契約者が父で、被保険者が父、受取人が母です。生命保険にはいっていましたが、先日亡くなりました。この場合、母にはどれくらいの相続税がかかるのでしょうか。ちなみに、父には不動産もありませんし、預貯金も少ししかありません。
どれくらいの税金か心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法定相続人が相続する遺産の額に、生命保険金を加算した額が、相続税の非課税限度を超えていなければ、全員に相続税はかかりません。



具体的には、法定相続人1人当たり1000万円と定額分5000万円が相続税の非課税限度です。
相続人が2名の場合は7000万円が非課税限度額です。

遺産金額+保険金が非課税限度額以内なら、相続税は誰にもかかりません。
非課税限度額を超えた場合は、お母さんを含む相続人それぞれに相続税が課税されますから、10ケ月以内に相続税の申告をすることが必要になります。
    • good
    • 0

相続税は


   基礎控除 5000万円+相続人1人につき1000万円
までは非課税です。
   妻と子1人なら  5000+(2×1000)=7000万円
   さらに配偶者特別控除が1億6千万円まであります。
そして生命保険金はさらに別枠で法定相続人1人につき500万円
あります。
   前例なら生命保険金は1000万円が非課税になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父が去年亡くなり、契約者父、被保険者母、死亡受取人兄、の保険証書がみつかりました。

兄は何度も借金を繰り返し、母は兄に内緒で死亡受取人を私に変更したいといってますが、兄に内緒でできますでしょうか?相続手続きは、母を契約者・被保険者ですることにしました。郵便局の簡易保険なのですが、その手続きと同時に受け取り人変更も行おうと思います。普通の受取人の変更には、契約者の意思で前受取人に知れることなく手続きできると聞いていましたが、同時となると兄に連絡がいってしまうのか心配です。
相続手続きだけして、しばらくたってから受取人変更したほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

保険契約は契約者に全ての権利があります。
契約者は受取人を変更することができます。
その際、受取人に意志は全く関係ありませんし、もちろん連絡も行きません。

ですから保険契約をお母様が相続するのであれば、全く問題ありません。

Q生命保険の契約者、被保険者、受取人

死亡時に3000万の終身共済に、夫も妻の私も加入しています。
まず、一つ目の質問は、契約者というのは、保険金を支払う人のことですか?
夫の保険料も、妻の私の保険料も夫の口座から引き落としになっています。
 妻の私が支払っていることにするためには、妻の私の口座から引き落とさないといけないのでしょうか?
それとも、便宜上、夫の口座から引き落とししているが、支払っているのは私(妻)です。ということはいえるのでしょうか?
契約者が誰かによって、保険金が下りたときの税金が違ってくると思うのですが、所得税と、相続税はどちらがお得なのでしょうか?ちなみに子供は一人です。

Aベストアンサー

契約者が妻であっても、夫の引き落とし口座を使用した場合、
万が一の際税務署の調査が入ってそのことが判明したら
実際の保険料負担者は夫である=実質的な契約者であると
判断された判例があります。
契約者と保険料負担者が同一であると主張するためには
契約者名義の口座を使用することに勝るものはありません。

契約者と受取人が同一(契約者、受取人=妻、被保険者=夫)の場合
万が一の際の保険金は贈与税ではなく所得税に該当します。

生命保険料控除は保険料口座名義人(実質的支払者)に関わらず
契約者宛に発行されます。
現在契約者となっている妻の確定申告に使用すること自体は
問題ありません。

しかし前述したように、イザという時の税務署の調査で
保険形態と実質保険料負担者が明らかに異なる場合
実際は形態と異なるかけ方をしているとみなされる恐れがあります。
そのような事態を防ぐためにも、
契約者=保険料負担者となるようにされることをお勧めします。
確定申告を優先させるのであれば引き落とし口座を妻名義に、
万が一の保険金の税金を優先させるのであれば保険契約者を夫に、
いずれかを選択されて変更するのがよろしいでしょう。

契約者が妻であっても、夫の引き落とし口座を使用した場合、
万が一の際税務署の調査が入ってそのことが判明したら
実際の保険料負担者は夫である=実質的な契約者であると
判断された判例があります。
契約者と保険料負担者が同一であると主張するためには
契約者名義の口座を使用することに勝るものはありません。

契約者と受取人が同一(契約者、受取人=妻、被保険者=夫)の場合
万が一の際の保険金は贈与税ではなく所得税に該当します。

生命保険料控除は保険料口座名義人(実質的支払者)に関...続きを読む

Q被保険者が受取人となる保険金等の代理請求特約

生命保険、会社で入りましたが、住まいの地区の担当者が時々やってきます。
「被保険者が受取人となる保険金等の代理請求特約」を付けましょうと言っています。
まあ、追加保険料の追加が必要のない特約は付けてもいいのでしょうが、これは後に続くほかの目的のためのエサなのでしょうか・・・
「特約の追加だけならいいよ」、と言っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

担当者が特約付加を薦める目的は、最終的に契約に結びつけることです(もちろん指定代理請求特約はお客様にメリットがある特約なので、サービスの意味もあります)。だからと言って、特約付加を拒否しないでください。付加しておいて得になることはあっても損することはありません。手続きするときにいろいろな提案をしてくるかもしれませんが、興味がなければきっぱり断れば済むことです。

ただ会うのが面倒だとか、気が弱くて勧められたら断る自信がない、という方もいるかもしれません。そういう方はコールセンターに電話して、指定代理請求特約を中途付加の書類郵送を依頼しましょう。担当者に持参させる、と言われるかもしれませんが、あくまで郵送でと言えば、ほとんどの保険会社が郵送してくれるはずです。

Q被保険者と死亡保険金受取人って同一人物可能?

生命保険で被保険者と死亡保険金受取人を同一人物に指定することは可能でしょうか?身内がいない為、万が一の場合は死亡保険金を寄付したいと考えています。そのため遺言を残しておきたいとも考えております。お分かりの方、いらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

可能です

受取人本人での契約は一般的です。

法定相続人が自動的に受け取る事になります。
遺言が在っても、全額の寄付は出来ないようです。
http://www.souzokuguide.com/testation/

1/2は可能でしょう。

また、法定相続権者は
http://www.souzokuguide.com/legal/

それ以上の遠い血縁者については相続権は無いようです。
http://www.sozoku.net/archives/heir/

Q定期保険の契約者・被保険者・受取人の関係について

定期保険の契約者・被保険者・受取人の関係について

契約者:私
被保険者:元夫
受取人:私もしくは子供
で定期保険かけようと思っていますが、
かけることはできますか?

元夫に私への借金があること、養育費の問題などがあって、保険をかけておこうと思っています。

Aベストアンサー

基本的には できません。

契約者と被保険者が他人になりますので、引き受けできません。

また、万が一引き受け可能だとしても、元夫がなくなったときに支払われた保険金は・・・

質問者様が受け取れば・・・一時所得
お子様が受け取れば・・・贈与

どちらも結構な税金が発生します。


一番いいのは、元夫が契約者、被保険者となり、お子様を受取人にすれば、
契約も可能ですし、受け取った保険金は相続税の対象になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報