契約者が父で、被保険者が父、受取人が母です。生命保険にはいっていましたが、先日亡くなりました。この場合、母にはどれくらいの相続税がかかるのでしょうか。ちなみに、父には不動産もありませんし、預貯金も少ししかありません。
どれくらいの税金か心配です。

A 回答 (2件)

法定相続人が相続する遺産の額に、生命保険金を加算した額が、相続税の非課税限度を超えていなければ、全員に相続税はかかりません。



具体的には、法定相続人1人当たり1000万円と定額分5000万円が相続税の非課税限度です。
相続人が2名の場合は7000万円が非課税限度額です。

遺産金額+保険金が非課税限度額以内なら、相続税は誰にもかかりません。
非課税限度額を超えた場合は、お母さんを含む相続人それぞれに相続税が課税されますから、10ケ月以内に相続税の申告をすることが必要になります。
    • good
    • 0

相続税は


   基礎控除 5000万円+相続人1人につき1000万円
までは非課税です。
   妻と子1人なら  5000+(2×1000)=7000万円
   さらに配偶者特別控除が1億6千万円まであります。
そして生命保険金はさらに別枠で法定相続人1人につき500万円
あります。
   前例なら生命保険金は1000万円が非課税になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ