まずは経過説明から...。
第一生命の「パスポート21」から、「堂々人生らぶ」に転換しました。しかしそれまでの契約で10万円強給っていた配当金が転換で0円になっていたのでおどろいてセンターに問い合わすと「そのまま転換するとその分が下取りとして契約に上乗せになります」「転換契約時に前の配当金を下ろしてから契約しなおす事も多いのですが、担当者からそれをどちらにするか聞いていませんか?」とのこと。もちろん一言も聞いておらず、担当者に問い合わしても、「契約書のあのあたりに記載されているはずです」だけでした。早速見てみましたが、契約紙面内の指示されたところには記載されておらず、担当者を呼んでみても記載なし。ただ、契約書の裏表紙には下取りの説明はありました。担当者は新人で「下取りの仕組みまではわかりませんでした」し、契約時説明をしたのは付き添ってきたその人の上司の主任でした。その場で新人さんは支店長に連絡し、その様子からでも記載されているあるべき場所には記載は無い様子でした。「今主任に連絡が取れないのでわかりません。またすぐ連絡します」と言ったきり、2日ほどたちます。
 疑問点として(1)10万円強の下取りをしてなおかつ以前の契約よりも月々の支払も増している。契約書には配当金が下取りによって支払いはこうなったと言う記載は無い。保障特典は配当金を食ってしまうほど支払いをアップさせるものなのでしょうか。これでは保障特典が増えた分として勧める意味はあるんでしょうか。
 対策として (2)何とか配当金を取り戻す手段は無いものでしょうか。住宅ローンの繰越返済金の一部として当てにしていたものが...(涙涙)。
どの方向からでもいいのです。多方面からのアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

生保が専門ではないのですが、また、私の会社は転換を全面に出してのセールスをしていないので すこし違うかもしれませんが。



まず、転換は、いままでの契約を解約清算をしてその解約返礼金を頭金にして新たな契約に加入することと思えばいいと思います。ですから、配当金も返戻金の中に含まれているはずですが。

転換後の支払額が増している。
たしか、転換は少しでも月々の保険料が高くならないといけないはずです。高くならないと会社の承認が下りないはずです。
前契約はいつから加入しておられた保険でしょうか。また、転換されたのは、いつでしょうか。現在は、金融商品の販売についての説明義務が厳しくなっています。
従来の説明は画一でよかったのですが、いまは、その契約者個々に合わせた説明をしなければならないということに改定されました。
契約自体を元に戻したいならば、本社の相談センターに充分な説明を受けられず、契約後に再度説明を依頼したが、担当者は、新人で同行してきた上司からも充分な連絡説明が受けられなく。困っていることを連絡されたらどうでしょうか。

私なら、終身保険部分のみ残して他の保険を新たに加入しますけど。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。専門の方の回答ということで、なんだかすごく味方がいる気が増しました。いろんなやり方でやってみますので、温かく見守ってください。

お礼日時:2001/05/20 17:57

最近、大手生保でしくみのわかりにくい保険商品が多く販売されるようになり、


同様のトラブルが多発しているようです。
私の知人に同様の転換契約で堂々人生に契約した人がいましたが、いろいろ
考えた結果、解約して他社(外資系生保)に切り替えたそうです。

転換というのは、今まであなたが支払った終身保険料を今度の終身保険の頭金に
充当し、さらに新しい契約を結ぶと言う性格のものですが(少々荒っぽい説明ですが)、今回の場合、終身部分にいくら充当されるかまったく見えてきません。

もし、あなたがその担当の人に義理もなにもないのなら、思い切って他社に
設計書を作成してもらい、比較検討されることをおすすめします。
最近では煙草を吸わない人は保険料が安くなる特約を出してる会社
も多数ありますので、ぜひ一度話を聞いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。専門家の意見、ためになります。何とか、前の契約に戻すというところまではいけました。後は、満期までに今回のことをいい経験にゆっくり比較検討したいと思います。

お礼日時:2001/05/21 19:44

私は堂々のような保険には加入しません。


高い、中身の仕組みが素人にはわかりずらい、
定期付終身は販売しないといわれていますが、
結局、定期付終身がベースではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。何とか、前の契約に戻すというところまではいけました。後は、満期までに今回のことをいい経験にゆっくり比較検討したいと思います。

お礼日時:2001/05/21 19:46

どうしても、どうしても納得いかなければ会社と徹底的に話し合って、「取消」という方法もあります。

以前の契約内容に戻りますので、配当金ももどるでしょう。
 確かに現在は転換について説明を厳しく義務付けられていますので、転換についてこれこれの内容を確かに聞きましたという書類にご契約者が押印するようになっています(契約申込書以外で)。でも、そういうものはなかったのでしょうね。
 個人的には、自分の家の保険なら「堂々・・」は選びません。保険に加入できたということはご健康なのでしょうからよそにご加入されたらいかがですか?ご自分の納得いくまで何社でも見積もりを取られて選んではいかがでしょう。保険も「家」と一緒で、外側は同じに見えても中身は住む人によってさまざまなのですよ。
 この件とは別ですが、皆さん「終身保険は云々」と特に終身保険を持ち上げる傾向にありますが簡単に言えば、80歳くらいの時に払い込んだだけ元を取ることの出来る「死ぬまで保険」ということで、保険料を安く抑えたいのであればやはり掛け捨ての定期保険が一番です。(逆説的に言えば、その意味では「堂々人生」はすばらしい定期保険のひとつです)長寿時代とは言っても高い保険料で80歳まで払い続けた終身1000万(例として)が良いのか、その時代時代に合った家計を助ける保険が良いのかもう少し考えていただきたいなと思います。
 奥様が知らないうちに高額保証の保険から1000万円位の終身保険にお切り替えになり、実際コトが起こったときにトラブルになったという話も聞きます。保険は本人のためにあるのではなく、残された遺族のためにあるのですから。
 もう少しアドバイスもありますが、とりあえずここまで。ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。専門家のそれも細かいところまでのアドバイス、ためになります。何とか、前の契約に戻すというところまではいけました。後は、満期までに今回のことをいい経験にゆっくり比較検討したいと思います。

お礼日時:2001/05/21 19:48

私も第一生命ですが、つい数ヶ月前、転換の勧めにきました。


現在の支払いとほぼ同じで大きな保証が得られます、と。
しかし、バブル期の利率がいいものより、条件がよくなるのはおかしいと思い、いろいろ聞いてみても、うまい具合にかわされてしまい、ちょっとはその気になると、怒濤のごとく、責めてきました。これはなおおかしいと思い、本を購入してよく調べてみると、保険の人は平気で嘘をついていました。10年後の更新額が信じられない額でした。その時はその時でもっといい商品がありますよ、とのこと。ふざけるな!
どうやら、生命保険会社は利率がいいころの終身をとにかく解約させたいようです。そのためにさまざまな特約がついた新商品といって、転換させようとしています。
私は終身のみ残し、定期はほかにしようかと考えています。
お答えになっていないとは思いますが、この生命保険の複雑なからくりに憤るものとして同情します。
通常、転換時に下取りをするため、最初だけ得した気がするだましのしくみです。
やはり、説明不十分ということで、徹底的に戦うべきです。
残念ながら法的にどうかということはわかりませんが、、、
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。色々みなさんの知識をいただいて、対抗していきたいと思います。乞うご期待。

お礼日時:2001/05/20 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q堂堂人生からブライトwayへの転換

第一生命の堂堂人生をブライトWAYという商品への転換を勧められています

こんにちは。

年齢は40代前半の男性です。

現在、第一生命の堂堂人生に入っているのですが、今年(2014年)の春、ブライトWAYという商品への転換を勧められています。

2004年には、外交員にすすめらられるまま、1997年秋に加入した保険を堂堂人生に転換しました。

今回は、第一生命の外交員でない方と話をしています。
その対応していただいていいる人は、堂堂人生の欠点についても承知しているので、ブライトWAYをおすすめします、とのことです。

しかしながら、第一生命及び、転換、ブライトWAY、そして、堂堂人生については、ネット上では、評価が悪い。
特に堂堂人生は、かなり酷評されているようですね。

そのまま堂堂人生に加入し続けてもいい(やむを得ずではありますが・・・)とは思っているのですが、
第一生命の職員の方(外交員のあいさつ等を含む)と話をするときは、必ず、他商品への転換を勧められるという状況です。

私は、堂堂人生から、ブライトWAYに転換した方がいいのでしょうか?

尚、私の住んでいる町は、田舎で、狭い人間関係の土地柄(人口数万人の市で、7割以上の人が、同じ市内または隣の市に勤務先があるひと)なので、生命保険の詳細についての記載をすると、第一生命の職員さんから私の仕事関係の人にまで話が伝わるおそれがありそうなので、申し訳ありませんが、このような漠然とした質問とさせていただくこと、お詫び申し上げます。
よろしくお願いします。

第一生命の堂堂人生をブライトWAYという商品への転換を勧められています

こんにちは。

年齢は40代前半の男性です。

現在、第一生命の堂堂人生に入っているのですが、今年(2014年)の春、ブライトWAYという商品への転換を勧められています。

2004年には、外交員にすすめらられるまま、1997年秋に加入した保険を堂堂人生に転換しました。

今回は、第一生命の外交員でない方と話をしています。
その対応していただいていいる人は、堂堂人生の欠点についても承知しているので、ブライトWAYをおすすめしま...続きを読む

Aベストアンサー

新商品についてはよく知りませんが
単純に既存定期付終身から定期付終身新商品への
転換ということかと思われます

死亡定期は10年更新が多いと思うんですが
それにかかる保険料のうち2~3割くらいは
中途で解約した時の返戻金に充てられます

3000万の死亡定期に月7000円払ってたとして
年間で84000円、10年払えば840000円ですが
10年目の更新時(死亡定期満期)には返戻金がゼロ
ところが5年目あたりに解約したとしたら二割位はあり
転換はその「解約返戻率の一番高い時期」を狙って
勧めに来るんです
例えば10万円の返戻金が内包されているなら
それを新しい保険の頭金にして保険料を若干下げる
「今転換したらお得ですよ」=「死亡定期の返戻金MAX」
ということですね
そして死亡定期の満期(10年目)時にまんま更新したら
頭金含んでないし年齢が上がってるので転換と比べりゃ
倍くらいの金額になりますよ!今すぐ転換しましょ!となる

比較的有意義な転換てのもある
低減定期保険に切り替えることです
これだと年齢が進むにつれ死亡保障は下がっていきます
そのかわり保険料が割安で組み方によっては終身部分に
余剰金回せるので満期時の払い戻しも若干マシになるんです
詳しくは自分で調べてください、文章だけじゃちょっと無理なんで

日本社の老舗系に勤めてる保険外交員の「くもの糸」は
更新時期を前倒しにして成績に繋げる「転換推奨」なんです

あなたに買ってもらった車は今下取りに出せば50万だが
更新時まで乗ってたら下取り査定がゼロになっちゃいますよ?
実はこの度マイナーチェンジされますんで乗り換えませんか?
電気系統の不具合も改善されてますしどうでしょう
5年先の更新時には査定ゼロ、消費税も上がってるしそれに
新たな法律が出来て(例えば排ガス基準)思いのほか高く
なってるかもです、是非乗り換えましょう、特典もつけますよ
@これが転換

転換勧める外交員は自分の成績のことしか考えてないんです
あなたは飯の種です、食い物です、よく勉強してください
保険は家の次に高い買い物です。人生で二番目に高い買い物

新商品についてはよく知りませんが
単純に既存定期付終身から定期付終身新商品への
転換ということかと思われます

死亡定期は10年更新が多いと思うんですが
それにかかる保険料のうち2~3割くらいは
中途で解約した時の返戻金に充てられます

3000万の死亡定期に月7000円払ってたとして
年間で84000円、10年払えば840000円ですが
10年目の更新時(死亡定期満期)には返戻金がゼロ
ところが5年目あたりに解約したとしたら二割位はあり
転換はその「解約返戻率の一番高い時期」を狙っ...続きを読む

Q解約返戻金について

第一生命の堂堂人生に入ってます。
今、支払いが厳しいので解約したいと思ってます。

第一生命 堂堂人生
月額7704円
10年満期
平成18年8月加入 現在3年7ヶ月

・主契約
五年ごと利差配当付更新型終身移行保険
保険金に対応する部分   保険料2410円
年金に対応する部分    保険料1157円
生存給付金に対応する部分 保険料890円

・死亡・高度障害等の特約
五年ごと利差配当付障害保障特約      保険料300円
五年ごと利差配当付特定状態収入保障特約  保険料1177円

・災害・疾病関係の特約
無配当総合医療特約(本人型) 保険料1770円

上記の内容なのですが、今、解約した場合、払い戻し金ってあるのでしょうか?
また払い戻し金があるとしたらいくら位でしょうか?

誰か教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

解約払戻金はあります。

解約払戻金に対応しているのは、
「生存給付金に対応する部分 保険料890円」です。
890円×43ヶ月(3年7ヶ月)=38,270円。
これの80%と考えれば……約30,000円です。
この程度だと思っていれば、間違いないと思います。

正しくは、保険会社に問い合わせをしてください。

Q5年ごと利差配当付終身保険のこと

保険のことがよくわからないので質問させてください。
15年程前に知り合いの保険のオバサンに進められるまま
加入し、現在に至っています。
入った時は独身でしたが現在は結婚し子供もいます。
保険の契約内容は
主契約    2,029,200円 終身
定期保険特約 3,000,000円 65歳まで自動更新
介護収入保証特約 2,070,000円 65歳まで
特定疾病保証特約 3,000,000円 80歳まで
重度慢性疾患特約 3,000,000円 80歳まで
障害特約     5,000,000円 
その他、特定損傷特約、入院初期給付特約、災害入院特約
疾病医療特約、女性疾病医療特約が付いていて保険料は
10,258円(主契約2,082円、特約8,176円)です。
質問したいことは
まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?
解約返戻金は今約15万ほどなはずで将来的には100万ぐらいに
なることもあると思うのですが、この保険”終身”だし満期
は無いと考えてよいのでしょうか。
何かの時にまとまった資金が欲しいとなったら、生存給付金や
満期金の記載なんてどこにもないし解約するしかないということ
でしょうか?

あと5年ごと利差配当付きとはいうものの配当なんて一回も
もらったこと無いと思います。
スミセイなのでキャッシュバックというのはありますが、
これは配当とは違いますよね?
こういう保険で配当がもらえるなんてことあるんでしょうか?

お詳しい方教えていただければ幸いです。

保険のことがよくわからないので質問させてください。
15年程前に知り合いの保険のオバサンに進められるまま
加入し、現在に至っています。
入った時は独身でしたが現在は結婚し子供もいます。
保険の契約内容は
主契約    2,029,200円 終身
定期保険特約 3,000,000円 65歳まで自動更新
介護収入保証特約 2,070,000円 65歳まで
特定疾病保証特約 3,000,000円 80歳まで
重度慢性疾患特約 3,000,000円 80歳まで
障害特約     5,000,000円 
その他、特定損傷特約、入院初期給付特約...続きを読む

Aベストアンサー

>まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?

主契約は掛け捨てではありません。解約をすれば解約返戻金を受け取ることができます。主契約を解約すると特約を含めてこの保険はなくなります。特約部分は恐らく10年更新の定期だと思いますが、解約返戻金はわずかですがあります。ただし10年経つと(10年更新型だとすれば)解約返戻金はゼロになり、更新後また解約返戻金が少しづつですが貯まっていきます(また10年経つとゼロになりますが)。ですから基本的には主契約以外は掛け捨てだと思ってください。


>この保険”終身”だし満期は無いと考えてよいのでしょうか。

主契約のみ終身です。主契約に満期はありません。特約は全て満期がありますが、満期金はありません。


>何かの時にまとまった資金が欲しいとなったら、生存給付金や満期金の記載なんてどこにもないし解約するしかないということでしょうか?

主契約の解約返戻金の90%まで借り入れを受けることができます(利息をつけて返済する必要があります)。それ以外にこの保険から資金を調達する方法は解約しかありません。


>スミセイなのでキャッシュバックというのはありますが、
これは配当とは違いますよね?

違います。スミセイのHPを見ると、キャッシュバックの対象となる保険は『契約日が平成11年4月2日以降の当社所定の保険契約が対象となります。』とあります。15年前に加入した保険でしたら対象になりません。もし対象になっているのでしたら転換してますね。


>こういう保険で配当がもらえるなんてことあるんでしょうか?

15年前でしたら予定運用利率が高いころの保険なので、現在の低金利では配当は難しいでしょう。将来大きく金利が上がれば配当を復活しますが、当分無理だと思います。

>まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?

主契約は掛け捨てではありません。解約をすれば解約返戻金を受け取ることができます。主契約を解約すると特約を含めてこの保険はなくなります。特約部分は恐らく10年更新の定期だと思いますが、解約返戻金はわずかですがあります。ただし10年経つと(10年更新型だとすれば)解約返戻金はゼロになり、更新後また解約返戻金が少しづつですが貯まっていきます(また10年経つとゼロになりますが)。ですから基本的には主契約以外は掛け捨てだと思ってください。


>...続きを読む

Qなぜ第一生命が・・・

素朴な質問です。他のサイト等で調べると、第一生命の事が大変批判を浴びています。僕自身も日本の生保会社はダメ(レディがいる所)だなとおもいますが、
それにしても第一生命の批判はもの凄いです。
どうしてですか?元契約者・第一関係者どなたでもかまいません教えて下さい!

Aベストアンサー

こんにちは。
中々難しい質問ですね。一人一人感じている事が違うように思います。(外務員と言う資質自体を問うている回答が多いやも思いますが。)
個人的には、#7の方の言うように、商品性がどんなものなのかが重要にも思います。保険は何かあればどこの会社の保険でも掛金以上のリターンがあるものです。保険そのものよりも、設計次第で良くも悪くもなります。つまり、必要じゃないものであれば幾ら保険料が安くてもその人からみれば悪い保険となるでしょう。
定期付終身とて決して悪いわけではないですよ。更新時に減額更新していけば逓減定期のような使い方もできるわけですし。
日々生活していれば必要な保障額は減っていくのですから、減額のしにくさは加入者から見れば?ではないでしょうか。(中身は生存給付金付定期保険)
また、以後の保険料は頂きません、も実は考え物です。第一に限った話ではなく、最近大手社で払込免除が増えています。払込免除は一見何千万もの保険金の保険料を免除してくれると言うことで聞こえはいいです。しかし、その分の免除に掛かる保険料が上乗せされており、決して安くないものです。契約内容次第なので契約によりけりですが、数百円~数千円が月々免除の保険料だけで上乗せされています。有用ならもちろん構いません。(メリットを享受できる人も少しはいるでしょう。)
例えば、3大成人病。3大成人病にかかってその後治癒して長命な方がどれ位いるか、、、発病後に療養期間を経てお亡くなりになるケースの方が多いです。つまりは保険料免除の効果は療養期間中の保険料数万~数十万の効果と言う方が多いのではないかと想像できます。この程度の効果にしてはそれにかかる保険料が高いと感じています。

こんにちは。
中々難しい質問ですね。一人一人感じている事が違うように思います。(外務員と言う資質自体を問うている回答が多いやも思いますが。)
個人的には、#7の方の言うように、商品性がどんなものなのかが重要にも思います。保険は何かあればどこの会社の保険でも掛金以上のリターンがあるものです。保険そのものよりも、設計次第で良くも悪くもなります。つまり、必要じゃないものであれば幾ら保険料が安くてもその人からみれば悪い保険となるでしょう。
定期付終身とて決して悪いわけではないです...続きを読む

Q第一生命の堂々人生を解約検討中。しかし・・・

堂々人生「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」5年ごと配当タイプに加入しております。

・29歳既婚男性(子供2歳、0歳)
・現在の保険料は約13,000円
・契約日:平成16年10月

堂々人生について、いろいろ調べた結果
解約をしようかと思い・・・担当者に相談しました。
担当者が、私の会社の従業員をたくさん抱えており(役員や上司も)
勝手に解約はできず、避けては通れないので相談しました・・・。

1番気になっていた、更新時の保険料UPの事を聞いたところ・・・

ちょうど新しいプランが出たところで、実質的な内容は変わらずに更新時の保険料が大幅に減ったので大丈夫と言われました。
(まだ、新しくシュミレーションした資料が届いてないので・・・
どのくらい変わったのか詳しくはわかりません)
新しい保険への転換ではなく、今までの商品の更新らしいです。


私としては

終身保険で300万を
・東京海上日動あんしん生命保険 長割り終身
・あいおい生命 積立利率変動型終身保険
・ソニー生命 変額終身保険

収入保障型(非喫煙)で
・損保ジャパンひまわり生命
・ソニー生命

医療を
・オリックス生命
・日本興亜生命


この中で、検討して決めようと考えていたのですが
担当者が言うには・・・

・東京海上日動あんしん生命、損保ジャパンひまわり生命は
当社と提携してはいるが
”支払い実績”がないので、この先の事を考えると、お勧めできない。
損保ジャパンひまわり生命なんかは、提携してるのもリスクがあるので第一生命は手を引こうとしてる・・・!?

・ソニー生命なんかは、危なくて・・・どんどん”身売り”をしている最中だ。

・あいおい生命も”支払い実績”がないので、
これから30年後・・・ 支払いが増えてきたらどうなるか!?


第一生命は

・支払い実績があり安心

・私の会社の上司や同僚達もたくさん入っていて、何かあったら会社中に広がるので担当者はいい加減な対応は出来ない。

・株式化を目指していて、
何らかの形で還元されると”思う”から・・・
あと2年は続けていた方が良い。

・まだ若いうちに入った保険なので既得権を活かすべきだ。

との事です・・・。

担当者は、上級特別営業主任とゆう事でさすがに口も上手く!?
私みたいな素人は簡単に言いくるめられそうです;


保険に詳しい方の意見を宜しくお願いします。

堂々人生「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」5年ごと配当タイプに加入しております。

・29歳既婚男性(子供2歳、0歳)
・現在の保険料は約13,000円
・契約日:平成16年10月

堂々人生について、いろいろ調べた結果
解約をしようかと思い・・・担当者に相談しました。
担当者が、私の会社の従業員をたくさん抱えており(役員や上司も)
勝手に解約はできず、避けては通れないので相談しました・・・。

1番気になっていた、更新時の保険料UPの事を聞いたところ・・・

ちょうど新しいプラン...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして(^^

更新型の保険は不安な事が多すぎます。
保険の大幅up!の上、保障の内容がどんどん下がる。
当然、長く生きていく中、年を重ねれば保障が少なくなっても大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれませんが・・・
お子様が小さい間は遺族年金なども受け取れるので、奥様が頑張って下されば普通の生活は可能だと思いますので、
必ず受け取れる終身保険が一番望ましいでしょう。

第一生命の外交員さんのお話はどうなのでしょう?
確かに第一生命から見れば、損保ジャパン等は新参者かもしれません。
でも、実質損害保険の扱いを始めた「第一」の損保フォローをしているのは損保ジャパンです。
生命保険の支払実績があるのは当然長く営業しているので当たり前ですし、

過去に私は損保ジャパンひまわり生命の代理店をしていた時に、友人から頼まれ、解約をしたいので
内容の把握と本当に必要かつ良い保険内容か判断して欲しいと頼まれました。
どのように考えても、外交員の都合の良い保険契約でした。
勿論、外交員をギャフンと言わせました。

先日も大手生保の元外交員さんとお話をしましたが、とりあえず売れ!
と朝礼で言われ、事務所を後にしていました。
「本当に嫌で嫌で辞めてしまった。」と聞きました。

確かにお口はなめらかですから、太刀打ちしづらいと思いますが、
自分が検討中の保険の内容を伝え、「こんな保険は無いの?」等と言ってみては如何でしょう?
多分、皆様が本当に加入すればお得な商品の提示はあまりしていないはずです。

注>定期型をすすめる言葉としては、「5年後10年後にもう一度見直せる。」等と言うはずです。

初めまして(^^

更新型の保険は不安な事が多すぎます。
保険の大幅up!の上、保障の内容がどんどん下がる。
当然、長く生きていく中、年を重ねれば保障が少なくなっても大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれませんが・・・
お子様が小さい間は遺族年金なども受け取れるので、奥様が頑張って下されば普通の生活は可能だと思いますので、
必ず受け取れる終身保険が一番望ましいでしょう。

第一生命の外交員さんのお話はどうなのでしょう?
確かに第一生命から見れば、損保ジャパン等は新参者かもしれません。...続きを読む

Q第一生命の保険について 長文です

今年の4月10日に第一生命の順風ライフという医療保険を契約しました。

契約の経緯は、最近ねんきん定期便がきて、年金が少ないことに不安を感じ、個人年金はないか?と思っていたところ、知り合いに第一生命の人がいるので紹介してくれると言われ、今、第一生命の保険に加入しているということもあり保険屋さんの話を聞くことにしました。

内容は個人年金よりも医療保障の方が健康な状態の今しか入れない。
個人年金はいつでも入れるので今は考えなくても良いという内容でした。

去年の10月に第一生命のメディカルエールという保険に加入しています。
契約後、多少の不安があったのでネットでこの保険を色々調べたところ、悪い評判ばかりが目について解約しようかと思っています。

不安1
この保険は更新型の保険で10年、20年後には保険料が上がり、今の収入で払うことは難しくなると思います。今の仕事で昇給の見込みもありません。年収はボーナスを除いて200万円程です。

不安2
掛け金のほとんどが払込満了の65歳になって返戻金がない掛け捨てになってしまう。
あるのは終身保険の50万のみ。

不安3
65歳以上は終身保険以外の特約の保障を継続するのに、80歳までの保険料を一括して払わなければいけない。

保険の方が提案してくれたときには、インカムサポートがとても魅力的なのと、最近、車のローンが終わったのとで、他のことを深く考えずに契約してしまいました。
インカムサポートは病気になり働けなくなった時に保険料払込免除になり、生涯一定のお金がもらえるというものです。この内容の保障は必要なのか?そして掛け金はこの程度のものなのか?が気になります。

また、このような更新型よりも、保険料が一生涯変わらず、65歳以上でも保障が継続され、保険料は5000円程度のもの。保障内容はできるだけ同等のものでいうと、通販型の保険、オリックス、ひまわり、アフラックなどの方がこの希望に適しているのでしょうか?やはりインカムサポートのような内容の保障が気になり、悩んでいます。

あとこの順風ライフはアカウント型で保険屋さんのマージンが高いと聞きました。
なので優先してこちらを勧めてきたのだと。通販型だとこのような人件費がかかることがないので安いのでしょうか?
しかし、こういう有名ブランドの方が倒産する心配がなさそうな気もします。

5年ごとの配当金もほとんど出ない場合があると言われました。
配当金について教えて欲しいです

アドバイスお願い致します。

以下が契約内容です。

順風ライフ(5年ごと配当付終身保険)
終身保険【主契約】 保障額60万円 保険料1069円
シールド特約(3大疾病 一時金)保障額300万円 保険料1296円
スーパーリライ(所定の高度障害状態、身体障害状態 一時金)保障額100万 保険料371円
インカムサポート(3大疾病、身体障害状態、要介護状態になった場合、一生涯保険料免除) 保障額月々10万一生涯 保険料6239円
月8975円 ほぼ掛け捨ての10年定期型


メディカルエール(無配当定期医療保険)
災害入院給付金 日額1万円
疾病入院給付金 日額1万円
手術給付金 入院中20万円 入院中以外5万円
放射線治療給付金10万円
月2400円 掛け捨て10年定期型

今年の4月10日に第一生命の順風ライフという医療保険を契約しました。

契約の経緯は、最近ねんきん定期便がきて、年金が少ないことに不安を感じ、個人年金はないか?と思っていたところ、知り合いに第一生命の人がいるので紹介してくれると言われ、今、第一生命の保険に加入しているということもあり保険屋さんの話を聞くことにしました。

内容は個人年金よりも医療保障の方が健康な状態の今しか入れない。
個人年金はいつでも入れるので今は考えなくても良いという内容でした。

去年の10月に第一生命のメディ...続きを読む

Aベストアンサー

一番医療保障が必要となる年齢は何歳だと思いますか?
たいてい50歳後半あたりから生活習慣病等のリスクが高くなっていくわけですが・・・
「シールド特約」・「スーパーリライ」・「インカムサポート」・・・一見すごく安心できそうな保障内容に思えます。
しかしどれも「所定の・・・」という条件が必ず付帯されているため、若くして実際に給付対象になる人は相当少ないでしょう。だから保険会社は儲かるわけですが、もちろんこれで助かったという人もいないわけではないと思います。
「所定の状態」ってどんな状態か説明を受けましたか?
「シールド特約」や「インカムサポート」を、3大疾病になったら給付金を受けられると勘違いしている人が多いのが非常に問題なのです。
こうした特約が65歳以降も継続していけるのであれば契約している意味はすごく大きいと思いますが、実際にそれは不可能です。
不可能な理由として、更新で保険料が高くなりすぎて継続できないか、仮に継続できても65歳払込満了で特約が終了していることです。
保険会社の安心感を個人的な感想でいうと、かんぽ生命と日本生命以外はどこでも同じだと思いますよ。
不安1~3で言われていることが全てです。
こんな保険は即刻解約し、医療保険は通販型の「終身タイプ」を1歳でも若くて健康なうちに契約することをお勧めします。医療保険やガン保険は一生のお付き合いと考え、カケステの終身が良いでしょう。
余裕があれば、「個人年金保険」や「積立利率変動型終身保険」、「低解約返戻型終身保険」などで別途貯蓄を考えてみてはいかがでしょうか?

一番医療保障が必要となる年齢は何歳だと思いますか?
たいてい50歳後半あたりから生活習慣病等のリスクが高くなっていくわけですが・・・
「シールド特約」・「スーパーリライ」・「インカムサポート」・・・一見すごく安心できそうな保障内容に思えます。
しかしどれも「所定の・・・」という条件が必ず付帯されているため、若くして実際に給付対象になる人は相当少ないでしょう。だから保険会社は儲かるわけですが、もちろんこれで助かったという人もいないわけではないと思います。
「所定の状態」ってどんな...続きを読む

Q第一生命保険に加入して10年以上経過。解約した方がいいでしょうか?

第一生命保険に加入して10年以上経過。解約した方がいいでしょうか?

自分は経済的にもあまり思わしくありません。
30代にもなって、未だに派遣社員です。月々、10万・20万円くらいの収入です。

そんな自分が第一生命保険に加入して10年立ち一度満期になりました。
http://www.dai-ichi-life.co.jp/index.html

保険の種類は利差配当付更新型終身移行保険というもので、月々7500円程度10年間支払い続けました。
30代になって更新して、保険料が8500円程度となり、1000円くらい月々の保険料が多くなりました。
これが40代になると13000程度、50代だと23000円にもなります。

この不景気の中、一生かけて支払えるかどうか不安になりました。

親には「解約した方がいいんじゃない?」といわれています。
家族の中でも生命保険に入っているのは、自分だけなのです。
この他にも国民健康保険や年金の支払いもあるのですから、将来的に支払い続けるのは「無理」でしょうか?

減額更新も考えたのですが、せいぜい5・6千円になる程度です。なかなか難しいですね。


皆さんは、どういった生命保険に入られてますか?それとも、まったく入られていないのでしょうか?
派遣の身で生命保険は無意味でしょうかね・・。

第一生命保険に加入して10年以上経過。解約した方がいいでしょうか?

自分は経済的にもあまり思わしくありません。
30代にもなって、未だに派遣社員です。月々、10万・20万円くらいの収入です。

そんな自分が第一生命保険に加入して10年立ち一度満期になりました。
http://www.dai-ichi-life.co.jp/index.html

保険の種類は利差配当付更新型終身移行保険というもので、月々7500円程度10年間支払い続けました。
30代になって更新して、保険料が8500円程度となり、1000円くらい月々の...続きを読む

Aベストアンサー

皆さんがおっしゃるように、まずは保障内容がご自分のニーズに合致しているのかどうか、もう一度見直してみるのがいいと思います。

ただ一点。皆さん割と簡単に「解約」とおっしゃいますが、「いま保険に加入していること」は、あなたのアドバンテージでもあります。もし、あなたが仮に何かのご病気でいらしゃったとしても、この保険を更新し継続することができます。けれども、一旦解約してしまうと、再度の加入は難しくなります。

また、更新に関しては、決して同額で更新する必要はありません。保険期間10年なのですから、10年前と状況は同じではないと思います。ご自分の生活に必要な保障額と収入に見合った内容に変更して、更新することがこのタイプの保険では普通です。
同社や他の国内大手の保険会社の販売する保険商品は、複雑で分かりにくいといわれますが、その反面、更新時には自由に保障内容を変更することができます。セールスの方にご自分の必要な保障と収入に見合った保険について相談してみてはどうでしょうか。(個人的には、保険料を下げるためには、加入されている堂堂人生?は終身保障部分は小額のおまけみたいな部分なので、まずはこの部分をできる限り削れると思いますが‥‥)

その上で、同内容の見積もりを他の会社にも依頼してみてはどうですか?
それがよさそうであれば、そちらに乗り換えるといいと思います。
ただ、くれぐれも、乗り換え先の保険にきちんと加入できたことを確認してから(保険によっては、加入を断られることもあるので)、今の保険を解約するようにしてください。

皆さんがおっしゃるように、まずは保障内容がご自分のニーズに合致しているのかどうか、もう一度見直してみるのがいいと思います。

ただ一点。皆さん割と簡単に「解約」とおっしゃいますが、「いま保険に加入していること」は、あなたのアドバンテージでもあります。もし、あなたが仮に何かのご病気でいらしゃったとしても、この保険を更新し継続することができます。けれども、一旦解約してしまうと、再度の加入は難しくなります。

また、更新に関しては、決して同額で更新する必要はありません。保険期間10年...続きを読む

Q生命保険が、後5年で満期になりますが、満期後の補償内容を教えてください 第一生命のパスポート21終

生命保険が、後5年で満期になりますが、満期後の補償内容を教えてください

第一生命のパスポート21終身保険S62に入っていて、特約は無く、死亡補償(一生涯補償)のみで、今、解約する、又は、後5年保険料を支払って満期を迎えるか、悩んでいます

毎月の保険料がもったないと思い解約したいが、満期後のメリットがわからないので教えてください

満期後は、支払い可能な貸付金は、引き出したいです

Aベストアンサー

販売時期が1984年~ですね。予定利率5%以上でしょうか?ですとお宝保険です。絶対に続けた方が良いです。いま、この利率は何処を探してもないものです。特約を付けてないのもラッキーでしたね。もし保険料が負担でしたらあと、5年分を今の終身(積立から)5年分を払い込めば5年間、支払いはなくなります。そのまま満期がくるまで待つのみ。

あとお宝保険は加入者さんにとってはこんなにありがたいことはないんですが、保険会社は大損になるので見直しや新しい保険を進めてくるかもしてませんので気を付けてくださいね。予定利率の低い新しい保険に転換や積立を下取りされてしまった方が大勢いますので。

Qパスポート21積立配当金について

第一生命のパスポート21に入っています。平成2年契約、定期付終身。最近まで気づかなかったのですが、レポートでは現在、積立配当金残高が60万円ほどになっています。年4%の利率で積立られているとのことで、今年度は無配当ながら、毎年2万円以上の利息がついています。離婚と子供の進学で急にお金が必要になったのですが、この積立配当金を使うか迷っています。
夏のボーナスで乗り切れるので、消費者金融からでも4ヶ月借りた方がいいのかとも考えています。
アドバイスをお願い致します。
それから、この配当金ですが、払込期間(残り12年)を過ぎても残しておけるものでしょうか?可能なら残高は100万円を超えて毎年4万円以上の利息が付くと考えると老後の楽しみにもなるかなと考えています。

Aベストアンサー

契約者貸付という方法があります。
現時点での解約返戻金の一定割合(80~90%)を限度に、お金を借りる方法です。
金利は、高くても7%程度でしょう。
夏のボーナスで返済できる予定でしたら、それが一番良いのではないでしょうか。

貸付限度額や貸付金利は、保険会社に確認してみてください。

Q第一生命の積み立て型保険、配当金について

生命保険の配当金というのは、変動するものらしいですが、契約当時280万円といわれていたものを、満期になり、時代が変わったからといって、24万円しか受け取ることができませんでした。これは、素人には詐欺としか思えないのですが、これは普通のことなのですか?どうしても、納得できません。他の保険にも加入しており、急に不安になってきました。どうすればよいのか、なにか、良い方法があったら教えていただきたいのですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

配当金は契約者からの保険料等を運用して収益があった場合に分配されるもので前年度の決算状況で毎年確定されるのでNo1の方がおっしゃるとおり最近は0が多いですね。ただ貯蓄目的の保険なら配当金とは別に予定利率というものがあり、どちらかというと返戻金額に大きな影響があるのは予定利率の方だと思います。保険料を一定の運用利回りを元に元利を積立られていき満期時に特別配当金と合せて280万の受取りという説明だったのでは?予定利率は経済情勢で変動するものが多いようです(確定利率もあります)バブルの頃の予定利率と最近ではかなりの違いがありますから当然返戻金にモロに影響してきます。利率が確定ではない場合はこういうリスクが高く、同様の保険にバブル前後に加入した方の多くは同じ思いをされていると思いますよ。利率が変動する事は約款にも記載されていますし、おそらく当時の設計書にも小さく出ていて受取額の頭には「約」って字も入ってたと思います。今回は何も手立てはないように思います。ただ最近は保険に対する契約者の意識がしっかりしてきて保険会社サイドも誤解の少ない情報提供や、メリットとは別にデメリットも説明する義務を課せられていますのでこういうトラブルも少しは減るかと思います。ただ自分が決めて入る保険ですから、他人任せではなく自分でも調べたり質問したりする意識は持った方がいいですね。そういう人には代理店や会社の姿勢も違ってきます。いい機会ですから現在ご加入の保険についても見直しされてみたは?早めに見直せば傷が浅くてすむケースもあるようですよ。

配当金は契約者からの保険料等を運用して収益があった場合に分配されるもので前年度の決算状況で毎年確定されるのでNo1の方がおっしゃるとおり最近は0が多いですね。ただ貯蓄目的の保険なら配当金とは別に予定利率というものがあり、どちらかというと返戻金額に大きな影響があるのは予定利率の方だと思います。保険料を一定の運用利回りを元に元利を積立られていき満期時に特別配当金と合せて280万の受取りという説明だったのでは?予定利率は経済情勢で変動するものが多いようです(確定利率もあります)バブルの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報