動物の「かわうそ」の語源を教えてください。
英語名の「otter」は、「water」と同語源だそうですが、日本名の「かわうそ」も、水に関係があるのでしょうか。

 また、漢字変換すると、「川獺」「獺」と両方ありますが、どう使い分けるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

英語のotterはインドヨーロッパ祖語のwed-(水)にさかのぼり,water,wet,hydro-などなどと同語源です。

nutriaとかhydraといった水に住む動物名も仲間とされています。

日本語の「かわうそ」はおそらく「川に住むウソ」の意味でしょうが,「ウソ」の語源はこれ以上わかりません(川に住まないウソもいたのでしょうか)。古くは「ヲソ」とも言いましたから,もともとワ行の音で始まっていたはずで,ひょっとしてドイツ語のWasser(水)と関連があるかも・・・というのはヨタ話です。「川に住むオソろしい動物」という説もあるようですが,「恐ろしい」の「お」は「オ」であって「ヲ」ではないので,成り立ちません。

「川獺」「獺」についてですが,「ウソ」とも「カワウソ」とも言った時代には,「カワウソ」と読むことを明確にするためには「川獺」と書く必要があったのでしょう。しかし現代日本語には「ウソ」という動物名は存在しませんから,「獺」で「カワウソ」と読ませれば十分なはずです。「川獺」という書き方がされるのは,昔の名残であると同時に,「カワ~」という読みを引き出しやすいからでもあると思います。(Atokでは「川獺」のほうしか出てこないようですね。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答、ありがとうございます。
もともとは「ヲソ」という動物だったんですね。「ヲ」と「オ」で意味の違いがあるというのも勉強になりました。

 ところで、ラッコも獺の仲間なのだそうです。漢字で書こうとすると、「川獺」に対して「海獺」とでもなるのでしょうかね。まさか昔日本にもラッコのように、海に住む「ヲソ」がいたのでしょうか?!

お礼日時:2001/05/21 12:00

古くは「おそ」と呼んでいたものだそうです。

それが川にいるからでしょう。

参考URLによると「川にいる恐ろしいもの」の意味らしいですが…

「獺」の漢字だけで「カワウソ」の意味になりますが、「川」を付けることによって「カワウソ」であることを強める(分かりやすくする)効果があると思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/4154 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
「かわうそ」って、昔の人にとっては、恐ろしい動物だったんでしょうか。参考URLも見させていただきました。
私が検索した範囲では、ここは見つけられませんでした。

お礼日時:2001/05/21 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツチノコとカワウソ

 以前、東南アジアの田舎で仕事をしていたときのことです。

 日本から来たばかりの人が、すぐ近くの小川の岸で、ツチノコを見たといって大騒ぎしました。

 見たのが一人だけだったので、その騒ぎはすぐに収まりましたが、約1ヵ月後にその人ともう一人の日本人が一緒に居て、目撃したとの事。大論争となりました。

 私は、その川にカワウソが住んでいて、時々目撃していました。
 考えて見ると、カワウソが水に飛び込もうとジャンプし水に入る瞬間には、両手両足を体にぴったりつけ、長い尾はピンと伸ばしていて、日本で言われているツチノコの姿にそっくりです。

 私は、ツチノコの目撃者に、その小川でカワウソは見たことがあるかと聞いたところ、見たことがないとの返事。
 私は、彼の見たツチノコの正体が、カワウソであると確信しました。(彼はカワウソではない、そもそも哺乳類ならあんな格好はしていない。間違いなくツチノコであると主張していましたが・・・^^;;;)

 考えて見ると、ツチノコを見たという話が残っているのは、最後まで日本カワウソが生息していた地域です。

 日本カワウソ・またはツチノコに詳しい方にお聞きします。

 ツチノコの日本カワウソ説というのは、あるのでしょうか?教えてください。

 

 以前、東南アジアの田舎で仕事をしていたときのことです。

 日本から来たばかりの人が、すぐ近くの小川の岸で、ツチノコを見たといって大騒ぎしました。

 見たのが一人だけだったので、その騒ぎはすぐに収まりましたが、約1ヵ月後にその人ともう一人の日本人が一緒に居て、目撃したとの事。大論争となりました。

 私は、その川にカワウソが住んでいて、時々目撃していました。
 考えて見ると、カワウソが水に飛び込もうとジャンプし水に入る瞬間には、両手両足を体にぴったりつけ、長い尾はピン...続きを読む

Aベストアンサー

カッパのカワウソ説はありますが、ツチノコのカワウソ説は聞いたことがありません。
しかし、考えられる説だと思います。
ツチノコのイメージは近年になって固まってきたもので、昔の伝承はかなり曖昧です。そのなかにはカワウソの見間違いがあってもおかしくはありません。
ツチノコのホームページはたくさんありますが、そのうちの一つを紹介しておきます。
なお、このページにある画像はアオジタトカゲというオーストラリアやインドネシアに実在するトカゲで、東南アジアではこれを見た可能性が高いように思います。この画像では見えませんが(おそらく画像処理で消してある)非常に小さな手足があります。

参考URL:http://arna.hp.infoseek.co.jp/Creatures/N/Nozuchi.htm

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Qカワウソの知能はどれくらいですか?

大分のうみたまごという水族館にいるカワウソが、自販機からジュースを取ってきたり
死んだふりをする芸を見てカワウソの知能ってどれくらい高いんだろうかと思いました。

そこで格付けするならどの位置にいるんだろうかと気になって調べたけど
中々資料が出て来なくて、「器用で頭がいい」という事しかわかりませんでした。

カワウソはどれくらい頭が良いと思いますか?
あとカワウソの知能は野生動物の中で格付けするならどの位置にいると思いますか?

知っている方いましたら教えてください><

Aベストアンサー

知能っていろいろ種類があって、独立心の知能が高いと見下して言うこと聞かないが威厳があるし、社会性が高いと媚びを売るのはあまり頭が良くないが相手の認識力は高いのです。

カワウソは、イタチ科であって、ラッコもカワウソ属。食性が幅広い雑食なので狩猟のための知能が高いです。
日本では、カワウソも狸や狐と同様、人を化かす賢い動物として民話が多いです。
イタチ科のイタチやイイズナなんかの、管狐や狐憑きはイタチ科の動物の専売特許。

で、カラスなんかもそうなんですが、カワウソも生息域が人間が住みやすい生息域とかぶっていて、人里の近くにしか生息しないので、人間の生活と密接しているから賢く行動するところがあって、コミュニケーションがある程度成り立つ動物なので、ラッコやカワウソは調教できる。
逆に言うと、人と生息域が被るから、愛想の良い動物は乱獲されて絶滅してしまう。ニホンカワウソも同様です。
犬のように人に飼い慣らされて家畜として生き延びた種もあれば、犬の中で飼い馴らせなかった種がオオカミな訳で、非常に賢いが、人間には敵対的ゆえにニホンオオカミも絶滅してしまいました。

狐や狸、カワウソなど人を化かす動物は、協調性があるがゆえに、人に化かされて住む場所を追われてしまった、なかなか可哀想な一族です。

知能っていろいろ種類があって、独立心の知能が高いと見下して言うこと聞かないが威厳があるし、社会性が高いと媚びを売るのはあまり頭が良くないが相手の認識力は高いのです。

カワウソは、イタチ科であって、ラッコもカワウソ属。食性が幅広い雑食なので狩猟のための知能が高いです。
日本では、カワウソも狸や狐と同様、人を化かす賢い動物として民話が多いです。
イタチ科のイタチやイイズナなんかの、管狐や狐憑きはイタチ科の動物の専売特許。

で、カラスなんかもそうなんですが、カワウソも生息域が人間...続きを読む

Q助詞 「は」 と 「が」 の使い分けについて

私自身が使用するときには、間違えなく使い分けていると
思いますが、外国の友人の使用方法をおかしいと感じ、
そこでは、「が」が正しく、「は」は使わない・・・・・などと
説明するのですが、なぜそうなのか聞かれて答えに窮することが
しばしばです。
結果として、彼らの日本語を矯正できないままです。

日本語の文法書というのは、あまり一般の本屋では見かけませんし、
図書館でも見たことがありません。
外国人がよく間違える日本語というような類の本で簡単な説明が
ありましたが、納得のいく説明はありませんでした。

「は」は強調する時に使う
「が」は強調するときに使う
「は」は話題を提示する
「が」の後には直接、述語がつづく
「は」は述語との間に、長い説明文を挟むことも可
「は」は後に続く言葉に含みを持たせる。

その本の説明と私の感じている「は」と「が」の違いは
を合わせると、上のような点が言えるのではないかとおもうのですが、
自分でも矛盾するように思われる点もあり、納得していません。

どのように説明すればうまく理解してもらえるのでしょうか?
また、このような点に付いての参考資料がありますか?

ご存知の方がいらしたら是非お教えください。

私自身が使用するときには、間違えなく使い分けていると
思いますが、外国の友人の使用方法をおかしいと感じ、
そこでは、「が」が正しく、「は」は使わない・・・・・などと
説明するのですが、なぜそうなのか聞かれて答えに窮することが
しばしばです。
結果として、彼らの日本語を矯正できないままです。

日本語の文法書というのは、あまり一般の本屋では見かけませんし、
図書館でも見たことがありません。
外国人がよく間違える日本語というような類の本で簡単な説明が
ありましたが、納得のいく...続きを読む

Aベストアンサー

参考書探しには、以下のサイトが参考になると思います。
日本語学習者のための辞典、教材を専門に扱うサイトです。
また、日本語を教える側(日本語教師用)の参考書も扱っています。

http://www.alc.co.jp/bos/chumon/bon_search.html

「は」と「が」については、教える方にも学ぶ方にも、参考書が存在します。(ただ、一般の書店にはほとんど置かれていません)
たとえば、以下のような本があります。このほかにも「文法」のところにいくつか専門のものがあります。また、日本語を母語としない方用の、日本語文法を教える(学ぶ)本が各種あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新日本語文法選書
第 1 巻 「は」と「が」
野田尚史著 仁田義雄,益岡隆志,田窪行則編
A5 332頁   3,000円
1996年発行 くろしお出版
「は」と「が」の本質に対する把握・説明と,多様な現れをする「は」と「が」の現象を,きめ細かく分析・記述する。明快で分かりやすく,現象を網羅的に説明。初学者から最先端の研究者まで幅広い読者に向けた一冊。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外国人のための日本語 例文・問題シリーズ
7 .助詞
Particles
北川千里,鎌田修,井口厚夫著 名柄・監修
菊 180頁   1,800円
1988年発行 荒竹出版
助詞の基本的な意味をもとに,そこから派生するさまざまな用法を例文で表す。紛らわしい使い方については別項を設け,使い方の基本を示した。学生の助詞についての復習・まとめ・自己診断に寄与できるように構成。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もし、東京近郊にお住まいでしたら、凡人社の店舗に出向かれると、いろいろ参考になると思います。
http://www.bonjinsha.com/index-j.html

参考URL:http://www.alc.co.jp/bos/chumon/bon_search.html

参考書探しには、以下のサイトが参考になると思います。
日本語学習者のための辞典、教材を専門に扱うサイトです。
また、日本語を教える側(日本語教師用)の参考書も扱っています。

http://www.alc.co.jp/bos/chumon/bon_search.html

「は」と「が」については、教える方にも学ぶ方にも、参考書が存在します。(ただ、一般の書店にはほとんど置かれていません)
たとえば、以下のような本があります。このほかにも「文法」のところにいくつか専門のものがあります。また、日本語を母語としない方用...続きを読む

Q読売の連載「美女いくさ」のカワウソは

今日読売新聞に連載の小説「美女いくさ」第246回分を読みました。
あれ?カワウソは、いつの間にか死んでしまっていたのですか。
そのあたりの話を読み飛ばしていたみたいです。
読んでいた方、カワウソがどうしたのか
教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

こんにちは
小督の伯父さん?茶々の側の(すみません名前わかりません)側近が、
徳川との調停をしようと手紙を書いている時に出された飲み物を飲んで毒殺されました。
苦しんでいる場にいたタマムシ(女)が、その場に待機していて侵入してきた討手の集団に毒殺のぬれぎぬを着せられて征伐されそうなところにカワウソが割って入ってきて、我が身を挺してタマムシを逃がしてくれたといって、
小督に会いにきました。
捨て子だった彼女を養女としてそだててくれたカワウソの供養をして暮らすといっておりました。
説明不足ですみません。

Q「より」と「から」の使い分けについて

8時より17時まで
8時から17時まで
東京より大阪まで
東京から大阪まで
のように、
「より」と「から」の使い分けに決まりかあったように聞いたことがあるんですが、知っている方があれば、教えてください。

Aベストアンサー

hito1102 さん、こんばんは~☆

参考URLからの引用です。

『から』

動作・作用に関し、動きの発する空間的、時間的又は、
抽象的な位置を示します。

公用文においては、「から」は「東京から京都まで」、「午後1時から始める」
など『時及び場所の起点を示す』場合に用いる。  


『より』 

こちらにも動作・作用の時間的、空間的起点を表す意味があるので、「から」と混用されやすい。

公用文においては、「より」は「富士山より高い」、「思ったより難しい」
など『比較を示す』場合だけに用いることとしている。

これにより、2つの「意味」を明確に区分しています。

#「8時から17時まで」「 東京から大阪まで 」が正解みたいですねぇ。

参考URL
【ちょっと気になる用字用語 】
「から」と「より」の使い分け

http://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-bnsho/words/yougo.html

ではでは☆~☆~☆

Qカワウソとウサギの相性は良いですか?

カワウソとウサギの相性は良いですか?

Aベストアンサー

カワウソは小魚等動物性の餌。
ウサギは、草などの食性。
しかもカワウソは水中を好み、ウサギは草原を婚みます。
つまり、決して喧嘩をする様な環境ではなく、仲良くしてくれるはずです。

Q「ようけ」「ようさん」の語源

「ようさん」は「ぎょうさん」から転じたものだとわかるのですが、
「ようけ」は「ようさん」から転じたのでしょうか?
別の語源があるのでしょうか?

詳しい人、お願いします!(><

Aベストアンサー

私見ですが,「ようけ」は「余計」がなまったものではないかと思います.
自信は全然ありませんが…
「仰山」が「ようけ」に引っぱられて「ようさん」に変化したと言う説もあります.

Q渓流で見かけたカワウソのような動物は何?

先日釣りをしていたら、全身が黒いカワウソのような、イタチのような動物を2回(恐らく同じ個体)見かけました。
場所は、長野県の千曲川支流の渓流で、標高1000mくらいあると思います。
一番近い民家(集落)までは1km以上は離れていて、以前タヌキを見かけたこともあるところです。

ウィキペディアで調べるとニホンカワウソは既に絶滅しているらしいので、別な動物だと思いますが
カワウソもイタチも私は本物を見たことがないので良くわかりません。

見かけた動物の体長は40cm前後, 尻尾は体長より少し短かったと思います。
1回目は川岸の草から下りて川に入り、私を見つけてまた草むらの中へ消えていきました。
2回目は少し別な場所で川岸を数十m走った後に川に入り、その後見えなくなってしまいました。

googleの画像検索で表示されるカワウソ・イタチの写真と比較すると、見かけた動物は首の下を含めて全身が黒(カワウソ・イタチの写真は首の下付近が白っぽくなっているものが多い)、尻尾は先端がとがった感じのカワウソのものよりもイタチのふわっとした感じに近かったと思います。

どなたか思い当たる動物名(できれば写真も)を教えていただけませんか?

先日釣りをしていたら、全身が黒いカワウソのような、イタチのような動物を2回(恐らく同じ個体)見かけました。
場所は、長野県の千曲川支流の渓流で、標高1000mくらいあると思います。
一番近い民家(集落)までは1km以上は離れていて、以前タヌキを見かけたこともあるところです。

ウィキペディアで調べるとニホンカワウソは既に絶滅しているらしいので、別な動物だと思いますが
カワウソもイタチも私は本物を見たことがないので良くわかりません。

見かけた動物の体長は40cm前後, 尻尾は体長より少し短かったと...続きを読む

Aベストアンサー

標高が高いところにいるかどうかは知らないのですが…
日本のあちこちの川で目撃されるのがヌートリア。
南アメリカ原産の外来種です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

また、千曲川流域にはアメリカミンクもいるそうです。
しっぽの形状はヌートリアよりこちらのほうが似ているかも。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%AF
http://www.env.go.jp/nature/intro/4control/kakunin.html#chubu

どちらも違うかもしれませんが、参考になれば幸いです。

標高が高いところにいるかどうかは知らないのですが…
日本のあちこちの川で目撃されるのがヌートリア。
南アメリカ原産の外来種です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

また、千曲川流域にはアメリカミンクもいるそうです。
しっぽの形状はヌートリアよりこちらのほうが似ているかも。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%8...続きを読む

Q「ようけ」の語源は「余計」でしょうか?

まず、この質問はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=218232を踏まえたものです。すぐに締切りになってしまったため、あらためて自分の質問として呈上させてもらいます(質問者のnuoh氏、回答者のminatouri、trunkman両氏には失礼になりますが、他意はありません。かねてよりの私の疑問でもあるので、どうかご容赦ください)

「ようけ」という言葉の語源はなんでしょうか。「余計」かとも思うのですが、考えていくとあまり納得できないのです。
というのは、
(1)「余計」は江戸時代から使われだした割と新しい言葉です。一方の「ようけ」は方言ですから始まりははっきりしませんが、ようけ、ようけい、ようき、などという地方の広がりから見て、それよりは古いように思えます。
(2)「ようけ」は純粋に、沢山、という多さを表すだけですが、「余計」は多すぎて不要だ、という否定的なニュアンスがありますから、意味合いがかなり違います。

なら何なのか? と言われると私もわからないので、それをお尋ねしたいと思うのです。
私なりには、古語の「や」に関係あるのでは、という気がします(あくまで勘、ですが)。
「や」は「弥(やい)」の略で、「沢山」という意味を表しますよね。
(八雲、八入、八尺、八十島、八重垣、八百万…)
あて推量ですが、「沢山」「長期間」を意味する「やっと」と似た語源で、「八百気(やほけ)」とかいうような言葉がもとではないだろうか…などと考えているのですが(自信全くなし)。
是非ご専門の方に教えて頂きたいと思います。

まず、この質問はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=218232を踏まえたものです。すぐに締切りになってしまったため、あらためて自分の質問として呈上させてもらいます(質問者のnuoh氏、回答者のminatouri、trunkman両氏には失礼になりますが、他意はありません。かねてよりの私の疑問でもあるので、どうかご容赦ください)

「ようけ」という言葉の語源はなんでしょうか。「余計」かとも思うのですが、考えていくとあまり納得できないのです。
というのは、
(1)「余計」は江戸時代から使われだした...続きを読む

Aベストアンサー

『日本国語大辞典 第二版』で「ようけ」を引くと、「→ようけい」とあり、その「ようけい」を引くと、「余計(よけい)の変化した語」と書かれています。意味は「たくさんなさま」。

「よけい(余計)」を引くと、「『余慶』から転じた語。『計』は後に当てたもの」とあり、第1の意味は「物の余ること。一定数量より多くあること」となっています。用例は1563年『玉塵抄』「典座がかいをにてくわせたぞ、かいのよけいあるを僧衆まらせたぞ」というのが挙げられています。否定的なニュアンスの「必要の度を越えて無益であること。不必要であること」の意味は3番目。用例は1869年の加藤弘之の文章から「いはば余計なことでござる」というものが最古。この辞書ではわかっている限りで文献初出の用例を挙げていますから、否定的な意味を持つようになったのは比較的新しい変化だと言えそうです。

純粋にこれだけの材料から推測するに、「ようけ」は、「余慶」から「余計」の意味が生じたあと、ただし「余分で不必要」の意味が生じる前、に方言として広まったものなのではないでしょうか。つまり江戸時代初期以降くらいの時期になります。

江戸時代初期に成立した言葉が西日本一帯に広まるかどうかについては、言葉そのものの類例は今思いつきませんが、例えば、近世小歌調と呼ばれる歌謡の形式(七七七五型。都都逸の形ですね)がその名のとおり近世になって発生し、18世紀中頃の全国民謡集『山家鳥虫歌』ではすでにほとんどの収録歌がその形式になっている、ということが参考になるかもしれません。現在の有名な民謡の多くもこの形式にのっとった形になっています。歌(の形式)がそれくらいのスピードで広まるなら、歌に乗せられる言葉だって同じ速さで広まるでしょう。

関西弁で「ようけ」という場合、単に「多い」というよりも、「予想以上に(あるいは通常よりも)たくさん」というニュアンスが入っているように思えます(私の個人的感覚かもしれませんが)。この点からも、「ようけ」が「余慶、余計」の末裔であるという説に、私は与したいと思います。

『日本国語大辞典 第二版』で「ようけ」を引くと、「→ようけい」とあり、その「ようけい」を引くと、「余計(よけい)の変化した語」と書かれています。意味は「たくさんなさま」。

「よけい(余計)」を引くと、「『余慶』から転じた語。『計』は後に当てたもの」とあり、第1の意味は「物の余ること。一定数量より多くあること」となっています。用例は1563年『玉塵抄』「典座がかいをにてくわせたぞ、かいのよけいあるを僧衆まらせたぞ」というのが挙げられています。否定的なニュアンスの「必要の度を越え...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング