出産前後の痔にはご注意!

炭化水素について、炭素間に一重結合があれば「飽和炭化水素」
二重結合、三重結合があれば「不飽和炭化水素」と呼ぶと知りました。
それでは、炭素同士で結合していない炭化水素は、何と呼ぶのでしょうか。

また、頭の2行は私の理解で書いています。
指摘などあれば教えてください。

A 回答 (6件)

定義は複雑ではありません。

国語的な意味通りです。

炭素の価標(共有結合)の全てに水素がついているのが「飽和」です。
電車が満席になった状態だと思ってください。

二重結合や三重結合があって、飽和よりも水素の数が少なくなっているのが
「不飽和」です。
座席に余裕がある電車だと思ってください。

炭化水素と臭素を混ぜたとき、臭素をら老人だとすると、
不飽和は座席に余裕があるので老人はすぐに座れます。
これが置換反応です。
飽和は座席がいっぱいなので、誰かが立たないといけません。
しかし、アナウンスをしたり張り紙をしたりして、やっと立つ人が出て
老人が座れるようになります。これが置換反応です。
置換反応は触媒を使ったり、加熱をしたりしないと起こりにくいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
もう少し本を読んでみようと思います。
座席の例えはよく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/13 15:07

一部誤解があるのでわからなくなってますよ。


1)炭化水素と言う時点で、炭素と水素(だけ)による化合物ですね。
 まずこれですよ。

2) 飽和炭化水素とはそれ以上水素が結びつくことが出来ない{炭化水素}です。
  環状飽和炭化水素を除く・・というか炭素間結合を切らないで考える。

 よって、炭素同士が結合していない2個以上の炭素からなる炭化水素は存在しないです。矛盾していることがわかりますか?
 一個の場合はメタンですから、飽和炭化水素ですし二重結合、三重結合しようにも相手がいない。

 たぶん、最初の炭化水素と言う言葉を後半で忘れてしまってるのでは
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。
もう一度本を読もうと思います。

お礼日時:2013/01/13 15:08

No.4 です。

誤って「C2H5Cl (ブロモエタン)」と書いてしまいましたが、もちろん正しくは「クロロエタン」です。人のコピペのミスを指摘しておきながら、同じミスをしてしまいました^^; 失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/13 15:07

単なるコピペによるミスだと思いますが、No.2さんのご回答の中で、「……老人はすぐに座れます。

これが置換反応です。」という箇所は、正しくは「付加(反応)」です。

H2C=CH2 + Br2 → BrH2C-CH2Br (1,2-ジブロモエタン) ……付加

C=C 二重結合は、その 2 本の結合のうちの 1 本(π結合)が比較的簡単に切れて、 Br2 などが付加できます。残りの 1 本(σ結合)を切るのは、もっとたいへんです。

なお「……やっと立つ人が出て老人が座れるようになります。これが置換反応です。」については、置換のままで大丈夫です。これは C-C や C=C ではなく C-H 結合が切れて、 C-Cl が形成されるという話のことです。

C2H6 + Cl2 → C2H5Cl (ブロモエタン) + HCl ……置換

※置き換わる Cl が 1 つとは限らないので、 Cl の個数の異なる混合物が生成

ベストアンサーは辞退します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/13 15:08

まったく複雑でも何でもない、超がつくほど単純な定義ですが……


 不飽和炭化水素 二重結合または三重結合を1つ以上持つ炭化水素
ただそれだけのこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シンプルなんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/13 15:07

炭素同士での結合がない炭化水素はメタンしかありませんが、


これは二重結合・三重結合がないのでメタンは飽和炭化水素に分類されます。

なお、認識に微妙な間違いがあるようですのでご指摘しておきます
・×一重結合 ○単結合
・「飽和炭化水素」とは炭素間に二重結合も三重結合もない炭化水素のこと。
・二重結合または三重結合が1つ以上あれば「不飽和炭化水素」と呼ぶ。
・「不飽和炭化水素」には単結合があっても良い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
よく分かりました。
不飽和炭化水素の定義は、複雑なんですね。

お礼日時:2012/12/08 08:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそもそも沸点とは何か

沸点は何によって決まっているのでしょうか、教えてください。

私たちは小学校や中学校で、水の沸点は約100度と習いました。
でも、他の液体では沸点が違います。
また気圧でも違います。
沸点は何によって決まっているのでしょうか。

Aベストアンサー

液体が気体(蒸気)に変わる変化は一般に気化といいます。気化には2つのタイプがあります。
液体の表面からだけ気化が起こる場合は蒸発と呼ばれています。蒸発はどの温度でも起こりますが温度が高い方が起こりやすいです。温度を高くしていくとあるところで液体の内部からも気化が起こり始めます。周りの液体を押しのけて気体になってしまいます。泡として観察されます。この現象を沸騰と呼んでいます。蒸発は目に見えませんが沸騰は目で見て分かります。沸騰はある温度で起こります。その温度を沸点と呼んでいます。沸点は物質の種類によって変化します。標準大気圧(1気圧)の時の沸点を標準沸点と呼びます。ふつう沸点と言うときは標準沸点のことである場合が多いです。
沸点は液面にかかっている圧力によっても変わります。これは液体内部で気体の塊(泡)が出来るわけですから液面にかかる圧力よりも泡の中の圧力が大きいという条件が必要なのです。蒸気の圧力には最大値があります。もうこれ以上溜めることが出来ないという時の圧力を飽和蒸気圧といいます。蒸発しやすい気体は飽和蒸気圧が大きいと言うことが出来ます。飽和蒸気圧よりも圧力が高くなるようにすると一部が液体に戻ってしまいます。

飽和蒸気圧は温度によって変化します。これをグラフにしたものを蒸気圧曲線といいます。教科書にも載っていることが多いです。水とアルコールとエーテルを比較した図が出ています。
泡の中はその液体の蒸気で満たされていますから沸騰の条件は「飽和蒸気圧は外圧よりも大きい」ということになります。蒸気圧曲線で圧力が外圧に等しくなるところの温度を求めると沸点が分かります。
やかんでお湯を沸かすときふたをしているときとふたのない時で沸点は変わります。生じた蒸気が逃げずに閉じこめられていると液面にかかる圧力が大きくなるからです。圧力釜はこれを利用しています。
液体が気体になるときは周りとの繋がりを断ち切る必要があります。分子間に働く力が大きいと沸騰させるのに高い温度が必要だというのは今までの方が書いてくれています。

液体が気体(蒸気)に変わる変化は一般に気化といいます。気化には2つのタイプがあります。
液体の表面からだけ気化が起こる場合は蒸発と呼ばれています。蒸発はどの温度でも起こりますが温度が高い方が起こりやすいです。温度を高くしていくとあるところで液体の内部からも気化が起こり始めます。周りの液体を押しのけて気体になってしまいます。泡として観察されます。この現象を沸騰と呼んでいます。蒸発は目に見えませんが沸騰は目で見て分かります。沸騰はある温度で起こります。その温度を沸点と呼んでい...続きを読む