初歩的な質問ですみません。
ウインドウズはメモリをふやすとマックとことなり、
トラブルがおおくなるときいたのですがどうしてでしょうか?
わかりやすくおねがいいたします。
バリュスターつかっていますが、あまりにフリーズがおおいので
(NECさんすみません)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 そのお話をどなたからお聞きになったのか解りませんが,メモリーを増やす事がトラブルの直接の原因になるということは通常は考えられないと思います。


 買ってすぐの状態のコンピューターはメーカー側がいろいろ不必要なソフトをインストールしている事も多く,ハードディスク内にあれこれとデーターを溜め込む前に,可能であればリカバリーをかけておきますと動作が安定します。理想は付いて来たCDよりも純粋なWINDOWS Meをインストール出来ればなお良いと思います。
 リソースの確保につきましてはizumi180sxさんのおっしゃる方法でかなり安定いたします。メニューバーの一番右,時計の表示されている左側に見えているアイコン類が出来るだけ少なくなっている状態が好ましい環境です。
 試しに先の「システム設定ユーティリティー」画面において,スタートアップ項目のチェックをすべてはずして,動作の確認をしてみてください。この状態でウインドウズが全く動かなくなると言うわけではありません。本来はそれぐらいのパフォーマンスを持っている・・という事だけいったんご確認していただいたら元に戻しましょう。
 ちなみに私の場合の設定状況をご参考までに書いておきます。izumi180sxさんのアドバイスと違うところがあります。
 ■チェックあり(使用)□チェックなし(未使用)
 
■Syn TP Lpr
■Syn Tp Enh これはどちらもタッチパッドに関する拡張機能です。
□Ir Mon 赤外線モニター。今のところ赤外線で何もやっていないのではずしています。
■internat.exe IMEのキーボードプロパティーを表示するもの。
□System Tray チェックすると電源とスピーカーが表示されるようです。
□Scan Registry 起動時にレジストリーのバックアップを行う。止めても良いと書かれてあったので私は止めています。
□Task Monitor デフラグ時にIALAを有効化。なんのこっちゃわかりません^^;。
■PC Healthと*State Mgr システムファイルの保護。システムの復元に関係する。
■SiS Tray これは止めてはいけません・・と書かれてあったので止めていません。具体的な機能は不明。
■Load Power Profile これはログオン前と後の電源管理設定で,同じものが2つあります。休止状態やスタンバイモードを使わなければ必ずしもチェックを入れなくても良いのかもしれません。
□SSDPSRV ユニバーサルプラグアンドプレイ?。それに対応した機器類が販売され,それをつなぐようになるまでは切っておいて良いそうです。
 
 その他ウイルスチェック関係のプログラムはすべてOFFにしています。
 また機能の良くわからないものもとりあえずは私の場合はOFFにしました。またメーカー固有のものもたくさんあるようです。
 
 とりあえず作動させておいた方が良いもの以外をひとまず停止させて,終了か起動させるたびに一つずつ足していってみて,フリーズが起きないよう気をつけて様子をご覧になられてみてはいかがでしょう?。
 
 それと月一回ぐらいでよいですから,スキャンディスクとデフラグでメンテナンスを行ってください。
 買い換えるなんて事をおっしゃらずに,もう少しお付き合いを^-^。
    • good
    • 0

 あの、すいません、だからバリュースターのなんですか?アルファベットとか数字で書いてあると思いますが。

古いやつだとメモリがSIMMだったりするかも知れないので皆さんもアドバイスのしようが無いと思いますので、正式型名を書いてみて下さい。それによっては本体を買い換えた方が良いのか、メモリを足してメンテナンスすれば良いのか変わってきます。

 最近買ったものであれば、他のメーカーの物に買い換えても同じですよ。それこそ皆さんが答えてくれているようにチェックを外して言った方が(っていうかそれしか方法がないです)良いですよ。それとOSはWindows何でしょうか?MEで良いのかな?
    • good
    • 0

Windows9x系は過多なメモリを実装すると、逆にリソース不足が起こると聞いたことが在ります。


メモリ管理の方にパワーを取られると云った本末転倒なバグらしいですが(笑)

また前の方々が仰っている通り、Windows9x系は先天的にメモリ管理能力が低いので、充分と思われるメモリを実装してもアプリの起動状況によってはいとも簡単に圧壊します。

どちらにせよOS固有の問題ですので、もし本体の買い換えを検討されるなら、一緒にOSをWindows2000等に換装することをお薦めします。
    • good
    • 0

それはMACがほとんど1社で作られれているのに対して


Dos/V系は複数の会社が作っているからです。

メモリを作っている会社は、全てのDos/Vメーカーの
パソコンで試すことが難しいのでそういう意味で
トラブルが起きるという風に解釈しました。

この解釈だとメモリ以外にもアプリケーションや
OSもそうなりますね
    • good
    • 0

 買い換えたいのはメモリですか?パソコン本体ですか?どちらにしてもフリーズが多いのはWindows95~MEだからなので、新しい本体を買っても止まりますよ。

Windows2000なら別ですが。

 Windows9X系OSは#1の方法でチェックを外さないと256MBのメモリを積んでも止まります。「マイコンピュータを右クリック」→「プロパティ」→「パフォーマンス」でシステムリソースの空きが多くないといくらメモリを積んでも止まります。#1の方法で空きを増やせます。

 実際の所メモリのトラブルは取り付けてみないとわからないですね。そんなにトラブルが起きることはないとは思うのですが、自信がないです。今は128MBのメモリも3000円位で売っていますし、試しに買ってみては?

ところでパソコンの正式型名は何ですか?機種によってはメモリも変わりますので買う時には注意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございます。お忙しいところをありがとうございます。間作中、困っております。
バリュースターです。

お礼日時:2001/05/20 18:44

 メモリの相性にもよる、ってとこですかね。

詳しくは分かりませんが。フリーズが多いとの事ですがWinMEですよね?これはメモリを足しても改善されないと思いますよ。下記の方法を試してみて下さい。

 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「msconfigと入力しOKをクリック」→「スタートアップと書いてある所をクリック」チェックを入れたり外したり出来るのでここで必要の無いもののチェックを外しましょう。

 WinMEを動かす上で必要なものはinternat.exe、ScanRegistry、TaskMonitor、SystemTray、LoadPowerProfile(2つあります)、PCHealth、*StateMgrです。これはチェックを外さないで下さい。

 他のものは名前の右側にC:\~というようにファイルの保存場所を書いてあるのでそこから何のファイルか判断してチェックを入れる入れないを決めて下さい。何か判断のつかない物はそのままにしておいた方が無難でしょう。ここでチェックを外す数が多ければ多いほどフリーズしなくなりますので試してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございます。お忙しいところをありがとうございます。模索しているところで困り果てております。
買い換えたいとおもっているのですが。

お礼日時:2001/05/20 13:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパイプライン方式での処理時間の求め方

応用情報の問題で、わからない所があります。

パイプラインの深さをD 、パイプラインのピッチをP 秒とすると、I 個の命令をパイプラインで実行するのに要する時間を表す式はどれか。
ここで、パイプラインの各ステージは1ピッチで処理されるものとし、パイプラインハザードについては、考慮しなくてよい。

 ア  (I +D )×P  イ  (I +D -1)×P
 ウ  (I ×D )+P  エ  (I ×D -1)+P

正解は「イ」なのですが、お恥ずかしながら全く腑に落ちません。

私の理解とそれによって導き出される式は以下のようになっています。
どこでまちがっているのか、教えていただけませんでしょうか。

◆私の理解
 パイプラインの深さをD:命令の中のステージ数はD個
 パイプラインのピッチをP 秒:1ピッチP秒かかる
 パイプラインの各ステージは1ピッチで処理:各ステージの処理はP秒かかる
 I 個の命令:命令がI個ある

◆式
 所用時間= I × (D × P)

D×Pで命令内全ステージにかかる時間を求めたつもりです。
それに命令数をかけています。

すみません、よろしくお願いいたします。

応用情報の問題で、わからない所があります。

パイプラインの深さをD 、パイプラインのピッチをP 秒とすると、I 個の命令をパイプラインで実行するのに要する時間を表す式はどれか。
ここで、パイプラインの各ステージは1ピッチで処理されるものとし、パイプラインハザードについては、考慮しなくてよい。

 ア  (I +D )×P  イ  (I +D -1)×P
 ウ  (I ×D )+P  エ  (I ×D -1)+P

正解は「イ」なのですが、お恥ずかしながら全く腑に落ちません。

私の理解とそれによって導き出される式は以下のようになって...続きを読む

Aベストアンサー

命令の個数を7、パイプラインの深さを4、パイプラインのピッチを1秒とする。

この場合、1つの命令がパイプラインを通り抜けるには4秒かかる。

そして、それぞれの命令は、1秒づつズレながら順にパイプラインに入っていく。

図にすると、以下のようになる。

 深さ4
←──→
□□□□______ 1番目のパイプに入った命令は抜けるまで4秒かかる
_□□□□_____ 2番目の命令が入るのは1ピッチ経過後。つまり1秒後
__□□□□____ 3番目の命令が入るのは2ピッチ経過後。つまり2秒後
___□□□□___ 4番目の命令が入るのは3ピッチ経過後。つまり3秒後
____□□□□__ 5番目の命令が入るのは4ピッチ経過後。つまり4秒後
_____□□□□_ 6番目の命令が入るのは5ピッチ経過後。つまり5秒後
______□□□□ 7番目の命令が入るのは6ピッチ経過後。つまり6秒後
1 2 3 4 5 67 89 10 ←(7+4-1)×1=10

最後の命令がパイプラインに入るのは「命令の個数-1ピッチ後」であり、その命令がパイプラインを通過し終わるのは、パイプラインの深さだけかかる。

つまり、最後の命令がパイプラインを通り抜け終わるのは「命令の個数-1+パイプラインの深さ」に、1ピッチの秒数を掛けた秒数が経過した時である。

「最後の命令がパイプラインを通り抜け終わる秒数」と言うのは「全部の命令を実行するのに要する時間」そのものである。

「(命令の個数-1+パイプラインの深さ)×1ピッチの秒数」を意味する式は「イ  (I +D -1)×P」である。

命令の個数を7、パイプラインの深さを4、パイプラインのピッチを1秒とする。

この場合、1つの命令がパイプラインを通り抜けるには4秒かかる。

そして、それぞれの命令は、1秒づつズレながら順にパイプラインに入っていく。

図にすると、以下のようになる。

 深さ4
←──→
□□□□______ 1番目のパイプに入った命令は抜けるまで4秒かかる
_□□□□_____ 2番目の命令が入るのは1ピッチ経過後。つまり1秒後
__□□□□____ 3番目の命令が入るのは2ピッチ経過後。つまり2秒後
___□□□□...続きを読む

Qマックとウインドウズ

みなさんこんにちは。
早速ですが、今私はPowerMacG4を使ってますが、書類などのデータが増え続け、購入当初より重くなってきたような気がします。
私のG4には、記憶装置がついてないタイプで、外部記憶装置も持ってません。
先日友達からWindowsNTなるものが組み込まれたPCをむりやり渡されました。
「ウインドウズも使ってみろ」と言われ、とりあえずネットができる環境にしてもらい置いてあります。これはもしかしたらメールで書類を移動できると思いました。・・・気が遠くなる作業です。しかも圧縮されたデータはウインドウズで開けるのかどうかもわからなかった。
そこで、みなさんの中でこの問題のいい解決法、対応策がわかる方がいらしたら、ぜひ教えて下さい。

(ちなみに、マックでネットをやってると、物凄い頻度で接続が止まるんですが、やはり重いからですか?始めは無料プロバイダを使用してたのですが、今はアルファネットです。)

Aベストアンサー

その友人にWindowsNTの使い方を聞いたほうが早いと思いますが...

>私のG4には、記憶装置がついてないタイプで、外部記憶装置も持ってません。

記憶装置は付いてるでしょう。今時HDDの無いパソコンなんて珍しいですから。
外部記憶装置?フロッピードライブですか?それとも別のもの?
FDD(フロッピーディスクドライブ)は付いていると思いますが...

>とりあえずネットができる環境にしてもらい置いてあります。

これはインターネットへ接続できる環境にしてもらったということでしょうか?
WindowsNTとMacが別々にインターネットに接続できる環境にあってもあまり
意味があるとは思えません。
Macのみインターネットへ接続できるようにして、WindowsNTはローカルの
家庭内だけのLANに接続できるようにしてもらった方が良いのでは?
WindowsNTでインターネット接続しようが、Macでインターネット接続しようが
ブラウザの機能しか使わないならあまり意味がある事とは思えません。
(WIndowsNTを使っているという実感もないでしょうし。)
それなら、MacとWindowsNTをネットワークで共有させて、WindwosNTをサーバ
に見立てて、特に必要の無いファイルをNTに退避させた方が賢い使い方と
言えるでしょう。

>これはもしかしたらメールで書類を移動できると思いました。

単純にネットワークで繋がっているだけでも、ファイルを移動させるのには
手順が必要です。
WindowsNT側でMacからHDDのフォルダが見えるようにMacボリュームを設定
しないとNTのドライブやフォルダはまったく見えません。
またNTにFTPデーモンを起動させるかしてMac側からファイルを送受信
できるように設定しなければファイルの送受信もできません。

この問題を解決するのは、そのWindowsNTを持ってきた友人に設定方法と
ファイルの移動方法を聞くのが一番だと思います。
やみくもに初心者が設定を行って、出来るような設定ではありませんので
いちばん詳しい方にやってもらうのが良いと思います。
あなたが悩むことではありません。WindowsNTを押し付けた(?)人が
責任を持ってbecchiさんに教えるべきです。

その友人にWindowsNTの使い方を聞いたほうが早いと思いますが...

>私のG4には、記憶装置がついてないタイプで、外部記憶装置も持ってません。

記憶装置は付いてるでしょう。今時HDDの無いパソコンなんて珍しいですから。
外部記憶装置?フロッピードライブですか?それとも別のもの?
FDD(フロッピーディスクドライブ)は付いていると思いますが...

>とりあえずネットができる環境にしてもらい置いてあります。

これはインターネットへ接続できる環境にしてもらったということでしょうか?
Wi...続きを読む

Qパイプライン方式と非パイプライン方式

パイプライン方式はどうして非パイプライン方式に比べて高速化できるんですか?

Aベストアンサー

先の#4ですが、ごめんなさい。
 以下の部分を
----
 しかし(1)~(3)は別々の回路で実行できるので、次のように同時に実行させることができます。すると、9クロックで3処理だったのが、6クロックで3処理できるようになり、高速化となるのです。

1↓ (1)
2↓ (2)(1)
3↓ (3)(2)(1)
4↓    (3)(2)
5↓       (3)
----
次のようにしてください。
---
 しかし(1)~(3)は別々の回路で実行できるので、次のように同時に実行させることができます。すると、9クロックで3処理だったのが、5クロックで3処理できるようになり、高速化となるのです。なお、3クロックめからは、1クロックごとに処理結果を得られます。3クロックごとに結果が得れれる方式に比べて、高速化されます。

1↓ (1)
2↓ (2)(1)
3↓ (3)(2)(1)
4↓    (3)(2)
5↓       (3)
---

Qウインドウズで作った資料をマックに移すには?

現在自宅でMACを使用しネットやメールをしています。
先日会社からWin2000をもらってきました。
Winのパワーポイントで資料を作成しネットに接続してメール貼付けで同僚へ送付しようとしたのですがサポートセンターへ電話したところ「ツールがないとネット&メールの設定ができないのROMを送付します」と言われました。 
ROMの到着は早くて火曜日・・・。
すぐに使う資料なのでなんとかしたいのですが方法ありますでしょうか?
1:現在MACのみメール&ネット使用可能。
2:WINに資料あるが送付不可
3:初心者です。

以上何かアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

フロッピーディスクやCD、フラッシュメモリなどの
記憶媒体にWinのデータを移して、それをMacで
読み込むというのが一番いいのではないでしょうか?

ファイルの容量が軽いようでしたら、
アップローダーサイトを探して
ファイルをアップロードし、
Macでそのサイトへ行き
ダウンロードするのも一つの手だと思います。
(ただし、重要書類などであったらアップローダーは
止めた方がいいと思います。)

Qパイプラインについて

最近、中東問題などからよく登場する「パイプライン」ですが、ちょっと実物について調べています。

●パイプラインの大きさ(直径・長さ)
●管理などのメンテナンス方法
●安全性・耐久性
●運送量
●通過料
●どうやってパイプラインを通るのか
●敷設に関しては、国際入札を行っているのか
●敷設時の出資比率

などなど、なんでもいいのでご存じの方、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

●パイプラインの大きさ(直径・長さ)
パイプラインは、原油、天然ガス、精製後石油製品、上水などを輸送するさまざまなものがあります。直径は、液体であれば、MAX100cmくらい、気体は数mのものが可能だと思います。一般的には大きくても、液体で50cm、気体で100cmくらいでしょうかね。
総延長は、そのパイプラインの目的によって様々です。日本でも、ガス会社のパイプライン、石油会社の輸送用、空港燃料輸送用など様々がありますが、数kmから数100kmのものまであります。世界では、北米が最もパイプライン網が発達していて距離の非常に長いもの(数千km)があると聞いております。

●管理などのメンテナンス方法
通常、パイプ自体の設計寿命は数十年単位であり、可動部はないため点検する必要はありません。ただし、パイプラインは、送出基地(ポンプ、制御システムなど設置されている)、受入基地(タンクなど)、や緊急遮断弁ステーション(パイプライン途中に複数設置)との組み合わせ設備であり、そこにある機器は定期的に点検します。
パイプ自体の点検は、埋設されていたり、海中に敷設されているものも多いため、外部からはできない場合もあり、検査ピグという専用の砲弾形状の探傷装置をパイプの中に通して、パイプの肉厚測定を行なう技術があります。(超音波や、磁気による非破壊検査)

●安全性・耐久性
漏洩を検知した瞬間に、ところどころに設けられた緊急遮断弁により遮断します。漏洩の検知は、送出基地と受入基地の流量差検知、漏洩発生時の圧力波検知などいくつかの方法を組み合わせて行なっています。
漏洩検知システムを専用に製作・販売している会社もあります。

●運送量
配管サイズによって当然異なり、流速は3m/s(液体の場合)くらいが最大です。輸送量はパイプ断面積と、流速から計算してみてください。

●通過料
残念ながら知りません。

●どうやってパイプラインを通るのか?
人が入る方法と解釈しましたが、
通常は人は入りません。入る必要もありません。相当特殊な補修をする場合には入ることがありますが、大変危険な作業であり、その方法は細かく知りません。

●敷設に関しては、国際入札を行っているのか?
国際入札です。P/L専門のコンサルティング会社や、エンジニアリング会社もあります。日本では、大手鉄鋼メーカが、パイプの供給のみならず、敷設工事に応札しています。

●敷設時の出資比率
事業により様々ですが、大規模なものでは、その国の政府、他国政府援助、銀行団、石油会社などが出資した事業会社が設立されます。


パイプラインといっても、思っていらっしゃる以上に広い世界ですので、目的を限定して質問いただければ、さらに役立つお答えができると思います。

●パイプラインの大きさ(直径・長さ)
パイプラインは、原油、天然ガス、精製後石油製品、上水などを輸送するさまざまなものがあります。直径は、液体であれば、MAX100cmくらい、気体は数mのものが可能だと思います。一般的には大きくても、液体で50cm、気体で100cmくらいでしょうかね。
総延長は、そのパイプラインの目的によって様々です。日本でも、ガス会社のパイプライン、石油会社の輸送用、空港燃料輸送用など様々がありますが、数kmから数100kmのものまであります。世界では、北米が最もパイプライン...続きを読む

Qウインドウズ95の起動ディスクとウインドウズmeのCDロムの組み合わせ

ウインドウズ95の起動ディスクとウインドウズmeのCDロム。ウインドウズmeの起動用フロッピーが見当たらないのでウインドウズ95の起動ディスクを使ってハードディスクを初期化してそれからmeをインストールしようかと考えていますが、そんなことはできないでしょうか?
ウインドウズme購入時の起動用ディスクを紛失してしまったのですが、どこかでダウンロードできますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すいません。#3 に追加です。

95 の起動ディスクの場合、フォーマットのときに FAT32 ではなく FAT16 になる可能性があります。
(Win95 OSR2 未満の場合、FAT32 は未対応)

その辺も考えると、Me 側で作成しておくほうが良いと思われます。

Qパイプラインの段数とクロックの関係について

Pentium4って、パイプラインの段数の構造が20段になったんですよね…?
パイプラインの段数を2倍にすると、動作クロックって大体何倍になるんでしょうか…?

変な質問して申し訳ありません。

Aベストアンサー

それは、わかりません。

一般には1.1倍かもしれないし、1.9倍かもしれません。下手すると、1倍より
下がるかも知れません。

Pentium4 に限っても、単純に段数を倍にしただけで性能を上げているんでは
なくて、それ以外の様々な改良を加えて、ようやく 2GHz 版が量産できるよう
になったはずです。それを考えれば、パイプラインの段数だけの効果では、
1.5倍も行ってないような気もします。

Qメモリページのファイルをふやす

今日より頻繁に下のようなウォーニングが出てきます.
動作が遅く,作業がはかどりません.

「システムの仮想メモリが少なくなってきています.
Windowsが正しく動作するために仮想メモリページファイルのサイズをふやしてください.」

どのようにしたらいいのでしょう.

タスクマネージャでメモリの使用量を見ると,133メガです.当機はメモリを328メガ積んでいます.

Aベストアンサー

No1で回答したtyd3です。

No1.の最終画面(仮想メモリ)で、
初期サイズに推奨サイズを手入力し『設定』ボタンをクリック。
パソコンを再起動してください。

Cドライブに初期サイズ~最大サイズで割り当てられます。

Qパイプライン処理の処理能力について

現在、ソフトウェア開発技術者試験の勉強をしているものです。
お忙しいところ、誠に申し訳ございませんが、
以下の問題の考え方について、アドバイス頂けないでしょうか?

頭を悩ましているのは、以下の問題です。

一つの命令を構成する各処理を
表に示す時間で行うプロセッサがある。

各処理を、それぞれパイプラインの1ステージに
割り当てる5段パイプライン構成のプロセッサの
命令処理速度は、パイプライン化していない
プロセッサに比べて何倍になるか?

<処理名>:<最大処理時間(単位:ナノ秒)>
命令フェッチ:100
命令デコード:50
オペランド読出し:100
演算処理:80
演算結果書込み:100

答えは、4.3倍だったのですが、どうも解答に納得できません。

例えば、2命令を実行した場合を考えた時、

<通常>
□□□□□□□□□□□□□□□
430(100+50+100+80+100)×2=860ナノ秒

<パイプライン>
□□□□□
 □□□□□

1処理あたり最大100ナノ秒なので、
2命令実行するのに600ナノ秒かかる。

つまり、860÷600≒1.4倍だと思いました。

解答の考え方は、
パイプラインでの処理能力を500ナノ秒の間に、
5命令実行可能だと解釈しています。

□□□□□
■□□□□
■■□□□
■■■□□
■■■■□
※■:前の命令のステージを表す。

たぶん、納得できないのはここの解釈だと思うのですが…。

現在、ソフトウェア開発技術者試験の勉強をしているものです。
お忙しいところ、誠に申し訳ございませんが、
以下の問題の考え方について、アドバイス頂けないでしょうか?

頭を悩ましているのは、以下の問題です。

一つの命令を構成する各処理を
表に示す時間で行うプロセッサがある。

各処理を、それぞれパイプラインの1ステージに
割り当てる5段パイプライン構成のプロセッサの
命令処理速度は、パイプライン化していない
プロセッサに比べて何倍になるか?

<処理名>:<最大処理時間(単...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1さんの回答で納得できない場合の為に補足しておくと、

□□□□□
■□□□□
■■□□□
■■■□□
■■■■□



■□□□□
■■□□□
■■■□□
■■■■□
■■■■■

になる為には「何ナノ秒」必要か考えてみましょう。
あと、上記のようにパイプラインのステージが一歩進むたびに命令の実行が1個ずつ完了する事が理解(というか納得)出来るでしょうか?
(5個あるうちのどれか1つが必ず命令実行完了となる)

パイプラインを生産ラインと考えれば、xxナノ秒毎に生産(実行)完了した命令が一個ずつアウトプットされているという風に理解しやすくなるかな。

QCドライブの容量をふやしたい

7年ほど前に購入したソニーのVAIO(WIN Me)を使用しています。

Cドライブの容量が減ってきたので、ディスククリーンアップ、いらないソフトのアンインストール、tempファイルの削除、ファイルのDドライブへの引越し等々知っている範囲のことはしましたが、目に見える効果は無く、残り容量が25%程度(6.5GB中5.0GB使用)しかなりません。

CドライブにはARCHIVEとかRESTOREとかのフォルダがあって、大きなファイルがあるんですが、PCの奥深いところのフォルダはよくわからないので、消しても良いのかがわかりません。

そもそもCドライブにはたいしたソフトがないのに、なんでこんなに容量が少ないのかもわかりません。

Cドライブの容量の増やし方、サイズが大きくて消してもいいファイルを教えて下さい。

Aベストアンサー

以下を試してみてください。
1.システムの復元に使用するディスク領域を最小にする。
(1)マイコンピュータを右クリック
(2)システムのプロパティでパフォーマンスタブを選択し、ファイルシステムをクリック
(3)ファイルシステムのプロパティでハードディスクタブを選択し、システムの復元に使用するディスク領域のスライドバーを最小にしてOKを押す。
※当方の環境では200MB程度、空き容量が増えるようです。

2.サイズの大きいファイルを探し、提示して削除可能か意見を求める。
(1)ドライブC:で右クリック、検索をクリックし、ファイルまたはフォルダの名前にアスタリスク(*)を入力して検索開始ボタンを押し、サイズでソート(2回クリック)する。
(2)サイズが大きいファイル5個程度を提示し、削除可能か意見を求める。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報