はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

今、22なのですが、
若い内にしか出来ない事を教えてください。
後悔したくないです。


例えば、
・趣味やサークルを徹底してやる。
・友達を作るとか
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

…お若いの(笑)。



後悔、などというものは、幾つになっても在るものなんじゃ。

若いときに懸命に何かをやっても、それで憂いが無くなるというほど、人生は簡単じゃないんじゃなぁ。

年嵩が増え、皺が増え、白髪だらけになっても、人の本質は「凡」じゃ。

煩悩というものは、死ぬ寸前まで消えることは無い。

何故なら、人は「生きていたい」という「想い」を持つ生き物だから。

動物のように、生存することと「生きること」が同列ではないのじゃ。

人は「生きるために、生存を望む」という、業深い生き物。

それゆえに、これだけ地球に蔓延ってきたのじゃからなぁ。


…ということで(笑)。
後悔なんて考えなくて宜しい。
必ず後悔するんだからさ(笑)。
そうできてんのよ、人間様はね。

今自分がしたいことに素直になれば良い。
それだけでホント、十分だから。
若いときに出来なかったことでも、形を少し変えれば、年をとってからでもそれは可能だったりもする。
若いときじゃなければ出来ないこと、というのは、そんなには多くは無い。
だけど、若いときじゃないと「無理」だった、ということは、確かにある。
でもそれは「振り返ってみてのこと」だから、今の君にはわからないんだよ。

わからないんだから、君がしたいことをすればそれで良いし、それが一番パフォーマンスが高いんだ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何か心に来る物があります。

お礼日時:2012/12/09 00:20

恋愛ですね~


将来変な性格の異性に引っ掛からないために、色んな恋愛を重ねて、人を見る目を養う事が必要だと思います。
資格の勉強や趣味は年を取ってもある程度はできると思うし仕事で上を狙うならそれも必要と思いますが、恋愛の練習だけは若い内にしていた方が、将来絶対に役に立ちますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

残念ですが、
無理です。(/_;)
悲しいですが、
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/09 00:21

 逆に考えれば、歳とってからでもできることや、結婚してからでもできることは何か。

ということは、結婚する前でしかも若さと体力と無鉄砲さがないとできないことは何か、と考えればいいですね。私の意見としては、

・海外の放浪
・国内の長旅
・体力任せのバイト(たとえば北海道のコンブ干し、沖縄のサトウキビ刈りなど)

これらは、結婚してしまえばできなくなりますね~。国内の長旅はしましたが、他のはできなかった。どれか一つしか選べないのです、実際には。その一つをやり出すと、そこから抜け出せなくなるのでね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/09 00:22

勉強


料理
洗濯
掃除
生理整頓
知人や友人の子守
近所付き合い
高齢者の友人を持ちアドバイスしてもらう

若くなくても出来るじゃん!
と思われるかもしれませんが
一通り経験しておくと
結婚生活がものすごく楽です♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろやってみますね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/06 23:25

若い家にしかできない事、、、それは他ならぬ『勉強』です。



『人間、死ぬまで勉強』というのは、かなり広い意味を含んでいるので
「年寄りは皆そんな事言うんだよなぁ」って軽く取られがちですけどね、、。

しかし、学問的な意味合いでの勉強に関しては本当に若い内しかありません。


趣味、サークル、友人作り、、、確かに決して無駄なものとは思えませんが
基本的な勉強をしておく事に比べたら、人生のおまけの部分にしか過ぎません。

本当に後悔したくなかったら、自分の目指す専門分野とそれを取り巻く分野の
勉強を徹底的にやっておく事です。
そして、余力があったら専門分野以外の領域(雑学的でもOK)にも知識、教養を
広げておく事です。

友人が少ない、趣味が少ないっていう後悔は、後でいくらでも克服できますが
スキルが低く何の仕事にも就けない、就いても上昇して行けない、なんて最悪です。
その時に「ああ、勉強しておけばよかった」って後悔しても完璧に『刻既に遅し』です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり勉強ですか。
沢山勉強して肥やしにするのですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/02 17:15

お早う御座います。


50代の「オジサン」ですが。

自分は、高卒で上京し、「昼間は仕事」、「夜は夜間学校」で勉強という生活を約4年送りました。
遊びたい盛りなのに、
「何で、こうもヒマ無しなんだろう・・・」
と不満も有りましたけど、振り返ってみれば日々が充実してました。
まあ、当時は「余裕無し」でしたけどね・・・。

先の回答者様も書かれているように、若い頃にしか出来ない事は、「行動力」です。
『自転車で日本1周』なんて、思い立っても50代の自分では、そんな体力も時間も有りません。

『旅』もいいと思いますよ。
長い旅には、「苦労が付き物」ですからね。
こんな言葉が有ります。

★『若い頃の旅は、借金してでも行くものだ。
カネは取られても、思い出が残る』

無理して「外国まで行け」と書く気は有りません。
日本列島、狭いようで広いですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

〉若い頃の旅は、借金してでも行くものだ。
カネは取られても、思い出が残る


ありがとうございます。 旅をするには体力と時間が必要なんですね。

お礼日時:2012/12/02 17:17

若いと言うメリットは・・・・



体力がある
性欲がある
記憶力がある

デメリットは・・・

大体の人はお金がない
集中力が持続しない
社会経験が少ない

社会的な経験を積める、短期勝負で、お金がかからず、頭と体力を使って、性欲も解消できるものでしょうか。

恋愛ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

恋愛ですか。
悲しくなりますね。

お礼日時:2012/12/02 17:19

旅…ですね。


若いうちに行けるところに行く、行きたいところへ行く。

私は車が趣味なので、若いうちに今では到底払えないであろう金額の車を購入しました。
あれはあれでよかったです。買わずに後悔するよりは。
    • good
    • 0

求めてらっしゃる答えではないかも知れませんが・・・。




ずばり「苦労」ですかね・・・。
今思うと、若いころの方が怖いもの知らずで割と厳しい環境でも
今に比べて耐えられていたような気がします。
自分が習得したい技術や興味のある分野があるなら
それ関係のバイトなり、思い切って飛び込むのも手です。
若いうちしか出来ないこと、の中に
「未経験でも採用されやすい」こともあるので。
若いので時間があって、真っ白で吸収も早く、育て甲斐があるというのは
何事もやりたいことを始めるのに非常に有利です。

あとは海外旅行、アルバイト、サークル・・・

上記の中でも私自身の経験からですが
アルバイトは非常に役に立ちました。
色んな出身大学の人がいて
客に怒られながらも、バイト内で恋愛もありましたし
お金を得ることのむずかしさ、人間関係のむずかしさに直面しながら
自分に「仕事」として与えられた役割をこなすことが楽しかったです。

語学の勉強も若いころの方が頭に入りやすかったです。

とにかく色んな人と出会い、いい人も嫌な人もたくさん見てください。
嫌な人は反面教師にしたらいいですし
いい人との出会いは自分の価値観を大きく変えてくれて
恩人と呼べる人との一期一会は「生きてる」という意味を実感できます。
    • good
    • 1

行動力をともなった無茶。



ちなみに私の場合は、言葉話せないくせに
とりあえずフランスに1年一人暮らししてみたことです。

でも、若いうちにやってみたからこそ
後の自分にいい影響がでたなぁ・・って思えます。

この回答への補足

なる殆どではなく
なるほどです。
間違えました。申し訳ないです。

補足日時:2012/12/02 17:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なる殆ど
無茶は若い内にやっておくのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/02 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング