プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

おはようございます。朝っぱらから恐縮ですが、ここ1年半、ニュースに注目してきたことから、個人の嗜好で殺された人、絶望感で自殺した人、あるいは社会というきわめて個人無視の環境から死に追いやられた人、さまざまな死に方を目の当たりにしてきました。

しかし死んでしまえば行くところは同じで、その後本人は、無限の期間、意識を取り戻すことはありません。あの世とやらなど、存在するはずもなく、死ねば一切の生命活動が終了します。

殺されても、殺しても結果が同じであることは、一部の詐欺師を除いて、ほぼ皆が気づいているはずです。死んだあとに行く場所、それは自分が生まれる以前にいた状態、つまり自分という存在が、不在の世界、まだ、自分というものが存在するに到っていない世界、そして今後も、たとえ永遠の時が過ぎても、再びこの空気の中に戻る可能性のない、(無限時間の無)の世界です。

だからこそ、一度きりの偶然によって生まれた、この光の中で、せめてここにいる間は、生まれた事自体、得したのだと思いたいものです。しかるに、生まれて損したと感じ、自ら意識を永遠に消滅させる道を選ぶ人があとを断ちません。

日本社会に多くいらっしゃる、跡形もなく消滅する道を自ら選ぶ人たちを、いくらかでも減らす方法がありましたら、どなたか教えてください。

教えて!goo グレード

A 回答 (14件中1~10件)

宗教に凝っている人は死後の世界の存在を信じているとは思いますが,私は科学的に明確に否定します。

そもそも,人の死と,他の生物の死の境界線は何でしょうか?人類の誰が死んだ後に生き返って死後の世界に関して報告をしたのでしょうか?

一般的に死後の世界に関する著書は,いわゆる仮死状態からの夢に過ぎない現象だと考えます。生物を含めて物質の全ては,宇宙に広く存在する元素に過ぎないのです。死後の世界を考えなければ,人は切ないので,その弱さから宗教は派生したものと考えます。

美しい人も,不細工な人も,金持ちも,貧乏人も,天才も,愚鈍も,行きつく先は全て等しく,大宇宙の元素に還元するだけなのです。

確実に理解できることは自分が死んでこそ初めて知ることでしょうね。残念ながら,生きている人に対しては報告できないでしょうけど・・・。

この回答への補足

自分が死んだあとに何かをしようと思ってもできないですから、今のうちにしとくべきですね。

補足日時:2012/12/26 21:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それじゃあんまし冷たすぎるって思われますよ。しかしそこいらへんは人間の思い通りになるはずもなく、(宇宙は人間を養うために存在しているわけではない)ですよね。あの世を口にする人って、どんな世界を思い描いているんでしょう、具体的に聞けば聞くほどアホらしい世界観を喋ってくださるように思います。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 02:51

みなさん複雑に考えすぎではないでしょうか。


それは、みなさんが人間は、他の動植物と比べて特別だからと考えているからではないでしょうか。

人間を社会科学の対象と捉えるのではなく、自然科学の対象と捉えてみては如何でしょうか。
つまり、人間も石ころや蟻んこと同じだということです。
戦争も自殺も人間の持って生まれた本能なのです。
強いものが生き残り、弱いものが淘汰されていく。
そうやって、強いものの遺伝子同士が組み合わされて生存しつつけているのです。

もし、弱いもの(今の時代に対応できず自殺を考えてしまうような人)が生き残れば、その遺伝子は、将来の弱い人間を作ることになり、人類は絶滅の方向へ向かうことになるでしょう。
メスのペンギンが何日も海をさまよい、えさを飲み込んで子供のもとに帰ってくるのは何のためでしょうか。

生きたいと思えば、頑張って競争して生きる。
死にたいと思えば、逆らわずに死ぬ。
そして、生き残ったものだけが、次の世界で更なる生き残りをかけて戦っていく。
自然科学の考え方はただそれだけなのです。

跡形もなく消滅する道を自ら選ぶことが、馬鹿らしいと思えるようになっていただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

犬も猫も心がありますよね。あの世は生物だらけで、身動きが取れるのでしょうか、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/19 01:39

お礼ありがとうございます。



死を目の当たりにしてきたという質問者氏は、大江健三郎の死を目の当たりにされたのか。
跡形もないか。ふぅ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですね、そのような人たちは、今となってはどこにもいないです。あなたも私も、はじめから生まれて来ていないかのように、どこを探しても二度と会えないです、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/15 22:05

まったく別の意見を述べます。

しかし質問者さんの意見を論破する気持ちはありませんので、賛成できないのなら読み流してください。

>死んでしまえば行くところは同じ…(以下は省略します)
この考えがさまざまな罪の原因になっています。「罪」の中には殺人や窃盗などの刑法的な罪の他、人を困らせたり迷惑をかけたりする道徳的な罪が入ることは簡単に想像できます。しかし、冒頭のような「死んでしまえば…」的な発想をしていると、自分が不幸に思えて、人を妬んだり、不平不満を口にするようになります。そのことがさらなる不幸の原因になり、耐えられなくなって罪を犯してしまうのです。そして最悪の重罪が自殺なのです。

不幸にして殺害され恨みを抱いて死んだ人の行き先と、家族や知人に囲まれて大往生した人の行き先は歴然と違います。

死後の世界や前世・来世を信じる心が養えたら自殺がへり、犯罪も減っていくでしょう。

「神学論争」と言って、この分野での議論は水かけ論になります。質問者さんは私とは真反対の意見をお持ちのようなので、どこまで受け入れていただけるのかは分かりません。私としては議論を交わす意図はありませんので、反論がある場合でも丁寧にお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの世を語って犯罪が減りますか?それよりは、生きてて楽しいと思えるような社会を作るほうが、正常な働きかけだと思います。

ところで、自殺は罪でしょうか?苦痛な情態から逃れるための、個人に与えられた最終的な権利だと私は思います。

(自殺について)死後の世界を信じる者が自殺しやすい、というのが筋です。次回があると信じるのであれば、わざわざ今回の苦しい世界にこだわる必要がないからです。

(あの世について)たとえば絶対に開ける事が不可能な空箱を他人に売る場合、中に莫大な財宝が入っている、と歌ったほうが値打ちが上がります。開ける事ができないのですから、中に財宝が入っていない、という証明ができないことを理由に、「だから財宝は入っている」という言い分です。

「あの世」というものが存在するかしないかは、「存在するという証明が永久にできない」以上、存在とは言えない・・・ですね。

逆に、あったらどうする、と考えますと、どのようなあの世だったら、ユックリ過ごすことができるか、悩むところです。神様仏様と人間の自我のみの暮らしも、1ヶ月で発狂しそうです。つまり、必要性の面から見ても、無い方が良いわけです。

(全宇宙は人間一人一人を永久に養うために作られたわけではないと思う)といった感じで、よろしくお願いいたします、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/15 22:02

私は現実主義者なので、質問者さんと同様で「死んだら無」と考えてますけど、とは言え、これは個人の価値観(宗教観なども含め)だし、正解は誰にも判らないことですね。



私自身、「無」と言いつつも、善人も極悪人も、「行く所はみんな同じ」とは思わないです。
そもそも行くところなども「無い」ですからね。

逆に確実に「ある」のは、死んだ個人が存在しなくなった現実の社会・世界でしょう。
その現実社会には、まあ歴史的偉人などは別として、個人が消滅した後でも、半世紀くらいは「跡形」は残るんじゃないかな?

それと「バタフライ効果」ってご存じでしょうか?
蝶がはばたくことによって生じる、ささやかな空気の流れさえ、未来のドコかの気象に必ず影響すると言うものです。

大袈裟とお感じになるかも知れませんが、ある程度は事実です。
人一人が、生きて死ねば、相当な影響がありますよ。

そんなコトに思いを巡らせば、命ってスゲェと思わないかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バタフライ効果はそのとおりですが、悲しいかな比較のしようがありませんので、何とも言えませんが、全体的には、ほぼ同じように見えることでしょう。宇宙という奇妙な物が存在しているのを知っているのは生命だけなのだと考えると、スゲェような、そうでもないような、とりあえず、ボサッとしてても、個は勝手に年を取って勝手に死にますから、のんびり構えていたいものです、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/15 21:46

 死生観はとりあえず脇に置いて、



>日本社会に多くいらっしゃる、跡形もなく消滅する道を自ら選ぶ人たちを、いくらかでも減らす方法がありましたら、どなたか教えてください。

 今の自殺報道はまるでダメ。自殺に意味を持たせたり、ことさら派手に報道したりというのは「自殺をすれば世間の何かが変わる」と思わせてしまう。自殺についての報道では宗教的にどうだこうだもするべきではない。自殺をしたっていいことなど何もない、代わりの手段はいくらでもあると思わせるのが大事。

http://www.lifelink.or.jp/hp/jisatsuhoudou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいことなど何もない、しかし自殺する者はいいことを求めてではなく、嫌なことから解放されるために行うのでしょうから、いい事があるような社会を作るべきですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/15 21:29

自殺すると、成仏できずに、永遠に自殺した場所を苦しみながらさまよいます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな分けないでしょう、大陸は動いてるんですから、みんな海にはまるじゃないですか、それも苦しみのうちなんですか、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 03:51

>日本社会に多くいらっしゃる、跡形もなく消滅する道を自ら選ぶ人たちを、いくらかでも減らす方法がありましたら、どなたか教えてください。



日本においては、キチンとした宗教観が無いからです。
もっと言えば、過去世の業によって『五濁悪世』に生まれているからです。

貴方の質問自体、矛盾しているとは思いませんか?

>>しかし死んでしまえば行くところは同じで、その後本人は、無限の期間、意識を取り戻すことはありません。あの世とやらなど、存在するはずもなく、死ねば一切の生命活動が終了します。

>>死んだあとに行く場所、それは自分が生まれる以前にいた状態、つまり自分という存在が、不在の世界、まだ、自分というものが存在するに到っていない世界、そして今後も、たとえ永遠の時が過ぎても、再びこの空気の中に戻る可能性のない、(無限時間の無)の世界です。

この二つの内容は、おかしいと思いませんか??

上では、『死ねば終わり』といい。

下では、死んだ後に行く場所を肯定している。

この人間の理を表しているのが、仏教ですよ。
また、『西方極楽浄土』は嘘だから。死んでも仏には成れないから。だから人は簡単に死んではいけません。自ら命を落としてもいけません。生きているうちに、仏に成らないといけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

矛盾しているはずもありませんが、そこいらへんは放って置くとして、私は1回たりとも死んだ事がない、まるで不死身のような人間です。ところで、仏になりたい、なんて人がいまだにいるのですか?そもそも仏教は生きている時間を有効利用する処世術で、あの世を保証するものではないです。あの世があるなら、もう満員でしょうし、仏になってそんな場所に放り込まれたら、退屈さのあまり自殺しちゃいます、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 03:46

私は、幸福の科学の会員ですが、1:宗教的な視点、2:論理的な視点で質問を考えてみると、



>>しかし死んでしまえば行くところは同じで、その後本人は、無限の期間、意識を取り戻すことはありません。あの世とやらなど、存在するはずもなく、死ねば一切の生命活動が終了します。

1:「死後の世界に行く」という意味では同じです。旅行で「海外へ行く」といえば、韓国、米国やエジプトも全て「海外」でくくられる。でも、細かく言えば行き先は、天国・地獄・この世で迷っている、の3パターンがあります。
2:質問者さんは、「唯物論」という宗教を信じているということです。それは科学で証明されていません。死後も意識を持っていることを示す事実は沢山あります。

>>殺されても、殺しても結果が同じであることは、一部の詐欺師を除いて、ほぼ皆が気づいているはずです。

1:少なくとも、キリスト教、イスラム教、仏教、もちろん幸福の科学の信者さんたちも、それは違うと信じているはずです。欧米では、「宗教を持たない=獣であって人間でない」と考えている方が多いようです。少なくとも地球人口の半数以上は、質問者さんとは違う考えだと思います。
2:1の信者数からして、違うといえる。

>>だからこそ、一度きりの偶然によって生まれた、この光の中で、せめてここにいる間は、生まれた事自体、得したのだと思いたいものです。

1:獣的な考えしか持たないなら、そうだと思う。ただ、盲導犬など、自分の生命を犠牲にして飼い主を守ったりすることもあるので、獣以下かもしれない。
2:誤った論理、もしくは証明されていない論理を使って、結論を導いても、それは誤り、もしくは、意味の無い結論にしかならない。

>>しかるに、生まれて損したと感じ、自ら意識を永遠に消滅させる道を選ぶ人があとを断ちません。

これには、同意。

>>日本社会に多くいらっしゃる、跡形もなく消滅する道を自ら選ぶ人たちを、いくらかでも減らす方法がありましたら、どなたか教えてください。

1:真実を知ることです。
死んだ後も、生きているときと同じ考え方をする自分の魂、霊、あるいは「意識体」が存在して、まだ生きている人々を見ることもできるし、彼らの話すことも聞くことができる。さらに、彼らの考えていることさえ分かってしまう。つまり、葬式で「嫌なあいつが死んでくれて、気分いいなあ!」なんて葬儀に列席した人が考えていると、全て死者の魂に伝わっていきます。
自殺すれば、生まれたときに決めた予定寿命が来るまで、魂は地上に留められます。そして、家族や自分の関係者が苦しむ姿を見続けることになります。
以前、自殺した友人の通夜の席で、私の妻は、その人の霊と話したことがあります。(妻は、死者の魂が見えて、会話することも可能なんです。)友人は、自殺したことをものすごく後悔して、「失敗した!!」と泣いていたそうです。でも、その後の会話では、「こいつ、やっぱり死んでも変わってねえ!」って言動をしていたとか。

2:唯物論で考えれば、「現在の私の状況は、経済的に酷い状況である。多額の借金もあるし、援助してくれそうな親戚もいない。就職面接で誇るべき学歴も職歴も資格も無い。この先数十年生きていても、好転する可能性はゼロである。生きていても苦しいだけ。それなら、死んで、この苦しみからのがれたほうが総合的にみてプラスである。」みたいな結論となり、自殺は正しいこととなります。唯物論という信仰を捨てない限り、自殺を減らすことは論理的に無理でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コーフクの科学って大川隆法のでしょ?名前を出すんだったら、もう少しシッカリしてください。あなたの知識の唯物論っていうのが、何を指しているのかは知りませんが、私は唯物論者ではなく、逆ですよ逆、独我論を前提に話してるんですよ、そこんところは分かってください、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 03:32

おはようございます。


死にたいやつは死ねでございます。その人の苦楽です。悲しみは理解できるようなものではないと思います。


質問文の
「目の当たりにしてきた」
というのは、どうなんでしょうか。目の当たりにしてきたのですか。



自殺はただの民族性ですからね。貧困国は世界中にある。そうした事実を認められない人は冷静でないので自殺もする。経済で首をくくるなどと何を言ってるの日本人です。世界の人はそれ以上指摘しないでしょう、狂った思考停止民族に対して。


「跡形もなく」ですか。
靖国神社も明治エンペラーもアインシュタインも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

死にたい奴は死ね、ですか。ふぅ、それだったら、わざわざ回答する必要がなくないですか。
「跡形もなく」です。ジェームスディーンもニーチェもカミュもカフカもベートーベンもヒトラーも大江健三郎もとっくの昔に誰もいない、ですね。200年後が見たかったなぁ~、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/14 03:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング