XPのサポートが終わっても、ネット利用がなければ、問題ないのでしょうか?
現在、7のホームプレミアムとプロフェッシォナルの2台を使用していて、XPは今後録画専用機にしようと考えています。
その際、ルーター使用にて家庭内LAN経由でファイル共有にて、ファイルをエンコ等に使いたいと考えています。
LANを使用しますが、ネットに繋がなければセキュリティー等の問題無く、今後も利用可能でしょうか?
ネット利用が無くとも、LANに繋ぐことが、危険であれば、USB3.0の外付けHDDを購入する事を検討中です。
現在、USB2.0外付けHDDを利用中ですが、速度が遅く、エンコ用PCの能力をほとんど生かせていない事を最近解かったので、この方法で使おうと考えています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ルーターでインターネット接続しているLANにつながっているということはネット(ネットワーク)につながっていると同義ですが?ブラウザを立ち上げてHP参照しなければ大丈夫なんていまどきそんなことはありません。

LANケーブルがつながっていればそれは常時ネットにつながっています。

LANというのはローカル・エリア・ネットワークの略であり、ネットというのはLANもインターネットも含めたもっとも広い略語です。

サポートが切れたOSでセキュリティの問題を回避するならば、LANケーブルでの接続は行わない、が正解です。

それでも家内のPCと接続出来ないとめんどくさいよ!というならば、せめて強力なインターネットセキュリティソフトは入れておいて、セキュリティのレベルを高めにしておいてください。ある程度は防護してくれます。ただ、サポート中のOSよりは弱いので正直、ある程度対策をとれる人(ここで「対策って何?」と聞くような人はやめたほうがいいです)でなくてはとてもお勧めはできませんが。

USB3.0_HDDはGbEよりも早いので、ハードRAIDのファイルサーバ使ってないならUSB3.0HDDの利用をお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ここで「対策って何?」と聞くような人レベルの質問に回答していただいた皆様に、感謝いたします。
知人にも、2000を現用していて問題ないと言われていましたが、心配も有るので、この様な質問をさせていただきました。
GbEとUSB3.0の速度の違いについて、検索したりもして、私の用途では、現状で、XP機を録画機として、LAN接続無しにて運用中のため、USB3.0の外付けHDDの方が、速度的メリットが大きいので、差し替えの面倒はあるものの、同じように使えばいいだけなので、この方法で検討してみます。
ただ、USB3.0未対応のM/Bのため、増設カード使用か、対応M/Bに組み替えの方法もあります。(どちらも、手持ちで有り)
でも、USB2.0での録画は、速度の問題も無いため、USB3.0HDDがベストと思い、kita_sさんをベストアンサーにさせていただきました。
セキュリティーの問題が有ると言う事と、今まで道理使うのも、ファイルサーバーとして使うのも、特に心配ないとのご意見もいただきましたが、速度的メリットの方が、私には大きいので、余計な心配が無いこの方法で行かせていただきます。
特に急いで回答をいただけなくても、問題無い状況にもかかわらず、皆様より、こんなにも素早い回答をいただけて、とても感謝しております。
ありがとうございました。
またの際にも、よろしくお願いします。

お礼日時:2012/12/28 20:32

すべては、自己責任です。



理論的なことを言えば、WindowsNT系のカーネルは
共通のコードを数世代使い続けることが普通なので
複数の世代に渡って、同様のセキュリティホールが存在するのが普通です。

古いOSは枯れているから危険が少ないという俗説がありますが

たとえば2004年に猛威を振るったBlasterの情報を見ると…
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd362 …
NT4.0からXPまでに共通のセキュリティホールがあると示されています。

明記されているのは、当時のサポート対象だったNT4.0や98までのみで
98,Me系は関係ないとしつつ、3.1,95,NT3.51などは省略されています。


XPと7に共通のセキュリティホールがあるなら、7とNT4.0まで共通の問題もありえるのに
現在での報道では、NT4.0どころかWindows2000すら無視されています。

これが、クローズドソースのWindowsにおけるサポート終了の現実です。

ソースコードが公開されていない以上、正しい推測はできませんが
サポートが切れてから発見される問題はありますし
それはMicrosoft updateの対象にならないので、解決手段自体がありません。


そして、Blasterで注目を集めたのがワームと呼ばれる種類のソフトウェアです。

「ウィルス,ワーム,トロイの木馬などは、区別する」という常識が1980年代にはありました。
その後、味噌もクソも一緒くたに、ウィルス対策といった表現で、大衆にわかりやすくした反面。

「なにもしなければ問題はおきない」というアホな勘違いを生みました。


そして、現在では、ウィルスととワームとトロイの木馬は、区別すべきものでは無くなったのではなく
区別が難しいものになりました。つまり、複合的な攻撃手法を使うものも珍しくなくなりました。


なんらかの手段で、Windows7機やスマフォに侵入した脅威は
ワームとしての機能を以って、LAN内のすべてのコンピューターを攻撃できます。
OSおよびルーター装置などのセキュリティルールは、一般的にLAN内の通信にゆるく危険です。


その先に、アップデートを受けられ無くなったコンピューターがあれば
ワームはWindows7上よりも、より自由な活動を行えるようになる可能性があります。
つまり、サポート切れOSが、内通者として、LAN内にさらなる脅威を招き入れることもありえます。

企業では、社内LAN上の端末のほとんどは
ウェブ閲覧などが禁止されていることも多いわけですから
むしろ、金になる情報を求めた攻撃では、ワームのほうが主戦力と考えられます。


また、MS Officeなどのセキュリティホールもあります。

たとえば、録画システムにMS EXCELのシートというカタチで
"今月のオススメ番組"みたいなファイルを持ち込んで
それを開くことで、攻撃を受けるようなこともあり得ます。


まだ使えるハードウェアを、使い続けることに支障をきたすのは
Windows,MacOSXのようなプロプライエタリーOSのエコシステムそのものです。

ソフトウェアなりハードウェアなり、投資を強いられるか、問題を無視するしかありません。
延長が続いたXPは、非常に優遇された特例でしたから、逆にサポート切れは大きな問題になります。


日本特有の暗号化を伴う地デジ録画システムは、HDD内の録画物を
そのまま異なるWindowsや異なるコンピューターに移すことができません。
パソコンでも家電でも、この共通の仕様の問題があります(互換性の問題では無く解消手段がありません)

ですから、XP機で組まれた録画システムは、恐ろしいほどの数が
サポートが切れても稼動し続けます。
これはWindows2000,98,Meの稼働数の比では無いはずです。日本だけ(笑)


Windowsのセキュリティリスクの高さは、Windowsの高いシェアゆえという側面もありますが
その中から、切り捨てられていく古いOSは、高いシェアを持つWindowsであり続けます。
XPのサポートが切れて、可動数が少なくなったとしても、リスクが小さくなっていくわけではありません。

それは老いて、群れについていけずに狙われる草食動物のようなものです。


そういうWindowsが面倒くさいので、私はWindowsは使いませんし
無駄に金がかかるMacOSXも使いません。
反面、録画システム製品が、Windows用かMac用しか無いので
TV録画は録画システム製品として購入できません。

もっとも、放送波を復調する拡張カードは使えるので、録画再生はできますし
結果的には、HDD上のデータを移行することも、エンコードも自由になっています。
(理不尽な規制の対象外となっています)
他形式へのエンコードは、携帯動画変換君やVLCやGOM某などでも利用されている
FFMPEGプロジェクトの成果物があるので、性能的にはなんら遜色がありません。

ただ、システム構築は、WindowsXP機に録画システム製品を導入するより面倒くさい(笑)
でもソフトウェアへの金銭的投資はいらないから、随時新しいOSに切り替えて
セキュリティ上の問題を小さくできる。とはいえ、セキュリティ関連の市販ソフトは限られている。


どちらが、結果的に面倒くさくなく、安全なのかは、簡単には比較できませんが
どちらを選ぶのも、結局は自己責任なのです。

結果的に、くびをくくりたいほどの恥をかくリスクもあるかもしれませんし
諭旨免職くらいの罰をうけるようなこともあるかもしれません。

そして、Linux系OSに常時監視型のセキュリティソフトを導入することは
未だ社会的に常識になっていません。
ところが、サポートが切れたWindowsは使わないことが
社会的な常識となっています。
費用問題から、Windows離れMS Office離れを推める企業や自治体も増えています。


自己責任に伴う罰は、常識的に考えてくだされることも忘れてはいけないと思います :-)


個人的には、稼働し続けるXPが少なければ少ないほど
XPをターゲットとした攻撃は減るので、Windowsを使い続けたい人ほど
サポート切れのWindowsには厳しく対応すべきだと思っています。

集団は集団内の弱者を助けるべきですが
集団内の弱者が、集団を危険に晒すのも事実です。
    • good
    • 0

ぼくはいまだにWindows98使ってますよ。


ネットにはほとんどつながないですが、特に問題ないですね。
    • good
    • 1

この手の話で害に有って泣いた奴の話は全く聞いた事がない、それが結論です。


MSでも脆弱云々というが誰がどんな被害にあったかの話は全く聞こえてこない。
普通に使うなら気にすることは全くないと思います。

今回騒動になった誤認逮捕もOSの脆弱性とは何ら関係のない話です。
    • good
    • 1

新しいOSだろうと古いOSだろうと、欠陥はあるものだ。


新しければカンペキなんてものはない。
vistから採用されたガジェットは、脆弱性があり8で消えた。

使う側の問題であり、セキュリティなんてものは自分でするってスタンスなら、95でも大丈夫。

普通に使う分にはxpだろうと7だろうと同じです。

セキュリティホールで財産を失ったとか、企業から何千万という顧客情報が流出したなんて話はない。
流出させるのはいつも「人的要素」です。

よって、好きに使っていいです。

そもそもUSBメモリにウィルス混入とか、セキュリティ以前の問題ですよ・・・?
すでにメインPCが感染しているって事でしょう。
危機管理やPCの基本的なものを理解していない人です。
未知の実行ファイルや、裸で海外のサイトに行くような人、ドメインから国を割り出せない人。
まずそこからです。
調べれば大抵わかるものですが・・・cnとか、フィリピンとか、すぐわかる時代ですし。
私はURL見た瞬間に、実行ファイルのヘッダをバイナリエディタで読み出すだけで、大体わかります。

そういう人には最新を与えても同じ結果を出します。

LANでファイルサーバーとして利用しているxpのノートはもう1年稼動しっぱなしですが、なんもないですけどね。
使う側の問題ですよ。

オフで利用程度なら問題ありません。

ま、新しいほうがいろいろと便利・リスク軽減ではありますが。
xpは10年前のOSですからねぇ・・・
    • good
    • 0

 


こういう質問があると必ずOSは最新にしてください、OSのアップデートも最新にして、セキュリティソフトも最新にアップデートしてください・・・って、回答が出る。

しかし、
http://matome.naver.jp/odai/2131893852548513801
http://blog.eset-smart-security.jp/2012/11/eset- …
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG30010_Q2A0 …
これら、被害にあった人はどうだったんだろ

ナゼOSの種類やセキュリティーの状態を報道しないんだろ。
報道姿勢から判ることは最初に被害に遭う人はOSやセキュリティーを最新の状態にしても無防備だってこと
そして、古いOSだから被害にあったと言う例も無いって事。

セキュリティーは利用者の「いつもと違う」と思う心だけで十分なんです。
 
    • good
    • 0

問題ないと思います。



最近私も、中古でXPのノートを購入しました。

XPでないと使用出来ない、フィルムスキャナーとか

ありますので。

抗ウィルスソフトは入れますが。
    • good
    • 0

>ネット利用がなければ、問題ないのでしょうか?


ネットに接続しなければOKですよ。安心してお使い下さい。ただしUSBメモリ等を差し込んで使うときはご注意を。かならずウイルス検査を実施した物をお使い下さい。サポート切れの古いOSでネット接続するような事は自殺行為のお馬鹿さんとなりますよ。
    • good
    • 0

 


サポートの終了はセキュリティーホールの対策を終了したと考えてもよい。
Windows 7などはまだまだ対策すべき穴が沢山あるのでサポートを辞められないのです。

私はまだWindows 2000でネットを楽しんでます。

  
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q以前ネットで 「愛国心の強い人は自衛官になるが絶対

以前ネットで
「愛国心の強い人は自衛官になるが絶対に辞める」
という書き込みを見かけました。

なぜ辞めてしまうのでしょうか?
それとも嘘ですか?

自分は自衛隊今年入りますが、
そこまで愛国心なんて無いです。

元自衛官の方からの回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

自衛官ではありませんが、回答させてください。
自衛官になる人は、
愛国心が強い人もいますが、最初はそれほどでもありません。
むしろ
体育会系であったり、
立派な体格を生かした職業を選んだり、
制服を着るのが好きだったり、
飛行機乗りなどの勇ましい職業に憧れたり、
公務員で一生安泰であることに惹かれたり、
家庭が貧しく大学に進学できないから防衛大学を選んだり、
または高校を卒業した時点で自衛官になったりします。

>前ネットで 「愛国心の強い人は自衛官になるが絶対に辞める」という書き込みを見かけました。

未確認ですが、確かにそういう傾向はあっておかしくないと思います。そもそも愛国心で自衛官になるような人は頭が発達していて身体が未熟な人が多い。実際に訓練に参加したらついていけないのでしょう。早い話、相撲フアンが相撲取に憧れて入ったら現実は厳しいみたいな話でしょう。無理偏に拳骨と書いて「兄弟子」と読ませる世界だそうですから・・・

QXPはサポート終了後も安心?

WINDOWS7のPCを探していると、ある中古PCショップのQ&Aに行き当たり、
「XPサポート終了後でもウイルスバスタ等の保護ソフトを入れてあれば安全に使い続けれます。2000も同様」とありましたが、本当でしょうか?
セキュリティホールなどの補完もウイルスソフトでできるのでしょうか。

もし本当なら、XPやOffice2003を急いで買い換える必要はないですね。

Aベストアンサー

売り文句ですね

安全は保障されませんXPのサポートが終了してアップデートがされないようになりますので、セキュリティの穴は塞がりません。

例えば・・・OSの脆弱性が発見されそれに対するウィルスが出回ったとして一度はソフトでそれを塞いだとしても脆弱性の問題(根本原因)を解決した訳ではありませんから別のウィルスが同じ穴を攻撃しようとする可能性があります。サポートが終了すると言う事はそういった脅威が常に付きまとうと言う事です。(もちろんネットワークに繋がないと言うなら問題ありませんが)

なのでサポートが続いているOSのパソコンを買う事をお勧めします

Qネット愛国者はティッシュなどの日用品はどこの製品を買っているのでしょうか

ネット上では愛国企業や反日企業を並べているサイトがありますが、反日関係のところにはティッシュペーパーなどの日用品を作っている大手が軒並入っています。
だとするとネット上の愛国家はトイレットペーパー、ティッシュペーパー、洗剤、歯ブラシ、石鹸などの日用品はどこのメーカーのものを買っているのでしょうか。

Aベストアンサー

ああ、確かに偉そうに言うてる人、多いですね・・・

でも、たぶん裏では普通にどこそこの安いの買ってるんじゃないですか?(あくまで推測です)
ああいった人たちって、実生活までズカズカ踏み込まれない分、表向き【だけ】はええように言うてるみたいですからね・・・

QXPのサポートが後4~5年で終わると聞きましたがサポートが終わった後ど

XPのサポートが後4~5年で終わると聞きましたがサポートが終わった後どうなるのでしょうか?

ウィルスバスターだけではウィルスに対する防御などは出来るのでしょうか?
そのまま使用できるのでしょうか?
サポートが終わった後の状況を詳しく教えてください。

Aベストアンサー

Microsoftの延長サポートの終了というのは、あらたなWindowsUpdateやサポート技術情報の作成をしない。という意味で、現在ある、WindowsUpdete、サポート技術情報が使えなくなるわけではありません。まったく無防備になってしまうわけではありません。
サポート終了後に見つかった脆弱性の改善がされなくなりますが、この先どの程度の脆弱性が見つかることでしょうか? そのぜい弱性は、ファイアーウォール等でも防げないものでしょうか? 未来のことですから、誰にもわかりませんね。

もっと重要なのは、回答2,3にあるように、ウィルス対策ソフトがいつまでXP上で動くかどうかでしょう。
しかし、これが動かなくなるときは、他の多くのソフト(の新バージョン)も動かなくなるときでしょうから、XPを捨てるときじゃないかと思います。

いずれにしても、何か理由があってXPを使う必要があるなら、脅威にかかわらず、(古いソフトだけを使って)使い続けるしかないわけで、今から心配してもしようがないと思います。

Qネットに繋がっていないPCに.NET FrameworkをDLするには

ネットに繋がっていないPCに.NET FrameworkをDLするには
どうしたら良いのでしょうか?

Microsoft Visual C# 2008 Express Editionでアプリケーションを作成し、
特定のPCにインストールしたいのですが、
当該PCには.NET Frameworkが入っていませんので、
アプリケーションをインストールしようとすると.NET Frameworkをインストールするよう
指示が出てくると思うのですが、
この場合、ネット接続していないPCの場合でも.NET Frameworkは
インストールのプログラムからインストールされるのでしょうか?
それともネットからプログラムをダウンロードしているのでしょうか?

もし、その場合であればフラッシュメモリなどに.NET Frameworkをいれて
インストールする方法などが考えられるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=333325fd-ae52-4e35-b531-508d977d32a6&displaylang=ja
これの下の方の「再頒布可能パッケージ」をダウンロードしてインストールすればOK。

でも、本筋ならも.NET Frameworkごとセットアッププロジェクトを作成して配布すべきだと思うんですが...

Qxpサポート終了後のupdateについて

初めて質問させて頂きます。

表題の件ですが、XPのサポート終了後に再セットアップした場合の
windows updateを最新にする方法はありませんでしょうか?

microsoftがサポート終了後もwindows updateの情報を公開するか
どうかはわかりかねます。(公開に関しての情報があればそちらをお教えてください)
サポート終了後のxpをネット環境に接続する危険性は承知しているつもりです。
サポート終了直前に最新の情報に更新しておく事も大事です。
しかし、都合上、サポート終了後にPCの再セットアップをする場合、
少しでもリスクの軽減をできればと思っております。

SP3のファイルはダウンロードしておくつもりです。
サポート終了前のPC内にある最新の更新情報を保存できたりして、
再セットアップのPCに適用する方法等ございましたら、どうぞご教授ください。

乱文ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

リカバリするたびに 更新を再適用って ムダ ですね。

少し手前で リカバリを行い バックアップすることです。

XPは ToDoBackupというソフトで全体をバックアップしてます。

自分では いまのところUpdateは一切せず 軽量化にて
上記ソフトで 2.8Gb程度に抑えているので バックアップ自体がDVD1枚ですね。
(使うときにはHDDに移して使用しますけど)これを使い復元は10分以内ですね。


普通にUpdateして 仮に15Gbあるとしても
このソフトでバックアップすると7割程度の容量になるかと思います。
(圧縮率も変更できるけど、通常はデフォルトのままがいいかも)

低性能PCでも 30分~1時間あれば 復元が可能ではないですか?。
どっちみち それ以上の更新は それ以降は無いわけで。

毎度 同じ繰り返しはせず いい状態を保存して
ウイルス感染しても(たとえ疑いレベルでも)すぐに その地点に戻れるようにしておくこと。

QMicrosoftにおける.NET(ドットネット)という言葉

先日あるセミナーで「米国Microsoftより戦略上の問題で今後『.NET』という
言葉を使わない」という話を聞きました。
「.NETとはMicrosoftが2002年7月にネットワークベースのアプリケーション
動作環境を提供する構想として掲げたもの」と
ブロードバンド辞典http://bit-drive.e-words.ne.jp/に書かれてます。
セミナーでは
Windows .NET 2000 ServerというOSの名前は今後、全部
Windows 2000 Server と表記の変更をする
と言ってましたが、今後他の全部のMicrosoft製品に対して
「.NET」を使わなくなる、ということなのでしょうか。

Aベストアンサー

参考URL の記事のことですね。

全部ではない様ですが、コンシューマ向けの製品からは、なくなってゆくのでしょうね。

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/news/0301/10/nebt_08.html,http://www.zdnet.co.jp/news/0301/10/ne00_server.html

Qサポート終了後XPは認証できますか?

現在まだXPの方がいろいろ使い勝手がよく
ソフトやツールもXP仕様なので、XPのOSを今のうちに何個か入手しておこうと思ったのですが
ひょっとしてサポート終了以降、再インストールなどの時の認証ができなくなったり・・・するでしょうか
もしそうだとすれば、これ以上XPに深入りしないほうがいいのかなと思ったりしてますが
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サポート終了以降は認証は出来なくなるりUpdateもできなくなるでしょう。
しかし使用は可能です。
仕事でWindowsNTやWindows2000の再インストールを日常的に行っています。

WindowsXPもインターネットと未接続で再インストールを行っています。
必要に応じてCDに保存したSP2をインストールすることも有ります。

サポート終了以降の問題はセキュリティ、オペレーションソフトや周辺機器が減少する点でしょう。
Windows2000に対応したセキュリティソフト、オペレーションソフトや周辺機器は探すのに苦労するようです。

ところで
WindowsXPの利用度は約60%、企業では約70%。
Windows XPへのダウングレード権はOEM版Win7提供終了までと言った記事があります。
Windows XPサポート延長は世界的な企業、公官庁からの要請だったと記憶しています。
マイクロソフト一社にコンピューターシステムの根幹を左右されるのは問題と企業、公官庁のLinuxなどへの以降も話題になりました。

よほど画期なOSで無い限りWindowsXPはの利用度は激減しないでしょう。
マイクロソフトにとってipod、ipad、androidは普及は無視できないと思いますが
新しいOSを普及させるチャンスかもしれませんね。

参考URL
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/07/15/029/
http://bto-pc.jp/btopc-com/select/windows7-2010-07.html
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/20100723_382663.html

サポート終了以降は認証は出来なくなるりUpdateもできなくなるでしょう。
しかし使用は可能です。
仕事でWindowsNTやWindows2000の再インストールを日常的に行っています。

WindowsXPもインターネットと未接続で再インストールを行っています。
必要に応じてCDに保存したSP2をインストールすることも有ります。

サポート終了以降の問題はセキュリティ、オペレーションソフトや周辺機器が減少する点でしょう。
Windows2000に対応したセキュリティソフト、オペレーションソフトや周辺機器は探すのに苦労するよう...続きを読む

Q独自ドメインcomかnetか?手作り雑貨のネットショップです。 

今度、若い女の子向けの輸入雑貨&手作り雑貨のネットショップを開業するのですが、独自ドメインを取得するにあたって迷っています。

既に希望の○○○.com(※○○○はショップ名)は取得されていて取れません。
そこで○○○.netでは取得出来るのですが、○○○jp.comなど○○○に何か付加すると.comでも取得可能です。

長い目で見たときにnetかcomかどちらの方が良いと思われますか?
皆様の感じた印象、何でも結構ですのでご意見頂ければ幸いです。
個人的には.comが好きなのですが。。。

Aベストアンサー

「.net」は「network」の略なので輸入雑貨と手作り雑貨にはあんまり合わないかもしれません。

「.com」(「commercial」の略)以外ですと商売ということで「.biz」(「business」の略)なんかもあります。

他には「.info」(「information」の略)とか「.name」もあります。これらは比較的新しいドメインなので競争率も低いです。



なんにせよ最近は検索サイトのおかげで「お店の名前で検索」→「移動」の流れが主流になりだして簡単なドメイン名の意味があまりなくなってきているような気もしますが。

Qサポート終了してもXP使い続ける人は無線でネット

接続してますか?

僕はワイマックスのレンタル機器で今現在繋いでいます。

ハミングヘッズと言うXP延命に役立つと言う無料版を入れてインターネットしてますが・・危ないでしょうか?

他人に今接続している箇所や銀行でオンライン取引している場合は無謀(まだしていません)ですか?


60日間しか無料で使用出来ないのでそれ以降はオフラインで使用します・一応テレビが見れます。


どうでしょうか・・僕のやっている事は不適切でしょか?

Aベストアンサー

確率の問題です。
XPはサポートが終了しましたが、現在は普通に使えます。
新たなセキュリティーホールが見つかったという報道もありません。
枯れたOSなので、新しいバグはほとんどないと言えます。

また、最新のWin8.1でもセキュリティーホールが無いという保障は
ありません。現在の最新のOSであり、サポートされていますが、
セキュリティーホールが発見されてから、OSのパッチまでは通常は
1週間くらいかかりますから、その間は無防備になります。

XP用の延命ソフトを入れるのも、XPのセキュリティーホールを
減らしてくれて、危険度を下げることに意味はあります。
しかし、XPが作られた時代とWin8.1が作られた時代では、
OSにおけるネットワークの重要性がかなり違います。
XPのネットワーク機能の多くは、後からサービスパックで追加実装
されたもので、最初から設計されて乗ってたものではありません。
ですから、全体的な構造に限界があるので、ソフトを入れたから
万全な状態になるものではなく、あくまで確率を下げるだけです。

どのように使うかは自分次第です。
軽自動車と普通乗用車では維持費は軽自動車の方が安いです。
でも、衝突したときに死ぬ確率は軽自動車の方が高いです。
それと同じことではないでしょうか。

確率の問題です。
XPはサポートが終了しましたが、現在は普通に使えます。
新たなセキュリティーホールが見つかったという報道もありません。
枯れたOSなので、新しいバグはほとんどないと言えます。

また、最新のWin8.1でもセキュリティーホールが無いという保障は
ありません。現在の最新のOSであり、サポートされていますが、
セキュリティーホールが発見されてから、OSのパッチまでは通常は
1週間くらいかかりますから、その間は無防備になります。

XP用の延命ソフトを入れるのも、XPの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報