「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

家を購入し庭に植わっている木を調べました

下記の植物はやはり農薬を使わないと虫が沸いて大変な事になりますか?

またホームセンター等で売られている農薬を散布し、収穫した果実は食べて人体に影響はないのでしょうか?

農家の方はどの位の頻度で農薬を散布するのでしょうか?

分かる範囲で構いませんので教えて下さい


栗(利平 銀寄 美玖里 丹沢 利平)

フェイジョア(アポロ マンモス グーリッジ トライアンフ デンズチョイス)

枇杷(長崎クイーン 茂木)

ジューンベリー(品種不明)

オリーブ(ミッション ネバジロ フラントニオ アウコラータ パラゴン ベンダル エルグレコ)

柑橘類(タヒチライム 班入りレモン 晩白柚)

桃(白川白桃 あかつき 嶺鳳 白秋)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_6_2?__m …

果樹栽培に目覚めたのですね…    ii(*^。^*)/i

消毒も必要ですが、剪定がとても大切です。
適当な日差しが必要であるし、毎年ならすには、花芽をコントロールする必要があります。

ひこばえを切らないと、幹が大きくなりません。

中古本でもかまいません。関係の書物を数冊買いましょう。

冒頭にアマゾンの『果樹栽培』でヒットしたものを載せました。

農薬が必要ですが、やはり、ここでは書ききれません。

『剪定』『施肥』ができれば、農薬はかなり減らせます。
毎日観察して、カミキリムシの穴を針金でつついで幼虫を刺殺したり、毛虫を取り除いたりします。単独で潜んでいたり、一斉に沸くように発生したりするので、観察は欠かせません。

逆に『剪定』しないと、ただの茂みになってしまいます。
    • good
    • 1

栗  何が何でも収穫後薫蒸。

これをやらないと全ての実から虫が出ます。俗に言うポストハーベストです。薬剤はお調べ下さい。9月に採って9~10月に全て食べれば虫が湧く前に無くなりますが。

桃  秋、落葉したら石灰硫黄合剤。以前は春の薬剤散布ですが、今は秋にやって、春にもやる人もいるようです。これをやらないと縮葉病で春の葉が全て落ちます。花が咲いても花も落ちます。それ以降は虫は見つけたら、病気は出る前の予防。

取扱説明書に書いて有るとおりに散布すれば人体への害はないです。ただし、虫や病気にも効かない場合があります。
ホームセンターで売っていて、印鑑のいらない農薬は説明書通りに散布すればほぼ影響ないです。
散布の時の注意事項通りにすると、農薬代よりマスク、ゴーグルなどの安全用品の方が高く付きますが。

人体への影響は、身長が伸びないのは農薬の性だといってしまえば影響有ります。
子供が出来ないのは農薬を使ったからだと言えば影響有ります。
子供が大学受験に失敗したのは農薬のせいだと言えば影響有ります。

自分で苗木を購入したのでないのに、品種名までよく判りましたね。品種まちがってないですか?

この回答への補足

知人宅が破産したので私が買いました

補足日時:2012/12/11 19:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q果樹への殺菌剤の使用方法

複数の果樹、樹木に殺菌剤を使用したいのですが、使用時期や殺菌剤の種類でいくつか質問があります。
使用したいのは
(1)デコポンの黒点病(葉に黒い点々がある)
(2)レモンのすす病(アブラムシや貝殻虫は見当たらないがよく葉にすすがついたようになっている)
(3)柿のすす病(主に実に煤がついたようになる。)
(4)山椒の木(枝に雑菌のコロニーような膜?カサブタのようなものがある。多分うどん粉病だとおもう。)
です。それぞれにどんな殺菌剤がよいか?(出来れば単品で全部カバーできるのがよい。)
また適切な使用時期と使用回数などを教えてください。

殺菌剤について
今日殺菌剤を下見してきたのですが、30mlの少量液剤のものから250~500gの粉末剤のものまでいろいろあります。値段は少量のものの方がかなり割高だとおもいました。
粉末のものは袋を開けた場合、早い時期に使い切らなければいけないのでしょうか?
密閉していれば保存は利きますか?
それぞれどんな使用条件の場合にむくのか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>デコポンは今まさに葉に黒い点々がついています。指でふき取ると取れたのでスス病かもしれません。

病気の可能性が有って、病名を有る程度絞れるなら、それようの薬を散布するのも良いかも知れませんね。
でも、殺菌剤は予防散布が主ですので、葉に付いてからで間に合うかは判りません。実に付く前に散布するのは有りかと思います。

>ただ害虫らしきものは見当たらないのでいつ殺虫剤をやっていいのか分りません。
>柿も同じくいつ殺虫剤をやっていいものか?
>それと石灰硫黄合剤は近くの店舗で取り扱っていないのでちょっと難しいです。

柿は、越冬害虫を駆除するのに、硫黄合剤を使う人やマシン油乳剤を使う人がいます。或いは、虫が目覚めたがまだもうろうとしている時期にスミチオンやDDVP(これも自然消滅かな)、マラソン等、古いと言われる農薬を芽出し直前にする人もいます。

>山椒は今まさに枝に赤いような白いような膜が張っているところがあります。とても虫には見えませんが。
>多分雑菌のコロニーだとおもうのですが。
>それと山椒は葉を食べます。

白い幕を張って、中に赤いのがいるのは、虫です。個々の名前は判りませんが、カイガラムシの仲間です。
同じ色合いで、春から秋までろうそくのロウを被ってるのに、ルビーロウ虫と言うのがいます。
柑橘類が露地で育つ地域に多いと思いますので、デコポンやレモンが育つなら、いるかも知れません。
カイガラムシの越冬虫を駆除するにはマシン油乳剤です。
山椒の葉を木の芽と称して料理に使う地域でしょうか、大きくなった所を香り付けに使う地域でしょうか、木の芽を使うなら、食べ終わるまで薬剤は使わない方が良いです。
大きくなった葉を食べるなら、残留日数を確認して殺虫剤を散布しましょう。
ちょっと遅れるとアゲハチョウに食べられてしまいます。柑橘類と山椒ってアゲハさんいらっしゃいと言っているような畑ですね。

>薬剤の注意書きになかなか目的の樹木がなかったり、書いてあっても使用時期まで書いてなかったりとなかなか詳しい事がわかりません。

薬屋さんは薬剤の注意書きに書かれていない事、登録を取っていない樹木への散布アドバイスをすると違反になるので、話してくれません。
日本中、きっちりする方が多くて、書かれているとおり、書かれている物にだけ散布しても病害虫は無くならないんですが。

石灰硫黄合剤が無いと言いますが、車で30分圏内に農協の支店、支所は無いでしょうか。
農協なら、取り寄せてくれます。18Lですが。
でも、7倍液で欠けるとして、35L溶液しか出来ませんので、すぐ無くなります。
趣味の果樹栽培でも18Lは使うと思いますが。

>デコポンは今まさに葉に黒い点々がついています。指でふき取ると取れたのでスス病かもしれません。

病気の可能性が有って、病名を有る程度絞れるなら、それようの薬を散布するのも良いかも知れませんね。
でも、殺菌剤は予防散布が主ですので、葉に付いてからで間に合うかは判りません。実に付く前に散布するのは有りかと思います。

>ただ害虫らしきものは見当たらないのでいつ殺虫剤をやっていいのか分りません。
>柿も同じくいつ殺虫剤をやっていいものか?
>それと石灰硫黄合剤は近くの店舗で取り扱って...続きを読む

Q石灰硫黄合剤かマシン油乳剤か。

松葉ふるい病で弱っている松も含めて、桃、たちばなに
農薬散布したいと思います。

弱っている松にはかけないほうがいいという意見もあり、
また、全部にかけてしまったほうがいいと言う意見もあります。松は冬前にマコをやり、だいぶ枯れもおさまってきたようです。

においと腐食がきつい石灰硫黄合剤をかけるべきなのか、
石灰硫黄合剤を3回かけるところを1回ですむが弱っている木にかけないほうがいいマシン油乳剤にすべきなのか?
悩んでいます。

農薬散布はやったことがないので、注意点も教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>農薬散布したいと思います。
マシン油乳剤を使用する目的は何ですか?病気の防除を目的に松に散布しても効果ありません。
葉に寄生するダニやカイガラムシ、アブラムシのような微弱な昆虫を窒息死させる目的で使用される薬剤で、ダニが間接的な原因で起こるサビ病などをのぞいて病気には直接的な効果がありません。落葉樹に使用すると窒息で落葉を招くため、葉の出ている時期は使用できず、散布時期は冬が最適です。
常緑樹には秋から春にかけて使用可能ですが、植物の活動が活発なときは葉が黄色に変色することもあります。

石灰硫黄合剤は殺虫性も殺菌性もありますが、強いアルカリ性のため他の種類の薬剤と併用すると変質するため、使用する場合は他の薬剤と間隔をあけてください。

臭いが気になるのでしたら幅広い病気に効果がある銅剤やダイセン水和剤などを使用してはどうですか?
木に副作用などが無く毒性も低いため使用法が難しくないのが利点です。ただし銅剤のなかでも無機銅剤ははアルカリ性なので併用できない薬剤もあります。

Qご近所トラブル 庭木の消毒について

ご近所トラブル 庭木の消毒について
 ご教授ください。
 今年に入って念願のマイホームを建てました。
 庭のある家が夢でしたので、敷地の半分以上を芝生にし、シンボルツリーはヤマボウシを選びました。
 他にも、柿やハナミズキ、オリーブ、シマトリネコ、サルスベリ等の植木を植えました。
 相談したいのは、この庭木の防虫についてです。
 梅雨の時期に一度消毒(スミチオン)を散布いたしました。
 ご近所の迷惑にならないよう早朝(5時)にお隣の窓が開いていないか、また洗濯物等も出ていないか確認し作業に取り掛かりました。
 すると、ものすごい剣幕でお隣さんが出てきて「誰の許可を得て撒いているんだ!」と怒鳴られました。
 こちらとしては、自分の敷地内で且つ風のない日や早朝という条件で迷惑がかからないようにと思っていたので、怒鳴られたことに驚いてしまいました。すぐに謝り、使っている薬の説明をしましたが、撒く行為自体が気に入らないと聞く耳もたないといった状態でした。
 とにかく今後一切薬は使うなとのことでしたので、了解したもののこの秋口になって一段と植木の元気がなくなってきたため、植樹してもらった業者さんに相談したところ、業者の方に任してもらえれば、お隣さんに了解を得て面倒みますと言われました。
 素人ではなくプロの方にやっていただくので、責任は業者さんが持つとのことですが、最終的にまた我が家の方に苦情が来るのではないかと心配しております。
 ここで質問なんですが、住宅街で薬を撒くと法律で駄目だとかの縛りがあるのでしょうか?当方が使用している薬は市販のもので、購入するときや植木屋さんに相談しながら人体に害がないことを確認しております。
 

ご近所トラブル 庭木の消毒について
 ご教授ください。
 今年に入って念願のマイホームを建てました。
 庭のある家が夢でしたので、敷地の半分以上を芝生にし、シンボルツリーはヤマボウシを選びました。
 他にも、柿やハナミズキ、オリーブ、シマトリネコ、サルスベリ等の植木を植えました。
 相談したいのは、この庭木の防虫についてです。
 梅雨の時期に一度消毒(スミチオン)を散布いたしました。
 ご近所の迷惑にならないよう早朝(5時)にお隣の窓が開いていないか、また洗濯物等も出ていないか確認...続きを読む

Aベストアンサー

別に敷地外にプランター置いて邪魔したり、ジャングルのように木を植えたり木が柵から出ているわけでもないですよね。

誰の許可を得て撒いているんだ!といきなり言ってくる時点でクレーマーしか言いようが無いですね、
隣人ならなおさらです、
常識人なら不快に感じてもそれとなくやんわりと言うはずです。

こういう人は了解得ようが、業者に頼もう相手の突ける点があるとトコトン突いて
ウサ晴らしをしてきます。
特に年金暮らしの年寄りなどは暇なのでなおさらです。

仕事で土木してますが、こういうクレームをつけてウサ晴らしする人が団地に1,2人はいます。
特徴はまず人の話は聞きません、一方的に攻撃してきます、

クレーマーが隣人なのはどうにも出来ないので、関わらないことです下手に出れば
つけあがりますよ。



予断ですが市販の薬のウンチクたれてる人がいますが農家の農薬はどうなるんでしょうね、
田舎だと住宅街の隣に田んぼがあるなんてざらです、
家でも薬を毛虫退治に使いますがそんなことまで言ってたら皆犯罪者ですかね。
毒なのは当たり前、包丁買って凶器だといってるような屁理屈で。

別に敷地外にプランター置いて邪魔したり、ジャングルのように木を植えたり木が柵から出ているわけでもないですよね。

誰の許可を得て撒いているんだ!といきなり言ってくる時点でクレーマーしか言いようが無いですね、
隣人ならなおさらです、
常識人なら不快に感じてもそれとなくやんわりと言うはずです。

こういう人は了解得ようが、業者に頼もう相手の突ける点があるとトコトン突いて
ウサ晴らしをしてきます。
特に年金暮らしの年寄りなどは暇なのでなおさらです。

仕事で土木してますが、こういうクレー...続きを読む

Q畑に隣接した土地の農薬の影響について

はじめまして。
千葉県印西市に土地を買おうとしているものです。

購入予定の土地の北側と南側2~3mの所に
遮る物も特にない、広めの梨畑があるのですが
農薬散布により、風で飛んで来る事を心配しています。

皆様にお聞きしたいのが

1.農薬散布の時期は窓も開けていられないでしょうか?
2.植物等植えて、遮蔽物代わりにしても厳しいでしょうか?
3.やはり健康に何かしらの影響が出そうでしょうか?

小さい子供もいる為、些細な事かもしれませんが気になっています。
同じような環境の方がいらしたら、何かアドバイスを頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

梨園の機械による農薬散布ですね。
私の住むところは、リンゴ畑が点在していて、今頃からスピードスプレイアで農薬散布が始まります。
農家の方も、周りに気を使って、早朝に散布されます。
リンゴ畑のすぐ隣に家がある場合は、ブルーシートの幕を張ってから散布しているところもあります。
植物を植えて遮蔽というのは、当地でもやられている方います。
今頃の時期でも葉がある常緑樹がいいでしょう。
風向きとかで、農薬が飛散してくるようだと、窓は閉めておかないとだめでしょう。
車も農薬が付着したら、すぐ水洗いしないと、なかなか取れなくなります。
故意に吸うようなことをすれば、健康を害するのでしょうが、普通に注意していれば問題ないです。
当地のりんご栽培は100年を超えますが、農薬散布の影響で健康を害したという話はありませんし、農家の方は普通に90歳前後まで元気です。

Q農薬、スミチオンやマラソンについて教えてください。

  庭で毛虫が大発生して困っています。
スミチオンやマラソンが効くと教えてもらったのですが、この薬の違いは何なのでしょうか。
毛虫に直接散布するとすぐに死ぬのでしょうか。
薬の長所や効果を発揮するまでの時間や、注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺菌&殺虫剤)及び除草剤にも有効です。
スミチオンは、害虫に直接的に効くのは勿論ですが、スミチオンが付着した葉を害虫が食する事でも殺虫効果があるので、農薬が展着しにくい葉には効果があるという事です。

スミチオンは人間や鳥のような温血動物には毒性は低いですが、昆虫や魚類のような冷血動物には毒性が強いので噴霧する付近に金魚などが生息してる池がある場合は農薬が混入しないような配慮が必要です。

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺...続きを読む

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Qかんきつ類のハガグレガ(えかきむし)の駆除

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モスピランの水溶剤(粉末剤)を購入して来春に備えているのですが、

そこでお聞きしたいのは
1)スミチオン、マラソン剤はハガグレガには効果がないのか。
 (私の駆除方法に問題があったのか)
2)モスピランを使用するときの注意点は。
3)根元にまく(埋める)オルトラン粒剤は、ハガグレガに有効か。
4)根元にまく(埋める)モスピランの粒剤をホームセンターで見たのですがこれは有効でしょうか。
いろいろな薬剤を同時に使うとどれが有効だったのか分からなくなって困るかなとも思いまして。
ご助言頂ければ幸いです。

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モ...続きを読む

Aベストアンサー

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、良く見ると濃い茶色の糞が見えるかも知れません。

農薬の使い方は、使用説明書をしっかり読んでください。以下の項目の組み合わせで表示されています。

作物名・適用害虫名・使用量・使用時期/総使用回数・使用方法

ここでは作物名「かんきつ」と適用害虫名「エカキムシ」または「ハモグリガ」などの組み合わせが記されている農薬を選びます。

目的の組み合わせが表示されていなければ、適用外ということです。効果や副作用について実績が無いので、使えません。
有効成分が同じでも、メーカー、剤型が違うと別の農薬です。同じように思えても、記載がなければ適用外になります。

その農薬の適用害虫については、個々の製造(販売)者に使用説明書をメールやFAXで送ってもらい、確認してから使ってくださいね。

なお、都市部だと市役所などの緑化関係の部署で、こういう相談に答えるダイヤルや相談会を持っていることが多いです。
郊外で農協があれば、やはり同じような相談窓口があると思いますので、そこに聞くと良いと思います。

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、...続きを読む

Qみかんの果実にマシン油をかけていいのですか?

1月に、温州みかんにマシン油をかけようと思いますが、樹にはまだ果実がなっています。
果実をすべて収穫してからマシン油をかけるのでしょうか? それとも果実にマシン油をかけてもいいのでしょうか?
みかんは出荷はしていません、自宅で食べるのみです。

Aベストアンサー

油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物
で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。
マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら
れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。

温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す
る事はありません。ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布
時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って
も、収穫時に使用する事は避けるべきです。

カイガラムシの駆除で使用されるのは問題ありませんが、今の時期に散布
してもマシン油が無断になるだけです。
マシン油がカイガラムシに付着するとカイガラムシは窒息しますが、今の
時期はカイガラムシは体内に固いロウ状の膜を持っていて、全ての薬剤を
寄せ付けなくなっています。カイガラムシの表面にはマシン油は付着しま
すが、体内に浸透しないため死ぬ事は無いと言う事です。
確実な時期は春先の、少し気温が上がって暖かくなった頃です。今は休眠
していますから、動く事(肉眼では見えませんが、微妙に動いています)
も冬場はしませんので、使用するなら休眠期以外に行う事です。

全ての薬剤は、収穫時期には使わない事が鉄則です。

油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物
で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。
マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら
れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。

温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す
る事はありません。ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布
時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って
も、収穫時に使用する事は避けるべき...続きを読む

Qスミチオンの毒性はどれくらい?

週に一度のペースで、ムカデ対策のために家の周りに粉のスミチオンを撒いているのですが、
撒き終わった後にいつも頭痛がします。
しばらくしたらおさまるのですが、
このペースで続けていると、
身体に影響を与えていくことになりますか?
将来子供を産みたいと思っているので不安です。

撒いている時の格好は、長袖・長ズボン・風邪用のマスク・ゴム手袋・帽子です。

Aベストアンサー

軽い中毒症状をおこしているようですが、スミチオンの場合発ガン性、変異原性、催奇形性が認められませんからさほど心配されなくても大丈夫ですが
現実に中毒様症状が出ていますから散布されるときには風邪用のマスクではなく加えて防毒マスクと保護メガネ(ゴーグル型、側板付き普通眼鏡型)を使用して下さい。
風邪用のマスクは正直あまり意味がありませんし、濡らしても同様ですから使い捨てのマスクも販売されていますのでそちらを購入して下さい。

Qオルトランの人体への影響

 10数年前のパソ通時代さるフォーラムでも話題に上がっていたオルトランの人体への影響ですが、当時から漠然と薬害を理解していたに過ぎませんでした。

 最近の汚染米の問題からメタミドホスがにわかに世間に知れるようになり、農薬のオルトラン主成分のアフトラキシンが体内でメタミドホスへ変化することがおぼろげながら理解出来るようになりました。
 http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-105.html

 これまでもオルトラン粒状を、家庭菜園で野菜の播種後の発芽後に焼香程度土壌表面に使用していますが、近隣の菜園ではキャベツの青虫駆除として直接この粒状を散布しているのも見かけます。

 数年前オルトランメーカーに、この直接散布での人体への影響を質問したことがあります。回答は「悪影響があれば国が認める訳がありません」でした。

 実際オルトランが本当にどれほどの影響があるのか、その真実を知りたくアドバイスをお願いするものです。

Aベストアンサー

100%影響がないとはいえませんね。

じぶんはずいぶん前に使いましたがよく喉がへんな感じになってました。それ以来使ってません。

影響がないといってもそれは現時点での話しということですよね。未来永劫影響がないとはいえないのではないですか。なんせ農薬の技術から”科学兵器”が作られたりしていますからね。

だから害虫退治はニームオイル。病気には木酢液などをいまは使っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報