某出版社の問題集に、こんな問題がありました。

Q.次の言葉に元も関係の深いものをア、イから選び、記号で答えなさい。
  光ディスク装置・・・ア.CD-ROM装置 イ.ICカード装置

この本の解説には、光ディスク装置は補助記憶装置の分類に書かれており、
「・・・データの読み書きを行う装置。CD-ROMなどはその一つである」
となっていました。ICカードも補助記憶装置に書かれています。でも
ここでは「ICカード」と書かれていて、「ICカード装置」とは書いていません。
一方で入出力装置の解説の部分にCD-ROM装置が書かれていて、
「光ディスク装置のひとつで、CDに記録されたデータを読み込む入力装置」
と書いてありました。
光ディスク装置は結局のところ補助記憶装置なのでしょうか、入出力装置なの
でしょうか。
普通の感覚だと光ディスク装置=CD-ROM装置ですが、補助記憶装置と
いう範囲で考えると光ディスク装置=ICカード装置になってしまいます。
最も関係の深いのはアなんだ、と国語的に納得しようとしても、
何かかすっきりしません。どなたか、すっきりさせていただけませんか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#3、#5のymmasayanです。

再質問にお答えします。

DVD-ROM/RAM(装置)、CD-R/RW(装置)が、入出力装置と定義されていたという件ですが、私はその通りで問題ないと思います。

理由は#3で書いたとおり、読み取り専用のDVD-ROMは入出力装置でいいでしょう。CD-Rも1回しか書けないのでRAMには分類できず、入出力装置と言っていいと思います。

残るCD-RW、DVD-RAMですが、RAMである点、及び取り外しができる点から、補助記憶装置の性格と入出力装置の両方の性格を持っています。
あとは、読み書きのスピードです。いずれもHDDに迫るほどのスピードは持ち合わせず、まだまだ補助記憶装置の仲間とは思えません。
今後、HDDに取って代わるぐらいのスピードを備えた、RAM型の光ディスク装置が出現したとき、補助記憶装置と認定されるのでしょうね。
実際のところ、バックアップや他人との情報交換媒体としてしか使っていないのが実状といえるでしょう。(つまり入出力装置と言うことです)
    • good
    • 0

"光ディスク装置=ICカード装置"ですかぁ、すごい三段論法ですね(笑)。


それはさて置き、整理しましょう。

A)読み書きが可能なもの=>補助記憶装置
  代表:ハードディスク
B)PCへ入力(読込)のみ可能なもの=>入力装置
  代表:キーボード
C)PCから出力(書出し)のみ可能なもの=>出力装置
  代表:プリンター
B)とC)を総称して、=>入出力装置

光ディスクでA)に該当するもの
CD-R、CD-RW、DVD-RAM、MO、MD
光ディスクでB)に該当するもの
CD-ROM、容量を使いきったCD-R(笑)
一方
ICカードは、A)ですね、

それと、
「・・・データの読み書きを行う装置。CD-ROMなどはその一つである」
装置の後に「。」がある事に注目!
前半は、補助記憶装置としての、光ディスクの説明で、
「。」から後は、光ディスクにどんなものが含まれるかの説明。

もし、「。」でなくて、「、」だったときの記述を書くとすると、
「補助記憶装置は、データの読み書きを行う装置である、これには光ディスクが含まれるが、光ディスクの内、CD-ROMは、読込専用なので補助記憶装置には含まれない」
って感じでしょうか?
この本の解説は、間違ってはいませんが、読み手の読解力を要求していますので、初心者への本としては、ちょっと問題がありますね。
では、お勉強がんばってください
    • good
    • 0

#3のymmasayanです。


補助記憶装置について若干補足します。
もともと補助記憶装置とは主記憶装置(主メモリー)の容量不足を補うために設置するというのが大きな目的の一つです。従って通常は主メモリーと同じくRAM(つまり読み書き可能)である必要が有ります。従ってCD-ROMは補助記憶装置には入れないと言うのが一般的だと思います。

この回答への補足

ymmasayanさんのお答えにものすごくすっきりしていた矢先、
同じ検定の検定基準に
<入出力装置>
DVD-ROM/RAM(装置)
CD-R/RW(装置)
・・・と書いてあるのを発見しました。私が最初に読んだ問題集の検定の
ひとつ上位級です。
これは一体・・・???

補足日時:2001/05/23 22:35
    • good
    • 0

専門的な感覚では違うのかもしれませんが、数年前に取得した初級システムアドミニストレータの試験では、


CD-ROM装置=光ディスク装置=補助記憶装置
になります。
また、入出力装置とは、キーボードなどの入力装置とモニターなどの出力装置、いわゆる人間とのインターフェース部分となっています。
分野によって言い回しが変わるのかもしれませんね。
    • good
    • 0

ご質問に対する答えとしては、「光ディスク装置は、補助記憶装置としても、入出力装置としても両方とも存在している」ということになるでしょう。



光ディスク装置というのには色々な意味が有ります。

初期の頃はLD(レーザーディスク)の様な30cm板でした。主に文書をそのまま写真の様に大量に記録するのに使われました。これは明らかに補助記憶装置でした。
これは追記型といって今のCD-Rと似たようなもので、生の媒体に書き込みができるが、同じ場所には2度書けないというものです。
次に、音楽用CDを流用してCD-ROM、CD-R、CD-RWと進んできました。これは通常は入出力装置として使っています。
DVDも今はDVD-RAM(DVD-RWに相当)迄きています。DVD-RAMは容量が大きいので、速度さえでれば、補助記憶装置になるかもしれませんが、期待薄でしょう。

光ディスク装置というのはこれら全部の総称として使うこともあります。

次に、補助記憶装置か、入出力装置かと言うことですがこれも多少厄介です。

読み取り専用か書き込み専用で有れば間違いなく入出力装置です。
読み書き両用の装置で有れば入出力装置と言っても補助記憶装置といってもいいものが有ります。(有りました・・・昔、磁気テープ装置しか無い時、両方に分類されてました)
これを分けるのは、読み書きスピードの速いものが、補助記憶装置です。
記録した媒体が取り外せるものが入出力装置です。
最近では、簡単に取り外しのできるハードディスクも有りますが、これは入出力装置ではなくやっぱり補助記憶装置というべきなのでしょうね。何分、容量がでかすぎますからね。
    • good
    • 0

>光ディスク装置は結局のところ補助記憶装置なのでしょうか、


>入出力装置なの でしょうか。
両方だと思いますよ。
CD-R、CD-RW、DVD-RAM、MO、MD
全て外部の補助記憶装置で、情報(信号)の入出力があるんでないかい?

>光ディスク装置=ICカード装置
それはおかしいね。
ICカードは従来のクレジットカード類に
ICを内蔵してデータ収納力やプロテクト能力をUPさせた物だから
光ディスクでは無いと思うけど。
そうそう、
「ICカード」と「名刺型(サイズ)のCD-R」を混同してはいけませんよ。

追伸
補助記憶装置、入出力装置 って表現は物凄く大きな表現ですよ。
とりあえずでも、一時的、永久でも、記憶(メモリー)させる装置は
全て記憶装置なのではないかな?
入出力をつかさどる装置 って考えたら・・・
キーボードも入力装置だね(出力はしないけど)FDDも入出力と記憶を兼ね備えているね。
    • good
    • 0

「光ディスク」装置としては、レーザーで記憶面を反射させたり、変形させて、データを読み書きさせるものの総称だと思いますので、「ア」が正解です。

ほかには、MOやPD、DVDがあります。
補助「記憶」装置としてでしたら、直接書き込みは出来ませんがCD-ROM自体も記録されたデータをあつかうものですので、該当します。
ICカードは記録方法に光は使いませんので、分類としましてはフロッピーやハードディスク(磁気)の様なものになると思います。

記録方法と、用途や目的でこんがらがってしまったようですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光ディスク市場縮小により太陽誘電が事業撤退

光ディスク市場縮小により太陽誘電が事業撤退が発表されました。
太陽誘電と言えば信頼性の高さで有名だと思います。撤退についてどう思いますか。

太陽誘電が光ディスク事業撤退。「想像を超える市場縮小」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150611_706521.html

私はいつも太陽誘電のDVD-Rを使っています。セキュリティが万全とは言いがたいPCへのデータ移行する際の使い捨てメディアとしても使っていました。
いまは、SDカードやUSBメモリの大容量化で光ディスクの用途が減ったのでしょうか。
光ディスクの書き換え不可というのは良さの一つでもあると思うのですがどうでしょう。

Aベストアンサー

CD-RやDVD-R、BD-Rは、官庁提出用に指定されている場合もあるので、一定の需要はあるんですが、いかんせん民生利用が極端に減ってしまっています。
理由としては、やはりHDDの大容量化や、5GB程度ならば、無料のクラウドストレージが使えるのが大きいでしょう。
CD-Rに関しては、容量の問題もありますが、デジタル音楽プレイヤーの影響が大きいでしょうね。(コピー用途も激減だし、バックアップにしても容量が少なすぎます)
DVD-Rは、若干需要は残っていますが、地上デジタルになってからは、やはり容量的にきついです。
バックアップも同じですね。(1TBのバックアップは、DVD-RでもBD-Rでもつらいです)
BD-Rに関しては、コピー需要も少ないですから、市場としては伸びは期待出来ないですし、太陽誘電はBD-Rではブランド力が無いです。
したがって、DVD-Rの市場が無くなったのが、潮時と言う事でしょう。
ブックコンピューターや、タブレットだと光学メディアドライブを持たないのが普通ですから、それも理由かもしれません。
今まで消えていった、フロッピーディスク、MOなどと同じ事だと思います。
USBやSDカードとかは、あまり競合はしていないと思いますよ。
やはり、コピー需要が減ったのが致命的だったんじゃないですかね?
BD-Rも確かに、あまり使わないですね。

CD-RやDVD-R、BD-Rは、官庁提出用に指定されている場合もあるので、一定の需要はあるんですが、いかんせん民生利用が極端に減ってしまっています。
理由としては、やはりHDDの大容量化や、5GB程度ならば、無料のクラウドストレージが使えるのが大きいでしょう。
CD-Rに関しては、容量の問題もありますが、デジタル音楽プレイヤーの影響が大きいでしょうね。(コピー用途も激減だし、バックアップにしても容量が少なすぎます)
DVD-Rは、若干需要は残っていますが、地上デジタルになってからは、やはり容量的にきつ...続きを読む

Q主記憶装置と補助記憶装置について

記憶装置についての質問です。
今読んでいる本で、「メインメモリとサブメモリがあり、サブメモリにはRAM、ROMの2種類がある」とあります。
サブメモリは主記憶装置の分類にはいるのでしょうか。
またPC内ではメインメモリのDRAMとサブメモリのRAMはどのように使い分けられているのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学教員です
正しい用語は,
主記憶装置/一次記憶装置(mail Memory /primary memory)
補助記憶装置/二次記憶装置(Auxiliary Memory /secondary memory)
です.
「サブメモリー」などと言うものはありません.「サブメモリ」という用語を使っている本があるなら,その本は捨てて読まない方が良いです.素人が嘘を書き飛ばした本である可能性が高いですよ.

ROM,RAMはメインメモリを構成する記憶装置の分類(読み出しのみの記憶装置,読み書き可能記憶装置)です.

Q光ディスクが片面記録のみな理由

CD,DVD,HD-DVD,Blu-rayなど様々な光ディスクがありますが、
どれも片面が記録領域、もう片面は商品のロゴやイラストなどで塗装されていて、両面とも記録領域になっている光ディスクを見たことがありません。

カセットテープのように両面に記録できれば、単純に考えて記録量が2倍に増えるように思えるのですが、なぜ両面とも記録領域になっている光ディスクがないのでしょうか?

Aベストアンサー

 CDはラベル面の下が反射面になっているので、こちら側にも記録面を造るためにはディスク自体を厚くする必要があります。技術的には透過層を薄くすることも可能ですが、それだと現行のCDとは互換性が無くなります。
 DVDは透過層がCDよりも薄く、反射層はディスク厚の中間部あたりにあります(実際の位置はディスクの規格によってことなる)。従って、反対側にも記録層を作ることは出来なくもないですが、すでに2層式の規格があるし、より高密度のブルーレイも市民権を得つつあることから、今後両面記録式は出てくることは無いでしょうね。
 ちなみに、その他の理由としては、

・ ディスクの内容を印刷する部分を確保する必要がある。
・ 連続した画像などを記録する場合、両面式にすると反転させる必要があるが、カセットテープのオートリバースのような機構はコスト的に困難。

などが挙げられるかと思います。

Q補助記憶装置って・・・

ありますよね
それって
ハードディスクやCDのことなんですか?
それとも
ハードディスクドライブやCD装置のことなんですか?

すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

ハードディスクの"円盤"とCDは記憶媒体。
それを内包する(或いはセットできる)装置が補助記憶装置です。
つまりドライブが補助記憶装置です。

QDVD-ROMと光ディスク

PS2のソフトに使われているDVD-ROMとGCの光ディスクではどちらが質的には上なのでしょうか?

Aベストアンサー

質的には、GCの方が上だといえます。
コピーし難いですから。
ですが、GCディスクは小ささの代償に容量を払っています。
あと、GCの方がロードは早いです。

質を選んだのが、GC光ディスク
量を選んだのが、PS2DVDディスク

という考えでいいと思います。

Q外部補助記憶装置について

古いノートPCに(出来るだけ高速アクセスで)接続することを前提にして
(1) USB2.0
(2) eSATA
(3) USB3.0
(4) その他

のいずれの接続方法が可能で また 機器のほかに必要な端子とかが新たに必要でしょうか?

Aベストアンサー

>いずれの接続方法が可能

パソコンの仕様が不明なので分かりません。
ただ、USB3.0が出てきたのは最近だからほぼ確実に非対応ですし、eSATA対応のノートも比較的最近なので非対応の可能性が高いでしょうね。
となると、機器増設無しで使えそうなのはUSB2.0だけかな。

>機器のほかに必要な端子とかが新たに必要でしょうか?

インターフェイスの追加無しで使える可能性が高いのはUSB2.0のみでしょうね。
PCカードスロットのある機種なら、市販のインターフェイスカードを買えばeSATAも使用可能になるはず。
ExpressCardスロットがあるのなら、市販のインターフェイスカードを買ってUSB3.0とeSATAが使えます。


ちなみに、通信速度が一番速いのはUSB3.0で、次がeSATA、一番遅いのがUSB2.0になります。
USB3.0の場合、規格上の最大速度は600MB/sですが、外付けHDDの場合は100~150MB/sで頭打ちになりますし、USBメモリの場合は元々遅いのでUSB2.0接続と大して変わりません。
eSATAの場合、PCカードスロット経由だと最大速度は132MB/s、外付けHDDを使う場合は100~130MB/s程度で頭打ちになります。
USB2.0の場合、理論上の最大速度は60MB/sなのですが、通信の効率が悪いため実際の最大速度は30MB/s程度が限界になり、どれだけ頑張っても40MB/s台が限界です。

>いずれの接続方法が可能

パソコンの仕様が不明なので分かりません。
ただ、USB3.0が出てきたのは最近だからほぼ確実に非対応ですし、eSATA対応のノートも比較的最近なので非対応の可能性が高いでしょうね。
となると、機器増設無しで使えそうなのはUSB2.0だけかな。

>機器のほかに必要な端子とかが新たに必要でしょうか?

インターフェイスの追加無しで使える可能性が高いのはUSB2.0のみでしょうね。
PCカードスロットのある機種なら、市販のインターフェイスカードを買えばeSATAも使用可能になるはず。
Expre...続きを読む

Q映画業界が光ディスクにこだわる理由

SDカードのようなもののほうが小型静穏、リードオンリーなら価格も大幅に抑えられるはずです。
光ディスクの利点とは何でしょう?

Aベストアンサー

プレスなので大量生産しやすいのでは?
また、原材料供給も安定していますし、安価だと思います。

Q内部記憶装置のROMの存在意義。

PC初心者です。基本的なことで恐縮なのですが、入門者用の本を読んでいて疑問が生じたので質問します。
PCの構造の章で記憶装置についての記述がありました。それによると、記憶装置は内部記憶装置と外部記憶装置に分かれ、前者にはRAMとROM、後者には内臓ハードディスクやフロッピーディスクがあるとのことでした。
そして、RAMについては、一般的に「メモリ」と呼ばれ、書き込んだり消したりできるホワイトボードのようなもので、外部記憶装置の情報をいったんここに記録して、CPUがここに記録された情報を元に処理する、と説明されていました。
一方でROMについては、読むだけで書き込むことのできない辞書のようなもの、と説明されていました。
これらの説明を読んでROMの存在意義がわかりません。読むだけで書き込むことができないのは不便です。なぜ、そういう不便な所に情報を記憶させておく必要があるのでしょうか。なぜ、ハードディスクに記録しないのでしょうか?
そこで、自分なりに仮説を立てました。この本は古い(発行1998年)のでROMが存在したのは昔の話でなないだろうか?昔はハードディスクの容量が小さかったのでROMが必要だったに違いない←多分、ROMのほうがハードディスクよりも書き込みできない分たくさんの情報を記録できるのだろう。
この仮説は間違っているでしょうか?ROMにはどのような存在意義があるのですか?また、あるとすれば具体的にどのような情報が記録されているのでしょうか?
長文で恐縮ですがよろしくお願いします。

PC初心者です。基本的なことで恐縮なのですが、入門者用の本を読んでいて疑問が生じたので質問します。
PCの構造の章で記憶装置についての記述がありました。それによると、記憶装置は内部記憶装置と外部記憶装置に分かれ、前者にはRAMとROM、後者には内臓ハードディスクやフロッピーディスクがあるとのことでした。
そして、RAMについては、一般的に「メモリ」と呼ばれ、書き込んだり消したりできるホワイトボードのようなもので、外部記憶装置の情報をいったんここに記録して、CPUがここに記録された情報を元...続きを読む

Aベストアンサー

概ねみなさんが書いた内容なのかなと思います。
少しだけ補足のようなことを。

BIOSなどが、ROMに収納されていることは既述のとおりです。基本的な部分が簡単に書き換えられると、PCの動作自体が保障できないからです。
 まず、これが、大量生産により安価に供給可能ということ、嘗てはPCは電気製品と同様、「ソフトはおまけ」のようなところがあり、機械自体である程度使えるというような考え方があった。(NECの98などでは、キャラクタジェネレータという漢字フォント表示用のROMがあったと思います。)
 それから、HDDとの比較で言うと、機械部分が無い分、読み出し速度が速いことと、故障が少ないこと、が挙げられると思います。

Q光ディスクの取り扱い方について

会社の上司と話していて、何かの拍子で光ディスクを受け渡したり
利用したりするという事になる事が結構あります。
その上司はモロに記憶面を触ります(CD-ROM、CD-R・RW問わず)。
その時、声には出しませんが「うわっ、馬鹿じゃねーのこいつ」といつも思います。

私は傷つかないように、穴に人差し指を入れ、ディスク側面を親指と中指で支えるように持ちます
(指を上にすれば人差し指だけで持て、しまう時・セットする時のどちらでも、持ち替えの必要がない)。

保管の話は置いておいて・・・。
皆さんはどのように光ディスクを持ち、扱いますか?
周りに粗悪な扱い方をしている人はいますか?
そういった人を見た時、何か思いますか?

Aベストアンサー

記録前のCD-R,DVD-Rなどはチリもつかないように注意します。
記録後あるいはプレスされたものはわざと記録面を触ることは
ありませんが特に最善の注意をするということもありません。

ふけばきれいになりますから。

Q追記型光記憶装置って・・?

追記型光記憶装置って具体的にはどんなものを指すんでしょう?

現在市販されているものから選んでインタフェースの面から調べる~みたいな課題があるんですが、どういうことを要求されているんでしょう?

Aベストアンサー

課題からすると、切り口をインターフェースからにするのではなくて、3つの項目(容量、速度、インターフェース)を調べて、それらの装置の特徴をまとめなさいと言うことではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報