マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

赤紙(召集令状)と入営通知書の違いは何でしょうか?
赤紙は、役場の兵事係が配送しますが、
入営通知書というのは郵送で、ハガキか封書(映画「戦争と人間」)だったようです。
なぜ郵送したのか?
郵送では郵便事故もありえます。
両者の違いについてご存知の方、ご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.8の続きです。

だんだん結論に近づいてきているでしょうか。「召集令状」や「現役兵証書」は役場から手渡しであるのが大原則ではあるけれど、やむを得ない事情の場合は電報による通知や封書での郵送(ただし十分な配慮がされている)もあったということが、質問者さん自身の努力のおかげで確認できました(ハガキによるものはまだ未確認です)。今度は入営通知の件です。

> 入営通知書というのは「入営を命ず」と書かれた書類の総称であるらしい

いずれにせよ、一番最初の質問だった「入営通知書」というのは正式な名称ではなく、一部の人による俗称あるいは通称の域を出ないということでよさそうな気がします。いかがでしょうか。

> 具体的には「現役兵証明書」と「入営命令書」

「入営命令書」の根拠らしきものが見つかりました。そして「入営が間近くなると入営命令書が届くシステム」というyoshinobu_09さんの考えは正しいようです。No.7の冒頭で否定したことをお詫びして訂正します。

1944(昭和19)年11月に出された「昭和二十年ニ於ケル徴兵事務等ノ特例ニ関スル件」(陸軍省令第51号)の第7条で、現役兵証書の表面には「入営部隊、入営部隊所在地、入営期日及時刻ハ時宜ニ依リ之ヲ記入セザルコトヲ得」、つまり入営に関する諸情報は記入しなくてもよいと定められたんですね。そして第7条ではつづいて「此ノ場合連隊区司令官ハ(中略)別ニ入営部隊、入営期日及時刻等ヲ本人ニ達スベシ」としています。これが「入営命令書」になると考えて間違いないのではないでしょうか。また同じ陸軍省令第51号の第2条で、1945(昭和20)年の徴兵検査は1月15日から4月30日までと前倒しすることが確認できました。ですから「入営命令書」は昭和20年の4月ごろからの日付が見受けられるのも当然といえるでしょう。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961856/1
http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/image_C010075974 …

徴兵検査の日程は官報に徴兵署開設日割という情報が出て大体わかるようです。あまり戦争と縁がない昭和ヒトケタの時代は、きちんと4月16日から7月いっぱいで終わるように日程が組まれているのが確認できます。それが1944(昭和19)年のものを見ると、8月までずれ込んでいるのも見受けられます。そして1945(昭和20)年の場合は、上記の陸軍省令第51号により1月からという日程になっていることが確認できます。補足で例として挙げられた満州の青年が2月に徴兵検査を受けた話は、まさに定められたとおりだということがわかりました。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957425/5
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961663/10
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961908/6

つぎに私が疑問だった、なぜ1945(昭和20)年という戦争も終盤(当時の人は誰も8月に終戦になるとは知りませんが)の混乱した時期に、わざわざ「現役兵証書」と「入営命令書」という二度手間にするかについてです。陸軍は上記の陸軍省令の頃から本土決戦に向けて師団をどんどん急造する計画をたて始め、2月以降には新しい師団ができてきます。このへんの事情は防衛庁(当時)防衛研究所戦史部による『戦史叢書 陸軍軍戦備』(朝雲新聞社 昭和57年7月30日発行)の462頁以降に詳しく書かれています。またインターネットでは「帝国陸海軍作戦計画大綱」というキーワードで検索すればいろいろな話が出てきます。そういった新たな大量の師団編成に追われてギリギリまで誰をどの部隊へ入営させるか軍も決めかねて、まずは現役兵証書だけを交付する、その後で目処がついた部隊に入営させるため命令書を出すということかもしれません。

ただし・・・

> 翌(昭和20)年1月私にも入営通知が届きました。
> http://www.pref.tottori.lg.jp/80236.htm

この例は前年の徴兵検査によるものであり、それまでと同じ「現役兵証書」のことだろうと考えます。

> ネットで検索した結果、他にも入営を命じる書類があった可能性を感じます。
> 「入営令達書」「入営兵令達書」なるものも登場します。

このへんは何ともいえないですね。昭和20年以降のものなら上記の省令では「入営部隊、入営期日及時刻等ヲ本人ニ達スベシ」というだけですから、各連隊区司令部の判断で書状の名称をつけてもよいのかもしれない、と考えれば「入営命令書」以外の名前の可能性も残るでしょうか。しかし、yoshinobu_09さんが補足で例として出された昭和14年や17年のものはどうでしょうねぇ・・・。しつこく書きますが、公文書の文言でもない個人の思い出話の中に出てくる単語は、記憶違いであったり、それを書いた人が勝手に呼んでいるだけというおそれが十二分にあります。ですから「入営令達書」や「入営兵令達書」という正式名称のものがあったかどうかはわかりません。やはり現物か、そうでなくても裏付けとなる別の史料と合致しないと、本当にあったかどうかは決められないでしょう。

以上、ダラダラとこんな細かいことを、自分以外に興味を持つ人がいるかどうかわかりませんが、yoshinobu_09さんの質問をきっかけにして、今回調べてみていろいろわかったことがあったので自分のための備忘録も兼ねて書いてみました。

この回答への補足

たびたびの詳細なご回答、ありがとうございます。
「入営兵令達書」の記載がある本を読んでみました。
1923年生、税務署員、徴兵検査時期不明、甲種合格、昭和19年4月入営。
たぶん昭和18年に徴兵検査を受けて、翌年現役兵入営となったのだと思いますが、
4月入営はすこし遅く感じます。
税務署員(官吏)ということが考慮されたのかもしれません。

『入営兵令達書(赤紙)
甲種、第一乙種の合格者は現役兵となる。
そして、それぞれの兵科ごとに定められた時期がくると、当時赤紙(くすんだ
赤い色をした紙に、×月×日×時×分に× ×部隊に入営すべし、と記載されてい
る召集通知のこと)といわれた入営兵令達書が郵送、ではなく、市町村の職員によ
って各人宅に直接届けられた。』

本人の中では「赤紙=入営兵令達書」のようです。
幹部候補生、中野学校を経て憲兵という経歴からして、法律用語になじみがあり、
それで戦前を回顧したときに、入営兵令達書という名称が思い浮かんだのかもしれません。

補足日時:2013/03/02 14:25
    • good
    • 0

No.2、3、4、5、6、7の回答者です。

まずは三島由紀夫の話からいきましょう。電報の内容をわざわざ問い合わせていただいたようで、その行動力には脱帽です。そして内容も興味深いですね。

> 「入営を命ず」という言葉がカタカナで印刷されています。
> 「入営を命ず」は現役兵証書と同じ文言です。

これは決定的ですね。<平岡公威(三島由紀夫)は召集ではなく、現役兵として入営する予定だった> ということですね。兵事業務を何度もしている役場が「入営」の意味を間違えるはずがありません。図書館で三島の自伝的小説『仮面の告白』と、猪瀬直樹『ペルソナ 三島由紀夫伝』(文藝春秋 1995年12月20日 第6刷)を借りて来ました。『仮面~』は小説ですから事実でなくても責められませんが「私は夜の十一時に召集令状をうけとった。二月十五日に入隊せよという電文だった。」となっています。『ペルソナ』は206頁に「赤紙をもらった三島」と「召集を免れた」という記述があり、伝記として完全には正確でないということになります。

徴兵検査では第二乙種だったということなので、三島由紀夫も初めは第一補充兵に編入されていたものが補欠として現役兵に振替えられたのではないでしょうか。現役兵の補欠は兵役法の第48条、および兵役法施行令第91~95条に定められています。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/14
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/35

しかし補充兵という役種を変更しないまま召集によって軍隊に入れるという方法もありそうなのに、なぜ現役の補欠という手段にするのかは私の勉強不足で不明です。補充兵に指定されて1年以内の場合はすべてこのように現役に振替えるのでしょうか。あるいは想像ですが、現役兵にしたほうが軍には都合が良いのかもしれません。補充兵のまま召集で部隊に入れた場合、召集とは原則として一時的な人集めなので、だいたい2年程度を目安として召集解除して軍務から開放する建前です。いっぽう現役兵というのは平時は2年で満期ですが、1927(昭和2)年に兵役法が施行された時点で第19条に戦時または事変の際は服役の期間を延長できると定められているので、現役兵としてざっと3~4年、その期間が過ぎたら予備役編入・同日臨時召集という荒業でさらに2~3年、全部合わせて6~7年ぐらい軍隊に留めておくことも可能です。また兵士側でも補充兵よりは現役兵のほうが昇進その他で有利になるようです(普通は階級が上がることより軍隊にいる期間が短いほうが嬉しいでしょうけど)。

もうひとつ三島の件で蛇足を書きます。『仮面の告白』では、田舎で検査を受けたほうが農村の青年たちと比べて“ひよわさ”が目立つので徴兵検査の結果が悪く(つまり兵隊に取られにくく)なるかもしれない、という父の入知恵があったと書いてあります。また当時の人の体験談で「都会育ちは虚弱な者が多く、甲種合格は珍しい」などといった趣旨のことを読んだり聞いたりしたことはありませんか? 私自身は何度かあります。ところが実際の統計を見ると都会だからといって虚弱であるとは限りません。下のリンクを見てください。東京の真ん中の日本橋や芝での複数年にわたる徴兵検査の記録です。寄留というのはよそで生まれ育って、仕事などのために東京に住んでいる人でしょうが、本籍となっているのは東京の生まれ育ちでしょう、いずれにしろ甲種合格も珍しくない堂々たる結果です。こういう史料は探せばまだ出てきます。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281543/101
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020265/97

考えてみれば当たり前なんですね。都会では農業はないでしょうが、その他の肉体労働者はちゃんといます。そして都会人は経済格差のために、田舎よりもむしろ栄養事情が良いのではないでしょうか。農作物や魚介類は商品であり、農漁村の人間がそれをよく食べているとは限らないわけです。下のリンクの京都府の例のように、市部より郡部のほうが甲種の比率がいくらか高いことを示す統計はありますが、それでも市部の人間が極端に虚弱というほどではありません。こうしたものを見慣れた私は、何度も書いているようにお爺さんの思い出話といった類の文章だけで他に史料の裏付けがない場合、慎重になってしまうのです。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1081306/7

なんといっても信頼度が高いのは「思い出」ではなく「現物」ですね。

> 昭和18年、書留、配達証明で22銭ぶんの切手を貼っています。
> http://blog-imgs-12.fc2.com/i/s/o/isokaze/200910 …

これは素晴らしい史料だと思います。赤い山形の線の様子からして、手渡しで令状を受け取った代理人が転送したものではなさそうです。やむを得ない場合に限り召集令状を郵送することがありえることは法令では確認できましたが、こうして現物を見ることであらためて確実なものになりますね。しかも「書留」と「配達証明」という印で、万一の場合の郵送ではここまで気を使うのだということがわかります。

(つづく)
    • good
    • 0

No.2、3、4、5、6の回答者です。

次は「入営命令書」の件。

> 入営が間近くなると入営命令書が届くシステムだったように思われます。

申し訳ないですが、私はその説にはあまり乗る気になれません。根拠となるソースを示して明確に否定なり肯定なりできれば良いんですが、恥ずかしながら、まだそういうものはわかりません。yoshinobu_09さんが正解という可能性もあります。ただしこうやって見ていただけるように、私もそれなりに法令や書籍を調べて(そういう趣味ですから)自分なりに研究した途中経過としての考えでは、ちょっと疑問を持ちます。

> 「(友人の現役兵証書)」
> http://blogs.yahoo.co.jp/siran13tb/archive/2012/ …

この現役兵証書には右上に「入営延期」という山口連隊区司令部の赤いハンコが押してありますから、兵隊になる人間か陸軍か知りませんが、どちらかに何かの理由があって入営延期となったためこの現役兵証書には入営日が記入されなかったわけです。こういう例はすべての者に当てはまるのではないと私は考えます。

> 現役兵証書のウラ面には、召集令状にような
> 「この証書を持参すれば運賃が無料になる云々」の記述はありません。
> それは入営命令書のウラ面に書かれていたのではないでしょうか。

現役兵証書は1927(昭和2)年の兵役法施行規則(陸軍省令第24号)を見ればわかります。現役その他の役種が決まったら、現役兵証書、第一補充兵証書、第二補充兵証書、徴集延期証書、兵役免除証書が各人に応じて交付されると第217条で定められています。第3様式という見本でどういうデザインで何が書かれているかも規定されています。表面右側を切り取って受領証にするのは召集令状と同じです。現役兵証書には「入営期日及時刻」として年月日と時刻を記入する箇所がある以上、そこに記入して現役兵証書イコール「入営命令書」として使うのが普通ではないでしょうか。現役兵証書をまず交付して、その後でわざわざまた「入営命令書」も交付というのは軍や役場も手間の負担が大きくなるだけなのに、例として挙げられた満州での体験談は戦争末期の混乱期にそういうことをやったことになっています。その理由が理解出来ません。それにしても、これも2月に徴兵検査ですか。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/99
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/151

裏面については現役兵証書の場合、質問者もご存知のように心得などが印刷されているようですね。これは兵役法施行規則の見本でもそうなっています。「入営命令書」も同じではないでしょうか。入営の場合は召集と比較すると時間的余裕があることも多いし、人数もある程度まとまっていることが多いでしょうから入営部隊までの交通は役場か軍が手配しやすいと考えます。召集の場合は急であるのが基本だし、小さな村から出発する場合は1人や2人だけかもしれない(それも1人は歩兵連隊、1人は工兵連隊とバラバラな行き先かもしれない)、そういった事情から召集令状には交通運賃に関する記載があり、イザという時には自分でどうにかしろということだと解釈しています。
http://www.library.pref.nara.jp/sentai/gallery00 …


> 「入営命令書」は昭和20年に集中してますが、大正時代からあったようです。
> 「入営命令書 大正13年11月4日」
> http://rnavi.ndl.go.jp/kensei/tmp/TanabeSadamu.pdf

大正13年のこの「入営命令書」は <一般の入営ではない> と考えてほぼ間違いありません。一緒に出てくる書類には「一年志願兵」であることを匂わせる書類があります。この田辺定という人は開成中学の創立者の三男で逗子開成中学を卒業しているとのこと。国会図書館の説明文では「志願兵」として騎兵第1連隊に入ったと書いていますが、それはこの文を書いた人が一年志願兵を知らないのでしょう。財力と学歴のある若者は一般の現役3年(当時)という徴兵ではなく、一年志願兵という1年だけ兵隊になればよい優遇された道も選べる制度がありました。詳しくはWikipediaの「幹部候補生 (日本軍)」という記事も2013年2月13日現在の時点では全て私が執筆したもので、そこに一年志願兵のこともある程度載せていますから、よかったら見てください。
http://rnavi.ndl.go.jp/kensei/entry/TanabeSadamu …

1919(大正8)年11月制定、同12月にそれまでの同名の細則を廃止して施行された、新しい陸軍一年志願兵条例施行細則(陸軍省令第49号)によると一年志願兵も連隊区司令官から「一年志願兵証書」という証書が交付されます、しかしこの証書には入営する部隊も入営日時も記入されません(第13様式)。第40条で師団長により「入営命令書」(第15様式)が発行されると定められ、その命令書で入営部隊と入営日時が指定される段取りになっています。手間が掛かりますが、一年志願兵になる者というのは少数です。「一年志願兵証書」と「入営命令書」がどのようなデザインで、どんな文面かは細則の終わりに見本が示されています。しかしながら、1927(昭和2)年12月に兵役法制定によって一年志願兵の制度そのものが無くなったので、それ以後この「入営命令書」は無いと考えるべきです。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2954308/4
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2954308/7

一般の徴兵による「入営命令書」を規定した法令などを探しているんですが、今のところはまだ見つかりません。見つからないかもしれません。ただ1945(昭和20)年の現物写真がある以上、存在したことは確かです。気になるのは「現役兵証書」と「入営命令書」との関係ですね。写真で確認できる物では、この2つは驚くほどデザインも文面も似ていますから回答No.2ですでに書いたように「入営命令書」とは「現役兵証書」が終戦間近になって、その名称を変えたものという考えも捨て切れません。あるいは「入営命令書」ができてからは「現役兵証書」の様式等々が変って2つが併存したのでしょうか。それらを裏付けるような手がかりが何も見つからないというのが現状です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/幹部候補生_(日本軍)

この回答への補足

入営通知書というのは「入営を命ず」と書かれた書類の総称であるらしいことが
わかってきました。具体的には「現役兵証明書」と「入営命令書」です。

入営命令書 昭和20年4月6日
http://www.pref.aichi.jp/kenmin-soumu/chosakai/t …

「昭和20年2月25日徴兵検査、乙種合格、3月28日現役兵証書、5月16日入営命令書」
http://www.heiwakinen.jp/shiryokan/heiwa/10hikia …


上記2件を勘案すると昭和20年4月から「現役兵証明書」の名称が「入営命令書」に変更された可能性があります。

ネットで検索した結果、他にも入営を命じる書類があった可能性を感じます。
「入営令達書」「入営兵令達書」なるものも登場します。


翌(昭和20)年1月私にも入営通知が届きました。
http://www.pref.tottori.lg.jp/80236.htm

昭和20年2月ぐらいから開拓村の成年男子にも「入営通知」が出されて関東軍に編入された。
http://books.google.co.jp/books?id=25PnHsxSuS4C& …

昭和19年春か夏に徴兵検査、甲種合格、兵種は輜重兵、昭和20年8月入営通知 学生
http://nevertolate860.blog129.fc2.com/blog-categ …

韓国全州師範学校5学年に在学中の1944年8月、旧日本陸軍から入営通知書を受取、同年9月に入隊
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/nkhp/kakutinj.htm

昭和20年2月徴兵検査、第一乙種合格、5月9日入営命令書、東部軍司令官名で「5月15日宇都宮第三十六部隊に入営を命ず」
http://books.google.co.jp/books?id=5t1GXwO3R9MC& …

現役兵証書 現役兵であるという証明書で入営時には携行した。
入営命令書 徴集現役兵として入営する部隊や集合場所、日時を明記した命令書。「名古屋連隊区司令官」の発行になっている。
http://www.pref.aichi.jp/kenmin-soumu/chosakai/s …

昭和17年4月以降徴兵検査、入営兵令達書、「昭和18年2月1日福島県郡山市東部第六十六部隊に入営を命ず」
http://www.heiwakinen.jp/shiryokan/heiwa/03onket …

昭和14年甲種合格、入営令達書、昭和15年3月5日満州の戦車第五連隊入隊のため広島集合 現役兵
http://www.heiwakinen.jp/shiryokan/heiwa/12onket …

陸軍回顧録 入営兵令達書(赤紙)
http://library.main.jp/index/jst13487.htm

補足日時:2013/02/16 14:59
    • good
    • 0

No.2、3、4、5の回答者です。

質問者さんにおかれては、今でも興味を持っていただいて嬉しいです。しかも補足でリンクされた中に面白い史料が出てきて、新しい発見がありました。

> 日露戦争時は召集令状を郵送していたようです。
> 「日露戦争・召集令状送付のエンタイア」
> http://blogs.yahoo.co.jp/yobnag/25331126.html

この赤い封筒は <召集令状を入れて応召員に郵送したものではない> と考えるべきです。封筒の宛名を見てピンと来ました。くずし字の住所は私の能力では読めませんが、宛名は「国枝源吉 殿」の上に書いてあるのが「巡査」という文字で間違いないでしょう。召集されて軍隊に行く人に送っているのではなく、召集業務に関与している警察の一員に送った封筒です。

1899(明治32)年10月制定の陸軍召集条例施行細則(陸軍省令第29号)を見ればよくわかります。第5条に「(前略)其ノ事務ニ係ル文書[令状ヲ除ク]ヲ発送スルニハ動員用封筒[第三様式]ヲ用ウヘシ(中略)令状ヲ市町村長ヨリ各自ニ交付スルニハ普通ノ封筒ヲモ用ヰサルモノトス」となっています。つまり、何か動員に伴う令状以外の書類を送ったときの封筒でしょう。わざわざ <召集令状は除く> と条文に書いてあるのですから。下記リンクから条文と封筒の様式を見てください。色指定といい、第3様式の封筒がまさにそれです。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2948175/1
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2948175/3


> 「動員令の電報」
> http://fumisan822.exblog.jp/11768352

動員令というのはわかりやすくいうと「師団の編制を大きくしろ」という命令で、回答No.4で挙げた『赤紙と徴兵』59頁によれば、陸軍省から師団に向けて下令されるものです(戦争が本格的になれば大本営が設置され大本営から師団へ下令)。師団はそれを連隊区司令部に「動員令が来たから召集をやれ」と伝え、連隊区司令部は市区町村役場に「動員令が来たから召集をやる」と伝えます。回答No.4で書いた予報というのも正確には「動員令予報」といいます。しかし役場から先は動員令は行きません。 <動員令は応召員(召集される個々人)に伝えるものではない、応召員が伝えられるのは召集> だというのがこれまで調べた私の解釈です。ですからこの電報を紹介するタイトル「動員令の電報」は間違いだと考えます(ここでも「招集」と誤記しています、そのレベルの人たちが付けたタイトルです)。この電報は正しくは「召集を伝達する電報」ですね。

差出人を大阪歩兵第8連隊としているのも間違いです、連隊が応召員に電報なんか打ちません。差出人は電報文の最後に「カミイ」と出てますよ。では「カミイ」とは誰か? 電報送達紙の上のほうに「エツチウ カミイチ」と書いてあります。調べたら越中の富山県に上市町というのがあります。上市町役場が差出人でしょう、「カミイチマチヤクバ」とするには文字数の余裕が足りなかったのだと推測します。町役場から令状を代理で受け取った人物が電報の差出人なら「チチ」とか「オジ」とか、自分の名前「ヒロシ」とかにするでしょう。「動員により」という書き出しや「旅費のことはその地の役場に聞け」とか慣れている人っぽい文面だと思うのは気のせいでしょうか。私の考えが間違っていないなら、この電報こそまさに回答No.4で書いた陸軍召集規則第43条の「適当ノ方法」による「召集ノ旨ヲ伝達」の実例史料になりそうです。部隊到着日までたったの1日という極端な場合だからこそ役場が電報を打ったと考えます。

しかし9月14日に山形県で電報の通知を受けて、15日の午後1時に大阪に到着するのはムチャクチャな日程ですね。こういう場合は陸軍召集規則の第48条2項に「令状又ハ召集ノ通報ヲ受ケタル日時ノ関係上指定ノ日時ニ到着地ニ至ルコト能ハザル者ハ所在地ノ憲兵又ハ警察官吏ニ就キ令状又ハ召集ノ通報受ケタル日時ノ証明書ヲ受ケ」と書かれているので、応召員はさっそく天童町(当時)でそのような手続きをして、大阪に向かったことでしょう。

この召集の事例はもうひとつ興味ぶかいことがあります。召集令状が富山県上市町の役場からその町に本籍があるクツワダヨシオさんに行くはずだったと仮定してのことですが、それならば大阪の歩兵第8連隊に召集というのが気になります。本籍富山県なら富山連隊区の扱いであり、金沢に司令部がある第9師団のどこかの部隊に入るのが普通でしょう。大阪は遠すぎるし、歩兵第8連隊は第4師団です。ひょっとすると、この応召員は予備役か後備役の下士官かもしれません。第4師団の部隊は関西風というのか士気があまり高くないので、下士官のなり手(現役下士官は志願者を候補者にして育成)が少なく不足していた、時には他の地方の現役や予備役下士官を異動させて加えた、という話を読んだことがあります(ソース失念、申し訳ない)。


> 徴兵検査は8月にも実施されていたようです。

徴兵検査は日本国中で1年間に何百と行われていたでしょうから、例外もあるだろうとは思いました。ただ一応4月16日から7月31日までと、1927(昭和2)年の兵役法施行規則(陸軍省令第24号)第103条で決められているので、それをどうするのか不思議でした。「陸軍なんて何でも横暴にやりたい放題だった」と考えている人もいるでしょうが、軍隊だって役所の一つですから <法律や規則によって動く> んです。なにしろ1943(昭和18)年の学徒出陣のときには普段と違って10月以降に学徒の徴兵検査を行うので、わざわざ昭和十八年臨時徴兵検査規則(陸軍省令第40号)というものを制定したほどです。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961523/3

徴兵検査8月実施は上述の兵役法施行規則第97条の1で、7月31日までに「終了シ難シト認ムルトキハ」と初めから8月以降の検査も容認していると考えれば良いのか、第109条で、「伝染病ノ流行其ノ他災害等」により期日までに徴兵検査ができないときは日時の変更ができると定められているので、そのへんの拡大解釈か、あるいは何度も細かく改正されている規則のどこかに、私が見落とした変更があるかもしれません。時間かけて改正を調べたんですけどねぇ・・・。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/68
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/72

(つづく)

この回答への補足

詳細な解説ありがとうございます。
大変参考になります。

> 「日露戦争・召集令状送付のエンタイア」
> http://blogs.yahoo.co.jp/yobnag/25331126.html

加茂郡肥田瀬駐在所 
巡査國枝玄吉殿

加茂郡肥田瀬村は現岐阜県関市肥田瀬。
裏面が不明ですが、郵趣記事にもなっていることから
「召集令状送付」とどこかに書かれていると思ったのですが。
「召集令状封筒」と広告する根拠は何か。
それにしても配達証明も速達もない、3銭切手を貼った普通郵便。
この時代は自動車がないので、軍部も重要でない書類は
郵便制度に頼っていたのでしょう。
>30通以上束にしてあった
のなら、同一巡査宛でしょうか。


> 「動員令の電報」
> http://fumisan822.exblog.jp/11768352

宛名:天童町鎌田温泉稲荷湯方
   クツワダ ヨシオ殿
   至急 官報
『動員のため九月十五日午一時大阪歩兵八聯隊に召集
 旅費のことはその地の役場にて聞け カミイ』
電信局:越中上市
日付:昭和13年9月14日
指定:ウナ

指定略符号ウナは至急電報。
「発信人居所氏名蘭」がないのが不思議です。
pem42391様の解釈で間違いないと思います。


三島由紀夫の電報は官報でした。
当時三島由紀夫は群馬県の中島飛行機小泉製作所に遠方勤労動員されていて、
軍部が動員したわけですから、三島の所在地を把握できていたわけです。
このような場合は役場から、郵送か、電報で知らせたのでしょう。
郵送の例はこちら↓でしょう。
昭和18年、書留、配達証明で22銭ぶんの切手を貼っています。
http://blog-imgs-12.fc2.com/i/s/o/isokaze/200910 …

補足日時:2013/02/16 14:45
    • good
    • 0

(回答No.4のつづきです、やたらと長文になってしまいました)



> 兵事(事務)はがき一銭五厘
> http://isokaze.blog75.fc2.com/blog-entry-390.html

このハガキは山梨県の松里村役場(当時)から出されたのは確実なようですが、長野県松本市の相手にどんな要件なのかは「兵事」だけではわかりませんね。消印が昭和何年なのか、1銭5厘の料金からして昭和10年でしょうか。日中戦争前ですから召集もあまりなさそうな時期だし、召集の通知とは関係ないと考えます。6月というのは徴兵検査の季節にはふさわしいですね、でも断言はできません。

> 青紙は郵送されたものもあったようです。
> http://blog.goo.ne.jp/nagoya-jp/e/ff4c19c1ed95a1 …
> http://katarazuni.blog20.fc2.com/blog-category-3 …

「青紙」は召集令状ではなくて「召集“待命”令状」です。「待命」とはどういうことか、Wikipediaに書いたのでそれを見てください。この待命令状は熊本連隊区司令部から熊本市役所を通じて熊本市内の花園町(令状では「華園町」)の住所の人物に出されたものですから、市役所から徒歩で行けます。ですからこれも封書で郵送したのは役所ではなく待命令状を応召員に代わって受け取った誰かが転送したのだと考えます。切手の貼り方から見て、こうした事務にあまり慣れていない感じがします。転送先も同じ熊本市内の清水町松崎で数キロしか離れていないようです。もうひとつの「青紙」は馬の徴発の書類ですから問題外ですし、封筒に入っているというだけで郵送とはどこにも書いてありません。

最後に「赤紙」の召集は「国民兵召集」というものもありますが、あまり多くなさそうなことと、1941(昭和16)年に廃止されているので省略しました。それからNo.2の回答中に、徴兵検査の甲・乙・丙種合格者で現役にならなかった者は補充兵役だけになるように読める文章になっていますが、現役にならない者は補充兵役の他に、第二国民兵役(丙種合格者)もあると訂正します。現役になる者を決めた抽籤も1939(昭和14)年に事実上の廃止になりました。以上、これが誰かの何かの参考になればと思い長々と書きました。

参考URL:http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/8

この回答への補足

「現役兵證書」と「入営命令書」

「入営命令書」
http://www.pref.aichi.jp/kenmin-soumu/chosakai/t …
「現役兵証書(表面)」
http://www.library.pref.nara.jp/sentai/gallery00 …
「(友人の現役兵証書)」
http://blogs.yahoo.co.jp/siran13tb/archive/2012/ …

「現役兵証書(表面)」は九月一日発行で、入営は翌年の五月十五日。
私の手元にある現役兵證書は、昭和十七年十月十五日発行で、入営は翌年の四月一日。
「(友人の現役兵証書)」には入営期日の記述なし。
「入営命令書」は、昭和二十年四月六日発行で、入営は四月十六日。
入営が間近くなると入営命令書が届くシステムだったように思われます。
現役兵証書に入営期日が書いてない場合、「入営命令書」を見て驚く、という事があったでしょう。
現役兵証書のウラ面には、召集令状にような「この証書を持参すれば運賃が無料になる云々」の記述はありません。
それは入営命令書のウラ面に書かれていたのではないでしょうか。

「昭和20年2月に徴兵検査、第一乙種合格、5月に入営命令書、6日後が入営期日」
http://books.google.co.jp/books?id=5t1GXwO3R9MC& …


「昭和19年8月徴兵検査、第二乙種合格、翌年1月に入営通知書、47日後入営」
http://www.asahi-net.or.jp/~id1m-ssk/shiberia/yo …


「昭和20年2月25日徴兵検査、乙種合格、3月28日現役兵証書、5月16日入営命令書」
http://www.heiwakinen.jp/shiryokan/heiwa/10hikia …


「入営命令書」は昭和20年に集中してますが、大正時代からあったようです。
「入営命令書 大正13年11月4日」
http://rnavi.ndl.go.jp/kensei/tmp/TanabeSadamu.pdf

補足日時:2013/02/12 11:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三島由紀夫の電報を問い合せたところ返事がありました。

『入営通知書(電報)は1945年2月4日、三島が動員先から一時帰宅した際に受け取ったもので、本籍の兵庫県加西郡富合村栗栖部隊への入営を命じているものです。「官報」の印が押されていることから、官からの命令という要素を含んでいると思われます。通知人は兵庫県印南郡志方村村長からになっています。電報なので簡略なものであり、入営通知という文字はなく、「入営を命ず」という言葉がカタカナで印刷されています。』

電報の場合は兵事係ではなく、市町村長名義で出されていたのかもしれません。
「入営を命ず」は現役兵証書と同じ文言です。

お礼日時:2013/02/13 17:24

回答者No.2、No.3です。

読む人がいるかは知らないけど、また書きます。この数週間、私は個人的な趣味として日本軍の召集について調べています。そして知り得たことはWikipediaの「召集」という記事に執筆しています。2013年2月9日の午後11時(日本時間)現在、そこに書いてあることは、ほとんどすべて私が <出典を明確にして> 執筆したものです。その段階で知って、この質問とも関係することがあるようなので、ここに書きます。

> 入営通知とは、たぶん召集令状のことでしょう。

「入営」というのは今回調べたところでもやはり <召集とは関係ない> ようです。東京大学教授で近代日本史が専門である加藤陽子の著書『徴兵制と近代日本』(吉川弘文館 1996年10月20日 第一刷 ISBN 4-642-07496-1)の12頁では「入営」を「現役に就いた者を軍隊に入れる行政処分。海兵団に入るのも本来は、入営という」と明確に定義しています。この本は日本の徴兵制を学ぶ者の必読書です。加藤陽子は高校教科書執筆などではイデオロギー面で問題あるようですが、史料と文献は徹底的に読み込む研究者ですから、この定義はそのまま受け取って問題ないと考えます。そして <現役兵が軍隊に入るのは召集ではない> のです。私自身も調べてみたところ、兵役法、兵役法施行令、陸軍召集規則といった法令では、現役兵について「入営」云々と書かれることはあっても、召集については「入営」の文言は使われないことを確認しています。海軍は海兵団に入るから「入団」というのも俗称で、法令の正式な用語では陸海軍とも「入営」なんです。また召集令状の文面には「入営」という文字はいっさいありません。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/281

ただし上記「入営」の定義は公式な行政用語としてです。軍や役所が <公的な書状> を作成する際に、召集に関しては「入営」は使わないだろうということです。一般人なら「入営」の定義について無知かもしれないし、そこまでこだわらないでしょうから、召集を知らせる <私的な書簡> などを非公式に「入営通知」という可能性はあります。三島由紀夫に届いた電報にそれが当てはまるかもしれません。私はあの電報はやはり親族などが送った私的なものだと考えています、現物が見たいですね。

役所の <公的な書状> として「入営」の文言が使われるなら、それはやはり、私がNo.2の回答で紹介した「現役兵証書」に関するものだと考えます。「現役兵証書」の交付には事前に通知がされる可能性があるようです。吉田敏浩『赤紙と徴兵』(彩流社 2011年8月15日 初版第一刷 ISBN 978-4-7791-1625-4)の34~35頁には滋賀県大郷村(当時)で1942(昭和17)年11月に、現役兵証書(および補充兵証書)を交付するので、印鑑を持って役場に出頭せよという書類を配った当時の兵事係を取材したことが書かれています。この本の例では郵便ハガキではなく、ガリ版刷りの出頭通知を兵事係が徴兵検査を受けた壮丁に配って歩いたそうですが(だったらそのときに証書を渡してしまえば良さそうなのに、その点が不明)、こういった方法が実例として出ている以上、「入営」を命じる「現役兵証書」の交付前に郵便による通知がされる可能性はあるかもしれません。

質問者さんが例として挙げている北海道の郵便局員の話は、あれこれ怪しい所だらけなので参考にはなりません。「招集」(「召集」の間違い)されたのに、実際に「入営」するまでに1か月以上あるなんて、日本が負けそうな1945(昭和20)年にそんなノンビリしてるんでしょうか。私はこれは「召集」ではなく、徴兵検査(法令に定めた7月までではなく8月15日となってる、これも奇妙)で第二乙種だったということも合わせて考えると、初め第一補充兵に指定されたが欠員の関係で現役兵に振替えられた、その時の「現役兵証書」の交付の通知か何かではないかと思います。

召集というものは、少なくとも「充員召集」「臨時召集」という「赤紙」で通達されるものは、最初に郵便で通知をした後で令状が交付されるような、ノンビリしたものではないようです(「白紙」の「教育召集」などはわかりません、しかし「教育召集」では戦地に行きません)。小澤眞人『赤紙』(創元社 1997年7月10日 第1版第1刷 ISBN 4-422-30033-4)の149~168頁には召集がどのように実施されたかの手順が書かれています。

召集は師団司令部から、その師団の受持区域(師管という、2つ3つの県が入るぐらいの規模)内にある複数の連隊区司令部(徴兵全般を扱う陸軍の機関)、そして連隊区(陸軍の行政区域、だいたい1つの県ぐらいの規模)内の各警察署を経由して各町村役場へ連絡が行く仕組みです。市だけは規模が大きいので警察を経由しないで、連隊区司令部から直接に市役所へ行きます。召集令状は連隊区司令部が作成します。実際に令状が役場に届くまでは少し時間がかかりますが、その前に予報といって電話や電報でこれから召集を実施するという連絡があります。この予報によって召集の実施をより迅速で円滑にするのでしょう。役場では予報を受けると関係者を集めます、迅速かつ確実な実施のためにはある程度の人員が必要だからです。

> 次のようなものがありました。
> 「召集アリ直グ役場ニ来タレ」上野役場からの令状
> http://www.pref.mie.lg.jp/FUKUSHI/heiwa/shiryou/ …

上記の赤い山形の線が入った書状は、役場に召集実務を行う関係者を集める際か何かに使われた書状かと想像します。召集令状を応召員(召集されて軍隊に行く人を法令ではこう呼ぶ)全員に短時間で交付するためには兵事係だけでなく、役場の他の係の職員や、ときには信頼できる青年団員などを使って手分けして一斉に届けに出たということです。

前掲書『赤紙』61~73頁では、富山県庄下村(当時)の日中戦争勃発直後の1937(昭和12)年7月27日の記録を例に挙げています。午後6時半に予報が入り、役場では関係者を集めます。午後11時前に令状が村役場につき、村長立ち会いで確認。使者が11時10分に応召員のもとへ出発、召集令状を手渡して受領証に捺印させ受領証を持って11時40分に役場に帰着です。こうした時刻は分単位で記録に残し、あとで軍に報告することが決められていたのです。これほど厳格に実施されていたのが召集です。とてもじゃないですが、取りに来いと郵便ハガキで命じるとか、役場が召集令状を封書で送るというものではないと思いませんか? 陸軍召集規則第45条では「(前略)同令状ヲ市町村長ヨリ応召員ニ交付スルニハ急使ヲ用フルモノトス」となっています。

召集を迅速・確実にするためには他にもいろいろ対策がされています。召集される可能性のある在郷軍人(補充兵を含む)の状況は、役場の兵事係が常に把握しておくんです。就職などで本籍地を離れているなら本籍地では <応召員に代わって令状を受け取る人物(成人に限る)をあらかじめ登録> しておきます。召集令状はその代理人に渡すわけです。応召員が転居してなくても、たまたま所用で不在のこともあるでしょう、そういう場合でも必ず責任の取れる成人に令状を手渡すように規則で決められています。そして召集令状と一体になった受領証を切り離し、受領時刻の記入、捺印のあと役場に持ち帰ってしっかりと保存(一定期間後に処分)します。上記のいかなる方法でも召集令状が手渡せない場合は、陸軍召集規則第43条「(前略)適当ノ方法ニ依リ応召員ニモ令状ヲ交付シ又ハ召集ノ旨ヲ伝達ス」とはなっていますが、「適当ノ方法」というのが郵送や電報を意味するのかはわかりません。

> 召集令状在中封書
> http://isokaze.blog75.fc2.com/blog-entry-391.html

この封書で送られた召集令状は、差出人が役場ではなく、役場の担当者から受け取った応召員の代理人が佐賀県の伊万里から東京の大田区池上まで転送したものと私は考えます。宛名が「様」になっていること(この時代に役場が出したのなら「殿」になるのでは)と、赤い山形の線のぎこちなさが民間人の手によるものを思わせるからです。また代理人が召集令状を受領した場合に転送することは陸軍召集規則で記述があり、第18条「(前略)応召員ニ代リ令状ヲ受領シタル者ヨリ召集通報ノ為応召員ニ発送スル郵便物ニハ標示(第六様式)ヲ為スベシ」という様式と一致します。これは召集には応召員が令状を部隊まで持参するのが原則だからです。こうやって郵送するということは本籍地の代理人に会って令状を受け取らずに、直接部隊に向かう場合でしょうか。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/240
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1112389/280

(つづく)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/召集

この回答への補足

ありがとうございます。
wikiの編集、ごくろうさまです。

【入営】現役に編入する壮丁を軍隊に召致すること。また、兵務を勤めるべき場所にはいらせること。補充兵が補欠として現役兵に繰り上げられ軍隊に召致されることもいう。(小学館 大国語辞典)

入営は現役に限られるようですね。

>この封書で送られた召集令状は、差出人が役場ではなく、役場の担当者から受け取った応召員の代理人が佐賀県の伊万里から東京の大田区池上まで転送したものと私は考えます。

正解のようです。
「召集令状を、転送した時に使用した速達封筒の使用例です。」
http://isokaze.blog75.fc2.com/blog-entry-1092.html


日露戦争時は召集令状を郵送していたようです。
一銭五厘ではなく三銭切手です。
「日露戦争・召集令状送付のエンタイア」
http://blogs.yahoo.co.jp/yobnag/25331126.html


「陸軍動員令電報」というのもありました。
【動員令】旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。(小学館 大国語辞典)
「動員令の電報」
http://fumisan822.exblog.jp/11768352


徴兵検査は8月にも実施されていたようです。
「徴兵検査は居留地の東京で昭和14年(1939年)8月に受けた。通常、徴兵検査は4、5月に行なわれており、8月の検査はもっとも遅い時期だった。」
http://www.icom.co.jp/beacon/backnumber/ham_life …
「1941年8月、徴兵検査を受け甲種合格。12月、召集され、中国大陸に出征した。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4% …
「昭和十七(一九四二)年、十七歳の若さで兵役を志願し、八月に徴兵検査を受けたのです。」
http://www.heiwakinen.jp/shiryokan/heiwa/19onket …
「(4)徴兵検査 毎年四月から八月までの間、連隊国司令部徴兵官、軍医によって、各町村を会場に、該当者の厳重な検査が行われました。」
http://www.mboso-etoko.jp/dictionary/article.php …

補足日時:2013/02/12 11:38
    • good
    • 0

まだ締め切ってないので、また書きます。

質問者自身かどうかはわからないけど、誰か1人か2人はこれを読むかもしれないし・・・。

『日本陸軍がよくわかる事典』(PHP文庫 2003年10月21日 第1版第5刷 ISBN4-569-57764-4)という本を、先日たまたま読みました。その142ページにこんなことが書いてあります。

(以下引用)> 田舎などでは役場の兵事係がピンク色の召集令状を配って歩いた。そして受領印を押させた。対象者の多い都会では、一銭五厘の郵便ハガキで召集令状を受け取りに来いというハガキを出すこともあった。ハガキを持っていくと、やはり受領印を押させて令状をもらった。<(引用終わり)

この文をそのまま信用するならば、一部でハガキによる通知はあったようだし、そのハガキが今回の質問である「入営通知書」なのかもしれないということになります。 ただねぇ、ちょっとこの本もねぇ。私がざっと目を通したところ、何か変だな怪しいなと思う点が10や20どころの話じゃないですね。著者は“太平洋戦争研究会”となっていて、実際の執筆者はそのメンバーである森山康平という1942年生まれの人物ただ一人のようです。「事典」とは銘打ってますが、文体からしても情報の種類からしても随筆みたいなもんで、雑誌記者あがりだという初老のオッサンが勢いで書き飛ばしているのは明白で、どれだけ資料で裏を取ったのかはわかりません。

引用した部分だけをみても「ハガキで召集令状を受け取りに来いというハガキを出す」なんて、国語の先生なら迷わず減点するような悪文そのものです。まともな本を作る人たちなら、こんなのは編集者か筆者が校正のときに直さないのは恥です。それをノーチェックで本にしてしまうような、やっつけ仕事の「事典」にはこう書いてある、というのを発見したので参考までにお知らせします。


それにしても質問にある映画の中の封書での「入営通知」や、補足で書かれた平岡公威さん(筆名:三島由紀夫)が受け取ったという電報の「入営通知」の説明にはなりませんね。好意的に解釈すれば、ハガキか封書か電報かは役場の担当者の判断に任され、いろいろな方法があったのかもしれません。しかしながら、映画の描写は嘘っぱちかもしれないし、電報の「入営通知書」は公的なものではなく、親族からの私的な通知であるかもしれない(これは現物を見たいもんです)という可能性もまだあると思います。補足で挙げられたもうひとつの例、北海道の郵便局員が自分宛のハガキの「入営通知書」を受け取った話は、私もNo.2の回答の前に見てます。だって「入営通知書」でネット検索すればすぐに出てくる日本の例はこれと合わせても1つ2つぐらいしかありませんから。あとはほとんどキムだのパクだの日本じゃない国の話ばかり。だからこそ私はネットで出てくるお爺さんの思い出話は、ハガキの「入営通知書」のソースとしてはやや弱いと書いたんです。「召集」じゃなくて「招集」という初歩的な誤変換を放置してあるレベルのサイトですし、日記を書いている人ならわかってもらえると思うんですが、忙しくて書けなかった数日前のぶんを記憶だけで書くことあるでしょ、あとでチェックしてみるとほんの数日前のことでも記憶だけに頼るといいかげんな事を書いていて、事実と食い違っていたなんてよくありますよ。悪意ではない勘違いですよね。

ここまで書いて「なんだこいつ、あれも信用できない、これも嘘かもしれないとネガティブな回答ばかり」と思われるかもしれません。しょうがないんですよ。ともかく日本の軍隊に関して戦後の日本では、変なイデオロギーのせいで情報が歪みまくりましたから。軍隊(とくに陸軍)を非人道的な存在の典型にしないと世間が許さないという風潮なんで、イメージでいいかげんなことを書き散らす人が多すぎるんですよね。それで私はどうしても慎重になります。yoshinobu_09 さんは他の質問を見ても日本の軍隊の制度的なものに興味を持たれているようですが、私の場合、趣味のひとつに戦前・戦中のナマの文献を読むというのがあります。たいしたことをしてるわけじゃなく、国会図書館の近代デジタルライブラリーで読めるものを読む、アジア歴史資料センターで読める法令、公文書などに目を通すということをしてるだけです。知りたいことが必ず出ているわけではないし(むしろ無いことが多い)、法令などは大変に読みづらいもので根気が必要ですけどね。ただ、ナマの歪められていない資料に慣れてくると、ネットの雑文とか金儲け主義の書籍とかが胡散臭いものに思えてくることもしばしばです。

http://kindai.ndl.go.jp/
http://www.jacar.go.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
貴方のようなこだわりを持つ方は大変貴重と存じます。
映画の件は原作にあたる必要がありそうです。
もしかしたら「入営通知書」という公的書類はなく、
召集令状在中の封書のことを指すのかもしれません。

「一銭五厘の郵便ハガキで召集令状を受け取りに来いというハガキ」
たしかに怪しいですね。
昭和12年4月1日に郵便ハガキは二銭に値上がりしています。
支那事変が同年7月ですから、一銭五厘の時代には対象者はそんなに
多くはいないと思いますが。

次のようなものがありました。
「召集アリ直グ役場ニ来タレ」上野役場からの令状
http://www.pref.mie.lg.jp/FUKUSHI/heiwa/shiryou/ …

青紙は郵送されたものもあったようです。
http://blog.goo.ne.jp/nagoya-jp/e/ff4c19c1ed95a1 …
http://katarazuni.blog20.fc2.com/blog-category-3 …

召集令状在中封書
http://isokaze.blog75.fc2.com/blog-entry-391.html
兵事(事務)はがき一銭五厘
http://isokaze.blog75.fc2.com/blog-entry-390.html

お礼日時:2012/12/25 22:21

> 入営通知書というのは郵送で、ハガキか封書


> (映画「戦争と人間」)だったようです。

それって本当に正確な事実なんですか? ソースはその映画だけですか? だったらちょっと怪しいのでは? 調べてみると映画『戦争と人間』は第一部でも1970年公開で第二次大戦終了から25年も経ってますね。脚本を書いた山田信夫は終戦時13歳、軍隊経験者ではないでしょう。監督の山本薩夫は軍隊経験がありますが当該映画の製作時は60歳前後、どれだけ正しく戦争中のことを記憶しているでしょう(まして山本薩夫は思想面からも正確中立な描写ができるか疑問であるというのが私の個人的意見)。

「入営通知書」なる物の存在が疑問です。ネット上で調べてみた限りでは日本の軍隊関係ではほとんど出てきません、「入営命令書」ならあったようです。どうも「入営命令書」というのは“現役兵”が徴集されて入営するときの書類のようです。
http://www.pref.aichi.jp/kenmin-soumu/chosakai/t …

召集令状(いわゆる「赤紙」は何種類かある召集令状のうちの一部)は“予備役兵”(現役兵の務めを満了して民間に戻っていた者)、“後備役兵”(予備役の期間を終えた者、1941年に後備役は無くなり予備役の期間がそのぶん長くなった)、“補充兵”(現役兵の務めを経験していない者)たちが受けるものです。“現役兵”として入営する者は召集ではないので「赤紙」は無関係ですよね。

日本の徴兵制度は20歳の男子、詳しく書くと前年12月1日から当年11月30日までに満20歳になる者のうち、すでに志願により軍籍にある者(志願兵や軍学校の生徒)と上級の学校に進学し最大27歳まで徴兵が猶予される者(この猶予をされなくなったのが、いわゆる「学徒出陣」)などを除いた全員が指定された日時と場所で徴兵検査を受けることになってました。検査は町村、あるいは区単位で4月16日から7月31日の間に行われ、甲種、乙種、丙種の合格者と丁種(何らかの障害がある者)、戊種(検査時に疾病や怪我などのため翌年以降に再検査を要する者)に分けられました。そして大きな戦争がなかった昭和初期などは、甲種合格者のうちから抽籤で当たった少数が“現役兵”として入営しました。1937年(昭和12年)に日中戦争が始まる前までは、徴兵検査を受けた総員の15%程度(甲種合格者の約半数)しか“現役兵”にならなかったそうです。残りは“補充兵”になります。

そして“現役兵”に指定された者には「現役兵証書」というのが届けられます。徴兵検査が4月半ばから7月の間で、「現役兵証書」は9月ごろに届けられ、そこには入営の日時と場所が記されています。軍の事情で12月1日から翌年の春にかけての任意の日だったようですが日中戦争前までの陸軍では1月10日というケースがよくあったようです。この「現役兵証書」も現物写真を見ると右側がミシン目になっていて切り取られたようなので、臨時召集令状(「赤紙」)と同じく本人または近親者に手渡しをして、押印の受領証部分を担当者(役場の兵事係?)が持ち帰った可能性があります。少なくともハガキのようなものではありませんね。
http://www.library.pref.nara.jp/sentai/gallery00 …

“現役兵”に指定されなかった“補充兵”(“第一補充兵”と“第二補充兵”)にも「補充兵証書」が届けられます。やはり右側がミシン目になっていて切り取られたようにも見えます。
http://www.library.pref.nara.jp/sentai/gallery00 …

こうした「現役兵証書」や「補充兵証書」は文献でも確認することができます。けれども私が探してみたところでは「入営命令書」に関する文献はわかりませんでした。ここから先は私の想像なので正しい回答かどうかは確かではありませんが、「入営命令書」とは「現役兵証書」が終戦間近になって、その名称を変えたのかもしれません。なぜなら1944年(昭和19年)ごろの戦争末期には徴兵検査を受けた者のうち“現役兵”となる比率が約90%にまでなったというからです(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/ …)。そこまで現役兵が増えると、わざわざ「現役兵証書」とするより「入営命令書」という形式にしたほうが話が早いですから。現物の写真がある「入営命令書」も昭和20年のものです。そしてそれが郵送されたかどうかは積極的に否定するだけの材料を持ちあわせていませんけれども、私はマユツバだと考えます。こういっては失礼ですが、お爺さんの思い出話といったサイトは(読み物としては面白く私も好きなほうですが)史実を正確に伝えているかという点で信用に値するものは少ないのではないでしょうか。

参考URL:http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438251

この回答への補足

詳細な解説ありがとうございます。
映画を再見しました。
受け取ったのは二十歳そこそこの勤労青年(天涯孤独の身)で、
時は南京陥落直後、昭和12年12月ぐらい、封書
表「公用 速達 切手2枚貼 東京都XX ○○様 入営通知在中」
裏「仙台市役所兵事課」とあります。
徴兵検査を受けた場所と離れたところに居住している場合は、
入営通知を郵送したのかもしれません。
入営通知とは、たぶん召集令状のことでしょう。
昭和20年ですが三島由紀夫は、群馬の工場で勤労動員されているときに、入営通知を電報で受け取っています。徴兵検査を受けたのは本籍のあった兵庫県でした。
この入営通知は残っているようです。
http://www.mishimayukio.jp/floorguide.html
ハガキや電報では、入営手続きに必要な召集令状がないので、どうしたのか気になります。

一方で、下記のサイトでは、
http://www.asahi-net.or.jp/~id1m-ssk/
「郵便葉書から区分に取り掛かって間もなく、私宛の葉書に目が止まった。それは紛れもなく私への入営通知書で、一瞬息の詰まる思いであった。愈々俺にも来たかと声にもならぬ呟きをしながら、入営通知書を胸のうちポケットに入れ区分を続けた。」
「自宅から出勤した村上局長に、入営通知書を差し出し、入営通知があった旨を報告した。」
と具体的です。郵便局員が、自分あての郵便物を間違えて記憶するとも思えません。
入営まで1と月以上あることから、召集令状の先触れのようなものではないかと想像します。

補足日時:2012/12/09 05:41
    • good
    • 1

 召集令状は、あなたが書かれた通りの手順ですが、



 兵事係が届けることができない外地、たとえば満洲、台湾、南洋などへは、入営通知を郵送で送ることになっていました。

参考URL:http://www.sakado-gr.org/sensou-taiken/taiken/11 …

この回答への補足

参考URLには
「現役兵入隊通知書受領」とありますね。
そんなものがあったのでしょうか?


赤紙、召集令状は、役場の兵事係が
本人に手渡していた。栃木県郵便史の
著者、塚田保美さんが教えてくれました。
 その上で、赤紙と同じく、入営通知書が
あり、こちらは一銭五厘の郵便はがきだったと
指摘されました。
http://cc9.easymyweb.jp/member/hanadomannaka/def …

こちらの人は北海道で入営通知書をはがきで受け取っています。
http://www.asahi-net.or.jp/~id1m-ssk/

映画「戦争と人間」では、入営通知書を東京で封書で受け取っています。

補足日時:2012/12/08 22:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争に行かなくて済んだ人達って?

昭和10年代後半、大学生でさえ召集されたあの時代に五体満足で健康な20~30代の男子で
戦争に行かなくて済んだのはどんな人達なんでしょうか?
わざと徴兵回避して村八分になった人達を除いて召集されなくても
堂々としていられた人達の場合です

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年度に作成し、予め警察署に保管、動員令が下令されると発行するものです。
 また、中央とは別に、その地区を管轄とする師団から、戦死、戦傷、戦病などの要員で人員の不足があった場合、管轄地域で召集令状を発行しました。
 これを、臨時召集令状と言い、師団毎に随時作成されています。
 比率から言えば、日中戦争勃発後、後者の令状が多く発行されています。

 この発行の基礎資料になったのが、各市町村役場の兵事課から提出された在郷軍人名簿です。
 これには軍隊の経歴、召集回数、健康程度、家族関係、思想関係、治癒見込(病気の場合)などが記述され、このほか体格等位に徴兵検査の結果を記入、役種に兵役種類が記入され、更に特・分業、特有の技能が記入されています。

 充員召集令状を発行する場合、特・分業、特有の技能に注目し、中央が作成した動員計画の必要技能召集する部隊の練度、任務の軽重なども勘案して、召集を決定します。
 他に、体格等位、健康程度などを重視して必要兵を抽出していきます。
 海軍の場合は、更に思想関係も重要視されたようです。

 さて、召集記録の欄の末尾に「召集延期者」略して「召延」という朱印が押されると、召集対象外となり、召集令状は来ることがありませんでした。
 これには甲、乙と二つの区分があり、甲は絶対召集しない人、乙は人がいない時に初めて召集対象となる人です。
 この召集延期の制度は昭和2年から開始され、制度が年ごとに拡大していっています。
 ちなみに、この規定は、陸軍動員計画令(永年動員計画令)に記載されたものです。

 例えば、1943年当時の戦時召集延期者は以下の通りです。

1.侍従、侍医、東宮傅育官、皇宮警察官吏、皇宮警察部消防夫
2.陸海軍部隊に在職し余人を以て代うべからざる者、及び特種の雇用人、工員にして必要欠くべからざる者
3.鉄道又は通信業務に従事し、必要欠くべからざる者(一般国民対象)
4.船舶(50t以上のもの)乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
5.民間航空乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
6.国土防衛に直接関与する業務に従事し必要欠くべからざる者
7.陸軍大臣の指定する工場又は事業上に従事し必要欠くべからざる者(一般国民対象)
8.都道府県、地方事務所、警察署、市区町村の官公吏にして兵事事務を主管する者各一名(一般国民対象)
9.帝国外の地に於いて執務を執行する帝国官吏中、必要なる者、並びに外地最高司令官、朝鮮台湾軍管区司令官
10.帝国議会の議員
11.国民学校教員中必要なる者(一般国民対象)
12.上記の外、国歌総力戦遂行の為に緊要なる業務に従事する者にして、必要欠くべからざる者

 つまり、一般人は輸送、通信関係の職員、陸軍大臣指定工場技術者、兵事係などの召集業務担当者が全面的に免れ、教師も一部が召集対象から外れています。
 また工場の熟練労働者も対象となっています。
 但し、工場などに於いてその選出は各工場に任されていた為、工場幹部の親戚が事務屋として入っていて、召集延期者として選出させた事例もあります。
 この場合は、発覚すると即座に召集されるようになっていました。

 1944年からは、臨時召集延期制度が始まります。
これは、航空機工場、特に重点機種(疾風とか飛燕とか言った戦闘機、飛龍などの爆撃機)の生産従事者は全員この対象となって、召集を延期されています。
 また、これ以外の航空機生産従事者、交通関係従事者、鉱山技師、炭坑夫、造船関係従事者、特攻兵器製造従事者は、例え徴兵検査で入営することが決まっていても、一定期間その入営を延期する「入営延期制度」対象者となっています。
 この制度も1944年から開始されています。

 これより先、1943年3月からは、既に入営した人で、軍需生産に必要な人でなおかつ、「軍の統率、団結、軍の士気上差支えなき範囲内に於いて」召集解除し、職場に復帰させると言う「特別召集解除制度」がありました。

 また、本土の食糧不足が深刻化していた1945年には、根刮ぎ動員があった反面、「召集要考慮制度」というもので、軍需生産だけでなく、農林水産業従事者も対象にしています。

 これらの総数がどれくらいあったかと言うと、召集延期制度が、1941年には10万人程度だったのが、1945年には85万人、臨時召集延期制度は不明、入営延期制度は、1944年で20万人、1945年で6万人、特別召集解除制度は1943~45年で4。3万人、召集要考慮制度は160万人が対象となっています。
 戦時中の在郷軍人数は約500万人、召集要考慮制度を除くと、総数で115万人以上に上っています。
 また、充員召集計画で召集令状を発行されていたのに、その充員召集計画自体が取りやめとなった為、結果的に召集されなかった人も多かったようです。(眠い人 ◆gQikaJHtf2)

うちの母方の祖父。福井出身で戦争当時大阪にいた。
薬剤師だったので徴兵されずに済んでいた。(戦局が悪くなっても製薬する人が内地に必要だったので)

 休みの度に薬をたくさん持って福井に帰り、薬を配って換わりに越前米をもらう。
 ↓
 福井から船でまだ稲作技術が発達していない北海道へ渡る。
 ↓
 米を売ってお金に換えて大阪に戻る。

と、いうのを延々とやっていたそうです。(生活板)

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年...続きを読む

Q現役と補充兵

こんにちは。
大岡昇平さんの本を読んでいますと、普通に当時の言葉が出てきて、事情に疎い私にはなかなか大変です。
(ニッパハウスとかニッパ小屋とか、ネットで調べました・・・)

陸軍で、士官ではなく、一般人が入隊する場合、

現役→徴兵検査を受けて、すぐ召集されて軍に入った人(若い人)

補充兵→徴兵検査を受けてはいるが召集されていなかった人が、後から召集、戦地に送られた

かな?? と思ったのですが、今ひとつよく分かりません。
概要を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦前の日本人男性は、原則として全員が20歳になると徴兵検査を受けました。その結果として、No1さんが言われるように
甲種、乙種、丙種、丁種、戊種
と区分されました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E6%A4%9C%E6%9F%BB

なお、甲種であっても全員が現役に服するわけではありません。甲種の中からさらに抽籤された人が現役兵として陸軍は2年、海軍は3年の現役に服しました。甲種だが現役兵に選ばれなかった人、乙種以下の人は、戦争などが起きなければ一生軍隊とは無縁に過ごすことになります。

注意して頂きたいのは、甲種合格、さらに現役兵として徴兵されると、2年の兵役を終えて予備役となる際には、たいていは陸軍上等兵、成績の良い人は陸軍伍長の階級を得ることです。このような人が戦争の勃発などで召集された場合、上等兵または伍長として再スタートすることになります。

ところが、支那事変、大東亜戦争と戦争が激しくなるにつれ、過去に徴兵検査を受けたが現役兵として入営しなかった
「甲種だが現役兵に選ばれなかった人、乙種以下の人」
が、「臨時召集令状」(いわゆる赤紙)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AC%E9%9B%86%E4%BB%A4%E7%8A%B6
を受けて、例えば30代で入営することになりました。
この場合、年齢や社会での地位にかかわらず、「二等兵」から始まります。そして、例えば21歳の上等兵から奴隷のように酷使されることになりました。これについては、こういう哀れな境遇の二等兵のことを「補充兵」と呼びました。大岡昇平氏の本はそういう視点で読んで下さい。

「アーロン収容所」という本がありますが、この本を書いた会田雄次氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%94%B0%E9%9B%84%E6%AC%A1
は、1916年生まれで1936年(昭和11年)に徴兵検査を受け、入営せずにそのまま大学生活を送り、1943年に27歳で臨時召集令状を受けて陸軍に二等兵として入営し、典型的な「補充兵」としてビルマに送られ、インパール作戦に動員されて餓死するような悲運は逃れたものの、イギリス軍の攻勢に曝されて戦死か餓死する寸前で日本が降伏し、イギリス軍の捕虜となりました。

自らが補充兵であった会田氏によりますと、食事も休息も全てが最後で、全ての雑用をこなさねばならない補充兵は、年齢による体力の衰えもあり、補給が途絶えた戦争末期には、敵弾に倒れる前に真っ先に栄養失調で死んで行ったそうです。もちろん、爆雷を抱いて敵戦車への体当たりを命じられるのも、最下級の補充兵が一番最初です。

「ビルマから生きて帰った補充兵はほとんどいないはず」
と会田氏の本に書いてあると記憶します。

戦前の日本人男性は、原則として全員が20歳になると徴兵検査を受けました。その結果として、No1さんが言われるように
甲種、乙種、丙種、丁種、戊種
と区分されました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E6%A4%9C%E6%9F%BB

なお、甲種であっても全員が現役に服するわけではありません。甲種の中からさらに抽籤された人が現役兵として陸軍は2年、海軍は3年の現役に服しました。甲種だが現役兵に選ばれなかった人、乙種以下の人は、戦争などが起きなければ一生軍隊とは無縁に過ごすことに...続きを読む

Q終戦後の、旧日本軍の軍人

旧日本軍の軍人

志願して採用され、職業軍人となった人
令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人

大きく分けて、この二種類でOKですか?

また、太平洋戦争以前からの職業軍人の人達は、ずっと軍からの給料で生計を立てていたと思いますが、終戦後の処遇はどうなったのでしょうか?

Aベストアンサー

ズサンすぎると思います。質問者ならびに他の回答者の認識が。

まず質問者が、軍人とは「志願して採用され、職業軍人となった人」「令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人」に二分してOKかとの問いに、誰も訂正をしていない。ひどいもんです。旧日本軍の場合、一般社会から軍人になるのは「志願・徴集・召集」です。多くの人が漠然と考えている徴兵制とは「生まれてからずっと軍隊とはまったく無縁に暮らしていたら、ある日突然“アカガミ”によって“召集”されて兵隊になって戦地まで行ってしまう」とでもいうものでしょうかね。それって、ちょっと問題があります。

軍隊のことをウンヌンする場合には、たとえ戦争中の話題であっても、まず戦争のない平時の仕組みから知っておかないと大抵は結果として大きな間違いになる、と私は断言します。古今東西、どこの軍隊も基本は平時です。その基本のうえに戦時・有事という応用が問われるのです。これから長々と書いていきます。

“徴兵検査”ぐらいは聞いたことがあるでしょう。原則として前年12月1日から当年11月30日までに満20歳になる男子が、春から夏にかけての時期に身体検査(簡単な知能の検査もあるらしいが、この点は私もまだ不勉強)により甲乙丙などと判定されるわけです。その判定とさらにクジで順番が決められて、それによって“現役”、“補充兵役”などに分けられ、“現役”の者が数ヶ月後に予定どおり(強制的といえるでしょう)軍隊に入ります。これを“徴集”といいます。これが兵隊の基本中の基本なんです。“召集”じゃありません。この“徴集”はアカガミなんか一切関係ありません。明治時代に徴兵制が始まってから昭和20(1945)年に軍隊が無くなるまで、平時も戦時もこの“徴集”はありました(末期には年齢が19歳に下がり、身体検査の時期も変わることがありました)。

少し前の文で“現役”と書きました。この“現役”というのは非常に重要なキーワードです。軍隊について無知な人(つまり現代日本人の大多数、あなたも私も)が漠然とイメージする「軍人」とはこの“現役”の軍人だろうと思います。ところが“現役”でない者も結構いるんです。まず軍隊の下っ端である兵隊は何年も“現役”をやっていられません。上で書いた“徴集”で入った兵隊は何年かすれば除隊といって軍隊からシャバに出られます。そうして“予備役”になります。乱暴に今流の表現をすると「軍人OB」とでもいうようなもの。

志願で入った兵隊はふつう“現役”ですが、たとえ軍隊が好きで志願したとしても数年しか兵隊はできません。どうしても軍隊にいたいなら、“現役”下士官を志願して教育を受け採用されれば下士官になります。下士官からは「武官」で、本物の軍人はここからといって良いでしょう。

ところが日本軍の場合、下士官もいつまでも無条件で“現役”でいられるわけでもないのです。数年ごとに再志願というのをして、軍隊の予算とか本人の勤務評定などをクリアして受け入れられれば“現役”の下士官を続けていられます。下手すれば再志願が通らず「お疲れさん」で軍隊を出てシャバで仕事を探すことになります。“予備役”です。ですから「職業軍人」を考える場合に、日本軍の場合はやや不安定な立場の下士官を含めるかどうか議論の余地のあるところです。

将校の場合(軍医なども含めます)、陸軍士官学校などで学んだ“現役”将校なら、まさに
「職業軍人」です。ですが、将校においてさえ“現役”(すなわち「職業軍人」)であり続けることは今の我々が考えるほど容易ではなかっただろう、というのが私の見解です。昔の栄養・衛生事情は悪く、結核をはじめ身体を壊したりするリスクは現代よりはるかに高い、なのに軍隊が求める健康な身体は一般社会よりもレベルが上でしょう。それに将校だって勤務評定を受けます。エライ人に昇進する枠は少ないのです、のんべんだらりと低い階級のまま軍隊にいてもらっては困るのです。将校だっていつ「お疲れさん」と軍隊を出され“予備役”になるかわからない、ということです。“予備役”将校はもう「職業軍人」ではありません。

話は変わりますが“召集”というのは、有事に軍人の数を増やしたい場合やその他(教育のため等々)により“予備役”や、ときとして“補充兵役”の者を軍隊に入れる事です。本当は“現役”のほうが質が高いのだけれど、戦争などでは贅沢を言ってられませんから「臨時」に“予備役”などの人を使うのが“召集”です(あまりにも多くの人が“召集”をすでに述べた“徴集”と混同しています。それが腹立たしいので私はわざわざこんな長文を書いています)。それから既回答の中に「幹部候補生志願して、職業軍人となり・・」というのは、普通ありません。幹部候補生は”予備役”の将校・下士官コースですから「職業軍人」にはなりません(さらに教育を受け転役すれば“現役”ですが、極めて稀な事)。太平洋戦争のような大きな戦争では兵隊も多いし、下士官も増え、将校だって何千人にもなったでしょうが、実は「職業軍人」というのは思ったほど多くはないのです。このへんの事は私が執筆したWikipediaの『幹部候補生 (日本軍)』というのを読んでみてください。

ところで、軍人の定年というのは一般社会より早いものです。運良く健康でクビにならずにいても、エラい階級にならないかぎり早ければ40代から定年がやって来ます。

以上の事を総合すると、たとえ「職業軍人」といっても人生の中で第二、第三の商売をする覚悟を持っているのが普通であったでしょう。これが平時の基本の話です。それを十分に理解してから、初めて「戦争でどうだった」「終戦になってどうした」ということをウンヌンしなければおかしいということです。

最後の最後に質問に対する私の答えとして、「職業軍人」の終戦後の処遇は一般的にいって決して優遇はされなかっただろうと思います。「公職追放」というものもありました。ただ、戦争犯罪人でもなければ、投獄されたりするようなことはないので「職業軍人」ではなかった圧倒的多数の元兵隊や、予備役からの人と同じような普通の厳しい人生だったのではないでしょうか。

終戦からいくらか経ちますが自衛隊(最初は警察予備隊)ができてからは、「公職追放」が解除された元「職業軍人」の中には、適正もあったし、もともと嫌いな道ではなかったでしょうから自衛隊に入隊した人もかなりいます。初期の自衛隊のエライ人は大部分が陸軍士官学校、海軍兵学校など出身の元「職業軍人」といえます。もし本当に興味があったら、比留間弘さんという方の著作を探して読んでみると面白いですよ。もうお亡くなりになっているようですが、陸軍士官学校を出た現役将校でビルマ戦線で苦労したあと終戦になり、戦後はヤミ同然の商売から雑貨屋を始め、公職追放解除後に陸上自衛隊に入った人生を非常に楽しい文章で何冊かの著作にされています。検索すればamazonなどでもザクザク出てきますし、運が良ければ図書館にあります。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/幹部候補生_(日本軍)

ズサンすぎると思います。質問者ならびに他の回答者の認識が。

まず質問者が、軍人とは「志願して採用され、職業軍人となった人」「令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人」に二分してOKかとの問いに、誰も訂正をしていない。ひどいもんです。旧日本軍の場合、一般社会から軍人になるのは「志願・徴集・召集」です。多くの人が漠然と考えている徴兵制とは「生まれてからずっと軍隊とはまったく無縁に暮らしていたら、ある日突然“アカガミ”によって“召集”されて兵隊になって戦地まで行ってしまう」とでも...続きを読む

Q旧日本軍の部隊の配属について

第二次世界大戦において、
最終的に旧日本軍が「赤紙」と呼ばれる召集令状を送り、
徴兵を行ったことは一般的な知識として知っていますが、
その後、徴兵された兵隊はどのような基準で部隊に配属
されたのでしょうか?

私の聞いた話では、出身県や地域別に配属になった、と言う
話も聞いたので、例えば召集がかかり、故郷から戦地に行き、
そのまま同郷の(気心の知れた)仲間たちとともに戦うことが
出来たのでしょうか?

もしわかる方がいらっしゃれば教えてくださればうれしいです。

Aベストアンサー

> 徴兵された兵隊はどのような基準で部隊に配属
されたのでしょうか?

 陸軍と海軍に分けて簡単にお答えします。

 陸軍の場合、基本として各地域ごとに「常備団隊」を設け、「師団単位」で駐屯し、徴兵・召集兵は「連隊単位」で受け入れました。

 「第二次世界大戦」において、という設定ですから一番近い1940年度の常備団隊配置表の一部をしめすと

 第2師団  = 歩兵第4連隊(仙台) 歩兵第16連隊(新発田) 歩兵第29連隊(若松) 野砲兵第2連隊(仙台) 輜重兵第2連隊(仙台)

 というように各郷土ごとに分かれており、いわゆる郷土部隊の性格を持っていました。

 しかし、師団以外の部隊、例えば「航空」「船舶」「鉄道」「戦車」などの部隊は地域関係なく徴集しました。例えば当時の国鉄に勤務する機関士や民間航空会社のパイロットなどは優先して鉄道部隊や航空部隊に召集する必要があったからそうなったわけです。

 さらに師団でも満洲・朝鮮・台湾で編成された師団の場合もいわゆる全国区からの徴集でした。

 海軍の場合は、基本として各鎮守府(佐世保・呉・舞鶴・横須賀)ごとにその周辺地域から徴集しました。たとえば岡山の人は呉鎮守府から徴集され、呉海兵団に入団し訓練を受けたわけです。


 補足ですが、回答No.2の方の

>ビルマでは「8連隊」こと「安(やす)兵団」とも一緒に行動したようです。東北や九州出身者の「菊兵団」「狼兵団」などは強かったそうです。

 についていうと、「8連隊」は「安(やす)」ではなく「淀(よど)」が正しい。また8連隊(第4師団に所属)は大阪の連隊で、「安」(第53師団)は京都の部隊。「菊兵団」は久留米などの北部九州出身者からなる師団。「狼兵団」は朝鮮の京城(龍山)に司令部があった師団で、やはり北部九州出身者が多数を占めていました。したがって東北とは関係がありません。


 
 

> 徴兵された兵隊はどのような基準で部隊に配属
されたのでしょうか?

 陸軍と海軍に分けて簡単にお答えします。

 陸軍の場合、基本として各地域ごとに「常備団隊」を設け、「師団単位」で駐屯し、徴兵・召集兵は「連隊単位」で受け入れました。

 「第二次世界大戦」において、という設定ですから一番近い1940年度の常備団隊配置表の一部をしめすと

 第2師団  = 歩兵第4連隊(仙台) 歩兵第16連隊(新発田) 歩兵第29連隊(若松) 野砲兵第2連隊(仙台) 輜重兵第2連隊(...続きを読む

Q第二次世界大戦の日本兵の死亡率

あの戦争で何人の日本兵が戦地に赴き、そのうち何パーセントぐらいが帰還したのでしょうか。ご存知の方、宜しくご教授ください。
(出典も教えて頂ければ幸いです〉

Aベストアンサー

戦死者数は130万人を超えるとされていますが(原朗「戦時統制経済の開始」『岩波講座日本歴史20』近代7)、単なる戦死というより、日本軍は飢餓とも戦っていました。これこそ無謀な戦争といえる現実でした。

NHK取材班編 太平洋戦争 日本の敗因2「ガダルカナル 学ばざる軍隊」(角川文庫)
>アメリカ軍は結局この日本軍の撤退の動きにまったく気がつかず、奇跡的な成功だったといわれる。これは『戦争叢書・南太平洋陸軍作戦2』によれば、1万0665人であった。これはガダルカナルに上陸した総人員3万1358人のおよそ三分の一であった。戦死・行方不明は合わせて2万1138人、そのうち戦闘で死亡した兵士は5000人ほどと推定され、残りの1万5000人以上が飢えと病に倒れたのであった。
 
 精神論だけで勝とうとする日本軍の指導者について以下のように記載してあります。
 >またアルビン・クックス教授は、このノモンハン事件(死傷率70%)の失敗が太平洋戦争でも繰り返されたもう一つの大きな点は、事件の指導者(辻正信、服部卓四郎)が責任も取らずに再び太平洋戦争も指揮したことにあるとしている。

インパール作戦でも半数は補給作戦もなく、飢えと病で死んでいます。NHK取材班「責任なき戦場 インパール」(角川文庫)

 
 

戦死者数は130万人を超えるとされていますが(原朗「戦時統制経済の開始」『岩波講座日本歴史20』近代7)、単なる戦死というより、日本軍は飢餓とも戦っていました。これこそ無謀な戦争といえる現実でした。

NHK取材班編 太平洋戦争 日本の敗因2「ガダルカナル 学ばざる軍隊」(角川文庫)
>アメリカ軍は結局この日本軍の撤退の動きにまったく気がつかず、奇跡的な成功だったといわれる。これは『戦争叢書・南太平洋陸軍作戦2』によれば、1万0665人であった。これはガダルカナルに上陸した総人員3...続きを読む

Q太平洋戦争中に街で見かける男性たち

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われます。

考えれば、あの戦争中でも男性が必要となる職場が多くあったように思います。 たとえば鉄道関係者、警察官、消防士、医師、自治体の公務員、電気・ガス会社の社員、あるいは建設関係 ・・・ などなど、女性だけでは運営出来ないと思うのですが、これらの男性たちには徴兵義務が免除されていたのでしょうか? 

それとも、形だけ一旦徴兵に取られてどこかの軍部に属し、その後に 「派遣」 という形でまた元の職場で以前同様の仕事を続ける、そして家から通う ・・・ こんな制度だったのでしょうか? たしか軍艦を建造する造船所の技師や職工はそんな身分になっていたと、どこかで聞いた覚えがあるのですが、ハッキリしません。

もしそうなら、そんなラッキーな職業には具体的にどんなものがあったのでしょうか?

健康上の問題で徴兵が免除された人は除くとします。

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われま...続きを読む

Aベストアンサー

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えなどということもあったでしょうが、45年には徴兵検査を受けた者の9割が実際に動員されたということですから、それほど多い事例ではなかったと思います。
むしろ、金持ちの子弟は、高学歴ですし、働く場所も親の力などで選べますから、軍属名目の勤務先に勤めたり軍関係の仕事に従事したり、満州国政府に勤めるとか、ということで結果的に徴兵逃れが出来たケースが多かったのではないでしょうか。

アメリカではこれが結構多くて、大統領選挙の時の経歴で問題になったりしますよね。徴兵逃れのため州兵の、しかも空軍(一番戦場に行かないポジション)に親の力で入隊するとか、カナダに移住しちゃうとか。

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えな...続きを読む

Q旧日本軍の「主計科」について

私の大叔父の話しなのですが、太平洋戦争で昭和19年9月に台湾沖のバシー海峡で満州からの輸送船が沈められ戦死をしました。
香川県小豆島出身なので、香川県庁に兵籍簿を取り寄せるべく交渉したのですが、県の情報公開条例で3親等以内の血族が居ないため、兵籍簿は存在するのですが、取り寄せるのは不可能のようでした。
そこで以下が質問です。

1、大叔父は大正4年生まれで、最初は満州独立守備隊として出征して行ったのですが(年代は不明ですが写真が残っておりました)、最後は陸軍主計少尉として南方方面に向かう途中に亡くなっています。
自分なりに調べてみると、主計科というのは基本的に「陸軍経理学校」を卒業するのが常らしいのですが、大叔父は頭は抜群によかったらしいので(尋常高等小学校卒ですが)、最初は二等兵として満州に出征していたけど、その後、上官に見込まれて「陸軍経理学校」を卒業したと考えるのが自然でしょうか?
または、主計科の兵隊になるには別の方法もあったのでしょうか?

2、そもそも主計科の兵隊というのは、どのような任務をしていたのでしょうか?


詳しい方がおられましたら、ご教示頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

私の大叔父の話しなのですが、太平洋戦争で昭和19年9月に台湾沖のバシー海峡で満州からの輸送船が沈められ戦死をしました。
香川県小豆島出身なので、香川県庁に兵籍簿を取り寄せるべく交渉したのですが、県の情報公開条例で3親等以内の血族が居ないため、兵籍簿は存在するのですが、取り寄せるのは不可能のようでした。
そこで以下が質問です。

1、大叔父は大正4年生まれで、最初は満州独立守備隊として出征して行ったのですが(年代は不明ですが写真が残っておりました)、最後は陸軍主計少尉として...続きを読む

Aベストアンサー

旧陸軍の主計(経理)将校 になる道には
 
1、陸軍経理学校:「陸軍主計候補生制度」 明治36年から大正11年までの制度。

2、陸軍経理学校:「陸軍経理部士官候補生」 昭和11年~終戦まで 旧制中学卒業または4年在学中に選抜試験に合格入校し、予科、本科、見習士官勤務をへて現役主計少尉に任官するもの。卒業時はおおむね二十歳。

3、陸軍経理学校:「普通科学生制度」 大正10年~昭和2年 一般兵科将校を転科させて編入する。

4、陸軍経理学校:「陸軍経理部委託生制度」(丙種) 昭和10年~20年 大学生在学中より選抜し卒業後短期教育によって任官。

5、陸軍経理学校:「経理部幹部候補生制度」 昭和13年~終戦まで 初年兵で入営後約3か月後、選抜試験をへて入校。約1年間教育し卒業後予備役主計将校に任官。
 
6、陸軍経理学校:「現役将校要員学生」(丁種) 昭15年~19 経理部候補生出身の予備役将校のうち、現役を志望する者を教育し、卒業後現役に編入。

7、陸軍経理学校:「甲種学生」 経理学校卒業の現役将校(中尉~少佐)で、上級幹部を志望する者を選抜し教育を実施。

8、陸軍経理学校:「経理部少尉候補者制度」(己種) 大正期より 現役下士官のうち現役経理部将校を志望する者を選抜し教育。

9、陸軍経理学校:「特別甲種幹部候補生制度」 昭20 同年1月より経理部の特甲幹を教育。

10、南方軍経理教育部:5を外地にて実施したもの。経理部予備役将校(甲種)、下士官(乙種)を教育。シンガポール。

11、中支那経理部下士官候補者教育部:同上。南京。

12、北支那経理部下士官候補者教育部:同上。北京。

13、関東軍経理部幹部教育隊:同上。新京。

14:関東軍臨時経理部幹部教育隊:同上。牡丹江。

15:第10方面軍経理部教育隊:同上。

16、そのほか、現地の教育隊

推測ではありますが、大正4年(1915年)出生ということから、支那事変前後の昭和10年(1935年)ごろに徴兵検査を経て現役兵として満州独立守備隊として出征されたようです。

その後約9年たった昭和19年(1944年)ごろに主計少尉であったことから、二等兵から下士官である軍曹か曹長まで昇進後、「8」の少尉候補者に選抜されて将校になった可能性があります。



主計科の任務は、経理、営繕、衣糧であって、所属部隊の金銭の管理、給与計算。宿営地建物の造築に関する資材の購入、用地の買収など。所属部隊の兵の衣服、靴などの管理、食糧の調達、料理など。昭和17年(1942年)からは建技官も経理部となり、技師や技手などの高等文官が武官に転官となることとなりました。

海軍の主計士官の場合、潜水艦に配属されると食糧の消費量が即艦の重量バランスにかかわるので計算が大変だったということです。

資料:熊須常二『北京陸軍経理学校の思い出集』平成2 非売品

旧陸軍の主計(経理)将校 になる道には
 
1、陸軍経理学校:「陸軍主計候補生制度」 明治36年から大正11年までの制度。

2、陸軍経理学校:「陸軍経理部士官候補生」 昭和11年~終戦まで 旧制中学卒業または4年在学中に選抜試験に合格入校し、予科、本科、見習士官勤務をへて現役主計少尉に任官するもの。卒業時はおおむね二十歳。

3、陸軍経理学校:「普通科学生制度」 大正10年~昭和2年 一般兵科将校を転科させて編入する。

4、陸軍経理学校:「陸軍経理部委託生制度」(丙種) 昭和...続きを読む

Q太平洋戦争中の外国や戦地との通信システムについて教えてください (今で

太平洋戦争中の外国や戦地との通信システムについて教えてください (今であれば、ケーブルや衛星を通じた通信が普通であるが、当時、例えば ヨーロッパの領事館、もしくは戦地から現地の情報を伝えたいとき、知りたいとき、最速の通信手段としてはどのようなものがあったのでしょうか できれば詳細に教えてください)

Aベストアンサー

戦場での通信の方法は、おおざっぱに分けて三つの方法があるといえます。

ひとつが「無線」です。短波とかモールス信号とかあとは現代でいうところのトランシーバーのような音声通信これらを全部ひっくるめた無線通信です。
無線通信の長所はなんといっても「使いやすい」「便利」ということです。特に音声無線通信機器は会話によって速やかにコミュニケーションが取れるので第二次大戦を機にまたたく間に世界中に広まりました。
欠点はなんといっても傍受されやすいこと、そして場所などの影響で安定した使用ができないことです。例えば戦場で使う出力が小さい無線機では地球の裏側まで電波は送れないし、地下などにいるとこれまた電波が繋がらなくなります。
ちなみにこの無線通信は日本軍は最も世界から遅れていた技術のひとつで、音声無線機はとうとう「使い物になる無電機」は作れませんでした。同じ時代にドイツ軍は戦車に音声無線機を搭載していました。戦車という荒っぽい使い方をするところで壊れず、騒々しい車内でも音声がクリアに聞こえるようなものを作る技術が日本にはなかったのです。通信の技術とレーダー技術は多くの部分で重なっているので、レーダーも同じく貧弱なものでした。米英独のレーダーが「どの方向から高度どのくらいで、どのくらいの規模のものか」さらに「それが敵か味方か(IFF技術)」が判別できたのに、日本のものは「反応(つまりレーダーに映った)」「無反応(影なし)」の二種類のみで、しかも敵か味方かも分かりませんでした。そのうえ技術的信頼性が低く、誤動作も多かったという全く使い物にならないものでした。「気が向いたときだけ音楽が流れるラジオ」ですね。たまに「八木アンテナ」の話が出て当時の日本の技術も捨てたもんじゃないっていう意見もありますが、アンテナなんてのは部品のひとつに過ぎませんからね。ブレーキだけよく効く車を優れた車とはいいません。
ソ連もこういう技術は非常に苦手にしているのですが、第二次大戦中は当時世界一の信頼性を持つメイドインUSAの無線機が大量に貸与(という名のプレゼント)されたので主にそれを使っていたようです。

もうひとつの方法が有線電話で、これの長所はなんといっても電話線が見つからない限りは傍受されないことです。さらに電話線を引くことで、地下などでも確実に使うことができます。信頼性という点でははるかに高いわけです。
欠点は、「電話線が切れたら使えない」ことです。なにせ戦争ですから、砲爆撃で、あるいは戦車に踏まれてなど電話線が切れる理由には事欠かないわけです。切れたらどうすんのかというと、電話線を背負った通信兵がいちいちたぐって切れたところを探して繋ぎなおすのです。
これについてもご他聞にもれず我らが日本軍は性能いまひとつで、それはケーブルの質の低さに尽きるんだそうです。サビや熱に強く切れにくい強度を持つケーブル。そんなものは作れませんでした。これはもう民間工場の金属加工技術が低いのでどうしようもありません。

三つ目の方法は、残された最後の方法です。つまり、「伝令兵」です。最後はこれに尽きます。誰かにメッセージを託して、直接持って行かせます。戦場では兵士にやらせますが、重要な事柄では将校が託されることもあります。彼らことを連絡将校といいます。
特にヨーロッパでは昔からこの連絡将校というのはある種のエリート兵でした。日本では超ドマイナーな競技である近代五種は、商業至上主義となった現代の五輪でも外されることは決してありません。元々は連絡将校としての能力を競うものなのです。
長所はなんといっても科学技術が不要(笑)で、それでいて単純な命令から微妙なニュアンスを含むものまで融通無碍でしかもその運用にも多少の慣れは必要でも人間なら誰でもとっつきやすいという柔軟性です。
欠点は、まあ戦争をしているとその連絡・伝令が行方不明になることもしばしばということと、無線と比べても有線と比べても時間がかかるということです。

戦場での通信の方法は、おおざっぱに分けて三つの方法があるといえます。

ひとつが「無線」です。短波とかモールス信号とかあとは現代でいうところのトランシーバーのような音声通信これらを全部ひっくるめた無線通信です。
無線通信の長所はなんといっても「使いやすい」「便利」ということです。特に音声無線通信機器は会話によって速やかにコミュニケーションが取れるので第二次大戦を機にまたたく間に世界中に広まりました。
欠点はなんといっても傍受されやすいこと、そして場所などの影響で安定した使用が...続きを読む

Q戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍人、民間人合わせて310万人の人が死亡し、都市面積の30%が消失したと言われています。
しかし、310万人の死者は一見多いように見えますが、1億人の人口から見たら3%で、97%の国民は生き残っているわけです。
また、国土が焼け野原になったと言われますが、都市面積の70%は無傷だったわけです。

これらのことから見ても、当時の国民で、肉親や親戚に死亡した人がおらず、空襲も受けなかった人はかなりの数がいるはずです。
その中でも、農村部に住んでいる人であれば、食料にも不自由せず、普段通りの生活をしていた人も多くいたと推測されます。
もちろん時代が時代ですから、派手なパーティーをやったり、観光旅行にでかけたりということはできなかったでしょう。
しかし、戦後世代の人が教わったような、日本中が地獄絵と化したというのはちょっと大げさなのではないでしょうか。

当時は情報も統制され、日本がどんどんやられているというような情報は入って来なかったでしょうから、いずれ自分たちも攻撃を受けるというような危機感もなかったと思われます。
当時の国民の、少なくない数の人たちが、実は普段通りの平和な生活を送っていたと推測されます。
戦時中、実際にこのような普段通りの平和な生活を送っていた方の体験談を聞かせていただけませんか。
また、そのようなことを紹介したサイトなどがあれば教えて下さい。

なお、私が聞きたいのは「戦争中、普段通りの生活をしていた人の話」であって、「そんな人はいない」とか、「そのような質問は不謹慎だ」というような回答はお断りします。
質問の趣旨を理解した上で回答をお願いします。

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍...続きを読む

Aベストアンサー

 母は田舎にすんでいたので、まったく戦争の影響はなかったそうです。
確かに統制品は手に入りにくかったらしいですが、食べるのにはまったく困らなかったそうですよ。
 よく、都会から食べ物を分けてくれって人が来たらしいです。

 父は逆で都会で生活していたので疎開をしました。
疎開には、集団疎開と縁故疎開ってのがあるんです。
中でも悲惨なのが集団疎開です。学校の力関係が24時間中です。いじめっ子はずっといじめ、いじめられっこはそれこそ現代で言うイジメなんかと比較できないほど酷かったらしいです。

 また、縁故疎開っていうのも、ようするに都会のこじゃれたガキが、自分の親戚をたよって田舎に疎開するんです。すると、もちろんその子のキャラにもよりますが、めちゃ人気者になった人もいたみたいです。

Q1945年当時の日本で18歳男子は徴兵されていた?

1945年当時、戦時下の日本で、健康で健常な18歳男子で徴兵されてない人は普通にいましたか?
「健康で健常な」というのは、仮に開戦前の日本軍に志願しても、体力や学力などの理由で受からないとしても、
重い病気かかっておらず、生まれつきの障害もない、という意味で使っています。

そのような人で、1945年に18歳という条件で徴兵されてない人は普通にいたのでしょうか?
当時は少年兵もいたと聞きますし、特攻で若くして亡くなった方も多いと聞きます。
身近に話を聞くことのできる人がいないので、教えてください。

Aベストアンサー

海軍飛行予科練習生(予科練)とう制度がありました.軍国教育を受けた少年が多く志願したようです.志願というこになっていますが,志願を強要する状態があったかも知れません.

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Gemini/8200/yokarenn.html

などで調べてみてください.(過去を知ることはとても大切なことです.そして,今も,どこかの国に少年兵がいることも事実です.すみません蛇足でした)


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較