『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

現在大学4回生の学生です。

私は、高校時代(工業高校)、そんなに勉強はできないのですが、歴史に興味を持ち、また、もう少し世界観を広げたく、就職せずに

指定校推薦で私立の大学に入学しました。

正直、私は文章を書くのが苦手で、入学してレポートをあまり書かなくてよい授業(必修以外)ばかり選んできました。

そして、現在4回生で卒論以外の単位はすべてとったのはいいにですが・・・・・・

それで、少し怠けてしまい(学校、図書館への片道が乗換3回で1時間以上というのもあり)、また、文章、読むのも書くのも苦手で
卒論がなかなか書けなく、先生に手伝ってもらい

去年の終わりごろに、どうにか卒業論文を提出しました。

しかし、家に帰って、提出した卒論を読み返すと
誤字脱字が多く・・・・
尚且つ、今、1月末にある口頭試問に向けて、卒論の内容を改めて
理解しようとしているのですが、わからないことが多すぎて・・・・
なかなか全体を把握出来ないでいる状態です。。



今は1月7日にゼミで発表する卒論の要約も、9ページ書かなくてはいけないところ、2ページしか。。。
その2ページの内容も理解してないぶん・・・・

毎日、なんであの時ちゃんと・・・と反省するばかりで涙がでます。。。。。
でも、泣いててもやらなくては解決しないので。。。。


毎日、毎日、卒業できるかという不安とあせりで
読むのも理解するのも遅い自分が嫌になり
てんぱってしまいます。



何をいいたいのかよくわからなくなりましたが(汗)

みなさんからのアドバイスなど、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

あさっての話なので,これまでの経緯や理念を言ってもしょうがないでしょうね。



うちでも「卒論要旨集」を編集・刊行しますが,書き方をわかっていない学生もたしかにいるのですね。地方国立大学文学部で。だから,「執筆の見本」みたいなものを渡して草稿を書かせ,かつ,指導教員が添削して入稿しなければなりません。工業高校から指定校推薦で歴史学科に入れるレベルの私立大学なら,その悲惨さは推して知るべし。

「執筆の見本」(上述の懸念から,ぼくが教務委員長のときに作成した 笑)から,さわりを書きましょうか。とにかく9ページをでっちあげなきゃいけないんでしょ?

・論文構成(章・節の見出しを列挙,0.5ページ)

・目的(既存研究でこれがわかっているので,自分はこれを明らかにしたかった,2ページ)

・方法(どんな史料をどう使ったか,3ページ)

・結果(こんなことがわかった,3.5ページ)

・結論(結果をもう少し抽象的・大風呂敷で書く,1ページ)

でめでたく卒業じゃ 笑。たぶん,あなたの場合は,「文章の要約ができない」という問題もかかえていると思います。いちど(指導教員が加勢したとはいえ)卒論が存在するんだから,それをもういちど読んで理解し,「これだけは外せない」という記述を残せば(内容はともかく)要約らしきものになります。いまはワープロ編集なので,キー操作でなんとかなるでしょう。
    • good
    • 3

>今、1月末にある口頭試問に向けて、卒論の内容を改めて


理解しようとしているのですが、わからないことが多すぎて・・・・

何故、自分で書いた論文が理解出来ないのですか。
    • good
    • 2

卒業論文を提出しました。



しかし、家に帰って、提出した卒論を読み返すと
誤字脱字が多く・・・・

最低だね。

それでも現在4回生って一体どこの大学?

高1から人生やり直した方がいいんじゃないの?

だが ともかく、後は精一杯逃げずに立ち向かうしかないでしょ
    • good
    • 3
この回答へのお礼

悪口ありがとうございます。

お礼日時:2013/01/05 11:07

 馬鹿馬鹿しくてお話しにもなりません。

文章能力がない以前にあなたは大学で学ぶことの意味すら理解していなかった。この4年間一体何をしてきたのでしょうか、言われるままの受動的な姿勢で過ごしてきたなら、何も求めることがかなわなかったのも当然の帰結です。
 卒論がある、ならば恐らくは文学部の歴史学科と推測されますが、僕も同じ領域で仕事をしている立場です。学部の卒論ならば、それは論文を書くための手順や作法を観る程度のものでしかありません。内容的には論文とも言えない質のものです。
 あなたが、その対象を選択した理由、それに対する現在の研究レベルがどの様に深化しているかとの研究史的総括とそこから炙り出される問題点、それに対しあなたはどの様にアプローチし、どの様な整理を行い、どの様な帰結を導き出し、今後どの様な展開へと結び付けようとするかなどは提出した卒論に「最低限」書き込んだはずです。それをそのまま口頭試問の時に応えれば済むだけの話です。
 卒論を提出したとはいっても、それに対する評価は別です。No.2の方がどの様な根拠に基づいて無責任なアドバイスをしているのかは定かではありませんが、少なくとも僕が勤務する大学では「指導教員の責任」などの問題は派生しない。それは大学が「学生が自ら主体的に問題意識を持って学ぶ場」であり、そうした場では初等教育課程(小中学校)やなどの様に教員が学生に手取り足取りする必要などないのです。つまりは「教える場」ではない。
ですから「卒論で落とすことはしない」などのアホけた慰めなどは嘘でしかないといえます。
 なぜ質問者は「卒論の執筆」を途中で断念しなかったのでしょうか、不思議です。ただ「履修単位」に必要だからとの理由だけで書き進めていたならそれは甘えとしか言いようがありません。元々、卒論を書くに必要なだけの知識も理解も不足していたならば、卒論指導で必要な途中経過と進捗に関する相談をする過程で指導教員からアドバイスがあったはずです。それはイエローカードであるとわかりませんでしたか?。それを見逃したほどですから仕上がった卒論の内容も推して知るべしです。
 諦めて留年することをお勧めします。そして留年するには指導教員に相談する以外にありません。提出したこととその評価は別問題です。内容に不備があればそれは当然「不可」になりえるはずです。今の質問者に当てはまる言葉は「身から出たさび」「覆水盆に返らず」です。一刻も早く指導教員と相談し、捲土重来を期してください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ごもっともだとは思います。

ですが、そこまで大学に対して真剣に考えてない学生多々いることも事実です;

この学生生活
学問の面ではどうかわかりませんが;
自分自身をしっかり見つめなおし、知る機会にはなったと思います。社会に出たら、これ以上に厳しいのだろうなとひしひしと感じますが。。。。

回答ありがとうございました(>_<)

お礼日時:2013/01/04 19:40

いや、もう詰んでるでしょ。


指導教官に相談してどうするつもりです?
私だけ特別扱いしてください、とでもいうのですか。
面の皮が厚い人ですね。
こんな人がいるなんて正直、ドン引きです。

この回答への補足

詰む?;

卒論は口頭試問も含めての評価なのですが・・・(^^;

補足日時:2013/01/04 19:20
    • good
    • 0

卒論の指導教官に、正直に相談するのが一番です。



私が大学生の頃、学科のある教授がおっしゃっていたのですが、「卒論の成績は、卒論の指導教官が最終的につけるが、卒論の単位を落とすということは、指導教官の指導不足ということになるので、提出すればまず単位は落とさない(出来によって、成績は違う)」だそうです。

大学によってシステムの違いはあるかもしれませんが、また私の時代とも違うかもしれませんが、学生の力量にあった指導をしない、放任主義の教授というのは、それはそれで問題があります。
しかし、放任主義でない教授でも、それぞれの学生の力量を、完全に把握できているわけではありません。
「ちゃんとやれ」と尻を叩けば、放っておいても自分でやるとか。
文章を書き慣れている・本を読むのが好きと分かっているが、資料さえ用意できれば卒論が書けるのに、資料の探し方が分からないから、資料の探し方は指導しておくとか。
文章を理解するのも、理解してもそれをまとめて要約するのも、難しいと感じる学生だと分かっていれば、何をどう書けば要約になるか、そのやり方を指導するとか。

とにかく、自分は今、何が出来なくて困っているか、指導教官に相談してみましょう。
指導教官も、自分の指導不足で卒論単位を落とさせた、と言われないために、話を聞いてくれるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(>_<。)

そうですね(>_<;)
相談します!

諦めず、がんばります。

お礼日時:2013/01/04 18:32

不安なのは分かりますが、考えてばっかりいても前には進まない。


先ずは指導教官と相談して下さい。急ぎであれば、自宅でもよいじゃ無いですか。そこまで頑張っているのも分かって貰えれば、例えば、論文締め切りが何時までなので、そこまでにやってこいとか、他の教授と相談して、論文の審査をそれまで遅らせる手配をするとか、いろいろ対応は検討して貰えます。

 で、就職されると思いますが、会社でも同じ。とにかく問題が起これば、自分一人では解決できない場合が殆どなので、とにかく上司・関係先に状況を連絡して、対応を一緒に検討することが必要です。

 今での反省も重要ですが、もっと重要なのか、トラブル時のアクションを早くする・同じミスを繰り返して起こさない、ですから、社会に出る前によい経験が出来たと思って、前向きに考えて対応して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(>_<。)

少し、ホットしました。

口頭試問まで、
最後まで諦めずにガンバります。

お礼日時:2013/01/04 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論の面接ってどのようなことを聞かれるのですか?

明後日に卒論の面接を控えているのですが、卒論の面接っていったいどのようなことを聞かれるのでしょうか?

調査の目的や方法、その結果等は全て論文に記載していますし、面接を行う意図が分かりません…

また、その面接が原因で単位を落とされてしまうようなこともあるのでしょうか?

正直、私は未だ就活中で卒論どころではないのですが、万が一卒業すらできないなどということになったらと少し不安です。

卒論の面接の意図やどのような質問をされるのか、ご存知の方いらしたら教えてください。

ちなみに私は文学部で心理学を専攻しています。

Aベストアンサー

先の回答にあるように、「口頭試問」でしょう。

大学によって違うのかもしれませんが、一般的な「口頭試問」は、論文の内容(おっしゃっている「調査の目的や方法」「その結果」等)について、論理的に書かれていない部分とか、不備のある点について、「ここはどうなの?」「どうしてこういう結論になったの?」「書き方が分かりにくいけれど、どういう意味?」とか、そういうことを聞かれます。

論文に記載しているから面接(試問)を受ける意図が分からないとのことですが、ご自身の論文が、何一つ不備なく完璧に書けているとお思いですか。
誤字脱字の一つもないとお思いですか。

就職活動でお忙しいとは思いますが、今一度、ご自身の論文を読み直して、誤字脱字等があれば正誤表を作り、「こういうところを突っ込まれるかもしれない」と思える箇所には付箋を立てて、対策を練っておきましょう。

ま、先の回答者がおっしゃるように、実際、今どきの緩みきった大学では、形式的なものに終わるのでしょう。
小生の時代(20年くらい前)でも、最低限、論文としておさえておくべき所がおさえてあれば、諮問で落とされることはなかったようです(逆に諮問によって救われた人はいたようです)。

ただ、形式的なものだからといって、いいかげんな受け答えをしていたら、最悪、落とされるかもしれませんし、そこまでいかなくても最低ラインの成績がついて終わることになるでしょう。
それが就職活動に影響するかどうかは存じませんが、大学生活の集大成である卒論を、少しでもよい成績で残したいと思うなら、今一度、チェックをしておかれることをお勧めします。

先の回答にあるように、「口頭試問」でしょう。

大学によって違うのかもしれませんが、一般的な「口頭試問」は、論文の内容(おっしゃっている「調査の目的や方法」「その結果」等)について、論理的に書かれていない部分とか、不備のある点について、「ここはどうなの?」「どうしてこういう結論になったの?」「書き方が分かりにくいけれど、どういう意味?」とか、そういうことを聞かれます。

論文に記載しているから面接(試問)を受ける意図が分からないとのことですが、ご自身の論文が、何一つ不備なく完...続きを読む

Q卒業ができるか不安です…

現在、文学部4年生の大学生です。
先日無事に内定をいただけてほっとした矢先に気づいたことがありました。
私は卒業できるほど単位をとっていませんでした。
私が卒業するためにはあと16単位が必要です。
そして卒論とゼミで8単位はあるので残る8単位をとらなければなりませんでした。
しかし前期はどう考えても最大4単位しかとれません。
登録の時は就職活動が不安すぎて単位のことを甘く見ており、今は後悔の念で苦しんでいます。
後期に4単位残ってしまうことが不安すぎて最近眠れなくなっている状態です。
ちなみに後期の登録授業はゼミを抜いて8単位分です。
自業自得なのですが、不安で不安でたまりません。
後期に追加登録ができる授業があればあと4コマは授業を入れようと思っています。

この状態に似た状態で卒業できた方はいらっしゃいますか?
またはそういう方は周りにいらっしゃいましたか?

今更すぎる不安なのですが、教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元大学教員です。

他の方のご回答にもありますが、暢気な方でいらっしゃるのか、あるいはそれほど就職に精一杯だったのか、その両方だったのかわかりませんが、今の時期に気づいてよかったですね。
というのも、まだいろいろと対処策を講ずることが可能ですから。

まずは、No1の先生がおっしゃるように、単位を落とすことも考えに入れて、受講する授業の科目数を多めに登録し、なおかつ、卒論のゼミもあって大変だとは思いますが、マジメに出席して、担当教員の印象にも残るように、時々は質問をするなどしましょう。

そして、何よりも、試験には遅刻などせず、もちろんきちんと準備して、合格点をクリアできるように頑張りましょう。

私が経験した例では、1年留年して、5年目の学生なのに、私の担当していた教養科目を受講していた学生がありました。
その学生は、出席回数も最低ギリギリで、期末試験は、1回目では合格せず、再試験にしました。

ところが、再試験が行われる授業時間を間違えたとかで、大遅刻してきました(何時間目というのを勘違いしたというのが、本人の自己申告でした)。
本来なら、即アウトでしたが、その場で(他の再試験該当者もいる前で)土下座して、卒業がかかっているし、就職も決まっていると言い始めたのです。

「卒業がかかっている」とか、「就職も決まっている」という事情は、こちらからいえば、個人的なものですから、フォーマルには関知したことではありませんが、それでも、事前に伝えてくれれば、それなりの配慮はします。

結局、いろいろとやりとりしたあげく、「残り20分でよいなら受験だけは認める」ことにしました。
結局は、他の受検者が退室したあとも続け、当人だけ、15分ほど延長しました。

しかし、おそらくまったく試験の準備をしてこなかったのでしょう。
そのまま採点すればせいぜい15~20点くらいしか取れません。
これでは(再試験に遅刻したあげく、とても合格点にはほど遠い)、悪しき前例になりますし、本人の将来にもよくないと判断し、不合格としました。

その後、その学生の所属する学部の教務から問い合わせがありましたが、事情を説明したところ、「それではやむを得ない」ということになり、卒業認定はされませんでした。

さらに、担任教員や、母親からも直訴がありましたが、事情を説明したところ、学生に非があるのは明らかでしたから、先方も引き下がらざるを得ないという状態でした。
しかしながら、当事者である学生本人は、再試が受けられた=合格と勝手に決めたのか、どうも「卒業旅行」に出かけてしまい、連絡が取れなくなっていました。
どこへ行ったのか、Eメールでの連絡も満足に取れないところに出かけたようでした。

長々と体験例を書きましたが、こういう教員や、大学、世の中を舐めたようなやり方をすると、酷い目に遭う、誰も援助の手をさしのべてくれないということです。

あとで担任に確認したところ、普段からゼミにも出席しておらず、担任教員がかなり濃密に関わってようやく、卒論も提出させたという学生だったようです。

社会に出てからのトレーニングという意味合いもありますから、まずはルールにきちんと則って対応し、自分自身の力で何とかなるように努力するという、当たり前のことが大切だと思います。
「卒業がかかっている、就職は決まっている」という事情は、事前に、あくまでも内々に授業担当教員にお願いおねがいすることでしょう。

ご健闘を祈ります。

元大学教員です。

他の方のご回答にもありますが、暢気な方でいらっしゃるのか、あるいはそれほど就職に精一杯だったのか、その両方だったのかわかりませんが、今の時期に気づいてよかったですね。
というのも、まだいろいろと対処策を講ずることが可能ですから。

まずは、No1の先生がおっしゃるように、単位を落とすことも考えに入れて、受講する授業の科目数を多めに登録し、なおかつ、卒論のゼミもあって大変だとは思いますが、マジメに出席して、担当教員の印象にも残るように、時々は質問をするなどしまし...続きを読む

Q卒論が不可になる場合

私立文系の4年です。先日卒論の口頭試問を終えました。
 一応担当教授から指導を受けた上で、規定枚数及び期限を十分に満たして提出した卒論だったのですが、口頭試問ではとにかく叩かれました。一応褒められた点もあったのですが、どちらかといえばマイナスの点ばかり記憶にあります。
 自分の研究不足や把握してなかった点が災いしたと反省しているのですが、今更考えても結果はどうにもならないと思い直したりを繰り返しています。
 
 そこでなのですが、口頭試問の際に「誤字なんかも目立つから見直しておけ」と何度か言われました。もしかして不可なのではと何度も思っています。
 以前教授に卒論で不可になった人の有無を尋ねたら、そうした人はいないと言っていたのですが、正直不安です。ここで訊いてもどうしようもない、とは思いますが、かといって検索してみても「落ちない」「落ちる」の両方の意見があって落ち着きません。
 
 卒論が不可になる場合はどういった理由が多いのでしょうか。
 卒論の内容のレベルが低かったり、口頭試問でまったく答えられなかった場合、落ちてしまうものなのでしょうか。

私立文系の4年です。先日卒論の口頭試問を終えました。
 一応担当教授から指導を受けた上で、規定枚数及び期限を十分に満たして提出した卒論だったのですが、口頭試問ではとにかく叩かれました。一応褒められた点もあったのですが、どちらかといえばマイナスの点ばかり記憶にあります。
 自分の研究不足や把握してなかった点が災いしたと反省しているのですが、今更考えても結果はどうにもならないと思い直したりを繰り返しています。
 
 そこでなのですが、口頭試問の際に「誤字なんかも目立つから見直し...続きを読む

Aベストアンサー

卒論を担当する教授は、学生を落とすことを望んでいません。むしろ、優で合格を出せるというところまで学生を指導して何としても卒業させてあげたいと思ってます。

まぁ、褒められた部分があるなら、最低でも可にはなるでしょう。
不可はないとは思います。100%とは言えませんが(^^;;

Q卒論できずに留年って・・・

現在、卒論作成真っ最中の4回生です。
この前、指導教員から「このままじゃ内容が全くダメだから、再提出になる。やり直せ。運が悪ければ留年だ。」と言われました。
卒論以外の単位は取れています。卒論が出来ずに留年することってあるのでしょうか?ちなみに、同じゼミで過去に卒論が原因で留年した人はいないと思います。

Aベストアンサー

よっぽど、卒論がひどい場合(剽窃が発覚した場合など)を除いて、必ず卒業できます。私のゼミの教授も提出する前までは「卒論がきちんと書けていなければ、留年もあり得る」などと厳しいことを言っていましたが、それはあくまで学生にきちんとした卒論を書かせ、期限までに提出させるためのパフォーマンスです。私もあまり卒論の出来が良くないと自分では思っており、卒業できるか心配していたのですが、口頭試問の時に教授から「卒業できる」と言われ安心しました。就職も決まっている場合、まず、卒業させてもらえるでしょう。

Q卒論を出したけれど

某私立大学4年の者です。
卒業論文を提出したものの、
あまりのクオリティの低さに、不合格が心配です。
締め切りギリギリに書き上げたため、
殆ど見直しもせずに出すことになってしまいました。
まさに「適当」な論文になってしまいました。

実際、卒論の内容があまりにも稚拙で、
卒業ができなかった方いらっしゃいますか?
また、そのような人を知っていますか?

Aベストアンサー

 基本的に落ちません。内容がどんなにひどくても、短くても、あほでもバカでもルールさえ守っていればできるだけ卒業させるのが学部です(それは数値にひびくからです)。

 ルール違反とは何か。

(1)決められた文字、ページ、形式を守っていない(これはある程度、ゆるしてくれるとは思います)

(2)すべてがパクリである(これは発見した場合、教育者として認知できないということもあります)

(3)参考文献を記していない(冊数はたとえ3冊だろうが、慣用にみられる)

 以上はひっかかる恐れがあります。

Q卒論提出せずに卒業してしまいました

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授が、4年時から偶然、その大学に勤務することになった書道の教授に卒論の指導をしてもらうよう勧めてくださったのです。
私は書道の教授に挨拶に行きました。
でも、私が出た大学にはそれまで書道の研究室がなく、また、その書道の教授も、大学教授一年目で、書道の分野でどう論文を書くのか、私は分かりませんでした。
さらに、「進路が決まったら来て下さい」という言葉に甘えてしまい、就活に専念しましたが、9月まで内定はもらえませんでした。
10月に、大学でとった教員免許を活かして東京の学校法人に進路が決まり、そこから卒論のために本を読みはじめたのですが、どう論文を書いたら良いかいっこうに分かりません。
そのまま12月まで時が流れてしまいました。
どうにか研究室の先輩の論文を参考にして書いたものを、書道の教授に見せたら、
「引用ばかりでページを稼いでいる。中味がない」
とだけ言われ、とうとう研究室での綴じ込みの日になってしまい、私は気持ちからか、熱を出して、集まりを休んでしまいました。
その後、研究室の教授に、
「最後まで書いて差し替えたい」
と申し出たのですが、書道の教授からはアドバイスをもらえず、どう書いていいかわからないまま、卒業式を迎えてしまいました。
私は研究室の教授に申し訳ないと思いながら、社会人として働き始め、途中の論文をアパートに持ってきました。
今更提出しても遅いと思いますが、ちゃんと書いて提出したいと思ったからです。
しかし実際に仕事を始めると、朝7時から夜22時まで働いて、夜は眠ってしまい、週末はストレスで胃が痛む日々で、手を付けられませんでした。
また、大学にどれだけ質問できる環境があったのか思い知りました。
この悩みを打ち明けられる人もいないので、何かしらコメントをいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授...続きを読む

Aベストアンサー

No.4の補筆です。

>すでに単位がついているなら,いまさら提出しても意味はないです。

卒論未提出で単位不足の状況では,教授会での「卒業認定」を通りません。だから,まちがいなく卒論の成績はついています。

前述のように,指導教員が卒論の成績をごまかしていれば,あなたが「私は卒論を提出していない」と事務部に申し出ると,その教員に迷惑をかける結果になります。まずは成績証明書を確認してください。

単位がついていても書き直さないとあなたの気が済まないなら,書き直した原稿と,おわびの手紙と,菓子折を大学気付の教員宛に送ればいいと思います。

Q大学4年生になるとほとんどの人が授業に出ない・・・?

私は大学生2年生です。
疑問に思っていることがあります。
大学4年生になるとみんな忙しくなるから、
学校の授業にはほとんど出ないといいますよね?
何が忙しいのでしょうか??

就活でしょうか?
私は留学をするつもりなので就活はしないのですが、
それでも何かと忙しくなるだろうから授業はあまり取らないほうがいいのでしょうか?
親からはもったいないから、
授業沢山とりなさいと言われるのですが・・・。

Aベストアンサー

就活もそうですし、卒論もありますね。
留学ならその準備もあるでしょう。

基本的に大学は比較的どの科でも1~2年が基本、3~4年が専攻(ゼミや選択した専門)になることが多いと思います。
専門は指定学年でしか取れないものも多いですが、一般科目的なものはどの学年でも取れるので、計画性のある学生さん程、1~2年の間に取れるだけ取っておいて、3~4年は選択したものに専念するという方も多いと思います。

単位をギリギリにしておくというのも、いざ卒業の時に、どうしても取れなかった、というものがないようにするべきですが、もったいないからと言う理由で3~4年も忙しく単位を取って授業に出ていて、肝心の卒論が終わらないと、他の授業がどんなに成績良く、単位が余っていても卒業出来ません。

就活ではなく、留学でしたら、他の方よりは時間があるのかもしれませんし、大学によって、若干システムも違うと思うので一概には言えませんが、授業を取るだけ取っておいて、卒業までの自分に必要なことの優先事項を決め、いざとなったら不要な単位は切り捨てるというのがいいのではないでしょうか。

確かに余力があるなら、学ぶ価値のある授業も多くありますが、それに囚われて、卒業の足を引っ張ればあまり意味もありません。

ただし、奨学金を受けている場合、3年の成績が4年の支給に影響する場合があります。
途中まで出て…という感じだと「不可」がつき、成績の平均点に影響が出ます。
成績重視の奨学金を狙っている場合はこの点は注意が必要かと思います。

経験上の感覚から書き並べましたが、質問者様の大学のシステムと異なる点もあるでしょうし、一度、ご自身の大学のシステムと照らし合わせて、一番目的に合っていてムダのない選択が出来ていれば良いのではないかと思います。
ご参考までに。

就活もそうですし、卒論もありますね。
留学ならその準備もあるでしょう。

基本的に大学は比較的どの科でも1~2年が基本、3~4年が専攻(ゼミや選択した専門)になることが多いと思います。
専門は指定学年でしか取れないものも多いですが、一般科目的なものはどの学年でも取れるので、計画性のある学生さん程、1~2年の間に取れるだけ取っておいて、3~4年は選択したものに専念するという方も多いと思います。

単位をギリギリにしておくというのも、いざ卒業の時に、どうしても取れなかった、というもの...続きを読む

Q卒論が出来ない→卒業危うし??

毎回お世話になってます。
大学の卒論についてなのですが、10月が終わろうかという今の時期になってもまだ卒論が全然出来ていないというか、ゼミの教授に何回もやり直しをさせられて全然先に進めない(中身に入れない)状態です。このままでは単位は足りているし、内定も決まっているのに卒論が出来ずに留年になってしまいそうです。実際に卒論が出来ずに留年になった方って居られますか?またどこの大学でも卒論はこんなにやり直しばかりさせられるのでしょうか?焦燥感と疲労でうんざりです。千里の道も一歩からってまだ半歩も進めていないし・・・。だんだん教授が憎くなってきました。何かアドバイス等ありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出で、11月頃になって「そろそろ卒論でも書くか…」と、まるで授業のレポートかのようにして終わった人です。もちろん春からきちんと準備してた人もいますけどね。
理系の場合は言わずもがななのですが、大概は3年の頃から多少なりとも手をつけているもので、10-11月はそろそろデータをまとめて書き始める…といった頃でしょう。
ちなみに理系の私は、もう数え切れないほどリテイクされました。
思い出したくもないです(苦笑)
提出1週間前まで実験をしつつ卒論を書いていたので、文章のリテイクなんてそれこそ10月くらいから提出の数時間前まで何百回されたでしょうか…。まあ周囲にも似たような仲間が結構いましたけどね。
『教授が憎くなってきました』…よくわかります(笑)
だけど大体は自分の論文がダメなせいなので、文句言えないんですよね(^^;)
教授も良いものにしたいので何度も「書き直せ」と言うのだと思いますよ(教授が変な人で、そう言いまくってるんじゃないことを祈りますが…)。

期限が決まっているのに先行きが見えなくて焦りますよね。
本当に終わらないんじゃないか…って。
でも大丈夫、絶対出せます。学生の提出に教員の先行きもかかってますから(笑)
これだけやっているのだから、きっと良い論文になりますよ。頑張ってください!

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出...続きを読む

Q卒業論文のミスの許容範囲はどの程度でしょうか

現在大学4年の者です。

卒業論文の提出は12月中旬だったのですが、もうすぐ口答試験なので読み返していると、同じ文章をほぼ段落ごと2回書いていました。他に同じ文章を繰り返しているところもありました。(合わせて2ヶ所のダブりがあります)

何度も教授とは面談があり添削もしてもらっていて、一応提出前に担当教授から「提出許可」はいただいていたのですが、これ以外にも変だと感じるところも出てきます。
誤字について、1枚に100字くらいあれば問題と聞いていたのですが、同じ文章を繰り返してしまうという誤字以上のことをしてしまいました。

読み返しが不十分だった自分が悪いことはわかっていますが、卒業がかかっているので心配でたまりません。
同じような失敗をしてしまった方や何かご存知の方がいらっしゃいましたら、私の状況はどうか教えてください。

Aベストアンサー

同じ段落を2回書いてしまったというのは単純ミスですから、さほど影響はないと思います。
私が大学生の時、「卒論提出後、口頭試問の前までにミスが見つかったら、正誤表を作って、口頭試問の冒頭に試験官に渡しなさい」と先輩からアドバイスをもらいました。また同じように、「論旨がおかしいと思える箇所があるのならその旨を文書にして同じく試験官に渡すか、渡さないまでもそれを元に、質問にしっかり答えられるように準備しておきなさい」と言われました。

誰にでもミスはありますし、それを口頭試問の前までに発見できたということは繰り返し自分の論文を読み直してよりよいものにしようという努力が認められる可能性がある、という意味合いだったと思っています。

それにしても、
>1枚に100字くらいあれば問題
って、いったい1枚当たり何字詰めの原稿なんでしょう(^^ゞ
400字詰め原稿用紙だと4文字に1字のミス。最近はワープロ原稿なんでしょうか。それにしても、100字ということは、400字詰め原稿用紙100枚の論文(私の学生時代の修士論文)の場合でも「原稿用紙1枚につき1文字のミス」になります。これは編集者としては全く許せない誤字の数なんですが……。

と、これは編集者としての意見であって、最初に申し上げた通り、卒論であれば、論旨がしっかりしていれば、誤字や段落の2回写しはさほど問題にはならないと思います。
もちろん、不注意はある程度の減点対象になるかもしれませんが、指導教授から「提出OK」が出ているのなら、卒論が通らないということはないと思います。
とはいえ、こういうことは、大学というか教授がどういう判断をするかによって違うと思うのですが。

とりあえずまだ結果は出ていないので、口頭試問でしっかり答えられるようにがんばってください。

同じ段落を2回書いてしまったというのは単純ミスですから、さほど影響はないと思います。
私が大学生の時、「卒論提出後、口頭試問の前までにミスが見つかったら、正誤表を作って、口頭試問の冒頭に試験官に渡しなさい」と先輩からアドバイスをもらいました。また同じように、「論旨がおかしいと思える箇所があるのならその旨を文書にして同じく試験官に渡すか、渡さないまでもそれを元に、質問にしっかり答えられるように準備しておきなさい」と言われました。

誰にでもミスはありますし、それを口頭試問の...続きを読む

Q卒論を教員の力を借りずに書くひとはいますか?

卒業論文は通常ゼミや研究室の教員にテーマを決めてもらい、添削してもらい仕上げるものだと思うのですが、優秀な学生なら一人で書きかげることは可能でしょうかね?

学生のオリジナルなテーマで、教員は添削もしない。
独力で仕上げて素晴らしい論文を書けたら、卒論発表会で教員から賛辞を受けますか?

Aベストアンサー

そもそも質問なのですが、テーマって決めてもらうものですか?
ゼミに入る時点で、分野(その教授の専門)は決まっていると思いますが、そこから何に対して研究するかは自分で決めるものだと思ってました。

添削をしない教授はたまにいます。
私が学んだ教授はそのタイプでした。
読んで感想はいただけるんですが、「いいよ」もしくは「うーん」だけ。
「いいよ」といわれたら、自分が考えている方向でどんどん進める。
「うーん」と言われたら、まずそうなところを探し出して何とかなおす。
ごくごくたまに、コメントをもらえるので、そこは逃さずに活かして、ひたすらがんばる。

これも独力に近いですが、独力じゃないですよね?
何をもって独力と言っているのかわかりませんが、100%一人でやっていいものはできないと思いますよ。

あ、あとオリジナルなテーマだと思っても、誰かやってると思いますよ。
学問は積み重ねです。
先行研究に対して、自分の考えをプラスする、というのがほとんどの論文の形ではないでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング