X線の発生の原理と装置の仕組みについて、教えてください。
分析機器の蛍光X線のことについて調べたいんです。
だいたいの原理はわかったのですが、X線発生原理がわからないので、教えてください。
もしくは図でわかりやすく説明されてるところがあれば、そのURLだけでもかまいません。
お願いしますm(._.)m

A 回答 (1件)

蛍光X線はある特定の波長のX線をそのエネルギー準位を持つ元素と同定する分析方法ですから、出てくるX線は特定X線ですね。

(何故蛍光というかは、物理化学の教科書の蛍光とりん光の欄を見ていただければいいとおもいます)

そもそも、X線は熱電子(タングステンフィラメントが良く使われますね)をターゲットにぶちあててその熱電子の運動エネルギーがX線(と熱)に換わって出てきたものです。この時に出てきたX線は連続的なスペクトルをもつので、連続X線といいます。

特定X線は原子の内殻電子の移動(遷移)によって生じます。
1.原子にエネルギーを与えるとエネルギー準位の低い電子軌道に空位ができる
2.そこにエネルギー準位の高い電子が流れ込むことで安定化します。
3.安定化するわけですから、その分の余分なエネルギーがX線となってでてくる。

というわけです。
基本的に内殻電子は物質によって軌道(エネルギー準位)が決まっているので、物質に特有のエネルギー(波長)をもったX線が発生します。

参考URL:http://www.ss.teen.setsunan.ac.jp/x-source.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、ありがとうございます!!
わかりやすいです!
参考URLもとてもよいです!
初めて教えてgooを利用したんですが、こんなすぐにしっかりした解答をもらえると思いませんでした!
ホントありがとうございます!!

お礼日時:2001/05/21 13:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIllustratorで線がクレヨン風のイラストを作りたいのですが…

お世話になります。
Illustratorにてイラストを描くのですが、
パスの綺麗なラインではなく、ちょっとガタガタっとした
味のある線にしたいと思ってます。
イメージとしては画用紙にマジックで描いたようなちょっと
滲んだ線です。

イメージとしましては、下記urlのようなイラストです。
http://www.orangepage.net/ad/orangepage_cafe/index.html

自分が試したやり方としましては、パスでイラストを描いて、
線をブラシライブラリに登録してある「アーティステック」等で
いろいろ試しましたが、イメージと合いません。
ブラシの設定だとやり過ぎで、もっとurlのような素朴な感じにしたいのです。

そこで、画用紙に下書き→スキャン→ライブトレースをしたのですが、
やはり線があまり綺麗ではありませんでした。

urlイラストを描いた方は、ライブトレースなのかな?とは
思っているのですが、こういうイラストを描くにはどうしたら
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

2番の方の言われるように、
完成イラストとしてはイラストレータEPS形式で保存されていても、
輪郭線は手書きをスキャニングされたように見えます。

モノクロ2階調(線画)で読み込んで、カラーモード(CMYK)に変換し、選択範囲からパス化、着色。
またはモノクロ2階調またはグレースケールのTiff画像をイラストレータで着色、スウォッチで塗りを設定してあるのではないでしょうか。

気負わず、簡単な方法で仕上げるのが素朴感を演出するこつでは?

Qある自然水を知人の会社の蛍光X線装置で分析してもらいました。頂いたチャ

ある自然水を知人の会社の蛍光X線装置で分析してもらいました。頂いたチャートにはPt(白金)のピークがかなり大きくでています。蛍光X線装置で得られたデーターの信憑性について教えてください。
蛍光X線装置の結果に対して間違っている可能性があるとすれば、どのようなことが考えられますでしょうか。
(装置の原理は調べてみましたが、その理論通りに装置としての結果は100%(近く)間違いないといいきれるものでしょうか。チャートに印字されている各元素名は、その検体に本当に存在すると言い切っていいのでしょうか。)

Aベストアンサー

はい、まず100%間違いありません。

Q天野喜孝先生のイラストの主線の画材はなんですか?

天野喜孝先生のイラストの主線(主にカラーイラスト)は何の画材を使用していらっしゃるのでしょうか。

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ。私の知る範囲で答えさせていただきます。
「季刊コミッカーズ」の冬号で、天野先生のイラストの製作風景やインタビューが約6ページ分掲載されているのですが、それによりますとペンの描写が「専用ペン」としかされていません。そのペンが写真で載っているのですが、すみませんが私には何という名前かわかりません・・・。ちなみに、「ペンの先をカッターで削ってから・・・」とあります。持つ部分はどうやらプラスチックのようで、先の部分(木炭のような感じ?)をつけペンのように刺して使うようです。
あいまいな表現ばかりで申し訳ありませんが、少しでもお役に立てたら幸いです。

Q蛍光X線検量線の正確性判断について

うちの会社の蛍光X線の検量線はこの6,7年間ほとんど校正せずに
使用してだいぶずれています。

今回6,7年前に作成した標準試料板にて検量線を校正していますが、
一直線に乗るものもあるし、直線から外れているのもあります。

問題:校正後の検量線の正確度を分かる方法ってどんな方法でしょうか?
    教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私ならこう対処します。
  (1).測定対象物質又はこれに近い物質の標準試料を数点用意します。
  (2).試料の中から、低濃度、高濃度の2本を選びます
  (3).それぞれ、n=10の連続測定を行います。→特性値は蛍光X線強度
  (4).それぞれの、変動係数(CV)が大体10%以下であることを確認します。 
  (5).10%を上回っている場合は装置の点検(管球の劣化、電気的ドリフトの増加等)
     を行います。又、装置メーカに問い合わせてCVが10%以下になるかどうか
     相談します。
  (6).CVが10%を下まっわていれば、通常分析範囲をカバーする濃度範囲の試料で
     検量線(検量式)を作製します。(5点以上)
  (7).検量式の濃度と蛍光X線強度の相関係数が0.95以上(要求分析精度による目安
です)であれば検量式は問題ありません。0.95以下であれば、標準物質を含めて、
測定条件の検討を行と同時にメーカに問い合わせて下さい。以上が大まか
な装置性能判断手順ですが、装置が古いのでCV,相関係数がこの通りとは限り
ません。
      変動係数(CV)=(試料試料の連続10回測定のバラツキ(σ)/10回の平均値)×100

 
  

私ならこう対処します。
  (1).測定対象物質又はこれに近い物質の標準試料を数点用意します。
  (2).試料の中から、低濃度、高濃度の2本を選びます
  (3).それぞれ、n=10の連続測定を行います。→特性値は蛍光X線強度
  (4).それぞれの、変動係数(CV)が大体10%以下であることを確認します。 
  (5).10%を上回っている場合は装置の点検(管球の劣化、電気的ドリフトの増加等)
     を行います。又、装置メーカに問い合わせてCVが10%以下になるかどうか
     相談します。
  (6)....続きを読む

Qphotoshop6で、イラスト(線)の色を全て一回で変える方法を教えてください。

黒ラインのイラスト(線のみ)をスキャナーで取り込みphotoshopで加工しています。イラスト全ての線の色を一回で別の色にしたいのですが、photoshop6での方法がわかりません。今は自動選択ツールを使って部分的に線の色を変えていますが、もともとの線の太さが違うようで(途切れてスキャンされた線もあり)何度も回数をかけなければ全体の線の色を変える事ができません。線の太さを均一にする作業から教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。好きな色を指定できて、なおかつ楽な方法を思い出しましたのでご報告差し上げます。

--ステップ1------------------------------------------
スキャンした画像を読み込んだあと、

イメージ→色調補正→
明るさ・コントラスト→(適度に調整してください)

--ステップ2------------------------------------------
次にスキャンした画像の上に、調整レイヤーを作ります。

レイヤー→新規調整レイヤー→「グラデーションマップ」を選択後、そのままOKボタンを押してください。

--ステップ3------------------------------------------
「グレースケールマッピングに使用されるグラデーション」という、グラデーションの帯の表示が出てきます。
これをワンクリックしてみてください。
次に、グラデーションエディタというウィンドウが出てきます。このウィンドウの上部にあります、
「プリセット」の中から、白と黒が最もハッキリしたグラデーションを選択してください(Photoshop7.0では
左上から三番目にあるのですが、おそらく6.0でも同じかと思われます)。

これを選択すると、このグラデーションエディタウィンドウ下部にあります、グラデーションの帯の表示が
コントラストの強い、白と黒の帯に変わります。
この帯の上下左右に配置されている、四角いマーカーのような
オブジェクトのうち、左下のものを、ワンクリックしてみてください。

グラデーションエディタウィンドウ最下部にあります、「カラー:」の右にある小さな窓が真っ黒になったと思います。
この小さな窓を、ワンクリックしてみてください。

カラーピッカーウィンドウが表示されると思います。あとは、この中から好きな色を選ぶとよいでしょう。
※気に入った色は、色見本に追加するか、16進表記をメモしておくことをおすすめします。
(例えばオレンジであれば FF9600 などという数字です)

描線を好きな色にできたら、必要な場合表示レイヤーを結合してください。



描線を白にしたい場合は、まず、上記ステップ2までの手順を踏んでください。
「グレースケールマッピングに使用されるグラデーション」のグラデーションの帯の表示が出てきます。
この表示の下にあります、「逆方向」という項目にチェックを入れます。
白と黒が反転したと思います。さらに、グラデーションの帯の表示をワンクリックしてみてください。
「プリセット」の中から、白と黒が最もハッキリしたグラデーションを選択してください。
OKボタンを押してこのウィンドウを閉じます。残ったグラデーションのウィンドウも、OKを押して閉じてください。

次に、表示レイヤーを結合。そのままでは背景になっていると思いますので、この背景を
レイヤー→レイヤー複製で複製してください。
そして、レイヤーウィンドウのレイヤー効果メニュー(『通常』と表示されているところです)から
「スクリーン」を選択します。

下にある背景レイヤーをCtrl+Aですべて選択。その後、ブラシなどで白より暗い適当な色で塗ってみてください。
これで画像の描線が白色に変更されていることが確認できます。

どうでしょうか。ご参考になれば幸いです。

たびたびすみません。好きな色を指定できて、なおかつ楽な方法を思い出しましたのでご報告差し上げます。

--ステップ1------------------------------------------
スキャンした画像を読み込んだあと、

イメージ→色調補正→
明るさ・コントラスト→(適度に調整してください)

--ステップ2------------------------------------------
次にスキャンした画像の上に、調整レイヤーを作ります。

レイヤー→新規調整レイヤー→「グラデーションマップ」を選択後、そのままOKボタンを押してください。
...続きを読む

Q蛍光X線分析でのFP法・検量線法について

蛍光X線分析(装置は波長分散型)を行う際に、一般にFP(ファンダメンタルパラメータ)法、検量線法の何れかを選択しますが、その判断基準について教えて下さい。

分析したい試料は、おおよその組成比は分かっていますが、特定の成分に注目した場合、試料により±10wt%程度異なることが予想されます。

また、0.001%のオーダーでの分析が出来れば十分です。

あと、試料調製は、粉末、固体とも可能です。
自分が調べた限りでは、今回測定する試料は未知試料と考え、FP法かなと思っています。

アドバイス、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

specialtroupeさん

メーカーに聞いたときに、
  検量線用として準備できる試料がたくさんあるならば-->検量線法
  検量線用として準備できる試料が(1点とか)少ないなら-->FP法
と答えられた経験があります。

更に突っ込んで聞いて行くと、「精度を要求するなら検量線法」という答え
になってしまいます。(メーカーによって返事は違うかもしれませんが)


・・・前置きはこれくらいにして、
まず検量線法で計算してみて、検量線がのらないなどの問題がある場合に、
FP法を検討するという手順が良いと思います。
FP法は、「共存元素の補正」をしてくれるので、共存元素の影響(※)が
危惧される場合は、FP法を用いるのも一つの手かとも思いますが、まずは、
検量線法で問題が無ければ、検量線法を使うべきだと思います。
   ※)一般的に、含有量の少ない元素が多い元素の影響を受けますが、
     含有量の多い元素の原子番号が大きいほど、その影響は大きいです

FP法の弱点は、「全体を100%とする」という前提に基づいているところで
す。この当たりの影響が問題になるかどうかは、利用前に充分検討する必要が
あると思います。

>また、0.001%のオーダーでの分析が出来れば十分です。
これって、結構高感度の分析ですね。 (^_^;)
    # 対象試料が何かを具体的に聞かないと何ともいえませんが

JIS(鉄鋼関係)にも蛍光X線の用い方が書いてあるので、参考にされる
のも良いと思います。

また、粉末試料を測定する場合は、粒度の違いが分析精度に影響する場合が
あるので、その当たりもご注意下さい。
   # その場合は、ガラスビードにするのが最適です。


他の質問に、測定時に「元素単体で指定するか?」と言うのがありましたが、
FP法では、校正する元素全てを対象元素として指定します。
また、簡易FP法と言うのも最近の装置には付いていて、全元素の定性分析
をすれば、元素を指定しなくても一応の定量値を出してくれるメニューもあ
ります。  (この定量値はあてにならないです。目安です。)

specialtroupeさん

メーカーに聞いたときに、
  検量線用として準備できる試料がたくさんあるならば-->検量線法
  検量線用として準備できる試料が(1点とか)少ないなら-->FP法
と答えられた経験があります。

更に突っ込んで聞いて行くと、「精度を要求するなら検量線法」という答え
になってしまいます。(メーカーによって返事は違うかもしれませんが)


・・・前置きはこれくらいにして、
まず検量線法で計算してみて、検量線がのらないなどの問題がある場合に、
FP法を検討す...続きを読む

Qword 段組でイラストを入れると線が消える

word2003を使用しております。

 段組2にして、境界線を入れるにして
イラストを右側にいれ大きさを調整し、右側最大くらいにすると、
段組の線が消えてしまいます。
 イラストに余白があるのも分かりますが、それとは違う状況のようです。
また、図の上下で一番下にしてもだめです。
どなたか、解決方法をお教え願います。

Aベストアンサー

図を右クリック→図の書式設定→「レイアウト」タブで、折り返しの種類と配置を「行内」としてはどうですか。
 

Q蛍光X線を用いた元素の同定

下記問題につき、弊方なりに考えてみたのですが解法が分からず困っています。有識者の方はお手数ですが解法をご教示願います。
問)格子間隔0.438nmの分光結晶を用いて測定したところ、2θ=109°にピークが存在するスペクトルが得られた。
このピークはKα線であるとするとこの元素は何か。
なお、原子番号Zと固有X線の波長λには1/λ=KR(Z-σ)2の関係があり、Rydberg定数R=1.10×107(10の7乗)、Kα線系列ではK=3/4、σ=1とする。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前半の条件を Bragg の式に代入すれば,そのX線の波長が求められる.
その波長を後半の式に代入する.

Q井上雄彦さんのカラーイラストのように、下書きの線がわからなくなるように描く方法

井上雄彦さんのカラーイラストのように、
下書きの線がわからなくなるように絵を描く方法を教えていただけないでしょうか。
いつもは紙にできるだけ薄く下書きをして線を目立たせないようには描いているのですが…。

Aベストアンサー

下書きをせずに、絵の具で描く。という方法もあります。

あるいは、
水彩なら塗ったあとでも、上から消しゴムをかければ鉛筆の線は消えます。(薄くなります)
もしくは、
水彩色鉛筆で下書き(清書)します。これなら色を塗ったら線が溶けて絵の具と混ざります。

井上雄彦さんはどういう描き方されているのか気になりますね。

Q蛍光X線

蛍光X線でTi成分の分析をしました。
ピークのLineでTiKaやTiKbのKaやkbというのは、
どこの電子からのものなのでしょうか?

Aベストアンサー

物質にX線(一次X線)を照射して原子の内殻電子を放出させます。
電子が空になったのがK殻で、そこにL殻またはM殻の電子が落ちて
満たされるとき、それぞれKα-X線または Kβ-X線 が発生します。
空になったのがL殻でM殻の電子が落ちて満たされるとき、Lα-X線 が
発生します。
K殻は 1s 軌道ですね。L殻は 2s , 2p 、以下同様。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報