除蛋白剤にはどのようなものがありますか?アルコールや、過塩素酸は思いつくのですが、他にどのようなものがあるか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

塩析を用いる方法や、


・タンニン
・クロロホルム(あまり使わない方がいいですが・・・。)
・フェノール
・イソアミルアルコール

を用いる方法がありますね。

この回答への補足

タンニンってどんな物質ですか?アルコールの一種か何かですか?

補足日時:2001/05/21 16:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、アルコール類は除蛋白によく用いられるんですね。ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/21 16:49

除タンパクしたいものにもよりますが、メタノールに5%でKOHを解かしたもので拭くとかなり強力で、またその後の洗浄も簡単でいいので器具の除タンパクにはいいと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、アルコールは除蛋白にはよく用いられるんですね。KOHを溶かすのは、pHの問題も関係するのでしょうか?
また、これも参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 15:56

すみません、補足です。



タンニンはお茶の渋みの成分です。詳しく書きますと、

【タンニン】

水解性タンニン
(糖と1種または数種のトリオキシベンゼンカルボン酸とのエステル)や
縮合型タンニン(フラボノールの誘導体)に分類される複合した無晶形植物成分の一種。

タンニンはなめし、染色、写真、およびビールとワインの清澄剤に用いられる。鉄存在下で黒色に変色する。

ですわ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。お茶の渋みの成分で除蛋白ができるなんて、すごいっすね。

お礼日時:2001/05/24 15:53

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「Q4」

ご参考まで。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/letterj/098/com …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。詳しく書いてありかつ、わかりやすかったです。

お礼日時:2001/05/21 16:51

わかる範囲で。



・トリクロロ酢酸
・メタリン酸
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やはり、酸を用いるのも一つの手なんですね。

お礼日時:2001/05/21 16:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプール血清???

検査の精度管理などで、よく、「プール血清」という言葉が出てきますが、、
これは、いったい何なのでしょう??

ぜひ教えてください。 まだ、教科書でしか、見たことがないのでよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

精度管理を行う上で管理血清というものが必要です。
一般にはメーカーが販売している世界(もしくは日本)共通の管理物質を使用しています。
当然売っているものですから値段があり、経費がかかります。
これを節約するためのものと、もともと管理血清として表示されていない項目のためにわれわれは既に測定した患者の血清を(無断で・・基本的には患者検体は別の目的で使用してはならない決まりになってはいますが)集めて(つまりプールして)値つけを行っています。
これを「プール血清」といいます。われわれは単に「プール」と言っていますが。
これを一度遠心して血清中の不純物(フィブリンや脂質など)を除去した後、小分けにして凍結保存し、使用時に必要な分だけ測定にいれ、その日の測定の管理をしているわけです。

Qベロナール緩衝液について

今度の実習で、電気泳動をするのでベロナール緩衝液を作らなければいけないのですが、作り方が良く分かりません。
というか、pH8.6、μ(イオン強度)=0.06のもの1リットル作るのに、先生はバルビタール(5,5-ジエチルバルビツール酸)2,24g、バルビタールソーダ(5,5-ジエチルバルビツール酸ナトリウム)12.37g必要と言うのですが、私はそれだと、pH8.12、μ=0.072になる気がするんですが…納得いきません。私が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

ベロナール緩衝液はというより緩衝液の作製方法においてpH調整がメインとなります。
私は0.06MのpH8.6のベロナール緩衝液を作製する時はバルビタールナトリウムを12.37gを蒸留水で約990mlで溶解し、塩酸でpH調整し、調整後に全量を1Lとしています。
確かに先生のいう通りに調製するとイオン強度が違うように思います。

QHPLC分析における除タンパク法

「イカの沖漬け(イカを姿のまま、味付け醤油に漬けたもの)」の、旨味成分(アミノ酸、有機酸、核酸)をHPLCで分析しようとしています。除タンパクのため、10,000のフィルタで限外ろ過していますが、なかなかろ液が集まらずに困っています。良い除タンパクの方法を教えてください。TCAで沈殿させる方法もあるとは思うのですが、その場合、除タンパク後の上澄みと、移動相のpHが異なってくるのではないかと気になります。

Aベストアンサー

補足です。
バリデーションとは、分析の信頼性を担保するために、分析法開発の前段階で行うものです。ピーク面積や高さで定量を行うのであれば、濃度とピーク面積(高さ)との相関が認められるか(5点程度の濃度のスタンダード試料を測定し、濃度とピーク面積(高さ)との相関係数を求める)、定性ならば繰り返し測定したときの保持時間のずれはないか、試料溶液の安定性はどうかなどを確認します。
今回の問題では、除タンパク時の目的成分の回収率が問題になります。共沈により、タンパク中に目的成分が一部取り込まれて、見かけの測定値が低くなってしまうおそれがあります。具体的にどのような操作を行われているかわかりませんが、沈殿除去したタンパク分から再度抽出し、目的成分が検出されない等の確認が必要と思われます。ただし、これらは分析の目的が定量とか各成分の面積比を知りたい場合であって、保持時間による定性のみが目的であれば必要ないでしょう。
あと、サンプルと移動相の組成が異なる場合のことを心配しておられますが、保持時間による定性の場合は、試料の溶媒強度やpHによって保持時間のずれや理論段数・分離度が変わる可能性があります。
定量の場合は原則、標準溶液を測定し、その値との比較を行うことになると思いますので、標準溶液についても試料サンプルと同様の操作を行えば問題はありません。アミノ酸等の標準物質を精密に量り、試料サンプルと同様に操作して得られた液を標準溶液として、同時に分析すれば、移動相と組成が異なっても大丈夫です。各種文献等においても、メタノールで抽出しアセトニトリルで分析するとか、いろんな事例がありますので。
アミノ酸分析で発色法により検出する場合は、意外な成分が発色してベースをあげたり、変なピークがでてきますので、試薬や機器等は綺麗にしておくことが大切です。

がんばってね。

補足です。
バリデーションとは、分析の信頼性を担保するために、分析法開発の前段階で行うものです。ピーク面積や高さで定量を行うのであれば、濃度とピーク面積(高さ)との相関が認められるか(5点程度の濃度のスタンダード試料を測定し、濃度とピーク面積(高さ)との相関係数を求める)、定性ならば繰り返し測定したときの保持時間のずれはないか、試料溶液の安定性はどうかなどを確認します。
今回の問題では、除タンパク時の目的成分の回収率が問題になります。共沈により、タンパク中に目的成分が一部...続きを読む

QHPLC試料における除タンパク後の過塩素酸除去について

 1Mの過塩素酸でHPLC試料の除タンパクを行いました。文献によると1Mの水酸化カリウムでpH6.5-6.8に調整するとのことですが,調整中にpHのジャンプが起こりなかなか上手くいきません。一滴未満の調整でも駄目です。
 この方法ですと強酸と強塩基の作業ですから無謀な気がします。何か良い方法があればアドバイスください。

Aベストアンサー

緩衝剤入れるしかないでしょう.強酸強塩基だけで中性域に止めるなんて,不可能でしょう.
液クロの溶離液は何ですか? その中の緩衝剤成分を入れておくのが常道では?

Q<統計学> CV(変動係数)について教えてください。

CV値は
  
  CV=(標準偏差/平均値)

で算出されますよね?

ただばらつきを評価するだけなら、標準偏差でいいと思うのですけど、
平均値で割ることで何が分かるのですか?

教えてください!! お願いします。

Aベストアンサー

A という大きな群れを作る魚と、B という小さな群れを作る魚の、群れの大きさのばらつきはどちらが激しいか、知りたいとします。群れの大きさは魚の数で測ります。

ばらつきを標準偏差で測れば、A の方が B より大きいだろうことは想像がつきます。なぜなら、群れは 0 より小さくはならないので、もともと小さい群れしか作らない B は、ばらつく余地が少ないからです。

けれど A の群れの大きさはどれも平均の一割程度しか違わないのに、B は平均の数倍程度の違いは普通だ、ということもありえます。このように平均に対する相対的なばらつきを比べたければ、 変動係数で測った方が標準偏差で測るよりも良いと思いませんか?

こんなふうに、非負の値をとる変量には、平均が大きくなると標準偏差も大きくなるようなものは、たくさんあります。そのとき変動係数なら無単位になり、比較に便利です。平均と標準偏差は単位が同じなので。

Q抗体価って何ですか?

抗体価って何ですか?高一にも分かるぐらい簡単な説明お願いします。

Aベストアンサー

例をヒトとします。ヒトの体の中には沢山の種類の抗体があります。
その中で、あるウイルスに反応する抗体はその中の一部です。
では、沢山ある抗体のうちのどの位、そのウイルスに反応する抗体が存在しているのか?
それを示す目安の値(あくまで目安)が抗体価です。
この抗体価が高いと、そのウイルスに対する抗体が沢山あることになります。抗体価が低いとその逆です。

ヒトなどの体内にある抗体に限らず、ある抗体の集団のなかで、
あるモノにくっつくことができる抗体の量を示す目安の値です。

Q検量線

検量線とはどういったものなのか?
検量線を引くとはどういったことをすればいいのかおしえてください。

Aベストアンサー

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラフ用紙に記入し、直線なり曲線で結びます(直線か、曲線かは理論的なものに依存します)。こうしてできたラインが検量線です。この検量線により、測定器の実際の指示値から濃度を推定できるようになります。ただし、検量線は濃度0.1~0.3g/Lの間で作成したので、その検量線の有効性もその間と言わざるを得ません。検量線から推定して1.5g/Lとでた場合には、その値の信憑性は低いと言わざるを得ないでしょう。その際は、O,1.0,2.0g/Lの既知試料等で検量線を引き直す必要があると思います。

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラ...続きを読む

Q検査項目と抗凝固剤

EDTAとクエン酸ナトリウムはどちらとも脱カルシウム作用があると書かれていますが、クエン酸ナトリウムは主に凝固検査に使われ、一方EDTAは凝固系に使ってはいけないといわれました。
同じ作用の抗凝固剤なのに、なぜ使い分ける必要があるのか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

日本臨床検査医会のホームページ内にQ&Aがあるのですが、そこからの
抜粋です。

(Q)凝固検査の抗凝固剤としてクエン酸ナトリウムが用いられるのは
なぜでしょうか。またEDTA塩を用いないのはなぜでしょうか。(長野
県 臨床検査技師)

(A)凝固検査における抗凝固剤の目的は、血漿中のカルシウムイオン
の濃度を低下させ、検査実施まで凝固反応が起こらないようにするこ
とにあります。測定開始時には改めて必要なカルシウムイオンを添加
することになります。カルシウム塩を形成する中性塩のクエン酸塩や
シュウ酸塩は、このような測定系に適しています。以前はシュウ酸塩
が用いられていましたが、クエン酸ナトリウムと比較して、時間とと
もに第V因子や第VIII因子の活性の低下を起こしやすく、またPTも長め
になる傾向があります。一方液状で使いやすいクエン酸ナトリウム
は、1953年トロンボプラスチン形成試験の際に使用されたのが世界で
最初です。この時は、血液と等張の3.8%のクエン酸ナトリウム(5水
塩)が用いられ、やがて国際標準化委員会の働きかけで109mM、3.2%ク
エン酸塩ナトリウム(2水塩)へと標準化されました。
 血球算定の検査の際に通常用いられるEDTA(ethylene
diaminetetraacetic acid)の場合は、最も代表的なキレート化剤で、
カルシウムイオンを中心に最も安定した5員環を有する錯体を形成しま
す。さらにEDTAはその他の多くの金属とも安定した錯体を形成するた
め、カルシウムを含む金属イオンの定量分析に用いられています
(EDTA滴定)。
 ところで、EDTA滴定において金属が水酸化物として沈殿するのを防
ぐために用いる補助錯化剤として、鉄とのキレート作用を持つクエン
酸塩が用いられます。したがってクエン酸塩の抗凝固活性には、この
キレート作用がかかわっている可能性もあると思います。
 実際に血球数算定に用いられている1.8mg/ml EDTAを、凝固学的検査
の際に使用すると、APTT、PTともに、クエン酸よりも少し長めの結果
となります。また凝固のポイントは用手法でみる限りでは、分かり難
い印象を受けます。そして塩化カルシウム濃度を上げると、一層凝固
のポイントは分かり難く、時間をかけてゼリー状に固まります。むし
ろ通常の2分の1、0.0125Mの塩化カルシウムの方が、凝固点はわかりや
すく、時間も短縮します。ただし、正常検体をバッファーで希釈し、
APTTの延長をみていくと、1.2倍程度までの希釈ではAPTT時間は変化し
ません。このような結果から、少なくとも血液検査で一般に利用され
ている濃度のEDTAは、凝固検査に適しているとは言えません。それに
加えて、標準血漿や凝固因子欠乏血漿はクエン酸ナトリウムを用いて
採血されたものですから、 EDTA採血された検体では、各凝固因子の定
量測定は不可能となってしまいます。
 このように、クエン酸ナトリウムは使い易く、既に標準化されてい
ますが、今のところEDTAについて十分な検討はなく、標準化もされて
いないので、臨床検査に用いることはできません。

【参考文献】
[1]
F.W. Fifieid and D. Kealey :分析化学 I 、1998、丸善
[2]
黒川一郎 他:臨床検査科学、1983、南山堂
[3]
福武勝博 他:血液凝固 止血と血栓 下巻、1982、宇宙堂八木書店
[4]
Biggus. R. and Douglas , A. S.:The thromboplastin generation
test. 1953、J. Clin. Path. 6: 23-29

(1998年11月8日 認定臨床検査医 腰原公人(No.338)、福武勝幸
(No.255))

日本臨床検査医会のホームページ内にQ&Aがあるのですが、そこからの
抜粋です。

(Q)凝固検査の抗凝固剤としてクエン酸ナトリウムが用いられるのは
なぜでしょうか。またEDTA塩を用いないのはなぜでしょうか。(長野
県 臨床検査技師)

(A)凝固検査における抗凝固剤の目的は、血漿中のカルシウムイオン
の濃度を低下させ、検査実施まで凝固反応が起こらないようにするこ
とにあります。測定開始時には改めて必要なカルシウムイオンを添加
することになります。カルシウム塩を形成する中性塩のクエ...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

QLowry法と色素結合法について

高専4年での学生実験で、Lowry法と色素結合法での未知試料(A~E)のタンパク質の定量試験を行ったのですが、課題として与えられた問題がわからず悩んでおります。
ヒントでもよろしいので教えてもらえませんか?
※Lowry法ではA~Cを、色素結合法ではA~Eの試料を使いました。
【1】未知試料A:豆乳原液
→Lowry法と色素結合法での測定結果が理論値と比べ大きく出るのはなぜか?

【2】未知試料B:ブタロース
→全組織量(0.5g/5.5ml)に占めるタンパク質の割合(%)を求めよ。
※およそ15~20%になる。なぜか?

【3】未知試料C:ゼラチン(0.2mg/ml)
→0.2mg/ml BSAと比べると低い値になると思われる。なぜか?
※ゼラチンのアミノ酸成分と両法で検出しているアミノ酸を比較せよ。

【4】未知試料D:遊離Arg+0.2mg/ml BSA
→0.2mg/ml BSAとほぼ同値になる。なぜか?

【5】未知試料E:アルカリ+0.2mg/ml BSA
→物凄く青くなる。なぜか?

以上の問題です。自分はプロセス専攻なので説明不足かも知れませんがよろしくお願いします。

高専4年での学生実験で、Lowry法と色素結合法での未知試料(A~E)のタンパク質の定量試験を行ったのですが、課題として与えられた問題がわからず悩んでおります。
ヒントでもよろしいので教えてもらえませんか?
※Lowry法ではA~Cを、色素結合法ではA~Eの試料を使いました。
【1】未知試料A:豆乳原液
→Lowry法と色素結合法での測定結果が理論値と比べ大きく出るのはなぜか?

【2】未知試料B:ブタロース
→全組織量(0.5g/5.5ml)に占めるタンパク質の割合(%)を求めよ。
※およそ15~20%になる。なぜか...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、Lowry法、色素結合法でタンパク質が定量出来る原理を学んでください(タンパク定量で教科書を調べてください。)。
(1)主には、タンパク質ごとで構成アミノ酸が違っている事が原因です。
(2)これは、豚のロースと言うことですね。なぜか?という質問の具体的な意味が問題ですね。
(3)これもアミノ酸組成によります。
(4)Arg自体に色素結合能が少ない。
(5)アルカリ性では、タンパク質の電荷はどうなりますか?


人気Q&Aランキング