高2女です。
最近、感覚過敏という言葉を知って、その中で自分が悩んでいたことがいくつかありました。
主には、
人の声や物音がやたらうるさく感じたり、ビクッとすること。
服の摩擦や髪の毛などで肌が痒くて、掻き毟り跡がたえないこと。
服が重く感じて、肩こりや体の強張りがあること。
家族でも、体に触られると気持ち悪さを感じること。(これはあんまり困らない)
などです。
小さい頃から神経質ではあるんですが、最近すごく気になり始めました。
色々調べたんですが、小学生くらいまでの子が多いみたいで、改善方法が分からず・・
何でもかんでも病気に結びつけるのはよくないとは思っていますが、日常生活に支障をきたすレベルなんです。
改善法、気にならなくする方法などあったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そろそろ、病院へ行く時期では、日常生活に支障をきたす、これが、その理由ですね。

もちろんお近くの、精神病院へ、早い方が良いでしょう。
    • good
    • 0

わたしも神経質で、いろんな過敏症もちで、同じく日常生活に支障を来していました。


マグネシウムのサプリメントで改善が見られました。

マグネシウムはストレスで消費され、食物からはあまりとれないです。
下痢や嘔吐でも流失します。

神経質な人ほど消費しやすく、さらに神経質に拍車がかかるみたいですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交感神経と感覚神経の関係

交感神経、副交感神経と運動神経、感覚神経の違いがわかりません。

『交感神経と副交感神経』の違いと『運動神経と感覚神経』の二つずつの違いならわかるのですが
『交感神経と感覚神経』の違いがわかりません。

交感神経の中に運動神経と感覚神経が含まれるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
交感神経の中に運動神経と感覚神経は含まれないです。これは中学の理科でやることですがちょっと整理してみて下さい。
動物の神経系は「中枢神経系」と「末梢神経系」に分けられ、末梢神経には以下の三種類があります。
「感覚神経(感覚機能)」
「運動神経(運動機能)」
「自律神経(自律機能)」
そして、自律神経はその働きによって「交感神経系」と「副交感神経系」に分けられます。ですから、この三系統はそれぞれに役割の異なる末梢神経であり、交感神経が副交感神経と共に「自律神経系」に含まれます。

運動神経は「運動中枢」から身体の骨格筋に接続されている「遠心性末梢神経」です。では、自律神経の中には内臓の平滑筋や心筋に接続されているものもありますが、これは「自律中枢」から伸びているものであり、心臓や肺などの動きを自動で調節します。そして、感覚神経といいますのは身体末梢から中枢に向かって感覚情報を送る「求心性末梢神経」であり、運動神経や自律神経とは向きが全く逆になります。

Q(悩)普段の喋り言葉がつまるようになりました

社会人6年目で、広告制作会社の制作部に転職しました。
現在丁度1年経ったくらいです。
しかし、人間関係がどうしてもうまくいかず、退職をすることにしました。

次の会社は友人が紹介してくれたので、スムーズに次のステップを踏めそうなのですが、1点不安要素があります。

人間関係のストレスなどからか、最近言葉がつまったり、どもったようになってしまうことが増えてきました。
もともと吃音症であるとか、そういった癖があったということはありませんでした。

あと人と向き合うと、伝えたいことが整理出来ずらくなって来たようにも思えます。
こちらも、もともと自閉症であったり、引っ込みじあんであるということはありませんでした。

自分の感覚としては、現在の会社に入社する前より、現在の方が人と向き合う時に緊張したり、若干怖さを感じるようになったように思えます。
あとは、以前よりずいぶん自虐的になっているように思えます。

自分としては、こういった状態を早く克服したいと思っています。

このようなご経験をされた方や、克服された方がいらっしゃいましたら、お話をお聞かせ頂けますと幸いです。

社会人6年目で、広告制作会社の制作部に転職しました。
現在丁度1年経ったくらいです。
しかし、人間関係がどうしてもうまくいかず、退職をすることにしました。

次の会社は友人が紹介してくれたので、スムーズに次のステップを踏めそうなのですが、1点不安要素があります。

人間関係のストレスなどからか、最近言葉がつまったり、どもったようになってしまうことが増えてきました。
もともと吃音症であるとか、そういった癖があったということはありませんでした。

あと人と向き合うと、伝えたいことが整理出...続きを読む

Aベストアンサー

私は若い頃非常にお喋りで独り言の王者でした。。。なんで多分嫌がられてた(:;)

でも今はよく吃ります。

吃るだけならいいですけど体も震えてきます。
ほんとーにおかしい感じです。

でも早く克服しようとすればするほど焦りませんか?
焦ると余計に吃りませんか?

音読で簡単な本でもいいですから読まれるといいと思います。
ゆっくりと始めて普通~ちょっとスピードを上げる。

こんなのでもトレーニングになりますよ。
私はマイクの付いたヘッドフォンで練習したりしています。
それもたまにですけど。
歌もいいですよ。

電話でも吃り始めると相手が異様に思うので簡単に話すようにしています。
少しでもお役に立ちますように!

(文章なら大丈夫なのにね)

Q感覚で決断

感覚に頼って決断すると遅くなる気がします。また感覚を狂わせるとうまくできない気がします。長い期間のものは感覚はやっぱり必要ですか。公共投資など最近巨費にかんじたり収益性もかんじません。感覚にたよって決断するのですが自信ありません。どうすればいいでしょうか。とくに今の時勢自信もてません。

Aベストアンサー

    1)感覚に頼って決断することの具体的なものは?
    2)長い期間のものとは?
    3)公共投資も色んなものがありますがどの公共投資?
    4)感覚で決断し、巨費を投入するってデイトレーダ?
    5)今の時勢とはどんな時勢?
このように具体的な、意味合いの理解なしに不特定多数に質問するのは間違いでしょう。
どういう役割を得たら、自信を得るか?これは具体策を感覚でなく、データーに基づいて分析すると、確たる裏づけになり、自信を持ち、その後、感覚を使い決定すること。

いまの感覚が、先に来るあなたの思考では、誰も説得できませんし、理解できませんよ。
文の構成も無茶苦茶、あなたの思考も無茶苦茶では。。。

Q1人暮らしの女ですが、最近仕事のストレスがひどくて、晩酌がすすみ酒の量

1人暮らしの女ですが、最近仕事のストレスがひどくて、晩酌がすすみ酒の量が増えてヤバいです…
こんなヘタレな私にアドバイスお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

こんばんは。

ストレスからの開放にアルコールは一番手っ取り早く、
(お酒が飲める方ならなおさらですね)
「今日はこれだけ」「明日からは飲まない」と思ってても、
習慣になってしまうと、なかなかやめれなくなり、
量も増えていってしまうことが多いと思います。

楽しく飲めて、すっと寝られて、朝もすっきり、
といううちなら、まだ大丈夫だと思いますが、
飲んだら、つい愚痴メールや電話をしだしたり、
一人で泣いてしまったり、
怒りっぽくなって破壊的な行動をとってしまったり、
などが危険信号のようです。

「楽しく飲める」「翌日は気分すっきり」
というのが、お酒の個人の適量のようです。
これを超えているようなら、本当にお気をつけてください。

・普段は飲む曜日と量を決める、
 (週2回、2缶と決めたとしたら、絶対それ以上買ってこない)
・その日を楽しみにお仕事をがんばる、
・寝れそうなら、さっさと寝てしまう、
・お友達と飲む機会があれば、そこでいっぱい楽しく飲んで発散、
というのが、私の経験上良かったです。

うつ病かどうかまだわからない時期に、私の体験したことと、
病院に通うになってから、医師の言っていたお話です。

ご参考になればと思いました。

こんばんは。

ストレスからの開放にアルコールは一番手っ取り早く、
(お酒が飲める方ならなおさらですね)
「今日はこれだけ」「明日からは飲まない」と思ってても、
習慣になってしまうと、なかなかやめれなくなり、
量も増えていってしまうことが多いと思います。

楽しく飲めて、すっと寝られて、朝もすっきり、
といううちなら、まだ大丈夫だと思いますが、
飲んだら、つい愚痴メールや電話をしだしたり、
一人で泣いてしまったり、
怒りっぽくなって破壊的な行動をとってしまったり、
などが危険信号のよう...続きを読む

Q感覚野と連合野の役目について

 大脳の感覚野と連合野の役目についてそれぞれ教えてください。
 ある問題で、手である物体に触ったとき神経の連絡経路は、

「皮膚→感覚神経→脊髄→感覚野→連合野→運動神経→筋肉」

と書いてあったのですが、この経路で感覚野と連合野で、伝わった興奮に対して、どのような情報処理が行われているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
この入力経路では「感覚神経―脊髄―感覚野―連合野」となっていいますので、この流れてゆきますと出力側は、厳密には「連合野―運動野―脊髄―運動神経」でなければなりません。
まずここで、連合野の機能といいますのは「感覚連合野(入力処理)」と「運動前野(出力処理)」に分けられます。そして、この二つの間には「前頭連合野」の機能が働かなければなりません。この前頭連合野は感覚入力の終着点であると同時に運動出力の出発点でありますから、果たして脳内ではここが最高次の連合野ということになります。

感覚連合野といいますのは各々の感覚野のほぼ近隣にあり、感覚野で知覚処理された情報を脳内の感覚記憶などと照合することによって「感覚認知」を行います。この場合でしたら手からの感覚入力に基づく「体性感覚認知」ですね。
ここでは神経回路を形成する細胞群の「多次元並列バターンによる選択的情報処理」が行われていると考えられています。つまり、記憶されている並列バターンと一致する情報に反応した神経回路だけが次の細胞群に情報を受け渡すということですね。
この認知結果は頭頂葉連合野から前頭連合野に至るまでの間に視覚や聴覚などといった他の感覚入力と統合され、更に前頭連合野では脳内に記憶されている体験学習などと照合されます。これにより、「状況の把握」「行動の目的」「結果の予測」といった、前頭連合野での極めて秩序立った情報の統合が行われます。そして、この結果は「運動計画」として運動前野に引き継がれ、一次運動野から各運動神経系に対して具体的な運動命令が出力されます。

近年では、我々の感覚入力がどのような経路を辿ってどの連合野に達しているかといったことは解剖学的に活発に調べられています。これを「皮質内接続」と言いますが、果たして、接続経路が分かったというだけであり、そこで具体的にどのような情報処理が成されているかといったことはまだほとんど解明されていません。ただ、我々の脳内で感覚入力が運動命令に変換されるためには、最低でも上記で述べましたような手続きが必要であることはほぼ間違いのないことです。

こんにちは。
この入力経路では「感覚神経―脊髄―感覚野―連合野」となっていいますので、この流れてゆきますと出力側は、厳密には「連合野―運動野―脊髄―運動神経」でなければなりません。
まずここで、連合野の機能といいますのは「感覚連合野(入力処理)」と「運動前野(出力処理)」に分けられます。そして、この二つの間には「前頭連合野」の機能が働かなければなりません。この前頭連合野は感覚入力の終着点であると同時に運動出力の出発点でありますから、果たして脳内ではここが最高次の連合野ということに...続きを読む

Q高1女子です。 PTSDというストレス障害を持っています。 今日、土曜日なのに学校があって、その

高1女子です。

PTSDというストレス障害を持っています。

今日、土曜日なのに学校があって、その後 部活があります。
土曜日に学校も面倒くさいのにその後部活なんて面倒くさすぎます。

それで私は、緊張しやすい人で緊張すると気持ち悪くなります。楽しみな事もすべて緊張になってしまいます。
今日は友達の家にお泊まりなんです。それも本当に楽しみなのに緊張に変わっています。

今日はいろいろな事が重なって気持ち悪いです。

ストレス障害のために通ってる病院で貰った薬を服用しました。
これで少しは良くなればいいんですけど...。

今のところ午後の部活が1番嫌です。


どうしたら気持ち悪いの治りますかね?

Aベストアンサー

イベントや行事、部活など苦手とか関係無しに緊張するのは、不安の表れですね。
吐き気はツライと思います。
でも、それを乗り越えたら自信になると思いますが、自分のペースで無理しないで、ゆっくりで良いと思います。
医師と相談をしながら、無理のない学校生活にして下さいね。
吐き気は、心にゆとりが出来たら自然となおると思いますよ。今がその時じゃ無いだけです。無理してストレス障害が悪化しない様にして下さいね。

Q感情と感覚は違う?

厳密な心理学用語の質問というより日本語の使い方の質問と受け取って構わないのですが「感情と感覚は別のもの」と理解してよいのでしょうか、あるいは「感情は感覚の一部」とか「もともと重なり合っている用語」と理解したたらよいのでしょうか。どなたか教えて下さい。
ちなみに私の個人的意見は「感情と感覚は別のもの」というものです。
たとえば
悲しいは感情で感覚ではない。
痛い は感覚で感情ではない。
などです。ただ、ムカツクとか頭に来る、などの表現は両方を含んでいるように思うので、二つの関係がいま一つ、分りにくいのです。

Aベストアンサー

知覚・触覚・嗅覚・味覚・視覚など感覚には人間の体の一部が関わり、大きく影響しています。

ある物を見て(視覚)大きな恐怖を覚えた時に、その人の心の中には「恐れ」「拒否」「拒絶」「忌避」⇒「嫌う」「イヤ」などの感情が湧き出してきます。

またあるものに触れて(触覚)今までに無い快さを覚えたとき、その人には「快さ」「快感」「心地よさ」⇒「好く」「喜び」という感情が湧き出してきます。

このように感覚で捉えて、喜怒哀楽という感情で受け止めるのが人間の常です。

「感覚無きところに感情なし」
「感覚あるところに感情あり」とでも言いましょうか。
しかし、感情無きところでも感覚はあると思います。

人間の感情は好きだ、嫌いだと、感覚を経てきた物事を瞬時に判断し、反応します。
この「瞬時」というのは、その人が過去の感覚を覚えていて、ある種の条件反射のように感覚を経ないでも感情が湧き出すということも含まれるのです。
あの時あの嫌な感覚を経験したから、今回は遠くに見てきただけでも「イヤだ」という感情をむき出しにして避けようとしたりするのがこの例です。

かつての体験で得た「大きな感情の起伏」は、次には改めて感覚で捉えなくても感情が反応してしまうことがあり、このことが人間の人生を大きく左右することに発展させてしまうこともあるのです。

質問にある「ムカつく」「頭にくる」などは「酷いことを言われたことで怒りの感情が吹き荒れた」わけでしょうが、又次にもその相手が目の前に現れただけでも、今度は何にも言わないのに、あの時のことが頭を過ぎり、あの時と同じように「怒りの嵐が吹き荒れてしまう」わけで、感覚をベースにして感情が表れてくる好例かもしれません。

知覚・触覚・嗅覚・味覚・視覚など感覚には人間の体の一部が関わり、大きく影響しています。

ある物を見て(視覚)大きな恐怖を覚えた時に、その人の心の中には「恐れ」「拒否」「拒絶」「忌避」⇒「嫌う」「イヤ」などの感情が湧き出してきます。

またあるものに触れて(触覚)今までに無い快さを覚えたとき、その人には「快さ」「快感」「心地よさ」⇒「好く」「喜び」という感情が湧き出してきます。

このように感覚で捉えて、喜怒哀楽という感情で受け止めるのが人間の常です。

「感覚無きところに...続きを読む

Qアルバイトについて! 大学3回生女です。私のアルバイト先は料亭レストランで働いている方の年齢層が高く

アルバイトについて!
大学3回生女です。私のアルバイト先は料亭レストランで働いている方の年齢層が高く、若い人へのものの言い方や接し方がきついです。どんな仕事でも大変だとは思いますがとてもストレスを感じてしまい、同年代の方とストレスなく楽しくアルバイトをしたいと思い何度か辞めようとしましたがその度に面接で社員の方から威圧的なことを言われ(きつい言い方ではないですが、逃げられない様な文言)、ずるずると1年間続けてきました。最近では少しずつ周りの方と馴染める様にはなってきましたが、やはりきついなぁと思うこともあり、とてもアルバイトがストレスに感じています。社員の方も年齢層の高い人には何も言いませんが若い私にはきつくものを言うという感じです。辞めたいと思っても正当な理由がないとやめさせないといった感じで(やめます!と強く言ったらそれまでですけど)やめにくい環境にあります。もういっそのこと10日間ほど休んでfade outしようかと思うときもあります。日々大きなストレスを感じてまでアルバイトをするのが辛くて。。。何かいいアドバイスくださいヽ(;▽;)ノ

Aベストアンサー

高年層の悪い部分が出てて
あなたのストレスもよく分かりますよ。
私も高年層ですから(笑)
その方々にとって、あなたは娘の様な年代かも?!しれないし。
また、妙なプライドも強いですし…。
限界ならば、辞めていいですよ。
ただ、その人間関係は将来
きっとプラスになると思います。
少し、前向きに考えてみてもいいかもね。

Q感覚様相(感覚モダリティ)について

感覚様相(感覚モダリティ)を調べたところ、「感覚の種類とそれに即した体験内容」と書いてあったのですが、説明文が理解できません。簡単に言うとどういうことなのでしょうか?
どなたか、わかりやすく説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

#1です。
3行目を修正させてください。

△ 現在では皮膚感覚をさらに触覚,圧覚,痛覚,温覚,冷覚に分類しますし,
○ 現在では皮膚感覚をさらに触覚・圧覚,痛覚,温覚・冷覚に分類しますし,

「触覚・圧覚」は「触圧覚」,「機械(受容)感覚」とも呼ばれ,
「触覚」,「圧覚」,「振動覚」に下位分類することがあります。
「くすぐったさ」をこれに加えることもあります。
機械受容器には多様なものがありますが,
応答特性の違いによって4種類に分かれることがわかっています。

「温覚・冷覚」は「温冷覚」,「温度(感)覚」とも呼ばれ,
「温覚」,「冷覚」に下位分類されます。
応答特性の異なる温受容器,冷受容器の2種類が確認されています。

ついでながら「痒み」について。
以前は「痛覚」の一種とする説が有力でしたが,
近年,化学的刺激に応答して特異的に痒みの感覚を生じる経路の存在が明らかになってきました。
「痒み感覚」という独立した感覚としての扱いがふさわしいようです。

もうひとつ。
感覚受容器の種類に応じて感覚様相を細分化することについては議論があります。
これは皮膚感覚だけの話ではなく,たとえば視覚についても細かく見てみると,
光の波長に対して応答特性の異なる4~5種類の光受容細胞(桿体と3~4種類の錐体)が
網膜上に異なる分布で存在することがわかっています。
だからといって感覚様相を4ないし5種類に細分化することに妥当性があるだろうかということです。
これは受容器や伝達経路の相違という生理学的基準を優先するか,
感覚経験の非連続性という心理学的基準を優先するかの問題とも言えます。

#1です。
3行目を修正させてください。

△ 現在では皮膚感覚をさらに触覚,圧覚,痛覚,温覚,冷覚に分類しますし,
○ 現在では皮膚感覚をさらに触覚・圧覚,痛覚,温覚・冷覚に分類しますし,

「触覚・圧覚」は「触圧覚」,「機械(受容)感覚」とも呼ばれ,
「触覚」,「圧覚」,「振動覚」に下位分類することがあります。
「くすぐったさ」をこれに加えることもあります。
機械受容器には多様なものがありますが,
応答特性の違いによって4種類に分かれることがわかっています。

「温覚・冷...続きを読む

Q吃音っぽい症状に悩んでます。 最近なのですが、話すことにいちいち気を張ってしまってるような気がします

吃音っぽい症状に悩んでます。
最近なのですが、話すことにいちいち気を張ってしまってるような気がします。
1度、大事な場面(簡単に言うと人前)で発言の最中に壮大に噛んでしまって、そっから「話す」ということが自分の中でとても緊張してしまうことになってしまいました。友達や家族の前だったら、緊張しませんが、言いにくい言葉や、文章の変な部分で途切れてしまったりはします。会社の人や、人前だと余計緊張してしまって、喉が締め付けられるようになってしまいます。考えている言葉が頭に浮かばなくて、口が自分の口じゃないみたいに早口になり、噛んだりどもったりってのが、目立ちます。しょっちゅう、噛むわけじゃないのですが、とりあえず言えるかどうか尋常じゃない程緊張してしまい、とても息苦しい毎日です。
できれば、人前で話したくないのですが、たまーにありますものですから、、。昔はこんなことがなく、きっと後天性のものだと思います。
普通に話すってことがわからなくなってきてます。
なにか、トレーニングや改善する方法ありませんでしょうか?事務職なので、特に電話対応が苦手すぎます。職場が静かで、とっても緊張してしまい、どもったり、口がうまく動きません。モゴモゴします。
お願いします。なにかいい改善法をおしえてください。同じ境遇の方がいましたら、意見お聞かせください。

吃音っぽい症状に悩んでます。
最近なのですが、話すことにいちいち気を張ってしまってるような気がします。
1度、大事な場面(簡単に言うと人前)で発言の最中に壮大に噛んでしまって、そっから「話す」ということが自分の中でとても緊張してしまうことになってしまいました。友達や家族の前だったら、緊張しませんが、言いにくい言葉や、文章の変な部分で途切れてしまったりはします。会社の人や、人前だと余計緊張してしまって、喉が締め付けられるようになってしまいます。考えている言葉が頭に浮かばなくて、口が...続きを読む

Aベストアンサー

>電話対応が苦手すぎます
「1、2、3、4、5」と五つ数えてから対応しましょう。
全く別の方法もあります、笑えます、他人の電話ももぎ取って「もしもし株式会社××です」とかみつく様に叫ぶ、これも効きますがみんな引きます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報