会員登録で5000円分が当たります

最近、易の存在をしり、その魅力にかなり強く取りつかれています。
けれどとにかく難しいです!
自分でも易をたてれるようになりたくて、日々、易を立てていますが、読めるようになる日はいつになることやら・・・

どなたか断易にお詳しい方、下記の易題について回答を教えていただけませんでしょうか。


H24.12.14に易をたてました。

12月 壬子水 合 丑土 冲 午火
14日 己酉金 合 辰土 冲 卯木
空亡 寅卯

占題
H25.3までに大切な人と結婚出来ますか。

6 父 --世  未土  進神  兄 ―― 戌土
7 兄 ――   酉金
7 子 ――   亥水
8 父 --応  丑土
7 才 ――   卯木
7 官 ――   巳火

私の占読を聞いてアドバイスください。

六冲の卦なのはあまり良くはない。
世爻(と原神の父)が進神なので、ちょっと良い。
自分と同じ物を表す兄が日辰と同じなので、サポートがある。
自分が生じる子が亥水で旺なのは良い。
応爻も丑土で、月建の合、サポートがある。
忌神の官が何もない靜爻で力がない。
忌神を助ける仇神の才も卯木の空亡で無力。
でも応爻が動爻になって無いのが気になる。


結婚できる可能性は高い。
でも応爻が動いてないので、絶対じゃない。
それと、応期の読み方がわかりません。

どなたか、詳しい方、掘り下げて読んで頂けませんか。
知りたいことは、大切な方と結婚できるか、出来ないとしたら対策方法です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



上記の件ですが、お付き合いの具合の状況によって用神が変わりますのでなんとも申し上げられませんが、
六冲卦で貴方様もお相手も月建、日辰から弱いですので『3月までの』結婚は無理でしょう。
世爻が進神していますので、貴方様の積極性は伺えますが、お相手がまだその気がないので静観してるのが得策です。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/seishinenomoto/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

ご回答を頂いて思ったことは、
「自分が断易を理解できてないことが良く解った」
という事です。

勉強会なり何なり参加していかないと道のりは遠そうですね、
少し落ち込みます。

でも、理解できていない事がわかった事が前進でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/19 20:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断易の解釈について質問です

断易を独学で勉強中の者です(初心者です)。

この度、借りている家の賃貸契約について占い、契約を解除し
別のところに引っ越すことは吉であるかどうかについて質問をし、
以下の卦が出ました。
現在、貸主と賃貸契約について話し合っているところですが
双方の意見が対立し、解決口が見えないため
契約を解除しようかと考えてのことです。

月:庚戌(土)、日:丙午(火)、空亡:寅卯

 兌為沢            震為雷

父 未(土)- -(世)          - -
兄 酉(金)― 動爻 →  申(金)- -
子 亥(水)―              ―
父 丑(土)- -(応)          - -
才 卯(木)― 動爻 →  寅(木)- -
官 巳(火)―              ―


自身(世)も相手・貸主(応)も月建・日辰からサポートを受け強い。

二爻の動爻は、本来ならば月と合で強く、才が自身を剋するので
経済的に圧迫してくるものだが、今は空亡なので活動は抑えられている。

二爻の変爻は退神であり、力が弱まる。

・・・以上のようなことを解釈しようとすると、よくわからなくなってしまいます。

これは、空亡が空けると、二爻の動爻の動きが始まるので
その時に経済的に圧迫され始めるということでしょうか。
そうであれば、このまま留まった方が良いという風に解釈したのですが・・・。
また、変爻は退神ですが、これは我を剋する元卦の爻を弱らせるので
我を剋する力が弱まるということでしょうか(それなら、そこまで悪くない結果でしょうか)。

また、兌為沢とも震為雷とも六冲卦なのですが
六冲卦は交渉などの占では凶とどこかで読んだのですが
すると、動爻の動きのいかんにかかわらず、
六冲卦なので、現状も良くないし、契約解除して引越ししたとしても
状況は良くない、という意味になるのでしょうか。

また、出空の時期というのが、いまいち具体的にわからないのですが
それは萬年暦などでわかるのでしょうか?

最後に、この断易だと結果は良くないように見受けられますが
(つまり、契約解除はせずに、このまま残った方が良い)
出た兌為沢と変卦の震為雷を周易で見てみると
契約解除をすることが吉の結果と見えるのですが
断易と周易では、このように結果が全く異なることもあるのでしょうか。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、どうぞご教示お願い致します。

断易を独学で勉強中の者です(初心者です)。

この度、借りている家の賃貸契約について占い、契約を解除し
別のところに引っ越すことは吉であるかどうかについて質問をし、
以下の卦が出ました。
現在、貸主と賃貸契約について話し合っているところですが
双方の意見が対立し、解決口が見えないため
契約を解除しようかと考えてのことです。

月:庚戌(土)、日:丙午(火)、空亡:寅卯

 兌為沢            震為雷

父 未(土)- -(世)          - -
兄 酉(金)― 動爻 →  申(...続きを読む

Aベストアンサー

※※卦の内容が、どうのこうの言う前に一番最初に申し上げた様に
 一番最初に用神を決めてから全てが始まるのです。

>このまま残っていた方が良いでしょう。
>断易の結果が良ければ現状維持で小細工はしない事
>小細工をすると悪くなる可能性大ですからね。

※※この答は、用神が父母で有る事を前提にお答えしました判定に何の揺るぎも有りません。
 父母が用神という事は守る働きをする物に力が有り守ってくれる事を表現しています。
 貴方が何等かの理由で追い立てられていますが、貴方を守ってくれていますので、
 そのまま住んでいて良いと言う事を言っているのです。
 父母用神という事は、そう言った捉え方をするのです。
 私が仮の用神で出した答を、現実で用神があやふやな状態で出した卦の判断と合わないと
 言われても答え様が有りません、だって前提条件が違うのだからそれは仕方ないですよ。
 貴方が提示した占的を分析して何故、私がこれ程、用神を決めろと言うのか解説をします。

>この度、借りている家の賃貸契約について占い、契約を解除し
>別のところに引っ越すことは吉であるかどうかについて質問をし、
>以下の卦が出ました。

※※二行目三行目については一番最初に答ました。
 一行目が問題になります。
 貴方の願望が何処に有るのが書かれていないから用神が設定できないのです。
 用神が決まっていない卦の吉凶判断は空論に成ります。
 賃貸契約の何がどう成って欲しいのかが用神に成ります。
 なぜ用神をこんなに細かく分けるのかを問われれば、自分の事以外の事を占うならば、
 貴方のやっている方法でそんなに狂いは無い様ですが、こと自分の事ならば、
 貴方の様な用神の取り方で出て来る答えよりも自分自身が周りの状況を冷静に分析して
 占いをせずに普通に判断した方が、よほど正確に貴方が置かれている状況が判るはずです。
 とは言え運はそんな事では判りませんから断易が未だに存在しているのです。
 占いの出る幕は、不確定要素について答を求める方法が断易だったりするのです。
 だから自分の望みが叶うか、叶わないのかに焦点を合わせて用神を設定すれば何の問題も
 生じませんし、用神を設定する時に細かく分占するのは、用神が必ず強くなる事が吉と
 判断できる様に設定する為の方法なのです。
 それでも用神が設定出来なければ、既に答が有って占う必要が無い事柄なのを断易は
 教えてくれているのです。
   
>六冲卦や六合卦を見る時に直接的に吉凶と結び付けてはいけません。
>大掴みな卦の状態を示しているだけですが、最終的な判断に使います

<とご回答を頂きましたが、今回の場合、用神が吉と出ているものの
<大づかみなところでは、六冲卦ということで、あまり良くない・・・と
<判断がひっくり返ってしまう気がするのですが、「直接的に吉凶と結び付けてはいけません」
<ということですので、このような場合の六冲卦は、どのように解釈をすればよいでしょうか。

※※例えが悪いかも知れませんが、餃子を思い浮かべて下さい餃子の皮に当たるのが
 六冲卦や六合卦で、中の肉や野菜が卦の火が通っていなかったり(凶)火が通っていて(吉)
 餃子の皮がどんなに美味しそうでも中が不味ければ食べられたものでは有りません
 餃子の皮がどんなに不味そうでも中が美味しければ何とか食べられますね。
 だから餃子の皮に当たる六冲卦や六合卦は卦その物の吉凶には余り深く関わりを持ちませんが
 特殊な占的には、よく卦の状態を表現している場合が有ります。
 例えば、六冲卦が出ている卦の時の占的が離婚占の時には非常に別れ易くなりますが、
 別れると成った結果、吉なのか凶なのかは、餃子の中身が美味く出来ているか不味く出来て
 いるのかで決まってきます。
 六合卦は、六冲卦とは、反対で離婚占で別れようとしているのに色々な事情で別れられ
 なかったりしますが、でも用神が強くなって餃子の中身が美味く出来ていれば
 美味しく食べられますが、用神が弱くなれば餃子の中身も不味く出来る為
 食べたくなくなります。
 要するに、六冲卦や六合卦よりも卦の吉凶の方が大切だという事です。

<また、六冲卦からさらに六冲卦ということで、これもどう解釈したらよいのか
<判断がつきかねています。

※※六冲卦や六合卦を餃子の皮に例えましたが、此処でも同じように餃子の皮に
 例えますと六冲卦の卦が二つの爻が動いて皮に二カ所穴が開いたので別の皮で
 包み替えたら前の皮と同じ味のする皮でした位に考えていれば良いでしょう。

<最後に、月建と日辰の作用の強さについてお伺いしたいのですが
<多くの本では、月建はその月限りの影響で、日辰こそが永続的な力を及ぼす
<(よって、吉凶の判断では、より重要視される)と書いてあるのですが
<手元にある本では逆で、「日辰はその日限りの影響だが
<月建はその月一杯影響が及ぶので、より長期的」と書いてあります。
<「月」と「日」の物理的な長さから考えると、日は一日限りなので
<月の方が影響力が長く及ぶ、という考え方の方が納得しやすいのですが
<ほとんどの本が日辰を永続的としていることから、こちらの方が正しいのだろうとは
<思ってはいるのですが、日辰が永続的とされる理由はどんなものか
<おわかりでしたら、ご教示頂ければ幸いです
<(単に、「日辰の方が影響は永続的」と丸暗記すれば良いのかもしれないのですが
<出来れば、理論的に納得出来たほうが理解しやすいと思いまして・・・)。

※※根拠にならない事を根拠にした理論を書き連ねるつもりは有りません。
 迷信だと思って下さい
 ただ月建を得れば、日晨から生じられるより倍の力を得ます、つまり+2ポイントと
 見る事が出来ます。
 その理屈は、日晨は日晨を得るとは絶対に言いません。
 故に日晨には、冲・合・生・尅・空亡に、プラス・マイナス空亡を除いて
 各1ポイントが割り振られます、空亡は条件によって1ポイントの時も有り
 0.5ポイントの時も有ります。
 月建を得れば、月支と同じ十二支で1ポイントと当令で1ポイント+と2ポイントに
 なるから倍の作用が有ります。
 また月建と反対に月破はその逆で月と冲でマイナス1ポイントと
 月から尅を受けるのでマイナス1ポイントでマイナスポイントが二つ有るので
 -2ポイントで有ると言えます。
 と言う事は簡単に言えば日晨と比べて月の作用は倍の作用が有ると言えなくも無い。
 
 卦の条件に付いては現実と仮の話が入り交じっている様なので割愛しました。
 もし解説しなければいけないので有れば、立卦し直して貴方の分析した物を、
 掲示して下さい。

※※卦の内容が、どうのこうの言う前に一番最初に申し上げた様に
 一番最初に用神を決めてから全てが始まるのです。

>このまま残っていた方が良いでしょう。
>断易の結果が良ければ現状維持で小細工はしない事
>小細工をすると悪くなる可能性大ですからね。

※※この答は、用神が父母で有る事を前提にお答えしました判定に何の揺るぎも有りません。
 父母が用神という事は守る働きをする物に力が有り守ってくれる事を表現しています。
 貴方が何等かの理由で追い立てられていますが、貴方を守ってくれています...続きを読む

Q五行易の十二運についての質問です。

五行易の十二運について教えて下さい。

五行易(断易)も子平推命同様、流派があると思いますが、十二運中の

長生、墓、絶を使用するにあたり、

用神、動爻、伏神: 長生 :墓  :絶
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金爻(申・酉)   : 巳  :    :寅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
水爻(亥・子)   :         :巳
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土爻(丑辰未戌):          :巳

(1)申、酉は巳が【長生】に当たりますが、【回頭剋】にもなります。
  【長生】の吉ととるか、【回頭剋】の凶ととるかどちらが正解でしょうか!

(2)申、酉は寅が【絶】、亥、子は巳が【絶】になりますが、これはこのまま
  【絶】と取って正解でしょうか!

(3)丑辰未戌は巳が【絶】に当たりますが、【回頭生】にもなります。
  【絶】の凶ととるか、【回頭生】の吉ととるかどちらが正解でしょうか!

(4)用神が伏神の場合、月建旺相、日晨冲起の場合、暗動となりますか!
 同じく、日晨より合の場合、合起となりますか!
 (流派によっては、伏神の場合は、日晨からの冲は冲散、合は合住で、
 弱いとありました)

(5)最後に十二運は、年、月、日に使えますか!日晨だけでしょうか!

以上たくさん質問致しましたが、よろしくお願いいたします。

五行易の十二運について教えて下さい。

五行易(断易)も子平推命同様、流派があると思いますが、十二運中の

長生、墓、絶を使用するにあたり、

用神、動爻、伏神: 長生 :墓  :絶
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金爻(申・酉)   : 巳  :    :寅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
水爻(亥・子)   :         :巳
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土爻(丑辰未戌):          :巳

(1)申、酉は巳が【長生】に当たりますが、【回頭剋】にもな...続きを読む

Aベストアンサー

質問 ・金爻(申・酉)の巳は 長生とは見ない! 剋と見る。
   ・土爻(丑辰未戌)の巳は、絶とは見ない! 生と見る。
   ・金爻(申・酉)の寅は絶と見ない!
    水爻(亥・子)も巳は絶と見ない!

    と教わりました。

    所が、断易十八問答秘解の本は、内容が違う為、迷った次第です。

    上記の十二運の教えは無視してよろしいでしょうか!

 答 これらの事を取りまとめて結論を導き出すと、十二運は吉凶を見ても駄目です。
   日晨から爻を見る時は、日晨からの生尅が、どの爻に、どんな生尅が有るのかで決めなさい
   と言っているのです。

質問 又、用神が伏神の場合は、暗動や合起はない!でよろしいでしょうか!

 答 作用の見方その物は、その他の爻と同じく見ますが、伏神が表面に出て作用するかどうかは
   飛神の強弱に寄って決まります。

質問 最後に十八問答の光山氏や、野鶴氏の五行易の信頼性について教えて下さい。

 答 どちらも、ご都合主義的な所が有る上に易の理論を使っての問題の解決方法が全く使えません。
   そんな事を色々考えますと、矢張り一個人が、どうのこうのと行って使われる理論よりも
   流派に属して、その流派の持つ理論を学んだ方が、学の広がりや学の深さも有り
   そんなに頭脳明晰で無くても習得、出来る様に理論を簡素にしてある為に習得し易いのです。

質問 ・金爻(申・酉)の巳は 長生とは見ない! 剋と見る。
   ・土爻(丑辰未戌)の巳は、絶とは見ない! 生と見る。
   ・金爻(申・酉)の寅は絶と見ない!
    水爻(亥・子)も巳は絶と見ない!

    と教わりました。

    所が、断易十八問答秘解の本は、内容が違う為、迷った次第です。

    上記の十二運の教えは無視してよろしいでしょうか!

 答 これらの事を取りまとめて結論を導き出すと、十二運は吉凶を見ても駄目です。
   日晨から爻を見る時は、日晨からの生尅...続きを読む

Q独学で四柱推命を学ぶ本

入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。
今の所、”未来予知学としての四柱推命学入門(武田孝玄)”
を注文してあります(まだ届いていません)

四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?
ご存知の方がいらしたら、その違いもわかりやすく教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものがありますので、
  そちらも参考までにご覧になってみて下さい。算命学のみならず、四柱推命に
  おいても、同様の部分で諸流見解が分かれています。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=365738)

 まず、どなたのでも構いませんから自分がとっつき易そうだとお思いになる本をお読みになってはいかがでしょうか。その後、様々な流派や学派、関連する書籍等をお読みになって、理解を深め、それらの異同について学ばれた上で実占し、その結果からどの主張がより信頼に値するものであるのかを研究なさっていかれれば良いのではないかと思います。

 そして、どうせ学ばれるのでしたら、gimpeiさんも推薦なさっておられるように阿部泰山流に属する以下の本はお勧めです。但し、「安部」ではなく「阿部」、「三木照三」ではなく「三木照山」です。

 (1) 『泰山全集 四柱推命学の要諦』伊藤泰苑著/京都書院/定価 3,800円(昭和52年当時)
 (2) 『最新版 四柱推命の完全独習』三木照山著/日本文芸社/定価 2,500円+税(平成13年当時)

 上記の本は、阿部泰山氏、または、『阿部泰山全集(全22巻)/京都書院』が元になっていますが、内容に若干の異同があります。同じ流派に属していても、必ずしも結論が同じとなるわけではないことが分かります。また、これは勉強なされればお分かりになると思いますが、泰山流は『用神』や『格』についての採り方が難しく、なかなか理解ができないと思います。
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=323859)
私も判断に迷う時は、他の占術の結果と照らし合わせながら判断するようにしています。
 日付が変る時刻について、泰山流は現在の考え方と同様、午前0時としています。他の四柱推命の諸流や同じ中国系占星術の『紫微斗数』では23時をもって日が変るものと考えています。
 また、時刻の採り方についても、『紫微斗数』ではかなり厳密に考えますが、『四柱推命』の多くの流派は、あまり厳密に考えていないものが多いです。しかし、本来の時刻の考え方を理解し、実際に実占すれば、この点についてどのように考えるべきか自ずと分かってくるものと思います。
 (参考までに、時刻の採り方について、以前私が回答したURLをご紹介して
  おきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=475981
 この質問者の方は、後で気付いたのですが、私が以前、この方の別の質問で再婚に関する占いの結果を回答したことのある方だったようで、
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=241428)
その時の私の回答内容が気に食わなかったらしく、それからどうも私は嫌われているようです。 (^v^) )

 あまり流派に偏りが無く、「通変星」について概略を知る上で参考になるものとして、
   『四柱推命学』千種堅著/光文社/定価850円(1996年当時)
を揚げておきます。
 ただ、この本は「通変星」については詳しいですが、その他の点についてはほとんど触れられていないので、やはり最初に上げた2冊はなるだけお読み頂きたい所です。日付の変り目や他のいくつかの点を除き、私が『四柱推命』で判断するに際しては基本にしている考え方です。

 それから、月の変り目については、以前他の方の質問に私が回答した
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=468417
を参考になさって下さい。



>四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?

 中国系の占術は、多かれ少なかれ『陰陽五行説』の理論を取り入れて成り立っています。それはこれから勉強なさるようになればイヤでもお分かりになると思います。

 それから、「奇問遁行」ではなく『奇門遁甲』です。これは方位術です。自ら移動したり、普請・増改築などをしたりする時に、その日時と方角を看る場合に用います。
 「『奇門遁甲』について」と「『奇門遁甲』と日本の『気学』の違い」については、以前他の方の質問に私が回答したURLを紹介しておきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=456058
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=469064

 四柱推命に限らず、占術には様々な流派が存在しています。上でも述べたように、結局ご自分でそれらを学んだ上で少しずつでも極めて行くしかないと思います。
 大成されんことをお祈り致しております。

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものが...続きを読む

Q納爻する際、卦身のルール

断易を独学で学んでいます。

納爻する際、納爻表を見ずにできるようなったのですが、
卦身だけは、その付け方のルールが分かりません。

納爻表を確認すればよいだけなのですが、せっかく納爻のルールを覚えたのに惜しいと
思っています。

どなたか、卦身のルールをご教授頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

卦身のルールは断易入門に載っています。

しかし、もったいぶる必要はないので書きますと、


(1)世爻が付いている爻が陽爻か陰爻か見ます。


(2)陽爻の場合、
 世爻が初爻なら卦身が子
 世爻が二爻なら卦身が丑
 世爻が三爻なら卦身が寅
 世爻が四爻なら卦身が卯
 世爻が五爻なら卦身が辰
 世爻が上爻なら卦身が巳

 陰爻の場合、
 世爻が初爻なら卦身が午
 世爻が二爻なら卦身が未
 世爻が三爻なら卦身が申
 世爻が四爻なら卦身が酉
 世爻が五爻なら卦身が戌
 世爻が上爻なら卦身が亥

となります。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/seishinenomoto/


人気Q&Aランキング