主人公である女性が、「ケセラセラ」を泣き笑いで歌うシーンのある
映画をご存知の方おられますか?
うろ覚えなのですが、ナチス関連の映画だったかと…。
ご存知の方がおられましたら、題(原題邦題両方なら、より嬉しいです)を
お教えくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この映画で忘れてはならないことがありましたので、追加します。


監督はかの有名なアルフレッドヒッチコックですが、同名の映画を戦前にも作っておりドリスデイ主演の作品はカラーですが、戦前のそれは白黒でした。
同じ監督が作った同様ストーリーの推理映画とは思えないくらい出来が違い、無論ドリスデイ主演の物が最高です。確かその年の映画主題歌部門のアカデミー賞を取ったと思います。 因みにケセラセラは英語ではWhatever will be, will beです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さらなる情報、感謝です。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/19 23:29

アルフレッド・ヒッチコック「知りすぎていた男」のことでしょうか。


歌っていたのはドリス・デイだったと思います。
原題は、THE MAN WHO KNEW TOO MUCH
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。有名な作品だったのですね。
さっそく確認してみます!

お礼日時:2001/05/19 23:31

モロッコのマラケシが舞台だったと思いますが、日本語の題名「知りすぎた男」原題「The Man who knew too much」であったと思います。


主演がジェームススチュワートとドリスデイだと思います。(ドリスデイは間違いなし)ドリスデイは歌手ですが、この映画で主題化を歌い一躍大ヒットしました。
或国の元首を暗殺しようと言う陰謀グループの活動に巻き込まれた主演者の息子が誘拐され、それを追って夫婦で捜し求め監禁場所が特定できた場所で、息子に救出にきていることを知らせる為ドリスデイがケセラセラを歌う場面がクライマックスす。
yk13さんの記憶のナチス関連ではなく、スリラー映画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご返信ありがとうございます。そうでした、確か息子が誘拐云々…
きっとその映画です。どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/05/19 23:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報