外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

15年くらい前に購入した、とあるアニメのコレクションLDを、BDレコーダーに取り込んで、BDまたはDVDディスクへとダビングしたいと考えています。

ネット等で調べてみますと、ダイレクトコンポジット搭載LDプレーヤーのコンポジット出力から、S-VHSビデオデッキへ入力し、そのビデオデッキからS端子出力でレコーダーへ取り込むというのが高画質でダビングするコツのようですが、相当のLDプレーヤーやビデオデッキをそろえなければならず、手間や費用等の面からも、この方法は今回見送ることにしました。

それで今回は、ビデオデッキ経由ではなく、LDプレーヤーのS端子から直接レコーダーでダビングしたいと考えています。

当方所有LDは、CLD-HF7Gですが、調べますとその上位機種でCLD-HF9Gというのも存在していることがわかり、せめてこちらに変えてからダビングしようと思ったのですが、特徴をみると、両者とも性能差はあまりないような気がします。

前置きが長くなりましたが、LDプレーヤーのS端子出力で映像を出力する場合、CLD-HF7GとCLD-HF9Gで映像に大きな差は出てくるものでしょうか?

CLD-HF9Gは、簡易整備済みのものでしたらオークションで2~3万円くらいで購入できるようですので、もし大きな差が出てくるようでしたら、CLD-HF7Gからの買い替えを検討したいと思っています。

説明が長くなり申し訳ございませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

基本的に、CLD-HF9Gは、CLD-HF7Gをベースに各所に手を加えたモデルです。


画像面では、映像処理回路に3次元Y/C分離回路を同社で初めて搭載していました。
当時のテレビに接続する場合では、アニメなど輪郭線が固定された部分が多いものでは、CLD-HF7Gと差が結構あったと思います。

しかし、その後、テレビなどのY/C分離回路が良くなったら、S端子出力より、コンポジット接続したほうがいいとの意見も見かけました。

レコーダーの内蔵回路次第では、コンポジット接続したCLD-HF7Gが、S端子接続したCLD-HF9Gよりいいかもしれません。

自身では過去にCLD-HF9Gを使っていましたが、3次元Y/C分離回路の爪の甘さが気になり、HLD-X9に乗り換えました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはりHF7GよりもHF9Gのほうが、性能的には上なんですね。

映像の綺麗さにこだわれば、さらに上位の機種も選択肢にいれなくてはいけませんよね。同様にレコーダーも…。ちなみにレコーダーはパナソニックのDMR-BW850です。

いっそのこと、DVDが発売されていたらそちらを買ってしまうのですが、DVDは限定生産だったみたいで、今は中古でも定価の倍というプレミアがついてしまって、手が出せず…。

HF7Gのコンポジット出力からレコーダーへというのは試していませんので、さっそく試してみて映像の違いを確かめてみたいと思います。

お礼日時:2012/11/30 08:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPioneer製でもう生産していないLDプレイヤーの機能・性能を一覧で知りたいです

Pioneerパイオニア製のLDレーザーディスクプレイヤーで、
既に生産されていない製品の機能・性能を知りたいのですが、
メーカーのウェブサイトにはどうも説明がないようです。。。

ググってみましたが、今ひとつぴったり分かるようなところが探し出せません。

どなたかお助けお!お願いいたします。

Aベストアンサー

kk_kujiraさん、こんにちは。
検索大魔王がお出ましですが、見つかりませんね。

このあたりのリストから地道に集めてください。

http://www.laserdiscarchive.co.uk/pioneer1.htm

http://www.edinet.ne.jp/~gakuchi/Manuals/pioneer.html

http://www.hifido.co.jp/sold/0405.html

http://211.132.171.243:8087/st/used/product/06.html

Qレーザーディスクプレーヤーのちがい

1 レーザーディスクプレーヤー「LD-S1」「LD-S9」「LD-X1」「CLD-939」「CLD-959」「LD-W1」「MDP-999」ハイビジョンLDプレーヤー「HLD-X0」「HLD-X9」「HIL-C2EX」「HIL-C1」のちがいや、特徴を、教えてください。
2 1のほかに、高画質、高音質なものや、便利な機能がついているもの、名機、高級機があれば教えてください。
3 1、2のLDプレーヤーを、良いものから順番に並べるとどのような順番になりますか?

Aベストアンサー

はじめまして。

1.LDシリーズはLD専用機。
CLDシリーズはCD・LDのコンパチ。
LD-W1は二連装のオートターンLD専用機。
MDP-999はSONYのコンパチ。

LD-S1は回路もフルアナログ。S端子がないのでコンポジット専用。
LD-S9は回路はフルデジタル。3次元Y/C分離回路搭載。S端子優先で、一旦Y/C分離したものをコンポジットに再合成して出力しているので、コンポジットはS1よりも劣る。
LD-X1はS9の発展形。化物。物量作戦の超フラッグシップ機。
すでにコンパチのオートターン機が主流だったが、無理やりコンパチにしたことから、音声信号の干渉を受けることとなって画質が犠牲となり、オートターン機能も画質のバラつきを生むこととなったので、これらCD非対応、オートターン無しLDの専用機は画質マニア層向けに生き残ることとなった。
CLDの9ナンバーはコンパチのフラッグシップに当たる。939時代にはすでに回路はデジタル化されているので、959になってもマイナーチェンジ程度。オートターン機能あり。
MDP-999はSONY製のコンパチのフラッグシップ機。ほぼ最後のフルアナログ回路で3ラインY/C分離回路搭載。可変CNRボリューム搭載。
ハイビジョンLDは興味がなかったので知りません。

2.LDP-900。LD片面専用機。
MDP-999からCD機能を取り払い、2ラインY/C分離に変更しただけで後はほぼ一緒。
重さ17Kgの化物。
その重さのお陰で音はパイオニア機よりも良い。
またSONYのLD機はこってりと色を乗せるのが特徴で、この機種も例外ではない。鮮やかな色を再現するが、反面色ノイズが目立つ。なので可変CNRのボリュームがある。
アニメや古いテクニカラーの映画は色乗り豊かで楽しい画質。
但し欠点はモーター。
モーターが弱く、再生途中にいきなり停止状態となることが頻発。これはMDP-999でも同様(当方はLDP-900だったが、友人がMDP-999を所有。共に同じころに同様のトラブル発生)。
2回モーター交換。3度目は修理断念。

3.フラッグシップ機は高画質な反面、その高画質を活かすためには高画質なモニターも要求する存在だったので、高嶺の花過ぎた。
また基本的にNTSC信号をまるごと収録可能であったので、低価格機でもビデオ(VHS、ベータ、8ミリ、S-VHS、ED-β、Hi8)よりも高画質を維持でき、通常のAV端子装備のTVと接続するのならばフラッグシップ機はほぼ不要。
LDには天と地ほどの画質差はなかった。

ハイビジョンを抜いたLDでS端子接続ならばLD-X1だろうけど、コンポジット接続ならばS1の方が上。
それ以外はどれもこれもパイオニア機は似たり寄ったり。
画質傾向が全く異なるSONY機は順番が付けられない。好みの差なので。

はじめまして。

1.LDシリーズはLD専用機。
CLDシリーズはCD・LDのコンパチ。
LD-W1は二連装のオートターンLD専用機。
MDP-999はSONYのコンパチ。

LD-S1は回路もフルアナログ。S端子がないのでコンポジット専用。
LD-S9は回路はフルデジタル。3次元Y/C分離回路搭載。S端子優先で、一旦Y/C分離したものをコンポジットに再合成して出力しているので、コンポジットはS1よりも劣る。
LD-X1はS9の発展形。化物。物量作戦の超フラッグシップ機。
すでにコンパチのオートターン機が主流だったが、無理やりコンパチにした...続きを読む

QLD-X1とHLD-X0の比較

レーザーディスクプレーヤーに関する質問です。
当方、LD-X1中古品をヤフオクで購入して使用している者です。
さて、HLD-X0という高価な代物がありますよね。
あのX0で、HLDではない通常のLDディスクを再生する場合、
LD-X1との画質はどのように違うのでしょうか?
X0のほうがやはり勝るのでしょうか?
一説によると大して違わないという話もあるようですが。

ちなみに私の視聴環境は、表示機がパナソニックのフルハイビジョンテレビ「Viera」50インチです。
こいつはSケーブルの接続端子がないので、仕方なく同じパナソニックのブルーレイレコーダーDigaにSケーブルを接続、Diga経由で視聴しています。
このような環境ですが。

情報いただきたく。何卒よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

http://www.mmjp.or.jp/ippinkan/newpage136.htm

上記の様な ラインダブラーの購入をお勧めします。

貴方接続では全く意味が無く画質を悪くしています。


直接コンポジット(RCA/ピン端子)での接続はどうでしたか?

試されていますか?  


X0はアナログディスク(LD)の最強マシンです。 これ以上は望めませんから・・・


人気モデル DVDO EDGE
http://cinemara.blog2.fc2blog.net/blog-category-46.html

Qレーザーディスクは、なぜ壊れるの?

最近の物でなく、4、5年以上前のレーザーディスクのプレーヤについて、
ディスクが回転しなくなるものが多いのはなぜですか?
オークションでも未開封のまま保管していたのに、ディスクが回転しないものが出品されているし…。
さきほど、壊れたプレーヤを分解して、モーターに単三電池を繋いだら、回転しました。
どうやら、モーターが原因ではないようですが。
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

LD固有の問題かどうかはなんともいえませんが、CDプレーヤにくらべるとLDプレーヤのほうがディスクトレイも大きく重たいですし、ピックアップを動かす部分も大型になるためどうしてもベルトにかかる負担は増えてしまいます。
そのためベルトの消耗がCDプレーヤに比べて早く磨耗したり、劣化で滑りやすくなったりというのはあります。

また、レーザー光については肉眼で確認するのは難しいです。(レーザー光が出ている時は通常ディスク挿入時に限定されているため、見ようとしても見られない構造です。無理に見て眼球を損傷する(失明する)などの恐れがあるためです)

ただし、レーザー自体が故障しているということは少なく、場合によってはレンズの駆動部分(フォーカスをあわせたりする微小な動作をする部分)がおかしくなりフォーカスがあわないなどが起こり、ディスクが読み取れない場合もあります。
このあたりは電池をつないでうんぬんではわかりません。マイコンなどにディスクの情報(デジタル情報)が正しく伝わっているかなどを測定する必要があります。

Qレーザーディスクプレーヤーの修理について

レーザーディスクプレーヤーの高級機…と言われたPioneerのLD‐S1、LD‐X1、HLD‐X9、HLD‐X0
あたりは現在、メーカーで修理やオーバーホールを受け付けてもらえるのでしょうか?
もらえない場合、引き受けてくれる業者さんを紹介していただきたいのですが?
どなたかお詳しい方、よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

パイオニアでは、レーザーディスクプレーヤーの部品保有期間を生産終了時を起点として8年間としています。
その期限は、LD‐S1=1996/08月、LD‐X1=2003/03月、HLD‐X9=2010/07月で、HLD‐X0はわかりませんが、HLD‐X9より生産終了が早かったのは確かです。

http://pioneer.jp/support/oshirase_etc/ld_info/qa.html

最終の機種となったのがDVL-K88=2009/7月なので、汎用の部品、たとえば扉の開閉機構のベルトなどは、修理してもらえるかもしれませんが、オーバーホールは可能性は低いと思います。
あえて可能性があるのはHLD‐X9ですが、受け付けてくれるかどうかは不明です。
ただ、最近までかなり丁寧に対応しているようなので、問い合わせる価値はあると思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1463816454

QLD(レーザーディスク)ってデジタルじゃないの?DVDとかと何が違うの??

こんにちは。表題の通りなのですが、LDってデジタル方式で記録されているのでは無いのでしょうか?
余り詳しくないので嘲笑されるかも知れませんが、
「デジタル=きれい」ってイメージがあって、発売当初はVHSに比べて画像がはるかに「キレイだなぁ、さすがパイオニア」って感じがしたのですが、今DVD時代になって、古い映画とかのDVD版をみてもはるかにDVDの方が画像がきれいな気がするので・・・。
画質はやはりDVDの方がはるかにイイのでしょうか?
LDはなぜDVDほど画質が良くないのでしょうか?
劣化についてはどうなのでしょうか?
どなたかご存じの方お教え下さい。よろしくお願いします。
ターミネータ2のLD買った当初は、きれいすぎてびっくりしたんだけどなぁ(笑)

Aベストアンサー

LDの発売当初から愛用しています。

私はソフトがLDとDVDの両方を同時発売していた時代も経験しており、アニメでは、「鋼鉄天使くるみ」「アキハバラ電脳組」「ターンエーガンダム」などを同時発売、同時購入しています。

デジタルマスタリングで作成された作品は、LDでもDVDでも大差ありませんでした。初めにデジタル素材として作成されたものについては、LDでも高画質で記録されているのです。

しかし、旧アナログ素材の作品だと、DVDに軍配があがりました。「ウルトラマン」など、素材がすでに著しく劣化している作品は、LD化当時も「当時最高の高画質」をアナログ補正で最大限におこなっていて、たしかに色あざやかになっていました。しかし、DVD化では、さらに進んだデジタル補正がかかったので、フィルム合成の劣化部分まで補正され、素晴らしい仕上がりになっていました。
デジタル補正は適正な使い方をして意味があると思いました。

DVD化された昔の映画をみて綺麗に見えるのは、そういう訳なのです。
LD時代の技術とは違う補正を素材に施しているからです。

現在では実現不可能ですが、同じ補正をかけた素材をつかえば、LDの方が高画質になる作品も存在します。

特に動きの速いシーンの多い作品、色、輝度の変化が大きい作品では、一コマという単位で記録できないDVDでは破綻が生じます。ここはLDの独壇場です。

「鋼鉄天使くるみ」では、初回DVDではオープニングタイトルの動きの早さにMPEG処理が間に合わず、細部がブロック化してしまい、(ディスク記録信号自体がブロック状態)1年後にニューマスター版を発売してこれを直しています。

私はLDを今も愛用し、(まだ未開封のLDが数百枚あります。)DVDだけに偏らない使い方をしています。

劣化では痛い目にあっています。
「ウルトラセブン」ではディスクを取り出したら、接着面がはがれてまっぷたつになっていました。
「きまぐれオレンジロード」は13枚、ある時期からスノーノイズが多発して見るに堪えない画像になりました。
「スーパーロボットレッドバロン」も初回購入LDはスノーノイズで早い時期に破綻したため、LDBOXを二つとDVDBOX一つを買い直しています。
半永久保存版といいながら、実際は10年から20年で破綻がはじまりましたね。

以上、ご参考になれば幸いです。

LDの発売当初から愛用しています。

私はソフトがLDとDVDの両方を同時発売していた時代も経験しており、アニメでは、「鋼鉄天使くるみ」「アキハバラ電脳組」「ターンエーガンダム」などを同時発売、同時購入しています。

デジタルマスタリングで作成された作品は、LDでもDVDでも大差ありませんでした。初めにデジタル素材として作成されたものについては、LDでも高画質で記録されているのです。

しかし、旧アナログ素材の作品だと、DVDに軍配があがりました。「ウルトラマン」など、素材がすでに著しく劣...続きを読む

QLDからDVDへダビングする方法

LDからDVDへダビングする方法を知りたいのですが、
いい方法をご存知の方、お教え願います。

Aベストアンサー

 パソコンを使ってとお考えなら、ビデオキャプチャーカードやDVD-Rドライブとオーサリングソフトなどがあれば可能です。もちろんパソコンのほうにもそれ相当のスペックが必要です。(P4,2GHz、40GBのHDが2つ、512MBのメモリ、WIN2000くらいあれば概ね大丈夫かと)

 手元にパイオニアのCLD100というプレーヤーがありますが、コピーガードキャンセラーを通さなくてもキャプチャリングできました。そのあとオーサリングソフトを通して、VOBファイルを生成し、フォルダごとDVD-Rに焼きこめば、一般のDVDプレーヤで再生できるようになります。

 途中で音飛びしたり、音と映像がずれたりといろいろと困難はありましたが、TMGPエンコーダーやTMGPオーサリングソフトのおかげで解決しました。
http://www.tmpgenc.net/j_main.html

 もちろん私の場合はLDのメディアが死にかかっているので個人的な保存のためにやむなくやってますが、著作権がからむときは十分扱いにはお気をつけください。

Qハイビジョンテレビで見るLDの画質

旧作アニメをLDで入手しようと思うのですが、あまり部屋のスペースが取れないので一台のテレビでLDなどのSD画質、ブルーレイなどのHD画質の映像を見ようと考えています。
そこで質問なのですが、フルHDの液晶、プラズマ、リアプロジェクションテレビやハイビジョンブラウン管テレビなど、今主流のハイビジョンテレビでLDの映像は綺麗み見れるものなのでしょうか?
自分としてはハイビジョンブラウン管テレビを考えているのですが・・・

Aベストアンサー

最初にお断りをして於きますが、ハイビジョンの「ブラウン管TV」を今更購入されるのですか?   仮に購入出来たとして、最大サイズが36インチですから、まぁー大丈夫でしょう。 キレイですよ。 ヽ(^o^)丿

つづいて、一般論として、フラットディスプレイであれば、42Vや50Vの購入でしょうから、LDの映像がそれ程キレイとは言えません。  DVDやBD・デジタル放送とは違いますから・・・。  

店頭で地上アナログ波の映像と、地デジ波の映像を見比べて見て下さい。 LDの画質は丁度その中間ぐらいでしょうか。   また、「アニメ」ではどうでしょうか?  高画質が売りのアニメLDは聞いた事がありません。  LD以外のメディアでソフトが出ていなければ仕方がありませんが・・・ ハード機器(LDプレーヤー自体)のメンテナンスの事も心配ですので、余り無理はされない方が・・・・。

QLDプレイヤーの外部Y/C分離方法

今更ですがアニメLDソフトの再生のためLDプレイヤーの購入を考えています。
そこで、色々と調べているといくらかの機種のレビューで外部Y/C分離をするとより高い画質を得られるとあります。
ところが専門的なことは皆目わからないので外部Y/C分離というものがどうやってするのかがわかりません。
見てると、DVDレコーダーやVHSデッキを通すといった記述があるのですが...
どなたか外部Y/C分離の方法、それに必要な機材、また出来ればアニメ再生に向いたLDプレイヤーも教えて下さると幸いです。

Aベストアンサー

さほど難しく考えることはありません。
テレビとコンポジットで接続して頂くだけで結構です。

LDというのはテレビに接続するアナログ映像機器として、Y/C混合という珍しい記録方式を採用しています。
従って、映像としてテレビに映し出すには、どこかでY/C分離を行わなくてはなりません。

しかしLDプレイヤーに内蔵されているY/C分離は2ライン型の櫛形など、当時としては比較的優秀なものが
使われているケースが多かったのですが、近代では遙かに高精度な三次元のY/C分離が平気で行われていたり
する現実があります。まぁ、いわゆる技術の進歩というヤツですね。

つまるところ、LDプレイヤーに内蔵されているY/C分離を使わず、近年のテレビやビデオに内蔵されている
Y/C分離を使ってやろうというのが外部Y/C分離の考えです。

では、具体的にどうするのか。
LDプレイヤーからY/Cを分離しない形で出力するだけのことです。
出力した先でY/C分離を行ってやろうということです。

コンポジットケーブルはY/Cを混合した形で伝送し、S端子ケーブルはY/Cを分離した形で伝送します。
要はコンポジット端子でテレビに接続してやれば良いのです。
するとテレビに内蔵されているY/C分離回路が使われます。

ではなぜ、DVDレコーダーやVHSデッキのお話が出てくるのか。
DVDレコーダーもVHSもベータも8mmも内部でいったん信号をY/C分離した上で、記録されています。
つまり内部にY/C分離回路を持っているんです。
このレコーダーやデッキに内蔵されているY/C分離回路を使うことも可能です。

接続は簡単で、LDプレイヤーからコンポジット端子で各デッキに接続し、そのデッキからテレビにS端子出力
してあげるのです。するとデッキ内部のY/C分離回路が使われると言うことになります。

Y/C分離というのは画質に大きく影響を与える回路です。
問題はLDプレイヤーに内蔵されているY/C分離回路とDVDレコーダやVHSデッキデッキ、テレビに内蔵
されているY/C分離回路では、どちらが優秀かということだけなんです。

現実として、設計の古いLDプレイヤーのY/C分離が、近代のY/C分離の性能に勝ることはまずありません。
テレビに内蔵されるY/C分離回路の性能が一番良ければテレビにコンポジット端子で、DVDレコーダに内蔵
されるY/C分離回路の性能が一番良ければ、DVDレコーダにコンポジット端子を接続しその出力をS端子と
する必要があります。

ビデオデッキもテレビも遙かに旧世代の古いものを使用されているなら、LDプレイヤーのY/C分離がもっと
も性能的に優れるというケースも可能性的にはあり得ます。

どれが優れるかは実際にさまざまな組み合わせで接続して、ご自身の目で確認する必要があろうかと思います。
もしテレビが比較的新しいのであれば、難しく考えずにテレビとコンポジットで接続されることをお薦めします。

ここで注意して頂きたいのは、コンポジットで接続して画質的に優れるのはLDプレイヤーの持つY/C混合と
いう特異な記録方式によるものです。VHSデッキなどでは既にY/Cが分離された形で記録されているために
確実にS端子の方が画質的に優れるという点に注意してください。

さほど難しく考えることはありません。
テレビとコンポジットで接続して頂くだけで結構です。

LDというのはテレビに接続するアナログ映像機器として、Y/C混合という珍しい記録方式を採用しています。
従って、映像としてテレビに映し出すには、どこかでY/C分離を行わなくてはなりません。

しかしLDプレイヤーに内蔵されているY/C分離は2ライン型の櫛形など、当時としては比較的優秀なものが
使われているケースが多かったのですが、近代では遙かに高精度な三次元のY/C分離が平気で行わ...続きを読む

QLDからのダビング

LDが壊れたときのためにダビングをしようと思います
ダビング先はDVCか無圧縮AVIを予定しています(できるだけ高画質でのダビングを考えています)
1、オススメのLDプレーヤーはありますか?

2、1のLDプレーヤーがダイレクトコンポジット専用機の場合オススメのY/C分離は、?
  1のLDプレーヤーがダイレクトコンポジット対応でS端子付の場合のS端子とコンポジットどちらで出せばいいかを教えてください。またコンポジットのほうがいい場合はオススメのY/C分離も教えてください


現在私が所有しているLDプレーヤーは「LD-200」「CLD-9000」「LD-S1」「MDP-601」「MDP-RS10」「LV-2600」です

現在私はY/C分離には「HR-W5」を使用しています

候補として考えているLDプレーヤーは「LD-1000」「LD-200」「LD-S1」「LD-X1」「LD-S9」「CLD-9000」「CLD-939」「CLD-959」「CLD-HF9G」「CLD-A100」「DVL-H9」「HLD-1000」「HLD-X0」「HLD-X9」「MDP-999」「LDP-900」「HIL-C1」「HIL-C2EX」「HIL-1000」「LVD-Z1」「PLD600WS」です(やっぱりHLD-X0が最適でしょうか?)
LDソフトのジャンルは、アニメ、特撮、モノクロ映画、カラー映画(ターミネーター、大脱走など)、世界遺産、ミュージックビデオ、などです。

私は、コンポジットで安いブラウン管につないだ時の映像でDVDとBDの画質の違いが分かるレベルです
デジタル放送受信するケーブルを安い同軸ケーブルにした時と5N純銀ケーブルにした時の音質のさを、安いイヤホンで聞き分けられるレベルです。
趣味でオーディオもやっています。オーディオ始める前からビデオやってたので画質、音質の違いは、よく分かるほうだと思います

できるだけ詳しく教えてくださいよろしくお願いします

LDが壊れたときのためにダビングをしようと思います
ダビング先はDVCか無圧縮AVIを予定しています(できるだけ高画質でのダビングを考えています)
1、オススメのLDプレーヤーはありますか?

2、1のLDプレーヤーがダイレクトコンポジット専用機の場合オススメのY/C分離は、?
  1のLDプレーヤーがダイレクトコンポジット対応でS端子付の場合のS端子とコンポジットどちらで出せばいいかを教えてください。またコンポジットのほうがいい場合はオススメのY/C分離も教えてください


現在私が所有しているLDプレ...続きを読む

Aベストアンサー

私も、同様のことを考えて、LDのバックアップを取り始めました。

メディアとしてはブル-レイ・ディスクを選択しました。DVDはVHSの上位メディアとしては評価できますが、LDやS-VHSなどVHS以上の品位のあるものの、コピー手段としては家庭用の機器では役不足だと思いました。
DVCなども考えましたが、再生機器を将来維持できるかが疑問ですし、パソコン等ではバックアップする数が多いと面倒だと思いました。ブル-レイはデシタル放送では、ディスクからレコーダーに戻すのに厳しい制限がありますが、LD等のバックアップは簡単にレコーダーに戻せるので、ディスクの劣化が心配なら、ディスク→レコーダー→ディスクで乗り切ろうと思っています。

送り出し機は「HLD-X9」を使っています。もう一台「CLD-HG9」も所有していますが、単純に画質・音質の良さからX9を選択しました。

受入側はソニーのブルーレイレコーダーの上級機を使用しています。
選択の理由は、
・2番組録画対応機で、LD等のデータ吸い上げと、デジタル放送の録画が並行して行える。
・比較的編集性能が良い。
・ハードディスクが大容量なので、LDからのデータ吸い上げと、不要部分の編集・ブルーレイへの書込は別な時間で問題ない。
・外部機器からの取込にAVCではかなり高いモード(15M)が選択できる。他社では低いレートしか選択できない例もあるようです。

接続は、以前のDVDレコーダーなどはアナログの入力回路にそれなりのお金をかけていたので、迷うところですが、最近のレコーダーでは軽視される部分ですので、S端子接続を50cmの短いケーブルで行っています。

私も、同様のことを考えて、LDのバックアップを取り始めました。

メディアとしてはブル-レイ・ディスクを選択しました。DVDはVHSの上位メディアとしては評価できますが、LDやS-VHSなどVHS以上の品位のあるものの、コピー手段としては家庭用の機器では役不足だと思いました。
DVCなども考えましたが、再生機器を将来維持できるかが疑問ですし、パソコン等ではバックアップする数が多いと面倒だと思いました。ブル-レイはデシタル放送では、ディスクからレコーダーに戻すのに厳しい制限がありますが、LD等のバック...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング