人血清アルブミンと加熱人血漿たん白の違いについて教えてください。

私は製薬会社に勤務しているのですが,全く種類の違う薬を扱っているものでアルブミンなど知識は全く無いのです。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「人血清アルブミン、加熱人血漿たん白」
さらに
http://www.bpro.or.jp/publications/letters/01_49 …
(アルブミン製剤)

ご参考まで。

参考URL:http://yakuyaku.ouchi.to/drug/15/15_02_01.htm#hu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.参考になりました.自分の扱ってる薬品がかなり限定されているので、他の薬品のことまでなかなか勉強できなくて・・・また教えてください。

お礼日時:2001/05/20 17:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脈圧の正常値について

脈圧の正常値について質問いたします。

 ”脈圧は成人の正常値で50、高齢者で30~40”
 と聞いたことがあるのですが、
 上記を裏付ける文献がありましたら教えてください。

お忙しいところ申しわけありませんが、どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

脈圧 正常値  で検索すると・・・こんな感じですかね

http://www.ihealth.co.jp/main/illness/himan/02.html
http://www.okigusuri.co.jp/service/disease.html

Qクームス血清について

RAの検査でクームス血清を使用したら陽性となりました。
その理由はどうしてなのか教えてください。

Aベストアンサー

回答がつきませんね。おそらく、専門家の方もこれだけの情報では回答できないのではないかと思います。RAの検査がどういう手法なのか、どういう状況でクームス血清を使用したのか、など補足説明が必要と思います。

私は専門家ではありませんが、これだけの情報から想像してみます。

RAの検査というのは、ラテックス凝集法でしょうか? RAに対する抗体は何が使われているのでしょうか?

クームス血清というのは、抗ヒトγグロブリン血清のことですよね?

もし、RAの検査が、ラテックス凝集法で、ラテックスの表面に、ヒトγグロブリンの抗体がコーティングされていたとしたら、クームス血清で凝集する、つまり、陽性となるのは当然のことだと思います。もし、その抗体が使われていなかったとしても、交差反応、あるいは、非特異反応で、陽性に出る可能性は十分あると思います。

的外れな回答かも知れませんが、もし学校の課題などだったら、検査の原理などから、じっくり考えてみられることをお勧めします。

Q血圧の正常値は?

私は70歳の男性です。
昔、正常値は年齢+90だと教わりました。
渡しの場合は160が正常値だと判断して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

高齢者の最高血圧について

『年齢プラス90』は甚だしい誤りです。
血圧値は血管の弾力性を示す目安です。
昔は脳卒中症(脳の動脈血栓、破裂)で倒れる人が多く、的確な治療法も未発達でした。今日では治療法も進み、血圧に関する医学は格段に進歩し、予防上の注意事項も常識となってきています。

年齢にかかわらず最高値130以上・最低値90以上なら高血圧とされます。
私(73歳)は、150以上だと要警戒、170以上なら危険注意、時には要安静。常に150を超えるようだと要診療と考えています。
血管は年齢と共に硬化し、高くなる傾向にありますが、何らかの病気を反映していることも少なくありません。単なる疲労や運動直後、環境変化なども血圧上昇要因ですが、糖尿病や腎不全その他深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。

血圧計を常備して、毎朝起床後の安静時に、また、排便の前後や気分が悪くなった時など適時に測定し、ご自身の生活状態、季節ごとの体調変化など、節目節目の血圧変化も把握しておきましょう。

測定時は安静にして、深呼吸して計ると安定な血圧値が得られます。また、1回だけの測定では高く出すぎる傾向があります。同じ状態で2回測定すると良いと思います。

高齢者の最高血圧について

『年齢プラス90』は甚だしい誤りです。
血圧値は血管の弾力性を示す目安です。
昔は脳卒中症(脳の動脈血栓、破裂)で倒れる人が多く、的確な治療法も未発達でした。今日では治療法も進み、血圧に関する医学は格段に進歩し、予防上の注意事項も常識となってきています。

年齢にかかわらず最高値130以上・最低値90以上なら高血圧とされます。
私(73歳)は、150以上だと要警戒、170以上なら危険注意、時には要安静。常に150を超えるようだと要診療と考えています。
...続きを読む

Q血球成分、血清成分の違い

こふたつの違いはなんでしょうか??
わからなくて困っています。
だれかわかりやすく教えていただけませんかよろしくお願いします

Aベストアンサー

>筋逸脱酵素ってなんですか??
筋肉が壊死した時に血中に“逸脱する”、つまり放出される酵素です。この血中濃度を測ればどれぐらい筋肉が壊死しているか概算できます。


詳しいことは専門家ではないので勘弁を

Q肝機能の正常値について

23歳男性です。ここ数週間前血液検査をしたところ、肝機能の数値が56でした。これって正常値より高いですか? もし高かったら正常値に戻すにはどうすればよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

あのー肝機能検査と言ってもいろいろあったりします。
検査項目は?

GOT か GPT という名の検査項目なら正常値(参考値)は
GOTが 10-30
GPTが  0-35
となります。40以下という場合もあり。

データ的なこと、考えられること、日常生活行動での注意などは
http://www.med.or.jp/forest/check/k_menu.html
(もっと詳しく  までクリック)
又は
http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa02a.html
あたりが参考になるかと思います。

参考URL:http://www.med.or.jp/forest/check/k_menu.html

Q製薬会社

私は今大学の一回生です。学科は化学系でJABEE認定されています。私は製薬会社に勤めたいと思っているのですがどんな資格があれば有利なのでしょうか?

Aベストアンサー

特に資格は必要ないでしょう.英語は堪能な方がいいでしょう.これは何処でも共通ですね.
成績,やる気,人柄でしょう.コネも必要な会社もあります.

Q麻酔時のバイタルサインの正常値

私は来週、某急性期病院の手術室実習に行きます。
事前学習として、観察するポイントを学んでおきたいのですが
『麻酔時のバイタルサインの正常値・気管内挿入時の酸素濃度の正常値』がどうしても分かりません。
図書の文献やネットに情報がないので、先輩方から伺いたいと思い質問をさせていただきました。
ご回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして。学ぼうとする姿勢はすばらしいですね。

『麻酔時のバイタルサインの正常値・気管内挿入時の酸素濃度の正常値』についてですが、そのようなものはないですよ。麻酔をしている、という時点で異常な状態なのですから正常値などというものはありません。麻酔の深度が深くなれば当然呼吸は止まるし意識は落ちるし、浅くなれば意識レベルは上がってくるし呼吸回数や血圧も上昇します。気管内挿管時の酸素濃度にしても、自発呼吸がなければどんどん下がるし、100%O2を吸入して人工呼吸で換気をしていれば普通は100%になりますよね。つまり、その状況状況に応じて妥当であるべき値は変わる、ということです。逆に、そのようなデータを参考に麻酔深度の調節をしたりするわけです。

臨床の場で大事なことは数字が刻々と変わる病状の中でその値が妥当であるのかどうかを判断することです。もちろん、そのためにある程度の数字が覚えなくてはならないのですが。

がんばってくださいね。

Q製薬協と日薬連の違い

日本製薬工業協会(製薬協)と日本製薬団体連合会(日薬連)の違いは何でしょうか?
両者のホームページを見ても組織図も目的も似たようなことが書いてあって何が違うかわかりません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは、
製薬協は日薬連を構成する組織のひとつ
主に新薬を研究開発する製薬メーカーです。
他にも、バルク(原薬)屋さんの団体や漢方メーカー・一般薬メーカーの団体などが所属しています

参考URL:http://www.fpmaj.gr.jp/sosikizu/images/new_sosikizu_001.gif

QLONG_MINを使って、正常値かどうか確かめたい。

こんにちは。30代の男性です。
C言語で、コマンドラインオプションから入力された2つの数字がlong型の範囲外であれば「正常値ではない。」と表示され、適正値なら加算が行われるプログラムを作っています。LONG_MINやLONG_MAXは正常値の範囲外の値かと思っていましたが、それぞれlong型の最小値と最大値なのですね。

-2147483648を入力しても正常に計算が行われ、-2147483649が入力されるとエラーが出されるようにするにはどのようにしたらよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

★自作関数でチェックする場合を紹介します。
・最初に ASCII コードの環境のみです。→この環境に限定。

サンプル:
int MyCheckAndStrtol( long *ret, const char *string )
{
 unsigned long z;
 unsigned long n;
 int sign = +1; ←符号がない場合は『+』
 
 while ( isspace(*string) ){ ←空白文字はカット
  string++;
 }
 if ( *string == '+' ){
  sign *= +1; string++;
 }
 else if ( *string == '-' ){
  sign *= -1; string++;
 }
 else{
  return( -1 ); ←符号以外の文字エラー
 }
 for ( n = 0L ; isdigit(*string) ; string++ ){
  z = n;
  n *= 10L;
  n += (*string - '0'); ←文字を数値に変換
  
  if ( (n / 10L) != z ){ ←オーバーフロー時のチェック
   return( 0 );
  }
 }
 if ( *string != '\0' ){ ←この処理はなくても良いかも。チェックの仕様により自由です。
  return( -1 ); ←文字列の最後が \0 以外ならばエラーとする。カットしてもOK。
 }
 *ret = (long)(sign * n);
 return( +1 ); ←範囲内。
}
最後に:
・サンプル『MyCheckAndStrtol』関数の引数は、
 第1引数は文字列を整数に変換した値をセットします。→long型へのポインタ
 第2引数はチェックする文字列です。→コマンドラインの引数などを渡す
・戻り値は、
 0以上は long 型の範囲内。→正常値。
 0ならば long 型の範囲外。→異常値。
 0以下は、整数文字列としては記述がおかしいエラー。→『abc』などの文字
・以上。おわり。→細かくチェックするには文字列を解析するしかないかもね。

参考URL:http://libc.blog47.fc2.com/blog-entry-76.html

★自作関数でチェックする場合を紹介します。
・最初に ASCII コードの環境のみです。→この環境に限定。

サンプル:
int MyCheckAndStrtol( long *ret, const char *string )
{
 unsigned long z;
 unsigned long n;
 int sign = +1; ←符号がない場合は『+』
 
 while ( isspace(*string) ){ ←空白文字はカット
  string++;
 }
 if ( *string == '+' ){
  sign *= +1; string++;
 }
 else if ( *string == '-' ){
  sign *= -1; string++;
 }
 else{
  return( -1 ); ←...続きを読む

Q物質の加熱について

物質(例えば金属塊)を加熱していくと物質得た熱量について教えてください。
物質を加熱すると物質の温度が上がっていきます。この時、物質の得た熱量は
  熱量=質量*比熱*上昇温度
で求められます。
ところで、加熱しているがある一定の温度(例えば200℃)で温度変化しない場合の物質が得た熱量はどのようにして求めるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
  加熱しているにも拘わらず、一定温度で変化しない場合は、加熱の熱量と、熱放射か熱伝導で、失われる熱量が均衡していると思えます。この場合は、加熱源が、1秒当たりどれぐらの有効熱量を加熱物体に与えているのか分からないと、答えがでません(これは与えた熱量ですが)。
 
  「得た熱量」というのは、加熱を開始した時の温度と、加熱をやめた時の温度のあいだの温度差で計算されるのです。
 
  >熱量=質量*比熱*上昇温度
 
  この式の「上昇温度」というのがそうです。だから、熱損失の熱量は無視すると、最初に加熱を始めた時の物質の温度と、その熱均衡に達した、例えば200度Cのあいだの差が、温度上昇となり、これで、熱量が出てきます。
 
  温度変化しないというのが、物質の位相(状態)が変わるため、温度安定している時、このケースだと、液体に変わる等の場合(金属の場合、こんな低温で液体になるのは、はんだか、その当たりの合金だと思いますが)、液化の時の必要熱(融解熱)というものがありますから、これに質量をかければ、その分は物質に吸収されたことになります(融解直後までです)。
 
  しかし、熱安定に達した場合は、金属には、加熱しても、その分だけ、放射等で失われて行きますから、「得た熱量」は、上の上昇温度に比熱と質量をかけた式で、出てくる答えでよいとも言えます。
 

 
  加熱しているにも拘わらず、一定温度で変化しない場合は、加熱の熱量と、熱放射か熱伝導で、失われる熱量が均衡していると思えます。この場合は、加熱源が、1秒当たりどれぐらの有効熱量を加熱物体に与えているのか分からないと、答えがでません(これは与えた熱量ですが)。
 
  「得た熱量」というのは、加熱を開始した時の温度と、加熱をやめた時の温度のあいだの温度差で計算されるのです。
 
  >熱量=質量*比熱*上昇温度
 
  この式の「上昇温度」というのがそうです。だから、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報