まず記事全文を示しておきます。(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121207- …
おやじに伝えて、さよなら…留守電に崩落死男性

山梨県の中央自動車道・笹子(ささご)トンネルの天井板崩落事故で、死亡した同県甲斐市の中川達也さん(50)が、天井板の下敷きになった保冷車から職場の上司に電話し、両親へのメッセージを伝えていたことが、会社関係者への取材で分かった。

中川さんは、食品卸売会社「海老正」(東京都新宿区)の同県甲斐市にある甲府営業所に勤務していた。電話を受けたのは中川さんの直属の上司の男性所長(42)。

同社によると、中川さんは2日午前8時5分頃に発生した事故直後、所長の携帯電話に数回かけ、そのうち午前8時18分と同39分の2回、留守電に伝言を残していた。所長は激しいクラクションの音で最初は聞き取れなかったが、何度も聞き返してみると、「おやじに伝えて、さよなら」という父親あてのメッセージが入っていた。 ←★

その後、所長や他の社員が何度も中川さんの携帯に連絡し、正午過ぎに所長のかけた電話が一度だけつながった際、中川さんは「所長、助けて」と息苦しそうに声を出し、「さよなら」などと母親へのメッセージを伝えたという。

---
★の部分についてです。
「所長は」で始まって、文末が「入っていた」で終わってますが、主語と述語が呼応していないことに違和感を覚えるのは何故でしょうか?
また、そう感じない場合は何故でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

文末に「という」の3文字を加えると違和感は消えると思うんですよ。


その前の一文にある「同社によると」という表現でもわかるように、
記事自体は「会社の人間が所長から聞いた内容を記者が聞いて書いたもの」なので。

ただ、記事全体の最後にも
>伝えたという。

とありますよね。
「同社によると」から始まる内容は、
1)同社によると、
2)所長は激しい
3)その後、所長や

--の合計3つの文で一つのまとまりとなっているので、
途中では「~という」を使わずに、最後のまとめの部分で「という」を使っていると考えてください。

ではなぜ「まとまりの途中で改行しているのか」という疑問が出てくるかと思いますが、
これは単純に「一つの段落が長すぎると読みにくいから」と考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「という」を加えるとはうまい説明ですね。
納得です。
全体としてしっくりくる説明です。
非常に参考になりました。ありがとうございます

お礼日時:2012/12/13 18:17

これって


重文ではないのかな。単文・重文・複文というときの重文。

所長は~聞き取れなかった、メッセージが~入っていた。
これでいいと思うのですが。

(重文の例)花は咲き、鳥は歌う。
主語-述語、主語-述語。
という形で、主語は二つ、述語も二つ。

と考えると何ら違和感は無いと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重文であるから違和感ないという感想と、
重文であるが違和感があるもしくは分かりにくい、という二つの意見に分かれるようですね。

ありがとうございました

お礼日時:2012/12/14 13:35

違和感は覚えないです。


単に省略したのだろうと思うからです。
激しい~入っていた。という内容のコメントを所長がしたんだろうな、と思うだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意味は分かるので構文的な整合性は気にならない、ということでしょうかね。
ありがとうございました

お礼日時:2012/12/13 19:11

「あとから」を入れると読みやすくなるかと思います。


所長は激しいクラクションの音で最初は聞き取れなかったが、後から何度も聞き返してみると、「おやじに伝えて、さよなら」という父親あてのメッセージが入っていた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!これも私が気が付かなかったです。
たしかにその位置に「あとから」を入れると違和感が和らぎますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/13 18:20

あ~、質問の内容と回答が食い違ってますね(汗)。




★がついた文の主語は、その直前にある
「メッセージが」ですね。
で、「所長は」に対する述語は「聞き取れなかった(が)」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、たしかに問うているポイントに対する説明ではありませんでしたが、非常に参考になりましたよ。

お礼日時:2012/12/13 18:18

>所長は激しいクラクションの音で最初は聞き取れなかったが、何度も聞き返してみると、「おやじに伝えて、さよなら」という父親あてのメッセージが入っていた。



これは「主語・述語 + 主語・述語 + 主語・述語」という形になっています。種類分けで言えば「重文」となります。分解すると、

1文 所長は激しいクラクションの音で最初は聞き取れなかった
2文 が、(所長は)何度も聞き返してみた
3文 と、「おやじに伝えて、さよなら」という父親あてのメッセージが入っていた

最後の文の「入っていた」の主語は「メッセージが」です。
違和感は、1文の主語「所長は」と3文の述語「入っていた」をくっつけたことが原因です。


とはいえ、わかりやすい文でないことは確かですね。新聞記事では字数を少なくするため、よくこのような書き方をするようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主語と述語が呼応していないとに違和感を覚えたのが私だけではないと分かって安心しました。
字数が限られた新聞記事なので仕方がないですが、事実の記録や説明の文・文章ではなおさら明瞭・明確な構文にして欲しいものですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/13 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「甲斐ない」と「不甲斐ない」の違いは?

日本語の場合、頭に不を付けて語幹を否定し、反対の意味に使うケースは多々あります。

謹慎と不謹慎、誠実と不誠実など、枚挙にいとまがありません。

そこで質問です。

「甲斐ない」の甲斐に不を付けて「不甲斐ない」としたとき、意味が反転して「甲斐がある」という意味になるべきですが、日本語の造語に関する暗黙のルールとしていかがでしょうか?

不甲斐ないは、あやまりで「腑甲斐ない」だけを正とするならば、筋は通るような気もしますが。

日本語にお詳しい方からの解説を頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

「不甲斐ない」が現在はよく用いられますが、元々は「腑・甲斐・ない」(心根の甲斐もない)です。「腑」は五臓六腑の腑で、転じて「心根」などの意味です。

「腑」が常用漢字ではないため、元は音を借りた当て字であった「不甲斐ない」も、慰安では正しい書き方と一般的には認識されています。ただし、国語辞書によっては(すなわち辞書編者の見方によっては)「不甲斐ない」を記載しないものもあります(広辞苑第五版等)。

P.S.

その他に「腑」が常用漢字にないために起こってきたことは、例えば「腑に落ちない」を「腹に落ちない」と表現する人も少なくありません。これを誤用とする人も未だにいますが、おおむね正しいと認められている模様です。

Qタイトルの「さよなら何々」の「さよなら」は何を意味しているのでしょうか?

タイトルの「さよなら何々」の「さよなら」は何を意味しているのでしょうか?
例えばゲームに次のような作品があります。

さよなら!ハコボーイ!
https://www.nintendo.co.jp/3ds/dl/kckj/index.html

さよなら海腹川背
http://umi.agatsuma-games.jp/

「さよなら」は国語的に言えば別れの挨拶ですが、タイトルに付いている場合どのような意味があるのでしょうか?
どちらもゲームシリーズですが、私はどちらも遊んだことが無いのでゲーム的な話が分かりませんが、
「さよなら」が付いている場合何かの傾向などあるのでしょうか。

Aベストアンサー

・シリーズものの最終作。
前作までの登場人物達との別離を指しての「さよなら」
ストーリー自体は別れをテーマにしていないこともある。
※ 後に「新」「帰ってきた」等が付いて続編が作られることもある

・作中のテーマに「別離」がある
登場人物のセリフや状況を表していることが多い。

・上記と思わせてのどんでん返しを狙ったミスリード


なお、「さよなら海腹川背」についてはインタビュー記事がありました。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/600513.html

Aベストアンサー

伝わらなくて→伝えたい気持ちがあり、相手に言葉で言うとか行動したけど、自分の気持ちが相手にわかってもらえない

伝えなくて→伝えたい気持ちはあるけど、言葉で言うなどの行動を起こさないでいる

Q「おやじ業」って何の意味ですか。

「おやじ業」って何の意味ですか。
外国人です。「おやじ業」という言葉に遭遇しましたが、その意味ははっきりわかりません。「親父の事業、つまり家業」か、それとも「親父としての責務」でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 亭主(対配偶者)や父親としての役割り、ないしは立場を多少斜めに構えて(わかるかな、すこし揶揄的に)表現しているまあ単語、タームってところですね。
 上さん(おくさん)に対義する語なので、しゅとして配偶者に対する、立場・役割を表現しています。
 商売でも職業でもありません。
 家庭の男性配偶者ってことです。
 

Q「お伝えしておきます」と「伝えておきます」

会社で取引先からの電話を受け、伝言を頼まれた時に、
相手:「~とお伝えください」
女子社員A:「かしこまりました、お伝えしておきます。」と答える;
女子社員B:「かしこまりました、伝えておきます。」と答える。

会社ビジネス電話の応対として、どちらが正しいでしょうか?
或いは、どっちの方が適切でしょうか?
今、すごく困っていますので、電話応対を長年ご経験の方、或いは敬語にお詳しい方、是非ご教示下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自信はないのですが、なぜAを丁寧語として明確に支持する回答がないのか不思議です。
私の感覚がおかしいのかもしれませんが、私はBこそ論外だと思います。

これは動作の主体に対する敬語ではなく、その対象に対する丁寧語ではないかと思います。
つまり、伝える内容が「相手の言葉」だから丁寧語を使うわけです。

例えば、目上の人から荷物をどこかに届けるよう依頼された場合、運ぶのが自分だからといって
「間違いなく届けます。」と言うのでしょうか。
「間違いなくお届けいたします。」だと思うのですが、私の勘違いでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報