『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最終話についていくつかお聞きしたいことがあります。
私は本編を見ただけで関連書籍等に解説されている設定などはわかりませんので、勘違い等がありましたらご指摘お願いします。

1. クゼは少佐が少年時代に生き別れた少女だと気づいていたのですか?そうだとしたらどのタイミングでしょうか。私は少佐がクゼに鶴が折れるか尋ねたくだりで、クゼがはっとするシーンがあったためその時に気づいたのでは?と考えています。

2. 少佐が「タチコマの働きで核攻撃が阻止されたこと」をクゼに伝えた後、バトーがやってきて一旦カットが変わり、再び場面が戻った時にはクゼは抜け殻のようになっていました。難民解放という目的を失ってそうなったと考えたのですが、どうもしっくりきません。少佐に事態を知らされた直後は別段変わった様子はありませんでしたが、次のカットでは唐突に顔つきが変わっています。事態を理解する過程の描写がなかっただけかもしれませんが、なにか他に解釈はありませんか?

3. クゼが暗殺される場面ですが、ここは謎だらけです。
 まず米帝に暗殺された理由がよくわかりません。クゼの電脳には難民達がネットしていたので事情はみな知っているはずですし、合田や官房長官と米帝とのつながりについては詳しくは知らなかったと思うので、証拠隠滅ではない気がします。かといって暗殺者が言っていたように「クゼが優れた指導者だから」というのも、そんな漠然とした理由でわざわざ殺すかなあと思ってしまいます。
 ワタナベの存在に気づいた課長が「いつから関与していたんだ」と驚いた理由もわかりません。米帝なんだからCIAの人間がいても別段不思議ではないと思うのですが。その後「クゼを消させるな」と慌てていますが、ワタナベがいる→クゼが消されると考えたのはなぜなのでしょうか?
 さらに言えばサトウがクゼを殺したのも不思議です。クゼが精魂尽き果てていたから抵抗もなかったのでしょうが、本来なら相当手強いはずです。サトウは武闘派には見えませんし(1stでもそんな感じだった気が)、複数部下をつれていたとしても、マイクロマシン注射ができるほどクゼを制圧できたとは思えません。つまりサトウは暗殺に適任とは思えないということです。
 最後に、クゼは死ぬ間際に「先にいくぞ」と言っていましたが、あれは少佐に対して「上部構造に先に行く」ということを意味していたように思えます。もしそうならクゼのゴーストと記憶がネットに移っているはずですが、

長々と細かいことをお聞きして恐縮ですが、一部でも良いのでご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2番目に関しては、クゼに強力な電脳錠が付いていました。



3番目の殺した理由に関しては、茅葺総理は途中までは親中派で、官房長官が親米派でしたと思います。
茅葺を潰し、官房長官率いる親米派の内閣を作るのが米帝の目的のはず。
されに突っ込めば、放射能除去マイクロマシンの日本の奇跡が目的かと。
で、難民の蜂起から最後までは、CIA若しくは合田がつくったシナリオ。
クゼ自体は、このシナリオとかは全く知りませんが、少佐が新宿原発の核燃料(ウラン?プルトニウム?)を持ち込んだことが語られ知ります。
その他にも余計なことを知った恐れが有ります。
また、劇中でコントロール出来ないカリスマは必要ないともサトウの口から言われている。
例えですけど、クゼを指導者に内戦勃発。更に日本政府打倒され革命の可能性もあり得ますからね。
CIAとしては暗殺するのに越したことはないはずです。

課長の件ですが、CIAの姿を見るまでは合田(内調)の犯行だと思っていたから。
>ワタナベがいる→クゼが消されると考えたのはなぜなのでしょうか?
CIAが関わっているのであれば、この事件の証人であるクゼを暗殺されるのは、誰の目にも明らか。
現実の世界でも、暗殺など行なっていますし。
サトウが暗殺できたのは、2番めの電脳錠を着けられていたからじゃなかな?

最後に関しては難しいですね。
少佐と一緒にいるときに、ネットにゴーストと記憶を移せていれば、そのとおりかもしれません。
ゴースト(魂)に関して移せていない可能性は50:50。
SSSではタチコマのゴーストはネットに漂流していましたが、人間の魂はネットにあるのかな。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

長文ありがとうございます。

>課長の件ですが、CIAの姿を見るまでは合田(内調)の犯行だと思っていたから。
米帝が関わっているのはわかっていたが、CIA主導の陰謀だってことまではわからなかったということでしょうか。

コンピュータサイエンスはよくわかりませんが、少なくとも記憶をデジタル情報化するのは可能だと思うので、ネット上に生きるというアイデアもあながちただの空想と切り捨てられないように思えてきますね。

お礼日時:2012/12/24 13:13

再度回答致します。



米帝が関わっている点は、タチコマが見つけた原潜の出現まで知らなかったのでしょう。
1~最終話を除くと米帝・CIAが関わっている部分が多分皆無(もう一度見通してみないと確証できませんが)。
だからCIA主導の陰謀とは、ワタナベを見るまで9課知らなかったのではと考えます。

最後のクゼのゴーストに関して私が考えるのは、クゼに繋がった少佐も含め何万という人に少しずつ同化したと考えます。

例えば、GISではネットで発生した知的生命体(人形遣い)と少佐は同化しました。
人形遣いはゴーストはあると自分では言っていますし、他人にゴーストを移すのは可能。
GISの最後で少佐自身が、草薙素子ではないと言っていたはずですから、新たなゴーストが誕生?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ゴーストの議論になるとそもそもゴーストがなにを意味していて、どのような機能を果たすのか(プログラムを超えた働き?)がよくわからないことに気づきました。プロトのようなバイオロイドと人間の何が違うのかと考えた時にでてきそうな概念ですが、作中唯一スピリチュアルなものだと思います。

お礼日時:2012/12/25 15:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q攻殻機動隊 「憂国への帰還」の中で

攻殻機動隊 2nd GIG最終回「憂国への帰還」の中で、
米帝の原潜が、「もし、機体のマークが81なら...」というセリフがありますが、「81」というのは、何を意味しているのでしょうか? 米ロ連合? 中国?

そして、これは攻殻内での略称なのか、現在のリアルな世界でも使われている符丁でしょうか?

Aベストアンサー

初回放送時に話題になり、
中国らしいというので「国籍マーク 中国」で調べたら現実世界でそうでした。
「八一」なのです。
人民解放軍建軍の日、八月一日にちなんだものだそうです。

Q『攻殻機動隊2ndGIG』の最終話で

以下の2シーンの解釈が、今ひとつ確信が持てません。ご意見・ご見解をお聞かせください。
宜しくお願いします。

(1)少佐・バトー・クゼが、陸自のへりで救出され帰還する場面で、クゼが青リンゴを
ひと口噛んだ跡を見て、少佐が呟くように「お前・・・」と言いますが、
これは、「お前、口が動くのか?」という意味合いなのでしょうか。

(2)ゴーダが、米帝の核ミサイルが打ち落とされたのを聞き、「彼は英雄になり損ねたな」
と言いますが、この「彼」とは「クゼ」を指しているのでしょうか。

Aベストアンサー

(2)の質問の答えはクゼであっていると思います。
ゴーダは英雄をプロデュースすることに徹底し、その英雄に選んだのがクゼだった、ということかと。

(1)に関しては難しいところで、色々な取り方ができると思いますが・・・でもこの2ndGIGでは、第二話「飽食の僕」や、第八話「素食の晩餐」などで、『食』の話をよくしていたと思います。
第二話目で言うように、サイボーグにとって食べることは必要でない、それでも食事をするのは人間である証拠、ということかと。
なのでクゼは最後にリンゴを一口食べた事で、自分も人間なのだということを実感したかった、或いは初恋の相手である少佐と再会し、人間だった頃を思い出し、久々に何かを食べるという行動を取りたくなった、ということではないかと思いました。

と、以上極めて個人的見解でした(^^;)。
これも、どこまで合っているかどうか・・・リンゴというのもまた意味深ですしね。

私も2ndGIGは難しすぎて、未だ謎が多いです・・・今度一気に観よう・・・。

Q攻殻機動隊、少佐とバトーの関係

攻殻機動隊の25話で九課の解散後、バトーが再び少佐と出会い飛行機の前で少佐が狙撃される時に「もとこ」と名前で呼んでいますよね?普段少佐と呼んでいるのになぜこの時は名前呼びだったのでしょうか?
前夜ビルの一室で下着どうしで居ましたが、その夜二人で燃えていたのでしょうか?
変な質問かもしれませんがご回答お待ちしております。又、ご回答者の考えであるか、このアニメの製作者のコメントであったりで真実性のあるものか教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

>少佐とバトーの関係
あまりにも当たり前のような気がしてましたけど…。
「イノセンス」においてはあきらかにバトーの少佐への想いが強調されています。テレビシリーズのスタッフもそれに準じて、二人を「恋愛に近い関係」と捉えているように思われます。
2nd GIGについては、神山健治監督みずから、「三角関係を意識した」「素子にとってバトーは甘えられる存在」と発言しているので、そういう関係であることは決定的かと。

>「もとこ~!」
あれはもともと「Ghost in the Shell」のクライマックスで叫ばれたセリフですから、別に不自然ではないと思います。

精神的な絆とは別に、肉体的な関係があるかどうかは、人それぞれの解釈でいいんじゃないでしょうか。

Q攻殻機動隊SACにおける荒巻課長の兄について

攻殻機動隊SACには荒巻課長の双子の兄、荒巻洋輔が数回登場します。

本人曰く本人曰く「若い頃に人への興味から野に下った人間」であり、物語上では以下の行動が描かれています。

第1期、第22話「疑惑」では、麻薬を住んでいたテントに仕込まれて逮捕されるところを録画したビデオ映像で登場。警察病院に収容されたらしいが課長は面会できなかった。

第2期、第23話「橋が落ちる日」では、出島の中国風茶屋でクゼ・ヒデオと語らう。その後、第26話「憂国への帰還」で難民をゴムボートに乗せる手助けをしている姿がある。

-------------------
そこで質問なのですが

<質問1>上記以外に公式な設定にある荒巻洋輔の行動があれば教えて下さい。(特に第1期では病院に収容された後の描写は有りましたでしょうか。)

<質問2>上記のみの描写から感じる所では、荒巻課長との過去や交流が描かれるわけでもなく、中途半端な存在にしか見えないです。
荒巻課長の兄という十分な存在感のある位置にいるのに物語への関わりが薄いのが気になります。
「シナリオ」としてはもっと活躍させたほうが気持ちいいと思うけど、この視聴者を突き放した感じがリアリティってことなのでしょうか。人は都合よく活躍できるわけじゃない、、、と。
皆さんはどう思われますか。

<質問3>「橋が落ちる日」でのクゼとの会話は聞きどころ有りましたし、「今は理想より現実を優先するべきだ。お前ならまだこの事態を止められる。」とクゼに語ったのは印象に残りましたが、この会話はその後の物語の進行に影響を与えたのでしょうか。
言ってることが難しくてきちんと理解できているかわからないのですが、特に影響を与えたわけでなく、クゼの人物を補完するために登場しただけにも見えるのですが。理解不足のところがありましたら訂正お願いいたします。

以上、攻殻機動隊SACが大好きですので質問させて頂きました。何卒よろしくお願い致します。

攻殻機動隊SACには荒巻課長の双子の兄、荒巻洋輔が数回登場します。

本人曰く本人曰く「若い頃に人への興味から野に下った人間」であり、物語上では以下の行動が描かれています。

第1期、第22話「疑惑」では、麻薬を住んでいたテントに仕込まれて逮捕されるところを録画したビデオ映像で登場。警察病院に収容されたらしいが課長は面会できなかった。

第2期、第23話「橋が落ちる日」では、出島の中国風茶屋でクゼ・ヒデオと語らう。その後、第26話「憂国への帰還」で難民をゴムボートに乗せる手助けをしている姿...続きを読む

Aベストアンサー

 荒巻洋輔、おもしろいポジションですよね~

 他に設定というのは見つかりませんでした。

 でも物語の背景というか、語られないからこそ、「なんか物凄い人生を送ってきたんだろうな」と想像させるものがあります。
 私は逆にリアリティを感じました。

 「人への興味から野に下った」のが彼で、そうでないのが課長だと、対比として捉えると、物事に銃と実力をもって関与する課長と、徒手空拳、言葉と人の関わりで関与する彼とのコントラストを感じます。
 クゼとの会話も、その「人との関わり」と考えると、自分を鼓舞し人間について話し合える相手がいた、というのはかなり重要なことなのではないでしょうか。

 やっぱり人と人とが関わりあうというのは特別なことなのですよ。
 物語に深みを持たせる存在として、重要だと思います。

 

Qイノセンスの謎(ネタバレあり)

大部前にイノセンスを見てわからなかったのでふと質問してみようと思いつきました。

最後の方で、記憶が人(刑事)と入れ替わったり、何回も同じような映像が流れますよね?屋敷の中で死んだふりをしているところです。あのあたりからまったくわからなくなりました。なんで想起シーンに入り、同じようなシーンが流れるのでしょう?

あの辺の解説、犯人、動機などを教えてください。犯人は少女ですよね?確か、自分の存在を気づかせようとして。でも、わからない。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

解説しているサイトがあります。かなり詳しいです。

●イノセンスQ&A
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/innocence/faq.html

●イノセンス解説
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/innocence/index.html

●イノセンス用語集
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/innocence/gitswords.html

●イノセンス学術的作品批評
http://www.ne.jp/asahi/shusei/home/hansakkashugi6.htm

Q攻殻機動隊. 2nd GIG 14話「左眼に気をつけろ」についてです

最近攻殻機動隊を見たのですが「左眼に気をつけろ」の回のやり取りがよく分からなかったので質問させてください。

・なぜ少佐に撃ったサイトウの弾は掠めるだけだったのでしょうか
・少佐はソフトのダウンロード中のようでしたがサイトウがそこに気づいた時もまだダウンロードしていたのでしょうか
・もしダウンロードが終わっているのならなぜサイトウの弾を撃ち落さなかったのでしょうか ライフル弾を食らったらまずいですよね
・それともダウンロードが終わっていてサイトウの弾が自分に当たらないと確信したので撃ち落さずそのままサイトウに撃ち込んだのでしょうか
・もしくはダウンロードが終わってないのに発砲したのでしょうか
 もしそうだとしたら何のためにでしょうか

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1、おそらく混乱状況に陥り、精度が落ちたのだと思います。
2、実際はダウンロードしていない可能性がありましたね。
3、2に準じます。
4、同じです。
5、いわゆる「偽装」を行っていたのではないかと。
サイトウが超優秀な「スナイパー」である、という事実はわかっていたわけです。
スナイパーは個人判断を主にするわけですから、事実以外の情報は信じません。
なので「いかにも」という銃装で現れ、態度で示すことで「ブラフ」をかけたのだと思います。
命知らずのサイボーグと言う印象を与え、衛星からのファイルのダウンロードを行い…という一連の動作を推測させたのではないでしょうか?。


人気Q&Aランキング