さい。


宗派がわかっている場合はそれに合わせた表書きにしますが、わからない場合は『御霊前』と書くのが無難です。


お見舞い金は、病気や災難に遭われた方におくるものです。 お亡くなりになった方にはお香典です。
のし袋は慶事の時に使う袋です。 弔事の時は香典袋と言います。
両方に使う言葉としては『金封』でしょうか。

下記URLは表書きの書き方です。

参考URL:http://www.taka.co.jp/sasaomo.htm

Q御仏前と御佛前の違い

初歩的な内容ですみません。御仏前と御佛前に違いはありますか?。皆さん同じように使っておられるのですが。。1回忌の時は(宗教は禅宗です)御仏前がいいとアドバイス頂き、お店を2件回りましたが表書きは御佛前しかありませんでした。全く同じなのでしょうか?また読み方がはっきり解りません。御仏前と御佛前の読み方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも同じ「ごぶつぜん」です。
「佛」は「仏」の異字体で、同じ字として扱われます。
販売されている「御佛前」のものを使っても大丈夫ですよ。

余談ですが…
お葬式のときは故人がまだ仏になっていないので「御霊前」を、法事などでは「御仏前」を使います。

参考URL:http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kanji?qt=%D0%C7&qtb=&qty=&qtk=0&pg=result_kj.html&col=KJ&sv=DC

Q不祝儀の袋について教えて下さい。

四十九日の法要を行った際、不祝儀の袋が様々でした。

この袋について、私自身も調べているのですが、本によって違いがあり、何が正しいのか正直わからなくなってしまいました。
宗派によって異なるという事なのでしょうか?

宗派は仏式でまとめられており、本によると、
(1)四十九日法要を終えるまでは、 御霊前 で、それ以降が 御仏前 となります。
と書かれたもの。
逆に、
(2)四十九日法要からは、 御仏前 になります。
と書かれたもの。
とがありました。
今まで、私は、(2)だと思っていたのですが、(1)の本によると、法要を終えるまでは、まだ仏様になれないので、御霊前だと書かれておりました。

ご出席下さったほとんどの方は、 御仏前 でした。 が、一部の方に、御霊前 がございました。

詳しい方に、ぜひ、教えて頂きたいです。


あと、結びの色ですが、
黒と銀
黒一色
銀一色
黄と白
こちらの違いも教えて下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結びの色については、黄と白は京都や北陸地方で葬儀や法事の際に利用される水引です。
最近では、関西地方でも広く用いられるようになりました。

位置は「濃い色が右側になるように」決まってるようです。

黒と銀は、黒と白に同じ。印刷してある黒と白よりは銀を使ってる分ちょっとグレードが上がる。
銀一色は、包む金額が多額だったり、女性が香典を出すときやキリスト教の時に使われることもあるそうです。
黄と白は、京都や北陸地方で葬儀や法事の際に利用される水引です。最近では、関西地方でも広く用いられるようになりました。

黒単色はあまり聞いたことがありませんが…。
こういう「イマドキ」の不祝儀袋だったとか?http://www.petitcottage.com/shop/stationary/stjaponism/hk101.html
あるいは自分で自作したとか。

「ご霊前」と「ご仏前」については、おっしゃるように49日当日、か過ぎたあとかによって迷われたか、
お店の人に「宗派がお分かりにならないのなら、ご霊前のほうが確実ですよ~」とすすめられたか。

Q孫からの香典の金額について

孫からの香典について質問です。
先日祖母が亡くなりました。香典はいくらくらいか一応母に聞いたところ、最初孫は1~2万と言っていたのが、3万→5万になりました。お花代も込みで5万だそうです。
でもこれって高すぎじゃないでしょうか?我が家に余裕がないというのもあり…納得できません。。
ちなみに私は結婚していて、今年30です。2歳と0歳の子供もいます。お葬式をする祖母の家は東北でかなり遠いので、今日夜中に出発します。常識がなくてお恥ずかしいですが何か意見聞かせてください。

Aベストアンサー

相場と言うのもなんなんですが、祖父母の香典は1万円くらいが相場です。
それに孫一同とかのお花代がプラスでしょう。
5万円は正直高いと思いますが、家柄、土地柄等もあるのでなんとも言えません。
それと、もし他の孫たちがその金額を出した場合、ご質問者様ではなく、ご主人様の顔を潰すことになります。

ご主人様を交え、もう一度お母様と相談された方がいいかと思います。

Qご香典、ご仏前、ご霊前の違い

知人のご身内の方がなくなられたのですが、葬儀が終了していました。ご自宅にお悔やみに伺いたいのですが、その場合はご香典、ご仏前、ご霊前のどの表記がいいのでしょうか。葬儀まではご香典、葬儀が終わったらご仏前という人もいますし、仏式でも宗派によっては49日法要まではご香典という人もいますし、迷ってしまいます。ちなみにその知人宅は仏式ということまではわかっているのですが、宗派まではわかりません。

Aベストアンサー

ようは、全てお供えですよ。^^
言葉は、後からこんな表書きもいいな?
とか、アレンジしたものです。^^
しかも、これは一般の人用の表書きですね。
まあ、色々分けるより、「御供」とすれば
全てに、いけますよ。^^

Q繰り上げ初七日と繰り上げ四十九日のお布施のことで

近頃、葬儀で繰り上げ初七日とか繰り上げ四十九日といった便利なシステムが普及してきております。
この繰り上げ方式の様子を見ていると僧侶が繰り上げ分のお経を唱えています。
ということは、この繰り上げ読経分の料金を考慮して僧侶に多めのお布施を支払うようにするものなのでしょうか?

返信お待ちしております。

Aベストアンサー

普及してきているかどうか判りませんが、わたしらの所では以前からやっていて、それが風習のようになっています。
町内の墓地に隣接しているダビに伏す場所で火葬しなくなってから、ごく普通にやっています。50年位なるかな。
その時から、火葬してからの葬儀になりました。
わたしのところでは初七日は葬儀と一緒にやりません。三日参りと五七日忌法要です。
なので、お布施に三日参り分と五七日忌分のお金がプラスされます。伴僧の方のお布施にも。
お布施の額が中途半端な額になりますが、一枚一枚いわれのあるお札ですので、切り上げしません。切り捨てさせてくれません。

七日目七日目に行うのが普通だとすると、早く繰り上げて法要をする事を取り越し法要と言います。遅れてすることを追善法要と言います。
わたしらの所では、早くやるのは構わないが、遅れるのはいけないとされていますので、ほとんど取り越し法要です。

そして、計算上の五七日辺りに四十九日法要と称して納骨します。
葬儀の日に納骨する風習の所もありますので、その場合四十九日までの全てを葬儀の時に行うのかも知れません。
今の家族葬程度の人数ですが、葬儀、取り越し法要をおわして、お斎の会食をして、それから納骨して散会のようです。
所変われば風習も変わりますし、時が移れば風習も変わります。
わたしの所も葬式の日に納骨するようになればいいのですが。

普及してきているかどうか判りませんが、わたしらの所では以前からやっていて、それが風習のようになっています。
町内の墓地に隣接しているダビに伏す場所で火葬しなくなってから、ごく普通にやっています。50年位なるかな。
その時から、火葬してからの葬儀になりました。
わたしのところでは初七日は葬儀と一緒にやりません。三日参りと五七日忌法要です。
なので、お布施に三日参り分と五七日忌分のお金がプラスされます。伴僧の方のお布施にも。
お布施の額が中途半端な額になりますが、一枚一枚いわれのあ...続きを読む

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む


人気Q&Aランキング