CD-Rの焼きこみテストって実際には何をやっているんでしょうか? テスト中にはドライブの"write"のLEDは点灯していますが、実際に何か書き込んでいるんでしょうか。もしそうだとしたら、テストに失敗したときにはそのメディアはすでに書き込み済みとなって「テスト」の意味がないですよね。どうも気になってしょうがないので。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

焼くべきデータをハードディスクから読みとって、バッファというメモリにためて、CDに書き込……むふり、という動作を繰りかえしています。


もちろん、CDも回しながら。
つまり「レーザーで焼くとこ以外はすべて本番そのまま」です。
なぜこんなことをやるかというと、CDは1回でも焼くべきデータの供給が途切れると作成に失敗してしまうので、バッファにたまるデータが一瞬でも空になる(バッファアンダーラン)ことがないか、ハードディスクに読みに行って、読み取りが間に合わなくならないか、をチェックしているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。つまり実際に焼かなくても"WRITEING"のLEDは点灯するということなんですね。納得しました。

お礼日時:2001/05/20 15:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報