出産前後の痔にはご注意!

日米開戦時、日本本土にはおおよそ何人くらいの欧米人がいたのですか。
彼らは、戦争中、どのように処遇されたのですか。

うろ覚えですが、東京近辺にいた人たちの一部は、軽井沢に移らされたそうです。
また、神戸の松蔭高等女学校で英語を教えていた英国人女性の手記では、
敵国人向けの配給センターで、約150人の米英人らが週3回、食料を受け取ったそうです。
外国人が入れる防空壕はないので、神戸空襲時は恐ろしかったそうです。

他方、英国にいた日本人はどんな処遇をうけたのでしょうか。
アメリカでの処遇は、本やテレビである程度のことは分かりましたが、英国ではどうなのか、さっぱり分かりません。
一例としてこんなケースがある、というような話を教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

詳細過ぎて抜粋は無理ですので、未読ならば、


下記URLを御覧になってみて下さい。

◇『お茶の水史学 巻43/お茶の水女子大学文教育学部
人文科学科比較歴史学コース読史会/1999-09』(1~48頁)
「太平洋戦争下の「敵国人」抑留 :
日本国内に在住した英米系外国人の抑留について(研究)/小宮まゆみ」
http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/handle/10083/891
http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/1008 …

続いて英国関連では…
読み辛いとのお叱りを受けるといけませんので、
一部抜粋してみましたが、
必要に応じ原本画像を御覧いただければと思います。

◆表題件名:1.在英国ノ部/1.マン島収容所視察報告
[階層]外務省外交史料館>外務省記録>A門 政治、外交>7類 戦争>0項>
大東亜戦争関係一件/交戦国間敵国人及俘虜取扱振関係/一般及諸問題/
在敵国本邦人収容所視察報告/在英ノ部 第一巻
[レファレンスコード]B02032526300[画像数]16
http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/image_B02032526300
<2/16>
昭和17-6072-電信 2月28日ベルン発/3月1日本省着
「マン」島ニ於ケル邦人抑留状況ニ関スル件

一、抑留所状況
「マン」島「キャンプ」ハ同島海水浴場旅館之ニ當テラレ
邦人抑留者ハ他國抑留者ト別ニ二旅館ニ収容サレ海岸散歩道ノ一部ヲ
散歩用ニ提供サル各室ノ設備ハ大體普通ノ「ホテル」ノ通リニシテ
食堂集會室ニハ暖房設備アリ
二、食事
日ニ二三度共質良ク量モ米ヲ除キテハ充分ナリ
三、医療
抑留者中四名氣管支炎或ハ風邪ニ罹リタルモ「ファルコン、ホスピタル」ニテ
治療ヲ受ケ快方ニ向ヒツツアリ同病院ハ設備良ク薬品モ充分アリ
四、衣服
身廻品ハ英國ヨリノを取寄ヲ許サレ衣服下着類ハ充分供與セラル
洗濯ハ「キャンプ」内テ行ハレ石鹸モ供與サル
五、金銭
「キャンプ」到着ノ際ノ所持金及其ノ後外部ヨリノ送金ハ各自ノ
「コント」ニ預ケ入レ必要ニ應シ使用シ得
六、酒保
目下整備中ニシテ煙草ハ品不足ノ爲最近二週間ハ一人週五本宛
シカ配給出サリシモ當局者ニ於テハ将来週二十本乃至二十五本ニ増加方努力中

以下省略

◆表題件名:1 英国
[階層]外務省外交史料館>外務省記録>A門 政治、外交>7類 戦争>0項>
大東亜戦争関係一件/交戦国間敵国人及俘虜取扱振関係/一般及諸問題/
在敵国本邦人収容所視察報告/在英ノ部 第四巻
[レファレンスコード]B02032531600[年代域]昭和18年8月6日~昭和20年3月13日[画像数]85
http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/image_B02032531600
<8/85>
昭和18-18843-電信 11月18日19:38ベルン発/19日19:00本省着
英国「マン」島P「キャンプ」抑留邦人左ノ通リ(十一名)…中略…
尚「スコットランド」第二十四「キャンプ」其ノ他英本国内何處ニモ抑留邦人ナシ(了)
<43・44/85>

(1)英国在住ノ抑留セラレ有ラザル日本人家族ニシテ援助ヲ要求シ得ルモノハ
五名ノ婦人ト八名ノ小児(少年三名及少女五名)ヲ以テ限度トセラレ居レリ。
男子ノ長期ニ亙ル抑留ノ結果凡ユル貯蓄ハ殆ンド使ヒ盡サレタルヲ以テ
若干ノ資金ヲ以テハ最早家族ヲ支ヘ得ズ。
之等ノ家族ハ現在英国貧民救済局ノ僅少ノ援助或ハ敵国人ニ対シテ制限的ニ
開放セラレタル労働可能性ニ依リ或ハ家具手廻品ヲ売却スル事ニ依リ生計ヲ立テ居レリ
(2)邦人集団ニハ相互援助機関ナシ
(3)家族ノ援助ニ為月々必要トスル最少額ハ五十磅(※ポンド)ナリ。
右金額ノ支拂ニ関シ信任者ハ各家族トノ関係ヲ適当ニ顧慮之有レリ。
(4)邦人抑留所内ニ於テスラ全ク無産ノ者十一人アリ。
之等ニ対シテハ信任者ハ月額四十四磅(※ポンド)ヲ與ヘ居レリ。


ほか、下記等は御時間の許す時にでも…

◇表題件名:
2.英領各地抑留邦人状況(抑留所視察報告ハA.7.0.0.9-11-1-10-2)/
2.在英本国邦人状況
[階層]外務省外交史料館>外務省記録>A門 政治、外交>7類 戦争>0項>
大東亜戦争関係一件/交戦国間敵国人及俘虜取扱振関係/在敵国本邦人関係/
在英(含属領)本邦人関係 第二巻
[レファレンスコード]B02032804300[年代域]昭和17年1月27日~昭和17年8月19日[画像数]28
http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/image_B02032804300

◇表題件名:2 以下昭和十八年度
[階層]外務省外交史料館>外務省記録>A門 政治、外交>7類 戦争>0項>
大東亜戦争関係一件/交戦国間敵国人及俘虜取扱振関係/一般及諸問題/
在敵国本邦人収容所視察報告/在英ノ部 第五巻
[レファレンスコード]B02032532600[年代域]昭和18年1月5日~昭和19年5月15日[画像数]73
http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/image_B02032532600

以上 疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
詳細で根拠の確実な資料を教えて下さったので、疑問はすべて氷解しました。

開戦時点で約1200名の“敵性外国人”が在住していた、と知りました。
このうち主に兵役適齢期の男子342名が抑留されたのですね。
抑留生活の待遇が良かったのは、日本の勝利が続いていたほんの初期だけだった、というのは予想していたとおりでした。
驚いたのは、日本軍が占領したアッツ島の原住民アリュート人40名が北海道小樽の抑留所に収容されたことです。
この人たちはその後、どういう運命を辿ったのでしょうか。
疑問は尽きません。

最も知りたかった英国在住の日本人の処遇についても、ずばりの資料を教えて下さったので、細かなことまで知ることができて十分満足しました。

外務省外交史料館>外務省記録>というアーカイブがあるのですね。
今後は自分で探してみようと思いますが、できるかどうか自信がありません。
いつも親切なご教示に感謝の気持ちでいっぱいです。

お礼日時:2012/12/11 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太平洋戦争中、日本にいたアメリカ人

の処遇を教えてください。

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』から
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/index02.html
「第二次大戦(およびその前後)アジア・太平洋方面FAQ」より
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08c.html
「異邦人・帰化者関連」
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08c.html#00831g
ここにある回答集を参照されるとよいかと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【質問】:東亜戦争中、アメリカやイギリスといった、連合国側から帰化した日本人に対して、法律によって監視したりしたことはあったのでしょうか?

【回答】:日本国内にいた、日本国籍を持つ欧米系外国人は、スパイの疑いがあるとして、憲兵による監視下に置かれていました。
 かのグラバーの子息倉場富三郎や外交官寺崎英成の妻女(娘マリコの名が日米交渉の暗号に使われたのは有名)など、かなりひどい目にあったようです。

 日本国籍を持たない外国人は、開戦と同時に拘束された後、日本と連合国が行った在留者相互交換により本国へ強制送還されました。
 日英および日米の交換船は、合わせて4回、抑留者の交換を行っています。(名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE他)

 例えば、最近亡くなった英会話教師J・B・ハリス氏の苦労話が残っている。
 ハリス氏は父が英国人、母が日本人で、日本兵として従軍。
http://miyazaki.cool.ne.jp/keiji99/ARHAT/harisu/JBH.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連合国側以外にも、枢軸国側、両者に属さない在日外国人の処遇なども回答されています。

参考URL:http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/index02.html

『軍事板常見問題』から
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/index02.html
「第二次大戦(およびその前後)アジア・太平洋方面FAQ」より
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08c.html
「異邦人・帰化者関連」
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08c.html#00831g
ここにある回答集を参照されるとよいかと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【質問】:東亜戦争中、アメリカやイギリスといった、連合国側から帰化した日本人に対して、法律によっ...続きを読む

Q戦争時に国外へ逃れた日本人

仮に現代に、アメリカと日本が戦争状態になったとして、
僕の手元に召集令状が届いたとしたら、
日本が負けるのは明白なので、僕は国外に亡命すると思います。

同様に、昔の日本が戦争状態にあるときに、
国のために戦わず、国外に逃れた日本人はいるでしょうか?
例えば昭和であっても、英語に堪能な日本人は少なからずいたと思います。
そういう人は、わざわざ命を懸けることはせず、海外で暮らしていく事を選択したのじゃないかと
思っています。もし、このような日本人について知っていたら教えてください。
僕は今、日本の書籍が手に入りにくい地域にいるので、WEBサイトで関連の情報があれば
教えてください。

Aベストアンサー

鹿地亘

第二次世界単戦中に中国に渡り、中国に協力し、日本軍捕虜の洗脳教育を行った。
戦後は文筆活動を国内で行うが、アメリカ軍に拉致されアメリカのスパイになるように強要された。
彼が中国で組織した、日本軍捕虜の洗脳機関、「日本人民開放連盟」には多数の日本人が参加し、戦後の左翼運動、日米安保反対闘争などで活躍し、中国よりの姿勢は、現在のアメリカ軍沖縄基地問題、南京虐殺事件、従軍慰安婦問題などに影響している。

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/senji2/rnsenji2-148.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E5%9C%B0%E4%BA%98

岡田 嘉子(おかだ よしこ)

戦前のトップ女優 アナウンサー
1931年(昭和6年)に日本共産党指導部の密命を受けてコミンテルンとの連絡回復のためソ連潜入を試みたが失敗した共産主義者の演出家杉本良吉と激しい恋におちる。杉本にも病身の妻がいた。
過去にプロレタリア運動に関わった杉本は執行猶予中で、召集令状を受ければ刑務所に送られるであろう事を恐れ、ソ連への亡命を決意。1937年(昭和12年)暮れの12月27日、二人は上野駅を出発。北海道を経て翌1938年(昭和13年)1月3日、2人は厳冬の地吹雪の中、樺太国境を超えてソ連に越境する。駆落ち事件として連日新聞に報じられ日本中を驚かせた。しかし不法入国した二人にソ連の現実は厳しく、入国後わずか3日目で嘉子は杉本と離されGPU(後の KGB)の取調べを経て、別々の独房に入れられ2人はその後二度と会う事は無かった。日本を潜在的脅威と見ていた当時のソ連当局は、思想信条に関わらず彼らにスパイの疑いを着せたのである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E5%98%89%E5%AD%90

http://byeryoza.com/topic/log2004b/touhikou.htm

鹿地亘

第二次世界単戦中に中国に渡り、中国に協力し、日本軍捕虜の洗脳教育を行った。
戦後は文筆活動を国内で行うが、アメリカ軍に拉致されアメリカのスパイになるように強要された。
彼が中国で組織した、日本軍捕虜の洗脳機関、「日本人民開放連盟」には多数の日本人が参加し、戦後の左翼運動、日米安保反対闘争などで活躍し、中国よりの姿勢は、現在のアメリカ軍沖縄基地問題、南京虐殺事件、従軍慰安婦問題などに影響している。

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/senji2/rnsenji2-148.html
http://ja...続きを読む

Q戦争に行かなくて済んだ人達って?

昭和10年代後半、大学生でさえ召集されたあの時代に五体満足で健康な20~30代の男子で
戦争に行かなくて済んだのはどんな人達なんでしょうか?
わざと徴兵回避して村八分になった人達を除いて召集されなくても
堂々としていられた人達の場合です

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年度に作成し、予め警察署に保管、動員令が下令されると発行するものです。
 また、中央とは別に、その地区を管轄とする師団から、戦死、戦傷、戦病などの要員で人員の不足があった場合、管轄地域で召集令状を発行しました。
 これを、臨時召集令状と言い、師団毎に随時作成されています。
 比率から言えば、日中戦争勃発後、後者の令状が多く発行されています。

 この発行の基礎資料になったのが、各市町村役場の兵事課から提出された在郷軍人名簿です。
 これには軍隊の経歴、召集回数、健康程度、家族関係、思想関係、治癒見込(病気の場合)などが記述され、このほか体格等位に徴兵検査の結果を記入、役種に兵役種類が記入され、更に特・分業、特有の技能が記入されています。

 充員召集令状を発行する場合、特・分業、特有の技能に注目し、中央が作成した動員計画の必要技能召集する部隊の練度、任務の軽重なども勘案して、召集を決定します。
 他に、体格等位、健康程度などを重視して必要兵を抽出していきます。
 海軍の場合は、更に思想関係も重要視されたようです。

 さて、召集記録の欄の末尾に「召集延期者」略して「召延」という朱印が押されると、召集対象外となり、召集令状は来ることがありませんでした。
 これには甲、乙と二つの区分があり、甲は絶対召集しない人、乙は人がいない時に初めて召集対象となる人です。
 この召集延期の制度は昭和2年から開始され、制度が年ごとに拡大していっています。
 ちなみに、この規定は、陸軍動員計画令(永年動員計画令)に記載されたものです。

 例えば、1943年当時の戦時召集延期者は以下の通りです。

1.侍従、侍医、東宮傅育官、皇宮警察官吏、皇宮警察部消防夫
2.陸海軍部隊に在職し余人を以て代うべからざる者、及び特種の雇用人、工員にして必要欠くべからざる者
3.鉄道又は通信業務に従事し、必要欠くべからざる者(一般国民対象)
4.船舶(50t以上のもの)乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
5.民間航空乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
6.国土防衛に直接関与する業務に従事し必要欠くべからざる者
7.陸軍大臣の指定する工場又は事業上に従事し必要欠くべからざる者(一般国民対象)
8.都道府県、地方事務所、警察署、市区町村の官公吏にして兵事事務を主管する者各一名(一般国民対象)
9.帝国外の地に於いて執務を執行する帝国官吏中、必要なる者、並びに外地最高司令官、朝鮮台湾軍管区司令官
10.帝国議会の議員
11.国民学校教員中必要なる者(一般国民対象)
12.上記の外、国歌総力戦遂行の為に緊要なる業務に従事する者にして、必要欠くべからざる者

 つまり、一般人は輸送、通信関係の職員、陸軍大臣指定工場技術者、兵事係などの召集業務担当者が全面的に免れ、教師も一部が召集対象から外れています。
 また工場の熟練労働者も対象となっています。
 但し、工場などに於いてその選出は各工場に任されていた為、工場幹部の親戚が事務屋として入っていて、召集延期者として選出させた事例もあります。
 この場合は、発覚すると即座に召集されるようになっていました。

 1944年からは、臨時召集延期制度が始まります。
これは、航空機工場、特に重点機種(疾風とか飛燕とか言った戦闘機、飛龍などの爆撃機)の生産従事者は全員この対象となって、召集を延期されています。
 また、これ以外の航空機生産従事者、交通関係従事者、鉱山技師、炭坑夫、造船関係従事者、特攻兵器製造従事者は、例え徴兵検査で入営することが決まっていても、一定期間その入営を延期する「入営延期制度」対象者となっています。
 この制度も1944年から開始されています。

 これより先、1943年3月からは、既に入営した人で、軍需生産に必要な人でなおかつ、「軍の統率、団結、軍の士気上差支えなき範囲内に於いて」召集解除し、職場に復帰させると言う「特別召集解除制度」がありました。

 また、本土の食糧不足が深刻化していた1945年には、根刮ぎ動員があった反面、「召集要考慮制度」というもので、軍需生産だけでなく、農林水産業従事者も対象にしています。

 これらの総数がどれくらいあったかと言うと、召集延期制度が、1941年には10万人程度だったのが、1945年には85万人、臨時召集延期制度は不明、入営延期制度は、1944年で20万人、1945年で6万人、特別召集解除制度は1943~45年で4。3万人、召集要考慮制度は160万人が対象となっています。
 戦時中の在郷軍人数は約500万人、召集要考慮制度を除くと、総数で115万人以上に上っています。
 また、充員召集計画で召集令状を発行されていたのに、その充員召集計画自体が取りやめとなった為、結果的に召集されなかった人も多かったようです。(眠い人 ◆gQikaJHtf2)

うちの母方の祖父。福井出身で戦争当時大阪にいた。
薬剤師だったので徴兵されずに済んでいた。(戦局が悪くなっても製薬する人が内地に必要だったので)

 休みの度に薬をたくさん持って福井に帰り、薬を配って換わりに越前米をもらう。
 ↓
 福井から船でまだ稲作技術が発達していない北海道へ渡る。
 ↓
 米を売ってお金に換えて大阪に戻る。

と、いうのを延々とやっていたそうです。(生活板)

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年...続きを読む

Q戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍人、民間人合わせて310万人の人が死亡し、都市面積の30%が消失したと言われています。
しかし、310万人の死者は一見多いように見えますが、1億人の人口から見たら3%で、97%の国民は生き残っているわけです。
また、国土が焼け野原になったと言われますが、都市面積の70%は無傷だったわけです。

これらのことから見ても、当時の国民で、肉親や親戚に死亡した人がおらず、空襲も受けなかった人はかなりの数がいるはずです。
その中でも、農村部に住んでいる人であれば、食料にも不自由せず、普段通りの生活をしていた人も多くいたと推測されます。
もちろん時代が時代ですから、派手なパーティーをやったり、観光旅行にでかけたりということはできなかったでしょう。
しかし、戦後世代の人が教わったような、日本中が地獄絵と化したというのはちょっと大げさなのではないでしょうか。

当時は情報も統制され、日本がどんどんやられているというような情報は入って来なかったでしょうから、いずれ自分たちも攻撃を受けるというような危機感もなかったと思われます。
当時の国民の、少なくない数の人たちが、実は普段通りの平和な生活を送っていたと推測されます。
戦時中、実際にこのような普段通りの平和な生活を送っていた方の体験談を聞かせていただけませんか。
また、そのようなことを紹介したサイトなどがあれば教えて下さい。

なお、私が聞きたいのは「戦争中、普段通りの生活をしていた人の話」であって、「そんな人はいない」とか、「そのような質問は不謹慎だ」というような回答はお断りします。
質問の趣旨を理解した上で回答をお願いします。

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍...続きを読む

Aベストアンサー

 母は田舎にすんでいたので、まったく戦争の影響はなかったそうです。
確かに統制品は手に入りにくかったらしいですが、食べるのにはまったく困らなかったそうですよ。
 よく、都会から食べ物を分けてくれって人が来たらしいです。

 父は逆で都会で生活していたので疎開をしました。
疎開には、集団疎開と縁故疎開ってのがあるんです。
中でも悲惨なのが集団疎開です。学校の力関係が24時間中です。いじめっ子はずっといじめ、いじめられっこはそれこそ現代で言うイジメなんかと比較できないほど酷かったらしいです。

 また、縁故疎開っていうのも、ようするに都会のこじゃれたガキが、自分の親戚をたよって田舎に疎開するんです。すると、もちろんその子のキャラにもよりますが、めちゃ人気者になった人もいたみたいです。

Q戦時中の富裕層について教えて下さい。

戦時中の富裕層について教えて下さい。


戦前から戦後にかけて、日本のお金持ちor身分がいい人達はどんな生活を送っていたのですか?
また、敗戦でなにか生活様式に変化がありましたか?
特に若い世代について興味があります。


・20歳前後で結婚前の若者(男女)はどんな生活スタイル?
・戦争中は富裕層の御令嬢は何をしていた?


その他何でも構いません。当日の富裕層についての情報を頂けたらうれしいです!!

Aベストアンサー

 戦時中の世相風俗を知るには、当時の雑誌、新聞をアーカイヴなどで読むことをお勧めします。それ以前の満州事変当時の世相であれば、たとえば中村正常とか龍膽寺雄らのナンセンス、モダニズムと呼ばれた小説を読んでみてください。現代の世相と何ら変わらないことに驚かれるでしょう。

 戦時中の富裕層の若者は、一般に其々の学校に学びながら、休日は繁華街に繰り出し映画館や喫茶店、撞球場や卓球場などの遊技場で遊んでいました。ところが、戦局が悪化してきた1943年(昭和18)ごろになると、有識者や政府から学生(生徒)たちも軍需工場に動員すべきという主張が現れ、これがやがて学徒動員令として実現化しました。なお、この有識者というのは戦後一転して市民運動で活躍した著名な方々でした。

 当時の新聞(現代仮名遣いに改め)から引用すると、

> 箱入り娘は旧観念 男子と職場交替

> 不急学校の整理は当然 市川房枝女史談

> この決戦が始まってから下層階級には遊休女性はすでに一人もいないはずです。ただ、中産階級以上の家庭では圧倒的に多く所謂不急学校ともいうべき花嫁学校、料理学校、洋裁学校その他何々講習会といった教養施設に篭る子女は全国で相当数に上っていましょう。したがってこれらの整理は当然のことですが既存施設を全て閉鎖したりなどはせずに割烹学校を栄養士養成所に転換させるとか ~ 決戦女性は家庭と共に職場を持つのが当然であります。(43年5月4日 東京新聞)


> 政府こそ躊躇せず女性を徴用なさい

> 婦人代表総蹶起の感激

> 中央協力会議第二日、第一委員会が緊急国民動員に関する議題に入ると宛ら婦人代表の独壇場となり花木チサヲ、羽仁説子、村岡花子、桐淵とよ、山高しげりの各委員が期せずして各自の立場から女性勤労の強力な指導、施設の飛躍的前進を要請 ~ 「徴用の即時断行こそ女子の勤労観念を徹底せしめ工場、事業者側は勤労管理を万全ならしめる、政府は躊躇するところなく未婚女子徴用を断行されたい」(43年7月16日 毎日新聞)

 それでも、やはり抜け道はあるもので、富裕階層のお嬢様のなかにはコネを使って国策会社や官庁の臨時雇いとして採用され、タバコや食券の配給などがあると職員の代わりに並んだりとちゃっかり労働を免れた方々がいたようで、これまた当時の新聞紙上で非難されました。

 戦時中の世相風俗を知るには、当時の雑誌、新聞をアーカイヴなどで読むことをお勧めします。それ以前の満州事変当時の世相であれば、たとえば中村正常とか龍膽寺雄らのナンセンス、モダニズムと呼ばれた小説を読んでみてください。現代の世相と何ら変わらないことに驚かれるでしょう。

 戦時中の富裕層の若者は、一般に其々の学校に学びながら、休日は繁華街に繰り出し映画館や喫茶店、撞球場や卓球場などの遊技場で遊んでいました。ところが、戦局が悪化してきた1943年(昭和18)ごろになると、有識者や政府...続きを読む

Q太平洋戦争中に街で見かける男性たち

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われます。

考えれば、あの戦争中でも男性が必要となる職場が多くあったように思います。 たとえば鉄道関係者、警察官、消防士、医師、自治体の公務員、電気・ガス会社の社員、あるいは建設関係 ・・・ などなど、女性だけでは運営出来ないと思うのですが、これらの男性たちには徴兵義務が免除されていたのでしょうか? 

それとも、形だけ一旦徴兵に取られてどこかの軍部に属し、その後に 「派遣」 という形でまた元の職場で以前同様の仕事を続ける、そして家から通う ・・・ こんな制度だったのでしょうか? たしか軍艦を建造する造船所の技師や職工はそんな身分になっていたと、どこかで聞いた覚えがあるのですが、ハッキリしません。

もしそうなら、そんなラッキーな職業には具体的にどんなものがあったのでしょうか?

健康上の問題で徴兵が免除された人は除くとします。

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われま...続きを読む

Aベストアンサー

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えなどということもあったでしょうが、45年には徴兵検査を受けた者の9割が実際に動員されたということですから、それほど多い事例ではなかったと思います。
むしろ、金持ちの子弟は、高学歴ですし、働く場所も親の力などで選べますから、軍属名目の勤務先に勤めたり軍関係の仕事に従事したり、満州国政府に勤めるとか、ということで結果的に徴兵逃れが出来たケースが多かったのではないでしょうか。

アメリカではこれが結構多くて、大統領選挙の時の経歴で問題になったりしますよね。徴兵逃れのため州兵の、しかも空軍(一番戦場に行かないポジション)に親の力で入隊するとか、カナダに移住しちゃうとか。

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えな...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q太平洋戦争中の日本の自動車生産

太平洋戦争中の日本は独力で自動車を開発・生産するだけの力はあったのでしょうか?
他国(米、独、ソなど)と比較して、自動車生産はどのような状況にあったのでしょうか?
自動車がないとしたら、どのように作戦を展開していたのでしょうか?

Aベストアンサー

米、独、ソと比べれば格段に下ではありますが、自動車の開発・生産は行われていました。有名どころでは九五式小型乗用車「くろがね4起」あたりがあります。
また軍用以外でも代用燃料を使用した木炭バスなどが走っていましたので、開発生産能力がなかった訳ではありません。同様に火力・装甲の面で連合軍側のものに対抗できるレベルではありませんが、ディーゼル機関を使用した戦車も独自開発・生産しています。もっとも全体的に見て手作り工程が多く、大量生産に向いたものは少なかったようですが。

そんな関係からいわゆる機械化部隊は列強国の軍隊に比べれば少なく、移動は主に自分の足、軍馬などがほとんどです。「日本の兵隊はとにかく良く歩く」と他国からも感心されていたようです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E4%BA%94%E5%BC%8F%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E4%B9%97%E7%94%A8%E8%BB%8A

Q太平洋戦争中の外国や戦地との通信システムについて教えてください (今で

太平洋戦争中の外国や戦地との通信システムについて教えてください (今であれば、ケーブルや衛星を通じた通信が普通であるが、当時、例えば ヨーロッパの領事館、もしくは戦地から現地の情報を伝えたいとき、知りたいとき、最速の通信手段としてはどのようなものがあったのでしょうか できれば詳細に教えてください)

Aベストアンサー

戦場での通信の方法は、おおざっぱに分けて三つの方法があるといえます。

ひとつが「無線」です。短波とかモールス信号とかあとは現代でいうところのトランシーバーのような音声通信これらを全部ひっくるめた無線通信です。
無線通信の長所はなんといっても「使いやすい」「便利」ということです。特に音声無線通信機器は会話によって速やかにコミュニケーションが取れるので第二次大戦を機にまたたく間に世界中に広まりました。
欠点はなんといっても傍受されやすいこと、そして場所などの影響で安定した使用ができないことです。例えば戦場で使う出力が小さい無線機では地球の裏側まで電波は送れないし、地下などにいるとこれまた電波が繋がらなくなります。
ちなみにこの無線通信は日本軍は最も世界から遅れていた技術のひとつで、音声無線機はとうとう「使い物になる無電機」は作れませんでした。同じ時代にドイツ軍は戦車に音声無線機を搭載していました。戦車という荒っぽい使い方をするところで壊れず、騒々しい車内でも音声がクリアに聞こえるようなものを作る技術が日本にはなかったのです。通信の技術とレーダー技術は多くの部分で重なっているので、レーダーも同じく貧弱なものでした。米英独のレーダーが「どの方向から高度どのくらいで、どのくらいの規模のものか」さらに「それが敵か味方か(IFF技術)」が判別できたのに、日本のものは「反応(つまりレーダーに映った)」「無反応(影なし)」の二種類のみで、しかも敵か味方かも分かりませんでした。そのうえ技術的信頼性が低く、誤動作も多かったという全く使い物にならないものでした。「気が向いたときだけ音楽が流れるラジオ」ですね。たまに「八木アンテナ」の話が出て当時の日本の技術も捨てたもんじゃないっていう意見もありますが、アンテナなんてのは部品のひとつに過ぎませんからね。ブレーキだけよく効く車を優れた車とはいいません。
ソ連もこういう技術は非常に苦手にしているのですが、第二次大戦中は当時世界一の信頼性を持つメイドインUSAの無線機が大量に貸与(という名のプレゼント)されたので主にそれを使っていたようです。

もうひとつの方法が有線電話で、これの長所はなんといっても電話線が見つからない限りは傍受されないことです。さらに電話線を引くことで、地下などでも確実に使うことができます。信頼性という点でははるかに高いわけです。
欠点は、「電話線が切れたら使えない」ことです。なにせ戦争ですから、砲爆撃で、あるいは戦車に踏まれてなど電話線が切れる理由には事欠かないわけです。切れたらどうすんのかというと、電話線を背負った通信兵がいちいちたぐって切れたところを探して繋ぎなおすのです。
これについてもご他聞にもれず我らが日本軍は性能いまひとつで、それはケーブルの質の低さに尽きるんだそうです。サビや熱に強く切れにくい強度を持つケーブル。そんなものは作れませんでした。これはもう民間工場の金属加工技術が低いのでどうしようもありません。

三つ目の方法は、残された最後の方法です。つまり、「伝令兵」です。最後はこれに尽きます。誰かにメッセージを託して、直接持って行かせます。戦場では兵士にやらせますが、重要な事柄では将校が託されることもあります。彼らことを連絡将校といいます。
特にヨーロッパでは昔からこの連絡将校というのはある種のエリート兵でした。日本では超ドマイナーな競技である近代五種は、商業至上主義となった現代の五輪でも外されることは決してありません。元々は連絡将校としての能力を競うものなのです。
長所はなんといっても科学技術が不要(笑)で、それでいて単純な命令から微妙なニュアンスを含むものまで融通無碍でしかもその運用にも多少の慣れは必要でも人間なら誰でもとっつきやすいという柔軟性です。
欠点は、まあ戦争をしているとその連絡・伝令が行方不明になることもしばしばということと、無線と比べても有線と比べても時間がかかるということです。

戦場での通信の方法は、おおざっぱに分けて三つの方法があるといえます。

ひとつが「無線」です。短波とかモールス信号とかあとは現代でいうところのトランシーバーのような音声通信これらを全部ひっくるめた無線通信です。
無線通信の長所はなんといっても「使いやすい」「便利」ということです。特に音声無線通信機器は会話によって速やかにコミュニケーションが取れるので第二次大戦を機にまたたく間に世界中に広まりました。
欠点はなんといっても傍受されやすいこと、そして場所などの影響で安定した使用が...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む


人気Q&Aランキング