人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

土地を購入して家を建てて2年以上過ぎましたが、最近「ある程度は自己資金がないと・・・」という話をよく聞きます。
実は、我が家では100%ローンですが、なぜ自己資金が必要なのでしょうか?
家を建てた時は夫婦とも20代、今も共働きです。(今後たぶん、お給料が上がらないことはあり得ますが、下がることはないと思います。そういう職種です)
今のところ生活は全然苦しくないですし、当時の家賃と同程度(17万弱)しかローンに回していません。
何がどうして自己資金が重要なのか、今さらなのですが、世間では何を問題にしているのか、自分が何か見落としていたのかとちょっと不安になっています。

A 回答 (6件)

理由は以下の通りです。



a)不動産の価値は新築時よりも急速に価値が下がるので一時的に債務超過となります。
これは支払が困難とか転売したくなったときに困ります。

b)審査が厳しくなる
収入が少ない場合など厳しくなります。保証人を求められる場合もあります。

c)諸費用が出ない
基本的には諸費用はローンの対象外ですから(書類をごまかして含める例はありますが)、諸費用ローンのような金利の高いローンを別途組む必要がある。

d)金利の支払額を考えると結果として損になることがある。
 (ケースバイケースです)

最後の話(d)について損になるケースを簡単に試算してみましょうか。
即購入して35年返済とした場合と、5年まって購入した場合で、今から35年後での、両者の預金金額の違いを比較します。

<条件>
購入物件価格:3500万円
ローン金利:3.5%
物件の固定資産税:年10万円
物件の火災保険:年5万円
物件の維持費:年15万円
賃貸時家賃:月14.4万円
ローン支払費用は家賃金額の14.4万円と同程度とする。
住居費と貯蓄に回せる毎月の金額:24万円/月

1.即ローン
住居費(含む税、保険、維持費)として支払った総額は71,253,723円
貯蓄残高は29,546,227円
(ただし諸経費は手持ち資金でまかなうか初めから物件価格に組み込まれていると考えた)

2.5年まって頭金をためて購入した場合
住居費(含む税、保険、維持費)として支払った総額は68,034,105円
貯蓄残高は32,765,895円

預金残高を見ると300万円ほど後者の方が得になりますね。

2のケースでは、頭金として約572万円を入れたため、ローンの期間が初めから26年ですみました。
これによりかなりの利息払いが圧縮でき、同じ返済金額でありながら31年で支払が完了し、残り4年間は貯蓄に精を出せたことが大きいです。

金利については微妙な話があり、
借り入れ期間が短ければもっと安い金利のものが使えるから更に特になるという考えもありますが、逆に将来金利が上昇するから結局変わらないとか、逆に高くなる可能性もあるという考えもありますので、ここではとりあえず同じ金利として計算しています。

もちろんすべてのケースでそうなるわけではなく、時として頭金が少なくても借りた方が得という場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなり、失礼しました。
具体的に数字を出して説明して頂くと、家賃とのかねあいなどもよくわかりました。
そういえば、住宅ローンを組む前、家人がエクセルでいろいろ関数を打ち込んでいたような気がします。
ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2004/02/25 19:35

住宅に必要な資金を100%借り入れすることができない場合が多いからです。


住宅金融公庫なら多分80%くらいしか、貸してくれないかも。
私も諸経費分+家具代等の資金を準備しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
他の方も同じようなことを教えて下さっていますし、よくわかりました。

お礼日時:2004/02/25 19:36

簡単に言えば、利息の分だけ金融機関に無駄にお金を払わなくて済むからです。



1000万円の借り入れでも、年利や返済期間によっては1200万円
返さなくてはならなくなります。
200万円は金融機関の儲けですから、借りた方が得することは
殆どありません。
(キャッシュを保有している事にリスクが無いわけではありませんが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、利息分の話ですか・・・

お礼日時:2004/02/25 19:16

貴方の場合は、多分、年収などの関係で、平気だったのでしょうが、100%ローンって組めない人も多いんですよ。


それは人によりますので、貴方の場合は、気にする必要はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
気にする必要ない、と言って頂いて心から安心しました。
なんか「ほっ・・・」という感じです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/02/19 12:25

あくまで一般論ですが・・・。



普通、自己資金(頭金)が多ければ借り入れ金額が少なくて済みますよね。
そうすればローンの返済が楽になる。
これに尽きるでしょう。

今の時代、必ず終身雇用で定年まで収入は安定すると言いきれる職業は少ないでしょうし、金利で余計なお金を払うよりは頭金を多くして置いた方がトクだと考える方が自然でしょう。

p_nonokoさんの場合も、もし1000万円ぐらい頭金が用意できていれば、ローンの返済額が今よりも少なくなりますよね。
今は苦しくないとのことですが、今より1つグレードの高い生活ができたでしょう。
一般的には少しでも楽になるから・・・という理由が多いですが。

怪我や病気、女性なら出産など、仕事を続けにくかったり、収入がなくなったりすることもあり得ます。
お子さんができれば今よりも出費は増えるでしょう。
そういう状況も想定すると、借金は少ないに越したことはないでしょう。

自己資金が多い方が・・・というのは、あくまで楽になるようにとの考えからです。
p_nonokoさんが何かを見落としているというのではないと思います。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
子どもはもういますし、生活のグレードを上げるってどういうことかよくわからないので、ま、いっかな、と考えることにします。
でもやっぱり自己資金溜める間の家賃分ってかえって損になるんじゃないかなぁ、とそこのところは相変わらず頭が悪くて理解できないでいます。
お金の計算ができる人って、すごいなぁ、と感心する日々です。

お礼日時:2004/02/19 12:24

単純に、支払い総額が少なくて済む、ってことだと思うんですけどね。



ローンには利息がつきますから、借りる額が多ければそれだけ支払わなければいけない額も増えますし。

ある大手都銀の試算サービスで計算してみました。
借入金額だけ変更して、その他の条件はすべて同じです。

例えば4000万円を25年ローンにすると年間の返済額は約212万円。

これが3000万円なら約160万円、2000万円なら約106万円になります。結構大きな差でしょ(^^ゞ。

可能であれば、繰り上げ返済などを活用されたほうがよろしいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
そういうことなんですね。
繰り上げ返済は今でもよく使っていますが・・・
いやぁ、貯金が溜まるのを待つ間に払う家賃分を考えると(その分って要するに捨て金ですよね)しかも貯金を溜めにくい性格なことも考え併せると、本当に頭金を溜める方が得なのか、私にはよく理解できなかったもので。

お礼日時:2004/02/19 12:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家を建てるのにいくら頭金を用意しますか。

こんにちは。

主人が家を建てたいといってます。
しかし今、うちには200万ほどの貯金しかありません。

仮に土地、家、すべてで3000万の家を買うとして200万円で残りをローンにした場合と

今賃貸(55000円)に何年かすんで、年50万の貯金をしていき、それを資金に3000万円の家を買うのと

最終的にどちらが支払い総額が安いのでしょうか。金利を計算すると・・??

主人は家を買うなら今年だ!と建築関係の人に押されてすっかりその気です。
今年ならなにか得することってあるんですか?

家を持つと税金がかかったりもしますよね?

ちなみに26歳夫婦子供一人です。

無知なため乱文ですいません。なにか説明不足があれば補足します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応もう少し計算した結果をお示ししておきますね。
まず家賃5.5万のほかに貯金が年50万できる、つまり居住費として利用できるという前提で考えますと、3000万の物件は購入できないと考えるのが妥当です。
固定資産税と家の維持費用などを考えると月に約2.5万円程度は出費があると考えるべきです。

一方収入は5.5万+50万/12=9.6万程度なので、ローンにまわせる費用は月7.25万程度になります。
そうしますと、月7.25万の支払でローンを組むことを考えると、金利3.5%、35年返済としても1750万程度が限界となります。現在の長期金利は最低に近い住宅金融公庫でも3.8%(団信保険料含む)程度ですから、これは厳しい結果となります。
もちろん3年固定金利のような金利が安いものはありますが、将来的には金利は上昇するでしょうから大幅な繰り上げ返済が可能な人=つまり毎月の余剰資金が豊富な人でなければ利用できないと考えるべきです。

で、可能なプランとしては今すぐ1750万位の借り入れですむ物件を購入するか、あるいは、10年かかって500万貯蓄し(今ある200万は諸費用に消えます)、頭金とすると2250万の物件が購入可能になります。

もし現状で出来る毎月貯蓄金額(あるいは年間で貯蓄できる金額の月割り金額)が9.4万/月(年間113万)あれば、3000万の物件でも今購入は出来ます。
その場合でも、即購入した場合は35年後には貯金は0ですが、5年間頭金を貯めて564万の頭金で購入した場合は30年後にローンの支払は完了し、35年後には1400万の貯蓄に成功します。

一応もう少し計算した結果をお示ししておきますね。
まず家賃5.5万のほかに貯金が年50万できる、つまり居住費として利用できるという前提で考えますと、3000万の物件は購入できないと考えるのが妥当です。
固定資産税と家の維持費用などを考えると月に約2.5万円程度は出費があると考えるべきです。

一方収入は5.5万+50万/12=9.6万程度なので、ローンにまわせる費用は月7.25万程度になります。
そうしますと、月7.25万の支払でローンを組むことを考えると、金利3.5%、...続きを読む

Q頭金なしで家を購入した方

頭金なしで住宅を購入するのは良くないと聞きますが
(後々大変なのも分かる気はするのですが)
購入しようかと検討しています。
そこで、実際、頭金なしで購入した方で
購入の前後で大変だったこと、後悔した・良かったなど、経験談を聞かせて頂きたいのです。
宜しければ、新築・中古、戸建・マンションなどや
ローン年数、月々の返済額などや
気をつけている点なども聞かせて頂ければ幸いです。
頭金は入れたが、自己資金が少なかった方でも結構です。
私は、出来れば新築マンションで月々の返済は13~15万円ほど(管理費・修繕費込み)ボーナス返済無しで、ゆくゆくはパートなどで繰り上げ返済が少しでも出来ればと思っています。
どうでしょうか?↑
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

頭金はあればあるだけ、もちろんローン返済はラクでしょうが、私が思うのは、要は借入金がいくらか、月々の返済額がどれくらいか、ローン期間はどれくらいかが、問題であって、
頭金が1千万でも、ローンが3000万円あるのと、
頭金がゼロでも、ローンが2000万円あるのとでは、
後者の場合の方がラクですよね。

我が家はちょうど1年前に新築建売住宅を購入しました。
元々家を買うなんてことは考えていなく
一生賃貸でいいねなんていっていたのです。
それまでの賃貸住宅では月々の家賃、駐車場、管理費合わせて84000円払っていました。

ところが、ちょっとしたきっかけで新築物件を見に行くことになり、いろいろ話を聞いたところ、
頭金ゼロで、しかも月々の返済額は86000円のボーナス払いなし。ローン期間35年。ということがわかりました。

それで、簡単に購入してしまったわけです。

土地45坪、4LDK、駐車2台分スペース、南向き庭あり。
これで、諸費用を含め2600万でした。

毎月ローン返済は、今までの賃貸の家賃とほぼかわらず、
特に生活上苦しくなったことはありません。
ただ、この先金利がどうなるかで、返済額も上下するかと思いますが、いきなり大幅に金利が上がるとも思えないのですが・・(そのときは、景気がよくなっているはずですしね)

ローンはいずれ終りがきます。もし夫に万一のことがあったら、ローンも終了となります。
賃貸は一生払わなければ生活できません。

頭金をためてから・・と思っていると
我が家の場合ですが、数百万貯めるのに、一体何年かかるか・・
そんな先では、年齢的にも長期ローンが組めなくなり
逆に毎月の返済額は高くなってしまうことでしょう。

だったら、頭金ゼロで購入しておいて、
頭金の貯金のつもりで、それを住宅ローンにあてながら、
新築の家で快適な生活をしていた方がいいと思いました。

ただ、よく物件のチラシなどに載っている“頭金ゼロ~OK”というものの多くは、あくまでも物件価格であって、諸費用は現金でお願いしますといわれることがあります。
うちは、それでも諸費用も含めて全額ローンにしてもらいましたが。

それから、銀行などでローンを組む際は、車のローンなどが残っていると難しいです。
購入を考えているならば、他にローンを今後組まないようにしたほうがいいですね。

頭金はあればあるだけ、もちろんローン返済はラクでしょうが、私が思うのは、要は借入金がいくらか、月々の返済額がどれくらいか、ローン期間はどれくらいかが、問題であって、
頭金が1千万でも、ローンが3000万円あるのと、
頭金がゼロでも、ローンが2000万円あるのとでは、
後者の場合の方がラクですよね。

我が家はちょうど1年前に新築建売住宅を購入しました。
元々家を買うなんてことは考えていなく
一生賃貸でいいねなんていっていたのです。
それまでの賃貸住宅では月々の家賃、駐車場、管理費合...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q住宅ローンの繰上げ返済後、ローン保証料はいつごろどれ位もどりますか?

銀行に電話したのですが、「わからない」という感じで回答がもらえなかったので質問させて頂きます。

昨年5月物件購入、6月からローンの引き落とし開始。(元金均等支払)
今年1月、約500万円の繰上げ返済を行う(返済月を短縮)
三菱東京UFJ銀行

1.保証料の返還があると思うのですが、保証会社からいくらくらい戻るとかの案内はありますよね?繰上げ返済実行後どれくらいで案内がくるのでしょうか?

2.保証料返還に手数料が取られるのは知っていますが、上記の場合、大体いくらくらい戻ってくるでしょうか?

大体でいいので、繰上げ返済をご経験の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

繰上返済の経験は、自分自身ではなく、仕事で担当したことがあります(私は金融機関に勤務している住宅ローン審査経験者です。保証会社に出向していたこともあります)。

保証料の返戻は保証会社が行うことなので、確かに銀行では「分からない」としか回答のしようがないことです。
ですから、この回答をした銀行の態度を「冷たい」とは受け取られないでいただきたいのですが…。

> 1.保証料の返還があると思うのですが

『全額繰上返済』の場合は、殆どの保証会社で保証料の返戻を行っていると思いますが、ご質問者さまがされた繰上返済は『一部繰上返済』になります。
『一部繰上返済』の場合、例え、繰上返済額が多く、期間短縮型でも「保証料の返戻はしない」としている保証会社もあるんですよ。
ですから、ご質問者さまがご利用になっている保証会社との『保証委託契約』のなかの「保証料の返還」などの条項がどうなっているかを拝見しないと、「はい、保証料の一部が返ってきます。」という回答を差し上げることはできません。
ご質問者さまのお手元にある、保証会社と取り交わした『保証委託契約』には「一部繰上返済の場合の保証料の返還」について、どのように記載されているでしょうか?

> 保証会社からいくらくらい戻るとかの案内はありますよね?
> 繰上げ返済実行後どれくらいで案内がくるのでしょうか?

私が出向していた保証会社では、繰上返済実行後何日で…というより、「保証会社に繰上返済関係の資料が届いた順」に保証料返戻の作業をしていました。
「繰上返済日が何日から何日までのものは何月何日に返戻する」というよりは、「何日から何日までに資料が届いたものは何月何日に返戻する」というカンジでした。
保証料の返戻日(口座振込日)を「月に3回(3日、13日、23日だったかな?)」と定めていたので、口座振込の案内は、その1週間前くらいにお客様の手元に届くようにしていました。
全額繰上返済の方が、保証料の返戻は早かったです。

> 2.保証料返還に手数料が取られるのは知っていますが、上記の場合、大体いくらくらい戻ってくるでしょうか?

借入金額:1,600万円、返済期間:25年、初回返済:平成19年6月、元金均等返済で、平成20年1月に期間短縮型で約500万円の一部繰上返済…となると、短縮された期間は、100回~110回分程度になるかと思います。
一括前払い型の保証料は、適用された料率によっても違ってきますから、ご質問者さまが当初いくらくらいの保証料を払われたかですが…。
一般的な料率を当てはめましても、20万円~40万円程度と、推測される幅が広いんです(一括前払い保証料は、借入金額が一緒でも、借入期間と保証料率によって違ってきます)。
実際、保証料はいくら払われたのでしょうか?
借入金額の3分の1近くを繰上返済したからといっても、一括前払い保証料も3分の1近くが戻ってくる…ということはあまりないです。
仰っているとおり「手数料」も差し引かれますし、「既経過分の保証料」も差し引かれます。
当然に借入残高は当初の方が多いですから、その分保証料も高くなります。
ですから、既経過分の保証料は一般の方が思っていらっしゃるより「高い」です。
既経過分と手数料を差し引いて考えると、戻ってくるのは「3万円~10万円」程度ではないかと思います(適用された保証料率によって差が出ます)。

繰上返済の経験は、自分自身ではなく、仕事で担当したことがあります(私は金融機関に勤務している住宅ローン審査経験者です。保証会社に出向していたこともあります)。

保証料の返戻は保証会社が行うことなので、確かに銀行では「分からない」としか回答のしようがないことです。
ですから、この回答をした銀行の態度を「冷たい」とは受け取られないでいただきたいのですが…。

> 1.保証料の返還があると思うのですが

『全額繰上返済』の場合は、殆どの保証会社で保証料の返戻を行っていると思いますが...続きを読む

Q家の前がゴミ収集場所になってしまった

4月5日に一戸建てを購入し(契約完了)、6月25日に引越しが完了しました。

ゴミ収集場所については、契約完了前に調べていました。
その時は、特に収集場所などは決まっていなかったようで、「ゴミは各自家の前に出す」となっていたようです。
近所の人数人に確認もしました。
そこはここ4~5年で家が立ち始めた所で(新興住宅地、と言うのでしょうか)、初めからそのようになっていたとの事でした。

しかし、今日がゴミ収集日だったのですが、何故が近所の人がうちの前にゴミを捨てて行くのです。
正確には、家の前の電柱の所なのですが、当然「うちの塀の前」でもあります。
捨てに来た人に話を聞いてみると、「今日からここになったらしい。自治会で決まったと回覧版が回ってきた」とのこと。
もちろん、私達はそんな事は一言も聞いていませんし、契約時~引越しまでの間に不動産会社等から話はありませんでした。

当事者(収集場所となった家の住人)が了解していないのに、勝手に決めるなんて許せません。
明日にでも自治会(自治会長)に文句&収集場所変更を言いに行くつもりなのですが、このような事が法律的にはどうなのか知りたくて質問させていただきました。

よろしくお願いします。

4月5日に一戸建てを購入し(契約完了)、6月25日に引越しが完了しました。

ゴミ収集場所については、契約完了前に調べていました。
その時は、特に収集場所などは決まっていなかったようで、「ゴミは各自家の前に出す」となっていたようです。
近所の人数人に確認もしました。
そこはここ4~5年で家が立ち始めた所で(新興住宅地、と言うのでしょうか)、初めからそのようになっていたとの事でした。

しかし、今日がゴミ収集日だったのですが、何故が近所の人がうちの前にゴミを捨てて行くのです...続きを読む

Aベストアンサー

解決にかかるアドバイスは既に出ていますので、法律面でお答えします。

自治会は通常地方自治法にいう「地縁による団体」に該当し、その権利義務につき概要以下のとおり定められています。

第二百六十条の二
第一項 町又は字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体(以下本条において「地縁による団体」という。)は、地域的な共同活動のための不動産又は不動産に関する権利等を保有するため市町村長の認可を受けたときは、その規約に定める目的の範囲内において、権利を有し、義務を負う。

第二項 前項の認可は、地縁による団体のうち次に掲げる要件に該当するものについて、その団体の代表者が総務省令で定めるところにより行う申請に基づいて行う。
一  その区域の住民相互の連絡、環境の整備、集会施設の維持管理等良好な地域社会の維持及び形成に資する地域的な共同活動を行うことを目的とし、現にその活動を行つていると認められること。
(中略)

第八項  第一項の認可を受けた地縁による団体は、民主的な運営の下に、自主的に活動するものとし、構成員に対し不当な差別的取扱いをしてはならない。
(以下略)

これに鑑み、現行の規約がどうなっているかを自治会の役員の方も含めてよく確認し、なしではすまされないごみの処理についてどうするのが最も公平かをよく話し合われるのがよろしいかと思います。

(これ以外には、自治体での個別条例がある場合は別として、法律レベルで自治体のごみ収集について法律で定めたものはないと思います。自治会ベースの決定であれば個人間の争いでもないため、民法も直接は適用されないと考えます)

以上、ご参考になれば幸いです。

解決にかかるアドバイスは既に出ていますので、法律面でお答えします。

自治会は通常地方自治法にいう「地縁による団体」に該当し、その権利義務につき概要以下のとおり定められています。

第二百六十条の二
第一項 町又は字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体(以下本条において「地縁による団体」という。)は、地域的な共同活動のための不動産又は不動産に関する権利等を保有するため市町村長の認可を受けたときは、その規約に定める目的の範囲内におい...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q新築、見積もりオーバーでで削ったものは?

自宅を新築するのに、打ち合わせの最中です。
そろそろ最終の見積もりが出そうなのですが、明らかに予算オーバーしていそうな気配です。
でも、ここまでくると、何を削っていいのやら・・・と悩んでいます。

そこで、注文で家を建てた皆様、聞かせてください。
皆さんが、予算オーバーで、最後にあきらめたものは何ですか?
そこをあきらめて、家が完成した後、やっぱり少々高くてもつければ良かったなあ・・・と後悔しませんでしたか?
そこをあきらめて、いくらぐらい見積もりの金額を減らしましたか?

わかる範囲で、気軽に教えてくれたらうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハウスメーカーさんで外注設計をやっている者です。
仕事柄、直接お客様とプランの打ち合わせを行っていくうちにいろいろつけたくなるのもわかります。
気がつくと「え!!!」と思うような金額が出てから
あれこれ削っていくのも大変なのもよくわかります。

まず「ここはどうしても譲れないもの」を順位を付けて整理してみてください。

細かいものを説明していくと・・・

(1)大きく金額が調整できるもの
 オプションになるようなもの(特にハウスメーカーさんで多い)
 浴室やキッチンのグレードなどを
 上げたことによる追加金額は結構なものです。
 ただこれを削って後で後悔する方も多いので
 譲れないものの上位にあるのであれば
 やめておいたほうがいいと思います。
 (建てた後での後悔がずっと続きますから)

(2)後付ができるもの
 エアコンやカーテンなど住んでから後で
 取付可能なものも結構金額がいくものです。
 自分の足で探せは安いものはあります。
 これらのものは入居したときに
 付いていると気持ちがいいものですが
 ハウスメーカーさんや工務店さん経由だと
 どうしても利益を上乗せせざる負えませんので
 この辺から削っていくお客様は多いです。

(3)オーダーものを抑える
 造りつけの家具や造作工事等のものです。
 耐震的な面で最近、お客様のご要望が多いんですが
 材料や大工さんの手間などがかかってきます。
 案外、通販などの家具のほうが安かった
 ってケースも多いです。
 この辺は迷うところですが妥協できるのであれば
 安く抑えられると思います。


やってほしくないのは・・・
「本体の金額や材料等を下げること」
友人の家はこれをしてしまったことで
最後の最後まで建築した工務店さんといろいろ
もめてました。
本体を値引きするということは
材料のランクも下げなければならないし
やはり手抜き工事になりやすいです。
これだけはしないほうがいいです。絶対に!

 

ハウスメーカーさんで外注設計をやっている者です。
仕事柄、直接お客様とプランの打ち合わせを行っていくうちにいろいろつけたくなるのもわかります。
気がつくと「え!!!」と思うような金額が出てから
あれこれ削っていくのも大変なのもよくわかります。

まず「ここはどうしても譲れないもの」を順位を付けて整理してみてください。

細かいものを説明していくと・・・

(1)大きく金額が調整できるもの
 オプションになるようなもの(特にハウスメーカーさんで多い)
 浴室やキッチンのグレード...続きを読む

Q予算を500万オーバー、削る所を教えてください

家族6人(子ども2人、夫、妻、義父、義母)で延べ床面積58坪の家です。完全同居プランですので、水周りも1つずつ玄関も1つです。

初めての見積り額が予算(3500万)をオーバーしていて約500万円分カットしなければなりません。どこからカットしていいのか迷っています。

ほぼ総2階の長方形(玄関部分のみ飛び出ています)の切り妻屋根です。海からは遠いですが、風の強い地域で塩害の恐れがあるためカラーステンレスの屋根をガルバにすることはできません。

とりあえず面積の大きいものから削るのがいいかと思い、外壁で80万くらいカットできそうですが、残り400万ほどどこで削ったらいいのか?水周りの質を落とすことを思いついているくらいです。

設計士からは蓄熱式の暖房を辞めて、高気密を辞めればそれに付随してかなりの金額が落とせると提案されています。
しかしながら、ランニングコストが上がるのは嫌です。
素人ながら、金利が上昇しても家計が持ちこたえるだけの金額を予算設定したので予算以上の金額を出すつもりはなく、どんなに設備面で削っても無理なら坪数を削るつもりです。でも完全同居なのでできればこれ以上義父母との距離感が狭まるのは耐え難いのでなんとか材料等で落としたいので、落としても支障がなさそうなものを教えていただけたらありがたいです。見積書を実際にお見せしているわけではないのでお答えしづらい面もあると思いますが、よろしくお願いいたします。

家族6人(子ども2人、夫、妻、義父、義母)で延べ床面積58坪の家です。完全同居プランですので、水周りも1つずつ玄関も1つです。

初めての見積り額が予算(3500万)をオーバーしていて約500万円分カットしなければなりません。どこからカットしていいのか迷っています。

ほぼ総2階の長方形(玄関部分のみ飛び出ています)の切り妻屋根です。海からは遠いですが、風の強い地域で塩害の恐れがあるためカラーステンレスの屋根をガルバにすることはできません。

とりあえず面積の大きいものか...続きを読む

Aベストアンサー

4000万円→3500万円の減額は、さほど難しいこととは思いません。
建築家は何をしているのでしょうか???

以下、他の回答者と重複する部分があるかもしれませんが、列記します。
・カラーステン屋根仕様変更(コロニアル等)。ステンは「錆びにくい」だけで、錆びないわけではありません。塩害を心配されるのであれば、避けた方がよろしいでしょう。
・フローリング変更。同等品で、より安く入れられる他社製品を施工者に提案してもらいましょう。実際にサンプルを見てから決められてはいかがかと思います。
・ビニルクロス変更。サンゲツSPシリーズなどの廉価版から選ばれてはいかがでしょうか? 種類は豊富にあります。
・耐震壁を合板でつくっているようであれば、筋交いに変更してもらいましょう。最近合板の価格が上がっていますので。外壁の通気胴縁内側が合板でなくなれば、遮湿フィルムも不要になります(関東以西)。
・基礎が布基礎になっている場合には、べた基礎に変更するとお金が落ちる場合があります。
・畳の部屋はありますか?縁なし畳は高いので、縁ありに変更すると減額になります。
・巾木が木製であれば、樹脂製に変更すると減額になります。
・給湯器を、工務店さんの得意なメーカーに変更すると1万円程度の減額になります。
・竣工写真代や工事看板代が計上されていませんか? んなもんなくても建物は建ちますので、外してしまいましょう。
・珪藻土をやめると、壁下地の仕様も変わります。その減額をお忘れなく。
・見積もり項目に重複がないかを丁寧にチェックしてみてください。基礎コンクリート工事と左官工事両方に基礎のモルタル補修が入っていたり、土工事と外構工事両方に鋤取りが入っていたり、見積項目に重複がある場合も少なくありません。

本当は、相見積もりをとって、数量や単価を突き合わせてみるといいのですが。他社と比べて突出して数量が多い場合や単価が高い場合には、充分ネゴが可能です。

私の経験では、大きな減額をいくつか探すのではなく、細かい減額をたくさんかき集め、地道に積み上げていくほうが、結果として大きな金額を減らすことができます。このやり方であれば仕様や坪数をほとんど変えずに、1割超は楽に減額できます。また、工事費=税+工務店の経費+直接工事費という構成になっています。直接工事費を減らしたら、工務店の経費も同じ比率で減額できますので忘れないようにしましょう。消費税も同様です。

4000万円→3500万円の減額は、さほど難しいこととは思いません。
建築家は何をしているのでしょうか???

以下、他の回答者と重複する部分があるかもしれませんが、列記します。
・カラーステン屋根仕様変更(コロニアル等)。ステンは「錆びにくい」だけで、錆びないわけではありません。塩害を心配されるのであれば、避けた方がよろしいでしょう。
・フローリング変更。同等品で、より安く入れられる他社製品を施工者に提案してもらいましょう。実際にサンプルを見てから決められてはいかがかと思います。...続きを読む

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q大手ハウスメーカーとの請負契約の注意点について

注文住宅で請負契約の締結を急かされています。
大変恐縮ですが、間取りの大幅な変更が現時点で予想される前提で
請負契約の締結をした場合、
1)想定しうるトラブル
2)想定しうるリスク
などをアドバイスください。
なお、状況としましては、
請負契約後も、大手ハウスメーカーの営業責任者から
・請負契約前の間取りプランに対して、変更が生じても
 見積もり時と同等の積算をする
 そのため、本体価格も見積もり時を基準に考えれば
 コスト高にならない
・間取りの変更は、上記の考えに沿い、
 建築確認申請前なら何回でも可能。
※検討先は、大手ハウスメーカーで木造で実績があるところです
 違約金は本体総額に乗じた一定率発生すると説明されています

お忙しい中恐縮ですが、重ねてアドバイスのほど、よろしくお願い致します

Aベストアンサー

先日、大手ハウスメーカーの営業の方と話をしました。
昨年秋以降、住宅受注件数は減り始め、昨年度は上期の受注分を下期で着工したため、売り上げに大きな下落はありませんでした。住宅は受注の約半年後に建築が完成し売り上げが計上されます。そのため、今期は非常に苦戦していて、このままだと下期の売り上げは燦々たる結果になりそうだと嘆いていました。

>注文住宅で請負契約の締結を急かされています。
下期の売り上げ確保のために9月に契約し、詳細を打ち合わせして、11-12月に着工できれば3月には引き渡しでき、売り上げが計上できるため、営業マンのあせりがでていることも考えられます。

そもそも、No.1さんの回答にもありましたが、土地は所有済みで家屋のみも発注なのですか?建築条件付で土地を含めた購入なのでしょうか?
ハウスメーカーは1社のみで競合させなかったのでしょうか?

想定しうるトラブル・リスク
1)メーカーには規格サイズ(モジュール)が決まっている場合が多く、間取りを変更した場合、自由設計でも不可能な間取りもあり、部屋の広さなど妥協しなければならないものがでてくる可能性があります。
2)間取り変更により柱数、壁面積が増えた場合、見積条件と異なるため、間違いなく追加請求が発生します。契約金額は大きく値切れますが、追加請求はほとんど値引きしてくれません。こんなはずじゃなかったなんてことにならなければよいのですが…
3)例えば見積もり時、風呂は1階であったものを2階に変更した場合、明らかに見積もり条件とは違うので追加請求対象になりコストアップになります。私は契約前に変更しましたが見積で30万円位上がりました。
4)私の場合ですが、契約後の詳細決定時に床材の変更、ウォークインクローゼット内に作りつけ棚・扉等の追加、キッチンの変更、LANボックス追加など細かく確認していくと色々と追加が出てきます。各部屋の扉取っ手をメッキからステンレスに変更や、コンセント、LAN・TVポート追加など積もり積もって100万円位の追加請求されましたが、値引きは微々たるものでした。
5)追加が多くなり予算を超えてくると担当から何か設備などを削ってくださいと言われます。
6)契約前なら違約金は発生しませんが、契約後に発注者都合で大幅に工期遅くなったり、最悪、契約解除になった場合、違約金が発生します。

私のように追加で100万円もでるとローンの考え直しなどの手間が発生します。契約前に間取りや見積条件の設備や建具を展示場等で確認し、しっかりと金額交渉をして納得の上で契約した方が良いと思います。

先日、大手ハウスメーカーの営業の方と話をしました。
昨年秋以降、住宅受注件数は減り始め、昨年度は上期の受注分を下期で着工したため、売り上げに大きな下落はありませんでした。住宅は受注の約半年後に建築が完成し売り上げが計上されます。そのため、今期は非常に苦戦していて、このままだと下期の売り上げは燦々たる結果になりそうだと嘆いていました。

>注文住宅で請負契約の締結を急かされています。
下期の売り上げ確保のために9月に契約し、詳細を打ち合わせして、11-12月に着工できれば3月には引...続きを読む


人気Q&Aランキング