人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日本人でノーベル賞を授賞した人は、全員が国立大学の卒業生であるのはなぜでしょうか。

国立大学の方がノーベル賞級の研究をしやすいのかも知れませんが、
それなら、大学で研究している人だけでなく、企業で研究してノーベル賞を授賞した人(江崎玲於奈、田中耕一)も国立大学卒業であることの説明がつきません。

過去に似た質問も出ていますが、どうも納得いく回答が無かったように思います。

なぜ、日本のノーベル賞受賞者が全員国立大学卒業者なのか、理由を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

問題は日本の学生は批判的思考の教育を受けていないことです。

そ­の結果、批判的思考力を身に付けていないです。物事を疑問に思う­態度を大切にしないし、批判を受け入れることもできないのです。­批判的に考えて、何でも疑問に思うのは科学の原理です。日本­人は教えられた物事を疑問に思わない、批判的に考えないのです。欧米の大学では自立的思考で、物事を疑問に思ったり批判的に考えたりします。「先生だから先生の言う通り!」みたいな考え方が存在しない。先生だけどこの点で間違ってるよ!という自立的、そして批判的思考力が促進されています。日本の場合に、先生や権力者の言うことを疑問に思わずに受け入れてやるような思考が促進されています。

欧米の大学を卒業した人たちは批判的思考力を身に付けて、批判的思考力の大切さが理解できるのです。何でも批判的に考えて、何でも疑問に思って、物理的な実験によって確認されていないことを受け入れないのは科学の原理です。

先生の言う事だけで満足して済むなら、好奇心が出ないでしょう。先生や権力者の言うことを批判する勇気がないと、科学はできないです。


・・というのは原因だと思っています。


日本は科学の原理を適用して、批判的思考力を育てるような、新しい教育­制度が必要である。
    • good
    • 2

理系のノーベル賞の場合、ほとんど博士課程修了の人が多いですね(田中耕一さんは例外)


博士課程の院生の人数が、私立大より国立大が多いと思います。
なので、ノーベル賞は博士が多い≒国立大が多い、ということになると思います。

私立大の人は学部や修士で就職してしまう人が多いし、学部のときは私立でも、博士から国立大へ進学することも多いです。国立のほうが学費が安いので、国立へいけるならわざわざ私立へ行く理由はありません。
学部の入試とちがって、院生の場合は学力というより、研究成果を出せるかどうかが問われますので、あるていど成果が出せる人は国立へ行くのだと思います。
ということで、研究成果を出せる(海外に論文を出せる)人は博士が多い、ということになると思います。

また、修士や学士で卒業する人は最初から、就職のためだけに大学に入った人が多いと思いますが、博士まで行く人は本当に研究が好きな人だと思います。

あと、私立の理系学部は工学系などの応用分野が多いと思いますが、ノーベル賞は基礎研究なので、国立のほうが基礎研究に強く、ノーベル賞に近い研究分野が多くあるということもあるかもしれません。

ノーベル文学賞や平和賞の人がなぜ国立大学卒業なのかは、まったくのなぞです。
    • good
    • 2

理学部のある大学を選べば、自ずと国立大学になるからでしょう。



東京理科大学など、一部の私学に理学部が有るようですが、理科大の卒業生にノーベル賞受賞者が出ないのは、理科大の卒業生の多くは民間企業や私立大学など研究費が少なく、また実証研究の様な分野に従事するからでしょう。
ノーベル賞の対象にはなりにくいのだと思います。
    • good
    • 0

1.学会に発表し、


2.英文で学術誌に掲載され、
3.学術的に認められるか、
4.技術的に貢献する。

というハードルをこえる上で、教授との
つなりや英語力(特に専門英語)という点で、
大学出がかなり有利であり、それ以上に、
そうしたハードルをこえたいという意思があれば、
国立大に入るなどた易いはず。
(現場で変わった現象を発見した人ではなく、
それを論文にした人が受賞するのが学術の世界)
    • good
    • 2

まあ、実績というてんが大きいでしょうね。


過去の実績から科研費が得られやすく、それが優秀な人材の獲得と豊かな設備を産み出してます。
こうした人的物的インフラの蓄積がないとよい人材は集まらないでしょうね。
    • good
    • 2

大学の研究費は国立と私立では桁違いですから、国立大学研究室で研究を続ける国立大学が有利になります。


また、大企業でも研究室に入るのは国立大学出身が圧倒的に多いので、当然ノーベル賞を取れる可能性も高くなります。
    • good
    • 2

日本では国立大の方が優秀であり人脈も国立大に敵いません。


私立受験と私立入学は甘えによるものですから考え方も甘めになります。
自然科学は思うようにならない条件との戦いです。
天下分け目の一大勝負の時に、自分に対する甘さと妥協心が足を引っ張るのでしょう。
強いて蛇足を言えば消費者を誤魔化して薄利多売するナーナーのメーカーにはナーナーの私立出の方が適任かもしれません。
    • good
    • 3

偶然の結果だと思います。


しいて理由を探せば
常識的には優秀な研究者が国立大に多く集まった結果として、確率的にそうなったということでしょう。
もっといえば、そういう履歴をもったひとが重点的に注目される大きなテーマを持たされることが多かった、
更に言えば、そういった権威のある履歴の人の業績が認められやすい、推薦者の目に入りやすいということでもあると思います。

いずれにせよ、サンプル数も少なく、あまり意味のある理由はないと思います。
外国には大学から勤務を拒否され、郵便局員の立場で研究し、ノーベル賞を貰った人もいますよね。
    • good
    • 1

ヒヨコはなぜ卵から生まれるのか?答えは「母鶏が卵で産んだから」



ノーベル賞受賞者は何故国立大学出身なのか?ではなく、将来ノーベル賞を受ける事になる様な人は何故国立大学へ進むのか?

今多くの人達が通っている「大学」は、半世紀と少し前までは「高校」でした。旧制高校と言う名前はご存知の事と思います。当時日本で「大学」と言えば「帝国大学」の事であり、戦後の6・3・3・4制改変後もしばらくは旧帝国大学と旧制高校は、日本の知性のステータスでした。

今ノーベル賞を受けている世代は皆、その頃大学を出た人達ばかりです。

後何十年かすると(あるいはそう長く待たなくても)私立出身の受賞者が出ると思います。

鶏が先か卵が先かの問題ですが、私立と国立が明らかに持ち駒の数が違う状況で、ノーベル賞受賞者は国立出身と決め付ける必要は有りません。

仮に国立出身の人で「ノーベル賞を取りたいと思うなら国立でなければ」と言う国立フェチが居るとしたら、「私立出身」がノーベル賞を取った時には切腹ものですね。

現時点で1億人を超える人々の中にノーベル賞受賞者は数人しか居ません(歴代の意味ではありません。あくまで存命の人の中で)ので、この数人をして、受賞者は全て国立と言うのは短見に過ぎるかもしれません。
(歴代が全てそうだとおっしゃるかもしれませんが、歴代の個々の受賞時の社会状況も前記と同じですので今を語るのと同じ事です)。

一人でも私立出身の受賞者が出たら「何故全員が・・・」の問いは意味を失います。

「何故国立からしか出ないのか」とは無関係に、「何故私立からは出ないのか」が科学的に立証出来るなら別ですが。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人のノーベル賞受賞者はなぜ全員が国立大学出身者なのでしょうか

今までノーベル賞を受賞した日本人は、全員が国立大学出身者ですが、なぜ私立大学出身者がいないのでしょうか。

Aベストアンサー

今でこそ私立もそれなりですが、ノーベル賞を受賞した人たちの時代では私立<国立だからです。

Q理系は国立志向が非常に強いですが、そんなに私立はダメですか?

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいのは明らかなのですが、
慶應理工から大学の研究職を目指すんだったら、
一浪して東大(もしくは東工大)へ行った方がいいですか?
設備面や教育面で私立は国立に劣るようなのですが、
同じように勉強を頑張るならば私立と国立の大学4年間で、
研究の実力などにかなり差が出るものなのでしょうか?

慶應理工に進学するなら頑張れば国立にひけをとらないという気持ちで行きたいし、
そういう気持ちになれないなら浪人も考えざるを得ないです。
現時点では進学にも気がすすまず、浪人にも気がすすまず、
人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

僕には学校の進路指導やインターネットで集めた断片的な知識
しかないので、回答とともにアドバイスお願いします。

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいの...続きを読む

Aベストアンサー

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人から90人になったらどうでしょう。
ま、これは教室だけ広げてマイクでも付けておけば何とかなるでしょう。
ところが、研究室配属以降だとどうなるかというと、教員一人が4年生3人の面倒を見るところと、6人の面倒を見るところでは、目の行き届き方が違うでしょう。(極端ではありますが、ピアノのレッスンを想像すると良いかも知れません。)
勿論、3人だ6人だというのは4年生の数であって、修士博士と他にも学生は居るわけです。
研究面で弱いと、それだけ博士課程(後期?)の学生が少なくなるでしょう。
充実した研究室であれば、博士課程後期の学生も少なくないことが多いので、彼らに4年生修士1年生の面倒を見させれば、大体どうにかなります。
なお、4年生になっただけでは、通常研究なんて何にもできません。
つまり、授業だなんだで忙しいわ、抱える学生の数は多いわ、手伝ってくれる博士は少ないわ、という三重苦になりかねません。
理論系だと違うかも知れませんけどね。

また、東大東工大の場合、学内で行ける研究室が多くなります。
これは結構便利なことで。
情報が入って来易いですし。(もっとも十分な情報だとは限りませんが....)
自分のしたいことに近いことは選び易くなります。(ま、学内に限る必要もないんですが)
早稲田慶応でそこまで選択肢があるのかな、と。

入試の話に戻れば、文系がセンターで数学をやる場合は、得意不得意の差があり大変だと思いますが、理系の場合は差がそれほど出そうにない国社ですから、そういう意味でも理系なら国立を目指すべきだという指導は間違いではないと思います。

というわけで、早慶と東工大東大、両方受かっていれば後者、どっちを目指すかでも後者だとは思います。
しかし、国立優位というのは何れも研究室所属後のことでは無かろうかと思います。
私立で学部生をしたことはないのですが、おそらくは、研究室所属前であれば、そんなに変わらないのではないかと思います。

東工大よりは確実に良さそうなのが、
女の子が居る、キャンパスにたぶん華がある。
くだらないことかも知れませんが、長い人生まるっきり無駄なことだとは思いません。
男子校から男子校へ行くようなことになりかねない人は特に。

> 人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

全然甘いです。
だって慶応に受かってるんですから。(笑)
全落ちならワースト-10でしょうか。
このくらいのことで一々動揺してはいけません。
悩むのは大いに結構ですけどね。
そんなに悪い状況ではありませんよ。という客観的な視点は持っておいた方が良いでしょう。
本当にそれがワースト5なら、今まで何もしてこなかったって事ですから、そっちの方がかなり拙いですよ。

慶應に行っても浪人しても、どっちでも良いとは思いますが、浪人する場合、精神的には弱いのかな、というところが気になります。

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人か...続きを読む

Q理科大→医学部再受験本当に悩んでます。

一浪して東京理科大学 理学部 物理学科に進学した者です。

信じられないかもしれませんが、私は一浪時の10月駿台ベネッセ記述模試で
3教科総合偏差値76(物理は98点で偏差値81)を叩きだし国立の医学部は、一部の旧帝大を除きすべてA判定を取得。またマーク模試でも国立の医学部は常にほとんどB判定を取得し、誰もが僕なら確実に地元・富山大学医学部に合格できると確信していました。しかし不幸なことに1月のセンター試験直前に、予備校の高い学費をだしてもらって親愛していた祖父が急死。葬式にも出席し深いショックを受けたままセンター試験を受験しましたが、高得点必須にも関わらずどうしても頭が全く働かず見事にセンターは失敗です。

結局、最終的に医学部は受けれず神戸大学を受験。これは一応合格しましたが、ショックでぼっ~としたまま手続きをせずに。色々なショックの中、とりあえず一度は二浪しようかなと本気で考えたんですが…親の強い反対と「おまえは物理が好きなんだろう?」の一言に、とりあえず合格している学費の安い理科大への進学を決意しました。
ただ3月には一度物理学に没頭し物理学者になろうと決意したものの、やっぱり昔から憧れていた医師という職業に執着は消えず最近になって仮面浪人を考えはじめました。
でも「大学の勉強との両立の大変さ」「再受験成功率の数字的低さ」など横から様々な不安要素がでてきて、どうも集中して受験勉強できません(大学の勉強も疎かに)。
再受験について本当に悩んでいます。

一浪して東京理科大学 理学部 物理学科に進学した者です。

信じられないかもしれませんが、私は一浪時の10月駿台ベネッセ記述模試で
3教科総合偏差値76(物理は98点で偏差値81)を叩きだし国立の医学部は、一部の旧帝大を除きすべてA判定を取得。またマーク模試でも国立の医学部は常にほとんどB判定を取得し、誰もが僕なら確実に地元・富山大学医学部に合格できると確信していました。しかし不幸なことに1月のセンター試験直前に、予備校の高い学費をだしてもらって親愛していた祖父が急死。葬式...続きを読む

Aベストアンサー

駿台ベネッセ記述模試が進研模試のレベルであると仮定すると、
医学部受験生なら満点近く取って当たり前です。
その偏差値等は、測定不能という事を意味しています。
医学部に行くのでしたら河合か駿台の模試を受けていなければならないでしょう。
医学部受験生なら受けるだけ時間の無駄という模試でした。


さて、以下、本当にあなたに合格するだけの実力が十分にあると仮定して話を進めます。
他の「まともな模試」での結果が悪い場合、以下の記述は当てはまりませんのでお気をつけ下さい。

> 「再受験成功率の数字的低さ」

は、学力が無いにも関わらず再受験する場合と、そうでない希な場合とで区別する必要があることは明白でしょう。
通常、学力があれば受かるはずなんで。
統計的にはそうでない希な事例の影響は小さくなると思います。
普通は学力の点で(ひょっとしてそれも圧倒的に)不合格で、それでもやっぱり国公立医学部に行きたい、なんてケースでしょう。

私があなたなら、すっぱり理科大は辞めて、予備校に通います。
何だったら理3でも何でも目指すでしょう。(それは無理かも知れないけど)
理系はキツイですから、やりたいと思わないようなことは続けられません。
理科大で良ければいつでも受かるでしょう。
できれば早慶の方が良いとは思いますが。

だから私なら仮面浪人なんてしません。
最悪、辞めてまた理科大と、仮面浪人との違いは、来年理科大の一年生か二年生かという程度のことでしょう。
それと集中力とは引き替えられません。
志望校にとても受かりそうにないなら仮面浪人もありですが(しかも今の大学も来年受かるか判らない場合)、そういうケースでは無さそうです。

浪人は伸びない、という統計にも同じ事が言えて、
「正しい勉強方法で」「きちんと勉強量を確保できる」「受験生」は少ないですから、当然統計は、そういう普通の人の影響を反映します。
が、ちゃんと勉強する人はちゃんと学力を伸ばします。
当たり前ですよね。高校4年生になったらもう学習内容が頭に入ってこないなら、大学で学ぶことも頭に入らないはずですから。

あなたの救いは、理科大程度でいいや、と思えている点です。
この最低ラインがもっと高いなら、それだけ不安定な受験になるでしょう。

駿台ベネッセ記述模試が進研模試のレベルであると仮定すると、
医学部受験生なら満点近く取って当たり前です。
その偏差値等は、測定不能という事を意味しています。
医学部に行くのでしたら河合か駿台の模試を受けていなければならないでしょう。
医学部受験生なら受けるだけ時間の無駄という模試でした。


さて、以下、本当にあなたに合格するだけの実力が十分にあると仮定して話を進めます。
他の「まともな模試」での結果が悪い場合、以下の記述は当てはまりませんのでお気をつけ下さい。

> 「再...続きを読む

Q東京理科大の「評価」が高いワケ…

東京に住み、息子が都内の中高一貫男子校に通っています。
その学校が出す進学資料に限らずですが、東京理科大の序列が、
東大、国公立医学部、そして早慶上智に次ぐ存在なのです。

私は80年代の中大法卒。大学受験は80年代初めですが、当時(30年以上前)、理科大の序列ってそんなに高かったですか?

確かに、国立に落ちて早慶もダメなら理科大ではあったんでしょうが、当時からMARCHの理系より難易度、評価も高かったのでしょうか。

私の周辺には理科大出身者が少なく、理科大の評価が高いことにピンときません。メーカーなど技術系だとやはり理科大のブランド、信頼は大きいのでしょうか。

理科大も、学部学科があちこちにあるし、神楽坂の本部以外はどれだけ行く価値があるのか分かりません。早慶ダメなら、理科大よりMARCHのほうがいいってことはありませんか?

Aベストアンサー

 はい 、東京理科大学の評価は僕が受験生だった70年代半ばでは既に常識でした。文系理系を含む総合大学で早慶に次ぐのはMARCHでした。上智は外国語学部だけの評価ですので比較の対象外でした(つまり番外、法学部などは箸にも棒にもかかりません)。当時の進学情報誌『私大進学』によれば、東理大は理系学部のランキングで早稲田理工・慶応工に次ぐもの、時によっては早慶を凌駕していた記憶もあります。
 ここで問題となるのは東京理科大学が理系の総合大学であるとの点です。この点を見落としての比較対象は論理として成立しません。
 当時の記憶を探りますと、東京では既に常識でしたが少し離れた茨城や群馬あたりになりますとそれが通用しなかったとのカルチャーギャップもありました。それ以外は地方特有の国立信仰が強く比較対象とすべきではありません。地方へ行けば行くほど情報量も少なくそして実態とかけ離れたうわさ話に尾鰭が付くことが多いことも昔から変わっていません。

Q指定校推薦などの推薦で大学に入ることって馬鹿にされ

指定校推薦などの推薦で大学に入ることって馬鹿にされたりそういう風に見られるのでしょうか??
ずるい、一般受験生からみたら迷惑、大学ではどうせついていけなくて辞める、などとネットに書いてあったり学校の先生も裏では馬鹿にしているみたいです。
それを聞いて芸術系大学の指定校推薦をとった私はとても悲しくなりました。
指定校が馬鹿にされるものとは知らずむしろ誇れることかと思っていました。指定校だとしても面接だけでなく一般と似たような内容の試験をしたし学費免除までいただくことができました。
私は指定校推薦をもらうために三年間遅刻欠席早退はほとんどせず、テストでは評定平均を上げるためにしっかり勉強してクラスのトップ3以内をキープしてきました。
正直周りの人達は学校もしょっちゅう遅刻したりテストはほとんど勉強しておらず赤点ばかりでした。
そんな人達に裏では馬鹿にされると思うと悔しいです。
先生も一般受験する人達を褒め称えています。
一般受験にすれば良かったのかなと思うようになりました。
推薦ってやはり馬鹿ばかりなのでしょうか?
また大学に入ったらついていけないのでしょうか?
私的にはそんなのどっちもどっちだと思うのですがおかしいでしょうか?
もちろん推薦だってギリギリの評定で高校の審査をとおって大学の指定校受験が受けられて合格したとしてもその後入学まで遊びまくっているような人は勉強においつけないでしょう。
でも一般受験した人の一部だって大学入ったらまた高校生活の1、2年目みたいに遊びほうけたりしたら追いつけないと思うのです。
スタートラインが推薦のが劣っていたとしてもコツコツ勉強のできるからこそ推薦が取れた人は大学入ったらまたすぐ追いつけるのではないかと考えています。
実際周りの一般受験の人達は大学は遊びに行くために行くようなもんだよねっといっています。
どうしてそこまで推薦者は馬鹿にされるのでしょうか?
あなたの周りはやはり推薦で入った人は馬鹿ですか?
また指定校は就職に不利でしょうか?
遅刻欠席しない当たり前なことができるのは就職でも重要ではないのでしょうか。
愚痴のようになってすみません。
あなたの意見をお聞かせください。

指定校推薦などの推薦で大学に入ることって馬鹿にされたりそういう風に見られるのでしょうか??
ずるい、一般受験生からみたら迷惑、大学ではどうせついていけなくて辞める、などとネットに書いてあったり学校の先生も裏では馬鹿にしているみたいです。
それを聞いて芸術系大学の指定校推薦をとった私はとても悲しくなりました。
指定校が馬鹿にされるものとは知らずむしろ誇れることかと思っていました。指定校だとしても面接だけでなく一般と似たような内容の試験をしたし学費免除までいただくことができました...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の場合は,何も問題ありません.大学へ入ったら一生懸命勉強してよい人材になってください.

推薦入試が一般にバカにされるようになったのは,大学入学者の数に比べて大学の定員が多くなったからです.大学全入時代,つまり志願書さえ出せば入学できるような大学が増え,入学定員を集められない大学の経営が苦しくなり,とにかく入学者確保のためAO入試や推薦入試を利用するようになった大学が増えたからです.

今や有名私立でも経営が苦しいと言われている時代ですから,なかなか難しい問題ですね.教育政策の問題です.

一般受験の人で大学は遊びにいくものだと思っている人は,将来苦しい目にあうと思います.

実は,80年代,日本の経済が絶頂にあった頃,やはり大学は遊ぶところと言われていました.厳しい受験という試練がありましたから,それの反動で学生は勉強しなかったのですね.彼らは勉強しなくても就職はできました.しかし,会社ですごく鍛えられたのですね.

このように勉強しなくても,経済成長著しい時は,会社で鍛えられるわけです.だから,なんとか生きていけたわけです.当時の企業は大学教育をあまり信用していなかったと思います.私が企業の新人研修を受けていたとき,海外勤務の長い社員はこう言っていました.「あなたたちが学んできた英語は今すぐ忘れて下さい」

さて,現在日本はそのような環境にありません.どこの会社も経営に余力がなく,学生のとき勉強しなかった人を会社で0から教え込むなんてことはやらないですね.そんなんことより,大学まででしっかり身につけた知識,技術,語学力などを如何に即戦力として使えるかということを考えているのです.

先日,日本の厳しい就職戦線で日本企業に就職しようとしている外国人留学生の取材が放映されていました.彼らは日本人よりも意欲的でよく勉強します.ある20代後半の女性留学生はIT企業への就職を希望していました.英語はもちろん日本語やフランス語もできます.母国語でない英語は日本留学後にマスターし,TOEICは満点です.彼女は高い技術力を持つメーカーに内定し,将来的には母国に貢献したいと考えています.

そう,海外のグローバルな視点をもつ学生は日本の学生とは比べ物にならないくらい量の勉強をこなしています.Googleなど時代を席巻している企業は勉強しない日本の学生など相手にするはずがありません.

質問者様が推薦で入ろうと一般で入ろうと,要は卒業するとき,社会に出たときどれくらい能力をみにつけているかで決まります.大学で遊ぼうと思っているような人の言うことに左右されるべきではありません.米国にはアメフトの推薦で大学に入った後,化学に目覚め,結局ノーベル賞までとった人もいます.

大学で勉強しないという文化は日本独特だと思います.ある国では学術的な勉強をしたくない人は専門的な技術を早く身につけるような学校に行き,それで相応の収入が得られます.日本のようにとりあえずみんな行くから,勉強は嫌いだけど学歴で有利に扱ってほしい,といった理由で大学にいく国は珍しいと思います.大学に行くからにはそれなりの知識・技術をみにつける,これがあるべき姿です.推薦だろうが何だろうが,勉強するかどうかで判断すべきです.

就職などでも,入り口ではなく出口の状態で能力をみにつけているかどうかが勝負です.そういう社会になっていかないと日本はじり貧どころか,失われた50年,100年になってしまうかもしれません.質問者様のように意欲のある若者にかかっています.是非,頑張ってください.

質問者様の場合は,何も問題ありません.大学へ入ったら一生懸命勉強してよい人材になってください.

推薦入試が一般にバカにされるようになったのは,大学入学者の数に比べて大学の定員が多くなったからです.大学全入時代,つまり志願書さえ出せば入学できるような大学が増え,入学定員を集められない大学の経営が苦しくなり,とにかく入学者確保のためAO入試や推薦入試を利用するようになった大学が増えたからです.

今や有名私立でも経営が苦しいと言われている時代ですから,なかなか難しい問題ですね.教...続きを読む


人気Q&Aランキング