プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本の大学を卒業し大学在学中に交換留学をしたものです。海外(特にアメリカ)留学を検討しており、犯罪心理学に興味があります。gradschool.comから見つけた犯罪心理学を教えている大学院に直接問い合わせてみましたが、前提必須条件として大学で心理学の単位を取っていないと入学が認められないようです。特に上記のような条件を必要とせず、北米などの英語圏の国で犯罪心理学を教えている学校をもしご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

心理学関係の大学院への入学では、大学在学中の心理学の分野の科目履修が必須ですし、また、GREの一般テストだけではなく、科目テストが必要な場合も多いと思います。

また、どの大学を卒業したのかも、履修した単位の授業レベルの評価に使われるために、放送、通信教育などで履修した科目単位を認定しない大学院もレベルによっては珍しくありません。

もしも、学士のレベルで十分であれば、この専攻の出来るアメリカの大学に学士編入をするという可能性もあります。この専攻のできるアメリカとカナダの大学リストは、以下の23校となっています。ただ、このなかには、大卒者の第2学士のための編入を認めていないところもあると思いますから、各校に可能かどうかの確認が必要でしょう。

https://bigfuture.collegeboard.org/college-search

しかし大学レベルでは足りず、アメリカの評価の高い大学院でこの専攻をするとしたら、上のリストの大学をふくむ心理学の専攻ができる数多ある大学の中で学士編入の可能な大学に学士編入して心理学専攻で好成績(望ましいのは3.6-4.0)をもって心理学専攻の第2学士を取得し、その上で大学院応募をすることになるように思います。この専攻でも、結構怪しい大学院のオンライン修士コースがあったりするようですから、評価を見極めてから応募先を決められたほうが良いと思います。もしも、就職するためにこの学位を利用するとすれば、オンライン修士などは全く役に立ちません。

http://education-portal.com/articles/Top_Graduat …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます&お礼が遅くなってしまいすみません。質問してよかったです!早速上記サイトで探して学校に問い合わせてみようと思います。

お礼日時:2013/01/07 13:53

犯罪心理学ですか。

。アメリカのドラマでそういう仕事の人が出てきたのを思い出しました。向こうではけっこう需要があるんですかね。私は、そういうの専門外(Digital Forensicはちょっと興味ありますけど)なので、犯罪心理学の入学要件とかは詳しくないですけど、来年留学する事になっているので、日本と海外の大学のギャップを埋める方法なら分かります。で、ちょっと調べてみたところ、「Forensic Psychologist」については、どうやら職業免許が絡むらしいですね。一般的に言って、こういう分野はカリキュラムや入学要件の柔軟性が低い傾向にあります。

そこでなんですが、もし急ぎじゃなかったら、放送大学で基礎単位取得したらどうですか?放送大学では心理学がすごく人気のようで、心理系はかなり充実しています。試しに、犯罪学で割と有名な大学の入学条件と放送大学の科目を照らし合わせてみたら、似たような科目が提供されているようなので、余裕をもって2セメぐらいかければあっさり解決する課題ではありますね。

これは、少しナイスな方法ではないかと思います。多分、心理系のコースをWaive出来る大学を探すよりも、放送大学で基礎単位取得した方が確実に目的を達成できるんじゃないかと思います。通常、基礎科目は単位が認められやすいですが、念のため、留学先の確認も取るようにしてくださいね。

私は、犯罪心理学は専門外なので、どこの学校がいいとか、アドバイスはできませんが、標記の方法は、有力なオプションの一つとして検討する価値はあると思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。放送大学で心理学の専攻なんてあるんですね

お礼日時:2013/01/07 13:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報提供ありがとうございます

お礼日時:2013/01/07 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカで犯罪心理学を学びたい

3回目の投稿です。Lareineと申します。私は今高校2年で(明日から高3ですが)東京大学医学部をめざしています。というのも、もちろん医師を目指しているということ、兄が東大生で、同じ大学に通いたいということ、経済的、地理的観点から東京の国立医学部に通いたいということ、2年間の教養学部に魅力を感じているからということ等が理由です。しかし私の夢はアメリカで犯罪心理学もしくは法医学を学び、犯罪捜査に役立つことなのです。この場合、アメリカにおいて活躍するためにはどのような資格が必要であるかということについて無知であるためご質問させていただきました。親の意向ではひとまず日本の医学部に進学するならば、日本において医師免許を取得してから国際的なキャリアに目を向けてはどうかということなのですが、そうするとどうしても、アメリカのMEDICAL SCHOOLに進学する方々に遅れをとってしまうのではないかと心配しております。というのも、いいにくいのですが、私の家庭はそれほど裕福ではなく、経済的にアメリカで働くというのは良くないのか不安なのです。アメリカにおいては日本人に対する待遇がどうしても良くないとも耳にしましたし。大学から留学し、アメリカの大学へ進学するというのも金銭的に難しいと思われるのですが。このような場合、ひとまず日本の医学部を卒業してから海外へ留学すべきか、なるべき早いうちに留学をし、アメリカの医師としての免許その他を取得するのに専念するのが良いのか悩んでおります。そもそも犯罪心理学者とはどのような免許が必要なのかともよく分かっていない状況です。自分なりに調べてみたのですが。。。小さなものでも良いので何かしら情報をお持ちの方、アドバイスをよろしくお願いいたします。

3回目の投稿です。Lareineと申します。私は今高校2年で(明日から高3ですが)東京大学医学部をめざしています。というのも、もちろん医師を目指しているということ、兄が東大生で、同じ大学に通いたいということ、経済的、地理的観点から東京の国立医学部に通いたいということ、2年間の教養学部に魅力を感じているからということ等が理由です。しかし私の夢はアメリカで犯罪心理学もしくは法医学を学び、犯罪捜査に役立つことなのです。この場合、アメリカにおいて活躍するためにはどのような資格が必要であるかと...続きを読む

Aベストアンサー

>>最短で28歳ではないでしょうか?大学医学部医学科卒業者には学士が与えられると記憶しております。

できれば最低でも学士を持っていけば留学後色々な意味で有利です。しかし、28歳からアメリカの大学院というのは、やはり色々な意味で微妙かも。

>>また、大学院について、アメリカの大学院留学も視野に入れているのですが、アメリカの大学院(メディカルスクール)を卒業し、博士号を取得した場合、永住権というのは取得できるものなのでしょうか?永住権というものが、抽選によってのみ受け取れると考えておりましたので・・・。

私の理解では博士号を持って、かつ就職先があれば永住権は取れると思います。アメリカ人には無い技術、例えば寿司職人とか、アメリカが欲している職業、例えば看護師等を除き、修士号でも永住権はむずかしいそうです。でも博士なら大丈夫とか・・・。抽選で永住権が当たった人を何人か知っていますが、あてにできるものではありません。なにせこの私が10回以上、つまり10年以上トライしても当たりませんでしたし・・・。

>>また、アメリカの大学院に進学する際、学生ビザの利用となると思うのですが、どれほどの期間滞在できるのかも分かっておりません。

学生ビザは、D/S (duration of status) になるはずです。つまり、同じ学校に在籍し、同じ学位のために勉強を続ける限りは滞在できるというものです。しかしこれもケースバイケースで、私が博士課程のためアメリカに再入国したとき、東京のアメリカ大使館で出た学生ビザは5年間でした。

アメリカでMDを取られた優秀な日本人はたくさんいらっしゃいますし、アメリカの大学で教授をされてる日本人の先生も多くいらっしゃいます。ですから、そういう方達をさがしてみたら良いかと思います。アメリカの大きな大学には、そのウェブサイトで教授のリストとかメールアドレスが出ていますので、直接メールを出せば良いと思いますよ。どこかの国みたいに、「紹介が必要か」とか、「メールが失礼か」とか、そんなことは一切ありません。いきなり教授にメールなり電話なりしてみることをお勧めします。

特にあなたのように積極的な学生は好かれますので、「一度アメリカにいらっしゃい」とか言って貰えるかもしれません。私自身、在米時、日本から来た学生に何人か会ったことがあります。

>>最短で28歳ではないでしょうか?大学医学部医学科卒業者には学士が与えられると記憶しております。

できれば最低でも学士を持っていけば留学後色々な意味で有利です。しかし、28歳からアメリカの大学院というのは、やはり色々な意味で微妙かも。

>>また、大学院について、アメリカの大学院留学も視野に入れているのですが、アメリカの大学院(メディカルスクール)を卒業し、博士号を取得した場合、永住権というのは取得できるものなのでしょうか?永住権というものが、抽選によってのみ受け取れる...続きを読む

Q今高校1年生なんですけど将来犯罪プロファイリングの仕事に就きたいと思っ

今高校1年生なんですけど将来犯罪プロファイリングの仕事に就きたいと思ってます。
今から何をしたらいいですか?
適当ですいません。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

犯罪を犯した人がつかまった後、心理学系の人がワイドショーに呼ばれて、心理を説明していますよね。
結果がもうわかっているので、答えるのは容易。

ところがプロファイルは、犯人がわからない段階で人物像を特定するわけです。
実際犯人を捕まえると、プロファイルされた人物像は違ったなんてことはざら。
だから、職業として確率していないわけです。

日本でも部門があるが、プロファイルした結果が逮捕に結びついていないので、評価されていない。

一番的中立が高いやり方をしているのが、リバプール大学のデヴィッド・カンターが率いるチーム。

ただし、外国の分析結果を日本で当てはめても当てはまらないケースが多いのではないかと。
だから、日本でこの仕事についてメシを食えないと思う。
占い師の方がまだメシ食っていけると思う。

しかし、興味があり続けて生きたいというのであれば、精神科医か心理学の教授を目指すことじゃないかと。
逮捕に貢献できるだけのプロファイルができれば、意見を求められ、捜査協力ということで、内部の人しか知らない情報も入手できるかもしれない。


神戸連続児童殺傷事件で、心理学系の人が更正に携わったようです。
校門に首が置かれた事件をご存知でしょうか。
一応1人の少年が捕まり、この少年をまともな人間にすべくプロジェクトが組まれたそうです。

本当にこの少年がやったのかどうか証拠が無い以上、この少年を裁けない。
かといって、もしかして本当にやったのなら、危険人物なので、社会にそのまま戻せない。
ということで、この少年は疑いがあったので拘留され、洗脳が施されたわけです。

真犯人ではなかったら、恐ろしいことが日本で起こっていることになる。
洗脳し違う人物に育て上げることが可能かという実験です。
心理学関係者がマッドサイエンティストになる。
国が犯罪者になるわけです。

彼は洗脳を受け、今社会で暮らしています。
この少年が犯罪を犯したら実験は失敗したことになる。
しかし、この少年が真犯人でなかったら、犯罪因子を持っていないので、犯罪は犯さない。
つまり、実験は成功したと見えるわけです。

こんな世界に首つっこみたいですか?


アメリカドラマのクリミナル・マインドはぞっとするような内容ばかりですが、また異世界で起こっていることと客観視して観れる。
このような異世界で起こっているようなドラマなら直視できるが、現実起こっている上に書いたような事件は直視できないです。
国が犯罪を犯しているかどうか確信は無いが、こんなこと自分がされたら、恐ろしいと思いますよね。
ドラマのような異世界と現実との間に起こっている事件。
自分は犯罪に巻き込まれないと思っていても、ひょうんなことから巻き込まれ人生が狂わされてしまう。

そういう意味では弁護士になって、疑いをかけられた人を救うことに専念した方がいいと思う。
特権があるので、普通の人が知りえない情報を知り、プロファイリングし真犯人がわかれば、依頼者を救えるでしょ?

犯罪を犯した人がつかまった後、心理学系の人がワイドショーに呼ばれて、心理を説明していますよね。
結果がもうわかっているので、答えるのは容易。

ところがプロファイルは、犯人がわからない段階で人物像を特定するわけです。
実際犯人を捕まえると、プロファイルされた人物像は違ったなんてことはざら。
だから、職業として確率していないわけです。

日本でも部門があるが、プロファイルした結果が逮捕に結びついていないので、評価されていない。

一番的中立が高いやり方をしているのが、リバプール大学の...続きを読む

Q犯罪心理学の学べる大学院はどこ?

今、大学三年生です。将来は大学院に進んで犯罪心理学について研究したいと考えています。ですが、ぼくのいる大学には犯罪心理の研究をしている教授がいません。なので、他の院に行かねばならないのですが、どこに行けばいいのかわかりません。どなたか大学院の情報に通じていらっしゃる方、アドバイスをいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが,ひとこと。

犯罪心理学は幅の広い研究領域であるにもかかわらず,
日本における研究者の絶対数は多くありません。
研究の内容についても
「他者の攻撃意図の認知と責任帰属」だの
「触法少年の処遇プログラムの再検討」だの
「街頭犯罪抑止のための防犯灯の最適配置」だのといった
地味なものが大半を占めているのが現実で,
「猟奇的犯罪者のプロファイリング」なんてものばかり期待していると
当てが外れるでしょう。

大学院なのですから
単に「犯罪心理学」というだけでなく,
より具体的な研究テーマを決めた上で最適な指導教員を探すべきかと思います。
学部では実験心理学ないし社会心理学のゼミで卒論を書き,
海外の大学院に進んで犯罪研究を専門的に極めるというのが理想的なコースでしょうか。
日本では法務技官,家裁調査官,警察職員など,
現場での実務を経て犯罪心理学の研究者になる人も少なくありませんが。

いずれにせよ
学部生のうちに心理学の基礎知識と研究法を
しっかり身につけておくことが必要であることは言うまでもありません。

直接の回答ではありませんが,ひとこと。

犯罪心理学は幅の広い研究領域であるにもかかわらず,
日本における研究者の絶対数は多くありません。
研究の内容についても
「他者の攻撃意図の認知と責任帰属」だの
「触法少年の処遇プログラムの再検討」だの
「街頭犯罪抑止のための防犯灯の最適配置」だのといった
地味なものが大半を占めているのが現実で,
「猟奇的犯罪者のプロファイリング」なんてものばかり期待していると
当てが外れるでしょう。

大学院なのですから
単に「犯罪心理学」という...続きを読む

Q科学警察研究所に入るにはどうすればいいですか?

科学警察研究所で、仕事をしたいんですが調べてもなかなか情報が集まりません。どの大学のどの学部に入ればなることができるんでしょう。また、重点的にやらなければいけない教科があれば教えてください。
それと、私は身長が145しかありません。科学警察研究所に入るには、身長制限や視力とかは大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLに「科学警察研究所」の採用の情報があります。
http://www.nrips.go.jp/jp/recruit/index.html
ここに入るには、人事院実施の国家公務員採用I種試験に合格した者であることが必要で、その中から、希望者は研究所等を訪問し見学したりして、当研究所及び警察庁において面接試験を行い、最終的な合格者を決定する用です。
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo01.htm#ukerarenai
http://www.jinji.go.jp/saiyo/shiken01.htm

H22年度の採用予定は4名ですね。採用枠はそんなに多くありませんのでI種試験に上位合格する必要がありますね。
採用予定研究室を見ると、
I種試験の試験区分では、理工I(一般工学系),理工IV(化学・生物・薬学系)で募集しているようですから、これに該当する学部学科(工学部、理学部生物系学科、薬学部)の出身者であることが必要ということですね。
かつ、国家公務員採用I種、理工Iまたは理工IVでいい成績で合格することが必要ですね。
(II種、III種試験合格者からの採用予定はなしですね。)

なかなか難関ですが、何事もひたすら努力すれば、道が開けてきます。
>身長制限や視力とかは大丈夫なのでしょうか?
大丈夫だと思いますね。

採用試験に合格するには本来の勉強のほかに、何か資格(たとえばX線検査技師とか)を持っていたり、採用先に知り合いがいて内部推選をして貰えたりすると有利なようです(実際に面接を受けた人が、そういったことを聞かれたそうです。)。

参考URL:http://www.nrips.go.jp/jp/recruit/index.html

参考URLに「科学警察研究所」の採用の情報があります。
http://www.nrips.go.jp/jp/recruit/index.html
ここに入るには、人事院実施の国家公務員採用I種試験に合格した者であることが必要で、その中から、希望者は研究所等を訪問し見学したりして、当研究所及び警察庁において面接試験を行い、最終的な合格者を決定する用です。
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo01.htm#ukerarenai
http://www.jinji.go.jp/saiyo/shiken01.htm

H22年度の採用予定は4名ですね。採用枠はそんなに多くありませんのでI種試験...続きを読む

Q犯罪心理学について。

現在フリーターで高校3年生を卒業した代の者です。(今年19歳、高校は卒業しておりません)

中卒なのですが、現在8月の高卒認定試験(旧大検)に向けて勉強をしていて、高1まで通信制に通っていた単位があるので、全て免除科目になり、合格確実ということで今は高卒認定試験の勉強をしつつ、大学に向けての勉強をしております。


そこで質問なのですが、私が今更なぜ大学に行こうかと思っているかというと、「心理学系の職に就きたい」と考えているからなのです。

前からその夢は視野にあったのですが、学力的に無理だと思い、半ば諦めていました。


ですがやっぱりどうしても諦めきれず、頑張ってみようといろいろ情報を集めているところです。



他の心理学の質問などにも目を通しましたが、


「臨床心理士以外は食いっぱぐれの危険が大きい」

「本格的に心理職に就きたい場合は最低限でも大学院修士課程まで視野に入れる」

「臨床心理士は大学院修了が必須」


などが書いてあって、やっぱり学力的に難しいのかな?とも思います。



中学の時から勉強を半ば諦めてしまって、理数系が特に苦手という厳しい状況なのですが、コツコツ努力をしてる段階です。



心理職の中でも特に興味があるのが「犯罪心理学」なんですけど、臨床心理士とかの心理職とは内容が違うんですかね?


犯罪心理学を学ぶならむしろ法学部で刑事学や刑事政策、少年法(付け加えれば刑法と法社会学)を学んだほうがよいとの声もありました。



実際のとこどうなんですかね?


大雑把な感じの質問ですみません。



犯罪心理学のことを詳しく教えていただきたいのと、それが初心者でも詳しく分かる最新の本なども教えていただけたら幸いです。

皆様の知恵を貸してください。お願いします。

現在フリーターで高校3年生を卒業した代の者です。(今年19歳、高校は卒業しておりません)

中卒なのですが、現在8月の高卒認定試験(旧大検)に向けて勉強をしていて、高1まで通信制に通っていた単位があるので、全て免除科目になり、合格確実ということで今は高卒認定試験の勉強をしつつ、大学に向けての勉強をしております。


そこで質問なのですが、私が今更なぜ大学に行こうかと思っているかというと、「心理学系の職に就きたい」と考えているからなのです。

前からその夢は視野にあったのですが、学力的...続きを読む

Aベストアンサー

臨床心理士で、元は大学の教員をしていました。

いくつか気になる点がありましたので、回答というよりも、私見を述べさせてもらいます。

まず一つは、「学力的に難しい」と書いていらっしゃる点について。
世間一般でも良く混同されていますが、頭が良い・悪いということと、基礎的な知識、基本的な学力が身についているかどうかを分けてお考えになってみた方がよろしいという気がします。
失礼ながら、質問者様は、過去には、「勉強嫌い」であり、学校で学ぶ「教科学習」にきちんと取り組まなかったように拝察します。
そのため、基礎的な知識や、基本的な学力が十分には身についてこなかった、という側面がおありなのかも知れないとお見受けします。

しかしながら、向学心というものは、少なくとも、ある時点から以降は、強くお持ちだと感じられます。
それ故、現在はコツコツと努力なさり、まずは、高卒認定試験をパスし、その後、大学で心理学を勉強したいと考えていらっしゃると理解しました。

大学で学ぶ上では、高卒程度の基礎的な知識は、やはり不可欠です。
心理学は、日本では、文系の学部に含まれますが、学部の段階で学ぶ際には、統計学などは必須ですし(ただし、きわめて数学的な数理統計ではありません。どちらかというと、心理統計という、統計を正しく利用することが中心です)、脳の機能など理系的な内容も含まれます。
また、やはり学部の基礎学習の段階では、実験演習も必須ですので、理系的な発想(仮説を立てて恵、実験を行い、そのデータを分析して、仮説を確かめていくというアプローチを取る、という意味で)も必要となります。
一方では、研究対象は基本的人間ですから、人文・社会系の要素もかなりあります。
こういうことから考え、上に書いたように、高卒程度の基礎的な知識が必須ということになります。

心理学がどのような学問であるか、就職先にはどういうところがあるかについては、たとえば次の本が参考になりますから、一度お読みになることをお勧めします。

海保博之著「心理学ってどんなもの」、岩波ジュニア新書#427、岩波書店、\740+税

新刊書でも、Amazonなどの古書でも入手できるでしょうし、図書館にもあるかも知れません。
出版は、2003年といささか古い本ですが、今でも十分、役に立ちます。

さて、犯罪心理学について。
心理学の発想と、ご質問にあったような、法学部で学ぶ刑事学(これは、おそらく刑事法なのでしょう)、刑事政策、少年法など法学の発想は、まったく異なります。
心理学は、人間行動について研究しようというものですし、法学は、法律の考え方や、法体系について学ぶものですから、視点がまったく異なります。
また、No.1の方が書いていらっしゃるように、「使う職業としては警察官だから、法学部に行って警察官になれということでしょう」というのは、間違いではないと思いますが、一般の警察官が犯罪心理学について、学び、何かを実施するというのは、考えにくいでしょう。

犯罪心理学が活かせる職業としては、科学捜査研究所や犯罪科学研究所など警察の科学部門における心理鑑定などの仕事、法務省関係では、「法務技官(心理)」などがあります。具体的には、少年鑑別所などの法務教官、刑務所の○○などがあります。
こちらをご覧ください:
http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse15.html

最近では、犯罪者の更正に、認知行動療法など心理療法を応用する動きも増えてきていますので、これから将来的には、心理学を学んだ方の活躍領域も増えると思います。

また、裁判所関係では、家庭裁判所の調査官という仕事があります。
ここをご覧ください:
http://www.courts.go.jp/saiyo/message/tyousakan/

上に掲げた職業は、その就職先でもかなりきちんとした研修が行われますし、もちろん、その分採用されるのも難しい面があります。
また、これらの職に就いている方には、臨床心理士の資格を持っている方もたくさんいらっしゃいます。

臨床心理士については、現時点では、国家資格ではありませんが、現在、心理師の国家資格の実現に向けての動きが急速に進んでいます。
財団法人日本臨床心理士資格認定協会などのサイトをご覧ください。
http://www.fjcbcp.or.jp/index.html


なお、犯罪心理学は、心理学の中では、応用分野になります。
どの学問でも、応用分野は、基礎的な分野、基礎的研究の上に成り立っています。
したがって、まず、学部段階では、心理学科(心理学専攻)、教育心理学科(教育心理学専攻)のように、心理学全般について、きちんと学ぶことができるところへ進学なさる方が良いでしょう。

最近は、臨床心理学科、福祉心理学科など、特定分野を標榜した心理学科も増えています。
これらの学科でも、基礎的な心理学の授業やトレーニングは行われますが、私自身は、学部の段階から特定の領域に絞り込んで学ぶのは得策ではないと考えています。

大学によっては、学部、大学院とも、犯罪心理学の授業が開講されていたり、専門家の教員がいないところもたくさんあります。
しかし、私の考えでは、学部の段階では、基礎的、一般的な心理学についてきちんと学び、その上で、法務省や裁判所、警察などの心理職の採用試験を受けることが望ましいと思います。

大学院に進学して、臨床心理士の資格を得てから、法務省、裁判所などの採用試験を受けることも可能でしょうが、年齢制限などもあるかも知れませんので、その辺りは、きちんとした情報ソースを調べてお考えになってください。

以上、ご参考まで。
参考文献は、一度、是非お読みください。

臨床心理士で、元は大学の教員をしていました。

いくつか気になる点がありましたので、回答というよりも、私見を述べさせてもらいます。

まず一つは、「学力的に難しい」と書いていらっしゃる点について。
世間一般でも良く混同されていますが、頭が良い・悪いということと、基礎的な知識、基本的な学力が身についているかどうかを分けてお考えになってみた方がよろしいという気がします。
失礼ながら、質問者様は、過去には、「勉強嫌い」であり、学校で学ぶ「教科学習」にきちんと取り組まなかったように拝察...続きを読む


人気Q&Aランキング