何て読むのですか?
スウォットでしょうか?

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/SWOT%E5%88%86%E6%9E …
を見たけど、わかりませんでした。

A 回答 (1件)

http://www.nttpc.co.jp/yougo/%E3%82%B9%E3%82%A6% …
スウォットで。

こちらを見ると「スワット」と呼んでいる人もいるようですね。
http://www.domo-domo.com/blog/2005/08/post-87.html

元が英語なので、カタカナの正解というものはないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

スウォットであっているようですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/20 23:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSWOT分析について

マーケティングのSWOT分析なのですが、Sの強みとWの弱みはだいたいわかるのですが、Oの機会とTの脅威がいまいちよくわかりません;;どなたか、わかりやすく解説お願いします。例などをつけてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

ちまたにテキスト等が溢れていますが、それらはもう
ご覧になったんでしょうか?とりあえずの理解のため
には、そういうものをご覧になることをお勧めします。

SWOT分析は必ずしもマーケティングのツールというわけ
ではなく経営全般の戦略策定ツールです。

SWは自社の中に、OTは自社の外にある要素から選びます。
つまり、OとTは、自社とは直接関係ない外部環境に関す
る要素です。商品の性質により、同じ要素がOに働いたり、
Tに働いたりします。

具体例を挙げると、
O(機会):人口の伸び、景気成長、環境志向の高まり
T(脅威):技術革新、金利の上昇、競合者の増加
などが考えられます。

一方で、自社の中にある要素はSやWです。
S(強み):特許技術、優秀な人材
W(弱み):大企業病、意思決定の遅さ
などが考えられます。

・・・何かご参考になりますでしょうか?

Q旅行業のSWOT分析

旅行業界についてSWOT分析をしていたのですが、「脅威」と「機会」で息詰まってしましました。
「脅威」は、テロや災害で海外旅行者が減少傾向にあること!だと思うのですが、「機会」がどうしても思いつきません。
アドバイスを下さい。

Aベストアンサー

threatsでテロ・災害を挙げていらっしゃるということはほぼ間違ってないと思います。

opportunitiesは「ハッピーマンデー法案による連休の増加」や、「団塊の世代の定年」というあたりが当てはまると思います。いずれも旅行に行く機会の増加に当てはまるキーワードです。一言で言うとすれば「旅行に行く時間の増加(選択できる時間の増加)」でしょうか?

”O”と”T”は直接の原因にはならないがその業界になんからの影響力を与えられうる事項ということだと思います。

QWikipedia(ウィキペディア)の一部文章を転用するに当たって

自身のサイトでWikipedia(ウィキペディア)のテニスに関する部分(選手紹介)を引用したく考えています。
F&Qで引用の仕方について書いてあるのですが、私の文章読解力が低く何をすれば引用が許可されるのかイマイチ分かりません。
どなたかかいつまんで教えていただけないでしょうか。
F&Qページ http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E8%AA%AD%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91FAQ

Aベストアンサー

簡単にいえば、「引用」の要件を整えれば、それは日本の法律にもあっているので、なにも問題はありませんよってことです。

「転載」とか「ミラーリング」みたいなことは引用とはならないので、法的にも問題がある可能性があるので専門家と相談してくださいねってことですね。
ただ、GNU Free Documentation Lisenceに自分とこのサイトもするんであれば問題はないと。

「引用」については、
・その文章の一部分である(全文は転載になります)
・出典元を明らかにしている
・その引用先に引用の必然性がある
というのが要件です。

例えばAというテニスの選手に関することについてなら、Aという選手について書かれていることすべてをコピペしたのでは転載などになり引用とは認められませんので、自分でここってところだけ(全体の一部分)にしておいて、出典元も記述して、もっと詳しく知りたい人はこちらって感じでWikipediaの該当項目のページにリンクを貼るとかにしておけば、大丈夫だとおもいます。

Qコンビニで黒字になっているのは全体の何%?

供給過剰の極みの感があるコンビにですが、同地域に何店も有り食い合いになっていたり
開店よりも閉店の方が遥かに多いような気がします(特に都内や都市部)
オーナーが親会社にかなりの割合を搾取されなかなか経営は厳しいとの話も良く聞きます。
そこで・・全コンビにの内、年間でみて総じて黒字になっている店舗というの実際のところ
全体の何%くらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

>全コンビにの内、年間でみて総じて黒字になっている店舗
これはオーナーのことでしょうね?
親会社は赤字ならオーナーとの契約を切りますから。
それぞれのコンビニ企業の出店数、閉店数を調べれば出ているでしょう。
下記の記事では、
セブンアンドアイは千店出店、六百~七百閉店。七百~八百億の連結損失。
ローソンは出店数四百~五百、閉店数四百。連結黒字。
http://www.shopbiz.jp/rt/news/59279.html
(2010/04/11)

Q世の中の100%の人から好かれるサービス・ビジネスはあるか?

世の中の100%の人から好かれるサービス・ビジネスはあるか?ご存じの方教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

100%の人から好かれるサービス・・・ですか。

fasdlqwirwさんが、満足する好きなサービスって何ですか?
そのサービスだけを取り出してみて、全ての人が同じように好きだと思いますか?

人には、それぞれ価値観があります。判断基準があります。
fasdlqwirwさんの周囲を見て、求めているものも人それぞれだと感じませんか?

社会生活をする上で必要な、衣食住をみてどう思いますか。
少しでも欠いていると思う人は欲しますが、満たされている人にとって同じレベルのサービスは見向きもしないでしょう。

世の中の100%の人が、と考えるならば、まず、ご自身のことを考えて、世の中を見たら、自ずと答えが出てくるのではないでしょうか。

しかし、視点を変えて、No5さんが書いているように「その人に望むモノ(サービス)を与えれば可能」だと思います。
でも、同じ内容のサービスでは、既にみなさんが回答をしているようにありえませんね。

ただ、提供するサービスを欲している人に向けてなら、限りなく100%を目指すことは可能でしょう。
No6さんが書いている事例がその代表的なものですね。
 

100%の人から好かれるサービス・・・ですか。

fasdlqwirwさんが、満足する好きなサービスって何ですか?
そのサービスだけを取り出してみて、全ての人が同じように好きだと思いますか?

人には、それぞれ価値観があります。判断基準があります。
fasdlqwirwさんの周囲を見て、求めているものも人それぞれだと感じませんか?

社会生活をする上で必要な、衣食住をみてどう思いますか。
少しでも欠いていると思う人は欲しますが、満たされている人にとって同じレベルのサービスは見向きもしないでし...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報