何て読むのですか?
スウォットでしょうか?

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/SWOT%E5%88%86%E6%9E …
を見たけど、わかりませんでした。

A 回答 (1件)

http://www.nttpc.co.jp/yougo/%E3%82%B9%E3%82%A6% …
スウォットで。

こちらを見ると「スワット」と呼んでいる人もいるようですね。
http://www.domo-domo.com/blog/2005/08/post-87.html

元が英語なので、カタカナの正解というものはないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

スウォットであっているようですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/20 23:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

QSWOT分析について

マーケティングのSWOT分析なのですが、Sの強みとWの弱みはだいたいわかるのですが、Oの機会とTの脅威がいまいちよくわかりません;;どなたか、わかりやすく解説お願いします。例などをつけてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

ちまたにテキスト等が溢れていますが、それらはもう
ご覧になったんでしょうか?とりあえずの理解のため
には、そういうものをご覧になることをお勧めします。

SWOT分析は必ずしもマーケティングのツールというわけ
ではなく経営全般の戦略策定ツールです。

SWは自社の中に、OTは自社の外にある要素から選びます。
つまり、OとTは、自社とは直接関係ない外部環境に関す
る要素です。商品の性質により、同じ要素がOに働いたり、
Tに働いたりします。

具体例を挙げると、
O(機会):人口の伸び、景気成長、環境志向の高まり
T(脅威):技術革新、金利の上昇、競合者の増加
などが考えられます。

一方で、自社の中にある要素はSやWです。
S(強み):特許技術、優秀な人材
W(弱み):大企業病、意思決定の遅さ
などが考えられます。

・・・何かご参考になりますでしょうか?

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q旅行業のSWOT分析

旅行業界についてSWOT分析をしていたのですが、「脅威」と「機会」で息詰まってしましました。
「脅威」は、テロや災害で海外旅行者が減少傾向にあること!だと思うのですが、「機会」がどうしても思いつきません。
アドバイスを下さい。

Aベストアンサー

threatsでテロ・災害を挙げていらっしゃるということはほぼ間違ってないと思います。

opportunitiesは「ハッピーマンデー法案による連休の増加」や、「団塊の世代の定年」というあたりが当てはまると思います。いずれも旅行に行く機会の増加に当てはまるキーワードです。一言で言うとすれば「旅行に行く時間の増加(選択できる時間の増加)」でしょうか?

”O”と”T”は直接の原因にはならないがその業界になんからの影響力を与えられうる事項ということだと思います。

Q漢字の読み方辞典〈人名用)

本当は出産とか育児のカテゴリーの方が良かったのかもしれませんが、赤ちゃんの名前じゃないもので…。
人の名前を考えなければならないのですが、名前用の読み方辞典〈サイト〉というのはありますでしょうか?
たとえば慶喜(よしのぶ)、それぞれの漢字の読み方を調べてもよし、のぶというのは出てこないと思うのですが。この漢字はこんな風な読み方に使えるというガイドはあるのでしょうか?他の質問を拝見させていただくと、人名で使える漢字には制限があるけれど、読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

誰の名前を何の為につけるのかわかりませんが、お急ぎのようなので、回答します。

 お探しのサイトは↓のようなサイトでしょうか?

 >読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?

 日本語の基本法則には従ってください。漢字の音読み訓読みの約束の中で、自由に読み方を決めてください。

 いくらなんでも『高志』とかいて「スヌーピー」とは読ませられません。

参考URL:http://www.willcode.co.jp/kirakira/index.html

Q因子分析とクラスタ分析とセグメント判別用の汎用設問化

30項目、10段階評価(非常にそう思う~どちらでもない~まったくそう思わない)のアンケート設問をもとに、因子分析(回答者に各因子スコア付与)とクラスター分析を用いて回答者をセグメンテーションした結果があります。現在、セグメントは1,000名の回答結果に対して4セグメント生まれました。
そこで有識者の皆様に質問があります。
次回、また同じアンケート(30項目、10段階評価)を別の回答者に対して行った際、同じロジックになよってセグメントされるようにしたいのですが(アルゴリズムを公式化・設問を汎用化運用したいのですが)、その手順というのは、

(1)1,000名の元の回答者とセグメント(4分類)を紐付け
(2)1,000名の元の「30項目10段階評価」の結果を説明変数とし、判別されたセグメント(4分類)を目的変数とした(非線形?)回帰分析式を求める
(3)新たな(別の)回答者の「30項目10段階評価」の回答を、(2)で作成した回帰分析式に代入
(4)セグメント判別

という流れで当たっていますか?

何か、参考になるURLでもかまいませんので、ご教授いただけますでしょうか。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

30項目、10段階評価(非常にそう思う~どちらでもない~まったくそう思わない)のアンケート設問をもとに、因子分析(回答者に各因子スコア付与)とクラスター分析を用いて回答者をセグメンテーションした結果があります。現在、セグメントは1,000名の回答結果に対して4セグメント生まれました。
そこで有識者の皆様に質問があります。
次回、また同じアンケート(30項目、10段階評価)を別の回答者に対して行った際、同じロジックになよってセグメントされるようにしたいのですが(アルゴリズムを公式化・設問...続きを読む

Aベストアンサー

手元にある本を見直してみたら、下記の本に因子分析等の空間付置を行う分析手法で時系列分析をどうするかという、まさに今回のテーマに近い解説がありました。
「入門 多変量解析の実際 第2版」
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061539639/
※トラブルシューティングの項

クラスター分析の時系列適用も、似たような実例が載っていました。
ただし、ある程度手法の意味が分かっていないと、適用はできないかもしれません(数学的な手続きまで説明しているわけではない)。まあ、それほど高い本ではないので見てみてください。

Q中国、朝鮮の人名の漢字と読み方

日本の人名は使用できる漢字に制限がりますが、読み方は無制限です。「幸史」という名前をつけて読み方「こうじ」「ゆきふみ」「ゆきじ」と何通りも読めますし、ぜんぜんちがう読み方で「たくや」とつけても自由です。
1)中国、台湾では漢字制限ありますか。また、たとえば沢東とつけたら「つおーとん」としか読めないのですか、それとも「しゃおぴん」とかどんな読み方でもいいのですか。
2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。また大中とつけたら、「デジュン」としか読めないのですか、それとも「ジョンイル」とかと読んでもいいのですか。さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
3)北朝鮮は漢字をやめハングルにしてます。漢字を使ってた世代の人が漢字表記あるのはわかりますが、金正男、正哲など、ハングル世代なのに漢字表記があるのですか。戸籍の表記はどっちですか

Aベストアンサー

2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。
韓国にも人名用漢字というものがあります。(1991年から施行) 4,794字です。

>さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
戸籍は併記かハングル単独表記です。
ハングルだけの表記もOKです。

3)北朝鮮には戸籍はありません。

Q音響分析のサイト

人の名前とか会社の名前を入力すると、
その言葉の響きを分析して世代別に
イメージの受け方等をグラフに表してくれるサイトが
あったのですが、場所が分からなくなってしまいました。
どなたかご存知でしたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.onsosystem.co.jp/

参考URL:http://www.onsosystem.co.jp/

Q漢字の読み方

漢字の読み方をお教えください。
「福」と「彦」のフク、ヒコ以外の読み方です。

Aベストアンサー

人名の読み方は、また別のもんですから。
私の手元の事典ですと
「福」は、さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・もと・よし。
「彦」は、お・さと・ひろ・やす・よし。
なんて読み方が載っています。でも、人名は何でもありですから。

QPSM分析について

お世話になります。
マーケティングリサーチの分析手法の1つで価格受容性を測るPSM分析という手法がありますが、この手法の結果データの読み込み方について、下記解法の説明があったのですが、この説明の根拠がいまいち理解できません。
それは「妥協価格」についてですが、その交点の高さに応じて下記のような読み取りが可能と解説しています。
「「高くない曲線」と「安くない曲線」の交点である妥協価格から、消費者の商品に対する価格意識を見ることが出来ます。妥協価格の縦軸上の交点の位置が低くなると(縦軸の累積回答者比率が低い)、その商品・サービスへの価格意識が高いことをあらわしています。」
この交点の高さにより、価格意識の高さ、低さを読み取れるのはなぜなのでしょうか?
ややこしい質問ですいませんが、もしおわかりの方がいらっしゃればと思い登校させていただきました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

上記のことが通説になっているようには、思いませんが、

察するに、価格関与が高い場合、価格に対する情報探索が積極的に行なわれますので、市場価格に対応した価格感に収束するとすれば、価格意識は集中しますので、妥協価格もしくは妥当価格の交点は高い位置にきます。その逆の場合、分散しますので交点は低い位置にくることが考えられます。このことから、推測されているのだと思います。

例えば、多くの人が家電品の価格を価格.comで見ているとすると、相場観が同じようになりますよね。この場合を価格意識が高いとしているのでないでしょうか。

しかしながら、最寄品で遠くまで買い物に行かず、価格に地域差がある場合(県堺とかで安い地域とかありますよね)、おまり当てはまらないような気がします。

PSMは、いい方法ではあるのですが、難しいところもあるので、他の情報と組み合わせて使われることをお奨めします。

参考URL:http://www.interscope.co.jp/method/b02.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング