12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

真田佐衛門佐幸村
真田大助幸昌
後藤又兵衛基次
長宗我部宮内少輔盛親
明石伯耆守全澄
長岡興秋
大谷吉久
塙団右衛門直之
薄田隼人正兼相
毛利豊前守勝永
木村長門守重成
大野治長
大野治房
速水甲斐守
淡輪重政
増田盛次
渡辺糺
福島正守



この中で生き残った牢人はいたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>この中で生き残った牢人はいたのでしょうか?



地元(豊臣政権の三中老の1人だった生駒家支配)の伝承ですが・・・。
真田佐衛門佐幸村・大助親子ですね。
大阪夏の陣で敗れた幸村は、地元に落ち延びて来たとの事です。
そこで、庄屋の家で傷を癒しました。
よくある話で、(世話をしていた)庄屋の娘とねんごろになり男児をもうけています。
※今でも、この子孫は「六文銭」が家紋です。
傷が癒えた幸村は、大助が待つ薩摩へと落ち延びた!とのお話です。^^;
そういえば、大坂城落城の時「鬼のような真田が、花のような秀頼を連れて、逃げも逃げたり鹿児島へ」という唄が有名ですよね。
実際、鹿児島では秀頼の墓と伝わる五輪供養塔も残っています。
また、秀頼が上陸した浜辺とか「乞食の姿で落ち延びて来た」とか多くの伝承が残っています。
日田藩主は、一子相伝として「秀頼の子孫」となっていますね。
明治維新後の旧藩主への爵位を与える時の家系には、豊臣姓を記載しています。
※日田藩主子孫の方が、一子相伝を一冊の本に書いています。探せば、入手可能。
※私も、数年前に購入しました。
信じるか信じないかは、あなた次第です!(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

幸村は間違いなく戦死してます
逆に家康は間違いなく大阪夏の陣で戦死してます

お礼日時:2013/01/02 13:11

真田幸村は松平忠直の家臣である西尾宗次に、増田盛次は藤堂高虎の家臣である磯野行尚に、木村重成は井伊家家臣の安藤重勝(同家家臣の庵原朝昌とも)に、薄田兼相は水野勝成の家臣である河村重長によってそれぞれ討ち取られています。


後藤基次・大谷吉久(吉治とも)・塙直之は乱戦の中で討死し、長宗我部盛親・大野治房は徳川方によって処刑されました。
真田幸昌・毛利勝永・大野治長・速水甲斐守(守久)・淡輪重政・渡辺糺は自害し、長岡(細川)興秋は父・忠興の命で自害しました。
明石全登・福島正守は戦後行方不明となっています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2013/01/07 18:48

 ずいぶんたくさんの名前が出てきましたね。

良い本をお持ちなのですか?

 これらの人物のうち、「明石全登」と、「福島正守」は、生死不明です。ほとんど、全滅ですね。

 明石全登は、敵陣に突入して行方不明になったので、討死の可能性が高いです。

 福島正守は、幕府による残党狩りでも発見されなかったので、やはり討死の可能性がありますが、生き残ったにせよ、その後、歴史の表舞台に出てくる事はなく、また、残党が幕府に危機をもたらす様な事もなかったので(由井正雪の乱はありますが、残党の縁者が関わったかどうかは不明)、豊臣氏の影響力を消す目的は達成されたと言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2013/01/02 13:11

明石掃部頭全登(全誉とも。

読みはオシトウ、実名は守重)
は間違いないでしょう。他の武将と違って戦死が史料で確認できません。
一部戦死説があるようですが出典がよくわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水野隊に討たれたという説が有力ですよね

お礼日時:2013/01/02 13:10

後藤又兵衛基次



は、一応、生き残っていた。ということにしておいてください。

地元の伝説なもんで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

又兵衛さんは残念ながら…

お礼日時:2013/01/02 13:09

まさしく、あずきさんは歴美女ですな、私はこの並び立てられた牢獄人の事は全く知りません、オット!真田幸村、長宗我部盛親は、少しだけ知っていますが。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2013/01/02 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪の陣のとき、豊臣方は負けずにすんだのでは?

大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

大阪城の守りは非常に固く、徳川方は大阪城の一番外型の堀の石垣に触れることさえできず、
真田丸では多くの戦死者を出し、戦いの最初のころは豊臣方が優勢だったと聞きます。

兵力としても徳川方20万だったのに対して、豊臣方は10万で、絶望的な差ではありません。

そこで活躍したのが、大砲だったと聞きます。
昼夜を問わず、4キロから6キロ先まで届く大砲を打ち、指揮官である淀の方を精神的に
追い詰め、和睦に持ち込んだと聞きます。
大砲はめったに当たることがなかったものの、運悪く居間に落ちたものが次女数人をバラバラにして、淀の方を恐怖させたとか、柱が折れたとか。

しかし、大砲が何発撃たれようが無限ではないのだし、滅多にあたらないため大阪城の防御力を下げたり、落城させたりするような威力まではなかったと思うので、私としては、最後まで戦っていれば豊臣方が勝っていたのではないかと思うのです。。
(運悪く、淀の方のいるところに弾が落ちて、命を落とす可能性もありますが、その確率は低いと思います。精神力の戦いだったと思います)

jこの考え方について、どうでしょうか?
ご意見等、お願いします。

大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

大阪城の守りは非常に固く、徳川方は大阪城の一番外型の堀の石垣に触れることさえできず、
真田丸では多くの戦死者を出し、戦いの最初のころは豊臣方が優勢だったと聞きます。

兵力としても徳川方20万だったのに対して、豊臣方は10万で、絶望的な差ではありません。

そこで活躍したのが、大砲だったと聞きます。
昼夜を問わず、4キロから6キロ先まで届く大砲を打ち、指揮官であ...続きを読む

Aベストアンサー

>大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

回答・・・難しいと思います。
特に兵糧攻めにあったらもたないかと。
毛利元就による尼子の月山富田城攻めのように、2年近くの兵糧攻めにあい敗北した戦例もあります。
大阪城もそうなる可能性があるかと。
それに長期間、兵の士気を維持できるかの問題もあります。
期待されていた豊臣恩顧の大名の多くは徳川方につき、味方は劣勢。その上、大砲を一方的に打ち込まれていては…
そもそも徳川方は真田丸での敗北後に神経戦を仕掛けるようにしています。
夜に鬨の声を上げたり、鉄砲をうちかけ大阪方を眠らせないようにし、さらに大砲での攻撃です。
兵の士気をどうやって維持するのか…

一方、徳川方は兵糧不足に悩まされた事もあるようですが、これは一時的な混乱という説もあります。京を遠く離れた遠方ならともかく大阪近辺は堺など港も多く商業地帯としても発展していましたから、兵糧の確保も一旦、道筋をつければそう難しくないかと思います。

ただし、豊臣方が籠城で持ち堪えるのは難しくても、作戦によっては勝てたのではないかと思います。

そもそも「夏の陣」でさえ、真田幸村と毛利勝永らの活躍により徳川方は叩かれ、家康本陣は崩れ、三方が原の敗戦以来、初めて馬印が倒され、家康も敗北を覚悟し切腹をしようとしたという話があるくらいです。
もし豊臣秀頼が出陣し全ての予備兵力を戦線に注ぎ込んでいたら…
もし明石全登の別働隊の作戦が成功していたら…
豊臣方は家康の首をとり状況は大きく変化し勝利する事ができたかもしれません。

そういう事を勘案すると、もし「冬の陣」においても、籠城するばかりでなく機を見て南の家康本陣に対し攻撃に出ていたらどうなったか…
徳川方は大阪城の四方を囲みました。
浅野、蜂須賀、鍋島、上杉、佐竹等は東、西、北に配置されており、南に徳川方の全軍がいたわけではありません。
確かに南の家康本陣は厚いです。前衛には前田、伊達、藤堂らもいました。
しかし、兵力の減った「夏の陣」でさえ正面攻撃で家康を追い詰めたのです。
ならば「夏の陣」より兵力の多い「冬の陣」において乾坤一擲の突撃を茶臼山の家康本陣に向け行えば、あるいは家康の首をとれたかもしれません。
ちなみに真田幸村は12月20日に家康本陣への奇襲を進言しましたが採用されませんでした。

「冬の陣」では籠城策よりも、籠城策からの野戦への転換ならば豊臣方にも勝利の希望はかなりあったのではないかと思っています。

>大阪冬の陣で大阪城は落ち、豊臣は滅亡しましたが、対応を間違えさえしなければ、持ちこたえることができたのではないでしょうか?

回答・・・難しいと思います。
特に兵糧攻めにあったらもたないかと。
毛利元就による尼子の月山富田城攻めのように、2年近くの兵糧攻めにあい敗北した戦例もあります。
大阪城もそうなる可能性があるかと。
それに長期間、兵の士気を維持できるかの問題もあります。
期待されていた豊臣恩顧の大名の多くは徳川方につき、味方は劣勢。その上、大砲を一方的に打ち込まれていては…
...続きを読む


人気Q&Aランキング