麦茶の化学成分と、分析方法を、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

MiJunです。


>麦茶の成分
これに関連して以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=77955
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


恐らく分析方法は「HPLC」でしょうが、特にこのページに記載されている成分の内で何に興味があるのでしょうか?

参考になる成書として、
「茶の科学」(朝倉書店)
がお勧めです。
ただし、麦茶の記載はないようですが、引用文献等で分析方法は参考になると思います。

補足お願いします。

参考URL:http://healthtea.hoops.ne.jp/mugi.html

この回答への補足

水分、たんぱく質、糖質、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウム、タンニン以外で、何か麦茶の成分はありますか?

補足日時:2001/05/21 17:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。何とか、調べて、レポートの提出ができました。

お礼日時:2001/05/23 20:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすべての栄養は成分分析で出すことができますか?

現代の食物に対する栄養の成分分析は完璧なのでしょうか?
それとも、まだまだ分かっていないことが多いのでしょうか?

たとえば、「りんご 含有量 栄養」などで検索すると、りんごの栄養素が出てきます。
ビタミンが知られていなかった時のように、今わかっているりんごの栄養素に加えて、新しい栄養素が発見される可能性はまだあるのでしょうか?

以上、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

全然完璧ではありません。栄養学はまだ発展途上段階。ほとんどまだ何も分かっていないに等しい。
例えばポリフェノールは、5000種もの物質の総称で、近年注目されていますが、まだ全然分かっていないんです。第7の栄養素とも第8の栄養素ともいわれているけど、文部科学省の日本食品標準成分表からは全く無視されています。
栄養素が発見されるというより、栄養素の定義が変わる可能性があります。例えば、いままでAと総称されていた物質がa1とa2に区別される可能性もありますし、いままで栄養素と思われていなかった物質が新しく栄養素とみなされるといったこともありえます。また分析しても保存・貯蔵の状態で量が変化する物質もあります。また現在、重視されているのは食物に含まれている重量ですが、本質的にいえば人体にとって意味があるのは食材の含有量でなく、人体への吸収量である筈です。吸収量が良くわからないから、便宜的に重量=吸収量とみなすか、吸収量=重量×吸収率とみなすかどちらかです。この吸収率が栄養素によって固定値なら話は簡単ですが、実際は食べ合わせによっても変わってくる。

まだまだ栄養学は原始時代なんです。

全然完璧ではありません。栄養学はまだ発展途上段階。ほとんどまだ何も分かっていないに等しい。
例えばポリフェノールは、5000種もの物質の総称で、近年注目されていますが、まだ全然分かっていないんです。第7の栄養素とも第8の栄養素ともいわれているけど、文部科学省の日本食品標準成分表からは全く無視されています。
栄養素が発見されるというより、栄養素の定義が変わる可能性があります。例えば、いままでAと総称されていた物質がa1とa2に区別される可能性もありますし、いままで栄養素と思われてい...続きを読む

Q搾りたて牛乳と成分無調整牛乳の成分は違う?

いつもお世話になっています。よろしくお願いいたします。
タイトルのとおりですが、私は酪農の友人からたまに搾りたて牛乳をいただきます。いつも加熱してから飲むのですが、ほぼ下痢してしまいます(味は抜群です)。
しかし、成分無調整牛乳を買って飲むと、大丈夫なのです。
成分無調整牛乳ということはそのままの牛乳(絞ったままの成分)のような気がするのですが(何も足さない・何も引かない)・・・
同じ牛乳のような気がするのですが、搾りたての方は色も黄色っぽくいかにも"濃い"感じがあります。
実際は、市販されている牛乳とは何かを除いたりして成分の違いはあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>成分の違いはあるのでしょうか

1)高温で加熱殺菌している
風味が変わる。
http://milk.asm.ne.jp/jimu/hitori/hitori_04.htm
低温殺菌は美味いらしいが入手したことなし。

2)ホモゲナイズド処理(ホモ牛乳)
大きな脂肪を細かく分散させ、牛乳全体に均一に分布させている。
大きな脂肪が上澄みの黄色い部分で、「濃い」と感じる。
脂肪の分子が大きいから消化しにくいので下痢しやすい。

Q柿の成分で便秘になる成分は?。

柿を食べると、
便秘になり痔に苦しんだことが
何回もあります。
干し柿を食べたいのですが、
怖くて食べれません。

何の成分が、ダメージを与えているのか
教えてください。

Aベストアンサー

柿には、「タンニン」という成分が含まれていますが、そのせいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3
(wikipediaより、「タンニン」)

干し柿は、渋い柿を干すことによって、「タンニン」が水溶性から不溶性になり、渋く感じなくなります。
ただし、タンニンが無くなったわけではありません。
渋柿と干し柿のタンニンの量は、ほぼ同じです。

また、干し柿は、干すことにより水分が抜け、食物繊維の含有率が高まります。
不溶性食物繊維は、ご存知のとおり、便秘予防・改善に役立ちますよね。

ただし、前述したとおり、干し柿には、食物繊維もあるけれども、タンニンも含まれています。
タンニンは取り過ぎると便秘の原因となりますので、干し柿も人によっては注意が必要です。
それで、干し柿を食べると便秘が改善される人もいますし、逆に、質問者様のように便秘になる人もいるのです。
干し柿を召し上がるのなら、少量ずつ、様子を見ながらにされたら良いのでは、と思います。



下記のサイトをご覧になってください。
私が説明するよりも分かりやすく書かれています。

http://r-sa.info/06.html 【柿で便秘?】
(以下、要点を抜粋しました)

『渋柿は便秘になってしまう効果があり、甘柿には便秘を解消する効果があるとされています。
何故なのでしょうか?
まず柿には、タンニンという渋みの成分が含まれており、タンニンによってたんぱく質の成分を変え、細胞や血管を収縮してしまう収れん作用という作用が発生します。
タンニンを摂取してしまうと、腸の粘膜に特殊な膜を形成します。
これによって腸に対しての刺激が減ってしまい、便秘の原因に繋がってしまうこともあるのです。
反対に甘柿のタンニンは固まっていますので、渋柿のように渋みはありませんが、タンニンが柿の中に含まれていることには変わりがありません。
ですので甘柿も渋柿同様、食べ過ぎることによって便秘の原因に繋がってしまう可能性はあるのです。』

以上です。
私は専門家(栄養士)ではありませんが、ご参考までに。

柿には、「タンニン」という成分が含まれていますが、そのせいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3
(wikipediaより、「タンニン」)

干し柿は、渋い柿を干すことによって、「タンニン」が水溶性から不溶性になり、渋く感じなくなります。
ただし、タンニンが無くなったわけではありません。
渋柿と干し柿のタンニンの量は、ほぼ同じです。

また、干し柿は、干すことにより水分が抜け、食物繊維の含有率が高まります。
不溶性食物繊維は、ご存知のとおり、便秘予防・改...続きを読む

Q黒ゴマの成分・栄養素を教えてください。

 こんにちは。
 黒ゴマの栄養素が知りたくて、インターネットで探しているのですが、ほしい情報がなかなかでてきません。エネルギーとか、たんぱく質とか、カルシウムなら出てきたのですが、ビタミンEやCなど、かなり細かい部分まで知りたいのです。
 誰か、そういうのを調べられるサイトとかを知っていませんか?
 

Aベストアンサー

食品データーベースシステムの利用

フリーワードで検索

ごまと入力、検索

一般成分以外の成分を表示したい場合

項目にチェック(全てにチェック)

お役に立てるといいのですが。。

参考URL:http://food.tokyo.jst.go.jp/

Q毎日2Lのお水を飲むのと、毎日2Lの麦茶を飲むのとではどちらが体に良い

毎日2Lのお水を飲むのと、毎日2Lの麦茶を飲むのとではどちらが体に良いですか?
栄養面も含めて教えて下さい。

Aベストアンサー

言ってしまえば、あまり大差はありません。

内科の先生によると、麦茶の方が水溶性の麦の成分が多少溶け出しているので、
水よりは麦茶の方がよいのだそうですが、
成分と言っても微々たる物、しかも、
水は蛇口から飲むことが多いのに対し、麦茶は冷蔵庫で冷やして飲むことが多いでしょう?

冷えた麦茶を尿の温度に上げるためには、かなりのエネルギーを必要とします。
つまり体が疲れます。

これに気づかず冷たいものばかり飲んで、猛暑で夜も寝られないとなれば、
実は、夏バテの原因となります。

2リットルの水分は身体にとって必要ですが、食事である程度摂れていますし、
飲むにしても出来れば常温、出来なくても冷やし過ぎないようにしてくださいね。

ちなみに
熱中症対策で言われる、こまめに水分を摂りましょうってどういうことか知ってますか?

こまめに摂るとは、30分おきに水一含みです。がぶ飲みはいけません。
運動など、屋外にいる場合は、30分毎にコップ一杯がよいそうです。
汗でミネラルが失われますから、ほんの少量の天然塩を加えるとよいそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報