最新閲覧日:

今日父が大腸がんの診断を受けました。
(今日までの経緯)
2ヶ月ほど前、市の健康診断の「検便」で血便がみられる。
10日前に近所の総合病院で再検査。肛門より内視鏡を入れ、3箇所ポリープ状(?)のものが発見されたので、そのままつまんで取り、傷口をホッチキスのようなものでとめた。(という、医師の説明だったようです)
検査当日は入院、翌日退院。
そして今日、組織検査の結果を父が聞きに行ったところ、「とった部分の一部が癌だった。3ヵ月後に経過を診るためにまた内視鏡検査をする。」と、医師に言われた。薬などはもらわなかった。
自覚症状は無し。
そこで(質問)なのですが、
○癌には進行度、というものがあるようですが、父が今どういう病状なのか、どういった治療が今後行われていくのか、ということを、私(実子)が担当医師に聞きに行ってもいいものなのでしょうか。
○今回父は早期発見だった、ということなのでしょうか。
○晩酌(毎日ビール500ML、焼酎の水割り小グラスに3杯)は癌にはどのような影響があるのでしょうか。お酒は止めたほうがいいのでしょうか。
○一日2杯、コーヒー(ミルク入り)を飲むのが習慣になっていますが、病気への悪影響はあるのでしょうか。
○今は近所の総合病院で診てもらっていますが、国立がんセンターなど、癌専門の病院で診てもらったほうがいいのでしょうか。
○現時点では転移などの心配はしなくて良いのでしょうか。
60歳になる今まで病気一つしなかった父が突然癌といわれ、とても心配です。私自身もそして父も家族も、癌についての知識があまりなく、どういう行動が必要なのか、わかりません。とにかくできることは何でもしたい、最善の事をしたいのです。何とか完治してほしいのです。
些細なことでもいいです。質問全部への回答でなくても良いです。体験談などでも結構です。
どうか、どなたかアドヴァイスをよろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

お父様が受けられた内視鏡処置はEMR(endoscopic mucosal resection 内視鏡的粘膜切除術)といいます。

ポリープを周辺の粘膜と一緒に内視鏡的に切除する方法です。クリップをかけたのは、処置後の出血量が多かったためだと思います。(このクリップは自然に便と一緒に排泄されます。)

ここで問題になるのは、組織標本の中で癌細胞がどの程度の範囲で認められたかということです。ポリープは三カ所認められたということですが、今回癌が認められたのが、一カ所だけなのかどうか、御記載の文章からはわかりませんが、切除断端部まで癌細胞があれば、当然取り残しがある可能性が高いので、直ちに再検し、手術の適応の検討にはいると思います。三ヶ月後の再検ということは、断端部は癌細胞のない状態であり、今回の処置で完治したとの判断ではないでしょうか。もしそうであれば、当然早期癌ということになり、転移の心配もほとんどないでしょう。この辺は、きちんと主治医に確認していただかなければなりません。

主治医と家族の面談については、以前私が回答したものがありますので参考にして下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=71801
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。以前のご回答とあわせて参考にさせていただきました。感謝です。

お礼日時:2001/05/21 07:23

 最初に・・・専門家ではないので、あくまでアドバイスと受け取って下さい。


 患者としての、経験です。私も毎年内視鏡検査を受けています。

 大腸ポリープは、程度にもよりますが内視鏡で切除した方が、患者の負担はもの凄く低減されます。組織検査の結果「一部にガン細胞」のことですが、これは担当医の方に確認された方が良いでしょう。粘膜の部分にガン細胞があり、下部組織に達していない場合は、大きな問題がありません。逆に、リンパ組織に達していた時は、転移を考慮した方が良いでしょう。私の場合は、そこまでは進行していなかったので、平常に生活しています。今では毎年内視鏡検査を受けることで、「次の1年間、生存の保証を貰った」と喜んでいます。前向きに考えた方が良いですよ。これは、主治医の方が何でも隠さずに報告してくれる事によります。
 癌組織は、5段階に分類されているようです。毎年切除しているので、今では私のポリープは大抵3段階目です。これが何年で本当のガン細胞になるかといえば、主治医の先生曰く「怖くて誰もそのような試験を実施していない」そうです。当然ですね。目安として3~5年だそうです。だから、毎年の検査と内視鏡手術は欠かせません。最近では、見つからなかった年の方が、不安になります・・・困ったものです。

 精神的には、専門の医療機関で診断を受けた方が、安心できるでしょう。私は、内視鏡以外に、実際にメスで切開する手術を国立がんセンターと都立駒込病院で受けました・・・いやな経験だなぁー
 大腸癌に関しては、外科手術・内視鏡手術ともに駒込病院が最高峰です。内視鏡は、内科の管轄になっていたかな?私としては、外科にかかって内視鏡に回して貰うことをお薦めします。紹介状がこれらの病院は紹介状が必要になりますが、これは医者の方なら誰でも書いてくれますから、頼まれると良いでしょう。

 晩酌等嗜好品は、私は無いのでこちらのご質問にはアドバイスできません。担当の方におたずね下さい。

 お大事に、そして思い患わないように。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。まだ気持ちが動揺しています。落ち着いてできることを冷静にしなくては、と思います。Luckycatsさまも、どうかお大事になさってくださいね。

お礼日時:2001/05/21 07:20

ご家族の心中お察しします。


周囲の人間でも毎年「内視鏡検査」をしているものをおります。

さて、TOPページで「大腸がん」と入れて検索するとHitしますので参考にして下さい。

さらに、以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=47536
この中で#4で紹介したサイトも参照してください。

>私(実子)が担当医師に聞きに行ってもいいものなのでしょうか
同様な質問がありましたが、まずオペをされた病院の外来にTELで尋ねて主治医にアポをとられては如何でしょうか?

>今回父は早期発見だった、ということなのでしょうか。
恐らく、入院時に転移等の有無も検査されているかもしれませんので直接主治医に聞かれては。

>国立がんセンターなど、癌専門の病院で診てもらったほうがいいのでしょうか。
可能であれば、癌専門病院をお勧めします。
病院に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「(国立がんセンター)関連医療機関一覧」
さらに以下の本はいかがでしょうか?
http://mediazone.tcp-net.ad.jp/Life/book/book00. …
(医者がすすめる病院)
各地方版もあります。
==================================
日本全国病院ランキング この病気にはこの病院!
降旗正子∥〔ほか〕編
版表示 :増補・大改訂
出版地 :東京
出版者 :宝島社
出版年月:1996.8
資料形態:365p  21cm  1000円
シリーズ名: 別冊宝島  
件名  : 病院
ISBN:479661107X
NDLC: EG231
========================================
この本に記載があれば良いのですが・・・?

このシリーズで各地方版があります。

ご参考まで。 

お大事に。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/index/0sj/h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ご紹介いただいた情報に感謝いたします。

お礼日時:2001/05/21 07:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ