質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

ボンバルディア社のCRJがスリップを起こし緑地帯に突っ込むというニュースを目にし疑問に
思ったのですが時事通信では「ボンバルディアCL―600―2B19型」がスリップを起こした
と書かれていて、新型か!?と思い少し調べてみた所、何の事は無いCRJ200型の事を指していました。

そこで少し疑問に思い報道関係ではこの名称で呼んでいるのかなと調べた所、NHK等ではCRJ200と報道され、ボンバルディア社やJALのHPも確認した所CRJシリーズの通称?で案内されていて
特にCL―600―2B19型と言う名前を目にする事は無かったのですがこの機種名は一体何処から出てきたのでしょうか?

内部向けの正式名称がCL―600―2B19型で対外向けがCRJ-200なのでしょうか?

お暇な時にでも回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ボンバルディアに買収される前のカナデア(旧デハビランドカナダ)時代の型式がCL-600で、FAAの滞空証明をこの原型式で取得してい

る筈ですから、正式な登録型式としてはこちらになるのではないでしょうか(自信なし)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

回答者様の仰られる通り国交省のHPにもCL-600(CRJ)と明記されていました。
それにしても普段CRJって言われている機種がCL-600なんて書かれていて、なんだその飛行機は新型か!?なんてワクワクしてしまったので、CRJ=CL-600と解ってちょっぴりがっかりした気も(苦笑)出来れば事故の報道以外で知りたかったですが・・・

にしても、何もマイナーな?名称で報道してくれなくてもって感じもします。ある意味事実に忠実なんでしょうが。

お礼日時:2012/12/29 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング