国会のほうは、進んでいるのか進んでいないのか、よくわからないのですが、私の疑問として、
夫婦別姓を主張する人たちは、どれほど「姓」に執着しているのか?

べつに、苗字なんてどうでもいいし、とくに実害がなければ、「求婚したほうが変える」ぐらいでいいというのが私の持論です。(飲み代を、誘ったほうが出す理屈。)
とうぜん、中には「割り勘」の主義もあるだろうと思うし、「やはり男が」という人もあると思います。名前とのつながりで不便な人も(真木真紀さんとか、和泉泉美さんとか、)あるし・・。人それぞれですが。

ただ、「別姓」を主張する意見を見ると「妻が改姓しなくてはいけないのは不合理だ」という声が多く、じゃあ、その夫はどう思っているんだ?という疑問があります。夫のほうが変えてもいいのだけれど、そういうことは出てこない。

苗字なんてどうでもいい、ということが国民的な認識であれば、その中で「別姓」もかまわないのですが、認識がない中で制度だけが先行した場合、たとえば「嫁の山田花子さんは鈴木家の人間じゃあない」ということで、子どもたちがみんな鈴木なのに、妻ひとり山田のまま、ということが制度を逆手にとって行われる可能性があります。
ここの「質問」のなかでも「家」制度に縛られたような質問は多いので、全国的にそういうことは十分考えられます。韓国が別姓なのも、その理屈だったはずです。
「別姓」を主張するほど「進歩的」な人たちの運動によって、結果的に守旧的な「家」制度による「嫁」拘束に手を貸すようなことだと、逆のように思います。
また、最近、少子化で「一人っ子」が増えると、長男長女がどっちの姓にしても「○○家」が消えるから、別姓にして残してほしい、というようなこともあるようです。
「家」制度を守るための別姓なのか?という疑問もあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

「個人」と思い切れない(「山田家の太郎さん」が「鈴木太郎」になるのはいやだという・・)人が「別姓」と言っているのではないか?という気もするのですが、どうでしょうか。

ということの意見を求められていると思います。
1.「家」としての「姓」にこだわる方もあり.
2.「個人」として「姓」を変えるのはいやだという方 
3「姓」が「なくなるのは寂しい,また先祖に申し訳ない.
4.「養子」と思われたくない.--前にも述べましたように「姓」を変えると未だにそう思う人が多い.
5.「男の姓」あるいは「女の姓」合わせたくない方。または,新しく「姓」作りたい方--アメリカでは映画にあるように犯罪者から守るために「姓」を作り変える事もできるのでしょうね.映画だけではないように思います.確かめた事はないですが.です.
とさまざまな方がいるので一概に「***にこだわっている」とは思いません.「姓」を選択できるような制度にすべきではないかと思うのです.1つの「姓」にしなければ,国が困るのは,国民を管理,監視する立場上であって、国民にとってはいろいろと選択できるほうが,「結婚にしたら,名前をどちらかにしなければならない」と考えなくてもいいし,「少子化」になっても悩まなくてもいいのではないでしょうか.このような論争もしなくてもいいのではないでしょうか.何事も1しか選択できないのはいい方法でしょうか.他にも解決方法があっても。世の中にはそれぞれ生活環境が違うことが多いのですから,いろんな選択方法が必要だと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
もともと、「家来」というのは、「家」が単位ですので、その中で「姓」も大事だった、ということは歴史的事実だと思います。
誰の「家来」でもない、「民主主義」の時代であれば、いっそ「姓」がなくてもかまわないようなものです。(「イチロー」とか「aiko」とか・・・。)
住民票はコード番号になっちゃうしなあ・・。

「どうでもいい」人と「大事だ」という人がいて、そのなかで「別姓」のために立場をさらに悪くする人(前のコメントのように)も当然予想されるわけですが、そういう弱者は、「どうでもいい」けれど別姓、という人より、まわりが配慮しなければならないと思うのですが・・・。

まあ、私が思っているだけで、それをどうこうしようというわけではないのですが、
「別姓でないと困る」という人と、「どうでもいいから別姓」という人と、一緒になって「別姓」だというのも、考えてしまうなあ・・・。

お礼日時:2001/06/05 20:46

日本の戸籍制度があるのは世界でも少ないほうではないでしょうか.これは奈良時代から続いている制度ですが,その時からも武士とか公家以外の特別な人以外は姓などは明治になるまではありませんでした。

なぜか明治になって「家」の制度が強調されてきてのには,武士の「姓」の封建制度の名残と思えてきました.「個人の自由」を憲法で保障されているのに.「姓」は自由にはに決められないということですね.これは国の管理システムの手軽さからではないでしょうか.「姓」については,エジプト、トルコ、インドネシア、などは「姓」がない国がたくさんあります。アメリカでも両姓を会わせた姓もあります.性は自由に選択できるほうがいいと思います.男性の姓に合わせる人,女性の姓に合わせる人、両姓を合わせる人、新しく姓を作る人があってもいいと思います.
「夫婦関係を証明するたの書類」はいまでも夫婦であっても要求されるのですから,なにも変わらないでしょうし,その書類にもその事実が記入されるのですから,何ら変わらないでしょう.むしろ遺産相続にはわかりやすいでしょう。いまでも結婚前に夫婦の財産を 届けておく、夫婦別産制もありますが,ほとんど使われていませんね.国が「別姓制度は面倒だ」では国民のためではないでしょう.手間でも国民が使いやすい制度にするのが、本当の国民のためでしょう.教育に飛びますが,
今叫ばれている「個性」を伸ばす教育も以前は無視されていたのです.国が「画一」の教育を進めた結果も破綻をしています。時代が変わっています.教育を国民にさせなければ,いけない時代,ものがない時代とあちこちから自然と情報が入り.学校以外の知識だけでなくなっている時代、物が余っている時代とは違わなくてはならないと思います.「土地-農地」が主力のときは「家」が中心な考えでしょうけれど,そうでなく、「核家族」「少子化」が問題になれば、「個人」を中心に考えなければ,ならないでしょう.「姓」が永遠に続くなんて生きている間だけと思っています。「表札の件云々」は同じ家族を全員書いている方もおられるので,面倒なことでもないでしょう. 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
歴史的なことは前にもかきましたが、現実として、いまだに「○○家」とか「○○家の嫁」とかいうことが言われています。
いずれ「個人」になるのなら、そのときに「個人」にしてしまえば、いまから「別姓」制度を作る必要もないように思います。
むしろ「個人」と思い切れない(「山田家の太郎さん」が「鈴木太郎」になるのはいやだという・・)人が「別姓」と言っているのではないか?という気もするのですが、どうでしょうか。

お礼日時:2001/06/04 09:50

こんにちは。


私は女ですが夫婦別姓には反対です。

なぜあんなにまで、女性が別姓にこだわるのかがわかりません。
女性が差別を受けていると、未だに思っている被害妄想とも
感じられます。だから、男性にできて、女性に出来ないことが
あると、何にでも過敏に反応して女性にもさせろと必死になる
姿ってどうかなと思います。(笑)

女性にできて、男性にはできないこともたくさんあると
思うんですけど、男性はそんなことは言わないですよね。
それが、度量の違いではないでしょうか?

夫婦別姓についての反対理由は以下の通りです。

1、別姓になることにとって夫婦関係を証明するために、いちいち書類が必要に
なるのでは?

2、時代が進み、皆が夫婦別姓にしたら、何人分の表札が必要になるでしょう。
おばあちゃんは、木下、おじいちゃんは田中、息子は木下、息子の嫁は大野
孫は大野ついでに、孫の嫁は鈴木。
こうなるわけですよね。今夫婦別姓を唱えている人は自分達のことしか考えて
ないのでは?じゃあ、その家はいったい誰の家と呼べばいいのでしょう?
そして、事故などで警察から連絡が入っても、「木下さんのおたくですか?」
とも言えないし・・・。
一時の手続きをめんどくさがる人達によって、後の世の中はもっとめんどくさ
く、複雑になるのですよね。

そのうち、家ごとに番号をつけられたりして。(笑)
そうなると、番号で呼ばれるわけですよ、「A-543-231、の木下で
す」とかね。(笑)

以上のことが予測されるので、私は絶対反対です。(笑)
いかがでしょうか?(笑)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は別に、別姓自体について、いい、あるいは、悪い、とは思わないですが、「面倒」というには「自分が面倒」と「回りが面倒」の両面がありますね。手続きはどうにでもなりますが、電話帳など、個人的なところで、いろんなところにいろんな名前を書いておかないと(「山田」にも「木下」にも・・)いけない。
本人は別に何も問題(同じような人がふえたらともかく)がない、というところですね。

いまの制度で、夫婦どっちの姓にしてもかまわないわけですが、その状況のもとで98%ほどの人が「自動的に」夫の姓にしていること自体をそのままにして、一部の人が「夫の姓に変えるのはいや」(それを非難しないけれど、夫が変えるのを論外にして、じゃあ、別姓、という発想があるのではないか?という疑問)というのは、結局、「姓」にこだわっていることにならないか、と思います。

実際に、別姓にこだわっているのは、男性のほう(夫が変えたらいい、ということ自体を最初から考えられない)だと思います。合理的に考えれば妻の姓、という場合も多いはずですが。

サザエさんちで、マスオさんが「磯野」にすれば、表札も電話も「磯野」一つですむのに、「フグ田サザエ」さんが電話に出ると「はい、磯野でございます」といっているのもおかしいですね。波平さんは明治生まれ(そういう設定だったけれど、そのまま何十年たってしまった)だから、長男のマスオさんに、磯野にしたらどうか、なんていえなかった(「磯野家」には「長男・カツオ君」がいる)のでしょう。
こういうこともあるから、「別姓」がかならずしも面倒という事ではない(同姓でも、表札2つになるんだから)のではありますが。

お礼日時:2001/06/04 09:45

時間がないので、あとで整理して回答しようと思いますが、


>「○○家をまもる」思想というのは、たぶん、少数派だろうと思います。
というのは私の認識と正反対です。私は多数派であると思っています。というか、普段は意識していなくても、結婚などの社会的な関係を結ぶ時に表面に出てきてしまうのだと思っています。結婚とは、日本国憲法では個人と個人の結びつきのはずですが現状でもいまだに家と家との結婚だと勘違いしている人が大部分です。

そうした延長上に「夫婦別姓」問題は位置していると私は認識しています。
またのちほど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たぶん、そうだとおもいます。「家を守る」の重さは人それぞれですね。
べつに何も思わず「夫の姓」にしている人に、妻の姓の「××のほうがかっこよくないか?」(これはシャレです。かだ、まわりに山田や佐藤が多いとややこしいから、適当にめずらしい名前のほうが、私は助かるので)というと、何を言うんだ?という顔をされます。
ただ、たとえば「家」制度からいちばん遠そうな共産党の議員さんでも、たいてい「夫の姓」みたいですから、何も考えずに、「夫の姓」が多いのではないでしょうか?

お礼日時:2001/06/01 09:30

この答えだけが全てだとは思いませんが、何割かではあると思うので参考にしてください。


まず、「夫婦別姓」を強く訴える人(特に女性)の根本には女性解放主義(ウーマンリブ的発想)があるように思います。一貫して、「女性だけ・・・なのは不条理だ!」みたいな論調じゃないですか。姓というものに対してどうとらえてるとか、執着があるというより、男性中心社会に対する反発から来てる部分がすごく多いように思えるんです。だから、今社会で主流になってる男性の姓に女性があわせることには反発しても、「どうしても~家を守りたい」とか、そんな人は少ないじゃないですか。僕は、この手の「夫婦別姓」を訴える人からは現実的な理由よりも、そのような反発感のようなものを感じるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「○○家をまもる」思想というのは、たぶん、少数派だろうと思います。ほとんどの人たちは「みんなしている」から「夫の姓」にしているのでしょう。
だいたい、男のほうが面倒がりなので、手続きを面倒くさいと思うことになります。
ただ、ここのサイトで「結婚」の質問の中には、「家がどうの」「先祖の墓がどうの」関係の質問もそこそこありますから、気にする人は多いというのも事実です。

ウーマンリブ発想だと、むしろ、「別姓」なんかより、「女性にあわせろ」と言いそうな気もします。

お礼日時:2001/05/28 08:33

 別姓を望む理由は人それぞれとは思いますが。



 私の場合でいえば今までずっとA・schiと呼ばれ、それが自分を現す名と認識していたのに結婚たことにより「B・schiさん」と言われても違和感しか感じません。別に自分で選んだ名ではないけれど、長い間使ってきて愛着がありますし、自分は「A・schiである」という認識は変わりませんから。

 現在の民法では結婚した場合、夫または妻の姓を名乗ることになっています。ただ現実的には9割以上の夫婦が夫の姓をなのっており、それが当然という風潮もあります。
 よく結婚した女性に対して「何さんになったの?」と尋ねますが、あまり「どちらの姓を名乗るの?」と尋ねません。逆に結婚した男性に対しては姓がどうなったが尋ねることすらしてませんよね。少なくとも私の経験上はそうです。それに現実として自分が姓を変えるなんて全く考えてもいない男性も多いのです。「夫婦は同姓にすべき。でも自分が変わるのは絶対に嫌だ」という男性だっています。多くの場合、夫婦別姓は妻にとって切実な要求だというのが現実なのです。

 私は自分が姓を変えたくないから、相手が望まない限り相手の姓も尊重したいと思います。だから別姓なのです。個人的には事実婚が一番いいと思っているのですが、周りの状況を考えると難しいので。

 それから今なお根強く残る「家制度」制度への疑問です。私の感覚ではozomi500さんとは逆に、夫の姓を選ぶ夫婦同姓に固執する人ほど、「家意識」強いように思うのですがどうでしょう。Aという姓を持つ人と結婚することにより「A家の嫁」となるみたいな。

 あと別姓夫婦の子どもが必ずしも夫の姓を名乗るわけではないと思います。子どもが妻の姓を名乗ってもいいわけですから、夫だけが姓が違うこともあるでしょうし、もし家族に同一の姓を求めるなら夫婦同姓にすればいいわけですから。

 いずれにしても日本の社会全体が早く悪しき「家意識」から脱却してほしいと思ってます。
 
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる通り、「夫の姓」の人のほうが、「家」意識は強いと思います。

「妻の姓」にする人のほうが、「率」としては、「家」意識が強いだろうと思います。(私みたいに、「みんなが夫の姓にするなら妻の姓」などと考えるヘソマガリは少数派で、)「1人娘・長女だから」という人が割合としては多数派でしょうから。
圧倒的多数は、何も考えずに、みんながするから「夫の姓」という人々。

私は、別に、名前がかわることに抵抗はない(中村錦之助が萬屋になったり、桂小五郎が木戸になったり、長尾景虎が上杉になったり=これは養子縁組だった、の延長)のですが(そんなに由緒ある姓でもない?)、そのへんの価値観まで人に押し付ける気はありません。

ただ、現在の状況下では、「別姓」制度が「家制度」のために「悪用」されて困る人々(かなりの弱者といえるでしょう)も生まれると思います。そんな心配はないよ、といえるほど、この国は甘くありません。そうであれば、「どっちでもいい」はずの姓が98%「夫」になっているはずがない。
そこまで考えて、天秤にかけたうえで、「別姓」が必要かどうか、が疑問なのですが。

手続きがめんどうだから変えない、という人には、足を引っ張るような意見で申し訳ないのですが。比率として、「面倒派」と「愛着派」は(かぶっているのもいれて)どちらが主流なのでしょうね。

お礼日時:2001/05/23 15:47

質問を読ませていただきましてnozomi500さんの思考方向が逆なのではないかと


感じまして、答えを書かせていただきます。

「家」観念につながるような姓にこだわっていないからこそ、夫婦別姓を主張す
るのです。それは同時に個人のアイデンティティを示すものとしての自分の姓に
こだわることでもあります。

日本国憲法では「家」という制度はなくなったはずですが、残念ながら今もまだ
家意識は残っています。それはnozomi500さんのおっしゃる通りだと思います。

夫婦別姓ということの目標の一つは、こうした不合理ともいうべき「家」制度の
払拭にあります。農業社会においては、その生産手段である農地を維持するため
には一括して相続することが望ましく(土地の細分化がおこらない)、その手段
として「家」制度がありました。これは武士の家禄についても同じことです。そ
して姓というのは個人を識別する記号であるとともに、家を象徴するものでもあ
ります。しかし、現代日本においては、そのような形での家を維持する必要はほ
とんどないと思われます。また「名字なんてどうでも良い」もののはずですが、
そうは思えない人のほうが多いことも事実ではないでしょうか。

ここで夫婦別性を取り入れると、結婚は対等な男女が新しい家庭を作るものとい
うことがよりはっきりしてくると思います。また、nozomi500さんの考えの中に
あつたかどうか判りませんが、結婚により姓が変わらないということは離婚によ
っても姓が変わらないということでもあります。これだけ、離婚が多くなり、ご
く当たり前のこととなっても、まだとやかく言う人もおりますし、姓が変わるこ
とでそれを明示しなければなりません。もちろん現行制度においても離婚後も婚
姻時の姓を続けて使用できますが、別れた相手の姓を使い続けることに抵抗を感
じる人も多いのではないでしょうか。男性の場合も同様で結婚に際して相手の姓
を名乗れば、「養子に行ったのか」などと余計な詮索を受けやすくなりますね。
これも「家」という制度の悪影響のひとつでしょう。

また、もう一つ実務的な理由として、姓を変えること自体は簡単でもそれに付随
する手続きというか、届けというかそのようなものが想像を絶するほどたくさん
あって非常に面倒でもあります。
例えば、まず役所に姓がかわったことを届けます。すると、住民票、印鑑登録を
変更しなければなりません。勤めているなら、勤務先に届けを出さなければなり
ませんし、銀行などの預金も名義変更が必要です。健康保険や年金などの手続き
は勤務先でやってくれるかもしれませんが、国民健保などですと自分で手続きが
必要ですね。車のように自分が所有しているものについても届けが必要なものは
あります。もちろん、免許証の書き換えも必要です。転居をすれば確実に必要だ
し、そうでなくても郵便局にも届けを出すほうがよいでしよう。また、私は雑誌
などを出版社から直接購読していますが、それについても届けが必要です(代金
引き落としのための口座名義が変わるため)。クレジットカードもそうですね。
今、思いつくままに書いてきましたが、現実の場面だと、さらに思いもしないと
ころに名義変更が必要になるはずです。

今までは、結婚するとたいてい女性が姓を変え、それに伴う面倒も女性が負担し
てきました。もちろん、下のyasupeeさんのように、一部、旧姓のままで過ごす
ことも可能ですが、それにしても最小限の変更はしなくてはなりません。

姓の変更とは、「家の嫁」とか「嫁を取る」とか「我が家の家風に従ってもらう」とかと同根の「家」観念が原因であって、我が家のものになったのだから姓も我
が家のものにしてもらう、という発想です。人間を個人として見ていないからで
きる発想だと私は思います。姓を含めた名前というものは個人のアイデンティティ
を支える重要な柱の一つであると思います。それを強制的に変えさせることは、
個人の圧殺でもあります。

最後になりますが、わたしの夫婦別姓制度に関する意見は、「夫婦別性も選べる
ようにすべきだ」ということになります。結婚することによって同姓になること
を選びたい人の自由までは奪いたくありません。ただ、別性を望む人にはその権
利を認めてあげるべきだと考えています。あるいは夫婦のどちらの姓とも異なる
新しい姓の創設も許すべきかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「選択」については、そのとおりにちがいありません。
ただ、私が心配するのは、古い因習のもとで「嫁」を差別する手段に悪用されることです。こんな民主主義の時代でさえ、現実として「フィリピン花嫁」が「跡取をうむための道具」のような扱いをされる現実があります。
同姓になることを望む人の権利を、「選択」ということで誰か守ってくれる保障がないのです。
日本も広いから、いろいろの人がいると思うのですが、より「弱者」なのは、そういう人たちのように思います。

単に、事務手続きが面倒だから、かえなくていいように、ということであれば、それはそれで納得できるのですが、「別姓」を男女差別の解消の手段のようにいうようなのは、現在の日本の状況では、逆の方向の問題を生むのではないか?という疑問です。それも考慮の上で、トータルで、「別姓」があるべきだということでしょうか。
私個人としては、「妻の姓」にする人が3割もいれば、「別姓」もとうぜんすんなりいけると思いますが。

お礼日時:2001/05/21 23:54

日本が婚姻したら、どちらが姓にすべしと法律で決めていますが、昔の慣習が未だ残っており.「家」と「姓」にこだわるかたが多いのです.その事例として、いままで、.男が姓を変えると入り婿、養子などといわれたりしているのです。

その考えがある限り、なかなか男が名前を変えることをしないと思います.法律的には、両性のの合意で、姓を決めるのですが.そのようには現実にはなっていないようにも感じます.別姓を主張するから、進歩的でもないように思います.nozomi500さんがおっしゃるように「苗字なんてどうでもいいし、とくに実害がなければ」とのことであれば、私はもっと姓の選択権ががあってもいいのではないでしょうか.日本には姓がなくて、名前だけの時代もあったのです。「田中」と「中田」が婚姻して、どちらかが「田中」の姓にしても、「中田」の姓にしても、両方まとめて「田中中田」
の姓にしてもいいのではないでしょうか.自分の姓がなくなるとも寂しい気持ちになるときがあるのが普通の方ではないでしょうか.nozomi500さんのお年がいくつかは存じませんが.いまそのような60才以上のお年であれば、それが気になることもあると思います. 私も悩むこともありましたが、地球がなくなれば、そんななこと「姓」なんかこだわることはないと思いました.なかなか簡単にはいかないのですよ.別姓であれば、そのような問題が片付きますが、役所は困るでしょうか。しかし、韓国、中国、ウイグル、なども別姓ですから、できないことはないはずです.
別姓を早く認めるべきと思いますよ.それによって、少しは事務作業が増えることで、経済にもよい影響を与えるかもしれませんね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
韓国などの別姓は「家制度」のうえに「家父長」があって、「嫁」は単なる子どもを産む道具、という前提の上にあるのだと思います。

両方の姓を合体させる、というのは、福沢諭吉の論でしたか、どこかで見たことがあります。合体させても、手続きが面倒なのは同じ(二人とも手続きすれば、作業はトータルで倍になります)ですね。

苗字がないのは、「家来」でない人たち。(天皇家はその「上」がないので苗字がない)誰の「家来」でない、民主主義の時代なら、たしかに、姓は不要です。
これから結婚するような人たち、さらに、その親でさえ、そんなことを気にしなければいけない世代でないはずですが・・。(ちなみに、私は40代ですが)

お礼日時:2001/05/21 23:42

私は今でも旧姓をよく使っています。


結婚のときにも自分の苗字は変えたくないと思いました。なぜなら面倒だからです。
いままで生活してきた上でのすべての書類など、全部手続きするのははっきりいって大変です。

だから病院などの公的機関などを利用する際は戸籍上の名前を使いますが、
普段必要ないときは旧姓を使っています。(郵便物もきちんと届くし。子供のいない今は特に不便はないです。)
おまけに高校時代から旧姓(苗字)で誰からも呼ばれていた私にとっては、
旧姓がやっぱり自分の名前なのです。

本来ならどちらの苗字を名乗ってもいいのに、夫側の姓をとるのが多いのは
事実です。やっぱり日本では、結婚を家と家のつながりとして今だに考える人が多いということですよね。
仕事を持って、ある程度財産を持っている女性は結婚制度に魅力がないことを感じるのは当然だと思います。
日本は結婚とそうでない場合(同棲)をやたら区別したがります。
そのために、結婚をした方が色々と都合がよく、簡単な場合がよくあります。
今の日本では結婚から生まれる色々な制度的な差別を無くしていかない事には、夫婦別姓すら実施するのは無理な状況ではありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

めんどうだから、姓を変えない、というのは確かにそうです。
手続き自体は、もっと簡素化できるとは思うのですが(ITというのは、そういうことでしょう)、きっと、意識のほうが変わらないでしょうね。

意識が変わらないのに制度を変えて、便利になる人は確かに便利だけれど、新たに困る人が出てきたらどうする?というのが、私の疑問です。

以前、MMR(新3種混合ワクチン)というのがありましたが、副作用が問題になって禁止になりました。確率をいえば、自然に感染するより、体調のいいときに予防接種で感染したほうが健康的に違いないのだけれど、わざわざ予防接種で感染したために死んだらどうするんだ、ということで禁止されたのでしょう。
同じように、わざわざつくった制度によって、100人が便利になっても、新たに1人が人権侵害になるようなことでは困るのですが・・。

お礼日時:2001/05/22 00:05

質問があいまいですが、「人が姓に執着している理由」について聞かれてるんですよね? nozomi500さんが推測する通り、理由はそれぞれだと思いますが、姓の変更に伴う各種手続き(免許も変えたりするんですよね?)とかプラクティカルな理由で変えたくない人もいれば、自分に与えられてん十年と使ってきた姓を変えるのが嫌、旧姓=その家の人間ではなくなる、ということに抵抗がある人、またフェミニストというのでしょうか?男性側に当然ある姓の維持という権利を持ちたい、という考えの人もいるのでは?


不穏なウワサは誰も立てられたくないと思うので、きけば姓を残したまま結婚されている女性は自分から姓を変えない理由を述べると思います。
ちなみに私、婚約者の姓が本当によくある名前で気に入らないのであまり変えたくないです。しかしその名前でも運はいい、と占い師さんに言われ、ま、いーかなって思い始めています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あいまいな質問ですみません。
姓に執着する人はそれでかまわないのですが、「別姓」を言うほどの人がなぜ、姓を気にするのか?というのが疑問です。

「男性側に当然ある姓の維持という権利」などという発想が、「進歩的な」人たちと相容れないように思います。

なんか、「男性が姓をかえない」のを当然とした上で、「女性が変えたくないなら別姓」という選択肢、という発想のように思うのです。

お礼日時:2001/05/21 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫婦別姓論者の方に質問です。

夫婦別姓で事実婚が増えるって報道していましたが、掲載の結婚適齢者は親から事実婚や夫婦別姓を進められたからと言っていました。其のお親達はまだ古い時代の家庭制度にあった専業主婦のようです。彼女らの反動で子供に専業主婦反対、夫婦別姓、等を進めるようです。おかしいと思います。夫婦別姓の利点て何でしょうか。夫婦別姓論者はただ結婚して名前が変ることの自己否定が嫌だと言うだけの事ではないでしょうか。だから結婚せず(入籍せず)事実婚にする事が増えているのでしょう。夫婦別姓論者のご意見をお聞かせ願います。

Aベストアンサー

こんにちは

賛成派の人達は、苗字が変わる事に、なんの抵抗もないのでしょうか?その人たちが苗字を変えれば、反対派の人達も賛成するのでは??

自分は苗字を変えず、相手が変えないのはなんだ!!と言うのは。本当の賛成派とは言えません。

その他に、主婦が働き、旦那さんと同じ税制にすれば、世の中働く人が増えて、経済が多少でも上向くのではなでしょうか?主婦の中にも、有能な人はたくさんいます。今の税制はそういう人たちの、能力発揮の機会を奪っています。

扶養控除は、今より増やし、夫婦で半分ずつにしても、一人のほうに控除させても、どちらでも良いと選ばせるといいと思います。これは人口減少をすこしでも防ぐためです。子供は将来税金を納める金の卵ですから。

Q終身雇用制度と年功序列制度のデメリット

終身雇用制度と年功序列制度のデメリットを簡単にまとめて教えてください。メリットは分かるのですが、、デメリットはと聞かれて答えに困っています、、。誰かよろしくお願いします。

Aベストアンサー

終身雇用のデメリット
会社間、あるいは業種間での労働力の移動があまり起こらないので、
本来、優秀な人材が集まるべき将来性のある会社、産業に労働力がシフトしません。

年功序列のデメリット
年をとってから多額の給与を支払わなくてはならないので、若い内は労働に見合った対価が支払われません。
また、年を取ればそれだけで給与が上がっていくことが解っているので、労働のモチベーションを持つことが難しくなります。
高度経済成長時代は、会社への忠誠心や日本経済の発展のためというモチベーションが持てましたが、現在そのようなモチベーションを持つことは難しくなっています。
前の人も指摘していますが、会社内での適材適所の妨げになります。

Q夫婦別姓訴訟について

マスメディアから忘れらていた夫婦別姓問題が原告側の訴訟棄却で久しぶりに脚光を浴びた様です。そもそも夫婦別姓のメリットよりデメリットの方が問題なので法の改正まで行かないのが現実です。夫婦同姓の論者の言い分は感覚的に男の姓になりたくないとか、自分の姓が消えてアイデンティティーが無くなるとかがメインで今回の訴訟の叔母さんたちの記者会見を見ると結婚で別姓のよるデメリットの論拠はは派生的なものの様に見えます。別姓反対者は別姓夫婦が法的な関係ではないため婚姻による優遇措置を受けられないこと、税金:配偶者控除なし給与:扶養家族手当てなし・子どもが生まれたら、子の姓や戸籍はどうしするが論拠の様です。夫婦別姓論者はそれらのデメリットを享受しての訴訟ですから、夫婦別姓を法律で強制するのでなく選択制にすれば良いと思うのですが夫婦別姓選択制にできない理由は何でしょうか。お教え願います。

Aベストアンサー

> 夫婦別姓を法律で強制するのでなく選択制にすれば良いと思うのですが夫婦別姓選択制にできない理由は何でしょうか。

「出来ない理由」は無いと思いますよ。
ただ同様に、夫婦別姓を認めなきゃならない理由も、それほど強固・強大なものでもありませんね。

現状でも、法律婚の優遇面さえ諦めたら、事実婚と言う選択肢もあるワケですから。
その優遇面は諦めたくないけど、自分のスタイルは貫きたいと言う、ワガママな主張と言えなくもありません。

それと何より、法律婚において、妻が日常生活を旧姓で通すことは、法律上、何ら問題ありません。
タレントなどは、当たり前ですけど、政治家でも、森田健作氏(千葉県知事)などは、芸名で公務をこなしてますし、高市早苗議員などは旧姓のままです。

法律は、戸籍上の旧姓は認めていませんが、実生活を旧姓で通すことは、何ら妨害していません。
通称,俗称などに関しては、既に選択制になっているとも言えますよ。

それにも関わらず、「戸籍法も私好みに変えなさい!」なんてのは、かなり横暴じゃないでしょうか?

Q安倍晋三 奴隷制度創設? 慰安婦制度?

次のニュースをどう考えますか。
いつもの安倍晋三が毎度毎度のおかしなことをわめき始めました。

-------------------------
● 安倍首相「女性の社会進出のため、家事に外国人を」 ネット上では、疑問や批判の声が相次ぐ
http://www.j-cast.com/2014/04/07201461.html
女性の社会進出を促すためだとして、安倍晋三首相が家事などに外国人労働者を受け入れることを検討するよう指示した。実現すれば、家庭内に外国人が入ってくることになるだけに、ネット上で、異論も続出している。(後略)
-------------------------

この考え方によれば、日本人就役者と外国人労働者の間にかなり大きな賃金格差が無ければ意味をなさず、しかもかなりの高収入女性にのみ利用可能な制度であり、しかる点を考えれば、これは一種の奴隷制度、若しくは男性の側から見れば慰安婦制度に相当するのでは?

安倍晋三のお坊ちゃまぶりには昔から開いた口がふさがりませんが、安倍晋三とそのお友達の諸君が、自分の家に外国人メイドや外国人ボーイを入れたいから、国が何とかしろ!と駄々を捏ねているような感さえあります。

一方で安倍晋三は、
--------------
政府は移民政策の導入を検討しておらず、そう誤解されないように配慮するとしたうえで、「女性の活躍推進や中長期的な経済成長の観点から、十分な管理体制の下でのさらなる外国人材の活用の仕組みについても、検討を進めてもらいたい」と述べた。
--------------
はて?
なにかこれは、TPPと似てますね。
事情通(w)の人でないと誤解するかもしれませんが、どのような裏の事情が読み取れますか。

次のニュースをどう考えますか。
いつもの安倍晋三が毎度毎度のおかしなことをわめき始めました。

-------------------------
● 安倍首相「女性の社会進出のため、家事に外国人を」 ネット上では、疑問や批判の声が相次ぐ
http://www.j-cast.com/2014/04/07201461.html
女性の社会進出を促すためだとして、安倍晋三首相が家事などに外国人労働者を受け入れることを検討するよう指示した。実現すれば、家庭内に外国人が入ってくることになるだけに、ネット上で、異論も続出している。(後略)
------------------...続きを読む

Aベストアンサー

要するに若い人が結婚しなくなり、子供も産まなくなった、、ことに原因があるので、

このままでは、団塊世代が高齢になった時、家事をやってくれる人がいなくなる

ので、その手助け、、を外国人に頼もうとしてるのでしょう?

高齢者が、全員、老人ホームに入居出来れば、上げ膳据え膳で、本人も高齢者も

助かっていいのでしょうが、

すべての、身体が不自由になった老人をホームにいれるには、

働き盛りの若い人への税金が重くのしかかってきます。

若い人の重圧税を軽減し、そして、家事も出来なくなった高齢者にも

住みやすくしてあげるには、外国人の手も必要なのでは?

外国人の方も、家事でお金が貰えれば 御の字 でしょうし、、、。

外国の中には、平和に慣れ切った日本人からは想像もつかない自国での苦しみを

味ってる方たちもいます。

ただ、この外国人受け入れは半永久的なものでなく、ある年数が経てば

お国に帰ってもらう、、ということのようです。

このまま、日本に住み着かれてしまっては今度は、手助けに来てくれた外国人の

老後を見なくてはならなくなりますから。

日本でしっかり、お金を稼いで自国に戻って楽な一生をおくることが

出来れば、外国人のかたも助かるでしょう。日本への出稼ぎですね。


今の若い方たちが介護の必要な親と同居してくれれば、このような外国人の手は必要ないのだと思いますが。

日本の若い方達の「親の介護はしたくない」というエゴを

外国人の方達が、代わりに受け持ってくれるのでしょう。

若い方達が介護の必要な親を見放す、、。見放された親は、国としては放ってもおけない、、、

ということで、知恵を絞っての対策だとおもいます。

政府から、子供たちは、介護の必要な親の面倒を見るように、、なんて

お達しがあったとして、今の若い皆さんは、従いますかね、、、?

「俺の親の介護をしてくれ」なんて、嫁さんに言ったら、今の若い嫁さんは、

すぐに「だったら離婚!!」と言うのが現状のようですよ。

ところで、慰安婦「制度」とかかれてますが、

この慰安婦問題は、もともと、「制度」ではありませんので、左翼による言葉に踊らされないように

してくださいね。

要するに若い人が結婚しなくなり、子供も産まなくなった、、ことに原因があるので、

このままでは、団塊世代が高齢になった時、家事をやってくれる人がいなくなる

ので、その手助け、、を外国人に頼もうとしてるのでしょう?

高齢者が、全員、老人ホームに入居出来れば、上げ膳据え膳で、本人も高齢者も

助かっていいのでしょうが、

すべての、身体が不自由になった老人をホームにいれるには、

働き盛りの若い人への税金が重くのしかかってきます。

若い人の重圧税を軽減し、そして、家事も出来なくなった...続きを読む

Q結婚後(法律上の婚姻)のあとに夫婦別姓に変更可能ですか?

3年間付き合っている彼と来年、結婚予定です。彼は長男、私は長女です。夫婦別姓を希望していますが、現在の法制ではまだ認められていません。先方のご両親には夫婦別姓の希望の旨をこれから伝える予定です。
そこで、とりあえず婚姻届を提出し、現在の法制どおり、いったん彼の姓になり、法の改正後に夫婦別姓に変更することは可能なのでしょうか。内縁関係という表現に抵抗感があるため、もし可能であれば法律上でも認められた夫婦としたいためです。
その場合、婚姻届を提出してしまったら、いくら夫婦別姓にしたくても変更できないものなのでしょうか。いったん離婚というステップを踏まなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

自民党の抵抗でまだ国会提出されていませんが、法制審議会が答申した「民法の一部を改正する法律案要綱」での選択的夫婦別姓に関する提案は、概要つぎのようなものでした。

・婚姻時に夫婦同姓ではなく夫婦別姓を選択することを認める。
・子どもの姓は、婚姻時に協議により定める。子どもの姓の変更は、特別の事情があるときのみ認める。
・既婚夫婦は法施行後1年以内に配偶者とともに届け出ることによって別姓とすることができる。

ということで、この法案が上程され可決されれば、現在の夫婦も別姓に変更できます。

参考URL:http://www.akashi.co.jp/menue/rensai/tomoko_2.htm

Q日本の免税制度で外国人観光客が増え売上増とのこと、この制度の日本の国民にとってのメリットは何ですか?

海外に住む日本人ですが、子供の学校の休みに日本に帰るため必需品の買い物リストを作成中に、今 日本では町中が競って免税店になっていること、また政府が小売店に免税店になるよう働きかけていることを知りました。
買い物といっても、ブランド物ではなく、極普通の服や日用品を探すためにサイトをひらいたところ
どこもここも免税認可となっています。空港ではなく町の店、それもスーパーまで。
”免税”ということは 開封せず必ず国から持ち出さないといけない、そのためには品物とレシートを 必ず空港手荷物検査のあとに提示し、厳しくチェックされる。これが普通です。
ここに矛盾があり、何のためにこういう制度ができてしまったのか教えていただきたいのです。
町中のスーパーも薬局も含めた店が免税店になり、買ったとします。免税で買ったものはすべて見せないといけないから、国をでるまで開封禁止、当然スーツケースに入れてチェックインできないわけです。でも飛行機に持ち込むには重量、大きさ制限があります。もっとも不思議なのは液体の持ち込みがあれだけ厳しいのに、薬局で買った化粧水、液体の薬などスーツケースに入れられないとしたら、税関検査で見せた後どうなるのでしょうか。捨てることになるのではないですか? 電化製品を大量に買い込んでも、すべてあとで見せるためにチェックインできないで、スーツケースは空っぽで、旅行中に買った免税品は全部機内に持ち込んでおられるのでしょうか。
また他の国では絶対にない免税、スーパーで買った食料品が1万以上なら免税扱いになること。免税品だから出国手続き終わるまで開封できないのに、スーパーのものが免税。色々調べるうちにあまりに 曖昧なので、自分はそんな制度は利用せずにさっさと消費税込みで普通に買って、自由に滞在中食べるなり使うなりして、荷物はスーツケースに入れて、免税制度などあてにしないほうがいいということはわかりました。どの国でも免税とするからには、しっかりした厳しいルールがあります。免税分は空港で払い戻しであって、今の日本のように買った店で自動的に免税分差し引かれない。空港で出国手続きをして、買ったレシートを必ず渡し、その場で品物とレシートを照合チェックがある。もし開封していたり、1つでも免税購入したものが足りなければ違反であり罰金が課される。このチェックシステムが、聞くところによると日本はまだ曖昧で、空港では もしスーツケースに入れましたということになっても、いちいち数が多すぎてチェックできないから、あら そう いいよ。まだそれならいいほうで、もともと何も見ないとか、後で問題になるのが嫌だからこちらから尋ねても係員も、はっきりと答えられない。つまり町で免税で買ったものを、開封して適当に友達にも分けたりしていても空港では見つけるシステムができていないので野放し。このまま出国の免税品申告提示体制を整えないで、このニッポンのお人好し制度で国中が免税店になり、観光客の数が増えたと喜んでいて、真面目に正直に8%の消費税を支払って日本に住んでいる人は何か恩恵があるのでしょうか。もちろん小売店の売上があがるというのはわかりますが、一般の人にとって何かディメリットを補うだけのメリットありますか?また免税というものが空港でどういうふうになっていて、これから起きるそのしわ寄せ(この収拾できなくなってきた免税システムに大ぜいの税関員を動員しないとチェックできない、空港での大混乱のために飛行機のディレイなど)というものにお気付きの方はおられるのでしょうか。こういう事態を避けるためにどの国でも免税店は空港に入ってから、あるいは町では限られた店だけが免税店になり、ある程度外国人観光客にも不便をかけながらそれでもよければと提供している免税システムだと思うのです。この”外人さんいらっしゃい、とにかく免税にしてあげますから買ってくれればいいのです。証明?そんなの誰も考えていませんでした。適当にお持ち帰り下さい。”制度の、国民へのメリットが全く見つけられません。免税にしていない小売店の売上も上がっているのですか?これによって一般の日本人に何かいいことはあるのですか?私はホテルは慢性的にとれない、とれても去年の2倍、2.5倍するなど、静かな日本に行くことの魅力を感じなくなっています。

海外に住む日本人ですが、子供の学校の休みに日本に帰るため必需品の買い物リストを作成中に、今 日本では町中が競って免税店になっていること、また政府が小売店に免税店になるよう働きかけていることを知りました。
買い物といっても、ブランド物ではなく、極普通の服や日用品を探すためにサイトをひらいたところ
どこもここも免税認可となっています。空港ではなく町の店、それもスーパーまで。
”免税”ということは 開封せず必ず国から持ち出さないといけない、そのためには品物とレシートを 必ず空港手...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、先進国、論理の国に滞在している日本人から見れば、そう思われるのかも知れないという事は、理解できますよ。

でも、日本も経済バブルの崩壊後、嘗ての英国のように、長い不況で、購買力が失われ物価安で売上や利益の減少、それに連れて、日本の平均年収もピーク時の約670万円から約400万円に落ち込んで、所謂日本病が持病に成っているのではないかと思われるような状況にあります(した)よね。
そいう時に、日本の円安、物価安で、潜在的なソフトパワーのある日本に魅力を感じた外国人観光客が押し寄せて、物を消費して、サービスを利用し、お土産を爆買してくれれば、売上が上がって利益率も良くなって、日本経済の回復のトリガーに成ってくれば。。。というのが基にあるのでしょう。

ですから、和の文化の下で、曖昧な論理やルールでも許容出来る鷹揚な(?)国ですから、多少の抜け穴があって副作用があっても持病が治ってくれれば。。。という処ではないのでしょうか。

でも、嘗て、バブルの頃、海外の不動産を買いあさり、アメリカやオーストラリアの不動産売買のルールを変えさせた程の日本人も、その後は、以前滞在していたオーストラリアで、地元のお店で「最近は、日本人観光客がめっきり減ってしまたが、日本は如何したの?」と良く聞かれたように、日本で爆買する外国人も、そう長続きはしないのではないでしょうか。
東京オリンピックに向けて、ホテルやショッピング施設の開発や改装などが行われていますが、オリンピックが終わった後には、再び、落ち着いた日本が戻ってくるのではないでしょうか。

経済や企業の業績も、発展→ピーク→後退のサイクルの30年説というのを聞いた事が有りますが、横目で見ていても、10年間ピークを維持するには、相当の努力と工夫が必要ではないかと思います。
因みに、今日見た景色は、明日見ても変わっては見えませんが、3カ月後、半年後に見れば、木々が紅葉していたり、落葉していたりで、違った景色に見えるような物ではないのでしょうか。

万物流転が世の常ではないかと思うのですが、如何でしょうか。

確かに、先進国、論理の国に滞在している日本人から見れば、そう思われるのかも知れないという事は、理解できますよ。

でも、日本も経済バブルの崩壊後、嘗ての英国のように、長い不況で、購買力が失われ物価安で売上や利益の減少、それに連れて、日本の平均年収もピーク時の約670万円から約400万円に落ち込んで、所謂日本病が持病に成っているのではないかと思われるような状況にあります(した)よね。
そいう時に、日本の円安、物価安で、潜在的なソフトパワーのある日本に魅力を感じた外国人観光客が押...続きを読む

Q諸外国の夫婦別姓について

諸外国の夫婦別姓について。夫婦別姓の制度を取り入れた国に生じた問題を教えてください。
メリットがあった場合も教えてください。

Aベストアンサー

 まず、民主党が検討している夫婦別姓制度と、欧米の夫婦別姓制度では
内容がかなり異なるということにご注意ください。ドイツでは夫婦どちらの
姓を選ぶか夫婦間で合意できない場合のみ別姓が選択できます。フランス
などは父系社会で、夫婦が妻の姓を選ぶことはありえず、子どもも別姓の
状況に関わらず父親の姓になります。

 別姓導入後ですが、離婚率が増えました。別姓推進派は、そのような
数字は読み取れないと主張していますが、離婚が増えているのは事実です。

 また、別姓導入に至った国では、事実婚が増え母子家庭が増加したという
歴史があり、それが別姓導入の一因にもなっています。ただ、別姓の導入で
事実婚が減ったという統計があるかどうかは不明です。つまりメリットが
あったかどうかは不明です。

 なお、欧米でも別姓は決して主流ではありません。顕著な例はヒラリー・
クリントン国務長官です。彼女は旧姓のロッダムを大事にし、一時は
ヒラリー・ロッダム・クリントンを名乗っていましたが、選挙のときに
不利になるので撤回した経緯があります。また国務長官という国を代表
する立場になってからは、公的にはロッダムの姓を使っていません。

 まず、民主党が検討している夫婦別姓制度と、欧米の夫婦別姓制度では
内容がかなり異なるということにご注意ください。ドイツでは夫婦どちらの
姓を選ぶか夫婦間で合意できない場合のみ別姓が選択できます。フランス
などは父系社会で、夫婦が妻の姓を選ぶことはありえず、子どもも別姓の
状況に関わらず父親の姓になります。

 別姓導入後ですが、離婚率が増えました。別姓推進派は、そのような
数字は読み取れないと主張していますが、離婚が増えているのは事実です。

 また、別姓導入に至った国...続きを読む

Q夫婦別姓について

今、選択的夫婦別姓について論議がありますが、この「夫婦別姓」は、外国ではどのような現状なのでしょうか。アメリカでは、やはり州によって違うのでしょうか。アジア、ヨーロッパ、オセアニアなどでの実情をご存知の方お教えください。

Aベストアンサー

アジア以外の地域、つまり欧米やニュージー・ランドやオーストラリアのオセアニア地域は、名前にミドル・ネームを使用する習慣を持っています。ですから、もし男女どちらかの家に入るにしても、自分が今まで使っていた旧姓はミドル・ネームにして使用しているようです。ファースト・ネームもラスト・ネームもいくつかある場合が多く、どれを使うかは本人の自由だということですよね。
アジア・アフリカ地域は、国ごと、または国の中でも多民族の場合が多いので、いちがいに「こういうもの」とは言えないんではないでしょうか。

どちらにしても、日本のように「戸籍法」を使う国はあまりないようです。ですから「法律に定められた”姓”は無い」ので、どのように使うかは習慣によって変化すると言っても過言ではないでしょう。

Q夫婦別姓?

現在、日本では夫婦別姓が認められていないと思っていたのですが、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7027439.html のベストアンサーを見ると、届け出れば認められると書かれています。

ちょっとびっくりしたので聞いてみます。

個人的には夫婦別姓なんていかにも先進的風な制度が家族に持ち込まれるのは嫌なんですが、すでに夫婦別姓が認められているのでしょうか??

Aベストアンサー

あなたが言われたベストアンサーの部分を拝見しましたが、夫婦別姓を
検索して調べて見ると、現時点では認められていないようです。
政府から法案が何度も提出されていますが、途中まで進んでお蔵入りに
なっているようです。違憲であるからと裁判に訴えても、門前払いと言
うか、全てが却下されています。

ベストアンサーの中で誰かが選択肢があると書かれてますが、これも何
かの勘違いをされているようです。夫か妻の姓を名乗る事を選択する事
と法律では書かれています。これを互いに別々の姓が名乗れると勘違い
されたのでしょうね。

日本人の全てが夫か妻の姓を名乗っています。もし夫と妻の姓が違うと
なると、子供が出来た時に学校等から他の同級生から虐めに遭うことも
十分に考えられます。「お前の親は名前が違うけど、もしかして離婚を
したのか」「お前はお父さんとの名前が違うけど、お父さんは本当の親
ではないんじゃないか」とか言われて、仲間はずれや虐め等を受ける事
も考えられます。もし法律で認可されたら、何処かの地域で虐め問題が
持ち上がるはずです。

ただ現時点では夫婦別姓で生活している方も居られます。ただ法律上で
認められた夫婦ではありません。報道で良く言われている「内縁の夫、
内縁の妻」がそれです。現時点では、内縁で別姓にして夫婦をするしか
方法はありません。この先に別姓が認められる可能性は低いと思います
ね。僕は反対です。

あなたが言われたベストアンサーの部分を拝見しましたが、夫婦別姓を
検索して調べて見ると、現時点では認められていないようです。
政府から法案が何度も提出されていますが、途中まで進んでお蔵入りに
なっているようです。違憲であるからと裁判に訴えても、門前払いと言
うか、全てが却下されています。

ベストアンサーの中で誰かが選択肢があると書かれてますが、これも何
かの勘違いをされているようです。夫か妻の姓を名乗る事を選択する事
と法律では書かれています。これを互いに別々の姓が名乗れると勘...続きを読む

Q夫婦別姓について

 私は29歳で独身です。 5年間つき合っている彼氏とは結婚を前提につき合ってきました。今回私の妊娠が発覚して、急遽、籍を入れる事になりました。しかし、問題が出てきました。 それは、お互いどちらの名字を名乗るかです。
 私は5年前に兄が他界し、一人っ子。彼も上に姉がいますが、結婚をして現在は名字が旦那さんの方になっています。私の両親は兄が亡くなってから私には「ムコをとれ」と一点張りでしたが、私はムコとか取る気はさらさらなく、自分の好きな人としたいと思ってました。両親は彼のことを嫌っているわけでもないのですが、「長男」ということがネックみたいです。しかし、今回の私の妊娠を機にそうもいえなくなり、最後の悪あがきで彼に私の名字になれと強要します。お互い30歳目前で、勿論自分たちの合意で結婚はできるとは思いますが、やはり両親にも祝福してほしいと思っています。彼は、「自分も名字を変えたくないけど、それを私に強要もできない」という立場です。私も同じです。ただ問題は私の両親です。私が彼の名字を名乗れば 彼の両親とも円満にすむようなきがしてます。 また、選択制の夫婦別姓が制度化されていれば、このような問題にもならなかったのだと思います。今後少子化がすすむ中、私たちのような問題を抱えるカップルは少なからず存在すると思います。お互いの両親が納得できて、円満にこの問題を解決できる方法はないでしょうか?

 私は29歳で独身です。 5年間つき合っている彼氏とは結婚を前提につき合ってきました。今回私の妊娠が発覚して、急遽、籍を入れる事になりました。しかし、問題が出てきました。 それは、お互いどちらの名字を名乗るかです。
 私は5年前に兄が他界し、一人っ子。彼も上に姉がいますが、結婚をして現在は名字が旦那さんの方になっています。私の両親は兄が亡くなってから私には「ムコをとれ」と一点張りでしたが、私はムコとか取る気はさらさらなく、自分の好きな人としたいと思ってました。両親は彼のこと...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず旦那さんの籍に入り生まれてきた子を
お嫁さんの実家の養子縁組する約束をするのはどうでしょう
がんばって2人産んで両方の家を一人づつ次いでもらうということにすれば
両家ともに同意すると思います。
また養子縁組は20歳になるときかどちらか片方の親が亡くなった時といふうにしておけば
小学校で苗字が違う問題からも回避できるかと思います。
長く待たせる事になりますが、お子さんも含めてみんなが納得するには時間が必要かと思います。


人気Q&Aランキング