双子の場合、DNAは同じなんでしょうか?

ご存知の方、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一卵性双生児なら同じです。

二卵性なら異なるでしょう。
ちょっと面白いページがあったので参考としてあげておきます。

参考URL:http://www.johos.com/joho/report/0005.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Head_Syndicateさん、ありがとう。


そうなんですか。やはり。
SFなどでよく出てくるDNA認証のカギなどは、
一卵性ふたごだと、通用しないですね。

お礼日時:2001/05/19 23:06

基本的に一卵性双生児であれば、遺伝子異常がどこかで起こってない限り、


DNA、というか遺伝子はまったく同じものをもっています。
だから、血液型とかもまったく同じです。
二卵性双生児の場合は、違う場合がほとんどです。
血液型も違うということがありえます。

これは、受精の仕方に違いがあるからです(知ってるかもしれませんが)。
一応説明しておきますと、一卵性双生児というのは、1つの卵に一つの精子で
普通に受精したものが、細胞分裂をしている過程で、何らかの原因で2つに
完全に分かれてしまった双子のことをいいます。
二卵性双生児は2つの卵、2つの精子で受精したもので、つまりはじめから
2つにわかれている双子のことです。
一卵性の場合は、もともと1つのものが完全コピーされて2つになったから、
遺伝子は同じ。二卵性の場合はもともと2つだから、遺伝子は違う、というわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Chiaki45さん、ありがとう。

そうですよね。ふと疑問になりまして、詳しい説明ありがとう。
こどものころ双子ってうらやましかったです。

お礼日時:2001/05/19 23:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスミドについて ご存知の方お願いします!

プラスミドマップについて質問させてください。今後プラスミドを扱う大学院生です。
初歩的なことですみません。

マップ内にcodingされている遺伝子のうち、転写の向きが異なるものが含まれていることがあるかと思うのですが、これはまず総論的な話として

1、意図的にあえてそうしたものを作っているのか、そうだとすればそれはなぜなのか
2、たまたま以前の過程でその遺伝子をプラスミドに導入したときに、向きが反対に入ったが関係ない部分なのでそのままにしているのか、

どちらでしょうか。

また上記1に関して各論になりますが F1oriの向きで+/-の表記をわざわざ付け加えているプラスミドがありますが、F1oriの向きを変えることで何か利点があるのでしょうか。

お忙しいとは思いますがサイトや本を見てもしっくりくるものがなくて非常に困っています、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

次にいつ書き込めるか分からないので答えておきますね。
実験用途と照らし合わせて考えると良いと思います。

・動物細胞などに使う発現ベクターやT3/T7/SP6 promoterのベクターでインサートの向きが反対
=アンチセンスRNAを発現、またはin vitroで合成させるために作った可能性があります。
線虫などを研究対象にしている場合、その可能性は高いと思います。
Mammalianを対象にした時期もありましたが、RNAiの仕組みが分かった今とあっては…使えませんね^-^;
(ESでは有効という話も聞きますが、詳しくは知りません)

几帳面な人がハズレクローンを保存してただけかも知れません。。


・クローニングベクターのLacZとインサートの向きが反対
=たまたまだと思います(向きが問題にならない)。


クローニングベクターにもT3/T7/SP6 promoterがあったりするので
こうなってくると単純にクローニングしただけなのか、意図的にそうしたのか、見分けはつかないと思います。

またベクター構築の際、MCSを拝借したりするために、機能上全く意味のない中間体ベクターを作ることがありますので、
使途不明のベクターは詮索してもあまりメリットはないと思います^-^;

次にいつ書き込めるか分からないので答えておきますね。
実験用途と照らし合わせて考えると良いと思います。

・動物細胞などに使う発現ベクターやT3/T7/SP6 promoterのベクターでインサートの向きが反対
=アンチセンスRNAを発現、またはin vitroで合成させるために作った可能性があります。
線虫などを研究対象にしている場合、その可能性は高いと思います。
Mammalianを対象にした時期もありましたが、RNAiの仕組みが分かった今とあっては…使えませんね^-^;
(ESでは有効という話も聞きますが、詳しくは知りませ...続きを読む

QVaulont et al をご存知の方お願いします。

私はいま、大学で論文を読んでいるんですが
多分内容はラット肝臓の細胞との血糖値に関係することです。
英語が苦手なので流れが全くつかめません。
Vaulont et alっていうのが出てきて先に進めなくなってしまったので、もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

お願いします。

Aベストアンサー

それは、人名、つまり引用文献の著者名です。
Vaulantがその文献の筆頭著者名、et al.はラテン語で「and others」「〜たち」「〜ら」という意味で、原則的に著者が3人以上になったとき筆頭著者以外を省略する場合に使います。

その論文の終わりの引用文献のところに該当する論文がリストアップされているはずです。

QDNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラ

DNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラーゼの違いがわからなくて困ってます。
調べていると両者とも同じものじゃないかと思えてきましたが、アミラーゼとアミレイスのように同じ綴りで発音が違うわけではなさそうです。

誰かご存知の方がいらっしゃいましたら助けてください!

Aベストアンサー

「ご存知の方」じゃないけど, ちょっと調べた限りでは同じもの.
どちらも EC3.2.2 のグループ.

参考URL:http://science.jrank.org/pages/29019/%28DNA%29-glycosylase-or-DNA-glycosidase.html

Q一卵性双生児の場合、DNAは同じ物でしょうか?

一卵性の双子の場合、DNAは同じですか?
双子の親ですが、ふとこんな事を思ったのでどなたか教えてください?

Aベストアンサー

基本的には全く同じDNAを持っていると思います。

しかし、成長過程でDNAが傷ついたり、あるいはDNAの修飾に違いが出てくることもあったりします。
それは胎児のときか、生まれてからかは色々だと思いますが。

DNAが一緒と言っても、取り巻く環境によって、
考えること、見た目、性格等、差が出てきます。

ちなみに一卵性では、人間では4つ子まで可能だと言う話を聞いたことがあります。

Q生物実験DNAの内容です。よろしくお願いします。

生物実験で疑問に思ったことがありました。
参考書にも書いていないことだったので教えて頂きたいなと思っています。
よろしくお願いします。
DNAの抽出
材料:魚(タラなど)の精巣
方法
1.精巣1gを乳鉢にとり、トリプシンを耳かき1杯加え、よくすり潰す。
2.10%NaCl水溶液を20ml加え、よく混ぜたうえビーカーに移し、40℃で10分間保温する。
3.80℃以上の熱湯で5分間加熱した後、速やかに氷冷しながらろ過する。
4.ろ液の上にろ液と等量の冷やしたエタノールをビーカー壁面にそって静かに注ぎ、軽く水平にゆする。
5.現れた繊維状のDNAをピンセットで取り出し、スライドガラスにのせて乾燥させた後、染色液を落とし10分間程度染色する。
6.スライドガラスの裏から水を流し静かに水洗した後、光化学顕微鏡下で観察する。

疑問1.精巣を用いた理由。
疑問2.NaCl水溶液を加えた理由。
疑問3.40℃及び80℃で処理した理由。
疑問4.エタノールを加えた理由。

以上です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

精巣を用いた理由。
 簡単につぶせる(筋肉、ひれ等と比べる)。組織が比較的大きい(脳、肝臓などと比べる)。
組織中のDNA含量が大きい。

NaCl水溶液を加えた理由。
 NaClの最終濃度が不明なので、分からない。加えた意味は最終濃度による。加えた後に、
溶液の粘度は上がりましたか?

40℃及び80℃で処理した理由。
 40℃はたぶん、トリプシンをよく働かせるため。80℃の意味はNaClの最終濃度にも
よると思うが、たぶんタンパク質の変性。

エタノールを加えた理由。
 DNAを変性させて沈殿させるため。

精巣というか精子のDNAには普通の細胞のようなヒストンではなく、プロタミンと呼ばれ
る特殊なタンパク質が結合している。これとDNAの結合はヒストンより、かなり強く、実
はきれいにはがすのは大変で、上記の方法だと結構残っているでしょうけど、巻き取るだ
けなら差しつけないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報