綿矢りささんと金原ひとみさんの本はまだ読んでいないのですが、書評を見ると綿矢りささんの「蹴りたい背中」は良かったという声が多い反面、金原ひとみさんの「蛇にピアス」は酷評が多いです。

なぜでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

どちらかというと、金原ひとみさんの方は、年配の方々やエリート級の生活をなさっている方々からみると、「読みたくもない作品」に自動的且つ強制的に分類されてしまうのだと思います。



しかし、綿矢りささんの方はちょっと違う理由もあるみたいです。
ある雑誌を見ていて、綿矢さんのことが書かれていたので読んでみたことがあるのですが、「女子高生、女子高生」と世のおじさん達が囃子立てているような変な文章でした。一つの記事なんてそう文字数は無いのに、「女子高生」という言葉が5つも入っていました(^_^;) そのときの僕の反応は

「女子高生」--そうそう!女子高生なんだよね!
「女子高生」--うんうん。
「女子高生」--いや、分かったから、、、
「女子高生」--いや、それさっきも言ったじゃん!
「女子高生」--バチっ(閉じました。その雑誌。)

という感じでした。僕もそんな「おじさん」にならないよう、気をつけたいと思います(^_^;) サクラコさんも、「おじさん」にはお気をつけて。もし「蹴りたいおじさん」があなたの前に現われたら、、、、我慢して下さいね。
    • good
    • 0

いれずみやら過激なセックスの描写やら出てくるから拒否反応を持つ人がいるんじゃないかな?



自分としてはそんなにエログロでもなかったけど。
    • good
    • 1

ごめんなさい。


年間通じての「該当無し」もあるのですね(^^;
(1986年は上半期、下半期ともに受賞者無し)

謹んで訂正させて頂きますm(_ _)m
    • good
    • 1

文体とテーマ(+タイトル)の違いからでしょうか・・



いずれにせよ、
読む人それぞれ反応は違うものですから、
理由を深く気にして結論がでることではないと思います。

人の容姿のランキングや、うまいラーメン店ランキング、
こういった類のもの同様、理由はあるようで無いと思いますよ。


私個人は、芥川賞には「該当無し」が何故無いのか、
その方が不思議だったりします。
無理に毎年決めて、賞のレベルが下がってる気がするのですけれど(苦笑)
    • good
    • 0

ごめんなさい。


下記、質問です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=780168
    • good
    • 0

こんばんは。


似たような質問をしたことがありますので、
そちらの回答者様のご意見も是非。お目とおしください。

ただ、事実、綿矢さんについては、容姿の可愛らしさから、ひいき目で見てる男たちがいたりもします。
(メディア的にも(今後も有利なのかなぁ)
(どっかの男どもは「りさたん」とか言ってたり^^)
そのことを差し引いても、私は、(表現、上手い)
(もっと、この人の表現を読んでみたい)と思える文章表現だったです。

金原さんについては、今回はモチーフにした世界も、「指摘を受けやすい」または「ケチをつけやすい」ものだったように思えます。
私的には、疑問がたくさん残るまま「つづく」で終わられた気分です。

小説は文章表現能力の「匠さ」ではなく、読手の気持ちを掻き乱したり、癒したりされるのが「面白さ」だと思います。
とにかく、新人さんにイキナシ結果求めるのは「酷」です。

私の場合、綿矢さんの作品は「好み」で、金原さんの次回作は、「てぐすね引いて待ってる」ような気分です。
    • good
    • 0

綿矢りささんの蹴りたい背中は、読みました。

とても綿密に言葉を非常によく考えて書かれています。
三島さんや大江さんを髣髴させるようなすばらしさだと思います。
金原さんのはまだ読んでないからわかりませんが。(蹴りたい)はただ、ちょっと文章がうますぎるかもです。パワーを感じさせるような作品を期待したいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「綿矢りさ」さんの「インストール」読んだ方、如何でしたか?(ご感想を)

こんばんは。
私は30代半ばです。
綿矢りさ さんの「インストール」今になって読みました。

読んだ方に、この作品についての何か一言、感想を訊いてみたいです。


よかったら、カキコお願いします。(^^)

Aベストアンサー

こんばんは。私は17歳高校生です。
ちょうど主人公と同い年だし共感できる部分があったので読みやすかったです。風俗チャットでバイトなんて現実ではありえないけど面白かったです。

Q金原ひとみ「蛇にピアス」に感動!お勧め本は?

最近、金原ひとみ「蛇にピアス」を読みました。夢中になって読んでしまいました。こんな私にお勧めの本ってありませんか?

Aベストアンサー

「蛇にピアス」と同時に芥川賞を受賞した「蹴りたい背中」(綿矢りさ)はいかがでしょうか。

参考URLには、「蛇にピアス」を買った人は、こんな本も買っています……ということで、五冊の本が紹介されていますが、その中にも「蹴りたい背中」はちゃんとありました。そこをクリックすると、「蹴りたい背中」の詳しい紹介文も見ることができます。

ご参考までに。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087746836/250-5017369-0195456

Q綿谷りさの『蹴りたい背中』について

私は今、読書感想文を書いているのですが、
なぜ最後に『はく息が震えた。』のでしょうか?
あと、学校の先生が喜んでくれるようにするには
どのような終わり方が良いと思いますか?

Aベストアンサー

原文を少し引用(一番下(1)-(8))してアドバイスさせていただきます。

>なぜ最後に『はく息が震えた。』のでしょうか?
それまで、にな川の心はどこにありましたか? (6)でも、にな川の心は、まだ向こうにありますよね。でも、(7)のところでは、にな川の目が初めてハツの足に注がれている。そのことを痛いように丹念に書いていますね。そして(8)です。どういう気持ちかわかりませんか?

>あと、学校の先生が喜んでくれるようにするにはどのような終わり方が良いと思いますか?
”終わりかた”という意味がちょっとわかりませんが、感想文であれば、ハツがクラスの皆をどう感じ、自分の気持ちはどうだったのか((1))? その中で、にな川だけは違った位置にいますね((2))。ハツにとって絹代はどういう人なのか((5))?そんな中で、ハツは、にな川にどんな感じを持っていたのか((3)、(4)、(6))?このような人の心が感じ取っていることについて自分なりの感想を述べればよいのではないでしょうか?


(1)<P3>さびしさは鳴る。.......... うずたかく積もった紙屑の山、私の孤独な時間が凝縮された山。
(2)<P5>この挙手で、クラスで友達がまだ出来ていないのは私とそのもう一人の男子、にな川だけだということが明白になった。
(3)<P126>そして私にはそんな彼が、たまらないのだった。もっと叱られればいい、もっとみじめになればいい。
(4)<P134>「にな川がオリチャンのところに走っていった時のハツ、ものすごく哀しそうだったよ。」「そんなことない。」
(5)<P135>絹代にとっての世界は、私やにな川ではなく、彼女のグループの”みんな”なんだ。
(6)<P140>いためつけたい。蹴りたい。愛しさよりも、もっと強い気持ちで。
(7)<P140>....それから、その段の上に置かれている私の足を、少し見た。親指から小指へとなだらかに短くなっていく足指の、小さな爪を見ている。
(8)<P140>気づいていないふりをして何食わぬ顔でそっぽを向いたら、はく息が震えた。

原文を少し引用(一番下(1)-(8))してアドバイスさせていただきます。

>なぜ最後に『はく息が震えた。』のでしょうか?
それまで、にな川の心はどこにありましたか? (6)でも、にな川の心は、まだ向こうにありますよね。でも、(7)のところでは、にな川の目が初めてハツの足に注がれている。そのことを痛いように丹念に書いていますね。そして(8)です。どういう気持ちかわかりませんか?

>あと、学校の先生が喜んでくれるようにするにはどのような終わり方が良いと思いますか?
”終わりかた”という意味...続きを読む

Q綿谷りささんは小さい頃から本をたくさん読んでいたそうですが、

綿谷りささんは小さい頃から本をたくさん読んでいたそうですが、いったいどんな本を読んでいたのかしりませんか?
私は13歳ですが小説家を目指してみたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

16日の読売新聞の朝刊に、小学校の高学年で太宰治に熱中し、三島由紀夫からよしもとばななまで愛読したと書いてありました。新聞では綿矢さんになってましたよ。
たくさん本を読んで夢を叶えてくださいね。

Q書評家の豊崎由美さんが推薦している「先鋭的」、「前衛的」な作品を教えてください

豊崎由美さんが推薦している「先鋭的」、「前衛的」な作品を教えてください
豊崎由美選の小説ベスト10みたいな感じのがもしあったらそれも教えてください

Aベストアンサー

「トヨザキ社長の駄々な日々」という豊崎由美さんのブログでは倉橋由美子さんの『聖少女』を新しい!と書いておられましたよ。ブログなのでURLを記入するのは避けますが、「聖少女は新しいの巻」で検索をかけてみてください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報