映画の中だけかもしれませんが、たまたまこないだブルースブラザーズ2000を
見ていたら、パトカーの払い下げの車を買っているシーンがありました。
一回話では聞いたことがあるのですが、「アメリカでは特殊車両の払い下げを売っている」ということを聞いたのですが・・・本当かよくわかりませんでした。
ぜひ、本当の所を教えてください。
もしよければ、実際の値段、入手手段、日本での払い下げ車の状況などぜひ
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 海外からの輸入手続きは 専門運送会社にご相談ください。

多分相当額がかかります。また 輸入出来ない場合もあります。
国内においては 原則 警察車両 自衛隊車両は 分解廃棄がされており 国内での流通はありません。
消防車両は 個人でも所有ができますが 都道府県公安委員会からの緊急車両としての登録ができませんので 緊急走行はできません
また 同車両に因る作業(消火等)も制約があります。(自敷地内)等です。

 
    • good
    • 0

私は元自衛隊員で、ミリタリーオタクな友人もいますが、


そのミリオタの友人は旧型の「73式小型トラック」に乗っています。
いわゆる「ジープ」と呼ばれている、とても古い物ですが。

73式小型トラックは、もともとはアメリカのクライスラーのジープを、
三菱がライセンス生産して自衛隊に卸されていたものです。

もちろんクライスラー製のオリジナルではなく、
三菱製のライセンスモデルのジープ、73式小型トラックです。
私も何度か乗せてもらいましたよ。
えらくエンジン音がうるさいし、
エアコンはないし、幌だから冬は寒いし(隙間だらけなのは仕様です)
シートベルトが、肩かけ式ではなく、腰の周りだけです(無かったから自分でつけたようなことも言ってました)
ただ、所有欲は満たしてくれますねw

話によるといわゆる「二個一」のようなことを言っていたと思います。
乗っている方は結構いますよ。
また、後継車両である新型の73式小型トラック通称「パジェロ」も、
二個一なら手に入るとかの「ウワサ」は聞きます。
ごくまれに出回っているそうです。
採用から15年程しか経ってませんが、
チラホラ廃車や事故車も出ているようです。

友人がどこで買ったかはちょっと聞いてないですね。
ですが、解体屋がシャーシを切ったジープを買ってると思うので、
そこから出回ってるはずです。
ちなみに、ディーゼル車なので排ガス規制に引っかかります。

また、やはり部品が手に入りにくく、
旧型73式は生産終了が97年くらいだったと思うので、
あちこち痛んでます・・・。
ワイバーやワイパーのモーターの換えが手に入らず、
雨が振るとちょっときつそうでした。
部品取りとしてもう一台欲しいといってましたよ。

恐らく、市販車ベースであるジープやパジェロなんかは、
あまりひどく破壊して廃車にはしていないはずです。
他の中型トラックや大型トラックも手に入るようです。

私としては「軽装甲機動車」がほしいんですが・・・
アレは装甲板の関係で無理そうですねw
    • good
    • 0

すべて、他人から聞いて自分では何も確かめてはいないので、申し訳ないのですが、書かせてもらいます。



米国の場合、軍や警察、消防なんかも払い下げがあると聞いています。

日本の場合、消防車両は、消防団への払い下げがあります、私の近所の大型車専門の中古車屋さんには、消防車両が展示されています(展示されているからには、販売しているのでしょうね?)

警察車両については、装備品をすべて取り外しスクラップへなるそうです。
廃車証明(だったかな?)と譲渡証明が取れないので、まずナンバーの取得はできません。

自衛隊の車両は、軍備関係(戦車や、装甲車)は、復元できないように、切り刻む
と聞いています。理由は、輸出できないようにするためだそうです。(戦闘機もそうらしいです(ある雑誌で切り刻まれた戦闘機を見ました))
普通の車両は、払い下げがなくもないのですが、警察車両と同じく証明が取れないのと、一般向けと同じ名前(メガクルーザー等)の車両でも、使用している部品が特殊な物があり、それが一般では手に入らないそうです。
    • good
    • 0

 北米では、警察署がオークションを行い、中古のパトカーなどを民間に払い下げる事があります。


 尚、横転する事で有名なM151(ベトナム戦争以降の、俗称でジープと呼ばれる車両)は払い下げ禁止命令がワザワザ出されたところをみると、軍用車両も民間払い下げが常識的に行われている様です。

 ネダンは・・・・気にした事はありませんが、なんかすごい底値だった様な記憶があります。いずれにしろ各組織(警察や軍など)で規定された耐用年数を越えたから廃却されるワケで、程度のいぃモノがあるとは思えません。

 尚、我が国では、警察と自衛隊関連車両が払い下げられる事は無いでしょう。多くの場合、メタメタに溶断して鉄クズとして廃却しているので、ゴミ捨て場から拾ってきて再生するのも至難のワザです。パトカーは、本来そのクルマには設定されていないすごいエンジンを載せたモデルなどが存在しており、純粋にクルマとして見て面白そぅではありますが。

 消防車はagv6cavo様御指摘通り、払い下げられる場合がある様ですが、そもそも消防車そのものを大型車の特装メーカに発注可能なので(大手企業が工場内の消防隊の為に購入しています)、法規上の規制などはこちらには無い様です。色も赤いまま、車両法に準じたライセンスプレートを付けているモノもあります。
    • good
    • 0

払い下げっていってもパトカーは公道じゃ乗れないんじゃ


ないですか?置物にでもするならいいんでしょうけど。
自衛隊のはどうでしょう?メガクルーザーとかでかいですよ。
でもテレビでポンプ車を払い下げてもらって雨シーン用に
再利用してる事例を見ました。その場合も色を塗り替えるとか
必要なのでは。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を

【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を配置すべきでしょうか?】

Aベストアンサー

九州に自衛隊の主力を展開できるだけの広さはありません。
海上自衛隊の主要任務はシーレーン防衛であって、守るべき海上交通路は太平洋側です。したがって海上自衛隊の主戦力は北朝鮮で何かあったとしても太平洋側に配置されるでしょう。
展開させるとしたら迎撃のための高射部隊で、他は災害対策と似たような対応になるでしょう。
生物化学兵器が使われた後、自衛隊は対応を支援するでしょうが、主体となるのは地元の一般の医療機関と保健機関になります。
あなたが想像するような対応はされません。

Q横転とかして屋根を潰したら即全損扱いと聞きましたが本当ですか

実際にやったわけではないのですが、エンジンや足回りが壊れていなくてもダメなのですか。屋根は直せないのですか。

Aベストアンサー

皆さん仰るとおり時価総額<修理費用の場合は全損扱いとなります。
ここでもう少し噛み砕いて考えてみてください。
横転して屋根が潰れるということは、その他にもほぼ間違いなくダメージがあるということではないですか?
まず最低でも下側になったフロントフェンダー、ドア、リアフェンダーは交換レベルの修理が必要になりますよね、それからボンネットにしてもトランクにしても無傷でいられることは少ないですよね(フェンダーに押される可能性)そしてトランク、ボンネットが押されるということは逆側のフェンダーも押される可能性が高いわけです。さらにひっくり返って屋根が潰れるということはガラスはほぼ全滅ですよね、もっと酷ければ衝撃でフレームまで曲がる可能性もあります。
もろもろ修理していくうちに時価総額を超えちゃうよ、ってことで全損扱いが多いです。屋根は基本的に交換しなければいけないので高額修理ですが、ただ単に屋根が潰れたというだけでは全損にならなくなっています。

Q自衛隊の戦力

自衛隊の戦力って世界的に見てどこの国と同程度の強さなんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

○予算
日本は国防予算で世界第二位

○装備
兵器の質と量。
自衛隊の装備は、英軍よりも1.5倍くらいは大きな「軍隊」である。

○兵力(兵士の数)
日本の兵力は、アジアで、中国、インド、北朝鮮、韓国、パキスタン、ベトナム、インドネシア、台湾、タイ、ミャンマーに次いで第11位である。米国とロシアを加えたとしても第13位になり、アジア地域30カ国の中では、決して小さい規模ではない。

兵力はそれほど大きくないが、装備含めた軍隊としての規模は英軍よりも上であるようです。

但し、実践経験が全く無いことのネックはあるようです。例えば戦車は車両数は多いが、所有の70%は74式という旧式戦車。高機動多目的装輪車がFRP製で、戦闘時の防弾製が非常に劣っていて、戦闘時の運用に適さない等です。

Qバッテリーは一度あがると、あがりやすくなるって聞きましたが本当ですか?

バッテリーは一度あがると、あがりやすくなるって聞きましたが本当ですか?
理由も併せて回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

聞いた、調べた話の総合ですが。

バッテリーが上がってすぐに充電すればとりあえず問題ないそうなのですが、
完全放電してしまった状態が長時間続くと、バッテリーの電極の硫酸鉛が
厚くなってきてしまいます。これは電流が流れている時は状態が保たれて
いるそうです。硫酸鉛は絶縁体なので、厚くなってくることにより、電気が
どんどん通りにくくなっていまいます。

上がることによってその絶縁体が厚くなり、完全に満タンにはならなくなって
しまい、結果的に上がりやすくなる、といった流れだと思います。


もっと詳しい専門的な解説は、車専門のサイトなどを覗いてみるとあるか
も知れません。

Q実戦経験なしの自衛隊の戦力

自衛隊は世界最高レベルの戦力を保有していますが、実戦経験がないという弱点があります。軍事組織にとって実戦経験とはどれぐらい重要な地位を占めているのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思えませんし、)
また、海や空の戦いは、科学技術力の要素が大きいですよね。レーダーやセンサーで索敵して、ミサイルを敵に命中させるのです。訓練による経験でも、相当役に立つはずです。

訓練の頻度やレベルでは、自衛隊は中国や北朝鮮よりも密度が濃いはずです。燃料代もかかるし、艦船や航空機はある程度稼働させると整備点検や補修が必要です。自動車の車検と違い、軍事装備の点検整備には時間がかかり、そうライフサイクルにおける稼働時間の比率は意外に低いんです。そうなうと、装備の信頼性や耐久性が、実動戦力に響きます。

それに、海上自衛隊は実は旧日本海軍の伝統を受け継いでいます。それは技術面においてもです。たとえば、掃海のノウハウ、艦船のダメージコントロール(敵の大砲を食らっても、被害を最小限にとどめて、戦闘を継続したり、帰港して修理を受ける技術)、またダメージコントロールを最大限に引き出せる艦船の設計思想などです。

航空自衛隊はF-X問題が長引いて心配ですが、しかしパイロットの訓練時間の長さは十分ですし、戦闘機の稼働率も世界トップクラスです。また、レーダーの性能やミサイルは、すでに述べたように勝敗を分ける重要な要素ですが、電子産業が得意な日本はこうしたアビオニクス(航空電子)でも高い技術を持ち、独自の装置やミサイルも開発しています。

さらに、自衛隊はリムパックやレッドフラッグなど米軍やその同盟国による共同訓練、在日米軍との連携も図っています。陸上自衛隊も、アメリカに行って火器の性能試験や訓練を行うことがあります。その中で、米軍から現代の戦闘におけるノウハウも吸収しているはずです。

油断は禁物ですが、そう心配することもないと思いますよ。
ただ、ゲリラ戦やテロは、自衛隊だけではなく、警察や地方行政、社会の対応能力も問われるので、こちらはやや不安ですね。東京は、石原都知事がその辺の心配をしていて、自衛隊を街中に出させて、訓練を実施しているみたいですが。。。。

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思...続きを読む

Qパトカーについて

いつも疑問に思います。なぜパトカーはクラウン等の高級車が多いのでしょうか。
ヴィッツなどのコンパクトカーもありますが、高級車の数も劣らず多いと感じています。
高速機動隊などは理由付けも解かりますが。
ただ高級車に乗りたいだけですか?

Aベストアンサー

大体、クラウンに乗っているのは自動車警ら隊や交通機動隊の取り締まり関係でしょうね。

なので、違反者や犯人の取り締まり時に乗せること、逃走時に追跡しなくちゃいけないので、低重心で性能もそこそこ(2000~3000ccクラス)、体当たりされても負けない、またそれなりに装備(カラーコーンとか、楯とか、検問に使う表示板とか)も積まなくちゃいけないとかで、やっぱりセダンが重宝されているんでしょう。
#最近は、体当たりに対抗するためSUV系もあるって話ですが・・・

それに、クラウンなのはメーカが仕様から選定した車種がたまたまクラウンだっただけってのもありますし。
#昔からこのハイパワークラスはクラウン、セドリック等が担ってきたので、車種もそのままって感じもありますがw

価格もついこの前自動車雑誌に載ってましたけど、クラウンでも200万円後半だったはず?
#交通取締用の方が、自ら隊より高性能エンジンを載せていたりするようですから平均値かも?。

国費による購入なのでほぼ全国一斉に配備しますし入札ですから、大量かつリーズナブルってところなんでしょう。
#なので、配備されると一斉に目にすることになりますね。
#以前、覆面用にはスカイラインR34のセダンが全国一斉配備されたことも。

これが、県費で高速機動隊用とかになるとGT-Rとかが普通に居ますね。
#確か、埼玉がGT-R好きだったかとw
#昔は32~34まであったんじゃないですかね?最近はどうなったんだろ?

>インプレッサのボンネットのカウルは何でしょう。
これは、バグガード(虫除け板)で高速道路なんかで虫がフロントガラスにぶつかるのを防ぐためのものですね。
これが結構な威力だそうで、きれいなまま走行できる見たいです。
ただ、最近は付けないこともあるようですが。

大体、クラウンに乗っているのは自動車警ら隊や交通機動隊の取り締まり関係でしょうね。

なので、違反者や犯人の取り締まり時に乗せること、逃走時に追跡しなくちゃいけないので、低重心で性能もそこそこ(2000~3000ccクラス)、体当たりされても負けない、またそれなりに装備(カラーコーンとか、楯とか、検問に使う表示板とか)も積まなくちゃいけないとかで、やっぱりセダンが重宝されているんでしょう。
#最近は、体当たりに対抗するためSUV系もあるって話ですが・・・

それに、クラウンなのはメーカが仕...続きを読む

Q航空自衛隊の戦力について

現在の航空自衛隊の戦力は十分足りているのでしょうか?足りない装備とかありますか?あと人員も足りているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

物理的な存在(装備)ではないけど・・・

旧帝国軍以来の伝統芸で、国家レベルの「戦略」がありませんね。
あと、Rules of Engagement(ROE、交戦規定)の不存在も国家の軍事組織としては大問題。
ROE不在ということは、組織的な軍の体を為していない=ただ重武装の愚連隊と言っていいレベルなんですけどねぇ。

Qパトカーって・・・

パトカーの種類がいろいろあるサイトなどありましたら教えてください。
場違いでしたらすいません

Aベストアンサー

ここなんかどうですか?

参考URL:http://www.geocities.jp/zandoby/

Q日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。 実際、今、戦争

日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。
実際、今、戦争(?)をするかもしれない、北朝鮮や、いろんなことで関わってくる、中国と韓国。
領土のことで問題がある、ロシア。
無いとは思いますが、アメリカ。

整理すると、北朝鮮と、中国、韓国、ロシア、アメリカ。
上記の国と戦争する場合、勝てるのでしょうか?


また、今一番戦争が起こりそうな国を教えて下さい。


質問が多くてすいません。

Aベストアンサー

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活動は往時に比べると活発とは言えず練度も不確かさがありますね。

中国はよく判りませんね、最新兵器らしきものがあるもののカタログスペックは良いけれど、本当の実力は故障が多いなど問題を抱えているようです。
日清戦争時と同様に今でも軍閥があると言われて中央政府の指示が徹底されるか、またそれがどの程度なのかわかりません。

韓国は、兵器の質は表面的には良い米国製を揃えてはいるものの、消耗部品の十分な補給が無く共食い整備が主流となっていると言われています。
また、少子化の為、部隊の指揮官は兵の親に気を使わなければならいという、武力の運用上、ヘンテコな負担を強いられているようですね。
一応、米日と同じイージス艦を保有していますが、積んでいるシステムが旧式で、弾道弾に対応していません。
また、国自体がかなり北に侵食されていて、情報が北にダダ漏れという話も聞きますね。

北は、通常装備その他はWW2時代の骨董品が多いですね。ただ、航空機やミサイルではある程度脅し用に効果があるものがあります。

他のどの国に対してもそうなのですが、日本は海上自衛隊と航空自衛隊とが対処して優位になければならず、
陸自が登場する本土決戦になると形勢は不利な状況となってしまうので避けないとならないです。

海自の潜水艦は通常動力としては世界最高性能なので、露中韓北レベルでは大きな戦力になると言われています。
海自の水上艦艇も他国との共同訓練などで高い評価を受けているので、私見ですが空母のない米と同等と見ていいと考えます。
また、30年程昔の空自は訓練時間が少なく米軍には敵わないと言われていましたが、今は米も手こずるパイロットが多いとされています。

日本の近海で戦う様に海自・空自とも想定しているので、相手の国で…という戦力の作り方にはなっていないですが、
今の想定の状況なら米以外とは優位に戦えると考えます。

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活...続きを読む

Q白黒パトカー

昨日、バイパスをバイクで走行中に非常駐車帯(?)にハザードをたいた白黒パトカーが停車していました。これはどのような目的でパトカーがいるのかよくわかりません。いったい何をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

NO2の返信です。
車載のレーダーはあらゆる方向に有効です。
たとえパトカーが走行中でもあらゆる方向の車の速度をコンピュウターにより計算して監視できます。
貴方の場合は大丈夫だと思います。
違反があればその場で追っかけてきますからスピードには気をつけましょう。
違反で捕まるのも大変ですが事故はもっと大変です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報