『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

求人のエントリーメールやネットの投稿等で、「~が!」「~が。」と、「が。」で終わる文章をよく見かけます。

例→妻と別れました。僕はまだ好きですが。

例→面接は月曜日を希望します。17日の月曜日は仕事ですが。

前の文章の打ち消しや倒置のような書き方なのでしょうが、どうもあまり好くない印象を受けてしまいます。

皆様は、このような書き方をどうお感じになりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

話し言葉派生に一票。



強調のための意図的な倒置ではなく、推敲の手間を惜しんだように感じてしまいます。
思ったことを思いついた順番に書き込んでいる印象です。

読みやすさへの配慮、読む人への心配りが足りないように感じてしまうのかも知れません。

とはいえ、焦って慌てて書き込んだのかと思うと、なんだか気の毒になってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみませんでした。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/21 02:19

口語文なのでしょうかね。


自己主張自を最後に沿える形で、注意喚起のつもりもあるやもしれませんが、責任逃れというか言い訳めいた響きを感じさせる事もあるのでしょうね。

私も良く使うので自戒しておきます(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみませんでした。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/21 02:18

困りましたよ。

私は。
手紙をよこしました。この私に。
どうしろというのでしょうか。この私を。

こういうのの類いですね。
こういう文は使うとよくないところでは使わないのがよいでしょう。
正式な文章の中ではとくにやめましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみませんでした。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/21 02:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q接続詞「が」の用法

接続詞「が」は一般的に逆接で使われますが、
たとえば、以下の文はネットから引用するものですが、どういう用法になるのでしょうか?
「MEMS は、機械要素部品、センサ、電子回路等を一つのシリコン基板上に集積化したものであるが、その基盤技術として立体形状自由加工技術が重要な技術課題である。」

聞きたいのは、上記質問ところの「引用するものですが」の「が」と
引用文の「集積化したものであるが」の「が」
の2ヶ所です。逆接的な用法とは違うように思うんですが、どういう用法というのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、中学校で教える口語文法では、「が」には接続詞と接続助詞と二種類がありますが、
  1)今日は雨だ。が、明日は晴れるだろう。
  2)今日は雨だが、明日は晴れるだろう。
1)のように、独立して使われる場合は「接続詞」、
2)のように、他の言葉の後に付けて使われる場合は「接続助詞」です。
 お尋ねの文の「が」は、「……であるが」と続いているので接続助詞ですね。

 次に、接続助詞の「が」ですが、yahoo!辞書の「大辞泉」では、

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8C&dtype=0&stype=0&dname=0na&pagenum=11&index=02711700

「1」で格助詞の説明をしたあと、

 「2」[接助]《の(4)の用法から発達して中古末期に確立した》活用語の終止形(古語では連体形)に付く。

 1 単に前の句をあとの句へつなぐ意を表す。「なかなかの美人だ―、話しじょうずだ」「すみません―、しばらくお待ちください」

と、「単なる接続」の用法を挙げています。特に「なかなかの美人だが」の例は、美人でも話し下手の人もいて、美人であることと、話し上手であることとは、こういう関係と限定できません。ご質問の文の場合もこれと同様で、順接とか逆接とに関係なく、単に話しをつないでいる用法と考えればいいと思います。

 なお、格助詞の「が」には(同じく「大辞泉」)、

 2 希望・好悪・能力などの対象を示す。「水―飲みたい」「紅茶―好きだ」「中国語―話せる」
 ・ 「さかづき―たべたいと申して参られてござる」〈虎明狂・老武者〉

と「~が飲みたい、食べたい」という用法が紹介されています。「さかづき」の用例は室町時代の狂言が出典ですから、かなり昔から使われていて、普通の言い方です。

 まず、中学校で教える口語文法では、「が」には接続詞と接続助詞と二種類がありますが、
  1)今日は雨だ。が、明日は晴れるだろう。
  2)今日は雨だが、明日は晴れるだろう。
1)のように、独立して使われる場合は「接続詞」、
2)のように、他の言葉の後に付けて使われる場合は「接続助詞」です。
 お尋ねの文の「が」は、「……であるが」と続いているので接続助詞ですね。

 次に、接続助詞の「が」ですが、yahoo!辞書の「大辞泉」では、

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃ

「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃる」で謙譲語は「申す」であれば、お客さんなどに「ご希望があれば遠慮なくお申し付けください」という言い方は間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

多少複雑ですが、間違いではないようです。
↓を参考にしてみてください。

参考URL:http://ameblo.jp/comkeigo/entry-10097099260.html

Q接続詞で終わる文

はありますか? あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

接続詞で終わる文

1.途切れた文(文を言い始めたが、途中で途切れる)
A: I saw Kathy last Friday and . . .
B: And you didn't talk to her?
こういう会話では、A氏は、文を途中まで言ったのに、B氏に言われてしまったので、この文は接続詞で終ることになります。

2.接続詞的副詞
I saw Kathy last Friday. I've never seen her since.
このsinceは当然since I saw her last Fridayの意味ですので、接続詞の意味合いを持っていなくもありません。そういう意味で接続詞だと感じ取ってもよいかと思います。しかし、When did I talk to her last? It was last Friday. I've never seen her since. なら、こんどはsinceはsince last Fridayですので、前置詞の意味合いを持っていなくもありません。その意味では前置詞となってしまいます。こういう混乱があるわけですから、このsinceは副詞とすべきですが、最初のI saw Kathy last Friday.に続く文では、接続詞と上記の説明を分った上で言っても、悪くはないと私は思います。

3.屁理屈を言えば、こんなのも。
You can use if here, not when.
ただし、これとて、単語を名詞のように扱っているということにはなります。

ご期待に添える回答ではないと思いますが、逆に申し上げますと、まともに接続詞で終る文は存在しないーーということになろうかと思います。

以上、ご参考になればと思います。

接続詞で終わる文

1.途切れた文(文を言い始めたが、途中で途切れる)
A: I saw Kathy last Friday and . . .
B: And you didn't talk to her?
こういう会話では、A氏は、文を途中まで言ったのに、B氏に言われてしまったので、この文は接続詞で終ることになります。

2.接続詞的副詞
I saw Kathy last Friday. I've never seen her since.
このsinceは当然since I saw her last Fridayの意味ですので、接続詞の意味合いを持っていなくもありません。そういう意味で接続詞だと感じ取ってもよいかと思いま...続きを読む


人気Q&Aランキング