まずは経過説明から...。
第一生命の「パスポート21」から、「堂々人生らぶ」に転換しました。しかしそれまでの契約で10万円強給っていた配当金が転換で0円になっていたのでおどろいてセンターに問い合わすと「そのまま転換するとその分が下取りとして契約に上乗せになります」「転換契約時に前の配当金を下ろしてから契約しなおす事も多いのですが、担当者からそれをどちらにするか聞いていませんか?」とのこと。もちろん一言も聞いておらず、担当者に問い合わしても、「契約書のあのあたりに記載されているはずです」だけでした。早速見てみましたが、契約紙面内の指示されたところには記載されておらず、担当者を呼んでみても記載なし。ただ、契約書の裏表紙には下取りの説明はありました。担当者は新人で「下取りの仕組みまではわかりませんでした」し、契約時説明をしたのは付き添ってきたその人の上司の主任でした。その場で新人さんは支店長に連絡し、その様子からでも記載されているあるべき場所には記載は無い様子でした。「今主任に連絡が取れないのでわかりません。またすぐ連絡します」と言ったきり、2日ほどたちます。
 疑問点として(1)10万円強の下取りをしてなおかつ以前の契約よりも月々の支払も増している。契約書には配当金が下取りによって支払いはこうなったと言う記載は無い。保障特典は配当金を食ってしまうほど支払いをアップさせるものなのでしょうか。これでは保障特典が増えた分として勧める意味はあるんでしょうか。
 対策として (2)何とか配当金を取り戻す手段は無いものでしょうか。住宅ローンの繰越返済金の一部として当てにしていたものが...(涙涙)。
どの方向からでもいいのです。多方面からのアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

生保が専門ではないのですが、また、私の会社は転換を全面に出してのセールスをしていないので すこし違うかもしれませんが。



まず、転換は、いままでの契約を解約清算をしてその解約返礼金を頭金にして新たな契約に加入することと思えばいいと思います。ですから、配当金も返戻金の中に含まれているはずですが。

転換後の支払額が増している。
たしか、転換は少しでも月々の保険料が高くならないといけないはずです。高くならないと会社の承認が下りないはずです。
前契約はいつから加入しておられた保険でしょうか。また、転換されたのは、いつでしょうか。現在は、金融商品の販売についての説明義務が厳しくなっています。
従来の説明は画一でよかったのですが、いまは、その契約者個々に合わせた説明をしなければならないということに改定されました。
契約自体を元に戻したいならば、本社の相談センターに充分な説明を受けられず、契約後に再度説明を依頼したが、担当者は、新人で同行してきた上司からも充分な連絡説明が受けられなく。困っていることを連絡されたらどうでしょうか。

私なら、終身保険部分のみ残して他の保険を新たに加入しますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。専門の方の回答ということで、なんだかすごく味方がいる気が増しました。いろんなやり方でやってみますので、温かく見守ってください。

お礼日時:2001/05/20 17:57

最近、大手生保でしくみのわかりにくい保険商品が多く販売されるようになり、


同様のトラブルが多発しているようです。
私の知人に同様の転換契約で堂々人生に契約した人がいましたが、いろいろ
考えた結果、解約して他社(外資系生保)に切り替えたそうです。

転換というのは、今まであなたが支払った終身保険料を今度の終身保険の頭金に
充当し、さらに新しい契約を結ぶと言う性格のものですが(少々荒っぽい説明ですが)、今回の場合、終身部分にいくら充当されるかまったく見えてきません。

もし、あなたがその担当の人に義理もなにもないのなら、思い切って他社に
設計書を作成してもらい、比較検討されることをおすすめします。
最近では煙草を吸わない人は保険料が安くなる特約を出してる会社
も多数ありますので、ぜひ一度話を聞いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。専門家の意見、ためになります。何とか、前の契約に戻すというところまではいけました。後は、満期までに今回のことをいい経験にゆっくり比較検討したいと思います。

お礼日時:2001/05/21 19:44

私は堂々のような保険には加入しません。


高い、中身の仕組みが素人にはわかりずらい、
定期付終身は販売しないといわれていますが、
結局、定期付終身がベースではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。何とか、前の契約に戻すというところまではいけました。後は、満期までに今回のことをいい経験にゆっくり比較検討したいと思います。

お礼日時:2001/05/21 19:46

どうしても、どうしても納得いかなければ会社と徹底的に話し合って、「取消」という方法もあります。

以前の契約内容に戻りますので、配当金ももどるでしょう。
 確かに現在は転換について説明を厳しく義務付けられていますので、転換についてこれこれの内容を確かに聞きましたという書類にご契約者が押印するようになっています(契約申込書以外で)。でも、そういうものはなかったのでしょうね。
 個人的には、自分の家の保険なら「堂々・・」は選びません。保険に加入できたということはご健康なのでしょうからよそにご加入されたらいかがですか?ご自分の納得いくまで何社でも見積もりを取られて選んではいかがでしょう。保険も「家」と一緒で、外側は同じに見えても中身は住む人によってさまざまなのですよ。
 この件とは別ですが、皆さん「終身保険は云々」と特に終身保険を持ち上げる傾向にありますが簡単に言えば、80歳くらいの時に払い込んだだけ元を取ることの出来る「死ぬまで保険」ということで、保険料を安く抑えたいのであればやはり掛け捨ての定期保険が一番です。(逆説的に言えば、その意味では「堂々人生」はすばらしい定期保険のひとつです)長寿時代とは言っても高い保険料で80歳まで払い続けた終身1000万(例として)が良いのか、その時代時代に合った家計を助ける保険が良いのかもう少し考えていただきたいなと思います。
 奥様が知らないうちに高額保証の保険から1000万円位の終身保険にお切り替えになり、実際コトが起こったときにトラブルになったという話も聞きます。保険は本人のためにあるのではなく、残された遺族のためにあるのですから。
 もう少しアドバイスもありますが、とりあえずここまで。ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。専門家のそれも細かいところまでのアドバイス、ためになります。何とか、前の契約に戻すというところまではいけました。後は、満期までに今回のことをいい経験にゆっくり比較検討したいと思います。

お礼日時:2001/05/21 19:48

私も第一生命ですが、つい数ヶ月前、転換の勧めにきました。


現在の支払いとほぼ同じで大きな保証が得られます、と。
しかし、バブル期の利率がいいものより、条件がよくなるのはおかしいと思い、いろいろ聞いてみても、うまい具合にかわされてしまい、ちょっとはその気になると、怒濤のごとく、責めてきました。これはなおおかしいと思い、本を購入してよく調べてみると、保険の人は平気で嘘をついていました。10年後の更新額が信じられない額でした。その時はその時でもっといい商品がありますよ、とのこと。ふざけるな!
どうやら、生命保険会社は利率がいいころの終身をとにかく解約させたいようです。そのためにさまざまな特約がついた新商品といって、転換させようとしています。
私は終身のみ残し、定期はほかにしようかと考えています。
お答えになっていないとは思いますが、この生命保険の複雑なからくりに憤るものとして同情します。
通常、転換時に下取りをするため、最初だけ得した気がするだましのしくみです。
やはり、説明不十分ということで、徹底的に戦うべきです。
残念ながら法的にどうかということはわかりませんが、、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。色々みなさんの知識をいただいて、対抗していきたいと思います。乞うご期待。

お礼日時:2001/05/20 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサラリーマン川柳のスクリーンセーバー 知りませんか?

サラリーマン川柳のようなものが次々と出てくるスクリーンセーバーをご存知の方、サイトのアドレスを教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ゆうべこの質問をみて、気になって深夜まで(失業中なので時間だけはたっぷりある)検索して調べてみたのですが、探し当てられませんでした。探し方が下手(?)なのか・・

↓にいっぱいありますが、ご存知ですか?
この中には、見当たらなかった(季節の川柳なんてのは、ありました)ようですが・・
http://www.screensaver.co3.jp/

ちなみに、某生命保険会社が毎年募集している「サラリーマン川柳」のホームページはこちら↓です。
http://event.dai-ichi-ife.co.jp/senryu/index2.html

面倒ですが、コピーしてスクリーンセーバーの「伝言板」に貼り付ける(字数の制限があるはずなのでたくさんは入れられませんが)という手もありますけど・・
フリーソフト(ダウンロードしてスクリーンセーバーをつくる)みたいなのもあるようですから、それならもっと字数が多くても入れられるかも知れませんね。

いまだに回答が来ていない(皆さん博学多識でメチャクチャ速い!)ところからして、個人がつくられたスクリーンセーバーの可能性もありますね。

他の方の回答を待ちましょう、私も知りたい!(笑)

参考URL:http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/index2.html

こんにちは。

ゆうべこの質問をみて、気になって深夜まで(失業中なので時間だけはたっぷりある)検索して調べてみたのですが、探し当てられませんでした。探し方が下手(?)なのか・・

↓にいっぱいありますが、ご存知ですか?
この中には、見当たらなかった(季節の川柳なんてのは、ありました)ようですが・・
http://www.screensaver.co3.jp/

ちなみに、某生命保険会社が毎年募集している「サラリーマン川柳」のホームページはこちら↓です。
http://event.dai-ichi-ife.co.jp/senryu/index2.html
...続きを読む

Q日本生命 契約転換制度 契約返戻金

日本生命に7年程加入しています。
3年に1度程、「契約転換制度」で、変更していて、
この前は今年の2月でした。

今度知り合いの外資系の保険に入るに当たって、
幾つか質問があります。

1 前回の証券には3年で、20万程の契約返戻金が戻ると書いてありましたが、今解約した場合返戻金が殆ど無いと聞きましたが、本当でしょうか?

2 今まで、ただ自分の売り上げの為だけに事務的にこなしてきたのに、保険会社を替えると言い出したら、急に毎日電話などの連絡をくれるようになりました。
しつこい事と今まで結構蔑ろにされていたので、いい加減に嫌になってきました。 ここは、今までの態度が気に入らない、ときちんと言った方がいいのでしょうか?

朝、急な相談で詳しく書けませんですいません。

Aベストアンサー

2について、今解約されると担当者にペナルティーがあるからでしょう。
しかし三年に一度の転換を勧めるなんて話聞いたことがありません。
私自身も昔そのような仕事に就いていたことがありますが、そんな都合のいいお客様いませんでした。というか私自身そんなこと考えたことがありません。ん~生活環境でも変わられたのでしたらありえるのかなぁ??という感じです。

1についてですが私も記憶がハッキリしていないので断言はできませんが貴方様のおっしゃる通りだったと思います。
日生のコールセンターがありますので確認してみてください。

Qサラリーマン川柳 発表

サラリーマン川柳が、発表されました。

そこで、質問します。
皆さんの気に入った川柳は有りますか?
もしくは、思い付いた川柳は有りますか?

お願いします。

Aベストアンサー

一つ目が良いですね^_^

ホワイトは
着てる服だけ
この会社

悪いこと
何もしてない
俺ニート

芸能人
顔負け人気
うちのねこ

青い鳥
目撃情報!?
ツイッター

Q堂堂人生→順風ライフへの下取りナシ転換

ご存知の方、教えてください。

夫が堂堂人生に入っています。33歳です。子供一人。
満期まであと3年。

保険のおばちゃんから、順風ライフへの下取り変換を提案されています。

下取りせずに転換の場合、保険料は増えるが7万5千円返戻される(生存給付10万円の部分)。
その場合の保険料は来月にならないと正式なものがでない、と言われました。

こんなこと本当にできるのでしょうか。
7万5千円を返戻してもらい、転換して、1ヶ月で順風ライフを解約してもいいのでしょうか。

転換せずに解約するつもりだったので、貰える物なら貰いたい、と思ってしまいました。。。

どうなんでしょう??

Aベストアンサー

医療の保障内容にもよりますが、転換するならば、3年待って満期で解約し、給付金を受けとる方が、よいかもしれません。
7万5000円もらえても保険料が増えるのならば、金銭的な負担が増えますし結局同じことではないかと思います。
転換して、一ヶ月で解約となると、担当のおばちゃんに不利になると思うので、解約させてくれないかもしれません。

解約返戻金の確認は、第一生命の担当のおばちゃんが言われたのでしょうか?
コールセンターで確認することをおすすめします。

堂々人生を契約してる方が、本社から毎年郵送される契約概要に利用できる貸付金が13万くらいだったので、解約返戻金もそれくらいかなと思って、コールセンターで確認したら返戻金は60万くらいあったと言われていました。

商品の内容が詳しくわからないので、参考にならないかもしれませんが。

転換は保障内容が充実していますが、契約者に不利になることもあるので、よく考えた方が良いです。

Qサラリーマン川柳

第7回 サラリーマン川柳コンクールの第一位作品
「連れ込むな! わたしは急に 泊まれない」
の意味が分からないのですが。
どういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

単なるシャレですよ
「連れ込むな!私は急に、泊まれない」
相手をいきなり誘っても、都合もあるし、ムードもあるし、面白いじゃないですか
ごろ合わせみたいなものですよ

川柳ではないけれど

「山のあけびは何見て開く、下のマツタケ見て開く」
ちょっと、Hでしたね

Q日本生命が、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)を1000万以下へ契約変更させない事への対応方法は

現在ニッセイの終身保険(主契約)に入っています。

この契約には無駄な掛け捨ての特約が多いので、それらを外して主契約だけ、または主契約と医療保障だけにしようとニッセイに話しをしたのですが、担当者が上司に相談したのでしょう。何日も経ってから、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)が1000万以下への契約変更は出来ないと言われ、更新時なら出来るとの事でした。

そこで約款に書いてあるのかと尋ねた所、確かにそれらしい事は書いてありました。ですが1000万という数字は明記されていません。

しかし、そのように会社で決められているからと言って、掛け捨ての無駄な特約の保険料を支払い続けたくはありません。

全てを解約しようかとも考えていますが、このような場合どうしたらよいでしょうか。特約を解約する手立てはないものでしょうか。

Aベストアンサー

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します。
(払い済み保険に変更したあとの終身保険・保障額(保険金額)が、100万円以上(?)あるいは300万円以上(?)となれば、変更可能だとおもいます。保険会社にご確認を。)

各保険会社とも、これ以上保険金額を下げられない、という最低限度額はあるようです。
ただ、大手生保のほうが最低限度額が高いように思います。
rokutaro36さんがご紹介してくれたサイト http://www.nissay.co.jp/okofficial/keiyaku/gengaku/gengaku.pdf によれば、日本生命の定期保険(商品名:ニッセイ定期保険 EX)は、保険金・減額限度額は1000万円までのようです。

一方、契約時の最低保険金額ではありますが、オリックス生命の定期保険(商品名:ファインセーブ)http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/fs/index.htm であれば、最低保険金額は"100万円"のようです。

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します...続きを読む

Q■傑作!サラリーマン川柳

第18回「サラリーマン川柳コンクール」で、応募総数21,878句の作品の中から、サラ川100句が発表されました。

http://event2.dai-ichi-life.co.jp/senryu/

あなたのお気に入りの一句をぜひ教えてアンケート!

宜しくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

左遷だぞ 妻よよろこべ クビでない

この前向きなトーンが気に入りました。(^^)

Q解約払い戻し金と配当金について

終身保険(25年満期で、現在14年目)に入っています
契約明細書には、
ア、解約払い戻し金額「10年経過で、1、728、5  00円」と書いてあります。
イ、「社員配当積立金支払い方法」欄には、積み立て  と書いてあります。
どちらも、必要な時に私が受け取ることが出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

解約払い戻し金は文字通り「契約を解約」された場合に払われるものです。
契約がなくなっても差し障りがなければ、解約した場合にアとイの両方の合計額が支払われて、契約はなくなります。
契約をやめずに現金を受け取る方法はイの積み立て配当金の引き出しです。現在幾ら積み立てられているのかは、ご契約の内容案内のようなものが保険会社から毎年送られているはずですのでそちらでご確認なさって下さい。
もし見当たらなければ保険会社へ問い合わせをすれば答えてくれます。
ただし、配当金は引き出すことは出来ますが戻し入れすることは出来ません。
ご加入されている時期によっては、積み立て利率が4%などという今の金利では到底望めないお宝ものであることもありますので、もしそのような高い利率であれば手をつけず大事にされた方がいい場合もあります。
積み立て利率も保険会社へ照会すれば回答を得られます。
その他に、アの解約返還金のおよそ7割程度を一定の利率で貸し付けとして受けられる方法もあります。
保険が担保になっていますので一般のローンに比べ利率も低く、返済は任意なのでフレキシブルな返済が可能です。
もし未返済であっても、支払われる保険金から元利が差し引かれることで相殺されます。

解約払い戻し金は文字通り「契約を解約」された場合に払われるものです。
契約がなくなっても差し障りがなければ、解約した場合にアとイの両方の合計額が支払われて、契約はなくなります。
契約をやめずに現金を受け取る方法はイの積み立て配当金の引き出しです。現在幾ら積み立てられているのかは、ご契約の内容案内のようなものが保険会社から毎年送られているはずですのでそちらでご確認なさって下さい。
もし見当たらなければ保険会社へ問い合わせをすれば答えてくれます。
ただし、配当金は引き出すこと...続きを読む

QTDRでの第一生命の特典って何ですか?

ディズニー大好きっ子です。

第一生命で保険(車両保険)に入ろうと思うのですが、

(1)パスポートの購入以外でディズニーリゾートでの優待(特典?)はありますか?
(2)ビックサンダーマウンテン及びセンターオブジアースの優先乗車は商品の金額に関わらず
第一生命で契約していれば誰でも受けられるのでしょうか?
(3)以前にオークションで期間限定の入場パスポート(第一生命からの配布物のようでした)を
発見しましたが、こちらも契約している人全員に配布されるのでしょうか?

第一生命に加入している友人に聞いて見た所、
「ポイントが1000点以上の人が入れる何とかクラブっていうやつの会員限定なんじゃないの?」と
言われました。。。。
実際のところどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
以前に第一生命で事務をしておりましたものです。

第一生命の車両保険に入られるということですが、
車両保険は多分第一生命は損保ジャパンと契約しているので損保ジャパンの車両保険になると思います。

(1)パスポート以外の特典はないと思います。

(2)ビックサンダーマウンテン及びセンターオブジアースの優先乗車は生命保険に加入していないとだめなんです。これも毎日人数が決まっていまして営業職員さんがFAXで申し込み形になっております。
そのため生命保険に入っているからといって必ず優先に乗れるとは限らないんです。

(3)期間限定のパスポートもその時のイベントとか色々なキャンペーン商品のため常にみんなに配られるものではないと思います。

ポイントも生命保険に入っていると、あるのですが損保関係は何もないですよ。

ただ、営業職員さんがいい人であれば色々と融通を利かせてくれる時もありますので、その方との信頼関係はどんな感じなんでしょうか?

Q下取り転換して半年のニッセイ「生きる力EX」を解約するべきか?ご意見ください

ニッセイの担当者に勧められるままに主人の保険を下取り転換しました。
主人35歳(会社員)
子供無し
----------------------------------------
以前「ニッセイ終身保険」
契約:平成9年9月(24歳)

死亡・高度障害(定期保険特約)1,700万円
死亡・高度障害(終身保険)  300万円
ケガで入院(入院特約)    5,000円(日額)
病気で入院(入院医療特約)  5,000円(日額)
○合計保険料 9,559円
○更新後の合計保険料 18,555円 45歳~ 65歳
----------------------------------------
転換後「生きる力EX」
契約:平成19年7月(34歳)

死亡・高度障害(定期保険特約)2,990万円
3大疾病           300万円
要介護状態          200万円
骨折・脱臼・健の断裂で治療  1回につき5万円
成人病で入院         5,000円(日額)
5日以上継続入院後の通院   3,000円(日額)☆ 
ケガで入院(入院特約)    1万円(日額)☆
病気で入院(入院医療特約)  1万円(日額)☆
ガンで入院          1万円(日額)

☆配偶者定期保険特約付き
○合計保険料 15,340円
○更新後の合計保険料 29,682円 45歳~ 65歳(払込満了)
------------------------------------------------
35歳になる前に早く転換したほうがいいと言われ、よくわからないまま、転換しました。
後から見ていて、45歳更新時の保険料が、1万4千円も上がると気がついてビックリしています。
ゼッタイ、払えません……今の保険料でも無理しているくらいです。
よく保険の方がおっしゃる「保険は若いうちに入ったほうがいい」と言うのは
「保険料はずっと同じなので若いうち(保険料が安いうち)に入ると得」の意味だと思っていたので、更新なんてのがあるとは知らず、まったくチェックしておりませんでした。
それに更新の説明を受けておりません。(普通は知ってるものなのでしょうか?常識なのでしょうか?)
でも、転換前に頂いた見積もりの冊子には載っていましたので、「ここにちゃんと書いてます!」と言われるだけか……と。
今は「自分の無知さ」の所為だと悔しく思っております。

とりあえず、解約金はいくらになるのか計算して欲しいと担当者に言ったのですが、その後連絡がありませんでした。
またこちらから連絡して、「死亡・高度障害(定期保険特約)2,990万円」の部分が多いので、「1,000万に変更した見積もりと解約金を教えて」
とお願いすると、「1,000万に変更した見積もり」はもってきたのですが、解約金は教えてくれませんでした。
担当者を変えて欲しいとおもいきって言ったのですが、変えてくれませんでした。
お願いしたことをちゃんとしてくれないし、あちらの都合に付き合わさされるのにウンザリです。

私は他の保険を検討して「生きる力」を解約しようと思っています。
ですが、せっかく10年もかけてきた保険を下取りしたのに、解約するのもなんか損した気分です。
主人が若いうちからかけてきたのに損をさせてしまって申し訳無く思っております。

○解約して少しの解約金をもらうか
○せっかく10年もかけてきたので見直しするか……
どちらが少しでも損しないでしょうか?

私は今まで自分に保険をかけたことがありませんので保険についての知識がほとんどありません。
どこから調べたらいいのか?まったく手がつけられない状態です。
教えていただいたことから勉強したいと思っております。
ですので、ご教授いただけたら幸いです。

ニッセイの担当者に勧められるままに主人の保険を下取り転換しました。
主人35歳(会社員)
子供無し
----------------------------------------
以前「ニッセイ終身保険」
契約:平成9年9月(24歳)

死亡・高度障害(定期保険特約)1,700万円
死亡・高度障害(終身保険)  300万円
ケガで入院(入院特約)    5,000円(日額)
病気で入院(入院医療特約)  5,000円(日額)
○合計保険料 9,559円
○更新後の合計保険料 18,555円 45歳~ 65歳
-------------------------------------...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

そもそも転換とは、保険会社から薦められる場合、あちらの利益の
ためだけに薦めてくるものが多いです。
実際その担当者はこちらに親身になってくれてるとはとても
思えない内容ですし。
そもそも更新型というのは、更新年齢になったらその年齢で
再計算するから当然高くなるわけですが、その分全期型に比べ
年齢が若いうちは同じ保障でも全期型より断然安いのです。
なので、収入に応じた無駄のないとも言えるわけです。
質問者様はそういう理由を知らずに入ったわけなので高くなった
としか思えず、損した気分にはなったと思います。

本題ですが、No3様がおっしゃるように34歳で再計算しており、
今までの分等はあまり関係ないです。
今までの分の考慮は転換時にされていて、普通に入るよりは
転換のほうが幾分プラスアルファされているのは確かですが。
(責任準備金や配当金、その他特別解返金等)
転換後の保険内容は相談して決めたのでしょうか?
どうも契約者のことは特に考えてなく成績のために見えて仕方がないです。

正直その担当者はあてにならないかと思います。
都合の悪いことはすべて担当者で止めてるかと思われます。
埒があかないなら担当者ではなく直接センターへ連絡。
担当者を通すなら引きとめ工作がくること必死ですので、
毅然とした態度で向かいましょう。

解約して損した気分と思われていますが、こう考えてはどうでしょう。
10年間無事でよかった。
そもそも保険は何もなかったらどっちにしろ損するわけですから。

はじめまして。

そもそも転換とは、保険会社から薦められる場合、あちらの利益の
ためだけに薦めてくるものが多いです。
実際その担当者はこちらに親身になってくれてるとはとても
思えない内容ですし。
そもそも更新型というのは、更新年齢になったらその年齢で
再計算するから当然高くなるわけですが、その分全期型に比べ
年齢が若いうちは同じ保障でも全期型より断然安いのです。
なので、収入に応じた無駄のないとも言えるわけです。
質問者様はそういう理由を知らずに入ったわけなので高くなった
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報