ヒトデの成分を調べたいのです。
昨日図書館で少し調べてみたものの専門外で何を調べれば良いのか見当がつきません。

おそらく外套(?)部分を除けばメインはタンパク思うのですが・・・?
微量成分で薬効成分もあればご教示ください。

あるいはどのような成書を探せば良いのかヒントでも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大阪大学薬学部の北川教授(現;近畿大学薬学部名誉教授)


星薬科大学の鮫島教授
そして、北海道水産試験研究所
がヒトデ類の成分研究をしていたと記憶しています。
生薬学雑誌(現;Natural Medicines)、薬学雑誌(現;Yakugaku Zasshi)、Chemical Pharma Bull., 水産試験研究所報の他、日本化学会関係の雑誌にも論文が収載されていたと思います。
ヒトデは肥料としての利用もされていますので、農水省関係の文献もあるかも知れません。
現物資料が手元にないため、若干曖昧な記憶に基づいての回答ですが、ご参考までに。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawa教授、貴重な示唆ありがとうございます。

取りあえず日化誌からでもあたってみます。
後は国会図書館で調べます。

お礼まで。

お礼日時:2001/05/20 23:00

MiJun さんの事ですから既に御存知かと思いますが,とりあえず回答しておきます。



薬学の関係では,kawakawa 教授のお書きの先生方以外にも,九州大学薬学部の古森(前教授),樋口(現教授)のグル-プがヒトデの生理活性糖脂質(ステロイド配糖体,セレブロシド,ガングリオシド等)の研究をされています。

以下,釈迦に説法のような気もしますが,手元にあるヒトデ成分の話がある本をあげておきます。

・「化学増刊111 海洋天然物化学 新しい生物活性物質を求めて」(化学同人)
・「化学増刊121 化学で探る海洋生物の謎」(化学同人)
・「化学総説25 海洋天然物化学」(学会出版センタ-)
・「ファルマシアレビュ-21 生物活性物質の単離」(日本薬学会)
・「海洋生物のケミカルシグナル」北川 勲・伏谷伸宏 編(講談社)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rei00さん、有難うございます。

「ヒトデ」に関しては今回初めて調べてますので、情報大変助かります。
ご紹介頂いた成書も後半の2冊は調べきれてませんでした。

別件ですが、「Tau」の件は今も少し時間を見て幅広く(脱線気味?)調べてます。頭が整理出来れば・・・?

貴重な情報有難うございました。

お礼日時:2001/06/01 14:24

ヒトデの成分分析の本は見たことがないです。


Kawakawa教授があげられている、省庁関連の本にあるのではないではないかと思いますが。

タンパク成分の話ですが、体全体で見たら、コラーゲンは圧倒的に多いです(通常そうタンパクの30%程度、ヒトデ、ナマコなんかではそれ以上あると思います)。
細胞外マトリクスの主成分ですから、ただどのタイプが多いかまでは調べたものは少ないはずです。同じく細胞成分で多いものはアクチン、チューブリン、ミオシンなどです。これら細胞骨格系のタンパクはやっぱり圧倒的に多いです。
今上げたタンパクだけでそうタンパク量の半分以上はいくと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akiyamaharukaさん、再度丁寧な回答ありがとうございます。

お蔭様で概略がわかりましたので、徐々に調査して行きたいと思います。

ネットで見ていると、この分野は「海洋化学」でしょうか?
当然でしょうが、「化学」でもいろいろな分野があるのですね!!
改めて広いなーと考えさせられました。

お礼日時:2001/05/22 09:52

すでにご存じかもしれませんが


海洋生物学?にはヒトデの成分(糖、MAP)どの情報が載っていたと思います。
生理活性物質なのですが、薬効成分といってよいかは悩む情報だと思います。
私は依然、なまこのタンパク成分(コラーゲン)について調べたときに使いました。
手元に資料がないのでいけませんが、同じ動物門に入る、ヒトデ、ウニ、ナマコでしらべるとついでにデータが掲載されていたような記憶があります。

ご参考になれば。

参考URL:http://www.jssp.co.jp/f_chem_rev/sosetu25.html

この回答への補足

akiyamaharukaさん、お久しぶりです。
回答ありがとうございます。

ご紹介の本は大分以前(発売当時)斜め読みした記憶があります。
この本の目次から判断すると、「棘皮動物」がありますのでそこに記載されているのではと思います。

さらに、このタイトルから「化学増刊」でも似たような成書があるのを思い出しました。

>なまこのタンパク成分(コラーゲン)について調べたときに使いました。

「なまこ」同様にタンパク成分はコラーゲンでしょうかね?

出来れば「ヒトデ」の成分表のようなものがあればBetterなのですが・・・?

ご存知でしたらご教示下さい。

補足日時:2001/05/21 21:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物の進化。 in.ヒトデ

中学生Lv.の論文で、

生物の進化についてのレポートを書いています。


そのなかで、無セキツイ動物の【ヒトデ】のクモヒトデという生き物について調べたいと思うのですが、

いくら博物館を回っても、

ヒトデの先祖となるものがみつかりません。


なので、その生き物の名前と画像、またはURLでもいいので、

教えていただければと思います。

Aベストアンサー

棘皮動物であるヒトデの祖先は刺胞動物で、例えばクラゲやイソギンチャク、サンゴなどが該当します。
さらにその祖先は海綿動物で、いわゆるカイメンですね。

詳しくは進化系統図を探してご覧になってくださいな。

Qウニ・イソギンチャク・ヒトデの子孫の残し方

ウニやイソギンチャクやヒトデはどのように子孫をふやすのでしょうか?
交尾はしますか?

Aベストアンサー

 ウニは雌が卵を、雄が精子を、それぞれ海中に放出し、放出された卵と精子が海中で受精してできる受精卵から、次世代のウニが誕生します。

【参考URL】
 ウニ
  http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/uni/uni/uni.htm

 NHK高校講座 | 生物 | 第9回 第2部生殖と発生 いろいろな生殖
  http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsu/archive/resume009.html 

 この様に、卵と精子が受精する事で次の世代を生み出す方法を、「有性生殖」と言います。
 又、体外で受精する受精方法を、「体外受精」と呼びます。
 体外受精の場合、交尾は行われません。(カエルの場合、雄が雌を抱えると言う、交尾に似た行動をしますが、カエルは体外受精なので、交尾とは言わずに、抱接と言います)

【参考URL】
 交尾 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E5%B0%BE

 ヒトデの多くは、ウニと同様に、卵と精子を海中に放出して、体外受精によって繁殖します。
 但し、ヒトデは再生力が高いため、身体がばらばらになった場合、千切れた腕の一本一本が、それぞれ1匹のヒトデにまで再生します。
 ですから、ヒトデの身体の一部が、何かの事故で切り離されて、元々は1匹だったヒトデが、2匹に増えると言う事もあります。
 この再生能力を利用して、一部の種類のヒトデでは、成体の身体が自然に2つに裂ける事で、1匹が2匹に増えると言う、「分裂」によって繁殖を行うものもいます。
 この様な雌雄の関係が関わらない繁殖方法の事を、無性生殖と言います。
 ヤツデヒトデ等は、体外受精と分裂の、どちらの繁殖方法でも増える事が出来るようです。

【参考URL】
 3.海の生物教室
  http://www.nihonkaigaku.org/00f/i000513/t3.html

 イソギンチャクは、体外受精による有性生殖で増える種類が多いらしいのですが、無性生殖によって増える種類も少なくは無いようです。
 イソギンチャクが分裂する際には、足板(岩等に吸付いている部分)から裂け始めて縦に裂ける種類や、身体の途中がくびれて横に裂ける種類があるようです。
 種類によっては、同じ無性生殖でも分裂ではなく、「出芽」と言って、身体から別の個体が生えて来る事で繁殖するものもいるようです。

【参考URL】
 イソギンチャクの繁殖
  http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/kenkyu/yanagi/hueru/hueru.html

 尚、ヤツデヒトデの様に、有性と無性の両方の方法を、状況によって使い分ける種が、イソギンチャクにもいるのか否かは、私には判りません。
 又、イソギンチャクも歩いて移動する事は出来ますが、体外受精なので、交尾は行いません。

 ウニは雌が卵を、雄が精子を、それぞれ海中に放出し、放出された卵と精子が海中で受精してできる受精卵から、次世代のウニが誕生します。

【参考URL】
 ウニ
  http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/uni/uni/uni.htm

 NHK高校講座 | 生物 | 第9回 第2部生殖と発生 いろいろな生殖
  http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsu/archive/resume009.html 

 この様に、卵と精子が受精する事で次の世代を生み出す方法を、「有性生殖」と言います。
 又、体外で受精する受精方法を、「体外受...続きを読む

Qヒトデを釣りたいのですが。

ヒトデを釣りたいのですが。

釣りは全くの初心者(道具も無い)なのですが、ヒトデが好きで、飼育、勉強しております。

ふと聞いたのですが、釣りをしていて、ヒトデ(キヒトデやイトマキヒトデ)が釣れてしまう事があるそうですね。

そこで、ヒトデをぜひ釣ってみたいのですが、どの地域、場所に行けばヒトデ(特にキヒトデ、マヒトデと呼ばれている種)は釣れるでしょうか?(東京に住んでいます)

また、シロート(下手)でも釣る事は可能でしょうか?

釣りの道具、餌は何用がいいのでしょうか?

釣れる率は高いのでしょうか?

変な質問ですみません(汗)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

釣り方は投げ釣り。

場所は カレイ釣りに適した場所が高確率です。
(砂地に少し泥混じり、漁港内などがベスト)

いわゆる置き竿釣方で良く釣れます。
仕掛けもカレイ釣り仕掛けでOK

ヒトデを釣る目的なので 針は少し大きめが
いいと思います。すっぽ抜け防止。
カレイ針で10号以上あれば いいと思います。
(私はカレイ釣りの時13号を使う事が多いですが
嫌というほど釣れることが あります)

エサは 青虫、本虫どちらでも釣れますが
高価な本虫の方が 臭い効果か 良く釣れます。

あと、場所によっては ウミケムシが釣れるので
手で直にさわらないように。
(毛に弱いですが毒があります)

Q「抗体酵素」の入門用URL or 安いお勧め成書

インフルエンザの抗体酵素作出のニュースに接し,(1)抗体酵素がどのように発見され,(2)どのような構造で,(3)どこでどのようにして作り出されるのか(4)生体内でどのような機能があるのか等の基本的なことを知りたくて,「抗体酵素」で検索しましたら281,000 件ヒットしました。それらのURLを一つ一つ見ていくと死ぬまでに探し出せるか疑問です。

何方か,表題通りの件で,お勧めのものはありませんでしょうか。すべてではなくとも,(1)~(4)の中でお勧めのものがありましたら,是非ご教示下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。
この分野に関しては全くの無知ですが、アドバイスを。

>「抗体酵素」で検索しましたら281,000 件ヒットしました。
これって、Googleでそのまま検索した結果でしょうか?
この場合、「抗体」と「酵素」の「and検索」になってしまいます。
これを避けるには、キーワードを半角のダブルコーテーションマークで挟む必要があります。
「"抗体酵素"」で検索すれば、約730件にまで減ります。
後は、適当なキーワードを追加して下さい。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22%E6%8A%97%E4%BD%93%E9%85%B5%E7%B4%A0%22&lr=

Qヒトデの夢

ヒトデが出てくる夢を見ました。父親と磯遊びをしていると、黒いヒトデがポツポツと海の浅瀬にいて、次に岩の上もヒトデらしきものがあるのでその岩をのぼると、そのヒトデに見えたものはレゲエの人の髪の毛のような、黒い長いロープのような得体のしれない束でした。

黒いヒトデ・黒い長い縮れ毛ようなロープの束・磯遊び
これらは何かを意味しているのでしょうか。
最近よく意味不明の夢をよく見るので、占っていただける方、お願いします。

Aベストアンサー

まず、「海辺」という場所は、表層的な意識。登場人物である「父」は権威の象徴、憧れの存在。「遊ぶ」ことは、無意識にある非現実、反社会的なものへの願望と読めます。「黒い」物は、悪、死、災いなどダークな感情でしょうか。「ロープ」は執着心の表れ。「髪の毛」であれば性的な欲望。これらを「見つけた」ということは、自分の本心を知ったということでしょうか。
でも夢の意味をマイナスからプラスに転換するのも本人次第だと思いますので、参考にして下さい。

Q空気中の成分の78パーセントは、窒素ということですが、 呼吸してれば、酸素よりも当然窒素の方が多く、

空気中の成分の78パーセントは、窒素ということですが、
呼吸してれば、酸素よりも当然窒素の方が多く、肺に入ってる事になると思います。
呼吸は酸素を吸い込んで、二酸化炭素を排出するガス交換と聞きますが、窒素は呼吸の際どの様になってるんでしょうか?
血液中に取り込まれたりしないんですか?

Aベストアンサー

基本的に、反応性が高い物質では無いのです。
酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。
農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。
豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。
豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。
ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるようになり、たぶんそこから化成肥料が作られるようになったのだろうと思います。
昔は豆でも植えておかないと土地が痩せてしまっていたのに、今ならお金を出せば、窒素肥料分だけならいくらでも増やせる。
それで耕作可能地が広がったのです。
人間が60億人70億人居て、それでも大して食糧問題が起きない(戦争で物資の輸送路が絶たれた、独裁者が自分の懐に入れている、というので無ければ)のはそういう理由です。

自動車の排ガスや工場の排ガスなどで、NOxという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これが窒素酸化物です。
窒素のNと酸素のO、窒素一つに酸素がいくつつくのか、その数がxです。
空気の78%を占める割には少ししかできない、とも言えます。
少し火をたいたくらいでは、畑の肥料として十分な量の窒素酸化物は得られないのです。
そのくらい反応性が低いのです。

我々が色々な化学実験をするとき、空気中の酸素や二酸化炭素があると、それと反応してしまって目的の化学反応が行えない、なんてことがあるのですが、そのとき、反応容器内に窒素ガスを満たして、酸素や二酸化炭素や水蒸気を追い出して実験する、なんてことがあります。

なお、ヘモグロビンは、二酸化炭素とも結びつきますし、一酸化炭素や青酸とも結びつくでしょう。
細胞中の二酸化炭素を肺に運んで放出する、という役割もあります。
二酸化炭素より酸素の方が遙かに結びつきやすいということです。
窒素ガスと結びつかないのは上記の理由です。
また、窒素ガスが血液も含む液体中に溶け込むということと、ヘモグロビンに結合するということとは別の現象です。
空気中の窒素ガスが、存在していてもたぶん我々に何もしてくれないのと同様に、血中に取り込まれてもたぶん何もしないでしょう。

基本的に、反応性が高い物質では無いのです。
酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。
農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。
豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。
豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。
ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるよ...続きを読む

Qヒトデが溶ける・・・

私は大学でヒトデの研究をしていて、イトマキヒトデを飼育しているのですが、ヒトデが溶けていきます。どうしてでしょうか?
飼育状況
・水温は10℃に設定
・餌は与えていない
・採集後一ヶ月経過

ヒトデを飼育した経験のある方、教えてください。

Aベストアンサー

そんなこと知ってるよ!とお思いになられたら申し訳ないですが、海水で飼育していらっしゃいますか?水道水のような真水だと細胞が破裂するので「溶ける」という現象に近いことが起こるかもしれません。
あと、うちの大学のヒトデの水槽は真っ暗にして飼っていました。こうすると餌やらなくてもいいのだとか…。あとエアーポンプいれていましたよ。

もしなかなか解決しないようでしたら、岐阜大学の発生学研究室の山本先生がイトマキヒトデを使って研究していらっしゃるので、メールすれば回答してくださると思います。

Qヒトデについて

大繁殖して海を荒らすとか 何かと悪者にされていますが、人間に有用となるような活用方法はないんでしょうか?
見た目にも食べれそうにはないですが。。。

Aベストアンサー

一応、証拠物件を見つけましたので、ご紹介しておきます。m(__)m

参考URL:http://www.amakusa.tv/newshito.html

Qヒトデを海で捕獲する方法

ヒトデを捕獲しようと海に行ったのですが、全然おりませんでした。
漁港で虫網で捕まえる予定だったのですが・・・

ヒトデを捕獲するのに適した季節や時間帯はありますでしょうか?

どういったところ(防波堤、波消しブロック、砂浜など)に、たくさんいますでしょうか?

捕まえるのにコツはありますでしょうか?

Aベストアンサー

ヒトデは海底にいるので漁港で探すとすると何メートルもある柄のついた網がいるでしょうね。振り回すのが大変ですから深い海ではヤスで突くほうが良さそう。この場合は箱メガネで海底を覗き込まないとむりでしょう。潜水して捕獲する手もありますけど。

岩礁の多い渚だと海岸の浅いところにもヒトデは見つかります。

Qヒトデは何を食べるの?

子供が海からヒトデを持って帰ってきました。スーパー等で手に入るもので何を食べるのか教えてください。

Aベストアンサー

主に貝類だと思います。
活きたアサリとかシジミを与えたらどうでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報