老年(人)性精神障害とはどんな病気でしょう?
 痴呆とは違うのですか?

A 回答 (2件)

老年性精神病は、老年期に発症し精神病症状を呈する疾患の全てを含むものから、特定の病態を指すものまで種々の概念があります。

それらの中には、
 1)老年期に発症する精神病の全てを含む場合
 2)分裂病、躁うつ病、脳血管性痴呆、せん妄を除く老年期の精神病を指す場合
 3)老年痴呆、脳血管性痴呆、分裂病、躁うつ病、心因性精神病、中毒性精神病を除いた老人特有の精神病を指す場合
 4)老年痴呆(アルツハイマー病も含む)および脳血管性痴呆を指す場合
 5)老年痴呆と同義の場合
などがあります。このように概念が曖昧であるため、現在では殆ど用いられないようです。

以上、医学大辞典(医歯薬出版)からの抜粋でした。専門的な言葉が多くて参考になるか分かりませんが、参考になれば幸いです。もうちょっと噛み砕いて説明できれば良いのですが、専門家ではないので…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 一応精神医学や心理学を習ったので,理解できました。とても参考になりました。かなり広い解釈をされるのですね。難しい
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/22 00:07

まず、どのような症状の時にこの病名をつけるのかを述べます。



基本的には60歳以上で、過去に精神分裂病等の精神疾患の既往が認められないが、今現在、幻聴、妄想などの病的体験を持っており、其の原因が脳の老化現象によるものと考えられる場合につけます。

また、痴呆とは異なります。明らかな痴呆症状が認められれば、この病名は一般にはつけません。もっとも、担当医師の見方によって病名も変わってきますから(特に精神科の場合)、納得のいくまで尋ねられるのもいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 具体的な感じで書いてありとても解りやすかったです。ありがとうございます。今度先生や看護婦さんに聞いてみます。

お礼日時:2001/05/22 00:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ