最新閲覧日:

制服のある学校とない学校がありますが、利点と悪い点は?
制服のある会社とない会社がありますが、利点と悪い点は?
今までは制服があったが、とちゅうからなくなったという人がいたら、
どうしてなくなったのか教えてください。
また、なくなるまでに至った経緯などを教えてください。

A 回答 (7件)

私の母校の小学校はいまだに制服です。


冬は最悪です。上は長袖ワイシャツと長袖の上着と下着の3枚。
下は男子は、半ズボン。女子は、スカートだけです。
長ズボンやコートを着て良いのは風邪のひどい子だけ。だから凄く寒いです。
勝手に履けば良いのですが、子供同士の監視の目って結構厳しいですので、
朝の登校時から授業中から帰りの下校まで1日中長ズボンを履けません。
普通の私服校であれば、長ズボンとかコートとか普通に着られるから凄い良いと思います。
良い点は、親が服を多数買わなくても良い事かな。シャツとズボンの予備が
最低1枚あれば良いので、安く済みますよ。人によりますけど。
    • good
    • 1

 近隣のある高校の話です。

この高校は数年前まで制服だったのですが、今はそれがなくなっています。一応「基準服」という形で規定の服装はあるのですが、基本的には自由です。これは、かつて生徒会が中心となって学校側に要求を出したものです。理由は、機能的でない(特に作業の多い授業など。また原付通学可能なため、女子のスカートは不便。)、衛生的でない、気候によってより快適な服装をしたい、などです。基準服については、文化祭でファッションショーをして生徒の希望をアンケートするなど、生徒主体で決定されました。
 ただし、学校側が要求する場面(式典などフォーマルさを要求される場面)では、基準服着用が義務となっています。
 こうした形になってからの利点は、上記のような要求理由が解消されたこと、個性が出しやすくなったことでしょうか。また、学校側の「ネクタイやスカートの長さなど表面的なことでなく、もっと生徒と内面に迫る話をすることにエネルギーを注ぎたい」という思惑もあり、生徒と先生の距離が縮まったこと(思いを丁寧に聞いてもらえるようになったこと)は、大きな収穫だったと思います。生徒の方も、互いの内面を見ようとするようになったと思います。
 ただ、最近は、当時の思いが生徒にも先生にも十分伝わっていないようで、あまりにも非常識な格好で通学する生徒もいたり、先生の方も服装の乱れは許せないと基準服着用を強制しようとする人もいるようです。公立なので、先生の入れ替わりもあり、そのことを学校の特色として打ち出して長年維持させるのは、難しいようです。
    • good
    • 0

制服の学校の人も私服を買いますし


必ずしも私服の学校の方がお金がかかると言うわけではないと思います。
少なくても、私のように服にはさほどこだわらない人は。
ただ、かける人はかなりかかりそうですが。
それにブランドの制服となると・・・
    • good
    • 0

制服ってその時はイヤだったけど


後になると何ものにも代え難い『思いで』になりますよ。
制服、私服、どちらもOKの学校あったけど
やっぱり制服の子が多かったです。
その時代の流行も反映されてるし・・・
でもクリーニング代もかかるし
制約が多くて校内では個性をだしにくいかなあ

どちらにしても学生服は学生しか着ることのできない
特権だと思いますよ。
    • good
    • 0

それほど服にこだわらない自分の場合:


制服のある学校:何を着ていくかに迷わなくて良かったです。でも、その一方で、衣替えまで夏服への切り替えができないので、暑がりで汗っかきな自分にとっては、6月は汗だくになるのでいやでした。

ちなみに僕の通った中学・高校(男子校)は、僕が入学する相当前に私服&長髪が許可されました。(恐らく昭和40年代くらい)
理由は個性・自立を重視するためだったみたいです。
ただし、制服(詰め襟の学生服)が廃止されたわけではなく、従来通り購入が可能でした。
結果としては、僕の在学中も4割くらいの生徒は何らかの形で学生服を着ていました。(ズボンだけとか、冬だけとか・・・)
    • good
    • 0

女の子によっては、


制服の利点:可愛い制服が着られる。
制服の欠点:可愛くない制服を着なくてはならない。
というものもあります。
あと、私には似合わない、とか。会社の制服だと、年齢によって
そろそろこれはちょっと…というのもあるでしょう。

制服=画一的、というイメージで考えがちですが、彼女たちは
その枠内でも微妙な個性を出す才能に長けていたりします。
「全員同じだからいや」と思っている子は意外と少ないかもしれません。
    • good
    • 0

bruetearsさん、こんにちは。



制服あり(学校)
 利点→服を毎朝えらばなくてすむ。
     衣服費にお金がかからない。
     生徒同士の競争がない。
悪い点→毎日同じ服なので衛生的にちょっと問題がある。 
     サイズがかわったら(成長して)そのたびに買い換えがいる。
     自由な雰囲気が無くなる。
制服なし(会社)
 利点→どんな服でも(ある程度)自分の好きな服が着れる。
    
悪い点→毎日着るものに困る。
     入社したら実費で制服をかわなければならない場合がある。

制服が無くなるという経緯は、署名運動による生徒会の運動などが
考えられますが。
あと、学校によっては自由な校風というのをアピールするため、
制服はあったとしても、着ることは義務じゃない場合もあります。
    
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ