貸し金をしていて、現在裁判中です。

被告側には、まとまったお金がある(行政からある多額の金銭を、銀行振込で受け取っている事実があり、それを隠している)にもかかわらず、余裕の無い生活をしている事を主張している。

判決後、どのようになっていくのか知りたいのです。

相手が払わない、又、払えないと主張した場合はどうなっていくのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

債務の存在を証明でき、返済されていないことが立証できれば、勝訴となり、支払命令が出されます。


そのけっか、債務者が支払いに応じなければ、判決をもとに差し押さえなどの強制執行が出来ます。
差し押さえは、動産・不動産に対して可能ですが、銀行預金などは、どこの銀行に存在するか確定できないと、差し押さえは不可能ですから、それ以外の物を差し押さえることになります。
相手が、行政から受領した金銭の保管場所が不明な場合は、その金銭の差し押さえは難しいです。

他の、財産を差し押さえることで、相手にプレッシャーを与え、事業の遂行を難しくすることで、支払いに応じるように仕向けるしか、方法がないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、ご回答有難うございました。一昨日弁護士と面会し、先日の裁判の模様を聞く事が出来ました。相手側とその妻は裁判官や当弁護士の前にもかかわらず、大声でわめいたり、なじったりしていたそうです。当然そんな性格から、行政から受け取ったお金を、ストレートに口座に保管しているように思えません。きちんと対策を考えていきたいと思います。
裁判所に出向く事に関しても「私たちは、わざわざ子供を預けて(お金もないから)特急にも乗らないで、各駅に乗って10時間もかけて来てるんだぞ!」とか言っているそうです。素直に支払ってくれそうもないです。

お礼日時:2001/05/23 01:56

代わりに回答します。



>。>これによって最終的に債権者の権利が実現されます
>この意味がよくわからないのですが。

この意味は、判決で支払命令を出してもらっただけでは、回収が出来たわけではなく、強制執行により、相手の財産を差し押さえて確保した段階で、回収が出来るので、債権者が「債権の確保」という権利を実現する、と言う意味のことを書いているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、いつもお忙しいところ、ご回答を有難うございます。

どうやら、債務者/債権者と書いてあるのを、同じものとして読んでしまったようです。失礼しました。

いつもトップでいて下さい。また何か質問しますので、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/05/23 14:04

債権の存在及び支払期限の到来を証明できれば、裁判所は支払いを命ずる判決をします。

相手に支払能力がある・ないは関係ありません。
被告が判決を無視し、あるいは支払能力を云々して支払いを渋るようであれば、判決を債務名義として最寄りの地方裁判所に強制執行の申し立てをすることになります。強制執行とは債務者の財産を差し押さえて競売に付する手続きであり、これによって最終的に債権者の権利が実現されます。しかし、現実の問題として、債務者に本当に支払能力がない(差し押さえるべき財産がない)場合は、債権者の権利は有名無実のものとなってしまいます。
ご相談の場合、被告は行政から多額の金銭を受領しているようですが、金銭などの動産は消費・譲渡・隠匿が容易なので判決後速やかに強制執行の申し立てをしたほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

beenさん、ご回答有難うございます。一昨日、弁護士と話をしたところ、相手側は金銭があっても素直に支払いをするように思えないと言う事です。私も同感しました。これからの対策を考えていきたいと思います。差し押さえ=私にはそれ(貸した)相当の金銭が入ってこない=しかし、相手は困るわけですよね。
>これによって最終的に債権者の権利が実現されます。
この意味がよくわからないのですが。

お礼日時:2001/05/23 02:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃借物件を又貸しする場合の契約について

Aは駐車場用地としてBに土地を賃貸している。同土地の一部にCから事業用の建物を建てる為に土地を借りたいとの申出あり、A・Bともに基本的には了承している。BがAより賃借している物件をCに又貸しする場合A・B・Cはどのような契約書を取り交せばいいでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

A土地の所有者
├借りる
B土地の賃借人
├借りる
C建物建築予定

をお望みであれば、BC間の賃貸借契約書と、Aの承諾書を作成すればよい思います。

テンプレートは書籍でも売っていますが、
私なら後日の紛争を回避する目的で司法書士に契約書の作成と立会いをお願いします。

Q又貸しした借金を返してほしい

人のいい友人Aが、もう一人の友人Bに頼まれて消費者金融でA名義でカードを作って約100万円を貸したそうです。そしてBには借用書とサインをさせてもらってきたそうですが、Bが期日どおりに金を返さなくなり、よくよく聞くとAと同じ目にあっている人が10人くらいいて、Bの借金総額は恐らく1000万円を超えているということです。
Bから借金を取り返すことは現実的に不可能かと思うのですが、それくらいの人数が被害にあっていて、この借金の輪が広がらないとも限りません。
こういった場合弁護士を通じて被害者団体を作り損害賠償請求をすることは可能なのでしょうか。
Aの旦那が借金が大嫌いな人間で、Aがそんなことをしたことを知ったら即離婚すると言われているそうです。Aの旦那とBも面識があるそうです。

Aベストアンサー

#2です。
 たとえば弁護士さんに依頼するとすれば30万とか50万といった費用がかかります。Aの旦那さんが離婚を言い出すものならそちらにも法的な対応が必要になるかもしれません。消費者金融も放置すれば一括返済を求められ債務整理が必要になるかもしれません。
 最善の策は旦那さんによくお詫びをして夫婦協力して債務の返済のための手当てをすること、Bに対して法的手段に訴えることです。裁判所から支払督促を出してもらい、相手からの異議申し立てを受けて裁判に移るという手順ではないでしょうか。証拠や訴訟の進め方などの確認が必要と思われますのでまずは弁護士に有料で法律相談を受けに行ってください。
 被害者の会を設立しても活動資金がかかりますし、手弁当で支援してくれるような弁護士を見つけることも難しいでしょう。Aさんの旦那さんがBよりも強い立場であるならばぜひ旦那さんの協力を得たいところです。

Q友達が車を又貸しして事故

初めて投稿させていただきます。

僕は今夏休み中で帰国中なのですが、帰国前に免許を持っていない友達に帰国の間、車の面倒(エンジンを毎週かけてもらう)を見てもらうことを頼みました。 

先日、その友達が車を勝手に又貸しして事故を起こされました。修理代は車の価値よりも高いからと言う事なので、市場価格を調べ、さらに車の保険代の増加も考慮に入れて支払い額を提示したところ、市場価格の分しか弁償しないと強気で言ってきてるのですが、どうしたらいいのでしょうか? 

僕としては来年も同じ大切にしていた車に乗りたかったわけですし、新しい車に変えると事故のため保険代も減る予定だったのが増えることが予測されるのにもかかわらず、その対応なので苛立ちがあります。

このような場合の弁償はどのようになるのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

※あくまで素人の意見です。
免許を持っていない友達というところがまずかったですね。
その方の保険も何もないわけでしょう。
何かあったらどうするつもりだったのでしょうか。
そこがあなたの背負うべきリスクではないでしょうか。
ということで、市場価格分の弁済でもいたしかたないのでは?
まあ、民事裁判に持っていけば、勝手に又貸ししたことから、その方の責任は大きくなるかもしれませんが。

Q請求の趣旨:「訴訟費用は被告の負担とする」の主張・立証

訴状の請求の趣旨に、「訴訟費用は被告の負担とする 」と書くのが通常ですが、訴訟費用とは、民事訴訟費用等に関する法律により算出した、訴状に記載した「ちょう用印紙額」のことですか?

訴状とともに納付した郵券や、資格証明書・住民票等の添付書類の取得にかかった費用は、「訴訟費用は被告の負担とする 」というときの訴訟費用には含まれないのでしょうか?

そういった費用の負担を求めたいときは、準備書面などで、費用を求める旨を主張すればよいのでしょうか?
どなたか詳しい方、ご教示ください。

Aベストアンサー

>書式・費用など教えていただけると幸甚です。

手元にある文献では「計算してください。」と云う申立ではなさそうです。
自ら計算した「計算書」を添付して裁判所に申し立てるようです。(民事訴訟規則24条)
タイトルは「訴訟費用額の確定手続きの申立」、申立の趣旨は「○○××間の御庁○号○○事件について、年月日原告勝訴の判決を得、確定したから被告の負担すべき訴訟費用額確定決定されたく、別紙計算書を添えてこの申立をする。」として別紙で、訴状提出費用○○円、旅費○○円と云うように箇条書きで詳細にして、合計を計算して添付して提出いるようです。
その申立書には印紙は必要ありませんが、当事者に郵送する関係で郵券が必要です。

Q林被告の死刑判決について。

 ヒ素カレー事件で死刑判決を受けた林被告ですが、決定的な証拠が無いのが判決をどう左右するのかが焦点でしたよね。
 しかし、結局は死刑判決を受けることとなりました。
 状況的に彼女が犯人と示すものも多いですが、決定的な証拠もないまま死刑という判決はいいのでしょうか?。

Aベストアンサー

証拠によって事実を認定するわけで,証拠ががちがちかどうかで量刑が定まるわけではありません。
直接証拠はなくとも,被告人が多数の人を故意に殺したという事実が認定されれば,その事実をもとに量刑判断を行うわけです。
そして,被告人がやったと認定された事実関係を現在の判例の死刑の基準に照らせば死刑判決は相当ということになるのでしょう。
証拠が不十分で,被告人が殺したという事実が認定できなければ殺人罪については無罪になるわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報