プロが教えるわが家の防犯対策術!

テレビのニュースで、加害者や被害者の顔写真を、現在の写真ではなく、何十年も前の物をつかうのですか?
以前、何かのテレビでその訳を説明している事があって、その時は「なるほどね~」と、納得した覚えがあるのですが・・それがなんだったか忘れてしまいました。
どなたか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一番早く、確実に顔写真が手に入れやすく、問題が少なくて無難なのが、「卒業アルバム」なんですよ。



名前と住所や出身地くらいが判れば、出身学校が判りますし、卒業生の人数分以上に作られてますので、手に入れやすいし、限定的とは言え複数に頒布されたものだから、プライバシーの心配なども少ないワケです。

実際にマスコミから「卒業アルバムを貸して下さい」みたいな要請を受けたことがありますよ。
当然ながら、「ドコで私の連絡先を知ったのか?」とかの質問には答えないし、謝礼も無いとのことなので、断りましたけどね。

それ以外だと、完全に個人情報の領域です。
家族に「写真提供してくれ」なんて言っても、断られる場合も多いだろうし、知人・友人・恋人などのプライベートな関係とかまでは、スグには調べられないし。
調べたところで、誰がどういう写真を持ってるか?までは判りませんからね。

その次が、プリクラ写真とかも増えましたね。
そう言うのは、取材した友人などから、その場とかで借り受けるんでしょう。

しかし・・・殺人事件などで、ピースサインに笑顔なんてのは、被害者の方はまだ良いけど、加害者ではまず使わないですね。

取材などが進むと、ちょっとずつ、まともな写真などになっていきます。
    • good
    • 0

一番大きいのはプライバシーの問題です。


被害者はもちろん、加害者(被疑者)はまだ被疑者であって、刑が確定したわけではありません。
手錠をぼかすのも同じ事情で、これはロス事件の三浦和義が手錠写真を掲載した雑誌を訴えて認められたことから、マスコミがナーバスになってそれ以来ボカシが入ります。

ただこれには例外があります。
ひとつはオウム真理教で、上九一色村のサティアンの強制捜査で麻原が捕まった際、通常であれば護送車はカーテンが引かれて中はまったく見えないようにしますが、これについては“あえて”丸見えにして、麻原及び紫ピンク色の衣装が晒されることとなりました。
これは、これだけ凶悪な犯罪を起こした人物を見せしめにするという意味合いがあったようです。
それと、最近の尼崎事件の角田美代子容疑者ですが、別人の写真が広く出回っていて後になって訂正されました。
これについては今後誤った写真が出回らないように、捜査側が“あえて”最近の写真を公表したものです。
なので、写真や映像を公開するかどうかは、基本的にはプライバシーなんですが、実のところは捜査側の胸三寸というあいまいな部分もあります。
    • good
    • 0

こんにちは。



裏が取りやすいからですね。
    • good
    • 0

それしか写真が手に入らないからですよ。


逮捕、拘留されている人に写真を借りることは出来ないですが、
卒業アルバムの写真であれば、同級生なら持っているわけですから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、ニュースに若い時の顔写真を使うのか?

なぜ、ニュースに若い時の顔写真を使うのか?

この頃ニュースを見ていて違和感を覚えるのが
被害者や加害者の顔写真に20年前の写真を使う場合があります。
何故なんでしょう?

最近では高校教師殺人の38才の容疑者に高校時代の顔写真を
使ってました。
多分、現在とは違った容姿のはずなのに、何故そんな写真を使うのでしょうか。
最近、よくこんな例が目につくのですが、前からあった事でしょうか

特に疑問と思ったの次の項目です。

 1. 何故、容姿が違う昔の写真を使うのか。使う必要があるのか
 2. 報道する側は、年齢差はどの位まで容認して使うか?
   逆に報道を見る側の方はどこまで容認できますか?
    例えば50才なら40、30、20、10、5才?
       20才なら?才 70才なら?才

ご回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

 新聞記者OBからの回答です。昔の写真を使うのは、新しい写真を入手出来ないからです。

 昔は容疑者を逮捕した場合、警察が非公式に写真を出していました。しかし人権の問題もあり、今は止めているようです。

 このため、記者はまず、容疑者の自宅に行きます。しかし家族が写真を提供するはずがありません。そこで近所を聞き込みに回り、顔写真を持っていそうな友人を探します。

 今回の高校教師殺人の場合も多分、高校の同級生が提供した卒業アルバムの写真だと思います。
 
 「1. 何故、容姿が違う昔の写真を使うのか。使う必要があるのか」についてですが、「無いよりは、昔のものでも掲載したほうがまし」と「他社が使っているのに、一社だけ無視できるか」という問題になります。新聞もテレビも“過当競争”を繰り広げていますので、結局すべてのメディアに載ることになります。
 
 「2. 報道する側は、年齢差はどの位まで容認して使うか?」については、はっきりした基準はありません。私は大手3紙のひとつに勤務していましたが、社内の「紙面審査」で問題になったことがありました。しかし結論は「新しい写真を使うよう努力する」でした。

 さらに、問題なのは死亡記事です。資料部に古い顔写真しかないケースが往々にしてあります。また、芸能人によっては、20~30年前の写真を事前に「死んだらこの写真使って欲しい」と託すこともあります。

 いずれにしろ、「顔写真取り」は新米記者の仕事です。事件がらみの時は特に辛い仕事で、何の変哲も無い一枚の小さな顔写真に、記者の“血と涙”が染み込んでいることもあります。
す。

 私もラブホテルで殺された女性の自宅に行って、バットで殴られそうになったことがありました。




 

 新聞記者OBからの回答です。昔の写真を使うのは、新しい写真を入手出来ないからです。

 昔は容疑者を逮捕した場合、警察が非公式に写真を出していました。しかし人権の問題もあり、今は止めているようです。

 このため、記者はまず、容疑者の自宅に行きます。しかし家族が写真を提供するはずがありません。そこで近所を聞き込みに回り、顔写真を持っていそうな友人を探します。

 今回の高校教師殺人の場合も多分、高校の同級生が提供した卒業アルバムの写真だと思います。
 
 「1. 何故、容姿が違う昔...続きを読む


人気Q&Aランキング