アフタヌーンで「ヨコハマ買出し紀行」を連載中の芦奈野ひとしさんに関して質問します。
彼の他の作品はないのでしょうか?
書店で探してもらったところ、「芦奈野ひとし」の名前では「ヨコハマ…」のみだと言われました。
しかし、これがデビュー作にしては第1話から絵がうますぎる…。
もしかして他の名前で作品を描いているのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃったら情報をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

芦奈野ひとし氏の作品は、同人誌方面で、見かけられます。


これらの、作品(同人誌)は、コミケ等で販売されていますがその殆んどが、絶版になっていると思われます。
私が、所持している物では、K&Aと言う同人誌があります。
入手方法としては、オークションで手に入れるしか無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同人誌で描かれていたんですね
描き慣れた絵の謎が解けました
確かに同人誌だとサークルによっては再販をしないので、昔の作品はなかなか手に入らないですよね
でも探すきっかけを教えて頂けたので、気長に探してみます
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/05/20 10:03

どうもこれだけのようですね。



『芦奈野ひとし』で検索を掛けてチェック入れてみてください。

参考URL:http://mugen.ac/cafe-alpha/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、今のところ単行本ではこれだけみたいです
情報ありがとうございました

お礼日時:2001/05/20 09:57

「PositioN」


ってのがあるようです。

参考URL:http://www2.sega.co.jp/bbs/article/c/comic/55/wg …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます
参考URLを見てみたところ、面白そうな作品でうれしいです
まだ単行本になるには時間がかかりそうですが気長に待ってみます

お礼日時:2001/05/20 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紀行文をうまく書くには?

旅行に行くことが多いので、趣味で紀行文を書いてまとめておきたいと思っています。紀行文をうまく書くコツを教えてください。
また、そのようなことを指南するWEBがあったら教えてください。

Aベストアンサー

★出発から帰宅までぜんぶを書かない★

どうしても紀行文を書こうとすると、
自宅を出て、最寄の駅に行くようなシーン、
あるいは海外でしたら成田空港のシーンから書いてしまいがちですが、
自分のメモならともかく、人に読んでもらうなら
そのような部分は不要です。

いちばんよかった日程・場所・ポイントなどを、すきっとまとめるのがいいのではないでしょうか。

そのほかにも、ホテルはどうだったか、料理はどうだったか、仲間と何を話したかなどと、
日記帳的にあらゆることを書いてしまいがちですが、
もし読者がいるのなら、
その読者に一番面白く思ってもらえそうなことを、ぎゅっとしぼって、そこをしっかり書くのです。

Q江國香織氏、唯川恵氏他恋愛小説の推薦作品

読書が趣味です。最近ハマッているのが恋愛小説。私がよく行く書店では「女流作家」というコーナーがあって、私は村山由佳氏のファンなのですが、その隣に何となくタイトルだけから読みたくなりそうな作家の本として、江國香織氏、唯川恵氏の作品があります。両氏の作品でお勧めの恋愛小説があればぜひ教えて下さい。できれば推薦理由も書いて頂けますと有難いです。

また、両氏以外でも構いませんので、お勧めの作家の恋愛小説とその理由も書いて頂けますと幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は江國香織さんが好きです。柔らかな空気感、でも恋愛に関してはすごく切羽詰った、狂気のような気持ちまで感じることがあり、とても切ないです。
お薦めは
「落下する夕方」別れた彼の新しい恋人と何故か同居するようになる女性の物語です。淡々と切なくて、一番好きです。
「神様のボート」既出ですが私もすごく切なくなりました。痛々しいくらい誰かを想う女性の物語です。

あとは山本文緒さんとかどうですか?
ドラマ化されましたけど「恋愛中毒」、ストーカーの女性の話ですが、恋愛ってすごいなあって怖くなるくらいでした。山本氏は結婚生活をリアルに怖く描ける人だと思いますが、「紙婚式」という短編集にそういううまさがよく出てます。

川上弘美さんも既出ですが、「センセイの鞄」は私も大好きです。あとは短編集「おめでとう」「溺レる」なんかが、独特な雰囲気で恋愛の一場面を切り取った、ちょっと切ない短編集です。お薦めです。

少し毛色が違いますが姫野カオルコさん。
彼女については「受難」(女性の秘所に人面瘡が現れて喋りだす話。ちなみに私はこの本大好きですが)とか、一癖ある感じのものもあるので、お好みかどうかは本によりますけど、
「ツ、イ、ラ、ク」(田舎の女子高での群像劇と恋愛、まだ文庫化してません)や「終業式」(手紙形式でつづる高校の同窓生の恋愛模様)なんかは、すごく切なくて毒味も少ないいい恋愛小説だと思いました。

たくさん書いてごめんなさい。

私は江國香織さんが好きです。柔らかな空気感、でも恋愛に関してはすごく切羽詰った、狂気のような気持ちまで感じることがあり、とても切ないです。
お薦めは
「落下する夕方」別れた彼の新しい恋人と何故か同居するようになる女性の物語です。淡々と切なくて、一番好きです。
「神様のボート」既出ですが私もすごく切なくなりました。痛々しいくらい誰かを想う女性の物語です。

あとは山本文緒さんとかどうですか?
ドラマ化されましたけど「恋愛中毒」、ストーカーの女性の話ですが、恋愛ってすごいなあ...続きを読む

Q旅行記、紀行文のお勧めを教えてください

沢木耕太郎『深夜特急』
宮本輝『ひとたびはポプラに臥す』『異国の窓から』等
池澤夏樹『ハワイイ紀行』等

こういった旅行記、紀行文が大好きなので、お勧めがあればぜひ教えて下さい。
ガイド傾向の強いものではなく、旅そのものがテーマであったり、行く先々の国、人、文化、食事などに対して独自の観点があるものを読みたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。私も旅行記や紀行文が好きでよく読みます。質問者様が上記に挙げられたものの中では『深夜特急』と『異国の窓』からを読んだ事があります。爆笑旅行記とかそういうタイプではなくてもっと、しっとりとした大人の旅行記のようなイメージなので、そんな感じの本で探してみました。
●山田和「インド旅の雑学ノート 驚愕編」「インドの大道商人」
 インド通の著者がインドを旅して感じた文化や人となりなどの様々な事を「驚愕」という切り口で書いた本です。残念ながらどちらも絶版のようですのでどこかで手に入れば読んでみて下さい。これ以外の山田和さんの著書もお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30487590
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30616196
●岡崎大五「アジア飯店」
 様々な旅行を通して「食」に関して感じた事のエッセイ集です。食を通しての国民性なども知る事ができます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30616351
●椎名誠「草の海」
 この取材旅行をきっかけにモンゴル映画「白い馬」を撮ったそうです。乗馬体験や食事、文化、子ども達との交流が時には面白く書かれています。椎名さんの旅行記は様々ありますが「インドでわしも考えた」も併せてお勧めできます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19552444
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/05109445
●斉藤政喜「東方見便録 「もの出す人々」から見たアジア考現学 」
 トイレという切り口だけの旅行記なんですが、シェルパ斉藤さんの体当たりと内沢さんの詳細なイラストが素晴しいです。残念ながら絶版のようですので図書館などであれば読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30808915
●蔵前仁一「旅で眠りたい」
 蔵前さんは旅行雑誌「旅行人」を立ち上げたバックパッカーですので、沢山旅行記を出されていてどれもお勧めなんですが、『深夜特急』的な感じが一番強いのはこの本です。なんと自宅の東京から旅がスタートして奥様を伴って奥様の実家→蔵前さんの実家→沖縄→台湾とどんどん南下していって、最後はイスタンブールだったと思うのですが、とにかく飛行機を使わないで旅を続けます。気負わずに楽しみながら、寄り道しながら続ける旅がお勧めです。文化や人などをもっと紹介した物は「ゴーゴーアジア」や「ゴーゴーインド」があります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30475509
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31105533
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880620
●阿川弘之「阿川弘之自選紀行集」「自選南蛮阿房列車」
 相当な乗り物マニアでいらっしゃる阿川先生の紀行文をまとめたものです。しっかりした知識と美しい文章もさることながら、やはりクスリと笑えるところもあり、「自選紀行集」で遠藤周作さんと船旅をした話は絶品です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30897869
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30592014
●北杜夫「どくとるマンボウ航海記」
 個人的に旅行記では一番好きな本です。戦後すぐの時代に船医として乗り込んだ北さんの目がユーモラスで、海外旅行がまだ一般化されていないのと情報が今ほど発達していないせいか、1つ1つに向けられるまなざしがとても新鮮な驚きに満ちています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18783356

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。私も旅行記や紀行文が好きでよく読みます。質問者様が上記に挙げられたものの中では『深夜特急』と『異国の窓』からを読んだ事があります。爆笑旅行記とかそういうタイプではなくてもっと、しっとりとした大人の旅行記のようなイメージなので、そんな感じの本で探してみました。
●山田和「インド旅の雑学ノート 驚愕編」「インドの大道商人」
 インド通の著者がインドを旅して感じた文化や人となりなどの様々な事を「驚愕」という切り口で書いた本です。残念ながらどちらも絶版のようですのでど...続きを読む

Q芥川賞、直木賞受賞作品、ないしは、候補作品でおすすめをおしえてください

芥川賞、直木賞受賞作品、ないしは、候補作品でおすすめをおしえてください。

Aベストアンサー

●直木賞受賞作からなら(1995年第114回受賞作の)テロリストのパラソル
藤原伊織(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun114FI.htm )

又受賞作家の作品群からなら
●杉森久英(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun47SH.htm )の
「アラビア太郎」(http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/01352555 →但し絶版の模様)

●城山三郎(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun40SS.htm )の
「百戦百勝」(http://www.bk1.jp/product/00975420 )
等です。ご参考に

Q野ブタ。をプロデュースを読んだ方

今、ドラマで「野ブタ。をプロデュース」をやっていますが勉強が忙しくなってきたので、もう続きが見れないのです。第一話をみてしまったので、最後がかなり気になります!!
本が出ている、ということなので
原作本を読んだ方、ネタばれOK!なのでストーリーを教えてください!

Aベストアンサー

電車の中吊り広告でみたので確かではありませんが、テレビでは虐めらっこは女の子ですよね?本では男の子です。最初の設定から違っているので、本のストーリーで満足頂けるかわかりませんが、ごくごく簡単に書いておきます。

主人公の修二はクラスで人気者。頭が良くおもしろく、勉強も人間関係も思うままになると自信を持っていて、表面だけの友達がたくさんいて、虚しくも楽しい学校生活を送っている。親友も彼女もいるが、心を許しているわけではなく、表面だけのつきあいしかしたくないと思っている。ある日転校生が来るが、デブでわかめ頭の冴えない容姿と言動で、誰にも相手にされない。修二はその転校生を人気者にすべくプロデュースする事にする。親切心ではなく、ただおもしろそうだったからと、自分の力を試してみたかったから。
「野ブタ」とあだ名を付け、丸刈りにし、ズボンをわざと破いたりして着々と野ブタを人気者に仕立てる。ますます自分の力を過信する修二だが、親友の一人がチンピラに絡まれるのに気がつかなかった事がきっかけで、ほころびが出る。クラス中の村八分になり、「最初からおまえはそういう奴だとわかっていた」と言われ、彼女にも信用されていないことがわかる。心を許さずに表面的なつきあいを心がけていた修二だが、本当は友達や彼女を精神的に頼っていたことに気がつくが、既に遅い。
居場所がなくなった修二は転校し、転校第一日目、新たに自分をプロデュースすると決心する。・・・というところで終わり!

電車の中吊り広告でみたので確かではありませんが、テレビでは虐めらっこは女の子ですよね?本では男の子です。最初の設定から違っているので、本のストーリーで満足頂けるかわかりませんが、ごくごく簡単に書いておきます。

主人公の修二はクラスで人気者。頭が良くおもしろく、勉強も人間関係も思うままになると自信を持っていて、表面だけの友達がたくさんいて、虚しくも楽しい学校生活を送っている。親友も彼女もいるが、心を許しているわけではなく、表面だけのつきあいしかしたくないと思っている。ある...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報