『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

おもしろいSFまたはファンタジーの小説を探しています。

要求は:
・著者が日本人であること(舞台が日本である必要は全くない) [必須]
・SF/ファンタジー 要は不思議な世界や出来事の話 [必須]
・ラノベは除く※
・巻数にして一冊~三冊程度が理想 (全十巻とかは無理です)
・歴史物以外
・できれば恋愛がメインではないストーリーで

※ただしラノベの定義は曖昧なので、主観で「これはラノベではない」と思うもので結構です

その他好みなど:
・貴志祐介「新世界より」は終始楽しみました。
・洋書の翻訳ですが、Jeffrey Ford「白い果実」の世界観やストーリーが好きです。



最近読書を始めたのですが、有名所を漁っていたら洋書の翻訳ばかり読んでいて、日本人の作品も読みたいと思ったのがきっかけです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

飛浩隆『象られた力』


鏡明『不確定世界の探偵物語』
伊藤計劃『虐殺器官』『ハーモニー』
    • good
    • 2

光瀬 龍「百億の昼と千億の夜」


漫画にもなっています。舞台は、はるかアトランティスの過去から未来まで。

神林 長平
「戦闘妖精・雪風<改>」「グッドラック」「アンブロークン・アロー」のシリーズ。
とりあえず、「グッドラック」までで、アニメにもなっていましたが。

高千穂 遙「ダーティペアの大冒険」
シリーズが全部で7冊+番外編みたいなもの とあるのですが、
おのおの主人公の女性2人+1匹が同じというだけで、話に関連はないです。
(「ダーティペアの大征服」「ダーティペアの大帝国」は2冊でセットですが。)

眉村 卓「消滅の光輪」上・下
司政官シリーズの1作ですが、完成度はこれが一番、と思っていたらさらに新作でているらしい(未読)
注:シリーズといっても、これのほかに「司政官 全短編」という分厚い本ともう1作だけですが

堀 晃「太陽風交点」
石原 藤夫「ハイウェイ惑星」他「惑星」シリーズ (6冊くらい)
どちらもハードSFが好きならお薦めかな。

都築 道夫「銀河盗賊ビリイ・アレグロ」
ミステリっぽいのが好きならお薦めかと。
(この作品はアルセーヌ・ルパンの感じの方が近いかもしれませんが。)

筒井 康隆「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」(七瀬シリーズ)
超能力者が主人公の話。「家族八景」はちょっとエグさがありますが。
(同)「宇宙衞生博覧会」
グロいのが好きなら読んでみれば。お薦めはしません。(私にはグロすぎに思う。)

横田 順彌「小惑星帯(アステロイド)遊侠伝」
ヤクザものが好きならどうぞ。

※その他お薦め
川又 千秋「火星人先史」
谷 甲州「惑星CB-8越冬隊」
田中 芳樹「七都市物語」

全部SFということで。
    • good
    • 0

タイムトラベルSFで1巻モノ、かつ、扱いはラノベですが、


論理の回収が見事な「タイム・リープ~あしたはきのう」は
SF読みなら読んで損はないかと。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840205582/

あと、マンガで悪いんですが、SF読みなら、この人の作品
は絶対に読んでおいてほしいとうのが、星野之宣さん。
主に宇宙・伝記物になりますが、着想力・構成力・画力の
どれをとっても、この人が日本人でいる幸せを、読書人は
もっと知らなくては・・・と思います。とりあえず、私的には
最高傑作と思う「残像」を挙げておきます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840100748/
    • good
    • 0

上橋菜穂子 「獣の奏者」(全8巻のシリーズものですが、


前半の「闘蛇編」「王獣編」4巻だけ読むことも可。
後半が出るまで、この4巻で完結していると思ってました。)

荻原規子 「風神秘抄」

濱野京子 「碧空の果てに」


>No2

「薔薇密室」の著者は篠田節子ではなく皆川博子では?

(篠田節子にもホラー&SF色のある「神鳥〔イビス〕」などがあります。)
    • good
    • 0

香月日輪『ファンム・アレース』


全6冊ですが、児童書(YA)なので、1冊はそれほど長くないので大丈夫だと思いますが、いかがでしょう?
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062693534.h …

上橋菜穂子「守り人」シリーズ
こちらもシリーズは3冊以上ありますが、児童書なので・・・
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101302723.h …

荻原規子「勾玉」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4198931666.h …
    • good
    • 0

論客ではありませんけど



菅 浩江さんの初期の著作で好きな順に
『そばかすのフィギュア』
『雨の檻 』
『メルサスの少年―「螺旋の街」の物語 』
『ゆらぎの森のシエラ 』

高校在学中の1981年に短篇「ブルー・フライト」でデビューした凄い人です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ブルー・フライト→雨の檻→そばかすのフィギュアなのですね。 高校時代の作品というのは面白そうです。読んでみようと思います。

お礼日時:2013/01/26 17:23

Nitarさん、こんにちは。



私のお勧めは山尾悠子。強烈なイマジネーションの持ち主です。
『遠近法』『ムーンゲイト』『夢の棲む町』・・・「夢の遠近法」「夢の棲む町」に収録
『ラピスラズリ』
他に
小野不由美 『東京異聞(とうけいいぶん)』『屍鬼』 ホラー系ですがファンタジー色も強いと思います。
高野文緒 『カント・アンジェリコ』『ムジカ・マキーナ』 昨年「カラマーゾフの妹」でブレイクした人です。お耽美な…。

他に文芸作家のファンタジー広義の作品を。
村上春樹 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
篠田節子 『薔薇密室』
薄井ゆうじ 『星の感触』『透明な箱舟』

まだまだたくさんありますが、キリがないのでこの辺で。
レビューは自力確認してくださいね。
このカテゴリーには論客が多数いますので、あとの回答にも乞う御期待。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。タイトルだけでそそられる気がします。ホラーは全く想定していませんでしたが面白そうです。

お礼日時:2013/01/20 15:39

マイナス・ゼロ 著:広瀬 正



結構有名な作品ですが、一気に読んでしまう面白さです。

wikiに概要が載っています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速買って読み始めてみました。読み始めると止まらなくなりそうな感触を覚えました。ありがとございます。

お礼日時:2013/01/18 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のSFの傑作は?

日本のSFで面白い物があったら教えてください。

今まで、読んだものの中で、これぞ、傑作!と感じたものは

小松左京/果てしなき流れの果てに/虚無回廊
半村良/岬一郎の抵抗
広瀬正/マイナス・ゼロ
新井素子/グリーン・レクイエム

などです。小松作品は長編はほとんど、全て、読んでいますが、どれも水準以上だと思います。逆に評判が良いので読んでみたが、つらかった、面白くなかったのは、夢枕獏「上限の月を食べる獅子」。読むのを途中でやめてしまったのは、筒井康隆「脱走と追跡のサンバ」。「家族八景」などは面白かったですが。
海外作品ですが、ウィリアム・ギブソン「ニューロマンサー」、フィリップ・k・ディック、レイ・ブラッドベリなどは、どれも、きつくて途中でよむのをやめてしまい「俺は、SFは肌に合わないのかな」と感じました。

私に合いそうな日本のSFがあったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

結構SFの本流系がお好きとみました。

おすすめとしては神林長平と、最近の作家としては飛浩隆です。

神林長平は、コメディタッチながら意識の問題を追及した『敵は海賊』シリーズや、『天国に一番近い星』、シリアスでかつイメージの壮大な『プリズム』『完璧な涙』、機械がお好きでしたら『戦闘妖精・雪風』や『魂の駆動体』など。

飛浩隆は、描写が圧倒的です。
最近『ラギッド・ガール』を読んだばかりです。すごかった~。

ついでに海外の作家でしたら、ぜひグレッグ・イーガンの短編集をどれか一冊読んでみてください。面白い!と思われたら長編もぜひ。

Q日本の作家さんでファンタジーのお薦め本を教えて下さい。

最近小野不由美さんの十二国記12冊を読んで次に読む本を探しています。
十二国記の前はデルフィニア戦記を読んでいました。
他力本願で申し訳ないのですが、日本人の作家さんでお薦めのファンタジー本をお教えて下さい。

購入して途中で挫折してしまったのは、ハリーポッターやハウルやその他の海外の作家さん等や
宮部みゆきさんの本は読みきれませんでした。
皆さま、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世界観を持つ世界を舞台に、魅力的なキャラクター達が活躍します。

 紗々亜璃須さんの「水仙の清姫」から始まる一連のシリーズも、とても面白かったです。登場人物は様々ですが、どの作品の主人公も生き生きと活躍しています。

 井上祐美子さんの「五王戦国志」は、少し暗めですが、架空戦記としてとても良くできています。イラストもとても綺麗ですし、ぜひ読んで欲しいと思う作品です。この方の作品も、当たりはずれがあまりないので、お薦めです。

 一般的なファンタジーですと・・・・・

 前田珠子さんや榎木洋子さんの作品ははずれが少ないです。前田珠子さんは、「破妖の剣」が有名です。榎木洋子さんの作品ですと、「影の王国」「リダーロイス」シリーズ、「龍と魔法使い」が有名です。

 ここから先は、どちらかというと、SFですのでお好みのものではないかもしれませんが・・・・・

 「喪神の碑」「カラワンギ・サーガラ」 津守時生
 「喪神の碑」は、故郷を失った王子が、新たなふるさとを再建していくお話ですが、主人公の新米乗組員の成長物語としても、とても面白いです。
 「カラワンギ・サーガラ」は、少女が、未開の熱帯雨林惑星で、バカンスを過ごすところから話がスタートします。この惑星には、様々な秘密が隠されていて・・・

 「第六大陸」 小川一水
 少しだけ未来の日本が舞台です。民間企業が月面基地を建設するお話です。

 「永遠の森 博物館惑星」 菅浩江
 コロニー全体で、一つの博物館を構成している場所が舞台です。ここで、学芸員をしている主人公が、関わる様々な物とのふれあいがベースになっています。

 いろいろと書き出しましたが、お気に入りの作品が見つかれば、嬉しいです。これで失礼します。

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世...続きを読む

Q不思議な町や村が舞台になっている小説

不思議な町や村が舞台となっていたり、不思議な住人が出て来るような小説が読みたいのですが、オススメはありますか?

ジャンルは、ファンタジーでもミステリーでも何でも良いです。
ただ、ホラーで残酷なものは嫌です。
ちょっとだけホラ~なら、大丈夫です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
憎めないタイプの奇人変人がたくさん出てきます。京都をかなりファンタジックに改編してあって、不思議なことが起こって当たり前な世界観の小説です。
ちょうど文庫化されたことですし、いかがでしょうか。

中村航「リレキショ」
素性の知れない主人公達の日常を描いた、どこか不思議な世界観を持った小説です。


人気Q&Aランキング